銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

Disney'sクリスマス・キャロル(2009)

2009-11-23 | 映画:シネコン

 未来は、まだ変えられるかもしれない…


フリ―パスポート第3弾は、ジム・キャリーが嫌われ者のスクルージ他過去・現在・未来のクリスマスの霊等、全部で7役をこなすヒューマンファンタジー「クリスマス・キャロル」です。監督は「ロジャー・ラビット」「ポーラー・エクスプレス」など、最新の映像技術を駆使して映画を作り続けるロバート・ゼメキス。何故?今「クリスマス・キャロル」なのか・・・・・。実はゼメキス監督は「クリスマスキャロル」が大好きだそうで、ずっと映画化したいと思っていたそうです。ようやくディケンズが書いた通りに映像化できる技術がそろったということで撮ったようです。字幕版での鑑賞は残念ながら、3D映像ではなかったので後日もう一度3D版で鑑賞しようと思っています。

さて物語ですが。今回はウィキぺディアより抜粋致します。

金貸し業のエベネーザ・スクルージ(ジム・キャリー)という老人は、冷酷無慈悲、エゴイスト、守銭奴で、人間の心の暖かみや愛情などとは、まったく無縁の日々を送っている人物だった。ロンドンの下町近くに事務所を構え、薄給で書記のボブ・クラチット(ゲイリー・オールドマン)を雇用し、血も涙もない、強欲で、金儲け一筋の商売を続け、隣人からも、取引相手の商人たちからも蛇蝎のごとく嫌われている。

明日はクリスマスという夜、事務所を閉めたあと自宅に戻ったスクルージは、かつての共同経営者で、7年前に亡くなったマーレイ老人(ゲイリー・オールドマン)の亡霊の訪問を受ける。


マーレイの亡霊に恐れおののくスクルージだった。

マーレイの亡霊は、金銭欲や物欲に取り付かれた人間がいかに悲惨な運命となるか、自分自身を例としてスクルージにさとし、スクルージが悲惨な結末を回避し、新しい人生へと生き方を変えるため、三人の精霊がこれから彼の前に出現すると伝える。

過去の精霊

炎のようにゆらめく光を放つ過去の亡霊


窓を飛び出したスクル―ジは精霊とともに過去の自分の元へ・・・・。

過去の精霊は、スクルージが忘れきっていた少年時代に彼を引き戻し、孤独のなかで、しかし夢を持っていた時代を目の当たりに見せる、また青年時代のスクルージの姿も見せ、金銭欲と物欲の塊となる以前のまだ素朴な心を持っていた、過去の姿を示す。

次に登場するのは現在のクリスマスの精霊である。現在の精霊は、スクルージをロンドンの様々な場所に導き、貧しいなか、しかし明るい家庭を築いて、ささやかな愛で結ばれたクラチットの家族の情景を示す。クラチットの末子ティムが、脚が悪く病がちで、長くは生きられないことを示す。

現在の精霊と共に世界中を飛び回って見聞を広めたスクルージは、疲れ切って眠る。そして再度目覚めると、そこには真っ黒な布に身を包み、一本の手だけを前に差し出した、不気味な第三の精霊・未来のクリスマスの精霊がスクルージを待っている。

スクルージは、評判の非常に悪い男が死んだという話を聞くが、未来のクリスマスには自分の姿がない。評判の悪い男のシーツに包まれた無惨な死体や、その男の衣服まではぎとる日雇い女。また、盗品専門に買い取りを行う古物商の老人や、その家で、盗んできた品物を売りに老人と交渉する三人の男女の浅ましい様などを見る。ここでスクルージは、その死んだ男が誰なのかを確認することはできなかった。

また、クラチットの末子ティム少年が、両親の希望も空しく世を去ったことを知る。そして草むし荒れ果てた墓場で、見捨てられた墓石の表に記されていたみずからの名をスクルージは読む。

スクルージは激しい衝撃に襲われる。しかし、夜明けと共に、彼が経験した悪夢のような未来が、まだ変えることができる可能性があることを知る。

小説のあらすじと映画の内容はほとんど同じ。ゼメキス監督は本当に忠実に描いたんですね。

ところで監督がこだわったもうひとつの事は、パフォーマンス・キャプチャーというものだそうで。これは生の俳優の演技をデジタル化して見せる技術。えぇ~そんなことが出来るんだ

凄い技術ですね。スクル―ジじいさんがジムに見えるのはこれなんですか
この技術は前作「ポーラー・エクスプレス」でやはりトム・ハンクスが5役を演じている。その時はちょっとぎこちない動きだったそうですが・・・・。

生身の俳優が演じているような不思議な映像感覚。アニメなのか?何なのか?と思わせるリアルさもあって・・・・。不思議な世界ですよね。

好みは別として、優れた映像の世界です。最後はスクル―ジじいさん、ホットな心の持ち主になり。。。。鬼のような厳しい表情は何処へ行ったのか?なんて

監督・製作・脚本: ロバート・ゼメキス

原作:チャールズ・ディケンズ

他の出演

フレッド:コリン・ファース  ベル:ロビン・ライト・ペン  

フェジウィッグ/ジョー老人:ボブ・ホスキンス  

懐かしいあのマイケル・J・フォックスも登場していた。

 A CHRISTMAS CAROL

メディア 映画
上映時間 97分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ディズニー)
初公開年月 2009/11/14
ジャンル ファンタジー/ファミリー/ドラマ
映倫 G

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (6)   Trackbacks (55)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イングロリアス・バスタ―ズ☆★2... | TOP | リミッツ・オブ・コントロール(2... »
最近の画像もっと見る

6 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
凄かったです (KLY)
2009-11-23 00:44:36
あの映像にはびっくり出した。
文句なく今まで一番の3Dでしたよ。
立体的に見えるというよりは、超高精細な映像で実際にそこにい本物があるかのような見え方。しかも計算しつくされた構成が、見事にその映像を活かしきってました。
これは劇場3Dで是非観て欲しい作品です。^^
お世話になります (DVD YouTube CINEMA by JIN)
2009-11-23 06:17:23
TBありがとうございました、しかし、「Disney'sクリスマス・キャロル(2009)」のTBが、「きみがぼくを見つけた日」の記事に届いていました。
誠に申し訳ありませんが、削除させて頂きます。
お手数と思われますが、再度TBを送信して頂ければ、貴ブログのTB記事も活かされると思います。
それでは、よろしくお願い致します。
3D (たいむ)
2009-11-26 20:17:57
こんにちは!
映像美、良かったですよね。

私も字幕にこだわったために2Dなのだけど、気になりますよね、3Dは。
今後、どんどん増えてくるだろうから焦ることもないだろうけど、どうせなら秀作で見たいもの。

カールじいさんにしようか、アバターにしようか、吹替えになると思うので、声優で決めたいと思ってます(^^)
ぜひぜひ! (書記長社労士)
2009-11-27 13:20:19
ぜひ3Dの方も「フリーパスポートパワー」で見に行ってください。
まったく違う映画の印象となりました。
鑑賞してきました! (mezzotint)
2009-11-27 23:05:44
書記長社労士さん
今晩は☆彡
本日、東宝シネマズ二条にて鑑賞してきました。ひょっとしたらすれ違っていたかもです。
かなりリアルな映像でした。
技術の (sakurai)
2009-12-03 14:58:15
進歩って、本当に凄いですよね。
ちびすけと見に行ったのですが、ずっと「これって本物?CG?」とうるさく聞いてました。
知りすぎている物語には、入り込めませんでしたが、映像をたっぷり楽しめましたよ。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

55 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
Disney's クリスマス・キャロル (LOVE Cinemas 調布)
チャールズ・ディケンズの名作をフル3DCGで映画化。監督は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズや『ベオウルフ/呪われし勇者』で3DCGの鬼才ロバート・ゼメキス。またパフォーマンス・キャプチャーでの出演にジム・キャリーやゲイリー・オールドマンといっ...
Disney'sクリスマス・キャロル 3D吹替え版 (だらだら無気力ブログ)
英国の文豪ディケンズの不朽の名作をロバート・ゼメキス監督が3D映画と して映像化。 金の亡者であるスクルージが不思議な体験をすることによって人生を見つめ 直す姿を描く。イギリスのロンドンで商売を営んでいるスクルージは、金が全てという人間で 人との交流を嫌...
映画『Disney'sクリスマス・キャロル<デジタル3D/日本語吹替版>』(お薦め度★★★) (erabu)
監督・脚本、ロバート=ゼメキス。原作、チャールズ=ディケンズ『クリスマス・キャロ
『Disney's クリスマス・キャロル』・・・スクルージにも神の祝福を! (SOARのパストラーレ♪)
あまりにも有名なディケンズのクリスマス・キャロル。私が最初に読んだのは英語の授業で教材に使われた副読本だった。もちろん原文ではなく中高生向きに優しく書き直された物だったと思うが、私にとって辞書を引きながら英文を読むことの楽しさを教えてくれた思い出深い物...
時代を越えて語り継がれる名作。『Disney'sクリスマス・キャロル』 (水曜日のシネマ日記)
金儲けに執着し人間らしい感情を忘れてしまった初老の男性の物語です。
Disney’s クリスマス・キャロル 3D <日本語吹替版> (DVD YouTube CINEMA)
ロンドンが大不況にみまわれた1843年に出版されたチャールズ・ディケンズの「クリスマス・キャロル」は、絶望の日々を送っていた当時の市民た...
Disney's クリスマス・キャロル (yanajunのイラスト・まんが道)
映画『Disney's クリスマス・キャロル』は、ロバート・ゼメキス監督がチャールズ・ディケンズ氏の小説を映画化した作品です。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
★「DISNEY'S クリスマス・キャロル」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、シネマイレージ会員の鑑賞ポイント6点と300円払って、 日本語吹き替えの3D版を鑑賞。 予告編もバシバシ飛んでくる3Dの「カールじいさん~」と「アバター」だった。
劇場鑑賞「Disney'sクリスマス・キャロル」 (日々“是”精進!)
クリスマス・キャロル「Disney'sクリスマス・キャロル」を鑑賞してきました鑑賞予定にはありませんでしたが、前売券が当たったもので。差額を払い、3D吹き替え版を。文豪チャールズ・ディケンズの古典的名作を、「ポーラー・エクスプレス」「ベオウルフ/呪われし勇者」...
Disney'sクリスマス・キャロル (★YUKAの気ままな有閑日記★)
フェイントで鑑賞―【story】守銭奴で、家族を持たず、誠実な使用人ボブ(ゲイリー・オールドマン)やたった一人の甥(コリン・ファース)どころか、全ての人との繋がりに背を向けて生きるスクルージ(ジム・キャリー)は街一番の嫌われ者。あるクリスマス・イブの夜、か...
Disney’s クリスマス・キャロル 2Dで観るより3Dの方が評判高いようだ! (労組書記長社労士のブログ)
【 66 -13- 1ヶ月フリーパスポート=14 】 『ロンドンが大不況にみまわれた1843年に出版されたチャールズ・ディケンズの「クリスマス・キャロル」は、絶望の日々を送っていた当時の市民たちに希望の光を灯し、今なお世界中で愛され続けている“世界で最も有名な”クリス...
クリスマス・キャロル (Akira's VOICE)
お金は大事やけど,人間愛はもっと大事。  
Disneysクリスマス・キャロル 3D 日本語吹替版 (ダイターンクラッシュ!!)
2009年11月23日(月) 14:00~ TOHOシネマズ川崎7 料金:300円(1ヶ月フリーパス+3D料金差額) パンフレット:700円(買っていない) 『Disneysクリスマス・キャロル』公式サイト フリーパス鑑賞20本目。 3Dは2000円だし、日本語吹き替えだしで、今まで...
「Disney's クリスマス・キャロル」 (首都クロム)
 傲岸不遜な偏屈老人スクルージが全ての尺に金貨を用いていることは、冒頭でマーレイの伏せられた瞼の上から金貨を回収していく行為から明らかです。この嫌らしい爺さんのへの字に曲がった口が逆に曲がることは、果たしてあるのだろうかというほど。しかし哀しいのは、現...
クリスマス・キャロル3D <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
観に行くなら断然、3D をおすすめ。 吹替になってしまうが面白さは倍増スクルージが亡霊に連れられて 空を飛びまくるねんけど それが速いから まぁとにかく目が回りよりまくりますぜ (ただ単にワタクシの動体視力が弱ってるせい) 画面に奥行きがあって 雪なん...
Disney'sクリスマス・キャロル (C'est joli~ここちいい毎日を~)
Disney'sクリスマス・キャロル’09:米 ◆原題:A CHRISTMAS CAROL◆監督: ロバート・ゼメキス「ベオウルフ/呪われし勇者」「バック・トゥ・ザ・フューチャー」◆出演: ジム・キャリー 、 ゲイリー・オールドマン 、 ロビン・ライト・ペン 、 ボブ・ホスキンス 、 コリ...
クリスマス・キャロル (2009 映画観てきましたっ!)
主演 ジム・キャリー 他に、ジム・キャリー、ジム・キャリー。。。。 なんと7役の ジム・キャリー ゲイリー・オールドマンも3役だと!
『Disney's クリスマス・キャロル』 (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【Disney's a Christmas Carol】 2009年/ディズニー/97分 【オフィシャルサイト】 監督:ロバート・ゼメキス 出演:ジム・キャリー、ゲイリー・オールドマン、ロビン・ライト・ペン
「Disney's クリスマス・キャロル」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  芸達者なジム・キャリーの熱演。せっかくだから迫力ある映像で…と思い川崎のIMAXシアターまで出かけました。(近所のシネコンでは3D上映が吹き替え版のみだったので…)映像体験としてはまるでアトラクションのノリでした。ディズニーと...
Disney'sクリスマス・キャロル/Disney's a Christmas Carol (いい加減社長の映画日記)
レイトショーのはしごの2本目に「Disney'sクリスマス・キャロル」を鑑賞。スクリーンに行こうとしたら、チケットカウンターに長い列ができていて。スーパーレイトショーの時間(12時ごろ)なのに、すごいなぁ、と思いながら。「UCとしまえん」は、そういう意味で、時間...
「Disney’s クリスマス・キャロル」みた。 (たいむのひとりごと)
ディズニーアニメは敬遠しがちだけど、偏屈ジイさんが主人公というので鑑賞。また、3D上映も気になったが【吹替版】しか上映がなかったため”2D字幕版”にした。いつもどおりそれ以上の前知識は入れていなかった
『Disney's クリスマス・キャロル』 ('09初鑑賞168・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (5段階評価で 3.5) 11月14日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:15の回を鑑賞。
Disney's クリスマス・キャロル(3D) (小部屋日記)
A Christmas Carol(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督・脚本:ロバート・ゼメキス 出演:ジム・キャリー/ゲイリー・オールドマン/コリン・ファース/ボブ・ホスキンス/ロビン・ライト・ペン/ケイリー・エルウィズ 未来は、まだ変えられるかもしれない・・ 文豪...
Disney's クリスマス・キャロル (Blossom)
Disney's クリスマス・キャロル A CHRISTMAS CAROL 監督 ロバート・ゼメキス 出演 ジム・キャリー ゲイリー・オールドマン     ロビン・...
Disney's クリスマス・キャロル IMAX-3D 字幕版/ジム・キャリー (カノンな日々)
私の本棚にはちょっと厚めの「クリスマス・キャロル」の絵本があるくらい好きな作品なんですよね。このタイトルから受ける印象なのか楽しいクリスマスのお話をイメージされる方も少なくないみたいなんですけど、実はちょっとダークなお話だったりするんですよね。初めて予...
Disney'sクリスマス・キャロル3D日本語吹き替え版 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
チャールズ・ディケンズ原作の同名小説を、ロバート・ゼメキス監督が製作・脚本も担当して映画化した。物語の完成度の高さとの相乗効果で傑作だと思う。パフォーマンス・キャプチャーという俳優の顔の表情を映像化する技術を使って3D化された映像は、まるで実写のようなリ...
「Disney's クリスマス・キャロル」 (或る日の出来事)
14日はTOHOシネマズで1000円の日。吹き替え版で3Dというのはチケットを買ったときに知った。
Disney'sクリスマス・キャロル (悠雅的生活)
神の祝福を。すべての人々に。
Disney’s クリスマス・キャロル / Disney's a Christmas Carol (我想一個人映画美的女人blog)
今年は〈3D映画元年〉らしいけど、コレ観るなら絶対、3Dで {/ee_1/} この時期観たくなる、大好きなクリスマス映画のひとつに「ポーラーエクスプレス」{/kirakira/}がある。 そのロバート・ゼメキス監督の最新作は ジム・キャリーときいて楽しみに待ってました~♪ (本...
『Disney's クリスマス・キャロル』 (ラムの大通り)
-----さて、またまたフォーンが喋っちゃいます。 この映画、立川シネマシティのポイントがたまったとかで、 フォーンもこっそり観てきたのニャ。 監督は、フォーンも知っているロバート・ゼメキス。 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズや 『フォレスト・ガンプ/...
Disney’s クリスマス・キャロル (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。チャールズ・ディケンズ原作、ロバート・ゼメキス監督、ジム・キャリー、ゲイリー・オールドマン、ロビン・ライト・ペン、コリン・ファース、ボブ・ホスキンス、カラム・ブルー、ダリル・サバラ、フェイ・マスターソン、レスリー・マンヴィル。1842年のロンド...
Disney'sクリスマス・キャロル(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
大人向けだよね。ってことで「Disney'sクリスマス・キャロル」を観ました。 ( → 公式サイト  ) 出演:山寺宏一、安原義人、伊澤柾樹 上映時間:97分  家族を持たず、お金大好き、人との付き合い大嫌い。という生き方を貫きとおしているスクルージ...
Disney'sクリスマス・キャロル やっぱり3Dで観るのが正解だったのだ! (労組書記長社労士のブログ)
【 67 -13- 1ヶ月フリーパスポート=15 】 Disney'sクリスマス・キャロル【字幕スーパー2D版】を先日観たんだけど、レビューに書いているとおり、かなり印象が悪く俺としては評価も悪かった。 しかしTBさせていただいたブロガーの皆さんの評価を観ていると、3Dと2Dのど...
Disney's クリスマス・キャロル (5125年映画の旅)
無慈悲で金にしか興味のない孤独な男・スクルージ。彼は誰もが浮かれるクリスマス・イヴでさえ、一人ぼっちで夜を過ごしていた。そんな彼の前に、8年前に死んだかつての同僚の霊が現れる。このまま生きれば最悪の結末が待っていると告げられたスクルージ。そして彼の...
映画「Disney’sクリスマス・キャロル」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
109シネマズ木場。 ジム・キャリー、ゲーリー・オールドマン、ロビン・ライト・ペン。 *** 「クリスマス・キャロル」については既にご承知のとおり。 エベニーザ・スクルージという強欲でけちな嫌われ者の高利貸しが、 クリスマス・イブの夜、過去、現在、未来の...
Disney'sクリスマス・キャロル (とりあえず、コメントです)
名作クリスマス・キャロルをデジタル映像が得意なロバート・ゼメキスが映画化した作品です。 初めての3D版で観てきました! 美しくてファンタジックな映像がとっても楽しかったです(^^)
Disney'sクリスマス・キャロル (Diarydiary!)
《Disney'sクリスマス・キャロル》 2009年 アメリカ映画 - 原題 -
Disney's クリスマス・キャロル・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「Disney's クリスマス・キャロル」は、デジタルアニメーション映画の世界で、独自のスタイルを追求しているロバート・ゼメキス監督による最新...
Disney's クリスマス・キャロル (You got a movie)
監督   ロバート・ゼメキス キャスト ジム・キャリー      ゲイリー・オールドマン      コリン・ファース      ロビン・ライト・ベン 「ロマンシング・ストーン秘宝の谷」「バック・トウ・ザ・ヒューチャーシリーズ」「フォレスト・ガンプ」「コンタ...
すべての人に祝福を~『Disney'sクリスマス・キャロル』【3D・吹き替え版】 (真紅のthinkingdays)
 A CHRISTMAS CAROL  "God bless us, every one!"  19世紀、ロンドン。金の亡者スクルージ(ジム・キャリー)は、クリスマスが 大嫌いな孤独な...
「Disney's クリスマス・キャロル」 パフォーマンス・キャプチャーと3D (はらやんの映画徒然草)
イギリスの作家チャールズ・ディケンズの古典「クリスマス・キャロル」をロバート・ゼ
*Disney’s クリスマス・キャロル* (Cartouche)
{{{   ***STORY***           2009年  アメリカ 主人公のスクルージにとって、人生は金が全て。家族を持たず、人との絆に背を向け、ただ己の金銭欲を満たすためだけに生きる彼は、町一番の嫌われ者。あるクリスマス・イブの夜、かつてのビジ...
Disney'sクリスマス・キャロル (2009・アメリカ) (白ブタさん)
ちょっと早めのクリスマス映画{%クリスマスツリーwebry%} 『クリスマス・キャロル』 で ディズニー ときては見ないわけにはいきません★
Disney’s クリスマス・キャロル (近未来二番館)
Disney’s クリスマス・キャロル - goo 映画公式サイトは→コチラ 11月16日映画館にて 字幕版を見たかったので3Dは止めておきました。3Dだと吹き...
クリスマス・キャロル (映画の話でコーヒーブレイク)
マイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」を見て、是非3Dの映画を見てみたい!と思い、 川崎109シネマズIMAXシアターで「クリスマス・キャロル」を見てきました。 IMAX「THIS IS IT」は最終日まで4日間のすべての回が完売になっておりました。 マイケル人気はスゴ...
こっちの方が良い!『Disney'sクリスマス・キャロル(3D 日本語吹替版)』 (水曜日のシネマ日記)
金儲けに執着し人間らしい感情を忘れてしまった初老の男性の物語。今回観たのは3D日本語吹替版です。
「Disney's クリスマス・キャロル」 (キネオラマの月が昇る~偏屈王日記~)
クリスマス・キャロル オフィシャルサイト (音量注意!) 「ポーラー・エクスプレス」を劇場で観なかったことを激しく後悔しました。 あわせてロバート・ゼメキス監督は単に「好き」というより、もう「信じてる」と言った方がいいくらいなので、迷わず劇場で鑑賞。 美...
Disney's クリスマス・キャロル (迷宮映画館)
3D版、初体験
悪夢のアトラクション(違)~「ディズニーのクリスマスキャロル3D(吹き替え版)」~ (ペパーミントの魔術師)
これはホントに3Dで絶対見てほしい! それも「IMAXで字幕版」が見れたらサイコー。 ・・・って、吹き替えしかやってない??? (少なくとも枚方はそうでした) だからかな~、字幕か3Dかで悩んでるのを ちょこちょこブログ巡回でみかけたんですが。 ひとり7...
Disney's クリスマス・キャロル (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
誰もが知るディケンズの名作が、最新技術を駆使したユニークな映像で蘇った。家族も持たず、人との絆も信じられず、ただ金銭欲を満たすために生きる老人スクルージ。街一番の嫌われ者の彼のもとに、クリスマス・イブの夜、元ビジネス・パートナーの亡霊が現われ、スクルー...
Disney's クリスマス・キャロル (犬・ときどき映画)
Disney's クリスマス・キャロル字幕版 <Story> スクルージは、強欲で思いやりのかけらもない孤独なお爺さん。 甥っ子がクリスマスの食事に誘いに来ても「帰れ」。クリスマスの寄付にも「貧しくて死ぬのは運命だ、知らん」、従業員のクラチットに「なぜクリスマスを祝...
[遅ればせながら、映画『Disney'sクリスマス・キャロル 3D』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・今回、途中から、文学作品評論になります^^    ◇  タイトルで「遅ればせながら」としましたが、公開から遅れての鑑賞となりましたが、シーズン的には、それほど遅れてはいませんね^^;  素晴らしかったです。  物語は文豪ディケンズの名作で、丁寧...
『Disney's クリスマス・キャロル』 (シネマのある生活~とウダウダな日々)
 チャールズ・ディケンズの原作をご存じない方でも、「クリマス・キャロル」という言葉には、なぜか暖かな響きを感じるのではないでしょうか。  この物語が誕生した19世紀半ばのロンドンでは、産業革命により貧富の格差が広がり、多く市民が貧困に苦しんでいました。...
Disney's クリスマス・キャロル (RISING STEEL)
Disney's クリスマス・キャロル / A CHRISTMAS CAROL 2009年 アメリカ映画 ウォルト・ディズニー製作 監督・脚本:ロバート・ゼメキス 原作:チャールズ・ディケンズ 撮影:ロバート・プレスリー ...
映画評「Disney's クリスマス・キャロル」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2009年アメリカ映画 監督ロバート・ゼメキス ネタバレあり