銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

アンストッパブル(2010)●UNSTOPPABLE

2011-01-08 | 映画:シネコン

 生きて帰れたら、言いたいことがあるんだ。

全米が固唾をのんで成り行きを見守ったその大事件は、2001年5月15日にアメリカ北東部で起こったもの。それをもとに映画化となった。


MOVX京都にて鑑賞。

トニー・スコット監督とデンゼル・ワシントンがまたタッグを組んだ作品「アンストッパブル」を初日に鑑賞して来ました。
一見「サブウェイ123」と何処か重なるような気もしたり、、、、。っていうのは全編がスリル全開というところでしょうか。前作は地下鉄で乗客たちが人質に捕らえられ、デンゼル・ワシントンが救うために犯人トラブルタ相手に闘うというものでしたが、今回はデンゼルが若手クリス・パインと組んで、暴走列車相手に闘うというお話。設定や相手が変わるものの、その危険をどう喰いとめるかはやはり似ているように思います。

 
クリス・パインといえば、「スタートレック」

危険を承知で奮闘するという主人公たちの勇ましい姿は多くの観客に受けるでしょうし。実際に本物の列車を脱線させたらしいので、これは凄いことだと思います。こんなことは普通では出来ないでしょうから。

デンゼル・ワシントンも自らスタントをこなしたり、電車の運転も事前に習得したそうです。56歳という年齢なのに、よくぞやられたと。役者冥利に尽きます。

 
実際に屋根に乗ったとは凄いですね。

 
1206と777を繋ぐために悪戦苦闘するウィル。足を怪我してしまいます。

ストーリー(Moviewalkerより拝借)

ペンシルバニア州の操車場。ベテラン機関士のフランク・バーンズ(デンゼル・ワシントン)と若い車掌のウィル・コルソン(クリス・パイン)が初めて顔を合わせる。しかし、年齢も家庭環境も異なる2人の間には大きな溝があり、ぎこちない雰囲気のまま機関車1206号へと乗り込むことに。やがて、2人の耳に貨物列車777号がトラブルを起こしたという情報が飛び込んでくる。運転士の操作ミスにより、無人のままの777号が暴走を始めたというのだ。しかも、777号には大量の化学物質が搭載されていることが判明。操作不能に陥った777号は、一つの街を壊滅させるだけの威力を持った巨大ミサイルも同然だった。様々な手段を講じて777号を停止させようとする鉄道会社。だが、そのいずれもがことごとく失敗してしまう。777号と同じ路線を走っていたフランクは、1206号を緊急待避線にすべり込ませて間一髪で衝突を回避すると、すぐさま777号の追跡を開始。777号の最後尾に連結して、1206号のブレーキで停車させる計画だった。フランクと口論を繰り返してきたウィルは、当初その計画に反対するが、彼の機関士としての経験と直感を信じ、命懸けのその計画に同意する。警察と鉄道会社は被害を最小限に食い止めるために、777号の人為的な脱線を計画するが、これも失敗。全米の目は、追跡を続ける1206号の行方に注がれていた。テレビでその様子を見守る人々の中には、父親との関係がギクシャクしているフランクの2人の娘、そしてウィルと別居中の妻の姿もあった。家族との絆を取り戻したいと願う一方で、鉄道マンの使命を果たそうとする2人の男。いつしか、彼らの間にはわだかまりを乗り越えた男同士の絆が芽生えていた。だが、時間は刻々と経過、777号は高架下に多くの燃料タンクが設置される魔の急カーブに近づいて行く。果たして、彼らは未曽有の大惨事を防ぐことができるのか……。

  
列車はまるで怪物に見えます。

フランクは先頭車両まで行くつもりだったが、途中で渡れるような状況ではない事に気づき、、、、、断念せざるおえないように。

最初はひょいひょいと上手く行ったのだけれど、、、、。

1206のブレーキが途中燃え尽きてしまいます。そのため益々777は加速して行きます。もう止めるのは難しいようです。
フランクも行けません。結局ウィルが手立てをうたなくてはならなくなりました。えぇ~一体どうなるの?残された時間は後少しです。


解説(allcinemaより拝借)

 無人貨物列車が突然暴走を始め、人々を未曾有の恐怖に陥れる戦慄のタイムリミット・サスペンス・アクション。ベテラン機関士と新米車掌が、化学物質を大量に積んだまま暴走する列車が引き起こしかねない大惨事の未然防止に命懸けで挑む姿とその運命の行方をスリリングに描く。主演はオスカー俳優デンゼル・ワシントンと「スター・トレック」のクリス・パイン。監督は「サブウェイ123 激突」のトニー・スコット。

製作裏話

2007年6月、20世紀フォックスはマーティン・キャンベルを本作の監督にするべく交渉していたが、結局2009年3月までにトニー・スコットが務めることが決まった。同年4月、デンゼル・ワシントンとクリス・パインの参加が決まり、2011年公開を目指して製作準備が開始された。

2009年7月、同じくトニー・スコット監督、デンゼル・ワシントン主演の『サブウェイ123 激突』の興行成績低迷により『アンストッパブル』の資金調達が困難となり、製作がストップしていることが明らかとなった。これに伴い20世紀フォックス側は製作費を1億ドルから9000万ドル、スコットの監督料を900万ドルから600万ドル、ワシントンの出演料を2000万ドルから1600万ドルまで下げようとし、これに反対したワシントンは7月17日までにプロジェクトから離脱した。その後フォックスとスコットとワシントンで協議が行われ、ワシントンは復帰し、同年秋の撮影開始に向けて製作準備が再開される。

 

メディア 映画
上映時間 99分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(FOX)
初公開年月 2011/01/07
ジャンル アクション/サスペンス/パニック
映倫 G

 

オフィシャル・サイト
http://movies.foxjapan.com/unstoppable/
オフィシャル・サイト
http://www.unstoppablemovie.com/ (英語)

※確かに迫力はありましたが、どうもワンパターンぽいようにも思えるのですが、、、如何でしょうか?

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (7)   Trackbacks (51)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クリスマス・ストーリー(2... | TOP | 森崎書店の日々(2010) »
最近の画像もっと見る

7 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2011-01-09 01:37:15
映画も実際の事故もいかにもアメリカ的というか、スケールが大きいなぁと。(笑)
わらいごっちゃないんですけどね^^;
サイドストーリーがメインストーリーを邪魔しない程度に良いエッセンスになっていたと思います。家族の話ももっとフィーチャーされちゃうと軸がぶれちゃうけど、2人の連携を深めるための話に特化されてたし^^
日本人は深夜の赤信号でも止まって待ってると馬鹿にされますけど、その律儀な国民性からしたらこんな事故まず起こんないですよね。
見ました (きあ)
2011-01-09 09:06:44
面白かったです。
トニー・スコット監督の演出は快調ですし、脚本がいいと思いました。
主演二人の人間ドラマもさらりと描かれてアクションの邪魔にならないですし。
演出が冴えているので最後のクライマックス前後の緊迫感は非常に良かったです。

ただ、本作、黒澤明脚本の「暴走機関車」を連想しました。
同じ実話からの映画化なのかな?
「暴走機関車」は後に映画化されましたが、出来はいまいちでしたから、その点でもこちらの方が良かった印象です。

ちなみに私は「サブウェイ123 激突」はあまり納得できなかったんですよね。
演出は良かったのですが、脚本が弱かったと思います。
裏話を含めて (クラム)
2011-01-10 02:30:44
ワンパターンと言われる向きは多いかもしれませんね。
でも、この手の映画は時々観たくなります。
あと、同じパターンでも作りがしっかりしていれば評価は自ずからついてくると思います。

「サブウェイ123」の話は驚きですね。
あちらは私も劇場では観なかったのですが。
逆境の中でよく作り上げたものだと更に感心しました。
こちらにも~♪ (ひろちゃん)
2011-01-10 22:56:49
700名くらい入る大スクリーンで鑑賞しましたが、暴走列車の迫力はすごかったです。
最後まで緊張しっぱなし(^_^;)結末は予想がつきましたが、それでもドキドキハラハラ、
手に汗握って観てました。
エンタメ好きなので(笑)こういう作品
大好きです(*^o^*)面白かったです^^
mezzotintさんにはワンパターンでイマイチ
でしたか?(^_^;)
おりょ! (sakurai)
2011-01-11 08:12:13
ちょっといまいちでしたか・・。
あたしは久々に、血沸き肉踊る(ちょっと大げさ)興奮でした。
結末までわかっているのに、こんだけ見乗り出して見たのは最近ちょっとなかったわ。
「サブウェイ・」はこの際なかったことにして、列車のごつさを堪能させてもらいました。
迫力ありました~ (マリー)
2011-01-16 19:52:00
こんばんは~~♪
わ~~凄い迫力ある画像がいっぱい!
私、列車の写真載せたかったけど~なかったの(涙)

迫力あって楽しめました~。
実話ベースでここまでできたら、なかなかじゃないかな~と。
デンゼルさんとクリスのバランスもよかったかな~。敵対しながらお互いを知ってゆく・・というのが良かったです。
Unknown (Nakaji)
2011-02-02 12:51:19
こんにちは♪

いやーーースケールがでかかったですね。
興奮してみてたので、みおったあと相当疲れましたわ(笑)

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Similar Entries

51 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
アンストッパブル (あーうぃ だにぇっと)
12月21日(火)@一ツ橋ホール。 空席がかなりある。 既に観てしまったようでマニア達の姿無し。(笑)
アンストッパブル (LOVE Cinemas 調布)
危険な薬物を大量に積んだ貨物列車が、人為的ミスによって暴走を始める。大惨事を防ぐためにベテラン機関士と新米車掌のコンビが大奮闘する姿を描いたパニックアクションムービーだ。『サブウェイ123 激突』でもコンビを組んだトニー・スコット監督とデンゼル・ワシン...
『アンストッパブル』・・・今年の1本目!こいつはおもしろいゾ (SOARのパストラーレ♪)
制御不能に陥った乗り物を主人公たちが必死で止めようとするノンストップアクションの典型でありながら、壊れかけた父娘や夫婦の再生ドラマをしつこくならないぎりぎりのさじ加減で盛り込んでいるので、マンネリ感が全く感じられなかった。わずか100分足らずにして迫力の...
アンストッパブル (試写会) (風に吹かれて)
28年の経験をなめるなよ 公式サイト http://movies.foxjapan.com/unstoppable1月7日公開監督: トニー・スコット2001年5月、オハイオ州で実際にあった事件をヒン
「アンストッパブル」 (Con Gas, Sin Hielo)
過ちを犯すのも人間なら、命懸けで救うのも人間。 T.スコットと聴くと、観てハズレはないなと思う。 すごく心に残るという...
アンストッパブル (Akira's VOICE)
加速VS減速の手に汗握る攻防戦!!   
アンストッパブル (ハクナマタタ)
一言で言うと、暴走機関車を停めろ! そういう物語 実話をもとに着想したというこの映画 とにかく手に汗握る 顔の筋肉の運動によい ラストまで一気にひっぱる迫力の映像と緊迫感 終わったあと、やったぜ!という気分になる映画 実話をもとにした暴走列車...
「アンストッパブル」 手に汗握ります (はらやんの映画徒然草)
デンゼル・ワシントンとトニー・スコットの黄金コンビによる新作「アンストッパブル」
★アンストッパブル(2010)★ (CinemaCollection)
UNSTOPPABL生きて帰れたら、言いたいことがあるんだ。この映画は、<事実>から生まれた。【解説】無人貨物列車が突然暴走を始め、人々を未曾有の恐怖に陥れる戦慄のタイムリミット・...
『アンストッパブル』 45年前の日本人は正しかった! (映画のブログ)
 『アンストッパブル』の冒頭のカットに、ピンと来た人も多いだろう。  朝の操車場。  仕分線に並んだ多くの列車。  ガタタン、ガタタンと、貨車の触れ合う音が響く。  これは、黒澤明監督が撮ろ...
アンストッパブル (迷宮映画館)
たっぷり手に汗握らせていただきました!!
アンストッパブル (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
2001年にオハイオ州で発生した列車暴走事故を、「サブウェイ123 激突」のトニー・スコットが映画化したアクション巨編。危険物質を積んだまま暴走する貨物列車を止めるために、ベテ ...
「アンストッパブル」燃えるぜ~! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[アンストッパブル] ブログ村キーワード  デンゼル・ワシントン×トニー・スコット5作目のタッグ!「アンストッパブル」(20世紀フォックス映画)。この前のコラボ作「サブウェイ123 激突」に続いて、“燃える男の鉄ちゃん魂ムービー”でございます。  その日、職務...
アンストッパブル (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(14) 鉄道映画に外れなし!
アンストッパブル やっべぇぇぇ!すっげぇぇぇっ! (労組書記長社労士のブログ)
【=3 -0-】 予告編を初めて見た瞬間に「絶対に観るt!!」って思ったこの映画、ようやく封切りを迎えたよ!o(@^◇^@)oワクワク  ペンシルバニア州のとある操車場に停車中の最新式貨物列車777号が、整備士の人為的ミスによって...
アンストッパブル (だらだら無気力ブログ)
実際に起きた列車暴走事故を基に、大量の化学物質を積んだまま暴走を 始めてしまった貨物列車を、解雇予定のベテラン機関士と新米車掌が、 大惨事を防ぐべく命がけで貨物列車を止めようと奮闘する様をスリリングに 描いたサスペンスアクション。 主演は『サブウェイ123 ...
『アンストッパブル』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「アンストッパブル」□監督・製作 トニー・スコット □脚本 マーク・ボンバック □キャスト デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン■鑑賞日 1月10日(月)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度...
トニー・スコット監督 「アンストッパブル」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
今年最初のCinemaレビューになりますが… 劇場で観た映画は実はこれが今年2本目 1本目は昨年暮に観た「相棒‐劇場版2‐」の再鑑賞 だって今年最初の公休日(6日)に、私が観たいと思える作品がまだ上映されてなかったンだもん 2回目の公休の今日(13日)...
「アンストッパブル」 UNSTOPPABLE (俺の明日はどっちだ)
・ 最近再び始めてしまったツイッターで「余計な物を限りなく削ぎ落とした見事なハラハラ・ドキドキムーヴィー。トニー・スコット監督、兄貴にも劣らぬ好演出で思わず拍手!」と思わずつぶやいてしまった良い意味で70年代パニック映画を想起させるタイムリミット・サスペ....
[映画『アンストッパブル』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆トニー・スコット監督は、先にもトレイン・パニック物『サブウェイ123/激突』を撮っているが、それは残念ながら、駄作だった。  しかし、今回の作品は、私、公開前から設定に胸を踊らせていた。  やっぱり、機関車にしても特急にしても、暴走したものを停める、...
「アンストッパブル」愛する人たちを守るため暴走列車に立ち向かった勇敢な2人の機関士 (オールマイティにコメンテート)
1月7日公開の映画「アンストッパブル」を鑑賞した。 この映画は人為的ミスから暴走した貨物列車を止めようと 立ち上がった機関士2人が暴走する列車を止めるために 奮闘する姿 ...
アンストッパブル (Recommend Movies)
列車を止める使命を託された、二人の男の物語 予告編を観てテンションが上がったので勇んで劇場へ♪ デンゼル・ワシントンって運行司令部勤務じゃなかったっけー ペンシルベニア州にある操車場で最...
映画「アンストッパブル」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
2011年映画観賞のトップバッターを飾る最初の映画は「アンストッパブル」。 新米機関士扮するクリス・パインと勤続29年のベテラン機関士役であるデンゼル・ワシントンが主役を演じる、トニー・スコット監督作品です。 映画「アンストッパブル」のストーリーは、2...
[映画][2010年]アンストッパブル(監督トニー・スコット) (タニプロダクション)
TOHOシネマズ日劇 前方左側 出演:デンゼル・ワシントン クリス・パイン他 評点=☆☆☆★★(70点) 男気! フーターズ! アンストッパボー!
暴走列車を止めよ (笑う学生の生活)
9日のことだが、映画「アンストッパブル」を鑑賞しました。 無人列車が暴走 それを止めようとする機関士2人の奮闘 ストーリーはシンプル 暴走列車を止める パニックアクション なんか ありがちというか 一昔前の作品ぽいですが・・・ 単純明快に面白い ハラハラドキ....
アンストッパブル (心のままに映画の風景)
ペンシルヴェニア州フラー操車場。 危険性の高い化学物質を大量に積んだ最新鋭の貨物列車が、運転士のミスで無人のまま走り出してしまう。 その頃、同州にあるミンゴ操車場では、ベテラン機関士フランク(...
『アンストッパブル』 (purebreath★マリーの映画館)
           突然暴走を始めた<無人貨物列車>              全長:800メートル/時速:160キロ              積荷:ミサイル級の発...
アンストッパブル (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  いくつかのミスが重なって暴走してしまった無人列車。しかも貨物には大量の危険物が搭載されている。このまま暴走を続ければ、やがては市街地に入り、急カーブのある高架で脱線し墜落することになるだろう。そしてその墜落先には多くの燃料タンクが設置されて...
アンストッパブル (小部屋日記)
Unstoppable(2010/アメリカ)【劇場公開】 監督:トニー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン 生きて帰れたら、いいたいことがあるんだ。 通算5回目となるトニー・スコット監督とデンゼル・ワシントンのコラボレーション。 20...
映画:アンストッパブル Unstoppable エンディングまで一気通貫!のアクション大作。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
確かに、タイトル通り。 重さ190トンの鉄のカダマリ、超重量の貨物列車777号が 無人の状態のまま4461馬力で駆け抜け、誰も停められない。 しかも、この貨物列車777号には危険物な化学物質が満載されていたのだ! これがバッタバッタと車から何からぶっ飛ばして暴走。 た....
アンストッパブル (ダイターンクラッシュ!!)
2011年1月15日(土) 21:40~ TOHOシネマズ川崎4 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『アンストッパブル』公式サイト 硬質な映像を見せることでカッコいいと勘違いしているようなトニー・スコットだが、「サブウェイ123 激突」に続き、デンゼ...
アンストッパブル / Unstoppable (勝手に映画評)
2001年、オハイオ州で発生したCSX8888号暴走事故が下敷きになっている映画です。ですが、発生した場所がペンシルバニア州になるなどの変更が加えられていますので、冒頭のキャプションは「事実に基づいた」ではなく、「事実に着想を得た」となっています。 デンゼル・ワ....
『アンストッパブル』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 アンストッパブル 』 (2010)  監  督 :トニー・スコットキャスト :デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン、ケヴィン・ダン、イーサン・サプリー、ケヴィン・チャップマン...
暴走無人列車~『アンストッパブル』 (真紅のthinkingdays)
 UNSTOPPABLE  ペンシルバニア州の操車場で、危険な化学物質を搭載した無人貨車が暴走 を始めた。ベテラン機関士のフランク(デンゼル・ワシントン)と新米車掌のウィ ル(クリス・パイン...
アンストッパブル/Unstoppable (いい加減社長の日記)
またも更新が遅いけど^^; 去年の予告編を観てから、楽しみにしていた作品。 公開日に、「アンストッパブル 」を鑑賞。 「UCとしまえん 」は、普通かな。 「アンストッパブル 」は、中くらいのスクリーンで、3~4割程度。 (C) 2010 TWENTIETH CE...
「アンストッパブル」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 トニー・スコット×デンゼル・ワシントンの名コンビ最新作は、2001年5月、オハイオ州で起きた貨物列車暴走事故を元にしたアクション大作。  毎回、この手の映画やニュース...
失うモノがない男、取り戻したいモノがある男。『アンストッパブル』 (水曜日のシネマ日記)
実際に起こった列車暴走事故をモデルに作られた映画です。
「アンストッパブル」は清涼飲料水的娯楽映... (映画と出会う・世界が変わる)
この作品、娯楽映画としては実に巧妙な出来である。物語は、危険物を満載して暴走した列車をいかに止めるか、ただそれだけである。冒頭から事故の発生、登場人物たちと彼らが置かれ...
アンストッパブル (C'est joli~ここちいい毎日を~)
アンストッパブル'10:米◆原題:UNSTOPPABLE◆監督:トニー・スコット「サブウェイ123激突」「デジャヴ」◆主演:デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン、ケヴィ ...
映画「アンストッパブル」 (itchy1976の日記)
アンストッパブル 映画 - goo 映画 アンストッパブル(映画.com) アンストッパブル@ぴあ映画生活 「アンストッパブル」オフィシャルサイト アンストッパブル (映画) - Wikipedia ○作品データ(映画.com) キャスト:デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ド...
アンストッパブル (映画的・絵画的・音楽的)
 『アンストッパブル』をTOHOシネマズ日劇で見てきました。 (1)こうした作品なら、何はともあれ大画面で音響の素晴らしいところと思って有楽町まで出かけましたが、期待どおりでした。何しろ、運転手なしに暴走し続ける貨物列車をストップさせなければ、市街地に突っ込....
「アンストッパブル」Unstoppable (2010 FOX) (事務職員へのこの1冊)
 前作「サブウェイ123 激突」で、やはりデンゼル・ワシントンを使って“地下鉄ハ
アンストッパブル (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『生きて帰れたら、 言いたいことがあるんだ。』  コチラの「アンストッパブル」は、2001年5月15日にオハイオ州で発生した実際の鉄道事故をベースに、2009年の「サブウェイ123 激 ...
アンストッパブル <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
いや~ 予想以上に面白かった~ 迫力満点やし ハラハラドキドキさせられるしほっとんど 電車で走ってるシーンばっかしやねんけど ひき込まれるで~コネで入ってきたウィルと ...
アンストッパブル (みるき~うぇい)
原題:UNSTOPPABLE 2010年度作品/アメリカ <監督> トニー・スコット <出演> デンゼル・ワシントン(「アメリカン・ギャングスター」など) クリス・パイン ロザリオ・ドーソン イーサン・サプリー ケヴィン・ダン(「トランスフォーマー」) ケヴィン・...
映画『アンストッパブル』を観て (KINTYRE’SDIARY)
11-4.アンストッパブル■原題:Unstoppable■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:99分■字幕:林完治■鑑賞日:1月10日、渋東シネタワー(渋谷)■料金:1,600円ス...
アンストッパブル (Unstoppable) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 トニー・スコット 主演 デンゼル・ワシントン 2010年 アメリカ映画 99分 パニック 採点★★★ “その土地はもう危険だから、引っ越した方が良い”といった意見や、“過去の教訓を忘れてしまう住人”みたいな論調をこの震災以降耳にすることがありますが、そ...
アンストッパブル (銀幕大帝α)
UNSTOPPABLE/10年/米/99分/パニック・アクション/劇場公開 監督:トニー・スコット 製作:トニー・スコット、ミミ・ロジャース 出演:デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン、イーサン・サプリー <ストーリー> 整備員のミスが原因で大量...
【映画】アンストッパブル…デンゼルで列車だけど既視感無し (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
最近読んでいる本はダン・シモンズの「イリアム」なピロEKです。 この本を読む事が楽しく、これまたモンハンに合わせてブログ停滞の一因となっております で、映画観賞記録です。 「アンストッパブル」 (監督:トニー・スコット、出演:デンゼル・ワシントン、....
アンストッパブル (RISING STEEL)
アンストッパブル / UNSTOPPABLE 2010年 アメリカ映画 20世紀フォックス製作 監督:トニー・スコット 脚本:マーク・ボンバック 撮影:ベン・セレシン プロダクションデザイン:クリス・...
アンストッパブル (mama)
UNSTOPPABLE 2011年:アメリカ 監督:トニー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン、ロザリオ・ドーソン、イーサン・サプリー、ケヴィン・ダン、ケヴィン・コーリガン、クリス・パ ...