銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

ワン・ミス・コール One missed call

2008-07-26 | 映画:シネコン

 「留守電に断末魔。ーーそれは私の声。」

おぞましい“死の着信”それは決して逃れられない

あなたは3日後 すでに死んでいる

7月24日、夕方MOVX京都にて鑑賞。本作のオリジナル版は日本作品“着信あり”だそうで・・・・。監督はあの三池崇史、2004年劇場公開で大ヒットしたもの。そんなこともあってか、高校生のお客さんも結構来ていた。

 

ストーリー

アトランタの大学院生のベス・レイモンド(シャニン・ソサモン)は、ある金曜の晩にルームメイトのテイラー(アナ・クラウディア・タランコン)と暮らす家でパーティーを開いていた。そこに友人のレアンが加わり、友人のシェリーが溺死したことを話していた。そしてレアンの携帯電話が鳴った。登録した着メロではない不気味な着メロが流れる。その着信はシェリー(ミーガン・グッド)から来ており、3日後の日付の着信が残っていた。留守電を聞くと、そこにはレアン(アズーラ・スカイ)の悲鳴のような声が録音されていた。3日後の月曜日、レアンは図書館から帰る道で恐ろしい顔をした不気味な人たちに見られているとべスに電話していた。そして着信があった時間に近づきレアンのもとに行ったべスだったが、時はすでに遅くレアンは踏切の歩道橋から飛び降り走ってきた列車にぶつかり死んでいた・・。数日経ちレアンの葬式が行われ複雑な気持ちになる友人たち。そしてレアンの元彼のブライアン(ジョニー・ルイス)がレアンから着信が来ていたことを告白。レアンが予告通りに死んだことを信じないブライアンだったが、ブライアンの携帯にもブライアン自身の声が録音されていた。再び着信があった時間に近づき自分の携帯を取りに行くブライアンだったが、建築現場から大きな爆発音が聞こえてきたかと思うと、ブライアンの体に太い鉄筋が突き刺さり赤い飴玉を吐き出し死亡した。ベスは警察で呪いの着信のことを話すが、担当のリー刑事は彼女の話を信じない。しかし、ジャック・アンドリュース刑事(エドワード・バーンズ)は死後一週間以上経って発見された妹のことを話した。しかも自分の妹がシェリーと同じ聖ルーク病院で研修を受けていて、妹はシェリーが死ぬ2日前に死んでいたことが分かっていた。呪いの着信で2人の友人を喪ったテイラーは今度は自分にかかって来るのではないのかと脅えていた。テイラーの携帯の電池を抜いても彼女の携帯からあの着メロが流れる。その着信にはテイラーと思われる人が叫びをあげている動画が映し出されていた・・。着信日時は2日後だった。テイラーに呪いの着信が掛って来たことにショックを受けるべスだったが、テイラーが呪いの着信を受けたことを聞きつけたTV番組「アメリカの奇跡」のプロデューサー、テッド・サマーズ(レイ・ワイズ)が彼女の前に現われお祓いの番組出演をオファーしてきた。最初は主演を断るが、不安や恐怖が高まり番組出演を受諾してしまう。 呪いの連鎖を止めるために事件の真相を突き止めようとするべスとジャック。はたして、2人は呪いの真相を解明することができるのか・・!

ワン・ミス・コール べスにもあのがついに・・・・・

始まりは聖ルーク病院での火災からなんですが・・・・。 ひとりの幼い少女が火災現場から助けだされるシーン。この少女が事件の鍵となっています。この少女の母とジャック・アンドリュース刑事の妹と何らかの関わりがあったようです。

両目が口となり、乳母車を押しながら、不気味な笑みを投げかける母親、

口が裂け姿を消す図書館の女、無数の亀裂の入った顔を持つの乗客・・・・。

“死の着信”を受けたものだけが見えるおぞましい死神たち。

刻々と迫る死の予告時刻、恐怖の連鎖は止まらない

見えないものが見えるというのも、何か?不吉な予告というのがありがちな幻影のよにも思えるのですが・・・・。それから、死んだ被害者の口からいつも飴玉ひとつポロリこれも犯人の手がかりになるポイントとしてのひとつ。

まあそれなりに恐怖感をよりいっそう強く与えようとしている製作者の意図も見えますが・・・・意外にもそこまでは感じませんでした。ラストで、犯人の全貌は見えますが、ちょっと分かりづらいような気もします。犯人が何故狙ったのか?単に携帯電話つながりだけなら、やはり怖いことです。今や携帯電話はめまぐるしいほどに増えていっています。関連した事件も次々と起こっているのも事実。そういう意味で、この作品を見るとやはり携帯電話に要注意っていうメッセージかもしれませんね。

映画『ワン・ミス・コール』写真

エドワード・バーンズが出ていました。「幸せになるための27のドレス」のバーンズより良かったです

 

映画『ワン・ミス・コール』写真 テイラーは命を助けて欲しいという気持ちから、番組出演を承諾したが・・・・。

 

映画『ワン・ミス・コール』写真 何と、あのデーブ・スペクターも登場英語で喋っておられましたやっぱりアメリカ人だった。

 

監督: エリック・ヴァレット

 

メディア 映画
上映時間 88分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(角川映画)
初公開年月 2008/07/19
ジャンル ホラー/サスペンス

http://onemissedcallmovie.warnerbros.com/ オフィシャルサイト(英語版)

 

※あの着信音がいまだに、耳に残っています。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (3)   Trackbacks (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ぐるりのこと リリー・フラ... | TOP | ジェリー・フィッシュ ふわ... »
最近の画像もっと見る

3 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (かみぃ@未完の映画評)
2008-07-26 23:47:25
あんまり怖くないホラーでしたよね。
あと、展開が早過ぎてオリジナルを知らないとついていけないんじゃないかと心配したり。
トラバありがとうございます (くう)
2008-07-28 20:51:25
着メロは、日本版の方が印象的に耳に残りますよん(^.^)
よろしかったら、ぜひ日本版の方もご覧ください。
わたしも (michi)
2008-08-06 13:38:45
>あのデーブ・スペクターも登場英語で喋っておられました

このシーンが妙に気になりウケてしまいました!!
しかもジョークもナシでしたから、いつものデーブではなかったですよね 笑。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

19 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
映画「ワン・ミス・コール」を試写会で鑑賞 (masalaの辛口映画館)
 24日「ワン・ミス・コール」@新橋ヤクルトホール 作品の知名度が低いのか客入りが悪く7割ほど。ゲストが来るみたいでマスコミが多数駆けつけている。 トークショーの話 今回の主権は日本テレビのラジかるッ!。司会は山下美穂子アナ、ゲストは精神科医の名越康文...
ワン・ミス・コール (ネタバレ映画館)
嫡子アリ?
ワン・ミス・コール (zakky's report)
★★☆☆☆ 『着信アリ』のハリウッドリメイク作品。予告編はかなり怖いです。 で、今回はヤンマガ独占試写会という案内状で見に行った...
『ワン・ミス・コール』 (cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー)
虎ノ門のニッショーホールでの『ワン・ミス・コール』のジャパンプレミアに行ってきました。というか、ジャパンプレミアだったことに行くまで全く気付いていなかった自分。ただの試写会かと思ってた。。。小倉淳アナウンサーの司会の元で、この映画に出演してるデーブ・ス...
ワン・ミス・コール (ともやの映画大好きっ!)
(原題:ONE MISSED CALL) 【2008年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★☆☆) 2004年に公開されたホラー映画「着信アリ」を、ハリウッドがリメイクしたホラー・サスペンス。 心理学を専攻する女子大生ベス・レイモンド(シャニン・ソサモン)の友人シェリー(ミーガン・...
ワン・ミス・コール (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
Jホラー「着信アリ」のリメイクは、続編まで作られた日本の観客には、もはや怖さは感じないだろう。携帯に録音された断末魔の叫びを聞いたものが死に至る恐怖を描く。呪われた本人にだけ見える異様な幻影は、オリジナリティにあふれていて見応えがある。恐怖の演出より音...
【映画評】ワン・ミス・コール (未完の映画評)
一世を風靡した携帯電話を通して呪いが伝染するサスペンス・ホラー『着信アリ』のハリウッド・リメイク版。
ワン・ミス・コール (そーれりぽーと)
『着信アリ』のハリウッド版『ワン・ミス・コール』を観てきました。 ★★ いわゆる“ハリウッドリメイクもの”の中でも、オリジナルのスタッフの手から完全に離れてしまったものは、大抵の場合大幅なプロットの変更でいじくり倒された微妙感を漂わせているのですが、こ...
ワン・ミス・コール (CINEMAチラシーズ)
<チラシ>
「ワンミスコール」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
ナチュラルボーンな怨念。元ネタの「着信アリ」シリーズを一作も見たことがないのだが、なんとなく気になって劇場まで足を運んだ。あり得ない話にそれなりに現実的な設定を持たせて話の骨格は粗方できていたと思う。主人公と事件の鍵を握る人物以外は被害者として見せるだ...
ワン・ミス・コール (ダイターンクラッシュ!!)
7月21日(月) 17:15~ アミューズCQN2 料金:1300円(シネカノン会員料金) プログラム:600円 『ワン・ミス・コール』公式サイト ポスターが激しく不気味な「着信アリ」のハリウッドお家芸リメイク。 ほとんど忠実にリメイクしており、劣化コピーに過ぎない。 で...
「ワン・ミス・コール」ジャパンプレミア試写会 (流れ流れて八丈島)
虎ノ門のニッショーホールに「ワン・ミス・コール」のジャパンプレミア試写会に行ってきました。この映画は、4年前に三池崇史監督・柴崎コウ主演で作られた日本映画「着信アリ」のハリウッド・リメイクです。何がジャパンプレミアかというと、出演者の一人であるデーブ・...
着信あり (CINECHANの映画感想)
187「ワン・ミス・コール」(アメリカ)  心理学専攻の女子大生のベス・レイモンドは、数日のうちに二人の友人の怪死を目撃する。一方妹の死をきっかけにその謎を探るジャック・アンドリュース刑事は、ベスに会い、事件の共通性を語る。  死んだ彼らに共通した事実...
【ワン・ミス・コール】情緒まではコピーできない (映画@見取り八段)
ワン・ミス・コール 公開: 2008年7月 監督: エリック・ヴァレット 出演: エドワード・バーンズ、シャニン・ソサモン 2004年に公開...
『ワン・ミス・コール』 (One Missed Call) (Mooovingな日々)
ワンミスコールを見ました。エリックヴァレット監督、シャニンソサモン、エドバーンズ、アズーラスカイ、デーブスペクターほか。 ジャパニーズホラーの着信アリのハリウッド版。 両目が口となり乳母車を押しながら不気味な笑みを投げかける母親、口が裂け姿を消す図書...
ワン・ミス・コール (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
来た!__留守電に断末魔、それは私の声。おぞましい「死の着信」それは決して逃れられない。あなたは3日後、すでにに死んでいる。 物語:心理学専攻の大学生ベス・レイモンドは、友人シェリーの急死を悲しんでいた。それはレアンも同じだった。シェリーは聖ルーク...
ワン・ミス・コール (Memoirs_of_dai)
宮崎アニメ劣化祭り 【Story】 女子大生のベス(シャニン・ソサモン)の友人、レアン(アズーラ・スカイ)の携帯電話から聞き覚えのない着...
真・映画日記『ワン・ミス・コール』 (CHEAP THRILL)
JUGEMテーマ:映画 7月8日(火)◆860日目◆ 午後5時40分に終業。 この日は『ワン・ミス・コール』のジャパン・プレミアム。 場所は虎ノ門の「ニッショーホール」。 なので、会社(御成門)から歩いて行った。 10分程で到着するが、 開場待ちの列は...
映画『ワン・ミス・コール ONE MISSED CALL』 (たまさんのHR/HM シネマカフェ)
洒落たパッケージに引き寄せられるがままに見てみたこの作品。柴咲コウ主演 『着信ア