銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

ローズ・イン・タイドランド

2006-07-23 | 映画:ミニシアター


京都みなみ会館にて、「ローズ・イン・タイドランド」を鑑賞「ブラザーズ・グリム」の監督テリー・ギリアムの新作です。「未来世紀ブラジル」で有名な監督約20年前に公開された映画・・・・。確か観た記憶はあります。何か不思議な映画でした今回のこの「ローズ・イン・タイドランド」も不思議な感覚の映画でした主人公のジェライザ・ローズを演じる可愛い少女は「サイレント・ヒル」のシャロン役を演じたジョデル・フェルランドちゃん、今年12歳です。二歳でデビューして、26作品の映画・TVに出演しているベテラン子役物語は「不思議の国のアリス」を読むのが大好きな10歳の女の子ジェライザ・ローズは学校にも行けず、元ロックスターのパパやママの世話をする毎日・・・・。パパは昔を引きずり、くすり(注射)を打ち夢の中(バケーションと言っている)へ入る。夢から覚めると、寝ているジェライザ・ローズを起こし、二千年も地底で眠っている沼男の話をするのであった。ある日ママはくすりの大量服用で死んでしまうパパと二人で葬りパパが話すユトランドへで向かう(実はユトランドではなく、パパの故郷テキサスなのですが・・・)テキサスにはパパの母が居るはずでしたが・・・・すでに亡くなり、廃墟となったがあるだけでした。彼女の友達は頭だけのバービー人形4人・・・・。その人形に語りかけるローズ、廃墟となったにがっかりしながら、やがてパパはいつものようにくすりで夢の中へ旅立ちますそしてそのままなはずのジェライザ・ローズは人形と共に楽しく生きて行きます。さまざまな人との出会いで・・・・ジェライザ・ローズはどうなるのでしょうか続きは映画を観て下さい。観た感想一見ファンタジックかなと思いきや悲壮感もありながら・・・・何か幻想的そして汚い現実なんなのこれと頭の中がぐるぐるしました独特の映像で・・・・茶色い草原に建つの風景はアンドリュー・ワイエスの絵をイメージしたそうです。なるほど納得ローズの衣装も可愛い

   バービー人形と一緒

   この風景いいですね

  デルとディキンズと三人で

   ローズはディキンズに恋

      
      パンフレット購入しました

 追記:こんなコピーがパンフレットに「現実と幻想のアップサイド・ダウン」まさにそ
 のとおりの映画だけど・・・厳しい現実の中にいるローズ、でも気持ちは
 ネガティブにはならず、いつもポジティブだったローズに両親の死を深く受け止め
 る悲しみさえ感じないし・・・・平然としているのは何なのだろうか?疑問だらけだけ
 ど、不思議で、不気味で、面白い映画だった。
 

  ローズ・イン・タイドランド 映画の詳細です

ジャンル:
ウェブログ
Comments (7)   Trackbacks (48)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウィリアム・モリス展 | TOP | パイレーツ・オブ・カリビア... »
最近の画像もっと見る

7 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ともこ)
2006-07-23 17:25:01
読んでいて行きたいようなでも、私的にはどうかな?という映画みたいです。

今回「ゆれる」はまだ見てられないようですね。

もう感想が書き込んであるかと楽しみにしていたのですが。私は見てみたい映画です。
バケーション (kazupon)
2006-07-23 21:14:09
いつもお世話になってます!

TBありがとうございました。

確かに「なんなの?」って作品なんですけど、

こういう毒気のある作品は最近あまり作ってなかったので、ギリアムもまだまだやれるんだなぁと

嬉しくなりました。

草原の絵がホントにキレイでしたね。

アメリカはこの秋に公開のようなんで、

娘にドラッグ注射を手伝わせる場面ってあっちで

物議を醸しだすんじゃないかと思ってます
ギリアム監督 (もじゃ)
2006-07-23 22:41:27
こんにちは。TBありがとうございます。

ギリアム監督らしいブラックユーモア満載でしたね。

確かにあんな映像見せられたら頭の中がぐるぐるしちゃいますよねw

*こんばんは! (ダーリン/Oh-Well)
2006-08-05 20:16:31
★mezzotintさん、



こんばんは、久方ぶりにお邪魔いたします。



先月は、本作のTBを始め幾つかのTBを頂きありがとうございました。



僕は、本作に関しては、鑑賞前、そして、鑑賞後も色んな方々とお喋りを交わし、断片的にはあれこれを言葉に出来ていたはずなのですが、

いざ、まとまった形にしてみようとすると、中々それが出来ずにおりました。



しかし、今夕、一応自分が初鑑賞の際に感じ取れたものを吐き出せましたので、

「鑑賞メモ」としてエントリーし、こちらにもTBさせて頂きました。



また、mezzotintさんの新旧映画のエントリーを楽しみにしています。

それではまた!
Unknown (mezzotint)
2006-08-12 22:48:21
matchanさんへ

こちらにもTBありがとうございます!実は貴ブログをアクセスしていますが・・・フリーズ状態です困りましたそのため、コメントもできない状態です
三度こんばんは! (Ken)
2006-08-29 23:19:11
こちらにもどうも!

この作品、僕は相当好きですねー。

子供ならではの想像力で現実を幻想に翻訳するローズ(そしてギリアム)の不思議な世界を堪能しました。

不恰好だけど何故か憎めない。

そんな作品でした。
こんばんは♪ (ミチ)
2006-09-23 01:05:39
そっか、どこかで見た風景だと思ったら、ワイエスの絵画に似てたんですね~。

納得です!

ところどころ惹かれる部分があり、ところどころ嫌悪感を覚えながら見てました(汗)

感覚で楽しむ映画なのでしょうね~。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Similar Entries

48 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ローズ・イン・タイドランド (映画通の部屋)
「ローズ・イン・タイドランド」 TIDELAND/製作:2005年、イギリス=カ
ローズ・イン・タイドランド (2005) TIDELAND 117分 (極私的映画論+α)
 『不思議の国のアリス』が大好きな10歳の少女ジェライザ=ローズ。両親が2人ともヤク中で、ある日ついに母親が死んでしまう。慌てた父親はジェライザ=ローズを連れて故郷へと旅立つ。辿り着いた実家は、周囲に何もない草原の中に立つ壊れかけた古い家。着いて ...
ローズ・イン・タイドランド TIDELAND (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
ジョデル・フェルランド主演 10歳のジェライザ=ローズはジャンキーな両親を持っています 両親のヘロイン注射の手助けを平気でしています 周りに友達が居なく他に情報は無いので「不思議な国のアリス」の本を 幾度と無く読み続けています アリスの冒険と自分 ...
ローズ・イン・タイドランド (映画を観たよ)
ギリアム風アリス。 そんな宣伝文句を聞いてすごく楽しみにして見てきました。 すごい悪趣味な映画(苦笑 最初から子供にクスリ作らせてる親だしで何か嫌だなぁって思いつつもどうなって展開していくかがすごく楽しみでした。 ローズのたくましい想像力は悲惨な状 ...
ローズ・イン・タイドランド (そーれりぽーと)
昨日公開された「サイレントヒル」を観て名子役ジョデル・フェルランドにすっかり魅了されたわけですが、丁度同じ昨日公開の「ローズ・イン・タイドランド」では主役で登場しているというので、後日観るつもりでしたが慌てて今日観てきました。 ★★★★ やっぱり ...
試写会「ローズ・イン・タイドランド」 (That's the Way Life Goes)
[:映画:] 「ローズ・イン・タイドランド」  原作は「Tideland」  Mitch Cullin 応募したのも忘れていた試写会が当選。  テリー・ギリアム、前作の 「ブラザーズ・グリム」 が私はダメだったので、もうどうかなあと思ってたんだけど、けっこう面白かっ ...
『ローズ・イン・タイドランド』 (ラムの大通り)
----テリー・ギリアム、精力的だね。 この前、『ブラザーズ・グリム』が公開されたばかりじゃなかった? 「うん。あの呪われた『The Man Who Killed Don Quixote』の不幸以来、 すっかり表舞台から姿を消していたと思ったら、最近またまた大活躍。 やはりただ者じ ...
『ローズ・イン・タイドランド』見ました!! (福助江戸日記)
 久々に、観客が10人以上入っている作品でした。  監督、テリー・ギリアム。『ロ
ローズ・イン・タイドランド/TIDELAND (我想一個人映画美的女人blog)
テリーギリアムが創り出す、 少女ローズの現実逃避による、イマジネーションワールド 去年9月のトロント映画祭で出品,上映されて yueがジェニファーティリーと写真撮ってもらったあの時の作品、 やっと日本公開☆期待しないで待ってました~ 公開2日目に観に行 ...
ローズ・イン・タイドランド・・・・・評価額1200円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
気の抜けたシャンパンみたいだった空虚な大作、「ブラザーズ・グリム」に続いてテリー・ギリアムが送り出してきたのは、「嫌われ松子」が裸足で逃げ出す、とんでもなく悲惨な少女ローズの物語。 彼女が生きるのは、残酷な現実に
ローズ・イン・タイドランド (It's a Wonderful Life)
テリー・ギリアムの新作が2年連続で観れるなんて 信じられません!昨年の「ブラザース・グリム」から 半年ちょっとで公開の本作、前作が彼のキャリアの中でも かなりメジャー色の濃い作品だったのに対し、 本作は、かなりブラックな作家色の濃い作品。 ...
Rose in Tideland (Brillatsavarin blog)
観てきました、「Rose in Tideland」。 テリー・ギリアム、待望の
ローズ・イン・タイドランド (シャーロットの涙)
1865年、数学者のチャールズ・ラトウィッジ・ドジソンが「ルイス・キャロル」というペンネームで10歳の少女アリス・リデルの為に書いた児童文学「不思議の国のアリス」(引用) ジェライザ=ローズもアリスさながらに、脳内冒険の旅に出る。 子供の想像力はいつ ...
I am「テリー・(ギリギリ)・アム」 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
て、あまりにベタなタイトルで失礼しました、が‥ある意味当たっているテリー・ギリア
【 ローズ・イン・タイドランド 】 (もじゃ映画メモメモ)
両親がヤク中で死んでしまい一人取り残された10歳の少女の空想と現時の世界を描いた異色ファンタジー。監督はテリー・ギリアム。 少女の桁外れな現実逃避っぷりを独特の映像美で表現してくれます、正直ちょっとクドイですがね。ブラックでアクが強くって、これ ...
ローズ・イン・タイドランド (パレード)
 公開初日。新宿の映画館は混んでいる。  スクリーンいっぱいに広がるジェライザ=ローズの可愛らしい笑顔。気づけばそれは、色あざやかな空想とともにストーリー世界を構成する重要なキーワードになっている。パパやディキンズでなくとも彼女の虜だ。彼女の ...
映画@ローズ・イン・タイドランド/TIDELAND (sattyの癒しのトビラ)
『不思議の国のアリス』が大好きな 10歳の少女ジェライザ=ローズ 両親が2人ともヤク中で、ある日ついに母親が死んでしまう 慌てた父親はジェライザ=ローズを連れて故郷へと旅立つ 辿り着いた実家は、周囲に何もない草原の中に立つ 誰も住んでいない壊れかけた古 ...
ローズ・イン・タイドランド(2005/イギリス=加/テリー・ギリアム) (CINEMANIAX!)
【恵比寿ガーデンシネマ】 『不思議の国のアリス』が大好きな10歳の少女ジェライザ=ローズ(ジョデル・フェルランド)。両親が2人ともヤク中で、ある日ついに母親(ジェニファー・ティリー)が死んでしまう。慌てた父親(ジェフ・ブリッジス)はジェライザ=ロー ...
ローズ・イン・タイドランド (5125年映画の旅)
『サイレントヒル』で確かな存在感を見せた期待の天才子役ジョデル・フェルランドちゃん。 彼女の初主演作がこの『ローズ・イン・タイドランド』です。監督が鬼才テリー・ギリアムということもあり、かなり期待して観に行きました。 両親に先立たれ、一人ぼっ ...
ローズ・イン・タイドランド (はむきちのいろいろ日記)
『不思議の国のアリス』が大好きな10歳の少女ジェライザ=ローズ。両親が2人ともヤク中で、ある日ついに母親が死んでしまう。慌てた父親はジェライザ=ローズを連れて故郷へと旅立つ。辿り着いた実家は、周囲に何もない草原の中に立つ壊れかけた古い家。着いて間 ...
ローズ・イン・タイドランド (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  妄想の国のお色気アリス    
■〔映画雑談Vol.19〕『ローズ・イン・タイドランド(2005/テリー・ギリアム)』 (太陽がくれた季節)
(※尚、今夏日本公開予定)メモ―その1 こんばんは~、ダーリン/Oh-Wellです。 ・・・さてさて、 僕が、この夏公開予定の映画中に於いて、素朴に大いに楽しみにしている一本に、 テリー・ギリアムの新作『ローズ・イン・タイドランド(2005)』〔◆IMDb ...
映画/ローズインタイドランド (  サ バ ペ)
映画「ROSE IN TIDELAND」 テリーギリアム監督。
ローズ・イン・タイドランド (パフィンの生態)
テリー・ギリアム監督、2005年、イギリス・カナダ ドラッグづけのママが死に、パパと二人でおばあちゃんの家に 出かけたジェライザ=ローズ。パパが”バケーション”に行ってしまい バービー人形のミスティークと一緒に家の近くを探検するうちに・・。 10歳 ...
65.ローズ・イン・タイドランド (レザボアCATs)
少女の世界そのままのような、美しく彩られた毒々しい幻想ワールド。エグイのにピュアな、少女でありながら大人の色っぽさを感じさせる、ジョデル・フェルナンドの、魅力溢れるこの作品。おぞましい描写をしているのに、奇妙に鮮やかな美しさ。相反する言葉で表現 ...
ローズ・イン・タイドランド (とにかく、映画好きなもので。)
   自分勝手なママがいきなり死んで、元ロックスターのパパ(ジェフ・ブリッジス)を街を出て、おばあちゃんの家にやってきたジェライザ=ローズ(ジョデル・フェルランド)。  おばあちゃんの死後、そのままのボロ家に着いてすぐ・・・パパはク ...
「ローズ・イン・タイドランド」 (或る日の出来事)
(C) 2005 Recorded Picture Company Limited and Capri Films Inc. All Rights Reserved. しなれば折れない。譲るばかりじゃ得られない。 おまえの賢い瞳。おまえの大きな空。 マイ・スイート・ハニー・ローズ…奇
ローズ・イン・タイドランド (CINEMAチラシーズ)
<チラシ> 楽しんでいただけたら・・・
ローズ・イン・タイドランド (Fu6*s BLoG)
↑ローズ・イン・タイドランド(R-15)   [emoji:40] [emoji:40] [emoji:40] [emoji:52] [emoji:52] イギリス=カナダ映画/117分。 新宿武蔵野館に1人で見に行った。 前から5番目の一番左端の席。イス
「ローズ・イン・タイドランド」 ジョデ嬢IN「悪魔のいけにえ」 (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
無垢な少女というものは、きっと「悪魔のいけにえ」のレザーフェイスのお家にお招きされても楽しんじゃうんだろうな~。 (ローズのお家、「悪魔のいけにえ」と同じエド・ゲインを扱った「サイコ」ハウスと似てない?) レザーフェイス邸には、ミイラ化した爺さん ...
■〔映画鑑賞メモVol.12〕『ローズ・イン・タイドランド』(2005/テリー・ギリアム) (太陽がくれた季節)
◆◆鑑賞前メモはこちら~ こんにちは、ダーリン/Oh-Wellです! ここ東京では、8月に入ってからというもの、じりじりと熱くなり過ぎない気持ちの良い夏の晴天日が続いています! さて、私、8月の始めにはお盆休み前の“プチ休暇”を取っていたりもし中 ...
『ローズ・イン・タイドランド』 (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
期待通りのギリアム・ワールド。 美しくもアヤしいアリス体験をありがとう。 不思議の国のアリス」が大好きな10歳の少女、ジェライザ=ローズの物語。畏るべき子役、ジョデル・フェルランドちゃん。『サイレント・ヒル』の役だったら、別に他の子役でもよかっ ...
ローズ・イン・タイドランド (まったりでいこう~)
さしずめ現代の不思議の国のアリスといったところでしょうか。ただ、両親ともにクスリ漬けだし(父親は元ロックスターらしい)娘のローズもかなり不思議ちゃんな子なんですよね。
カワキモ・インモラルワールド (微動電信)
ローズ・イン・タイドランド テリー・ギリアム ★★★☆☆ 少女趣味系オブラートに包まれたグロテスクな猟奇趣味的サイケデリックワールド。アメリカ南西部の荒野を舞台に一人の少女の「禁じられた遊び」がインモラルワールドへと昇華していく夢幻空間。 全てが ...
ローズ・イン・タイドランド (シネマ de ぽん!)
ローズ・イン・タイドランド公開中ストーリー ☆☆映画の作り方☆☆総合評価  ☆☆
ローズ・インタイドランド (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
悲惨な現実を生きる少女ジェライザ=ローズが、少女ならではのイマジネーションを使って、奇妙で不可思議な冒険を繰り広げるファンタジー。アメリカの人気作家ミッチ・カリンの「タイドランド」を、『ブラザーズ・グリム』の鬼才テリー・ギリアムが、奇想天外な ...
【映画】ローズ・イン・タイドランド (セルロイドの英雄)
"Tideland" 2005年イギリス/カナダ監督)テリー・ギリアム出演)ジョデル・フェルランド ジェフ・ブリッジス ジェニファー・ティリー ジャネット・マクティア ブレンダン・フレッチャー満足度)★★★★☆ (満点は★5つです)恵比寿ガーデンシネマ ...
「ローズ・イン・タイドランド」  Tideland (俺の明日はどっちだ)
10歳の少女の目眩くブラックテイストたっぷりのワンダーワールドヘと導いてくれるテリー・ギリアムによるファンタジー作。 時代に放置されたロック・ミュージシャンの父親(ジェフ・ブリッジス、まさに適役!)とジャンキーの母親(ジェニファー・テイリー、こち ...
映画「ローズ・イン・タイドランド」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ローズ・イン・タイドランド」 悲惨な現実を生きる少女ジェライザ=ローズが、少女ならではのイマジネーションで不可思議な冒険を繰り広げるファンタジー。 鬼才テリー・ギリアムがギリアム版「不思議の国のアリス」に仕上げた。テリーギリアムといえ ...
ローズ・イン・タイドランド (ネタバレ映画館)
お腹を押せばオナラが出るんです。しかし、ミは出なかったんでしょうか?名前がジェフ・ブジッジスというくらいですから・・・
「ローズ・イン・タイドランド」 (ひらりん的映画ブログ)
ひらりん的にどうも、相性の悪い系監督のテリー・ギリアム監督。 ちょっと、凝り過ぎちゃってて、イマイチつぼにはまらない作品が多いねっ。
ローズ・イン・タイドランド (とんとん亭)
「ローズ・イン・タイドランド」 2006年 英/加 ★★★ 予告で家が沈んでいくシーンを観て、期待していたのですが今頃になって DVDでの観賞。 メルヘンの要素を期待するとがっかりします。 10歳のジェライザ・ローズ(フェルランド)は、ジャンキーの....
映画「ローズ・イン・タイドランド」 (しょうちゃんの映画ブログ)
「ブラザーズ・グリム」のテリー・ギリアム監督作品。『不思議の国のアリス』を下敷きに、一人の少女のグロテスクな空想世界を独特の乾いたタッチで綴ったミッチ・カリンの異色ファンタジー。てっきりローズが不思議な国で体験する不思議なお話だと思っていましたが違って...
ローズ・イン・タイドランド(DVD) (ひるめし。)
ギリアムの”アリス”は孤独の迷宮をさまよう。
ローズ・イン・タイドランド (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『ギリアムの“アリス”は、孤独の迷宮をさまよう』  コチラの「ローズ・イン・タイドランド」は、昨日7/8公開になったR-15指定の映画なんですが、公開2日目というのもあってかなりの混雑ぶりでした。  「未来世紀ブラジル」、「ブラザーズ・グリム」のテリー・ギ...
『ローズ・イン・タイドランド』'05・英・加 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ10歳の少女ジェライザ=ローズ(ジョデル・フェルランド)は元ロックスターでジャンキーのパパ(ジェフ・ブリッジス)と同じくジャンキーのママ(ジェニファー・ティリー)と共に暮らしいていた。ある日、オーバードーズでママを亡くしたパパとジェライザ=ロー...
ローズ・イン・タイドランド:映画 (ジフルは映画音楽札幌グルメ紹介)
今回紹介する映画は、好きな監督の一人テリー・ギリアム監督の作品で、サン・セバスティアン国際映画祭でFipresci Prizeを受賞した作品の『ローズ・イン・タイドランド』です。 まずは映画のストーリーから・・ 10歳の少女ジェライザ・ローズ(ジョデル・フェルラン...
ローズ・イン・タイドランド (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:ローズ・イン・タイドランド 制作:2005年・カナダ 監督:テリー・ギリアム 出演:ジョデル・フェルランド、ジェフ・ブリッジス、ジェニファー・ティリー、ブレンダン・フレッチャー あらすじ:10歳の少女ジェライザ・ローズ(ジョデル・フェルラ...