銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

マイティ・ソー(2011)☆★THOR

2011-07-11 | 映画:シネコン

         神失格の男《ヒーロー》 “二つの世界”の運命は彼の手に

MOVX京都にて鑑賞。2D鑑賞できるシアターはサービスディ以外、割引きがないので、仕方なくMOVXで鑑賞することにしました。ところがポイントで鑑賞して3Dの分だけで鑑賞しようと思ったら、甘かった(笑)特別興行でポイント使えません!と言われました。

会員特典に20ポイントを使えば、1000円で観れるので、結局1400円での鑑賞となりました。1800円+400円=2200円はちょっと厳しいですからね。

すみません!話がそれてしまいました。

さて本作はマーベルコミックの作品『マイティ・ソー』を原作とするスーパーヒーロー映画だそうです。

今回主役のソーを演じたクリス・ヘムワ―ズ、初めて見た役者さん。と思ったらそうじゃなかった(汗)
ミラ・ジョヴォビッチが出ていた、「パーフェクト・ゲッタウェイ」、それから「スタートレック」にも出演していたらしく、まったく覚えていません。

馬鹿力で図太く、正義感は人一倍強いという感じの主人公、ソー役はなかなかハマっていましたが。。。。。
見たところ、おじさんぽいけど、調べたら何とまだ27歳!若かった。

 
熱い男ソー、誰かに似ているけど、、、。誰かな?


そしてこの人、ナタリー・ポートマン。今年は彼女は活躍の年なのか?この後も続々と出演作がありますね。大作から、マニアックな作品まで幅広い。


ソーの弟ロキ。トム・ヒドルストン ソーとはまったく正反対。それもそのはず実は・・・・。そうだったんですね。この人も初めて見た役者さん。
イギリスの俳優さんらしい。まだ30歳と若い。病的な雰囲気ですね。

 
そして忘れちゃいけないこの人、ホ―ガン役の浅野忠信。ハリウッド初進出!結構登場していた。短いセリフがちょこちょこあり。


ソーの幼馴染シフ役: ジェイミー・アレクサンダー

 
ソーの父 オーディンには、アンソニー・ホプキンス    ナタリー演じる天文学者ジェーンの指導者エリック・セルヴィグ博士には、ステラン・スカルスガルド。

 

こうして見るとキャストも結構豪華ですね。

神話とヒーローを融合させたコミックだそうで、歴史に疎い私にはちょっと馴染めないというか、分かりにくい部分もあります。でもストーリーはそこまで難しいものではないので、楽しく観れました。

あらすじ(goo映画より)

神の世界アスガルドの王オーディン(アンソニー・ホプキンス)の息子ソー(クリス・ヘムズワース)は、選ばれた者しか持つことのできない伝説の武器“ムジョルニア”を手に、最強の戦士としてその力を誇っていた。しかし強すぎるあまりその傲慢さから、氷の巨人の世界へ身勝手に攻め込み、アスガルドを戦乱の危機に陥れる。その行為に怒ったオーディンはソーの力とムジョルニアを奪い、地球へと追放する。地球の荒野で目覚めたソーは、天文学者ジェーン(ナタリー・ポートマン)たちの乗った車に追突される。ジェーンたちはソーを病院へ連れていくが、ソーはそこでも暴れ出す。ソーは慣れない人間生活を送るが、ジェーンとの出会いによって人間の痛みや弱さを学び、彼女に心を奪われていく。一方そのころ神の世界では、邪神ロキ(トム・ヒドルストン)がアスガルド征服を狙い、陰謀を企てていた。ソーの護衛であったホーガン(浅野忠信)、ヴォルスタッグ(レイ・スティーヴンソン)、ファンドラル(ジョシュア・ダラス)の三銃士は、国家の危機をソーに伝えるため地球へやってくる。しかしロキは、破壊者デストロイヤーというマシンをソーに向けて放っていた。さらに危機は、ジェーンにまで迫っていた。ソーは力を取り戻し、地球と神の世界を救うことができるのだろうか?

 
ハンマーのような武器がジョルニア。これがソーの力の元。 せっかく父の後を継ぐべくはずが、、、、。

身勝手な行動から父の怒りを買うことに。

  
                                     ソーの母フリッガ:レネ・ルッソ

 ソーはニューメキシコ州へと落下し、天文物理学者のジェーン・フォスター(ナタリー・ポートマン)、そのアシスタントのダーシー(カット・デニングス)、指導者のエリック・セルヴィグ博士(ステラン・スカルスガルド)に発見される。

またさらにやや離れた場所ではムジョルニアも発見され、後にやってきたS.H.I.E.L.Dのエージェントのフィル・コールソン(クラーク・グレッグ)らが調査を始める。

 ジェーンはワームホールの研究のヒントがソーにあると考え、興味を持つが、その後間もなくして研究データや機材をS.H.I.E.L.D.に押収されてしまう。

 

ムジョルニアを探すソーと研究データを取り戻したがっているジェーンはS.H.I.E.L.D.のキャンプに向かい、そして彼は単身で突入するがムジョルニアを持ち上げることができず、捕らわれてしまった。

 

その後、ソーはセルヴィグの助けにより解放されてジェーンと再会・・・・。おわかりのように2人は互いに魅かれあうのでした。

ここからちょいとネタばれ含みます。

一方アスガルドでは、ロキは自分はかつての戦争の末にオーディンによって拾われたラウフェイの息子であることを知る。そしてオーディンが回復のために深い「眠り」につくと、ロキは玉座へつき、さらにヨトゥンヘイムに行ってラウフェイにオーディンを暗殺すれば「箱」を返すという取引を持ちかけた。

ロキの行動に不信感を抱いたシフとウォリアーズ・スリーは、ソーを追放から帰ってこさせるためにビフレストの番人であるヘイムダル(イドリス・エルバ)を説得し、地球へと向かった。これを見逃さなかったロキはソーを抹殺するためにデストロイヤーを地球へ送り込んだ。


ロキが送り込んだデストロイヤー(戦闘マシーン)はソーを殺すために地球へ・・・・。

 

 
この箱の持つ力は・・・?

さてソーはロキの陰謀に屈することが出来るのか?


神の国から来た男と地球の女の恋の行く末はいかに、、、、。

 作品概要(goo映画より)

1962年に発表され、約50年も人々に親しまれているアメリカン・コミックス「マイティ・ソー」が、英国人監督ケネス・ブラナーの手で映画化。自信過剰なヒーローが、縦横無尽に飛び回るアクション・エンターテインメント作品だが、親子の愛憎を描いたシェイクスピア劇のような趣も。シェイクスピア俳優として知られるケネス・ブラナーの手腕が見事に発揮されている。主人公のソーを演じるのは、オーストラリア出身のクリス・ヘムズワース。その鍛え上げられた見事な肉体美と王子らしいジェントルな物腰で、ハートを鷲掴みにされる女性客も多いはず。日本人俳優・浅野忠信がソーの腹心の部下・ホーガン役で出演しているのにも注目。

 右はケネス・ブラナー監督
ケネス・ブラナーがアメコミ作品のメガホンを取るとはびっくりですね。

 

エンドクレジットでは、おまけがありますとの最初から告知されていました。続編があるのかな?と思ったら、、、、。

ステラン・スカルスガルドとサミュエル・L・ジャクソンのシーンがあり、何とあのロキも登場?うんどういうことなの・・・。

実は、『ジ・アベンジャーズ』のジョス・ウェドンが監督していたことが判明。

☆★『ジ・アベンジャーズ』(The Avengers)はマーベル・スタジオズ製作、ウォルト・ディズニー・スタジオ配給で公開予定のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画だそうです。

 
ジ・アベンチャーズに登場する皆さんです。

メディア 映画
上映時間 115分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(パラマウント)
初公開年月 2011/07/02
ジャンル アクション/アドベンチャー
映倫 G

 

 日本での宣伝ポスターは浅野さんが入ってますが。こちらは違いますね。

 

 

 

 

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
Comments (11)   Trackbacks (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« BIUTIFUL ビューティフル(... | TOP | 京都の夏2011 祇園祭 »
最近の画像もっと見る

11 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
見ました (きさ)
2011-07-11 22:41:16
CGを派手に使ったビジュアルはレベル高いですが、お話はもう一つだったかな。
弟との対決はなかなか見所ありましたが。
エリック教授役はどこかで見たなと思っていたのですが「天使と悪魔」の隊長役だったんですね。好演でした。
「パイレーツ・オブ・カリビアン」のウィルの父でもあります。
監督がケネス・ブラナーというのは意外ですが、北欧神話が元だと思えばアリなんでしょうか。
この話の続きのスーパーヒーロー大集合の「アベンジャーズ」が楽しみです。
浅野忠信はクレジットでは9番目くらいですが、割と目だっていました。
Unknown (KLY)
2011-07-11 23:54:18
余りに強すぎて思わず笑っちゃいました。
護衛が必死こいて逃げてんのに、ハンマーぶん投げて1発で倒しちゃうし(爆)
それでいてお茶目な部分も見せてくれる辺りがとても魅力的かなと。
浅野さんは思ったよりは出番少なかったけど、ハリウッドデビューとしては上出来かなぁ。
きささん。 (mezzotint)
2011-07-12 06:56:31
おはようございます!
かなりお金がかかっているんでしょうね。
流石ハリウッド映画だなと思いました。

ケネス・ブラナーなので驚きましたが、
北欧神話が盛り込まれているというところで、
意外に監督らしい作品ともいえるんですね。

私も「アベンチャーズ」楽しみです!!
KLYさん♪ (mezzotint)
2011-07-12 07:14:02
おはようございます!
本当に馬鹿力ですね(笑)
しかも単純で心優しいソー、結構好感の
持てるキャラでした。

浅野さん、名だたる俳優との共演で
今後の活躍が楽しみですね。
Unknown (ガンガンガン速)
2011-07-13 05:47:56
こんにちわ
今日も映画情報ありがとうございます;)参考にしています。 THORは映画館で観そびれていますー。役者さんを知らないから微妙かなとおもって。と思ったら、パーフェクトゲッタウェイ見ましたよ、どの人がこの人ですか? こんなムキムキな人でてたかな・・・
ガンガンガン速さん (mezzotint)
2011-07-14 09:54:43
いつもありがとうございます。

クリス・ヘムズワース、パーフェクトゲッタウェイに出ていたらしいですが・・・。
まったく記憶ありません。
もしお時間ありましたら、是非ご覧下さい。
へーー (sakurai)
2011-07-14 11:37:49
「スタートレック」の方は、かすかに覚えてるけど、「パーフェクト・・」の方は、・・・です。
普通にハンサムだから、インパクトなかったのかもね。で、これで皆にしっかと焼き付けましたね。
あたしは、ショーン・ビーンとブラピと似てるなあと思ったのですが、いかが?
でも、監督の名前にはびっくりでしたね。
真面目に飛び上がりそうになりました。
でも納得!もろに中身はシェークスピア的でした!
アベンジャーズが楽しみ (ノルウェーまだ~む)
2011-09-07 16:59:22
こんにちは☆
オレ様キャラだけど、実は素朴でいいやつって、いかにも北欧の人っぽいかんじがして好感が持てました。
はじめはインパクトの無い役者さんだなーと思ってましたけど、なんのなんの観ているうちにどんどんイケメンに見えてきて・・・
ハンマー1本でアベンジャーズとともにどう戦うのか、楽しみですね。
まだ~むさん♪ (mezzotint)
2011-09-08 10:10:58
誰かに似ているんですが、、、。
ショーンにブラビかな?

素朴でいいやつって

うん確かに心はピュアな感じですよね。
まだ27歳らしいです。びっくり!!
アベンチャーズ、どうでしょうね。
私も楽しみで~す!
こんばんわ (にゃむばなな)
2012-05-08 21:11:23
ハンマーが突き刺さったのを抜こうとする=エクスカリバー伝説か!と期待したのですが、まさかハンマーの方からソーのところに飛んでいくとは!
あれにはちょっと驚かされましたよ。
忠誠心? (mezzotint)
2012-05-09 09:35:17
にゃむばななさん

ひょっとして生きているんじゃないでしょうか?そんなハンマーあるわけない(笑)

ソーの馬鹿力には本当に驚き、笑わせて
もらいました。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Similar Entries

25 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
マイティ・ソー (2D字幕) / THOR  (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click アメコミ映画大好きだけど、なんとなく全く期待してなかった、本作。試写にて。 マーベルのコミックの中でもとくに人気あるキャラなんだとか。 主演はオレ様ヒーロー 武器はハンマー なんて原始的。 あ....
『マイティ・ソー』(2011) (【徒然なるままに・・・】)
太古の昔、地球(ミッドガルド)を襲った巨人族を、オーディン率いる神々の軍団が倒し、人類は救われた。それから長の歳月が過ぎ――。 神々の国アスガルドに巨人たちが侵入した。最強の戦士と謳われるソーは、父オーディンの制止も聞かずに巨人の国ヨトゥンヘイムへと...
マイティ・ソー (LOVE Cinemas 調布)
マーベルコミックのスーパーヒーローシリーズ。傲慢な態度で神の国を追放された男、最強戦士ソーは、地球で愛する女性と出会うことで成長し、巨大な敵に立ち向かう。主演は『スター・トレック』のクリス・ヘムズワース。共演にナタリー・ポートマン、アンソニー・ホプキン...
【劇場鑑賞】マイティ・ソー<2D字幕版> (MAGI☆の日記)
マイティ・ソー<2D字幕版>を見てきました。 神の世界アスガルドの王オーディンの息子ソーは選ばれた者しか持つことのできない伝説の武器“ムジョルニア”を手に、最強の戦士としてその力を誇っていた。...
マイティ・ソー (風に吹かれて)
雷小僧降臨 [E:typhoon] 公式サイト http://www.mighty-thor.jpマーベルコミックの映画化監督: ケネス・ブラナー神の世界アスガルド。王オーディン(アンソニー・ホプキン
マイティ・ソー (迷宮映画館)
え!?ケネス・ブラナーって、ケネス・ブラナーのこと?えぇぇぇぇ!!
★マイティ・ソー(2011)★ (Cinema Collection 2)
THOR 失格の男《ヒーロー》 “二つの世界”の運命は彼の手に  上映時間 115分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(パラマウント) 初公開年月 2011/07/02 ジャンル アクション/アドベンチャー 映倫 G 【解説】 シェイクスピア劇の映画化に定評のあるケネス...
映画「マイティ・ソー(3D版)」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「マイティ・ソー(3D版)」観に行ってきました。アメリカのマーベルコミックの中でも特に人気が高いヒーローのひとりであるマイティ・ソーが活躍するアクション大作。私が観...
「マイティ・ソー」 普通の人になった超人 (はらやんの映画徒然草)
続々映画化されるマーベル・コミックの映画化作品の一つ。 アメコミはなかなか馴染み
マイティ・ソー (ともやの映画大好きっ!)
(原題:THOR) 【2011年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★☆) 1962年にスタン・リーとジャック・カービーのコンビによって誕生したアメコミ・ヒーロー。 力を奪われ神の世界を追放された男が、人間の女性との交流を通して心の成長を遂げていき、やがて訪れる地球と神の...
マイティ・ソー (心のままに映画の風景)
神の世界、アスガルド王オーディン(アンソニー・ホプキンス)の息子ソー(クリス・ヘムズワース)は、選ばれた者しか持つことのできない伝説の武器“ムジョルニア”を手に、最強の戦士としてその力を誇ってい...
木曜日の雷神~『マイティ・ソー』 【3D・字幕版】 (真紅のthinkingdays)
 THOR  神の国「アスガルド」で王(アンソニー・ホプキンス)の長男として生まれたソー (クリス・ヘムズワース)は、力に任せた振る舞いから父の怒りを買い、地球へと 追放されてしまう。  ...
力を持て余した神々の闘い (宇宙のめいぐると)
「マイティ・ソー」
マイティ・ソー (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「マイティ・ソー」監督:ケネス・ブラナー(『スルース』)出演:クリス・ヘムズワース(『スター・トレック』)ナタリー・ポートマン(『ブラック・スワン』)アンソニー・ホプ ...
王道最高!! 【映画】マイティ・ソー (B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら)
【映画】マイティ・ソー(THOR) マーベルコミックからマイティ・ソーが映画化。 主演は『スター・トレック』のクリス・ヘムズワース。 ヒロインにナタリー・ポートマン。 【あらすじ】 神の世界では最強の戦士といわれていたものの、横暴でごう慢な性格が災い...
■映画『マイティ・ソー』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
これを書いていいものか、ちょっと悩みましたが…。勇気を出して書いてみます。 『マイティ・ソー』のポスター画像を初めて観た時、「へー、『マイティ・ソー』って、ジャック・ブラックが主演なんだぁ」と思ってしまいました。すみません。 だって、なんか、台形っ...
「マイティ・ソー」暴れん坊 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
アメコミヒーローになった北欧神話の神様、マイティ・ソー。 スカンジナビアでは「Thor」はトールと読む。 どおりで持っているハンマーが「ムジョルニア」って、北欧らしいネーミングだわ。
『マイティ・ソー』 なぜ実写映画化されなかったのか? (映画のブログ)
 2011年は極めつけに嬉しい年である。なぜなら、6月には『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』、7月に『マイティ・ソー』、9月に『グリーン・ランタン』、10月に『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・...
【映画】マイティ・ソー…この筋肉バカには燃えない (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日二度目の記事アップ(一度目はこちら)。 …まずは近況報告から 本日2011年10月2日(日曜日)は、朝から公園の草取り作業を行ってきました。 涼しくなってきたので、こういう作業も随分楽ですね。 以下は映画観賞記録です。 「マイティ・ソー」 (監督:ケ...
マイティ・ソー (銀幕大帝α)
THOR/11年/米/115分/アクション・アドベンチャー/劇場公開 監督:ケネス・ブラナー 製作総指揮:スタン・リー 出演:クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン、トム・ヒドルストン、ステラン・スカルスガルド、浅野忠信、レネ・ルッソ、アンソニー・ホプキ...
マイティ・ソー (Thor) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ケネス・ブラナー 主演 クリス・ヘムズワース 2011年 アメリカ映画 115分 アクション 採点★★★★ 先ごろ公開された『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』をもって、いよいよ出揃ったアベンジャーズの面々。考えてみると戦う社長や緑色に...
『マイティ・ソー』 (Cinema+Sweets=∞)
観たい映画の上映回が自分の都合と合わないことが多くて、DVD鑑賞に甘んじてます。 今回のDVD鑑賞は『マイティ・ソー』。 アメコミ映画はテンションあがります。 ******************** シェイクスピア...
マイティ・ソー  (こんな映画見ました~)
『マイティ・ソー』---THOR---2011年(アメリカ)監督:ケネス・ブラナー 出演:クリス・ヘムズワース 、ナタリー・ポートマン、トム・ヒドルストン 、浅野忠信、アンソニー・ホプキンス、レネ・ルッソ、サミュエル・L・ジャクソン、ジェレミー・レナー シェイ...
『マイティ・ソー』 (こねたみっくす)
なんちゅう単純な映画なんだ。そしてなんちゅう単純なヒーローなんだ。でも逆にその単純さが面白い! マーベルコミック・ヒーローBIG3に数えられるという、傲慢さゆえに神の国を追 ...
映画評「マイティ・ソー」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2011年アメリカ映画 監督ケネス・ブラナー ネタバレあり