銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

レイチェルの結婚◇RACHEL GETTING MARRIED

2009-04-30 | 映画:ミニシアター

 
家族の運命を変えたあの出来事。
人生最良の日に明かされた秘密とは──。

4月28日、京都シネマにて鑑賞。「プラダを着た悪魔」、「ゲットスマート」のアン・ハサウェイが何と薬の依存症の患者という役どころで登場。彼女はこの演技が認められて、アカデミー賞主演女優賞にノミネートされた。惜しくも賞はゲット出来なかったけど・・・・・。今までのアンのイメージとまったく違った。彼女がこんなクレイジーな演技に挑んだのも、結構興味深々だっただけに・・・。早速鑑賞。

「グラン・トリノ」の後ということで、何か涙腺が弱くなっていたようなで何故か、この作品でもウルウル・・・・。どうしたものか。何でこんなにず〜と引きずっているのんだろう。

で、どういうお話か?というと、アンはタイトルのレイチェルではなかった。レイチェルは、アン演じるキムの姉だ。


施設の担当者ローザは「しっかりね」とキムを励まして見送る。

姉レイチェル(ローズマリー・デウィット)が結婚することになった。結婚式のため、治療施設から退院したキムは父ポール(ビル・アーウィン)と継母キャロル(アンナ・ディーヴァー・スミス)の迎えで自宅へ戻ることに。9か月ぶりの我が家だ。
迎えに来た両親には「見捨てられたのかと思った」、と何か嫌みったらしいし、車の中では、「9カ月間も監禁された」や「ママは結婚式に来るのか?」「ママに会いに行きたい」等々・・・・・。


薬断ちはしているものの、煙草は止められないキム。
おめでたいムードもなんのその、煙草プカプカふかす・・・・。

結婚式は2日後に迫っていた。姉レイチェルは自宅で式を挙げるために、友人たちの手を借りて準備におおわらわだ。


9が月ぶりに帰ってきた家には他人が大勢いて、キムは落ち着かない様子。治療施設とは、薬の依存症を治す専門施設で、退院後も回復プログラムの一環であるミーティングに参加しなければならない。父から車の運転を禁じられたキムは自転車で少し遅れてミーティングに駆けつける。


父はキムに対して優しく接するも、今のキムにどのように接したらよいか?悩んでいるように見える。可愛い娘だけれど、腫れものにさわるような感じなのだ。
そしてこの祝賀モードで父はもちろんのこと、周囲も彼女の言動や何かやらかさないか?とハラハラ。

ミーティングで出会った青年アレンは偶然にもレイチェルの結婚相手シドニー(トゥンデ・アデビンペ)の親友。そして花婿介添人を務めることになっていた。

 シドニーの親友キアレン
マーサー・ジッケル

その夜、両家の家族や友人たち集まってのリハーサル・ディナーに姉妹の実母アビーも現在の夫とともに遅れてやってきた。


実母アビー(デブラ・ウィンガー

レイチェルの親友エマ(アニサ・ジョージ)の祝福のスピーチで、キムは新婚夫婦が遠いハワイで暮らすことを初めて知り、顔を曇らせる。帰宅後怒りを爆発させたのレイチェル。キムのスピーチが、結婚祝いではなく、自分のことばかりだったからだ。

 

キムのスピーチはこうだ。自分の存在が不幸を告げる破壊の神という自己紹介。自分の病気についての詳細を話し、薬が原因での失態の数々の告白。めでたい席での話ではないが、過去に対する謝罪。家族は眉をひそめ、出席者は驚き!でも本人とっては、今こうしてここに居られることに喜びを感じているという気持ちを理解してほしい。謝罪によって心からやり直そうとている自分を受け入れて欲しいという切実な願いのスピーチ。このスピーチが主役のレイチェルの気分を損ねたのは当たり前だよね。何でこんな話するのよ!なじられてもおかしくはない。


(とにかく何かと祝賀モードに水を差すキムだった。花嫁付添い人のサリーの色も気に入らないと駄々をこねる。)

キムは反論!姉妹で激しく言い合いしているうちに、レイチェルはふと妊娠した事実を明らかにする。家族は大喜びするも、自分の真剣な話をビッグニュースで吹き飛ばされたキムは「フェアじゃない!」と怒る。レイチェルはそんな妹にうんざりしてしまう。

翌日のミーティングで、キムは自分の過去を語る。それは、16歳のときに鎮痛剤でハイになったまま幼い弟イーサンを車で公園に連れて行き、帰り道、湖に車ごと落ちてしまい、弟を溺死させてしまったという悲しすぎる過去だった。

本番を明日に控え、パーティの席順決めで再び気まずい空気が漂うものの、姉妹は一緒に美容院へ。すると、ひとりの男性がキムに声をかけてきた。数年前、同じ治療施設にいたという彼は、キムの身の上話で勇気づけられたと語る。
その内容はこんな話→幼いころに姉妹で叔父からのSEI的な暴力を受け、姉は拒食症になったというキムの作り話だったのだ。それを聞いていたレイチェルはもちろん激怒!そのままキムを置き去りにして車で帰ってしまう。あとからタクシーで帰宅したキムも喧嘩腰で、姉妹は胸に秘めてきた辛い思いをぶつけ合う。

その感情を吐き出すためにか、今度はキムが車を運転して母アビーの家に行き、「なぜRARIっている私に弟を任せたの?」問い詰める。次第に感情が高まり喧嘩となる。母はキムの顔を殴り、思わずキムは母を殴り返す。

悲しみと怒りが爆発し、その気持ちに大きな動揺。そんな状態で車の運転をしていたキムは誤って夜の林に突っ込み、早朝発見されるのである。
顔に大きなアザをこしらえて帰宅したキム。そんな妹の体を、レイチェルは優しく洗ってやるのだった。レイチェルは見つける。キムの体に“イーサン”のタトゥーが入っているのを。

 

前日の雨は上がり、快晴で迎えた結婚式当日。音楽業界で成功しているシドニーらしく、式の後のパーティはバンドや歌手が次々と登場して陽気に盛り上がる。

 


その宴は夜まで続いた。


母アビーは娘の晴れ舞台だというのに、翌日夫の出張を理由に帰ると言い出した。そんな母の行動に、レイチェルはがっかりさせられる。思えば母は昔からわがままな人だった・・・・・。


翌朝、キムは荷物を持って家を出る。車で迎えに来たのは施設のローザ。レイチェルは外に出てきて、キムと抱き合う。

妹を見送ったレイチェルは、宴の後の庭をひとり静かに眺めるのだった。ここでエンディングとなり、静かなメロディが流れる。

何とか無事に結婚式は執り行うことが出来て、弟イーサンの死がもたらした家族間の確執も、解決したかのように見えたが・・・・。本当にどうなんだろうか?

キムの仕事を提供すると言う友人がキムに名刺を手渡したが、横から父が「預かっておくよ」と取ったのも、親心なのか?いやいやキムが大丈夫だと信頼されていないような??感じがした。父は優しくキムに接していたものの、どうも愛情のようなものではなく。やっぱり問題児キムという存在でしか見ていないのかもしれない。とにかく、彼女が完全に更生する確信がないとだめなのかな?何か虚しい気がする。

 コネティカット州に暮らすバックマン家では、2日後に長女レイチェルの結婚式が執り行われようとしていた。それに合わせ、次女のキムがある施設から一時退院する。式の準備があわただしく進む中、ピリピリした雰囲気を漂わすキムに対し、家族や周囲の人々ははれものに触るように接するのだが…。「プラダを着た悪魔」「ゲット スマート」のアン・ハサウェイが家族との確執を抱えたヒロインを体当たりで熱演し高い評価を受けた家族ドラマ。名匠シドニー・ルメット監督の娘ジェニー・ルメットが書き上げた脚本を、「羊たちの沈黙」「サムシング・ワイルド」のジョナサン・デミ監督がドキュメンタリー・タッチの演出で映画化、登場人物一人ひとりの心模様をリアルかつ繊細に切り取っていく。
 
 ジョナサン・デミ監督

メディア 映画
上映時間 112分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)
初公開年月 2009/04/18
ジャンル ドラマ/ロマンス

オフィシャル・サイト
http://www.sonyclassics.com/rachelgettingmarried/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://www.sonypictures.jp/movies/rachelgettingmarried/

 

 

 


 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (2)   Trackbacks (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« GRAN TORINO☆クリンスト・イー... | TOP | 5月になりました♪5月公開作品... »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは! (冬のマーケット)
2009-05-01 13:33:46
このたびも禁止用語に触れてTBお返しできないみたいですのでお詫びします。いったいgoo禁止用語なるものはいくつあるのか…!?

文章を拝読しまして、映画のディテールを思い出し、なにか懐かしい気分になりました〜…自分の関係者のホームビデオのような…
素敵な結婚式 (sakurai)
2009-09-16 21:00:21
でしたねえ。
あっちのああいう結婚式の様子を見ると、手作りの、本当に幸せそうな風情が伝わってきて、うらやましくなります。
踊って、歌って騒ぐけど、どっか節度もあるし。
ああいう結婚式に一回呼ばれたいです。
アンの演技は胸に迫りました。
母の思いもずしんと来ましたです。
いい映画でした。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

32 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
レイチェルの結婚 (LOVE Cinemas 調布)
アン・ハサウェイ主演の昨年度アカデミー賞主演女優賞ノミネート作品。監督は『羊たちの沈黙』のジョナサン・デミ。アン演じるキムの母親役に同じくアカデミー賞主演女優賞ノミネート3度のデブラ・ウィンガーも出演。実はタイトルは原題・邦題ともに『レイチェルの結婚』...
レイチェルの結婚 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『家族の運命を変えたあの出来事。 人生最良の日に明かされた秘密とは─』  コチラの「レイチェルの結婚」は、主演のアン・ハサウェイが第81回アカデミー賞主演女優賞に初ノミネートされた4/18公開のヒューマン・ロマンスなのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪うん...
レイチェルの結婚 / RACHEL GETTING MARRIED (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 『プラダを着た悪魔』以降、出演作が続くアン・ハサウェイが 本作でアカデミー賞主演女優候補に{/ee_3/} タバコ プカプカ{/m_0164/} アバズレ風、これま...
Rachel Getting Married / レイチェルの結婚 (Akasaka high&low)
レイチェルよりもノミネートされたAnne Hathaway(アン・ハザウェイ)よりも面白そうな結婚式が一番印象に残ったのがRachel Getting Married(レイチェルの結婚)。幸せな姉の結婚式にリハビリ施設から駆け付けた父親の注目を浴びたい妹が主人公。 面倒ばかり起こす確か...
レイチェルの結婚/アン・ハサウェイ (カノンな日々)
私はてっきりアン・ハサウェイが演じる主人公の名前がレイチェルなんだと思ってましたが、主人公のお姉さんの名前だったんですね。だからって別にどうってことはないんですが、私がホームにしているチネチッタでの2週遅れの公開を待っていたのにスケジュールを見たらモー...
『レイチェルの結婚』 (ラムの大通り)
----アン・ハサウェイがアカデミー賞主演女優賞にノミネート? 彼女って最近『パッセンジャーズ』にも出ていたよね。 「うん。そうだよ。 しかし、こう言っては失礼かもだけど、彼女は化けたね。 これはもう一世一代の名演。 まだ、いくつか観ていないオスカーがらみの映...
レイチェルの結婚 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
心の病や薬物中毒の問題を支えあうのが家族。言うのは簡単だが実際には修羅場だ。姉レイチェルの結婚式に出席するためキムが帰宅する。彼女は依存症の施設から仮に外出を許可された身で、精神的に不安定だった。全編ホームビデオのような雰囲気で撮られた映像は、家族全員...
レイチェルの結婚 (日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜)
バックマン家の次女、キムが9カ月ぶりに施設から帰宅します。姉、レイチェルの結婚式を控え、式の準備で大わらわの自宅は、キムの知らない人々が溢れていました。彼女に対し、腫れ物に触るような態度の家族に対しても苛立ちを募らせていきます。そんなキムの身勝手な態度...
「レイチェルの結婚」 愛情と鬱陶しさと (はらやんの映画徒然草)
家族っていうのは、近しいからこそ、なにかもどかしい存在であったりするものです。
レイチェルの結婚 (心のままに映画の風景)
ドラッグ中毒更生施設の入退院を繰り返していたキム(アン・ハサウェイ)は、姉レイチェル(ローズマリー・デウィット)の結婚式に出席する...
レイチェルの結婚 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。ジョナサン・デミ監督、アン・ハサウェイ、ローズマリー・デウィット、デブラ・ウィンガー、ビル・アーウィン、アンナ・ディーヴァーズ・スミス、トゥンデ・アデビンペ、マーサー・ジッケル。ラストだけ観るとまるでインド映画のよう。キム(アン・ハサウェイ)...
『レイチェルの結婚』・・・ ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2008年:アメリカ映画、ジョナサン・デミ製作&監督、ジェニー・ルメット脚本、アン・ハサウェイ、デブラ・ウィンガー共演。
レイチェルの結婚 (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2008年 製作国:アメリカ 監 督:ジョナサン・デ
『レイチェルの結婚』:困った、困った家族の姿 (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
何で読んだか忘れてしまいましたが、脚本のジェニー・ルメットが「最悪で悲惨なホームムービーを念頭に置きました」といっていました。 まさしく、この映画はそんな感じの映画でした。
「レイチェルの結婚」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  今年のアカデミー賞、主演女優部門にアン・ハサウェイがノミネートされた本作。ディズニーのティーン向け作品「プリティ・プリンセス」でスクリーンデビューした彼女が、ついにここまで…と思える難役にチャレンジしていました。いつか、...
Rachel Getting Married (2008) (アヤは観た。)
邦題:レイチェルの結婚 監督:ジョナサン・デミ 出演:アン・ハサウェイ、ローズマリー・デウィット、ビル・アーウィン、トゥンデ・アデビンペ、アンナ・ディーヴァー・スミス、デブラ・ウィンガー 最初から最後まで「ずっげーアメリカ映画だー」って思いながら鑑賞...
レイチェルの結婚・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ジョナサン・デミと言えば、やはり傑作心理スリラー「羊たちの沈黙」であり、人間の心の深層に隠れた本音の部分を浮かび上がらせるのはお手...
『レイチェルの結婚』 Rachel Getting Married (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
不穏さと音楽と幸福感のあふれるレイチェルの結婚式へようこそ。 姉レイチェルの結婚式のため、バックマン家の次女キムが9ヶ月ぶりにコネティカット州の自宅に帰る。アン・ハサウェイの演技が評判をよんだ本作。てっきり彼女がタイトルロールのレイチェルなんだと思っ...
タイトル一覧 (CouchCinema*カウチシネマ / b)
ア行 『アース』/EARTH : 2007年 『イブラヒムおじさんとコーランの花たち』 /MONSIEUR IBRAHIM ET LES FLEURS DU CORAN:2003年 『イン・ハー・シューズ』/IN HER SHOES:2005年 『オペラ座の怪人』/THE PHANTOM OF THE OPERA:2004年 カ行 『崖のうえのポニョ』:...
『レイチェルの結婚』/RACHEL GETTING MARRIED (CouchCinema*カウチシネマ / b)
アン・ハサウェイ、別人かと思いました。 お人形顔にあざを作り、たばこズパズパ。 落ち着きのない、感情的で繊細な主人公を見事に演じています。 姉レイチェル(ローズマリー・デウィット)の結婚式の為、施設から 退院してき妹キム(アン・ハサウェイ)。 自宅での...
*レイチェルの結婚* (Cartouche)
{{{   ***STORY***             2008年  アメリカ バックマン家の次女キムが9ヶ月ぶりに更生施設から帰宅する。2日後に姉レイチェルの結婚式を控え、手作り挙式の準備で大わらわの自宅には新郎の友人ら見知らぬ人々が溢れ、所在無さと疎外...
レイチェルの結婚 (映画の話でコーヒーブレイク)
東京まで出る用事があったのでついでに公開館数の少ない本作を渋谷Bunkamura「ル・シネマ」で鑑賞。 アン・ハサウエイはアカデミー賞にノミネートされた作品だというのに公開館数少ないね。 ちょっと疲れる映画です。 何故疲れるかというと・・・ 結婚式を控え準備に忙し...
家族ゲームU.S.A. (宇宙のめいぐると)
「レイチェルの結婚」
映画日記りぼーん『レイチェルの結婚』 (CHEAP THRILL)
で、日曜日は渋谷のル・シネマで『レイチェルの結婚』を見る。 これ、デンマーク映画『セレブレーション』に似ていながら、見事な家族・結婚映画を見せたね。 一家の長女の結婚を2日後に控えた日に次女キムが治療施設から9ヶ月ぶりに帰って...
『レイチェルの結婚』・・・家族の絆とは (SOARのパストラーレ♪)
姉レイチェルの結婚式を前に、ドラッグ依存治療の施設から里帰りしてくる妹のキム(アン・ハサウェイ)。そんな彼女を迎える娘思いの父親。離婚して新しい生活を送る母親も帰って来る。こうして長女の祝福のために集結したバックマン家の面々だったが、知人たちを招いての...
レイチェルの結婚 (Diarydiary!)
《レイチェルの結婚》 2008年 アメリカ映画 − 原題 − RACHEL GE
レイチェルの結婚 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
平凡な家族の葛藤をリアルに描き出すホームドラマ。 麻薬依存症の治療を受けているキムが、姉のレイチェルの結婚式に出席するため久々に実家に戻った週末を描いた群像劇である。 物語:コネチカット州に暮らすバックマン家の長女レイチェル(ローズマリー・デウィッ...
レイチェルの結婚 (迷宮映画館)
うわさにたがわぬアン・ハサウェイの見事さだった。
mini review 09426「レイチェルの結婚」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
『クライシス・オブ・アメリカ』などのジョナサン・デミ監督が手掛けた珠玉の人間ドラマ。ある一家の結婚式を中心に、優等生の姉と問題児の妹の抱える問題や、彼女たちを取り巻く人々の微妙な関係を包み隠さず映しだす。気性の激しい妹を演じるのは、『プラダを着た悪魔』...
レイチェルの結婚 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
レンタルで鑑賞―【story】キム(アン・ハサウェイ)は、姉レイチェル(ローズマリー・デウィット)の結婚式に出席するため依存症の施設から退院する。家に到着した彼女は、結婚式の準備でごった返す家の中を抜け、2階でドレスの着付けをしていた姉と友人のエマ(アニサ・...
『レイチェルの結婚』 (『映画な日々』 cinema-days)
レイチェルの結婚 麻薬依存症で施設に入所中の妹が 姉の結婚式に出席する為、 9ケ月ぶりに帰宅する... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自...
映画評「レイチェルの結婚」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2008年アメリカ映画 監督ジョナサン・デミ ネタバレあり