銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々(2010)

2010-03-06 | 映画:シネコン


PERCY JACKSON & THE OLYMPIANS: THE LIGHTNING THIEF

東宝シネマズ二条にて鑑賞。今回はポイントを使ったので、無料でした。
本作ですが、何でもアメリカでべストセラーとなったリック・リオーダンによる小説『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』シリーズの第1部『盗まれた雷撃』を原作としているそうです。それにしても原作本が、ブレイクするとすぐに映画化されるんですね。その上監督が「ハリ―・ポッター」シリーズのクリス・コロンバスと聞くとなおさらかも。そしてキャッチコピーが凄い。ファンタジーブームに新たな旋風を巻き起こす!です。まあここまで宣伝すると良いか悪いか別として、話の種にちょっと観ておこうかと。あまり期待大ではありませんが。。。。

主人公、パーシー・ジャクソンを演じるのは、「3時10分、決断のとき」でクリスチャン・ベイルの息子役でも注目されたあの少年、ローガン・ラーマンです。大御所俳優に混ざって、迫真の演技を見せてくれたローガン君が今回は主人公パーシーで登場。さてどんな感じなのかしら?

STORY

17歳のパーシー・ジャクソンは落ちこぼれの高校生。学校に溶け込めず悩むごく普通の少年だった。だがある日、彼の人生は一転する。何と女の先生が突然、クリ―チャ―に変身し、襲いかかって来たのだ。危機一髪のところブラナー先生(ピアース・ブロスナン)が救ってくれた。そのブラナー先生が驚くべき真実を告げる。ギリシャ神話に出てくる神々は今も存在していて、パーシーは神と人間の間に生まれた半神半人(デミゴッド)だというのだ。実は親友のグロ―バ―も半神半ヤギだったのだ。


ブルナー先生/ケイロン(ピアース・ブロスナン
5代目ジェームス・ボンドでお馴染。こんなお顔なので、初めは誰だかわからず。
右は親友グローバー(ブランドン・T・ジャクソン

パーシーはグローバーとともに、デミゴッドの訓練所に向かうのだが、途中母のサリー(キャサリン・キーナー)を奪われてしまう。
さらに訓練所では、全能の神ゼウス(ショーン・ビーン)が力の象徴である稲妻を盗まれて怒り狂っていること、その犯人がパーシーだと思われていることを知る。
稲妻を取り戻さなければならないと仲間とともに真実を究明する旅に出たパーシーの前に、神々やクリッチャ―たちが立ちはだかる。はたして彼の旅の運命は・・・・?


博物館では、清掃の職員がクリッチャ―に変身して彼らを襲う。


メデューサという魔物に遭遇。彼女を見たものは石となってしまう。目を閉じてパーシーたちは挑む。。。。iPhoneの裏面にメドゥーサを映して闘うというまさに今の時代にマッチしている。


iPhoneに気を取られているメデューサ、パーシーは背後から一発

 ユマ・サーマンメデューサ 役で登場。
メデューサは見たものを石に変える能力を持つ魔物。
頭髪は無数の毒蛇で、イノシシの歯、青銅の手、黄金の翼をそなえた容姿をもっている。

ペンが剣に変身するという秘密武器。

 

 
パーシーたち3人の行程は、冥界からの復路切符となる青い真珠を求めての北米大陸横断。


ここから逃げなければ。。。。。

質素な暮らしをしていた彼らが次第に文明の毒に侵されていく過程が視覚を楽しませてくれる。人々が享楽に溺れるラスヴェガスは退廃の象徴なのだ。
ロトス菓子で放蕩にふけるはめになる3人だが、父の声でパーシーは我に返る。

ハリウッドが地獄の入口になるところはちょっとびっくり。穴の向こうは神の住む場所らしい。

これが噂のゼウスの稲妻

 ハデススティーヴ・クーガン)はロッカー風だ。

 知恵と戦術の神、アテナの娘アナベス・チェイス
アレクサンドラ・ダダリオ

 グローバーはパーシーの親友で、ボディガード

現代とギリシャ時代が混ぜこぜ状態の本作。ミスマッチのような気もしてならない。ちょっとお話も含めてちょっと薄ぺらい感じもするのですが。。。。。皆さん如何でしょうか?もう少し重みのある方がいいよう気がしますね。

※そうそう冥界の女王ペルセポネ役であのロザリオ・ドーソンも登場しています。

ところで皆さん、何故最後まで観ないのかな?最後にちょっとおまけがあったのに。
冷蔵庫に入っていたものとは一体何だったのでしょうね。

解説(allcinemaより抜粋)

ギリシャ神話の世界を現代と融合させた奇想天外なファンタジー・アドベンチャー。全米ベストセラーの人気シリーズノベルを壮大なスケールで映画化。神と人間のあいだに生まれた“デミゴッド”の少年が、神々の争いに巻き込まれ、仲間たちと過酷な冒険を繰り広げる姿を迫力の映像満載で描く。監督は「ハリー・ポッター」シリーズのクリス・コロンバス。主演は「3時10分、決断のとき」「ナンバー23」のローガン・ラーマン。

ギリシア神話が現代によみがえる!

メディア 映画
上映時間 121分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(FOX)
初公開年月 2010/02/26
ジャンル ファンタジー/アドベンチャー

オフィシャル・サイト
http://microsites2.foxinternational.com/ww/percyjackson/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://movies.foxjapan.com/percy/

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (5)   Trackbacks (38)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (500)日のサマー♪(50... | TOP | 第82回アカデミー賞の結果... »
最近の画像もっと見る

5 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは^^ (KLY)
2010-03-06 03:03:47
中々面白かったんですが、そうばな的な展開だったかなと。続編がきっとあるんでしょうが、これからじわじわと面白くなっていきそうな予感がしました。
っていうか、子供作ってトンズラする神様ってどーなのよ~って思ったりもしたんですけどね。(笑)
こんにちは♪ (ひきばっち)
2010-03-06 20:43:19
>ちょっとお話も含めてちょっと薄ぺらい感じもするのですが
そういう感じは確かにありますよね。
原作が児童向けの本、ということもあるのでしょうね。

あとはKLYさんも書いていらっしゃる通り、“続編のための顔見せ”的な作品なのかもしれません・・。

>ところで皆さん、何故最後まで観ないのかな?
そうなんですよ!私も用事があったので、エンドロールが始まるとすぐに離席してしまったんです・・。
後日、「ユマ落ち」を知って、大変ショックでした(T_T)・・。
やはり、映画は最期まで観るべきですね(苦笑)

映画は最後まで (たいむ)
2010-03-06 23:34:10
こんにちは(^^)
最近EDロールのあとにオマケが付く確率が結構高いと思うのだけど、必ずと言っていいほど席をたつ人いますよね。
出口に行きかかってオマケに立ち止まるのも結構恥ずかしいと思うんだけど(笑)

現代アメリカとギリシャ神話の融合はなかなか面白かったですw
面白かった~ (マリー)
2010-03-07 20:59:19
こんばんは~~♪
うちのお子ちゃまたちが「ちょっと子供向けだな~」って言ってたぐらいなので、年齢層低めがターゲットかな?と。。。
少しお話が浅いのはそれでかも?

それにしては俳優陣が豪華ですよね。
お金かかってる~と思ってしまう(笑)
一番美味しいのはユマかしら?
最後の最後まで笑わせてくれた~(笑っていいのかはワカラナイけど)

楽しかったです。
あたしは (sakurai)
2010-03-12 10:31:57
いつも前の方に座るので、・・・自分より前に人がいると、気が散って・・・後ろの動向は見えなかったのですが、結構みなさん、最後まで見てたみたい。
あたしは字幕で、小学生の息子は吹き替えで別々に見たのですが、彼は最後まで見てたみたい。
「ちゃんと最後まで見た?」って聞いたら、
「声優さんを確認しないと!」でしたよ、答えは。アニメおたくなもんで・・。
結構ギリシャの神様たちの性格が如実にでてて、あたしはそれなりに楽しめました。
子供向けでしょうからねえ。
でも、看板に「『ハリー・ポッター』の監督」というのが取れるのはいつでしょうねえ。
なかなか難しそう。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

38 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 (LOVE Cinemas 調布)
全米でベストセラーとなった「パーシー・ジャクソン」シリーズの映画化。監督は「ハリー・ポッター」シリーズの第1作と第2作で監督を務めたクリス・コロンバス。オリンポスの神々と人間の間にできたデミゴッドと呼ばれる少年たちの大冒険の旅を描く。主演は『3時10分...
『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』 (ラムの大通り)
(原題:Percy Jackson and the Olympians : The Lightning Thief) ----この映画、もうすぐ公開だよね。 「うん。初日だけは早々と決まっていながら、 なかなか案内が来なくって、 けっこう気になっていた作品。 原作はベストセラー。 で、監督が同じく児童書の大ベスト...
「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                    「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」 よみうりホールにて。試写会。 監督・クリス・コロンバス 原作・リック・リオーダン 久しぶりの試写会でした。作品がファンタジー系だからか、子供からお年寄りまで、幅広い観客層...
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 (試写会) (風に吹かれて)
パパは海神ポセイドン[E:wave]公式サイト http://movies.foxjapan.com/percy2月26日公開原作: 盗まれた雷撃      パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 1
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 小学生の姪・甥と行きたかった~ (労組書記長社労士のブログ)
【 {/m_0167/}=12 -4-】 子ども向けファンタジーノベルが原作だそうだ(パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 盗まれた雷撃)。 子どもっぽいかな~つまんないかな~と思いつつ、「TOHOシネマズ年賀状くじ末尾1か4を持っていったら1000円最終日」と言うことで、1000...
劇場鑑賞「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」 (日々“是”精進!)
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々(盗まれた雷撃(ライトニングボル)「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」を鑑賞してきましたシネコンの都合上&時間の都合上・・・吹き替え版の方を。パーシー役は宮野真守さんですねギリシャ神話の世界を現代と融合させた...
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 (悠雅的生活)
スパルタンなホグワーツ。アメリカ横断宝探しの旅。This is a pen.
『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』 英雄の条件とは? (映画のブログ)
 「パーシーの父親は神だというが、いったい誰なのか」  …と、原作本の紹介文に書かれているが、映画ではのっけから息子を心配する父親...
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
ギリシャ神話が大好きなので、楽しみにしていました~原作が児童文学ということなので、子どもと一緒に吹き替えで鑑賞です―【story】17才のパーシー・ジャクソン(ローガン・ラーマン)は、ある日、自分が半神半人のデミゴッドだと知る。しかも彼は海神ポセイドン(ケヴ...
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 (ゴリラも寄り道)
<<ストーリー>>ギリシャ神話の神の息子であると告げられたアメリカの寄宿学校生、パーシー・ジャクソン(ローガン・ラーマン)。仲間と...
「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」みた。 (たいむのひとりごと)
ハリポタやロード・オブ・ザ・リングの映画化以降、こんどので何番煎じのファンタジーかなぁ~とほとんど期待していなかったのだけど、現代とギリシア神話の世界とのミックス加減がなかなか面白く、優しい(子供向け
映画「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」 (FREE TIME)
3月1日のファーストデーで、映画「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」を鑑賞。
【パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々】現代版ギリシャ神話はツッコミ所満載 (映画@見取り八段)
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々~PERCY JACKSON & THE OLYMPIANS: THE LIGHTNING ~ 監督: クリス・コロンバス    出演: ローガン・ラーマ...
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 (だらだら無気力ブログ)
アメリカで人気のある児童文学「パーシー・ジャクソン」シリーズを映画化 したファンタジーアドベンチャー。 神の人間のハーフである主人公が、神々の争いと自分の母親を救うために 仲間たちと冒険を繰り広げる様を描く。父親の存在を知らされず暮らしてきたパーシー・...
[映画『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆ちゃんと面白かったです。  原作付きらしいですが、おそらく、原作の肝をちゃんと押さえて、大胆な簡略化をしなかったのが成功だと思います。  人間として疑問を持たず生活していた主人公が、ギリシャの三大神ポセイドンの息子であり、ゼウスのイナズマが盗まれた濡...
「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」 (You got a movie)
監督   クリス・コロンバス キャスト ローガン・ラーマン      ブランドン・T.ジャクソン      アレクサンドラ・ダダリオ      ショーン・ビーン      ピアーズ・ブロスナン    ハリー・ポッター第一作、第二作のクリス・コロンバン監督...
「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」鑑賞 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
監督:クリス・コロンバス出演:ローガン・ラーマン、ピアース・ブロスナン、ショーン・ビーンお父さん達で映画を作ってくれた方が数倍面白かったと思うぞ(笑)冒頭の、一歩間違えばホームレスみたいなゼウス(おいw)とポセイドンの、摩天楼での会話のシーンが良かった...
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々’10:米 ◆原題:PERCY JACKSON & THE OLYMPIANS: THE LIGHTNING THIEF◆監督:クリス・コロンバス「RENT/レント」「ハリー・ポッター」シリーズ1&2◆出演:ローガン・ラーマン、ブランドン・T.ジャクソン、アレクサン...
★「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
ディズニーの新しい冒険ファンタジーシリーズ?? 原作は全米NO.1を取るほど人気の児童書。 原題は「PERCY JACKSON & THE OLYMPIANS: THE LIGHTNING THIEF」
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
【PERCY JACKSON & THE OLYMPIANS: THE LIGHTNING THIEF】2010/02/26公開 アメリカ 121分監督:クリス・コロンバス出演:ローガン・ラーマン、ピアース・ブロスナン、ユマ・サーマン、アレクサンドラ・ダダリオ、ブランドン・T・ジャクソン、ショーン・ビーン、キ...
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ギリシア神話×現代の融合が、新たなる伝説を創り上げた!「ハリー・ポッター」シリーズの第一作&第二作で、原作の持つ世界を見事に映像化した巨匠、クリス・コロンバス監督が再び挑む、壮大な神話ファンタジー。 原作は「ニューヨーク・タイムズ」紙の児童書部門で...
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 (いい加減社長の映画日記)
記事の更新が遅くなってしまいましたが^^; 予告編で、かなり迫力ある映像を見せてくれて楽しみにしていた「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」を公開日の金曜レイトショーで鑑賞。「UCとしまえん」は、平日のレイトショーということで、少なめ。 「パーシー・ジ...
「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」を観る (紫@試写会マニア)
初めて予告を観た時は「ぁ~また‘この手の児童文学’の映像化か。」と穿った見方だった私。公開が近くなって、徐々に増える公開映像は、水を操るパーシーとユア・サーマンのドレッドヘア(笑)。パンチあり過ぎ~。 一気に鑑賞意欲がUPした「パーシー・ジャクソンとオ...
『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』 (kuemama's_webryblog)
【PERCY JACKSON & THE OLYMPIANS: THE LIGHTNING THIEF】 2010年/FOX/121分 【オフィシャルサイト】 監督:クリス・コロンバス 出演:ローガン・ラーマン、ピアース・ブロスナン、ユマ・サーマン、アレクサンドラ・ダダリオ、ブランドン・T・ジャクソン、ショー...
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 (迷宮映画館)
神々もいろいろと大変なのねえ。でも、オリンポスの神様たちって、そんなに世の中のこと、考えてないと思いまっせ。
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 (to Heart)
原題 PERCY JACKSON & THE OLYMPIANS 製作年度 2010年 上映時間 121分 原作 リック・リオーダン 脚本 クレイグ・ティトリー 監督 クリス・コロンバス 出演 ローガン・ラーマン/ピアース・ブロスナン/ユマ・サーマン/アレクサンドラ・ダダリオ/ブランドン・T・ジャクソ...
『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』吹替え 2010-No9 (映画館で観ましょ♪)
もうちょっと歯ごたえのある作品かと思っていたのですけれど、 吹替えで観たのがいけなかったのか...かなりのお子様向け...でした。 ...
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 (Movies 1-800)
Percy Jackson & the Olympians: The Lightning Thief (2010年) 監督:クリス・コロンバス 出演:ローガン・ラーマン、アレクサンドラ・ダダリオ、ブランドン・T・ジャクソン ギリシャ神話をモチーフにした人気ファンタジー小説の映画化。 水の神ポセイドンと人間のハー...
『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』 (Cinema + Sweets = ∞)
3月も月末になって、やっとコンスタントに映画を観に行ける状態になりました。 本当に月末なんで、大した本数観られないのが残念でなりません。。。 ということで、日曜の仕事終りに新宿ピカデリーに『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』を観に行ってきました。 ...
10-74「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
ポセイドンの息子  未だ父親の存在を知らずに母親サリーと暮らしてきた17歳のパーシー・ジャクソンは、学校に溶け込めない落ちこぼれ。そんな彼も何故か水の中にいる時だけは心を落ち着かせることが出来た。  だがある日、パーシーは、“ゼウスの稲妻”を返せ!と叫ぶ...
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 (Percy Jackson & the Olympians: The Lightning Thief) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 クリス・コロンバス 主演 ローガン・ラーマン 2010年 アメリカ映画 119分 ファンタジー 採点★★ 「実はオレ救世主」とか「実はオレ凄腕の殺し屋」とかの“実は○○”って、すんごく夢が膨らみますよねぇ。夢が膨らみ過ぎちゃって、往々にして邪まな方向へと妄想が...
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 (Blossom)
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 PERCY JACKSON & THE OLYMPIANS: THE LIGHTNING THIEF 監督 クリス・コロンバス 出演 ローガン・ラーマン ピ...
「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」 ティーン向けファンタジーには飽きてきた (はらやんの映画徒然草)
劇場では見逃してしまったので、DVDで観賞しました。 見逃したというより、食指が
【映画】パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々…某ポッターと同じく楽しめませんでした。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
今日は会社からの帰宅時に携帯電話を忘れ、会社の人と私の母親が少しお話するはめになったピロEKです(携帯は帰宅途中にUターンして取りに戻りました)。 以下は映画観賞記...
『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』(2010) (【徒然なるままに・・・】)
リック・リオーダンが書いた<パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々>シリーズ第1巻「盗まれた雷撃(ライトニングボルト)』を、クリス・コロンバスが監督。 原作は全5巻プラス外伝1巻で、現在は新シリーズも刊行中らしい(翻訳未定)。 主人公は神と人間のハー...
喪中映画評「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2010年アメリカ映画 監督クリス・コロンバス ネタバレあり
『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 』 (2010)  監  督 :クリス・コロンバスキャスト :ローガン・ラーマン、ピアース・ブロスナン、ユマ・サーマン、アレクサンドラ・ダダリオ、ブランド...
「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」 (或る日の出来事)
お子様といっしょに、気楽にどうぞ、というふうな映画。いや、ひとりで見てもいいけど。