銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

ジェニファーズ・ボディ(2009)

2010-08-12 | 映画:ミニシアター

 JENNIFER'S BODY

トランスフォーマーに出演して、ブレイクしたミーガン・フォックスがアマンダ・セイフライドとダブル主演している作品。
ミーガン・フォックス、セクシーな女性として注目を集めているそうですが、個人的にはあまり好感のもてる感じじゃないですね。しかし男性には良いのかもしれませんが。本作では女子高校生という役なんですが、ちょっと無理があるような気もするんですが、、、、。まああちらの高校生って、年齢より老けているから、OKなのかも。

さて本作はミーガン演じるジェニファーは学園一美しくてプロポーションも言う事なし、男子にモテモテという設定。まさにミーガンにピタリという役です。
そんなジェニファーの親友ニーディは地味で内気な女の子。まさに2人は対照的なタイプというわけです。

私的にはニ―ディの方が可愛くて良いと思うんだけど、どういうわけか男性たちはジェニファーなんだよね。


セクシーさが売り物のジェニファー、どう見ても高校生という設定には無理がある。
上品さのカケラもないし、、、、。何かね。


ニ―ディ、内気で地味だというけれど、充分可愛いよね。

という対照的な2人の単なるラブコメならまあ観ないところですが、何やらわけありな事件が起こるということで、興味があり見ることにしました。


それはですね。何とジェニファーが悪魔になって男性を襲うという奇想天外なストーリーだったんですね。

ストーリー(キネマ旬報さんより拝借)

アメリカ中西部の田舎町、デヴィルズ・ケトルの高校に通う2人の少女、学校一の美女で自信家のジェニファー・チェック(ミーガン・フォックス)と内気で地味なアニータ・“ニーディ”・レスニキ(アマンダ・セイフライド)は幼馴染だった。ニーディはいつもわがままなジェニファーの言いなりだったが、チップ(ジョニー・シモンズ)という彼氏もいて、それなりに満たされた高校生活を送っていた。ある夜、ジェニファーとニーディは、インディ・バンド“ローショルダー”のライヴを観に、地元のバーに出かける。会場に着くと、ジェニファーはお目当てのイケメンボーカル、ニコライ(アダム・ブロディ)にアプローチを始める。
そんなジェニファーに呆れたニーディは態度を改めるようジェニファーを説得するが、軽くあしらわれる。ローショルダーのパフォーマンス中、バーで火事が起こる。2人は何とか脱出するが、ジェニファーはショックで放心状態に陥る。同じく難を逃れたニコライがジェニファーを巧妙に誘い、バンドの車に乗せて行ってしまう。ニーディは慌てて家に帰り、チップに助けを求める。そのころ車中では、男たちに乱暴されるのではないかと不安にさいなまれたジェニファーが、必死に抵抗していた。しかしニコライたちの目的は、それ以上のものだった。
 

舌にライターの火をつけるジェニファー、これは尋常じゃない行為。やはり彼女の身に何かが起こったに違いない。
 
 
バーの火災以降、この町で、若い男の子が無残な死体となって発見される凄絶な事件が相次ぐようになる。それには、日に日に美しさに磨きがかかるジェニファーの秘密が関係していることを、ニーディは知っていた。そしてその魔の手がチップにも伸びていることに気づいたニーディは、町の人々を救うために立ち上がる。
 
最初の犠牲者は森の中で殺される。
 

ニ―ディの自宅に現れたジェニファーはまったく別人のよう。
 
次は廃屋の中で、、、、、。
 
そしていよいよニ―ディのボーイフレンド、チップにも魔の手が!
 

月夜のジェニファーはヴァンパイア?
 
飛んだり跳ねたりするジェニファーはまさに超人のようだ。
 

チップ、危ない!喰われそう。
 

ニ―ディVSジェニファー。闘いが始まった。
 
 
高校の教師役にはあのJ・K・シモンズ。見憶えありますが?最初は気づかず。ヅラを被っているのでわかりませんでした。
 
ボーイフレンド、チップを救うことは出来ず。いよいよ彼の仇を取る為にジェニファー退治に挑みます。結局はニ―ディ、殺人犯となります。
その後の彼女はまったく別の人格と変わり。。。。。復讐のためにあるところへ。
 
解説(allcinemaより拝借)
 
「JUNO/ジュノ」でアカデミー脚本賞に輝いたハリウッドの新星ディアブロ・コディが受賞後第1作として書き上げた注目の脚本を、「トランスフォーマー」シリーズのセクシー女優ミーガン・フォックスと「マンマ・ミーア!」のアマンダ・セイフライド主演で映画化した学園ホラー・コメディ。小さな田舎の町を舞台に、悪魔に取り憑かれ男たちを次々と毒牙にかけるチアリーダーの美女ジェニファーと、そんな彼女の凶行を食い止めるべく決死の対決に挑む親友のメガネ女子ニーディの運命を、グロテスクなバイオレンス描写を織り交ぜ描き出していく。監督は「ガールファイト」「イーオン・フラックス」のカリン・クサマ
今一つ理解できないのは、ニコライの手によって、ジェニファーがヴァンパイアにされました。ヴァージンだったら、死んでいたのか?
ヴァージンじゃなかったから、悪魔(ヴァンパイア)になってしまったのか?
まあどちらでもいいんですが、、、、、。
 
 
 
 彼女の美しさには秘密がある
 
 
メディア 映画
上映時間 103分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ショウゲート)
初公開年月 2010/07/30
ジャンル ホラー/学園/コメディ
映倫 PG12
 
オフィシャル・サイト
http://www.jennifers-body.jp/
 
 
 
 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (2)   Trackbacks (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エグザム◆EXAM(2009) | TOP | 銅版画の名手 深沢幸雄の軌跡 »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2010-08-12 01:23:39
こんばんは!
なんというか、それでなくても肉食系のミーガン、その彼女がこの役をやるのであれば、とことん惨くするかその逆でないとありきたりな気がするんですよねぇ。アマンダだったらこの程度でも十分なんですが。
でもジェニファーに誘われたら多分着いていきます。サヨウナラ~(笑)
心配ですね。 (マリー)
2010-08-12 22:31:04
こんばんは・・・
ご家族のお怪我、大丈夫ですか?

この暑い時期に大変ですね。
mezzotintさんも無理されませんように。
映画のコメントじゃなくてゴメンなさい。

高校生には見えない濃さ・・にびっくりで。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

17 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ジェニファーズ・ボディ (LOVE Cinemas 調布)
『JUNO/ジュノ』のオスカー脚本家ディアブロ・コディの授賞後第1作。とある田舎町を舞台に、悪魔に取り付かれた美人女子高生ジェニファーが同級生を次々と襲う。親友のニーディーは何とか彼女を止めようとするが…。ジェニファー役を『トランスフォーマー』シリーズ...
ジェニファーズ・ボディ (あーうぃ だにぇっと)
7月21日(水)@一ツ橋ホールで鑑賞。 もともとあまり観る気のなかったこの映画。 ザ・ロードをシャンテで観たとき予告編の一発目がこれだった。 ジェニファーがライターで舌をあぶるシーンが強烈に印象に残った。 ホラー傾向の作品であることも知らなかったのだ。...
映画 「ジェニファーズ・ボディ」 (ようこそMr.G)
映画 「ジェニファーズ・ボディ」
ジェニファーズ・ボディ (そーれりぽーと)
嫌われ女優ミーガン・フォックスがもっと嫌われたくて出たのか? 『ジェニファーズ・ボディ』を観てきました。 ★★★ どんだけ妖艶さをアピールしたいのか、それとも開き直ってなりふり構わず悪女を超えてクリーチャー入ってる悪魔を演じてしまったのか、ミーガン・フォ...
ジェニファーズ・ボディ (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。カリン・クサマ監督、ミーガン・フォックス、アマンダ・セイフライド、ジョニー・シモンズ、エイミー・セダリス、アダム・ブロディ。こういう映画をなんと表現すればいいのやら。敢えて言えば、ありがちでない青春残酷物語。あまりに惨い友情の結末だろうか。
「ジェニファーズ・ボディ」エロエロSexyダイナマイト! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ミーガン・フォックス] ブログ村キーワード  “Sexyダイナマイト!ミーガン・フォックス主演”「ジェニファーズ・ボディ」(ショウゲート)。直訳したら『ジェニファーの身体!』エロいよ~、エロさ満開だよ~!!  アメリカの田舎町“デヴィルズ・ケトル”に...
ジェニファーズ・ボディ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★【1点】 これは酷い!話がメチャクチャ過ぎて呆れかえる。
ジェニファーズ・ボディ (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
才人ディアブロ・コディの脚本と聞いて大いに期待したが、蓋を開けてみればトホホの出来ばえで、脱力した。とある田舎町に住む、学園一の美女ジェニファーと内気で地味なニーディは幼馴染。正反対の2人はなぜか親友だが、ニーディはジェニファーに振り回されてばかりだ。...
「ジェニファーズ・ボディ」 肉食系女子。 (はらやんの映画徒然草)
肉食系女子。 たぶん多くの映画ブロガーさんが同じようなタイトルをつけると思います
ジェニファーズ・ボディ (だらだら無気力ブログ)
「JUNO/ジュノ」でアカデミー脚本賞に輝いたハリウッドの新星 ディアブロ・コディが受賞後第1作として書き上げた注目の脚本を、 「トランスフォーマー」シリーズのセクシー女優ミーガン・フォックスと 「マンマ・ミーア!」のアマンダ・セイフライド主演で映画化...
ジェニファーズ・ボディ (Movies 1-800)
Jennifer's Body (2009年) 監督: カリン・クサマ 出演: ミーガン・フォックス、アマンダ・セイフライド、ジョニー・シモンズ、アダム・ブロディ 悪魔に取り付かれた女子高生とその親友の対決を描く青春ホラー映画。 大物になる為にと悪魔に魂を売ったロックバンドによ...
ジェニファーズ・ボディ (5125年映画の旅)
美人で人気者のジェニファーと地味なニーディ。正反対な二人は昔からの親友同士だった。ある日二人はインディーズバンドのライブで事故に遭ってしまう。その日を境に、ジェニファーは人が変わってしまい、さらに二人の通う学校の生徒の内臓が食われるという恐ろしい殺人事...
「ジェニファーズ・ボディ」 (或る日の出来事)
世間の評判が悪かろうと、これ好きだぞ!
【映画】ジェニファーズ・ボディ (KINOMANIE)
2009年 アメリカ 原題:JENNIFER'S BODY 監督:カリン・クサマ 脚本:ディアブロ・コディ 出演:ミーガン・フォックス、アマンダ・セイフライド、J...
ジェニファーズ・ボディ (Jennifer's Body) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 カリン・クサマ 主演 ミーガン・フォックス 2009年 アメリカ映画 108分 ホラー 採点★★ 子供の喧嘩って往々にして煮詰まってくると「絶交だっ!」で幕を閉じますが、そんな喧嘩如きで絶交する事なんて滅多にないんですよねぇ。「ゴメンなぁ」もなく、いつの...
映画評「ジェニファーズ・ボディ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2009年アメリカ映画 監督カリン・クサマ ネタバレあり
WOWOWで (心のままに映画の風景)
「痛いほどきみが好きなのに」2008年公開 イーサン・ホークが自身の体験を基に執筆した同名小説を、自ら監督、脚本を手掛け映画化。 「スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団」マーク・ウェバーと「...