銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

ラブリーボーン☆★THE LOVELY BONES

2010-01-30 | 映画:シネコン


ピーター・ジャクソンの冒険作。原題は愛すべき骨たちなんですよね。
猟奇的殺人の被害にあった少女たちに贈る鎮魂歌らしいストーリーのように思えるが。。。。どうも悲しみや憤りを露骨に表した作品ではないようだ。

 

東宝シネマズ二条にて鑑賞。
いきなり14歳の主人公の少女が殺害されたところから始まる不思議な物語。
同名小説「ラブリーボーン」の映画化。何と世界30カ国以上で1000万部以上売上げ、出版界に一大センセーションを巻き起こした驚異のベストセラー。

監督ピーター・ジャクソンが原作と出会ったのは2002年。最初に原作を読んだのは、「ロード・オブ・ザ・リング」の脚本を手がけているフィリッパ・ボウエンで、そのあとピーターの内縁の妻であり、製作に携わっているフラン・ウォルシュが読み、最後にピーターが読んだ。映画化についてはまったく考えず読んだが、3人ともこの小説に魅了されてしまい。。。気がつけば映画化という言葉が頭に浮かんだと話す。

しかしそれは非常に難しくチェレンジングなものになることはピーター自身わかっていたという。でもだからこそやってみょうという気になったと語っている。

いきなり14歳の少女スージーは、殺され亡くなってしまう。そこから物語は始まるわけで。死んだ人間が死後の世界でどんな風にどんなところでどうしているなんて、正直想像できる話ではないが。本作ではその世界がくまなく描かれている。


死んだらどうなるのか?って一度は誰でも頭の中をよぎったことだろう。それは身近な人が亡くなった時、一番感じる事じゃないだろうか。という意味ではこの物語にはある意味、凄い関心を持たせるものだったかもしれない。


まあ肩透しを食らう場面は多かったけれど。もし亡くなってこの主人公スージーのような同じ立場だとしたら、自分は何をどういう風に感じたり、思ったりするんでしょうね。そんな事を合わせながら鑑賞しました。

STORY

私の名前はスージー・サーモン。お魚みたいでしょ。
1973年12月6日。学校からの帰り道に、近所に住むある男に呼び止められた。
そして、私は14歳で殺されたーーー。

優しい両親とかわいい妹弟に囲まれ、楽しく幸せな毎日を送っていた14歳の少女、スージー・サーモン。初恋の予感に胸をときめかせていたある冬の日、彼女は近所の男に無慈悲に殺されてしまう。最初は自分が死んだことにも気づかなかったスージーだが、やがて天国の入り口に辿り着く。そんな中、犯人は警察の捜査を切り抜け、平然と日常生活を送っている。一方、愛する娘を失った家族は深い悲しみに暮れていた。やがて、父親は残された家族を顧みず犯人探しに妄執し、自責の念に苛まれていた母親はそんな夫に耐えられずに、ついに家を出てしまう。バラバラになっていく家族を、ただ見守ることしかできないスージーだったが…。


スージーの死は両親に大きな悲しみを与えることに。。。。


ピーター・ジャクソン監督とスージー役のシアーシャ・ローナン

シア―シャちゃんといえば、キーラと共演した「つぐない」で、何と13歳でアカデミー賞にノミネートされた注目若手女優さんです。現在15歳です。


そしてこの男が、スージーを殺した憎き犯人ジョージ・ハーヴイ 。
よく見たら「ジュリ―&ジュリア」でメリル扮するジュリアの優しい夫を演じたあのスタンリー・トゥッチ さんじゃあないですか!
実はスタンリーさん、この役を引き受けるかどうか悩んだらしい。極秘の犯○者の自白映像も見たらしい。きつかったと話す。

ジョージは結婚していたらしいけど、子供はいないという設定。一人で大きな家に住んでドールハウスなんぞを作っている得体のしれないおっさん。まさに変○野郎です。


スージー・サーモン  シアーシャ・ローナン
物語の主人公。1973年12月6日、14歳で殺害される。以降天国から家族や友人、そして犯人の人生を見届ける。


ジャック・サーモン  マーク・ウォールバーグ
主人公の父親。犯人(ハーヴイ)を探すことに執着している。そして犯人を見つけ独自に捜査する。

※父親のジャック役にはライアン・ゴズリングが配役されていたが、制作方向性の相違により降板。その後マーク・ウォールバーグが起用されたらしい。


アビゲイル・サーモン (右)レイチェル・ワイズ
主人公の母親。娘を守れなかったことが罪悪感になり苦しんでいる。夫が犯人のことばかり考えていることに嫌気がさし家を飛び出す。


リンジー・サーモン(右)ローズ・マクアイヴァー
主人公の妹。「殺された少女の妹」と言われつらい思いをしている。犯人を怪しいと感じ犯人の家に乗り込む。妹役のローズは現在22歳だそうです。実はシア―シャちゃんよりお姉さんでした。


スージーの弟バックリー・サーモン クリスチャン・トーマス・アシュデイル


リン スーザン・サランドン
主人公の祖母(母方の母)。お酒と派手なことが好き。娘(母親)とは仲はよくないが本人なりのやり方で家族を励ましている。 えらい化粧が濃かった。

大好きな家族に会いたい。
もっと恋がしたかった。
私を殺した犯人のこと、伝えたい。

やり残したことがいっぱいある。でも地上へこの思いは届かない。
天国?では、何でも願いが叶うのに・・・。
初めは自分の死を受け入れられないスージーは遠くの国から見守るうちに、成長していくお話。。。。そんな感じですかね。


大好きなレイ(リース・リッチー)ともキスも出来て良かったんだけど。。。。

ただ彼女の遺体が金庫に入れられたまま土の中に埋められるというあのシーンは凄く痛い。

妹のリンジーが危うく犯人に捕らえられるとハラハラしましたが、何とかセーフ

また憎きジョージ・ハーヴイが捕まるのか?と思いきや何故か上手く逃げてしまいます。でも最後は自ら○爆

スージーの天国のような“中間の地”を作りだす

中間の地という限りない領域を創る時、ピーター・ジャクソンは、スージーの希望や喜び、そしてもっとも深いところにある恐れを反映させる視覚的なメタファーを使う事にした。中間の地はスージーの感情が元になっている。この辺はかなり難しかったようだ。

個人的は結構好きな作品でした。色々腑に落ちないところもありましたが、ピーター・ジャクソン監督の冒険作には拍手を贈りたい気持ちです。

アリス・シーボルドの同名ベストセラーを「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのピーター・ジャクソン監督が映画化した異色のファンタジー・ドラマ。わずか14歳で残忍なレ○プ殺人犯の犠牲となり天国へと旅立った少女が、崩壊していく家族に魂を寄り添わせ、その再生を見守る中で自らも悲劇を乗り越えていく姿を、優しい眼差しでファンタジックかつサスペンスフルに綴る。出演は、14歳のヒロインに「つぐない」のシアーシャ・ローナン、その両親にマーク・ウォールバーグとレイチェル・ワイズ。また、「ターミナル」「Shall we Dance? シャル・ウィ・ダンス?」のスタンリー・トゥッチが憎々しい犯人を好演。

メディア 映画
上映時間 135分
製作国 アメリカ/イギリス/ニュージーランド
公開情報 劇場公開(パラマウント)
初公開年月 2010/01/29
ジャンル ドラマ/ファンタジー/サスペンス
映倫 G



製作総指揮にはスティーヴン・スピルバーグ


そして字幕はあの戸田奈津子さんでした。

オフィシャル・サイト
http://www.lovelyb.jp/
 
 
ジャンル:
ウェブログ
Comments (9)   Trackbacks (76)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 誰がため FLAMMEN & CITRONEN | TOP | パラノーマル・アクティビティ(... »
最近の画像もっと見る

9 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは~^^ (KLY)
2010-01-31 00:07:38
私はどうもいま一つでした。^^;
シアーシャ・ローナンちゃんはすごい美人だし、スタンリー・トゥッチは素晴らしくキモいしと、出ている人は結構気に入ってるし、個々のシーンそれぞれにもあまり文句は無いんです。妹のファーストキスのシーンとか切なくて良かったですよね。
ただ、全体としてみると、どうも登場人物の絡み具合が薄いというか、バラバラな気がして。それぞれの行動による因果関係が見えてこないのがどうにも…。
あとは最後ですかね、やっぱり。日本人的感情としてはどうもスッキリしないです。
映像美。 (BC)
2010-01-31 00:15:20
mezzotintさん、こんばんは。
この作品、私は未見なのですが、
世間では賛否両論分かれているようですね。

『ジュリー&ジュリア』のスタンリー・トゥッチの悪役って想像つかない私。。。

映像は美しそうだし、
シアーシャ・ローナンの演技は好評のようですね☆
BCさんへ♪ (mezzotint)
2010-01-31 00:35:01
今晩は☆彡
私は意外にも好きな作品でした。
ピーター・ジャクソン、難しい作品に
あえてチャレンジした事には拍手したいです。
死後の世界ってどんなものなんだろう?
皆誰しも思う事を映像にするなんて、
本当に凄いと思うのですが。。。。
Unknown (mig)
2010-01-31 09:43:17
こんにちはー

わたしも全体通して楽しめたのでOKです。
後半はあれぇ?って思う所も多かったけど、、、
でもあの映像世界は劇場でみる価値あるし、
ファンタジーだと思えば少女の行動もなんか納得出来ますよね
migさん♪ (mezzotint)
2010-01-31 22:19:33
今晩は☆彡
結構楽しめましたよね。
ピーター・ジャクソンのチャレンジ
は成功したと思います。
美しい映像でしたね♪
悪役 (kimion20002000)
2010-02-01 20:44:13
こんにちは。
そうですね、ああいう病的な殺人犯役になるのは、結構悩むでしょうね。印象はあとあとまで残りますし、よっぽど役作りに集中しないといけない。
よく演じていたと思いますね。
こんばんは♪ (ひきばっち)
2010-02-03 01:01:35
私も実は、KLYさんと同じく、いまいちストーリーの展開について行けず、
ジャクソン監督がこの映画で何を伝えたいのかがよく解りませんでした。

題名の「THE LOVELY BONES」も、直訳ではなく、何か日本人には解らない慣用句のような物だと思っていました・・。

しかし、mezzotintさんが記事の冒頭で、
>原題は愛すべき骨たちなんですよね。
と、書かれてあるのを読んで、頭の中で「そうか!!」と思ったのです。

的を得ているかどうかは分かりませんが、
この「愛すべき骨たち」という題名には、現実の世界で、今までに犯罪によって殺されてしまった少女(あるいは少年)たちに対する鎮魂の意味と、
その子たちの肉親の深い悲しみ、そして
「おまえが死んでしまっても、いつまでも“LOVELY”だよ」という親の思い、
そして「こういう悲しい事件は、もう二度と起こしてはいけない」という原作者アリス・シーボルトの強い思い、
これらが全てニュアンスとして含まれているのではないか、と気付いたのです(当たっているかどうかは分かりませんが)。

もしそうだとすれば、劇中でスージーが、今まで犠牲になった子供たちを一人、一人紹介するシーンの意味が理解できるような気がします。

ふと気が付いて、書き込み過ぎました。ごめんなさいm(__)m。
もう一度本作を観てみたくなりました。

素晴らしいヒントを有難うございました(^^♪




よくぞ頑張った (ノルウェーまだ~む)
2010-02-10 08:39:30
こんばんは☆
難しい映画をよくぞここまで頑張った・・・というかんじですね。
実際、迷宮入りの事件とかあるわけで、犯人が見つかりそうで見つからないもどかしさなど、すごく現実味があるように感じました。
妹ちゃんは、スージーよりずっと大人っぽいと思ったら、やっぱり年上でしたね。
不条理としか (sakurai)
2010-02-11 12:04:46
思えない死に出会ってしまったとき、生きてるもんは、その死とどう折り合いをつけて行くか・・。
そのむずかしさみたいなもんが描かれていたんではないかと思うんですが、こうでも思わなきゃ、救われない・・・みたいなね。
で、この狭間の世界なんですが、かつて見た「奇蹟の輝き」って言う映画をほうふつさせました。
ま、この映画は、あの子をすえた時点で、クオリティがぐぐっと上がりましたね。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

76 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
『ラブリーボーン』:こういうのを珍品という @ロードショウ・シネコン (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
製作総指揮にスティーヴン・スピルバーグが名を連ね、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのアカデミー賞監督のピーター・ジャクソンが監督をした『ラブリーボーン』。 ありゃりゃ、こういうのを珍品というのではありますまいか。
ラブリーボーン (LOVE Cinemas 調布)
アリス・シーボルドのベストセラー小説を『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャクソン監督が映画化。製作総指揮にスティーヴン・スピルバーグも参加している。わずか14歳で殺された少女の魂と、残された家族双方の再生を描いたファンタジードラマだ。出演は『つ...
「ラブリーボーン」 (Con Gas, Sin Hielo)
家族と亡き者たちがつなぐ新たな希望の絆。 P.ジャクソン久々の新作ということもあり期待していたのだが、正直あまり好みではなかった。 現世と天国の間の独創的な世界は、ダイナミックかつ色彩豊かで見応えがあったし、サスペンスの部分も緊張感に溢れ、特に犯人の不...
[映画『ラブリーボーン』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆凄い作品だと思った。  私的には、P・ジャクソンくらいになると、この悲惨なテーマでファンタジーを創れるのだなと感心した。  と言うのも、私も20年ほど前、宮崎勤事件が日本中を震撼させたとき、  私は、せめてせめて、被害にあった子たちが、死後の世界で幸...
「ラブリーボーン」え~と、何と申しますか…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ラブリーボーン] ブログ村キーワード  世界的大ベストセラーの映画化。しかもスピルバーグが製作総指揮、そんでもって監督はあのピーター・ジャクソン!「ラブリーボーン」(パラマウント ピクチャーズ ジャパン)。これで期待するなって方がムリでしょ?おま...
ラブリーボーン/ THE LOVELY BONES (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 「ロード・オブ・ザ・リング」の監督、ピーター・ジャクソン最新作! 先日行われた試写にて鑑賞☆公開は今月末。 14歳の少女、スージーには「つぐない」...
ラブリーボーン (Akira's VOICE)
生と死を繋ぐファンタジー。  
ラブリーボーン(試写会) THELOVELYBONES (まてぃの徒然映画+雑記)
『私の名前はスージー・サーモン、お魚みたいな名前でしょ』愛らしい14歳のスージー・サーモン、お誕生日にはカメラを貰って、将来の夢はカメラマン。学校でひとつ年上のレイに片思い中。弟と妹がひとりずついて、パパの趣味はビンの中に帆船を作ること。おばあちゃんはい...
ラブリーボーン・・・・・評価額1500円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ピーター・ジャクソン版「大霊界 死んだらどうなる」か・・・。 「キング・コング」以来四年ぶりの新作となる「ラブリーボーン」は、14歳で...
ラブリーボーン [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:THE LOVELY BONES公開:2010/01/29製作国:アメリカ/イギリス/ニュージーランド上映時間:135分監督:ピーター・ジャクソン出演:マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン、スタンリー・トゥッチ、マイケル・インペリオリ、シアーシャ...
ラブリーボーン (悠雅的生活)
手編みの帽子。赤い山茶花。穏やかな鉄槌。
ラブリーボーン・・・・・評価額1500円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ピーター・ジャクソン版「大霊界 死んだらどうなる」か・・・。 「キング・コング」以来四年ぶりの新作となる「ラブリーボーン」は、14歳で...
『ラブリーボーン』(2009)/アメリカ・イギリス・ニュージーランド (NiceOne!!)
原題:THELOVELYBONES監督:ピーター・ジャクソン原作:アリス・シーボルド出演:マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン、スタンリー・トゥッチ、マイケル・インペリオリ、シアーシャ・ローナン試写会場 : よみうりホール公式サイトはこち...
ラブリーボーン 心残りがそこか~=( ・_・;)⇒ アレ? (労組書記長社労士のブログ)
【 {/m_0167/}=5 -3-】 今日は、先日仕事中に体調が悪いと早退なさって、ご帰宅後さらに容体が悪くなり救急車で搬送されたけどそのまま急逝されたうちの組合員さんご本人のお葬式だった。 1000人以上の組合員、なかなか全員は覚えられないが、御遺影を拝見して「あ!」、...
ラブリーボーン/THE LOVELY BONES(映画/劇場鑑賞) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[ラブリーボーン] ブログ村キーワードラブリーボーン(原題:THE LOVELY BONES)キャッチコピー:これは、私が天国に行ってからのお話製作国:アメリカ/イギリス/ニュージーランド製作年:200...
mini review 10436「ラブリーボーン」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
14歳で殺されてしまった少女が、残された家族や友人たちが立ち直っていく姿を天国から見守り続けるファンタジックな感動ドラマ。全世界30か国以上で1,000万部以上を売り上げた原作を、スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮、『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・...
ラブリーボーン (★YUKAの気ままな有閑日記★)
2010年最初の感動大作―観て来ました~【story】スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)は、14歳のときにトウモロコシ畑で殺されてしまう。そしてスージーは天国にたどり着くが、父(マーク・ウォールバーグ)は犯人探しに明け暮れ、母(レイチェル・ワイズ)は愛娘...
「ラブリーボーン」なんかスッキリしない・・・・ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
ハラハラドキドキさせられて、どうなるのかな~って最後まで引き込まれて観たんですが・・・最後まで見終わってみると、ん~~??というと...
ラブリーボーン (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「ラブリーボーン」監督:ピーター・ジャクソン(『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』『キング・コング』)製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ(『トランスフォーマ...
ラブリーボーン (ともやの映画大好きっ!)
(原題:THE LOVELY BONES) 【2009年・アメリカ/イギリス/ニュージーランド】試写で鑑賞(★★★★☆) 全世界で1000万部を越えるアリス・シーボルドの同名小説を映像化。 14歳で殺害された少女が、天国と地上の間をさまよいながら、残された家族や友人たちを見守り続...
ラブリーボーン (風に吹かれて)
骨はどこ公式サイト http://www.lovelyb.jp同名小説(アリス・シーポルト著)の映画化監督: ピーター・ジャクソンスージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)、14歳。両親(マーク・ウォ
「ラブリーボーン」 ◆感想を追記しました。 (MOVIE レビュー)
1月に公開される映画で、気になる映画をピックアップしています。 1月29日(金)公開の映画「ラブリーボーン」も観る予定です。1月はこれで4本目のピックアップです。殺人の被害者となってしまった14歳の少女が天国へ行くのですが、残された家族の嘆き悲しむ姿を見て、何...
【ラブリーボーン】★シアーシャ・ローナン (猫とHidamariで)
私は、14歳で殺された―これは私が天国に行ってからのお話。お願い。私の思い、届いて。ラブリーボーンHPラブリーボーン シネマトゥデイ英題:THELOVELYBONES製作年:2009年製作国:アメリカ/イギリス/ニュージーランド日本公開:2010年1月29日チェック14歳で殺さ....
ラブリーボーン (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『私は14歳で殺された─。 これは、私が天国に行ってからのお話。』  コチラの「ラブリーボーン」は、アリス・シーボルトの同名ベストセラー小説を映画化した1/29公開のファンタジー・サスペンスなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪なんと言っても注目は、「...
「ラブリーボーン」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                               「ラブリーボーン」 新宿ピカデリーにて。 監督・ピーター・ジャクソン ペンシルバニアのとある町に住む14歳の少女、スージー・サーモン。 1973年12月6日、彼女は何者かによって殺された・・。 これは彼...
ラブリーボーン (★ Shaberiba )
こんなことあってはならない・・
ラブリーボーン (ゴリラも寄り道)
<ストーリー>スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)という魚の名前のような彼女は、14 歳のときにトウモロコシ畑である者に襲われ、...
ラブリーボーン (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。英題:THE LOVELY BONES。ピーター・ジャクソン監督、シアーシャ・ローナン、マーク・ウォールバーグ、ライアン・ゴズリング、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン、スタンリー・トゥッチ、ローズ・マクアイヴァー、マイケル・インペリオリ、リース・リ...
ラブリーボーン (試写会) (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
大作を次々と送り出してきたピーター・ジャクソンが、ついにスティーブン・スピルバーグとタッグを組んだ。しかも題材は、2002年全米で一大センセーションを巻き起こしたベストセラー小説アリス・シーボルドの同名原作「ラブリーボーン」の映画化だ。 「ロード・オブ...
ラブリーボーン (だらだら無気力ブログ)
  『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズののピーター・ジャクソン監督が アリス・シーボルトの同名ベストセラーを映画化。 14歳で殺害された少女が、残された家族が崩壊して再生していく様を 見守りつづけていく姿をファンタジックに描く。夫婦仲が円満な両...
★「ラブリーボーン」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、「ロード・オブ・ザ・リング」3部作のピーター・ジャクソン監督がベストセラー小説を映画化した作品を、TOHOシネマズ川崎で鑑賞。
ラブリーボーン(試写会) (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[ラブリーボーン] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:吉 2010年6本目です。 【あらすじ】 1973年12月6日。 学校の帰り道に、近所に住む男ジョージ・ハーヴェイ(スタンリー・トゥッチ)に呼び止められ、そのまま殺されてしま...
ラブリーボーン (Diarydiary! )
《ラブリーボーン》 2009年 アメリカ/イギリス/ニュージーランド映画 -原題
ラブリーボーン (そーれりぽーと)
近所の男に惨殺された14歳の少女スージー・サーモンが、霊となって家族を見守る予告編に惹かれて、『ラブリーボーン』を観てきました。 ★★ 一応感動作をうたってるし、ベストセラーが原作なので、こんな事を書くと反感買うかもしれないけど、ぶっちゃけ感動なんて全く...
天国と地上の間~『ラブリーボーン』 (真紅のthinkingdays)
 THE LOVELY BONES  幸福な家庭で両親に愛され、美しく成長した14歳のスージー・サーモン(シア ーシャ・ローナン)。ある冬の日、彼女は...
映画レビュー「ラブリーボーン」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
The Lovely Bones◆プチレビュー◆14歳で殺された少女の視点で描く物語は、意外な方向から生を肯定する。幻想的な映像が美しい。 【70点】 スージーは14歳のときに、近所に住む男から襲われ殺された。彼女は美しく不思議な場所へ辿り着く。ここは天国? スージーはそ...
『ラブリーボーン』・・・スージーがやり残したこと (SOARのパストラーレ♪)
独特の雰囲気を持つ秀作。サスペンスとしての手に汗握る緊張感もいいし、なにより鑑賞後に残る余韻があまり味わったことのない類のもので、なんとも心地よい感動を味わえた。
*『ラブリーボーン』* ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:アメリカ+イギリス+ニュージーランド合作映画、ピーター・ジャクソン監督&脚本、アリス・シーボルド原作、シアーシャ・ローナン、マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン、スタンリー・トゥッチ出演。
♯08 「ラブリーボーン」 (cocowacoco)
映画 「ラブリーボーン」 THE LOVELY BONES       ピーター・ジャクソン監督 2009年 アメリカ/イギリス/ニュージーランド 丁寧な作りで好感は持てるのですが、内容がどこかでみた感じなのがちょっと残念。 サスペンス・ミステリー・ホラーのミックスのような...
ラブリーボーン/The Lovely Bones (いい加減社長の映画日記)
金曜日のレイトショー。 スピルバーグ総指揮ということと、なんともファンタジーっぽい予告編に魅かれて「ラブリーボーン」を鑑賞。「UCとしまえん」は、平日のレイトショーとしては、普通の人出。 「ラブリーボーン」は、大きめのスクリーンで、3~4割。 【ストーリ...
ラブリーボーン (2009) THE LOVELY BONES 135分 (極私的映画論+α)
 満中陰ムービー?
劇場鑑賞「ラブリーボーン」 (日々“是”精進!)
ラブリー・ボーン「ラブリーボーン」を鑑賞してきましたアリス・シーボルドの同名ベストセラーを「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのピーター・ジャクソン監督が映画化した異色のファンタジー・ドラマ。わずか14歳で残忍なレイプ殺人犯の犠牲となり天国へと旅立った...
映画「ラブリーボーン」(The Lovely Bones、2009年、米) (富久亭日乗)
      ★★★☆☆  Susie Salmon (Saoirse Ronan )は 写真を撮るのが好きな14歳の少女だ。 平凡だが幸せな生活を送っていたが 1973年のある日 近所の変質者George Harvey (Stanley Tucci )に トウモロコシ畑で殺されてしまう。 Susieは天に昇って家族や...
ラブリーボーン (近未来二番館)
ラブリーボーン - goo 映画 2月1日、映画館にて鑑賞。 予告編を見た時から、心惹かれていました。ミステリーなのかホラーなのか、それとも...
ラブリーボーン (5125年映画の旅)
14歳のスージー・サーモンは、青春を謳歌する最中に狂人の手によって命を奪われる。この世に未練を残したスージーは、天国からそれぞれ違う形でスージーの死を引きずっていた家族を見守る事にする。事件から2年が過ぎた時、スージーを殺した犯人が、今度はスージーの...
「ラブリー・ボーン」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  テーマが重たいこと、アメリカでの評判があまり良くないこと、いくつかの不安要素はあったものの、ピーター・ジャクソン監督作品ということに加え、とても豪華なキャスティングで、これはやはり見逃せない…と思い劇場に足を運びました。...
【ラブリーボーン】 (日々のつぶやき)
監督:ピーター・ジャクソン 出演:シアーシャ・ローナン、マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン、スタンリー・トゥッチ   これは、私が天国に行ってからのお話。 「14歳のスージー・サーモンは近所に住む男にトウモロコシ畑で
ラブリーボーン (C note)
ピーター・ジャクソンの映画は上映時間が長め。でも飽きさせません。 直前に観た『パ
ラブリーボーン、ネタバレなしのつもり (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
1970年代前半のアメリカの田舎町で、突然命を奪われた少女の目から見た残された家族と犯人の行く末を見守るファンタジー的な演出の映画だ。キリスト教の国なのでもっと厳しい結末が待っているかと思ったが、見た後に爽快な気分になれた。
「ラブリーボーン」みた。 (たいむのひとりごと)
原作は知らない。そして予告編では、「私は14歳で殺された―」と、え?っと思う内容をまるで「昨日の映画面白かったねー」ってサラリと会話しているような明るい雰囲気になっており(しかも「ラブリー」だし)、イ
『ラブリーボーン』 ('10初鑑賞12・劇場)  (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 1月30日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:30の回を鑑賞。
「ラブリーボーン」 死により生を描く (はらやんの映画徒然草)
これは、私が天国に行ってからのお話。 日常の生活で生きていることを素晴らしい、と
『ラブリーボーン』 (めでぃあみっくす)
愛すべき原点に戻れ。それがスティーブン・スピルバーグが最もこの世に残したい想いではないかと思いました。14歳で命を絶たれてしまった女の子が残された家族や友人に第六感を通じて想いを届けるこの映画。原作ありきとはいえ、私は不思議とこの作品を通じてスティーブン...
ラブリーボーン (Memoirs_of_dai)
霊体質少女の使い方… 【Story】 スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)という魚の名前のような彼女は、14歳のときにトウモロコシ畑...
「ラブリーボーン」 (てんびんthe LIFE)
「ラブリーボーン」試写会 よみうりホールで鑑賞 実話が名とになっているのかと思ったら、どうやらベストセラー小説が元になっているのだとか。 日本で作ったら、完全にホラー映画になっていたでしょう。 それがアメリカと日本の文化の違いなのかもしれません。 こ...
ラブリーボーン (心のままに映画の風景)
家族に囲まれ幸せな毎日を送っていた14歳の少女、スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)は、ある日トウモロコシ畑で近所の男に殺され...
試写会「ラブリー・ボーン」 (流れ流れて八丈島)
さていよいよ本日のメインイベント新宿の東京厚生年金会館での試写会で「ラブリー・ボーン」を観てきました“本年度アカデミー賞最有力”という呼び声が高いそうですアリス・シーボルトの原作も世界中で大ベストセラーみたいですねラブリー・ボーン ラブリー・ボーン(文...
ラブリーボーン (りらの感想日記♪)
【ラブリーボーン】 ★★★★ 映画(5)ストーリー 優しい両親とかわいい妹弟に囲まれ、楽しく幸せな毎日を送っていた14歳の少女、スージー・サ
家族愛よりも恋愛?『ラブリーボーン』 (水曜日のシネマ日記)
14歳で殺害されてしまった少女とその周囲の人間の様子を彼女の目線で描いた物語です。
ラブリーボーン (とりあえず、コメントです)
同名ベストセラー小説に感動したピーター・ジャクソン監督が映画化した作品です。 14歳で殺された少女の魂の彷徨を、美しい映像と音楽で綴っていました。 本当に美しくて切ない物語でした(T_T)
ラブリーボーン (ケントのたそがれ劇場)
★★★  とにかく嫌になるほど長~いエンディングクレジットだ。時間を測っていた訳ではないので、正確な時間は不明であるが、体感的には15分以上に感じられた。 最近の映画はやたらエンディングクレジットが長い。それでもクレジットと同時に、感動的な映像や心に染...
「ラブリーボーン」胸に迫る想い (ノルウェー暮らし・イン・London)
今年ぜったい観たい!と思っていた映画。 結末はちょっと・・・・という声を聞いていたので、心して鑑賞。 結末がどうより、冒頭から胸に苦しく迫ってきて・・・・・
ラブリーボーン (迷宮映画館)
なんと言えない不思議な味わい。
【映画】ラブリーボーン (新!やさぐれ日記)
▼動機 シアーシャ・ローナン ▼感想 見方は色々あるがどれをとっても破綻 ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ▼あらすじ スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)という魚の名前のような彼女は、14歳のときにトウモロコシ畑である者に襲われ、殺されてしま...
ラブリーボーン (Movies 1-800)
The Lovely Bones (2009年) 監督:ピーター・ジャクソン 出演:シアーシャ・ローナン、マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スタンリー・トゥッチ アリス・シーボルトの全米ベストセラー小説の映画化で、殺害された14歳の少女が、地上と天国の間の不思議な空間...
10-34「ラブリーボーン」(アメリカ・イギリス・ニュージーランド) (CINECHANの映画感想)
私のいない世界  優しい両親とかわいい妹弟に囲まれ、楽しく幸せな毎日を送っていた14歳の少女、スージー・サーモン。初恋の予感に胸をときめかせていたある冬の日、彼女は近所の男に無慈悲に殺されてしまう。最初は自分が死んだことにも気づかなかったスージーだが、や...
「ラブリーボーン」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 アリス・シーボルト原作。1973年12月6日、14歳で殺されたスージー・サーモンは、現世と天国の間から、家族や友人、初恋相手、そして自分を殺した犯人を見守る。  幽霊モノ、あるいは「実は主人公は死んでいた」というオチの作品は多々あるが、殺された側から...
ラブリーボーン / 60点 / THE LOVELY BONES (ゆるーく映画好きなんす!)
P・ジャクソン監督のやりたいことをやる姿勢は嫌いじゃないけど・・・ 『 ラブリーボーン / 60点 / THE LOVELY BONES 』 2009年 アメリカ/イギリス/ニュージーランド 135分 監督 : ピーター・ジャクソン 製作総指揮 : スティーヴン・スピルバーグ
『ラブリーボーン』 (シネマのある生活~とウダウダな日々)
『ロード・オブ・ザ・リング』3部作のピーター・ジャクソンが全世界に贈る、渾身の感動作
ラブリーボーン (ダイターンクラッシュ!!)
2010年2月21日(日) 18:30~ ヒューマントラストシネマ渋谷3 料金:0円(Club-Cテアトル会員ポイント利用) パンフレット:600円(買っていない) 『ラブリーボーン』公式サイト重い・・・。 謎のスピリチュアルな社会派映画?超大作作家になったメタボ・ピーター...
ラブリーボーン (You got a movie)
監督    ピーター・ジャクソン 製作総指揮  スティーブン・スピルバーグ キャスト   シアーシャ・ローナン        マーク・ウオールバーグ        レイテェル・ワイズ        スタンリー・トウッチ  「ロード・オブ・ザ・リング」のピ...
『ラブリーボーン』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
スージー・サーモンという魚の名前のような彼女は、14歳のときにトウモロコシ畑である者に襲われ、殺されてしまう。そしてスージーは天国にたどり着くが、父は犯人探しに明け暮れ、母は愛娘を守れなかった罪悪感に苦しむ。崩壊していく家族の姿を見てスージーは……。[上...
ラブリーボーン (The Lovely Bones) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ピーター・ジャクソン 主演 マーク・ウォールバーグ 2009年 アメリカ/イギリス/ニュージーランド映画 135分 ドラマ 採点★★★★ こんな所で自分の政治的思想を書くのもアレな気もしますが、個人的には死刑制度に反対していない私。もちろん、“犯罪抑止力...
【映画】ラブリーボーン…(サブタイトル自粛) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
「プロヴァンスの贈りもの」以来のサブタイトル自粛ですが、まぁ映画感想部分を読んでくださいませ{/face_nika/} さて本日{/kaeru_fine/}日曜日の行動… 午前中、チャチャタウンにあるTSUTAYAまでレンタルCDを返却{/dododo/}に行って、帰宅後レンタルしてた映画{/m_0058/...
ラブリーボーン (mama)
THE LOVELY BONES 2009年:アメリカ・イギリス・ニュージーランド 原作:アリス・シーボルド 監督:ピーター・ジャクソン 製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ 音楽:ブライアン・ ...
映画評「ラブリーボーン」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2009年アメリカ=イギリス=ニュージーランド映画 監督ピーター・ジャクスン ネタバレあり