毎日が夏休み

LEAVES THAT ARE GREEN TURN TO BROWN

17ページ 6行目 183

2016-10-19 23:46:46 | 本 2

 

ナメクジ、って見たことあります?

ミルキーちゃん。

アタマが朦朧としています(笑)。

昨日の胞子嚢といい、今日のミルキーちゃんといい、人生どうなってゆくのかわかりませんねー。

絶対いやだったこと、苦手だったこと、

走る人の気持ちがわかんない、信じられない、何が楽しくて走ってるんだろ、なんて冷ややかな目で観ていたのに、

苦しい、汗かく、疲れる、どこでどうなったのか今では私がうはうは走っているし。

 

今日登場するミレニアムのスティーグ・ラーソンさんも、人生どこでどうなるか、

まさか自分の命がこんなに早くに終わってしまうなど考えてもいなかったでしょうね。

 

 

 

 

 ミレニアム4蜘蛛の巣を払う女(上)/ダヴィッド・ラーゲルクランツ ヘレンハメル美穂 羽根由訳

が、それでも。

 

 

 

 ミレニアム4蜘蛛の巣を払う女(下)/ダヴィッド・ラーゲルクランツ ヘレンハメル美穂 羽根由訳

「うまくいくといいですね。でも、私のところにまでその情報がまわってきてるのが気になります

 

 

 

私、勘違いしていました。

このミレニアム4は、スティーグ・ラーソンさんのパソコンの中に残っている原稿を元に書かれたものだと思っていたんです。

遺稿とは関係なかったんですね。

どうなんでしょ、否定的な意見も肯定的な意見もさまざまでているようですが、

スティーグ・ラーソンさんのミレニアム三部作を読んでからこれを読むと、

やっぱり書き手が違うと、どうも登場人物が、なんていうんだろ、マリオネットみたいというか、

なんかいままでとちょっと違うよなと。

リスベットが出てくるとやはりぐっと面白くなるんだけれど、その彼女もなんかちょっと乙女がはいっている気がするし。

でもミレニアムって誰の作品なんだって考えると、4からはダヴィッド・ラーゲルクランツさんが書き手なのだから、

読み手は4のなかにスティーグ・ラーソンさんを探しては期待してはだめなんでしょね。

ああ、なんでこんなに早くに死んでしまったんだ。

アタマに入らなかったなくて困りました。

 

 

以上、短いですが183回目でした。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三角山 三角な影 | トップ | いい色荒井山&円山公園 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。