京都 野外保育 『わんぱく自然探検隊』

時間を忘れて夢中で遊ぶ。自然の中ではぐくもう
発想力と遊び力。


児童養護施設の子どもたちへ

2017-07-16 18:05:49 | 雑談
梅雨明け間近なここ最近。

児童養護施設の
子ども達は、旬な遊びに夢中に
なっております。

近所の川に 出かけ
ウシガエルの 幼生(おたまじゃくし)
を見つけに 網を持って
出かけたり

シオカラトンボのオスとメスを
ペアで見つける競争をしたり

ヤマモモをとって食べたり

汗だくになりながら
夢中で遊んでおります。

たくさん遊んだ後は・・

冷たいシャワーを
ジャー!!っと浴びてスッキリの毎日。

様々な困難を抱えた
家庭環境で 育った子ども達。

一時期は 封印せざるを得なかった
喜怒哀楽の感情や感覚を


ゆっくりと 呼び覚まし
自然の中で 遊び回ることで
生きている実感
五感を研ぎ澄ます感覚を
育ませてやりたいと
考えています。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« しあわせ農園 と 協生農法 | トップ | 出来なかったことが 出来る瞬間 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL