京都 野外保育 『わんぱく自然探検隊』

時間を忘れて夢中で遊ぶ。自然の中ではぐくもう
発想力と遊び力。


豆笛の季節がやってきた!

2017-04-21 11:05:36 | 工作 制作活動
カラスノエンドウの 豆が ここ最近
急成長しています。


そうなると・・・


「豆がギッシリ詰まった 太っちょのがいいよ〜」
とか、
「長いのが いいんじゃない?」とか
子どもたち同士で 色々 考えながら
豆の笛探しが始まります。



斜面いっぱいに広がる
カラスノエンドウ畑?(^^)
子どもたちの 格好の遊び場です。

豆のさやを裂いて
丁寧に豆を取り出し
中を綺麗に爪を使って
ツルツルにしたら
後は、くわえて 吹くだけ。



・・しかし、
これが 結構 慣れるまでは難しい。

くちびるを
くちべにを塗る時の
「ん〜ッパ!」状態にして
くわえながら 静かに豆の穴に息を吹きかけて
いくのだが・・

子どもたちは、悪戦苦闘しながらも
何度も何度も 挑戦しておりました。

プ〜!と 初めてならせたのは、
四つ葉のクローバーも
いち早く見つけだした Sくん。

豆笛の音を初めて聞く 子どもたちは
目を輝やかせて
「私やりたい!僕もやりたい!」と
一生懸命チャレンジしていました。

ただの 豆笛なのですが

まず、音が鳴りそうな豆を見つけ出す観察力や
豆を取り出す 手先の器用さ、
そして音を出すための息の吹き加減や
咥える感覚。
豆笛を咥えた時に 香る 豆の香り。
実は 五感を駆使しないと
遊べない 優れものなのです。

どうぞ、お父さん、お母さん
子どもたちと
カラスノエンドウを見つけたら
豆笛
楽しんでみて下さいね(^ ^)



わんぱく自然探検隊のHPものぞいてみて下さい
わんぱく自然探検隊
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 努力の泥だんご | トップ | わんぱく自然探検隊 本年度初... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL