京都 野外保育 『わんぱく自然探検隊』

時間を忘れて夢中で遊ぶ。自然の中ではぐくもう
発想力と遊び力。


お弁当を持って 出かけよう!

2016-10-12 20:51:04 | 児童養護施設の子どもたち
今日は、天気も良かったので
お弁当を持って
子ども達と 散歩に出かけることにしました。

久々の お弁当持参での お出かけに
子ども達も 少し興奮気味^_^

施設から 30分くらいかけて
皆んなの大好きな公園に
出かけました。

歩いている途中に 電車が見えたり
トンネルの中を通り抜けたり

男の子ばかり 今は お預かりしているので

やはり、バスやら電車やらクレーン車を
見る度に、大歓声があがっておりました。



そして、公園に到着!

ロープにぶら下がる子
虫取りする子
ひたすら 滑りだいを滑る子

それぞれが 好きなことを 好きなだけ
遊びました。

この公園に来ると
いつも、自閉症のY君は
「帰りたくない!」と
叫んで なかなか 帰れないのですが、


今日のY君は、違いました。

いちばんの理由は、思う存分遊べたこと。

次は、遊び始める前に
「帰るよ!と言われたら 泣かないで 帰ります」
と 約束しました。

なので、「帰るよ!」と 声をかけられても
泣き叫ぶことなく
すぐに 帰る用意ができました。

施設に帰ると

クタクタになるまで 遊んだ5人は
すぐに、大爆睡・・(^◇^;)

昼寝から さめたあとは、
5人の大好きな
レゴブロックで遊びました。












ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ランタン作り | トップ | 山歩きは 出会いがいっぱい »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL