京都 野外保育 『わんぱく自然探検隊』

時間を忘れて夢中で遊ぶ。自然の中ではぐくもう
発想力と遊び力。


京都 子どもと一緒に山歩き

2016-10-16 16:54:20 | わんぱく自然探検隊
野外保育 『わんぱく自然探検隊』の
フィールドでもある
桂坂野鳥園。

今日は、家族で桂坂野鳥園の
裏山に山歩きに出かけました。


途中で 何名かの登山者と出会い
あいさつを交わしながらの
爽やかな山歩き。

山の中を歩いていると
木の根っこや 岩
頭上には、生い茂る木々や
朽ちた木 崩れた斜面
色とりどりの実

イノシシが穴を掘った後や
獣のフンなど

色々な生物が 山で生活している様子が
歩いていると 見てとれます。

山歩きを続けていると

幼い子ども達にも
変化が現れます。

細くて険しい道では、慎重に歩き
山道に長い枝が落ちていて
山道を塞いでいたら

次に通る人の事を思い
脇に そっと 避けておく。

自然に、自身の身を守る方法や
他人を思いやる気持ちが育っている。


幼い頃から

人間が作り上げた
安心で安全な環境で
頭でっかちの知的教育を受け
守られた中でばかり生活するのではなく

できれば、

自然が作り出した壮大な環境で
思う存分身体を動かし
他の生物の存在や
季節を感じながら共に育ち

自分の身は、自分で守れる
体力と知力を育てるような
生活をさせたい。

大人は、危険から子どもを
始めから回避させて
守ってやるのではなく

子ども自身が
失敗や成功を繰り返しながら
危険を回避できる力を育めるように

大人はそっと見守り、
時には手本をみせながら
子どもの成長を支えたい。



















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どんぐりを使った工作 | トップ | 《危機》子ども達 の様子が変... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL