「メタ坊っちゃま、メジャーデビューに気をつけて」

予備軍判定のメタ坊が、ずんぐりお腹をさすりつつ、カロリーの消費と補充のため、散歩の閑人します。

横浜ランチ_et055・聘珍茶寮「豚骨ラーメン + ミニチャーシュー飯」

2016年10月14日 | ☆グルめぐる横浜

ワンコインランチも珍しくない横浜中華街で、このコスパは見逃せません。
金無し、時間無しのときに、迷わず入店するのですが、
このごろは、商談を兼ねている一団や、
観光でテーブルを囲んでいるグループを見かけるようになりました。

で、今月の「特別サービスメニュー」は「豚骨ラーメン400円」。


それに、奮発して「ミニチャーシュー飯345円」をつけました。(見出し写真)

カウンターからは、中華街大通りのシンボル・善隣門が目の前に見えます。

焼き小籠包や肉まんを立ち食いするくらいなら、
ぜひ聘珍茶寮sarioをランチ場所として活用してはいかがですか?

************
以下は、7月に入店した時のものです。

時間がなくて飛び込んだ「聘珍茶寮」の今月の特別サービスメニューは、
「鶏パイタンラーメン400円」
ちょっと口あたりがよく、塩加減も暑い夏にピッタリ。
今回は「小籠包3個400円」をサイドメニューにしました。(下写真)


2階へ階段を登り、レジで注文して勘定を支払うと、
領収レシートと引き換え番号券を渡されます。


待つことしばし、番号を呼ばれたら、レジ横のカウンターで、
料理が乗せられたトレイを受け取ります。
給水器で紙コップに冷水を注ぎ入れ、空いている席へセルフで持って行き、
そして食事するというのが、一連の流れです。

サービスメニューにこだわらなくても、
様々なメニューがありますので、結構迷ってしまいます。
ティータイム利用としても、
飲み物やデザートメニューも豊富です。


一緒に行った相棒は、プラス108円で大盛りにしていました。(下写真)

食べ終わったら、返却カウンターへトレイごと持って行きます。

(店内)


(外観)


『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 横浜ランチ_et033・寿々喜家... | トップ | リンゴが秋を運んできました »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。