「メタ坊っちゃま、メジャーデビューに気をつけて」

予備軍判定のメタ坊が、ずんぐりお腹をさすりつつ、カロリーの消費と補充のため、散歩の閑人します。

横浜ランチ_et035・杯一食堂「酢豚タンメンセット」

2016年12月06日 | ☆グルめぐる横浜

県庁近くにあって、この店名だとすると、名付け親には何か由緒があるのかもしれません?
「ちょっと、一杯(業界人ならパイイツ)行こうか?」
と、
メタ坊も若かりしころは、よく誘い誘われたりしたものですが、
最近の若い人は、上司や先輩の誘いを断ることがへっちゃらですし、
上司も気持ちよくおごる訳でもなく、
ほぼ割り勘か、一律千円とかいいながら差額を負担することが当たり前になりました。

杯一食堂に、余り入店したことはありませんが、
幾度か閉店したり、居抜きで経営が変わったような気がします。
神奈川県庁はもともと「運上所」だったところで、
その関係からか、横浜税関や船舶関係の会社がひしめきあっているわりに、
飲食店が少ないため、
杯一食堂のお客さんは、その関係者が多くを占めているようです。

ほぼ、お得セット・定食を頼むお客さんばかりです。
1、3、4、6は、定番。2と5が日替わりです。
今回は「2.酢豚タンメンセット 750円(見出し写真)」にしてみました。
ライス付なので、ボリュームのほどはいかに?
と心配しましたが、それぞれが手頃なあんばいになっていました。


イケメンのお兄さんは、少しでも手が空くと、
ドア越しに外を眺め、看板に立ち止るお客さんを呼び込みます。
そのため、混み合って注文も入り混じってくると、
フロアの娘さんと厨房の親父さんとで、中国語のバトルが飛び交います。


(外観)
看板は昔のまま「和・中 食べ飲み処 杯一食堂」と書いてありますが、
メニューの中から「和」らしいものを見つけてください。


*****

5月に行ったときに注文した
「1.タンメン チャーハンセット 750円(下写真)」
どうも、タンメンがお得意なようです。
一緒に出るチャーハンとアンニンドウフは、あくまで”オマケ”と考えられます。


(メニュー)
日替定食と書いてあるけれど・・・。


(店内)
柱まわりのカウンター席が、ひとりメシの醍醐味を味わえます。


『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 横浜ランチ_et050・レストラ... | トップ | 横浜ランチ_et001・グリルサ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。