「メタ坊っちゃま、メジャーデビューに気をつけて」

予備軍判定のメタ坊が、ずんぐりお腹をさすりつつ、カロリーの消費と補充のため、散歩の閑人します。

横浜ランチ_et090・かやらん「日替りランチ・カルビカレー&クッパ」

2017年01月25日 | ☆グルめぐる横浜

横浜関内・ほぼ駅ナカを称するセルテの火事は、どの程度?と確認しに行ってきました。
エレベータで6階に降りると、少しモヤっとした臭いを感じましたが、
火元であるベトナム料理店・モティティレストランと、
被害を受けたという中華料理店・三熙は、
照明を消して閉まっているのみで、
「火事」というよりも、厨房で「ボヤ」程度で済んだのかな?
と想像する程度のものでした。

大きな火災があった訳でもなく、
避難誘導もしっかりと、けが人もひとりも出なかったというのは、
防火体制も意識もしっかりしているということの証しですので、
安心して利用できる施設なんだなと思います。

そのため、ほかの店は、何もなかったかのように、
元気に商売に励んでいました。

「かやらん」は「伽倻廊」と書く、韓国家庭料理の店です。
お店のホームページによると、
韓国の三国時代、慶尚南道にあった国の名前が「伽耶」といい、
「かやらん」の店主の故郷で、「廊」とは家や店を表すそうです。

この日の日替りランチは「カルビカレーとクッパ 890円(見出し写真)」。
ほかに同額で、
ハンアリカルビ丼、豚カルビランチ、和牛カルビカレー、
石焼ビビンバ、冷麺、スンドゥブチゲ、カルビクッパ の7種類があります。
日替りは、ほぼこのランチの組合せのセットで、
ご飯の量で考えると、かなり満腹になります。


以前、2016年9月に行ったときの日替りランチは、
豚カルビ丼&クッパ(下写真)でした。

クッパの「ク=汁」「パ=飯」で、つまり「しるめし」のこと。
大阪では、たこ焼きやお好み焼きなどの粉ものを「おかず」にして、
ご飯を食べるといいますが、
クッパは、めしではなく、スープがわりのものなんでしょうか?
美味しいので、ついつい完食してしまい、
お腹がパンパンになります。

(店内)個室仕様です。


(店舗)


入り口もそうですが、
韓国伝統文化を思わせるような造作になっていて、
ちょっとした小物にもこだわったものを飾っています。

ところで、この額は何を書いたものなんでしょう?

入店すると、店員さんが「アンニョンハセヨ」と元気に声をかけてくれます。
メタ坊としては、お勘定を済ませると、
「カムサハムニダ」か「チャルモゴスミダ」といって、
店を出るようにしています。

『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 遠望・富士山2017.01.25 | トップ | 遠望・富士山2017.01.26 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。