「メタ坊っちゃま、メジャーデビューに気をつけて」

予備軍判定のメタ坊が、ずんぐりお腹をさすりつつ、カロリーの消費と補充のため、散歩の閑人します。

横浜ランチ_et152・中華飯店「牛モツそば」

2017年05月17日 | ☆行っチャイナタウン

横浜中華街探偵団の酔華さん情報によると、
あの「金陵」がなくなるかも?というので・・・
いそいそと出かけてみると、
こんな張り紙がしてありました。

とりあえず、移転休業ということで、存続することが確認できましたが、
気分が「チャーシューランチ」で盛り上がっていましたので、
せめて「牛バラ丼」で気分転換しようと、
「海員閣」に向かうと、テレビにでも登場したのでしょうか、
店の前から10人ほども行列ができています。

それにしても、看板から「員」が消えています。
ネオンサインのパチンコの「パ」が消えたのと同じ、
直して欲しい反面、このままの方が味があるともいえます。

そこで、今一度、引き返して、中華街に広がりつつある巨大空地を横目に、


「中華飯店」に向かいました。
もともとは、加賀町警察署の道を隔てた横っちょにあった店が、
建物の建て替えで立ち退いて、ここへ移転したのでした。

懐かしいメニューサンプルを眺めてみると、
「マツコの知らない世界」に紹介されたことが、誇らしげに飾られていました。


このサンプルを見なければ、ついパイコーメンを頼んだかもしれません。
ここには、パイコーメン=「雲龍」というお店があったからです。

さて、メニューを眺めて確認してから注文しようとすると、
「モツそば」の記載が見当たりません。


あららら・・・と、裏返してみると、
「当店自慢の逸品」という見出しの中にありました。


登場した「牛モツそば 700円(見出し写真)」は、
実にホットで懐かしい味でした。
美味い!
ところで、お母さんは店内のサービスを担当しているようです。
鍋をふるっているのは、いったい誰なのでしょう?

(店内)


『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本日の横浜公園・ゆり開花情報 | トップ | 横浜ランチ_et068・さかな番... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (酔華)
2017-05-18 07:03:15
国際パチンコのネオンサインで「こ」と「ぱ」が消えていたなんて話もあります。

中華飯店は娘婿が調理しているのではないでしょうか。

「金陵」は移転前にもう一回行っておきたかった・・・
知らなかった (メタ坊)
2017-05-18 23:20:33
娘さんて、前の店でお運びさんをしていた、
ちょい太めの方ですよね?
そのお婿さんが鍋をふるっていたんですか!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。