山のおじさんの日記1’ 改メ 鈍足メタボランナーの日記

元ハイカー&元スキーヤーのアラフィフ鈍足メタボランナー
松江玉造ハーフ
エントリー中

ジョグの後は堀川遊覧船に乗る。 2017山陰の夏ジョグ1

2017-07-23 21:17:10 | スポーツ

梅雨は明けたというものの、日によってはこんな朝もある。
曇っていて、南西の風がありソコソコ走りやすい。


手貝コースにもメリケンムグラはある。
外来種のはずだが、すっかり定着している。


手貝コースの好きな風景だ。水稲を作っている季節が一番いい風景。


もう出穂は始まってるみたいだ。つい最近田植えしてた気もするが、稲って成長が早いなあ。


しぼんだ花が赤くならないのでオオマツヨイグサのようだ。
この花のライトなイエローは大好きである。


何だろうと思って後で調べたらスベリヒユのようだ。
初めて調べたと思う。


追子の水門から市内を眺める。
岡山と比べるとずいぶん田舎だが、のんびりしてていい。
町の中心部近くに田畑があるってあんまりないもの。


今日は30℃ですか。
先週のピクニックラン桜江で暑熱順化できているようで、あまりシンドクはない。


お堀端に生えてる例のコレ・・・・・・。
調べてみるのだが、さっぱりわからない。葉っぱはサトイモ系の細いやつなんだが???


午後から家族でお出かけ。

実は堀川遊覧船に乗ったことのない我が家。
オレもヨメも新市民(旧郡部で合併された町の出身)なので、乗ることもなかった。
遊覧船が始まって20年。ついに乗る日がやってきた。


遊覧船では内堀、外堀をめぐりながら10以上の橋の下を潜る。


内堀は城山が森になっているので、こんな雰囲気のところを通る。


外堀に入ると、町中なのでこんな雰囲気になる。
面白いのはココから。


橋桁と水面の差があまりないところも潜るので、乗客は身をかがめないとイケない。かがめるというか寝そべらないとだめ。こんな箇所が4か所ある。
内堀から京橋川に出る、この橋を潜るのが一番おもしろい。


我が家の坊主だけはかがむ必要がなく、お父さんの腹の上に座り余裕をかましている。


水面を渡る風が気持ちいい。この船の上ならエアコンなんていらないなあ。


橋の構造に興味がある人も楽しいかも。橋桁と橋脚の見本市みたいなもんで土木系の人間は飽きない。


いつも見る景色を下から眺めるとまた違うもんだな。


内堀に戻ってきてお城が見えてきた。


約50分で1230円。あっという間だったな。
うちの坊主も楽しんでいたようだが・・・・・・・お散歩に遊覧船が加わると・・・・・お父ちゃんのおこずかいでは厳しいな。
もっとも会員券もあるようだから、トライしてみても良いか。


『マラソン(ランニング)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日はランオフ。仕事の日 | トップ | ちょっと参加してみたい大会... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

スポーツ」カテゴリの最新記事