山のおじさんの日記1’ 改メ 鈍足メタボランナーの日記

元ハイカー&元スキーヤーのアラフィフ鈍足メタボランナー
松江玉造ハーフ
エントリー中

2017神話再生の郷マラニック 25キロ出走記 その2

2017-06-14 21:45:32 | スポーツ

大山観光道路に合流しのち下る。しばらくはほぼ平坦地が続き、このあたりは米子市になる。


大神山神社のあるこのあたりの家はホントにバカでかい。うちの実家に比べても3倍くらいあるんだもん。
以前はさぞかしにぎやかなところだったんだろう。


大神山神社にはまだ参拝したことはない。ただでっかい神社ではある。
目標ではここを10時半に通過予定だったが、5分ほど遅れていた。


米子道の高架下を通り抜けて橋を渡ると一気に景色が広がる。
Bコースゴールの近く赤猪岩神社のある手間要害山が見えてきた。日差しを遮るものがなくて汗がダラダラ出てきて、目に染みる・・・・。


川沿いを登る。去年も思ったけどこの景色は良いなあ。
元々中海漁師の子供なので、こういった景色は見慣れていないこともある。


日野川をわたり、伯耆町を通り抜ける最後の上り坂を越え、南部町に降りる。
昔からスキーの帰り道に使っていた道だし、2回目とあって止まることなく進んでいく。
去年は日野川越えて最初の上りでAコースランナーに出会ったが、今年は下り部分で出会った。それから想像するにずいぶん速くなったな。オレ。


南部町役場近くのローソンの前を過ぎると、あと2キロ。
それにしても・・・・・・・暑い。追い風なので体の全面が冷やされないからキツカッタ。
でも最後のロングスパートをかける余裕もあった。


ゴールが見えてきた。
去年より20分以上タイムは速くなっていた。走っている時間だけならキロ7分ピッタリ。
12時まで10分以上余裕もあった。


ゴールテープを切ってから、赤猪岩神社でお札を頂いて、終了。


今年もAコース参加者は、途中でリタイヤしたようだ。
休みすぎて、動く気が無くなったらしい。


体中、塩まみれ。
リュックも背負ったてたけど、それも塩まみれだった。


回収バスで唐王神社にもどる。
いい天気になってきたけど、折り返したAコースのランナーは向かい風がきつくて往生したらしい。


本日のルート。
エプソンのデータだとこんな感じ。


国土地理院の地図に落とすとこんな感じになる。


おまけのカシミール3D。コレが一番距離感を感じるな。

目標通り、歩かなかったし、12時までにBコースゴールできた。さあ、来年こそAコース挑戦かな。








『マラソン(ランニング)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017神話再生の郷マラニック... | トップ | 海までひとっ走りのおひとり... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

スポーツ」カテゴリの最新記事