山のおじさんの日記1’ 改メ 鈍足メタボランナーの日記

元ハイカー&元スキーヤーのアラフィフ鈍足メタボランナー
神話再生の里マラニック
ピクニックラン桜江
エントリー中

2017奥出雲ウルトラおろち100K遠足 60k 出走記その2

2017-04-18 23:20:00 | スポーツ

高尾から馬木に向かうこのあたりの景色は、実はお気に入り。のどかで良いんだよねえ。


馬木地区越えの峠で高尾方面に振り返る。周りはやはり100kランナーが多い。
60kランナーの3倍近くの人数だから多いのもあるだろうが、この時間このあたりを歩いているのは、ギリ完走かな。それでも自分の計算では昨年よりすこし早い。


馬木のエイドで、芍薬甘草湯と水分を補給。このエイドでは水分は水道水とコーラしか残っていなかった。
右の股関節が痛みだしている。放置すると右の腰に痛みが移動するのが分かってる。最悪の場合数日後にぎっくり腰やるので、「からだ回復センター」で教えてもらったストレッチで右の股関節を緩めて再スタート。


叶谷峠の頂上から八川よりに少し進んだところに湧水ポイント。
生水なのでこの状況だと間違いなく腹下すのが分かっているから口にはしない。
ただ顔と頭と腕を洗うとすっきりする。昨年ほどじゃないが、気温は高くまだまだ暑く感じる。


八川エイド前の川には今年もこいのぼりが泳いでいた。
ここで16:15分。
最初の年より若干遅いが、去年よりはずいぶん早い。去年は104キロ近い体重だったからなあ・・・・・。
最近は体重も100キロを切ったくらいだが、それだけでもずいぶん違うな。


八川から坂根に向かって登る。
実はこの区間が一番キライ。微妙な歩道の凹凸があること。勾配がきつくなったり緩くなったりするので、結構疲れるのだ。


コース横の川に小さな滝があることに初めて気づく。
3回目となると多少周りの景色を見る余裕が出てくるのかね。感覚的にケガや故障がない限り完走できるのが分かってるのもあるか。にしても・・・・・・・・・。キツイなあ。この区間はヤッパリ。
なんとか歩きと走りを繰り返し、1時間で坂根エイド。
流石に気温が低くなり、汗でぬれた体が冷えてきたので、ウインドブレーカーを着込みチキンラーメンを所望。
旨かったなあ。たかがチキンラーメンなのになんで美味いんだろう。


5分ほど立ったまま休憩してスタート。おろちループの手前で残雪を見つける。
今年は雪多かったからなあ。


おろちループ橋はゆっくり駆け上がる。
道路の勾配が一定ですんごく走りやすーう。歩いているランナーをちょこっとづつ追い抜く。県外ランナーと思しき女性ランナーは道の駅がエイドだと勘違いしている。実はエイドは道の駅より1キロくらい先なのさ。


やれやれ分水嶺が見えてきた。


三井野原のエイドに到着。18:20分。
上りも1時間近くかかっているが、それでも昨年より20分以上早い。標高が700m以上あるので風も冷たい。

ヘッドライトを装着。後は下るのみ。
さあ振り切るぜ!









『マラソン(ランニング)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017奥出雲ウルトラおろち1... | トップ | 2017奥出雲ウルトラおろち100... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む