心を込めてただひとつだけ贈る言葉はありがとう

ニノが好き嵐が好き めしこの重い日記帳

嵐じゃなかったら別れずにすんだの

2017-04-04 19:57:52 | 日記
春なのに重い話ばかりですみません。
書きはじめたらとまらなくなってしもた。


嵐じゃなかったら 別れずに済んだの?


そらね
嵐という職業を含めての個人な訳で
誰もが持つ職業や背景と同じやんとも思う

みんな仕事込みで自分なんだし
働いている以上
それぞれ特有の制約はある

夜が遅い
不規則勤務
休みが少ない
忙しすぎる
出張が多い

みんな色々あって今を生きている

それでも
嵐であることは
メチャクチャ特殊であることは間違いなくて

ひとりで決めらないことがたくさんあり

無論
全てを無視して
我が道を進むことも出来なくはない

やった人もいる

そういう風に捉えたら
別れを選択したことは
最終的に個人の意思だとも思えるのかな


う〜ん

やっぱり思えへん



嵐だから アイドルだから
当たり前なんて全く思わない
裏切られたとも全く思わない
裏切る?て意味わからんと思ってる


嵐と嵐ファン 対等やん

わたしの心を照らしてくれる
わたしも彼らの心をちょっとでも照らしたい
ファンの存在を心強く思ってほしい

のに。。


自分の大切な人をけなしてるのが
自分のファンて
嵐さんたちは どういう気持ちなんやろ

どんな想いで
コンサートでわたしたちに笑いかけてるのな
カメラの向こうを見ているのかな


華やかさの引き換え?
有名人だから仕方ない?
アイドルだし 仕方ない?

そんなん おかしいわ

スポットライトを浴びることが出来るのは
地道な努力の賜物で
嵐を見ていると
運ですら
自ら引き寄せたのだと思う。


多忙な合間をぬってつくった わずかな時間

2人で出掛けこともままならず
だけどきっと幸せな時が流れてた

はずなのに

見つかった途端に
相手は集中砲火を浴びて
真偽の不確かな記事が溢れる

いっぱい言いたいことあるやろうに
コメントすることも出来ず
きっと会うことも出来ず
ただ見てるしか出来ないなんて。

こんなに
歯がゆさと無力さを感じることってあるかな



嵐じゃなかったら
ふたり幸せになってたのかな


リーダーも
翔くんも
相葉ちゃんも
ニノも
潤くんも

嵐じゃなかったら。。。



勝手に妄想して
勝手にセンチメンタル病にかかりました。


ほな
あんたは祝福できるんやな

大切な嵐さんたちの大切な人だからと
ちゃんとお祝いできるんやな

。。。

結局は
わかりきってる答えに
全くたどり着けず
ただ延々と堂々めぐりしてるだけですねん






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« わたしを照らす光 | トップ | 嵐じゃなかったら。その2 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。