Mes favoris et musique

靴、シャツ、音楽。私に付き添う愛するモノ・コトについて。

https://twitter.com/Oboist_

今、チェリーニを選ぶということ

2017年03月06日 | 小物





IWCのアクアタイマーを買ってから間もなく3年。

社会人二年生の夏。がむしゃらに仕事に打ち込み、まだ分からないことだらけで色々と苦労もしたけれど、この頑丈な、ラバーベルトのアクアタイマーを着けて、なんとか今までやってこられた。まさに相棒。

今では仕事も一通りは自分で出来るようになり、成績(営業マンなので毎日数字がついてまわります)もそこそこのところでずっと推移していて・・・もう一本、箔がつく時計が欲しくなってからしばらく経っただろうか。





大人の品格、知性、プライド・・・そして責任。キーワードに見合う時計として最有力候補だったのはジャガールクルトのレベルソ。これは前から「いつか買う時計」として自分の中では決めていて。


それでも、これを見たときに心の奪われようと言ったらもう・・・ルクルトは今じゃない、と。





ロレックスというブランド。日本国内ではどうもここの時計は、ある意味投資感覚で買われる機会が非常に多いような気がしますし、私もそのような認識を多少なりとも持っていたので、そもそもブランド選考には最初から入ってこなかったわけですが、このチェリーニというモデルを知って私の中での考えは変わりました。





ムーブメントも全てが自社製、精度も十分に優秀です。

非常にエレガントなエバーローズゴールドという特許取得素材は、プラチナを配合することで美しいピンクゴールドの輝きを保つというもの。白文字盤のモデルはよりはっきりと見えるギョーシェダイヤル。




ドームとフルーテッドのダブルベゼル。一番好きなのはこの部分かもしれない。眺める角度によって表情を変える。




私にとって必須のデイト機能。奇数表示、芸術的です。




リューズ、尾錠。堂々たるクラウンマーク。






ストラップは最高級のアリゲーター。しっとりと柔らかい。息づくクラフトマンシップ。






裏蓋。贅沢。




アクアタイマーは42mm、チェリーニは39mm。これ以上大きくなると品の良さが損なわれます。



チェリーニの方が薄いですが、適度な重量感。着けていて心地よい。






全く違う顔つき、コンセプトの二本だから、もちろん使い分けてそれぞれ活躍・・・頻度としてはきっと今後もアクアタイマーの方が多いでしょう。なんといってもタフなので。




自分がロレックスを買う、なんていうことは生涯ないだろうと踏んでいたのですが、逆に言えばブランドに振り回されずに時計としての魅力を感じて選んだわけですから、心底このモデルに惚れ込んでいる証拠でもあります。




メーカー保証が5年に変わったのもつい最近のこと。長いに越したことはありません。






今やっとアクアタイマーに見合う男に一先ず成れたとして、次なる目標はこのチェリーニ・・・これはしばらく時間がかかりそうです。これからじっくり、付き合ってくれ。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三足目のKOKON | トップ | 日々百景 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おめでとうございます! (gohkiti)
2017-03-06 23:01:38
オボイストさん、こんばんは。そしてチェリーニのご購入おめでとうございます!
いやぁ、それにしてもカッコイイの一言に尽きますね!
放射線状のギョーシェ彫りといい、デイト表示といい、ロレックスの定番と一線を画す洗練されたデザインはまさに垂涎ものです。
実はまさに自分の好みにドンピシャ過ぎて、もう「ワーワー」言いながらじっくり読ませていただきました。

39mmとのことですがそこそこ重量感はあるのでしょうか?
(自分は最近スピマスでさえ重く感じ始め、7割方ヴィルレばかり偏愛している状況でして)

時計なんてスマホで十分なんて人もいますが、時計は常に身に着けているものですから、やはり自分らしいお気に入りの時計をつけるだけでモチベーションが全然違いますし、オボイストさんらしい本当に素晴らしいお買い物をされたと思います。
これで仕事にもより一層身が入りますし、何より取り組む姿勢にもいい影響をもたらしてくれそうですね!

チェリーニと共に、これからのオボイストさんの益々のご活躍と更なる成長を期待しております♪
gohkitiさん(^^) (オボイスト)
2017-03-09 23:24:18
コメントありがとうございます♪

車の次に高額な買い物となったのでじっくり検討しました。実は、定価でチェリーニを買おうと決めてから、たまたま中古時計屋さんで、昨年の12月に正規店で買われてほとんど使われずに売りに出されたこのチェリーニと出会い、最後の一押しとなりました。

ギョーシェ彫りの素敵なゴールド時計というと私の中ではすっかりgohktiさんのヴィルレのイメージが焼きついていて、今回選考にあたっても多分に影響を受けているのは言うまでもありません(^^)

重量感は本当にほどほどに・・・アクアタイマーよりは確実に軽いと感じますが、着けている喜びを感じられるくらいの重さはあります。値段が重く感じさせるのでしょうか・・・笑

はい、時計も服と同じで、その人の考え方や生き方が強く反映されるものだと思いますが、チェリーニの「堂々たる地味エレガント」な感じがまさに私の人間としての理想をも思い描いたような時計で。

アクアタイマーと、それから妻にもらったknotと、うまく使い分けをしながら楽しんでいきたいと思います(^^)
Unknown (PMT)
2017-03-14 17:53:07
オボイストさん、こんばんは。

エバーローズゴールドと言うんですね。質感の良さが写真からも伝わってきます。裏蓋に何も文字とか模様が入っていないところもシンプルでいいですね。
付けている事を気にならなくなるまで少し時間がかかりそうなくらい良い時計ですね。
PMTさん(^^) (オボイスト)
2017-03-20 09:15:51
コメントありがとうございます! 返信が遅れてしまってすみません。

そういう名称のようです(^^) 悪目立ちしない肌馴染みの良いゴールドが気に入っています。

しばらくはかなり気を遣いながら着用することになりそうです(^^;) チェリーニの似合う男になれるように、精進します。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL