心の栄養♪映画と英語のジョーク

日々観た映画のレビューと英語のジョーク♪心の栄養いっぱいとってKeep smiling♡

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「アクロス・ザ・ユニバース」

2008-12-27 | 映画「あ」行
1960年代、英国リバプールの造船所で働くジュード(ジム・スタージェス)は、米兵だったという
まだ見ぬ父に会うため米国へと渡る。しかしプリンストン大学で管理人として働く父親は
存在すら知らなかった息子の訪問に戸惑う。ひょんなことから学生のマックス(ジョー・アンダーソン)と
知り合い、彼の妹ルーシー(エヴァン・レイチェル・ウッド)を紹介され、彼女に心惹かれる
ジュード。やがて、ジュードはマックスと共にNYへと向かい、歌手のセディ(ディナ・ヒュークス)が
住むグリニッジ・ビレッジのアパートに転がり込み、様々な若者たちとの刺激的な共同生活を
スタートさせる。ある日、ベトナム戦争で恋人を亡くしたルーシーが、兄の召集令状を携え、
アパートへとやって来て・・。


予告編では、ご機嫌なビートルズのナンバーが満載・・でも、ちょっと
ファンタジーっぽいところもあるか?ミュージカルっぽいし・・。
ミュージカルは、私の場合、好きなものはすっごく好きなんですが
乗れないと全然駄目だし~・・と、ちょっと恐る恐る見始めたんですが
それがもう最初のビートルズのナンバーからドーンと引き込まれて
どっぷりこの世界にはまりました~(^_^)v
すんごく良かった!!!

これ、はまれないと駄目なのかもしれませんが
私はあの最初の海辺のシーンから釘付け。こうなったらもう
このミュージカルの世界と彼らの青春と、60年代のあの世界にも
ビートルズのナンバーにも、どっぷり浸れて、大満足の131分でした♪

まずはイギリス・リバプールから始まり、あの町並み・造船、
そして場所は米国へ移り、当時のベトナム戦争やらキング牧師の暗殺やら
反戦デモやらの世界へ。当時のロック好きにはたまらん!という登場人物や
ネタもたくさんあったし、彼ら登場人物の名前からしていいわ~~でした♪
ジュード、ルーシー、プルーデン、ミスター・カイト、ジョジョ、マックスなどなど
もう歌がすぐに思い浮かぶ名前^^

それに驚いたのが、こんなに上手く歌詞をつないで、ちゃ~んとそれが
ストーリーになってるってこと。凄すぎ! 素晴らしいビートルズのナンバーを
33曲も入れて、ちゃんとその歌詞がこの映画の物語になっていて、
見事な脚本だなぁ~って感心しきり。60年代のラブ・アンド・ピースの
世界へ誘ってくれましたわ~♪

冒頭の海辺のシーンから惹かれた・・と書きましたが
そこではジュード役のジム・スタージェスが“ガール”を歌ってるんです。
それがもう上手い!彼はその後もたくさん歌いますが、
彼の歌唱力のすごさにも驚きました。役者さんなのに、ほんとに上手い!
その後彼が造船所の事務所(?)で給料をもらうんですが、
そこで造船所の職員が「64歳になってもここにいると思わなかった・・」
云々の言葉。あ~、こんなところにもこだわってるんだなぁって、
なんだか感激。このシーンには歌はなかったんですが
思わず“When I’m sixty-four”って音程つけてその部分だけ歌っちゃった(^_^;
このあたりが映画の冒頭だったので、ぐぐっと引き込まれちゃいました。

屋上ライブもビートルズを思い出したし、どの歌が流れても
一緒に歌いたくなってしまって困りました(^^ゞ まぁDVDで家で鑑賞だったので
歌っても良かったんですけどね(笑)

色がくっきり鮮やかなシーンが多かったんですが、当時流行ってたサイケデリックと
いう言葉も思い出したりしました。

歌詞がそのまま台詞になってただけじゃなくて、ちょっと歌の雰囲気とか
歌詞の解釈を変えてあったりした映像(Strawberry Fields Foreverが特に)が
また良くてね~。曲は全てアレンジされてましたが、もしかして
ビートルズよりも良い?って思えるものもあったりしました。
ジム・スタージェスが歌ってるのでもそう感じるときがあったし、
セディ役のディナ・ヒュークスのあのシャウトするような歌い方の
ナンバーもとても好きでした。

そのセディの彼となりギタリストのジョジョは、彼女の手によって
どんどん見た目がジミヘンになっていくし(^_^;、
ジュードの描く絵はジョン・レノンを彷彿とさせてくれたし・・・
このDVD欲しいわ~。サントラが良いかな?とも思ったりしましたが、
やっぱりこれはこの映像があってこそ良かったかなって思いました。

ビートルズを聴き始めた頃は、ちょうど解散した後でしたが、やっぱり彼らが
洋楽へのとっかかりだったので、そういう私にはたまらない映画。
大満足でした♪

個人的お気に入り度4.5/5

アクロス・ザ・ユニバース デラックス・コレクターズ・エディション [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (35)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「裸足のギボン」 | トップ | First Body Part to Heaven(... »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (motti)
2008-12-27 10:45:34
メルさんこんにちは。
僕も今年のベストムービーを振り返ってたんですけども「アクロスザユニバース」はミュージカルものとしては最高でした。ベストテン入り決定してますw

>「64歳になってもここにいると思わなかった・・」
曲が直接つかわれてなくともセリフとかに含まれてたりはビートルズファンしかわからない楽しみ方ですよね。
そういうところが僕もおもしろかったです!

メルさん今年もお世話になりました。
よいお年を。
Unknown (keyakiya)
2008-12-27 16:35:53
メルさんこんにちは、京都は初雪がふりました。いよいよ師走です。

映画を観た後、すぐにサウンドトラックCDを買いました。いまでもお気に入りで、よく聴きます。みんなとっても歌がうまく、ノリノリです。晴れやかな気分になります。

今年はたくさんTB、コメントいただきありがとうございました。来る年も御つきあいください。良いお年をお迎えください。

期待通りでした (ちゃぴちゃぴ)
2008-12-27 18:27:14
予告にひかれていたのに、映画館に行けず、観もしないでDVDを買ったのよね。ちょっと心配だったんだけどね。
正解だったわ。
どっぷりいきましたよ(笑)
私も世代ではないものの、洗礼は多少浴びてますもん。これは聞いておけ!みたいなね。
そう、後から赤ジャケ青ジャケを聞いたんだけど、オリジナルより素敵なのが多い!上手いっ!声の醸し出す雰囲気がいいよね。
ストロベリー~は私も大好きなシーン。イチゴ爆弾降ってましたね。
今までしっかり歌詞の意味も知らずに聞いてたんだけど、ほぉ~でした。
映画のために作られたようにも思える程、脚本がよく出来てましたよね。メルさんと同感!つくりこまれてる。キャストもよかった。
好きな人はとことんツボになる映画ですよねー。私も、ダメな人はダメだろうなって…(笑)
SONYピクチャーズだし、廉価版が早く出そうな気もします。
よいお年をはまた後で!
Unknown (kiyotayoki)
2008-12-27 19:31:01
この映画は、ほんとに一緒に歌いたくなって困りました(^^;

個人的に、今年観た映画のベスト3には入れたい作品です♪
TB有難うございます (Autumnroom)
2008-12-27 20:34:07
初めまして、TB有難うございます。
この夏頃何度か、旧作感想の「KYOKOⅡ」というブログの方で、TB交換頂いた者なのですけれど、この新作スレッドからは、どうもgooブログにTBが効かず、今回も、何度かお返ししようとしてみたのですが、やはり機能してないようです。こういう時してきたように、とりあえずURL欄に当スレッド分を入れてコメントさせて頂きました。
あの屋上ライブは、やっぱり、ビートルズが重なった感じですね。
mottiさんへ♪ (メル)
2008-12-28 08:37:34
こんにちは~、mottiさん☆

これ、ほんとに面白かったですよね~♪
mottiさんが今年ご覧になったミュージカルでは
ベストなんですね^^
私はこれ以外にミュージカルって見たっけ?って感じですが(^_^; 見た映画全部の中で
私もベストテン入り確実です♪

>曲が直接つかわれてなくともセリフとかに含まれてたりはビートルズファンしかわからない楽しみ方ですよね。

ほんとそうでしたね~(^^)
あんな細かなところにも拘って作るって
とても難しいと思うけど、そういう台詞を入れて、
ちゃんと物語になってるってところに、本当に感心したり、楽しんだり・・でした♪
脚本も素晴しいってことですよね。

>メルさん今年もお世話になりました。
よいお年を。

こちらこそお世話になりましたm(__)m
mottiさんが記事になさってた映画を参考に
見させていただいた作品多数^^
おかげさまで楽しい映画ライフを送ることができました♪
mottiさんも年末年始、お忙しいでしょうが
良いお年を~
keyakiyaさんへ♪ (メル)
2008-12-28 09:11:40
おぉ!初雪でしたか~!
いよいよ本格的な冬ですね。
こちらはだいぶ前から、たま~に雪がちらちら
舞ってたりしますが、いまだに積もったりしてないです^^
長野の方は(県北部は)かなり積もったりしてるようですが、このあたりはあまり積もらないので。でもすっかりマイナスの世界に突入してしまいました(涙)寒いです~~~~。

で、この映画ですが、
サントラ買われたんですね~♪
でも、解体気持ちすっご~~~~~~く
よくわかります。私も欲しい。DVDも欲しい。
何もかも?欲しいです^^

ほんとにみなさん歌が上手いですよね~。
セディのシャウト系(?)の歌い方がかなり気に入った私です。

こちらこそ今年はTB等々大変お世話になりましたm(__)m
あまりコメントを残せず申し訳ありませんでした。
また来年もどうぞよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えくださいね~♪
ちゃぴちゃぴさんへ♪ (メル)
2008-12-28 10:09:11
DVDお買い上げ、大成功でしたね~♪
ちゃぴちゃぴさんも、どっぷりいったんですね^^
私もです~。完全にハマりましたわ♪

DVD持ってるちゃぴちゃぴさんが、すっごく
羨ましい。私も買おう!^^
でも、ちゃぴちゃぴさんのその励まし?^^の
お言葉を聞いて、廉価版がすぐにでないかな、と
せせこましく期待してます~(^^ゞ

お、これをご覧になってから赤・青ジャケを
お聞きになったんですね♪
私も無性にビートルズが聞きたくなったんですが
同じく持ってるのは赤・青ジャケのと、ホワイトアルバムのみ(^_^;
あとはみんなLPでは持ってたけど、もう聞けないし・・ほとんど実家に置いてあるし。
しばらくこの世界に浸ってたいなぁって
思ったので、その時点でこのサントラとかあれば、ず~っと聞いてたかも(^^ゞ

そうそう、歌詞ってそれなりに読んでたし
意味もそれなりにわかってたつもりだったんだけど、この映画で彼らに歌詞に改めて開眼いたしましたわ^^
そうか~こういう歌詞だったっけね~って。

ストロベリー・フィールド・・の歌のシーンは
印象的でしたね~♪
そうそう、イチゴの爆弾・・(^^ゞ
写真にもあるあのイチゴを白いキャンパスに
ぐさぐさ刺して、あのたら~っと流れるイチゴの果汁・・という映像もとっても好きです。
年の瀬になって良いもの見れた~!と大満足です♪

あ、私も年内のご挨拶は
また後ほどって事で^^
kiyotayokiさんへ♪ (メル)
2008-12-28 10:30:47
歌いたくなっちゃいますよね~^^
なんせ知ってるんだから(^^
アレンジもなかなかいいなって思ったし
映像も良かったし、歌詞が物語になっていく様は、本当に感激ものでした。
台詞や登場人物の名前や、様々なところで
楽しませてもらって、大満足の作品でした~♪

kiyotayokiさんはベスト3ですか~^^
私もベスト10には絶対入るなって
思ってるけど、他の映画をまだ頭の中で
反芻してないので、思い出せない映画もあったりして・・。でも、今の時点ではベストでもいいか、と思うくらいです^^♪
Autumnroomさんへ♪ (メル)
2008-12-28 10:42:22
Autumnroomさん、こんにちは~♪

TBが不調のようで、何度も試していただいて
いろいろお手数をおかけして申し訳ありませんm(__)m
コメントまで残していただいて感謝感謝です。
ありがとうございます♪

この映画、ほんとにビートルズ好きには
たまらない映画でしたよね~。
いろんなシーンを思い起こさせてくれましたし、台詞一つとっても凝ってたし、登場人物の名前を聞いただけで、その曲が思い浮かんだり、60年代のラブ・アンド・ピースやら、サイケやら、ヒッピー、キング牧師の暗殺、ベトナム戦争、反戦運動、などなどなど、あの世界へ
誘ってくれて、すっかりハマリました~^^♪
うっとり!! (sakurai)
2008-12-29 08:53:54
年末のこの時期に、いきなり降らんでもいいのに!!って言うくらい降ったもので、本当に時間の無駄です。
でも、降らないと、なんか物足りないし、難しいところです。
そっちは降りませんが、冷えますよね。
正月に姉が帰省するそうなので、ぜひメルさんの話で盛り上がりたいと思います。

さてさて、この映画。
そう、見る前は、「ビートルズのミュージカル??」といぶかしげになって臨んだのですが、始まって3秒でその懸念は吹っ飛びましたね。いやー、素晴らしかった。
ただのコピーなんじゃなくて、自分の歌にしているというあたりがすごかった。
あっちの役者さんのスキルの高さも堪能しました。
あたしは映画館の中で、遠慮なく一緒に歌ってましたよ。
やっぱこれはDVD買いですね。
DVDにはぁ (ちゃぴちゃぴ)
2008-12-29 22:51:22
歌詞のブックレットがついておりやす。
(対訳はないけど)DVDのケースに収まらないのが不満ではありますが、綺麗です。
あと二枚組じゃなくなる可能性もありますねぇ。

メルさんの記事読んで、また観ちゃった。吹替えで(笑)でも、歌はそのまんまだったわ。歌まで吹替えだったらどうしようかと思った。
歌のとこは英語字幕に変えて歌うという手もありましたわっ。演技力があるから、歌が生きてるようなことを解説で言ってたよーな。
sakuraiさんへ♪ (メル)
2008-12-30 08:33:13
雪、ほんとに急にどかっと・・だったんですよね~。
あの日はやっぱり急に寒波が押し寄せて来た感じでしたもんね。
こちらもいつもあのくらいのマイナス(-6度とか)普通のことなのに、それまでがさほど寒くなかったので、もう寒い~~~~!でしたから。
徐々に冬になって欲しいものです(^_^;
そうそう、でも降らないってのもなんだか
物足りないでしょうね~。暖冬過ぎず、寒すぎず、標準的な冬(?)が良いですよね。

お、お姉さま、お正月には帰省なさるんですね~♪
楽しみですね^^
一昨日も昨日も長野新幹線はダメダメだったし
東北新幹線もなにやらトラブルでしたよね。
それにはひっかからず、大丈夫だったでしょうか?
これから帰省・・だったらOKかな^^
私の話題で・・(#^.^#)
盛り上がる・・ってのは難しいかもしれませんが(^_^; 酒の肴にしていただければ幸いです(笑)

で、映画ですが^^
sakuraiさんもちょっといぶかしんでご覧になり始め、そしてものの3秒でその懸念も吹っ飛び・・って同じです~♪
即この世界にどっぶり・・でしたよね。
素晴しい映画でした~(^^)v
そうそう、仰るとおりみんなアレンジしてあって、歌詞の内容もちゃんとこの映画なりに解釈してあるのもありましたし、ちゃんと自分のものにしてありましたよね~!
感心しちゃいました♪

>あっちの役者さんのスキルの高さも堪能しました。

私も~!
すごいですよね~!!!役者さんなのに
本当に素晴しい歌唱力。スキルの高さがわかりましたね。

>あたしは映画館の中で、遠慮なく一緒に歌ってましたよ。

そうでしたか^^
私も一緒にずっと歌いたかったけど
主人も一緒に見てたので、私の声で
映画の歌がよく聞こえない・・とか言われそうで
聞こえない程度にハミングしてましたが、
あとは心の中で歌ってましたわ(*^。^*)
そう、DVDは買い!ですね(^^)v


ちゃぴちゃぴさんへ♪ (メル)
2008-12-30 08:39:08
お、そうなんですね~!
歌詞のブックレット!!!
良いですね~(^^)
欲しいわ、やっぱり。
それに早く買わないと、2枚組じゃなくなる可能性も・・ありそうですね~!
廉価版待ってたらそうなるのは確実ですね(^_^;
やっぱり早く・・ですね♪
情報、いろいろ本当にどうもありがとうございます!!!!!

2度目(?)は吹き替えでご覧になったんですね~♪
それもまた別の楽しみ方できていいですね~。
そうそう、歌詞の部分は英語字幕にして
それ読みながら思いっきり一緒に歌うってのも良いですね~(^_-)v
どんどんコンセントレーションが高まってきました(^^)

>演技力があるから、歌が生きてるようなことを解説で言ってたよーな。

そうかそうか、確かにそうですよね。
歌がうまい人ってそれなりにたくさんいるでしょうが、彼らのように演技力があれば、あれだけ歌詞が生きるってことなんでしょうね~♪
ほんとに歌詞が生き生きしてましたもんね!^^
こんにちは。 (minori)
2009-01-05 16:02:53
TBどうもありがとうございました。
本当に歌詞が映像にシンクロしていてステキな映画でしたねぇ。そして歌っていたみんなもホント上手でした。感動ー。その上オトコマエなので私の中で大満足な映画でしたよ(笑)
それではまたお邪魔しますね。
2009年もどうぞよろしくお願いします。
じわじわきますね~ (はるはる)
2009-01-06 03:17:52
今年2番目に観た映画です(1本目は「007私を愛したスパイ」)。
観た後、じっくりとビードルズを聴きたくなるような映画でしたね~(と言いつつ、まだ聴いてみせんが‥笑)。ビートルズのカバー曲を普段は聴かないけど、特に女性たちが歌うビートルズもなかなかいいぞ、と思える作品でした。歌詞の素晴らしさにも改めてガツン!ときましたね~。初期の甘い曲はちょっと苦手だったのですが、使い古されていない心に響く歌詞だったのね~と、「赤版」をじっくり聴きたくなりました。
反戦モノのミュージカル「ヘア」にはかなわないよね、というつっこみの甘さはあったものの、ストーリー展開もなかなかよく出来てましたよね。
やはり、あのカメラ目線での「ガール」で、キューン!とおばさんの心、鷲づかみ!でしたねぇ(笑)。ジム・スタージェスの眉が、ビートルズの彼らの眉の形にそっくりだったので、イギリス人に脈々と伝わる遺伝子なのかしら。イギリス人男性がますます好きになってしまった‥(笑)。
minoriさんへ♪ (メル)
2009-01-06 07:06:16
こちらこそコメントまでいただいて、どうもありがとうございます♪
ほんと、歌詞が完全に物語りとシンクロしてましたよね~。
こんなにもピッタリ来るんだ!ってビックリしました。
歌詞をそのまま物語に・・ってとても難しいと思うんですが、よく考えられた脚本だなぁって、その素晴らしさにも感動しました♪
そうそう、そのうえオトコマエでしたから
さらにさらに見て良かったわ~、でした(^ー^* )フフ♪

こちらこそ今年もまたどうぞよろしくお願いいたします。
はるはるさんへ♪ (メル)
2009-01-06 08:51:46
お、今年最初の一本は007でしたか~!
それも私を愛したスパイ・・・懐かしいわ~~~~♪
私も実は最初の一本は、はるはるさんお勧め(?)だった「ミニミニ大作戦」オリジナルだったんです~(^^)v
そちらにお邪魔してコメントを・・と
思ってたんですが、なかなかお伺いできなくて(^_^;)

で、これが2番目だったんですね。
ほんと、見た後ビートルズを聴きたくなってしまう映画でしたよね~。
でも、これ映像とストーリーと相まって余計に良かったのかなって気がしたので、DVDが欲しいなぁって思いました。
なんといっても仰るとおりあの初っぱなの映像と歌からしてやられちゃいました~(笑)
そう、おばさんの心を鷲づかみの彼の目線と歌でしたわ(^ー^* )フフ♪

はるはるさん、やっぱりさすが見るとこが違うなぁ、とまたまた思いました♪
そういわれればジムのあの眉はそうだったかも~!
イギリス人に脈々と伝わる遺伝子・・なんか素敵~♪♪♪
きっとそうですね!^^
好き好きイギリス、好き好き英国人・・という
熱がますます上がりますよね(^^)v

歌詞、ほんとにガツン!と来ましたよね~。
歌詞も日本語の意味もレコード聞いたりしてたときに見て(読んで)知ってるはずだったんだけど、そうか、そうきたか・・というようなところがあって、改めてビートルズの歌詞の素晴らしさに開眼いたしました。

あ、でも確かに「ヘアー」にはかなわないかな、ってところがありましたね。
映画館で見てあまりのショックと感動でぞわぞわしたのを今でも覚えてるし、昔見たからってのがあるのかもしれないけど、あれは大傑作として心に刻み込まれてるので、反戦ものミュージカルとしてはあちらが上だったですね。

やっぱはるはるさん、一緒にイギリス行こう!(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

35 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
アクロス・ザ・ユニバース (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
ビートルズ・トリビュート・ムービー アクロス・ザ・ユニバース デラックス・コレクターズ・エディションposted with amazlet at 08.11.23ソニー・ピ...
『アクロス・ザ・ユニバース』 (Sweet*Days**)
監督:ジュリー・テイモア CAST:ジム・スタージェス、エヴァン・レイチェルウッド 他 1960年代、リバプールから父親を捜しにア...
『アクロス・ザ・ユニバース』 (ラムの大通り)
(原題:Across the Universe) ----これってビートルズの曲だけを使って作られたミュージカルなんだよね。 大胆というより、難しそうな気がするけど。 先に曲ありきってわけだし…。 「ぼくもそこが心配だったんだけどね。 だって、歌うのは本人たちとは別の人。 結局は...
『アクロス・ザ・ユニバース』 (マガジンひとり)
Across the Universe@神保町・一ツ橋ホール、ジュリー・テイモア監督(2007年アメリカ) 『ライオンキング』の舞台演出を手がけたことでも知られる『フリーダ』のジュリー・テイモアの新作は、今なお愛されるビートルズの名曲33曲を盛り込んだオリジナル・ミュージカル。...
アクロス・ザ・ユニバース (Memoirs_of_dai)
ビートルズ好きにはたまらない演出 【Story】 イギリスのリバプールに暮らすジュード(ジム・スタージェス)は、まだ見ぬ父を捜しにアメリ...
「アクロス・ザ・ユニバース」 (cocowacoco)
映画 「アクロス・ザ・ユニバース」 ACROSS THE UNIVERSE を観ました           ジュリー・ティモア監督 2007年 アメリカ 映画の最初のシーンでもうノックアウト! 既成の曲(全部ビートルズの曲)の歌詞でよくもこれだけそのシーンに合ったものを探せたも...
224「アクロス・ザ・ユニバース」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
愛こそが全て  1960年代、イギリス・リバプールの造船所で働くジュードは、米兵だったという父に会うためアメリカへと渡る。東海岸のプリンストン大学で管理人として働く父に会うことはできたものの、父の戸惑う態度に失望する。  そんな折、ひょんなことから学生...
映画「アクロス・ザ・ユニバース」を試写室にて鑑賞 (masalaの辛口映画館)
 「アクロス・ザ・ユニバース」@映画美学校第一試写室 映画の話 イギリスのリバプールに暮らすジュード(ジム・スタージェス)は、まだ見ぬ父を捜しにアメリカへ。父の働くプリンストン大学へ出向いた彼は、そこで陽気な学生マックス(ジョー・アンダーソン)と出会い...
アクロス・ザ・ユニバース ビートルズのメロディーに乗せて~~♪ (銅版画制作の日々)
    何故か?パンフレットの赤がでません(>_<)   9月8日、MOVX京都にて鑑賞。今週末で上映終了なので、急いで観て来ました。音楽劇です。ビートルズのがいいです。でも、私はビートルズ世代ではありません。ビートルズ解散後、彼らの存在を知りました。...
アクロス・ザ・ユニバース ( Art- Mill  あーとみる)
アクロス・ザ・ユニバースHP  http://across-the-universe.jp/ 浜辺で唄う「girl」で幕が開く。陰鬱なスコットランド、リバプールの海。切なく甘いメロディにキューンとはまりこんでしまっ
『アクロス・ザ・ユニバース』 (2007) / アメリカ (NiceOne!!)
原題:ACROSSTHEUNIVERSE監督・原案:ジュリー・テイモア出演:エヴァン・レイチェル・ウッド、ジム・スタージェス、ジョー・アンダーソン、ディナ・ヒュークス鑑賞劇場 : シネカノン有楽町1丁目公式サイトはこちら。<Story>1960年代。リバプールからアメリカ....
アクロス・ザ・ユニバース (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『All You Need Is Love 愛こそはすべて』  コチラの「アクロス・ザ・ユニバース」は、ビートルズの曲だけで構成された8/9公開のミュージカル映画なのですが、やっぱりミュージカル映画好きとしてはハズせません!観て来ちゃいましたよ~♪監督は、「ライオンキン...
「アクロス・ザ・ユニバース」  Across the Universe (俺の明日はどっちだ)
" Is there anybody going to listen to my story ?  All about the girl who came to stay ? " 小学生5年生のときに友達のお姉さんの影響でその存在を知って以来、中学にかけてビートルズはビーチボーイズとともに大好きなバンドだった。 そして彼らの初期の曲の中...
アクロス・ザ・ユニバース (シャーロットの涙)
All You Need is Love~♪
『アクロス・ザ・ユニバース』(2007 米) (映画の心理プロファイル)
原題:『ACROSS THE UNIVERSE』(131分) 監督・原案:ジュリー・テイモア 脚本:ディック・クレメント     イアン・ラ・フレネ 音楽:エリオット・ゴールデンサール 出演:エヴァン・レイチェル・ウッド     ジム・スタージェス     ジョー・アンダー...
「アクロス・ザ・ユニバース」  (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画 舞台版ミュージカル「ライオンキング」の演出家ジュリー・テイモアが ビートルズのナンバーをモチーフに描きあげたLove&Peaceな青春映画。 60年代のNYを舞台に繰り広げられる群像劇で、とにかく主人公の二人が魅力的。 リバプールで生...
アクロス・ザ・ユニバース (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。ジュリー・テイモア監督。タイトル自体も、ジュード(ジム・スタージェス)とルーシー(エヴァン・レイチェル・ウッド)と主演の2人の名前までビートルズの名曲で固めたビートルズ・ミュージカル。デイナ・ヒュークス、マーティン・ルーサー・マッコイ、ボノ、エ...
アクロス・ザ・ユニバース (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ビートルズの素晴らしい曲の渦にあなたを巻き込みます__{ライオンキング}の天才演出家が仕掛けた壮大なミュージカルの誕生! 物語:1960年代。イギリス・リバプールの造船所で働くジュードは、米兵だったというまだ見ぬ父親を捜しに、アメリカへ渡ることを決意し...
アクロス・ザ・ユニバース (晴れたらいいね~)
これは絶対に映画館で!のつもりだったのに、DVDになってしまった。「ダークナイト」症候群ですかね。全曲ビートルズ!ミュージカルになるんでしょうね。ピタッと曲が映画にハマってた。映像も楽しい。青春ラブストーリーではあるけれど、当時の時代背景がうまく投影...
アクロス・ザ・ユニバース (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
アクロス・ザ・ユニバース デラックス・コレクターズ・エディションミュージカルが苦手な人もこんな風に歌がドラマに溶け込んでいれば大丈夫。60年代、リバプール出身の青年ジュードは、父を探して渡った米国でルーシーと恋に落ちる。既成の曲だけを使うジュークボックス...
★「アクロス・ザ・ユニバース」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、「川崎チネチッタ」で。 ミュージカルも、ビートルズも意外と好きなひらりん。 とは言っても、ビートルズ世代よりは、だいぶ若いんだけど。
「アクロス・ザ・ユニバース」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Across the Universe」2007 USA ビートルズのヒット曲をバックにリヴァプールからNYに渡った青年の青春ミュージカル・ドラマ。 ジュードに「ラスベガスをぶっつぶせ/2008」のジム・スタージェス。 ルーシーに「シモーヌ/2002」のエヴァン・レイチェル・ウッド...
アクロス・ザ・ユニバース (to Heart)
All You Need Is Love 愛こそすべて 原題 ACROSS THE UNIVERSE 製作年度 2007年 上映時間 131分 監督 ジュリー・テイモア 出演 エヴァン・レイチェル・ウッド/ジム・スタージェス/ジョー・アンダーソン/デイナ・ヒュークス/マーティン・ルーサー・マッコイ/T・V・カーピ...
★アクロス・ザ・ユニバース(2007)★ (CinemaCollection)
ACROSSTHEUNIVERSEAllYouNeedIsLove愛こそすべて上映時間131分製作国アメリカ公開情報劇場公開(東北新社)初公開年月2008/08/09ジャンル青春/ドラマ/ミュージカル【解説】舞台、映画と幅広く活躍する鬼才ジュリー・テイモア監督が、全編ビートルズのヒットナンバーで綴る...
アクロス・ザ・ユニバース (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
ビートルズの名曲33曲を使ったミュージカル映画。 1960年代。イギリス、リバプールに母と暮らしていたジュードは、かつてアメリカ兵としてイギリスに駐屯していたことがあった父親を探しにアメリカに渡ります。父親との再会は期待していたようなものではなく失望したも...
アクロス・ザ・ユニバース (夫婦でシネマ)
ビートルズの名曲と、めくるめく映像が渾然一体となったミュージカルに酔いしれてしまった。
アクロス・ザ・ユニバース (ネタバレ映画館)
人名だけでも楽しめるビートルズ・カバーのミュージカル。
アクロス・ザ・ユニバース (迷宮映画館)
さっすが、ジュリー・テイモア!!いいもん見せてもらいました。
「アクロス・ザ・ユニバース」 (てんびんthe LIFE)
「アクロス・ザ・ユニバース」試写会 九段会館で鑑賞 聞きなれた旋律が心地よく、ほぼビートルズ世代の私としては感動の涙。 実際にビートルズ世代というのは団塊の世代の方々ですか? ただのビートルズ音楽を集めただけの映画だと軽く見すぎていました。 そんな意...
アクロス・ザ・ユニバース (レンタルで映画)
 今日は「アクロス・ザ・ユニバース」に行ってきました。ビートルズの曲だけで構成されたミュージカルとして話題ですよね!  でも、ビートルズをあまり聴かずに育ってしまった私・・・もちろん世間並みには知ってるつもりですけど。音楽好きは自認するところなんですが...
111●アクロス・ザ・ユニバース (レザボアCATs)
ビートルズの曲に乗せたミュージカル、かつ、ベタな青春モノ♪狙ったのは『RENT』辺りかな?
アクロス・ザ・ユニバース/ACROSS THE UNIVERSE (我想一個人映画美的女人blog)
{/m_0146/}All You Need Is Love{/ee_3/} 愛こそはすべてー。愛がなくちゃね{/m_0136/} 中学生になった頃、洋楽を聴き始めたのはビートルズが最初だった気がするー。 この映画は、ミュ-ジカルの「ライオンキング」、オペラ「魔笛」、映画「フリーダ」の女性演出家、...
「アクロス・ザ・ユニバース」 (シネマ・ワンダーランド)
全編33曲のビートルズ・ナンバーから構成する異色の青春ミュージカル映画「アクロス・ザ・ユニバース」(2007年、米、131分、コロンビア映画配給)。かつて、同じくビートルズのカヴァー曲を取り入れたドラマ、ショーン・ペン主演の「アイ・アム・サム」があった...
アクロス・ザ・ユニバース (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
   = 『アクロス・ザ・ユニバース』  (2007) = イギリスのリバプールに暮らすジュード(ジム・スタージェス)は、まだ見ぬ父を捜しにアメリカへ。 父の働くプリンストン大学へ出向いた彼は、そこで陽気な学生マックス(ジョー・アンダーソン)と出会い、意...
映画『アクロス・ザ・ユニバース』を観て (KINTYRE’SDIARY)
72.アクロス・ザ・ユニバース■原題:AcrossTheUniverse■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:131分■字幕:藤澤睦実、鈴木吉昭■鑑賞日:8月16日、新宿バルト9(新宿三丁目)■公式HP:予告編をご覧下さい□監督・原案:ジュリー・テイモア□製作:スザ...