心の栄養♪映画と英語のジョーク

日々観た映画のレビューと英語のジョーク♪心の栄養いっぱいとってKeep smiling♡

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「宮廷画家ゴヤは見た」

2009-04-30 | 映画「か」行
スペイン国王カルロス4世(ランディ・クエイド)の宮廷画家になったフランシスコ・デ・ゴヤ
(ステラン・スカルスガルド)。最高の地位に登り詰めながらも、現実の社会と向き合い、人間の
真実を見つめ続けた画家。1792年、ゴヤは2枚の肖像画を描いていた。1枚は裕福な商人の娘で
純真な魅力にあふれた少女イネス(ナタリー・ポートマン)。もう1枚は威厳に満ちたロレンソ神父
(ハビエル・バルデム)。そんな中、カトリック教会では、ロレンソの提案で、異端審問の強化が
図られる。ある日、イネスは居酒屋で豚肉を嫌ったことからユダヤ教徒の疑いありとして審問所への
出頭を命じられてしまい・・。



ゴヤは見た・・というわけで、ゴヤが見たこの時代の人たち、
イネスとロレンソ神父、それに彼らに関わる人たちが主人公で、
ゴヤはあくまでも脇の重要人物といった感じ。

ゴヤの目線で描かれた映画だったわけですが、その彼がまた良いんですよね。
体制に付くわけでもなく、イネスに付くわけでもなく、ロレンソ神父に
付くわけでもなく、思想的に平等で、基本、優しい目線を持っていて。
芸術家にあるまじき(?)ソフトな感覚を持った人だったのかな~、と
この映画を見る限り思いました。

そして彼の目は、この時代の歪さを捉え、美しかった人が
どのように変貌するか、正義というものは、権力者によって
変わってしまうという事実。そして人間の弱さと愚かさ。
彼の目は、本当にいろいろなものを見、そして感じたんだなぁと
しみじみ良い映画で、見応え充分でした。

いろいろな意味でこの時代というものに翻弄された人々が出てきたんですが
いつの世も、やはりこんな風に政治一つで、いろいろ運命って変わるんですね~。
たった豚肉が食べられなかったと言うことだけで、異教徒扱いされて
あのような酷い目似合うイネス。
そしてロレンソ神父だって、権力がありそうでいて、やはりこの時代の
体制に付こうとして成功と失敗を繰り返し。時代の体制自体、二転三転し、
その歴史の変遷を見てるだけでも面白かったです。

さらに良かったのが役者さんたち。
ハビエル・バルデムのあのいやらしいしゃべり方、顔つき、
もうなにもかも上手いわ~~って思ったし、ラストの彼なんて、
うわぁって唸っちゃいました。
それに、少し前に見た「ブーリン家の姉妹」でかなり見直してた
ナタリー・ポートマンが、今回はさらにすっご~~~~く良かった!!!
いやぁ、ほんとに彼女の役者魂、見せてもらいました!という感じ。
上手い!!! 素晴らしい熱演でした。

いつの時代でも、現代でも、自分たちと違うものを排除しようとする。
その人間の根本のいやらしさというか、残酷さ。
見せつけられました。
この人間ドラマと、この時代、そして当時の風俗や宗教観など、
本当に充実した内容の作品で、フォアマン監督の素晴らしい演出も
際立ってました。

個人的お気に入り度4/5

宮廷画家ゴヤは見た [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (54)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ポーリーヌ」 | トップ | 「スウィート・シンフォニー」 »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おぉ~! (miyu)
2009-04-30 13:12:14
コレはメルさんの評価も良いですね~♪
本当見応えのある人間ドラマでしたよね。
歴史モノではあるけど、ちゃんと人間が描かれてるから
そういった時代を超越したものもあったし、
それでいてしっかりとその時代の空気感も
伝わってきましたものね。うん。
こんにちは~♪ (由香)
2009-04-30 18:18:21
お邪魔します♪
この映画は、正直言ってよく分からないところもあったのですが、凄くインパクトがありました。
とにかくハビエルとナタリーの演技は見応えがありました!!
ナタリーはブーリン家でも素晴らしかったですが、コチラはねぇ~あんな容姿になるんだもの・・・一瞬息を飲みました。これからどんどん演技派になっていかれるでしょうね♪
こんにちは♪ (こでまり)
2009-04-30 21:17:45
メルさんにもこの映画が気に入ってもられて良かったです。
役者さんは誰も魅せてくれましたよね。
ナタリー・ポートマンは、娘時代、投獄中、解放後、そしてイネスの娘のどれもうまくこなしていて素晴らしかったと思います。
ハビエルのねっとりした感じも良かったですね(←褒めてます(^^ゞ)
こんにちは♪ (yukarin)
2009-05-01 09:34:05
ナタリーの演技はとても素晴らしかったですよねぇ。
本当に彼女の役者魂を見せてもらいました。
miyuさんへ♪ (メル)
2009-05-01 17:51:12
そう、これはなかなか見応えがあって
面白かったので^^♪

ほんと、人間ドラマとしても見応えがありましたよね。
ただの歴史をなぞって描いただけじゃなくて、仰るとおり、人物描写がすっかりしてたので、余計に面白かったんですよね~。
こういうのやっぱり好きです^^
歴史物、コスチュームもの好きだし
役者さんたちも良かったし、映画全体の雰囲気もお気に入りでした^^
由香さんへ♪ (メル)
2009-05-01 17:57:41
由香さん、こんにちは~♪

そう、インパクトありましたよね~。
役者さんのすごさもそのインパクトの強さに影響してましたよね。
ほんと、ナタリーとハビエル、凄かったです~!
あの演技は見応えあり!でしたよね。

>ナタリーはブーリン家でも素晴らしかったですが、コチラはねぇ~あんな容姿になるんだもの・・・一瞬息を飲みました

そう!
あんな容姿になっちゃって、えぇぇっ!!!でした。
あの顔のゆがみ、あの表情、私も息をのみました。すごい・・・。
ほんと、仰るとおり、これからどんどん演技派として磨きがかかって、名女優さんになるんでしょうね~(ってもうすでに名女優さんですが(^^ゞ)
また楽しみな女優さんが増えました♪
こでまりさんへ♪ (メル)
2009-05-01 18:12:41
はい~♪気に入りましたです^^
お勧め、どうもありがとうございます♪
教えてくださってたとおりの、ナタリーのすんばらしい演技に息をのみました!
あのような凄い覇気迫るような演技ができる彼女。
本当に素晴らしい女優さんなんだなぁって思ったし、役者根性あるなぁってすごく感心しました。
これからも楽しみ♪^^そう言う女優さんが出来たこともまた嬉しいです♪

そうそう、娘時代の彼女=可憐で綺麗で優しそうで明るくて、そして投獄中=哀れで、徐々に精神的におかしくなっていって、んで、解放後のあれ・・・
どれをとっても本当に素晴らしかったです。

ハビエルもねっとり・もったり・いやらしく(笑)良かったですよね(^ー^* )フフ♪
yukarinさんへ♪ (メル)
2009-05-01 19:04:36
ほんと、ナタリー・ポートマン、凄かったですよね~!!!
3種類・4種類の役を一人で演じていたといってもいいくらい、様々な演技が必要とされてましたが、それを全て完璧に演じてて、感心しました。
すっかり見直したので(^^ゞ
これから彼女の出る映画が楽しみになりました~♪
素晴らしかった (tak)
2009-05-01 21:21:08
昨年末、予備知識皆無で観たのですが、これは素晴らしかった。「アマデウス」に感動した80年代育ちとしては、久々のミロス・フォアマン監督作が嬉しくて。

人間って弱い生き物だと感じさせる重厚な歴史ドラマでした。時代の流れに翻弄される、己の欲望に負けてしまう。ハビエル・バルデム演ずる神父はそうした激動の時代の犠牲者。フランス革命がヨーロッパ各国に影響を与えたのは教科書的に知っているけど、これが実態。久しぶりに知的好奇心を揺り動かされたような気も。

ナタリー・ポートマンは熱演でしたね。僕はスペインの司教を演じたミシェル・ロンスデールが印象的でした。
連休のご予定は? (sakurai)
2009-05-02 08:24:17
連休ですね。
この辺のお祭りが、3日にデンと鎮座しているので、さっぱりどこにも行けないです・・。
でも、おみこし担ぎも今年で終わりかと思うと、もう、うれしくて、うれしくて。
ってどうでもよかった。

なかなかの力作でしたね。
ミロス・フォアマンの本領発揮みたいな。
革命期の異常な状態の中で、人間の本性を表わした、暴いたと言った風でした。
ナタリー・ポートマンをこれで見直しましたが、肝心なとこは相変わらず見せないうまい撮り方ですよねえ。
takさんへ♪ (メル)
2009-05-02 23:24:34
takさん、こんばんは~♪^^

ほんとにこの映画素晴らしかったですよね~。
「アマデウス」も良かったですが、これも
本当に良かったです。
フォアマン監督の本領発揮という感じで。

takさんが書いてくださってるとおり、
私も教科書でただ単にフランス革命、ななたらかんたら・・と大ざっぱなことしか知りませんでしたが、徐々にいろんな事がわかってきて、さらにこういう映画を見ると、こういうことね・・・とガッカリしたり、これが歴史ってもんかな、と思ったり。
同じく、知的好奇心を揺り動かされたような気がしました。もっと知りたいと言う気持ちがふつふつと・・です。

ナタリー・ポートマン、本当に熱演でしたね~。
すっかり見直しましたです。
takさんはミシェル・ロンスデールが印象的だったんですね。
確かに、彼も映画の中で、いろいろ立場が変わっちゃってましたから、その都度、いろいろな演技が必要とされてたので、それを見事にこなしてましたよね。

役者さんも内容も、とても見応えのある
良い映画でした。
sakuraiさんへ♪ (メル)
2009-05-02 23:47:43
sakuraiさん、こんばんは~♪^^

連休ね~、結局どこも行かずに終わりそうです(^^ゞ
息子が帰ってくるかもしれない・・とか
いってたけど、結局帰ってこないみたいだし、どこに行くにも混んでるし、ついつい億劫に(^_^;)
善光寺のご開帳も行きたいけど、あんなに凄い人出だと、なんかなぁ~・・と(^^ゞ
そちらは3日がお祭りなんですね。
こちらは5日なんですよ~。
だから同じく息子が小学校の2いる間は
連休に遠出は出来ませんでした。
すでにそのお役目から解放されてから
何年も経ってますが、それでも連休中に遠出はしたことないなぁ(^_^;)
年老いたワンがいるので、なかなか人に預けていけないというのもあるんですけどね。

sakuraiさんは来年からは、もうバッチリどこにでも行けますね(^_^)v

で、この映画、ほんとにフォアマンの本領発揮でしたね~♪
こういうの撮るのやっぱり上手いです。
歴史の流れの中での人間の本質みたいなところを暴いてあるところ、本当に見応えありました。
ナタリー・ポートマンは同じく見直した口ですが、確かに肝心なところは見せてませんでしたね(^^ゞ
「ダージリン急行」の時もそうでしたし。
”うまいこと”見せてるって感じですね(^ー^* )フフ♪
こんばんは (ちゃぴちゃぴ)
2009-05-03 01:27:06
どうも、最近サボり癖がついちゃって…
早寝してたのもありますけど。
春ですから(笑)

私自身は、ちょい物足りなさが残ったんですが、3人の俳優さんの演技には大満足。
ハビエルさんは、やっぱしこういうの似合いますねぇ。
やらしーんだもん。
ナタリーの後半のすごみというか、狂気の様は、すごかったなー。その分、ロレンソとの絡みはあっさりで残念な気はしました。あそこで、もうちょいなんかあると最後のシーンが、私も納得できたかもしんないの。
ステランさん、控えめながら上手いなぁと思った。
スペインって、変動大きかったんだよね。高校のときの授業だけじゃ、全くよくわからないですね。映画って、勉強になります。
ちゃぴちゃぴさんへ♪ (メル)
2009-05-03 10:34:37
早寝・・わかります(^^ゞ
私の場合は、昼間少し時間が空くので
その間に昼寝三昧ですわ(^◇^;)
そうしないと、体がもたんです(^^ゞ
やっぱ春だから?!(笑)
でも、私の場合、いつも寝てるような気がする(;^_^A アセアセ…
そんなわけで?!私もちゃぴちゃぴさんのところで
コメント書きたい・・ってところが多々あれど、最近とみに読み逃げ状態が続いております(^_^;)

で、この映画ですが、
ハビエルさん、ほんとこういう役が似合いますね~。
そそ、やらしーの(笑)
ナタリー・ポートマンも本当に凄かった・・・
彼女のあの4変化(?)には、もう驚きと感激とで、うわぁ~・・・とずっと心で言ってたかも。

そうか、ロレンソとの絡みがもうちょっとあっても良かったと。
確かに。
あ~~、これで終わっちゃうの~?って感じもありましたもんね。
でも、あのラストで、彼女がロレンソの亡骸の手を
ずっと握ってるところが、なんだか切なかったです。

ステランさんも良かったですね。
彼、この映画の中で唯一まとも(?)だったし、彼の素敵さが光ってましたわ。
重要ではありましたが、脇の役だったけど
あの控えめな演技にとても好感を持ちました。

そうそう、スペインの歴史、高校の教科書や授業だけじゃ、ほぼ何も知らないに等しいですね。
イスラム教にほぼ全土を制覇されたときもあるようだし、知らないことが多過ぎの私です(^_^;)
その分、映画出補う・・てことで、(^_^へへ
こんにちは (なな)
2009-05-05 14:06:43
どうしても「アマデウス」と比べちゃうので
初見時は「ふ~~~ん」という感じでしたが
二度めに見直してみてやっぱり凄い作品だなぁと。
アマデウスの時代もそうですが
本当に人の運命なんて,政治や宗教次第でどんな悲劇にも転ぶ時代だったのですね。
スペインの異端審問・・・怖すぎ。
私はプロテスタントなのであんな時代にあの国にいたら殺されてたかも。

ナタリーは「ブーリン家」よりも凄い演技でしたね。
彼女,美しいだけでなくIQも高いんですってね!それも納得の演技派ですね。
ハビエルもまた目が離せない俳優さんです。
彼の「コレラの時代の愛」もDVDで観るのが楽しみーーー。
ななさんへ♪ (メル)
2009-05-07 09:44:58
アマデウスは名作ですもんね~。
比べちゃいますよね。
でも、久々にそれに匹敵するくらいの出来の映画かな、と思いました。
ななさんは一度見て、さらに再見なさったんですね。
見応えあるので、再鑑賞にも堪えられますよね。というか、見れば見るほど良さが感じられるのかも。

そうそう、時代によって、上に立つ人の
考え、政治・宗教によって、その時代に生きて行く人の運命が決まっちゃうようなところがありますよね~。
スペインの異端尋問、本当にすごい・・。
想像を絶する・・というやつでした。
唯一無二のものを信じるということは
こういうことなのかもしれないんですが。
お互い、今の時代に生きていて良かった・・とつくづく思いますよね。

ナタリー!本当に凄い演技でした!!!
美しくてIQも高くて、天は二物を与えたんですね~^^
ハビエルも、あの目力はちょっと人には真似できないものがありますよね。
私も二人とも注目の俳優さんです♪
コレラの時代の愛ですが、私も楽しみにしてるんです~♪
最近見るDVDには予告編が入ってて
それだけは何度も見ちゃいましたが、見れば見るほど期待度が高まってます♪
ナタリーはすごい! (小米花)
2009-05-28 23:40:02
上手いとは思っていましたが、
すご~く上手いですよね。

無垢、アバズレ、狂気、どれも見事でした。

しかし、時代に翻弄される人々、それを冷静に見つめるゴヤ、見応えのある映画でした!!



あの・・・・・・、凜ブログに旅行記アップしました。。。
ものすご~く長いです(汗)。
お時間のあるとき、見ていただけたら嬉しいです。。。
ホント、お時間のあるときでいいですので。。。
小米花さんへ♪ (メル)
2009-05-29 09:40:22
ほんっと!ナタリーは凄い!!!!でしたね~。
こんなに上手いとは・・でした。
そうそう、純真無垢な未だ少女という役、
そして彼女の娘であの娼婦の役、そして
その後の彼女であるあの狂気に陥った役、
どれをとっても素晴らしかったです。
この3つを一本の映画でしっかり演じ分けてるところなんて、感心しまくりでした。

>しかし、時代に翻弄される人々、それを冷静に見つめるゴヤ、見応えのある映画でした!!

ほんとですね~・・・。
歴史に・時代に翻弄されるというのは
まさしくこういうことを言うんだな、というものでしたよね。
で、目線がゴヤで、彼は冷静に、ある意味とても淡々とその時々に起こってることを見つめて・・ この描き方は良かったなぁって思いました。

旅行記の紹介、ありがとうございました♪
昨夜遅くに、一日目と二日目を読ませてもらいました^^
やっぱり良いわ~~~、羨ましいわ~~~って思いつつ、感激しつつ、です^^
また今晩にでも続きをゆっくり読ませてもらいますね~♪
これからそちらにお邪魔も致します^^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

54 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
宮廷画家ゴヤは見た (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『それは、立ち入り禁止の、愛。』  コチラの「宮廷画家ゴヤは見た」は、10/4公開となった「カッコーの巣の上で」、「アマデウス」、「マン・オン・ザ・ムーン」の名匠ミロス・フォアマン監督が、”スペインの天才画家ゴヤの目を通して、愛の真実に迫る問題作”なの...
『宮廷画家ゴヤは見た』 (Sweet*Days**)
監督:ミロス・フォアマン  CAST:ハビエル・バルデム、ナタリー・ポートマン、ステラン・スカルスガルド 他 18世紀末のスペイン...
宮廷画家ゴヤは見た/ハビエル・バルデム (カノンな日々)
ゴヤの作品は特に好きというわけではないんだけど、そもそも好き嫌いを言えるほどよく知らないので興味津々で鑑賞ぅ。 出演はその他に、ナタリー・ポートマン、ステラン・スカルスガルド、ランディ・クエイド、ミシェル・ロンズデール、ホセ・ルイス・ゴメス、マベル・...
宮廷画家ゴヤは見た (★YUKAの気ままな有閑日記★)
私の住む地域では上映予定がなかったはずなのに・・・急に上映が決まったみたいということで、チラシも予告も見ず、何の前知識もなく観に行ってみた【story】18世紀末スペイン。ゴヤ(ステラン・スカルスガルド)は、国王カルロス4世(ランディ・クエイド)の宮廷画家に任...
宮廷画家ゴヤは見た■私たちはどんな時代に生きているのか? (映画と出会う・世界が変わる)
あけましておめでとうございます!1日に見た。つまり2009年最初に見た映画は「宮廷画家ゴヤは見た」。異端審問のスペイン、フランス革命に続くナポレオンの台頭によりスペイン自体も大きく激動の時代に入っていく。そのような時代を描くことは映画作家としては実にやりが...
宮廷画家ゴヤは見た■芸術及び芸術家は無力なのか? (映画と出会う・世界が変わる)
映画「宮廷画家ゴヤは見た」においてイネス、ロレンソ、そしてゴヤという人物はそれぞれ何を表現しているのであろうか?イネスは翻弄されながらしかし、己の想いを変えることなく生きていく人物。ロレンソは変わり身の早さを身上として常にある種の権力の座にいる人物。イ...
宮廷画家ゴヤは見た (花ごよみ)
ゴヤの見たものっていったい? 興味津々で映画館へと足を運びました。 ゴヤの生きた時代、 スペインという国は、とても複雑で、 特殊な様相の歴史を呈しています。 ゴヤは王室の画家としての視線で、 波乱に富んだ時代を見届けます。 カトリックの権威を 高めるための...
「宮廷画家ゴヤは見た」を観た! (とんとん・にっき)
渋谷東急で、「宮廷画家ゴヤは見た」を観てきました。渋谷東急という映画館は初めて行きました。聞いたことがないので、どこなのか心配でした。ところが、なんと「東邦生命ビル」、現在の「渋谷クロスタワー」でした。最近は銀行や保険会社等、金融機関が次々と合併したり
『宮廷画家ゴヤは見た』('08初鑑賞130・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (5段階評価で 3.5) 10月11日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 13:25の回を鑑賞。
『宮廷画家ゴヤは見た』 (ラムの大通り)
(原題:Goya's Ghosts) ----これって久しぶりのミロス・フォアマン監督作品だよね。 なかなか気に入ってるみたいじゃニャい? 「うん。実に見応えがあったね。 映画とはこうあってほしいというお手本のような作品。 なんといってもジャン=クロード・カリエールが 脚本...
宮廷画家ゴヤは見た (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:GOYA'S GHOSTS、ミロス・フォアマン監督、ハビエル・バルデム、ナタリー・ポートマン、ステラン・スカルスガルド、ランディ・クエイド、ミシェル・ロンズデール。尋問と告白が政治力学でころころと立場も内容も変わってしまう。原題・GOYA'S GHOSTSは、...
宮廷画家ゴヤは見た (シネマ大好き)
昨夜、試写会で「宮廷画家ゴヤは見た」を観た。 18世紀の終わりから19世紀初めのスペインが舞台。カルロス4世に使える王の画家だったゴヤ(ステランス・スカレスガルト)の目を通して激動の時代を描いた大作。 タイトルから、宮廷スキャンダルの話かと思っていたが、...
●宮廷画家ゴヤは見た(76) (映画とワンピースのこでまり日記)
あの王妃の肖像画は素人目に見ても似てないかも・・・太らせて描いちゃダメだよー。
宮廷画家ゴヤは見た (そーれりぽーと)
ゴヤが市原悦子のようにこっそり覗き見しているイメージで、『宮廷画家ゴヤは見た』を観てきました。 ★★★★ 王から直々に依頼を受ける宮廷画家であり、教会に天井画を書くことがあるかと思えば、庶民には世俗を強烈に風刺した毒々しい版画を売るゴヤ。 激動の時代の...
宮廷画家ゴヤは見た(映画館) (ひるめし。)
それは、立ち入り禁止の、愛。
宮廷画家ゴヤは見た (Diarydiary!)
《宮廷画家ゴヤは見た》 2006年 アメリカ/スペイン映画 - 原題 - GOY
宮廷画家ゴヤは見た (2009 映画観てきましたっ!)
札幌劇場で上映されている時は、 観ようか  迷っているうちに 終わってしまって、DVD待ち映画だったんですけど、会社近くのディノスで 上映が始まっていたので 仕事帰りに 観てきちゃいました♪
「宮廷画家ゴヤは見た」 (It's a wonderful cinema)
 2006年/アメリカ  監督/ミロス・フォアマン  出演/ハビエル・バルデム      ナタリー・ポートマン      ステラン・スカルスガルド  「アマデウス」でアカデミー賞を受賞したミロス・フォアマン監督最新作。  18世紀末のスペイン。宮廷画家ゴ...
宮廷画家ゴヤは見た/GOYA'S GHOSTS (我想一個人映画美的女人blog)
ゴヤが、いったい何を観たのか?? 『カッコーの巣の上で』『アマデウス』{/fuki_suki/}と2度のアカデミー賞作品賞受賞暦を持つ ミロス・フォアマン監督作。 脚本 ミロス・フォアマン、ジャン=クロード・カリエール 原題は「GOYA's GHOSTS」 『宮廷画家ゴヤは見た...
宮廷画家ゴヤは見た (to Heart)
それは、立ち入り禁止の、愛。 原題 GOYA'S GHOSTS 製作年度 2006年 製作国 アメリカ/スペイン 上映時間 114分 脚本 ミロス・フォアマン/ジャン=クロード・カリエール 監督 ミロス・フォアマン 出演 ハビエル・バルデム/ナタリー・ポートマン/ステラン・スカルスガル...
「宮廷画家ゴヤは見た」 Goya's Ghosts (俺の明日はどっちだ)
時は18世紀末、歴史が激しく動いたスペインを舞台に人間のさまざまな生き様をミロス・フォアマン監督が描いた歴史ドラマ。 題名だけ見てみると、当時国王カルロス4世の宮廷画家に任命されたフランシスコ・デ・ゴヤゴヤの伝記映画的なものを期待してしまいがちでもあるけ...
「宮廷画家ゴヤは見た」 (cocowacoco)
映画 「宮廷画家ゴヤは見た」 GOYA'S GHOSTS を観ました         ミロス・フォアマン監督 2006年 アメリカ/スペイン <ネタバレしてます> ん~私には難しかったか・・・。 画家のゴヤの物語ではないと先に聞いてはいたが、何を描きたかったのか今一分かん...
「宮廷画家ゴヤは見た」 (或る日の出来事)
ひさびさに、しっかりと見応えのある歴史ドラマを観たという感触。 なんだか実にミロス・フォアマン監督らしい、どっしり感。この監督には名...
宮廷画家ゴヤは見た (映画鑑賞★日記・・・)
【GOYA'S GHOSTS】2008/10/04公開(10/04鑑賞)製作国:アメリカ/スペイン監督:ミロス・フォアマン出演:ハビエル・バルデム、ナタリー・ポートマン、ステラン・スカルスガルド、ランディ・クエイド、ミシェル・ロンズデール、ホセ・ルイス・ゴメス、マベル・リベラそれ...
宮廷画家ゴヤは見た▼△ (銅版画制作の日々)
 天才画家ゴヤが描いた2枚の肖像画、少女と神父の数奇な運命とは? 10月18日、新京極シネラリーベにて鑑賞。「ノーカントリー」で、アカデミー賞助演男優賞に輝いたハビエル・バルデムがロレンソ神父という役で登場。この役もなかなか彼のキャラに合っている。そし...
『宮廷画家ゴヤは見た』@新宿ミラノ座 (映画な日々。読書な日々。)
18世紀末のスペイン。宮廷画家に任命されながら、権力批判と社会風刺に富んだ作品も精力的に制作し続けるゴヤ。彼が手がけた2枚の肖像画の人物―裕福な商人の娘で天使のように美しいイネスと、異端審問を強硬するカトリック教会の神父ロレンソ―が運命的に出会う。異教徒...
【宮廷画家ゴヤは見た】 (日々のつぶやき)
監督:ミロス・フォアマン 出演:バビエル・バルデム、ナタリー・ポートマン、ステラン・スカルスガルド 「宮廷画家のゴヤは肖像画の依頼を何枚か受けていた。裕福な商家の美しい娘イネスと異教徒狩に積極的な神父ロレンソ、この二人が数奇な運命で出会うことになる
宮廷画家ゴヤは見た (Some Like It Hot)
■「宮廷画家ゴヤは見た/Goya's Ghosts」(2006年・アメリカ=スペイン) 監督=ミロス・フォアマン 主演=ハビエル・バルデム ナタリー・ポートマン ステラン・スカルスガルド  久しぶりにミロス・フォアマン監督作である。 フォアマン監督と言えば「アマデウ...
宮廷画家ゴヤは見た (再出発日記)
この前の日曜、映画サークルでのこと。私がナタリー・ポートマンのファンだということは周知の事実で「この映画は見た?」と聞かれた。「えっ知りませんよ」「岡山市のシネコンだけでやっているから見落としたのね」「知りませんでした。情報ありがとうございます、必ず見...
281「宮廷画家ゴヤは見た」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
神様、真実とは何ですか!?   18世紀末。スペイン国王カルロス4世の宮廷画家に任命されたフランシスコ・デ・ゴヤ。画家として最高の地位に登りつめながら、権力批判と社会風刺の富んだ作品も制作し続ける。  1792年、ゴヤは2枚の肖像画に取り掛かっていた。1...
★宮廷画家ゴヤは見た(2006)★ (CinemaCollection)
GOYA'SGHOSTSそれは、立ち入り禁止の、愛。映時間114分製作国アメリカ/スペイン公開情報劇場公開(ゴー・シネマ)初公開年月2008/10/04ジャンルドラマ/歴史劇【解説】「アマデウス」「カッコーの巣の上で」の巨匠ミロス・フォアマン監督が、スペインの天才画家ゴヤが活躍....
★「宮廷画家ゴヤは見た」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、ららぽーと横浜の「TOHOシネマズ横浜」で3本まとめ鑑賞。 いよいよ6000マイル達成で、1ケ月無料パスを使いまくります。
宮廷画家ゴヤは見た (  Art- Mill  )
宮廷画家ゴヤは見た HP  http://www.goya-mita.com/ 18世紀スペインの激しく揺れ動いた時代に、ゴヤは生きた。異端審問という徹底した異端排除の論理の中で、ゴヤは辛くも生き抜いた
宮廷画家ゴヤは見た (迷宮映画館)
あっという間の2時間。見ごたえ十分。
「宮廷画家ゴヤは見た」:三角バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}三叉路だからバス停も「三角」。シンプルですばらしいネーミングだ。 {/hiyo_en2/}なに、つまらないことに感心しているのよ。 {/kaeru_en4/}いやいや、ネーミングって大事だぞ。映画のタイトルだって、最近はどうも首をひねるようなタイトルが多くていけな...
「宮廷画家ゴヤは見た」 (首都クロム)
 色彩は暗く(どうやら蝋燭による照明を再現したためらしい)、恐怖に見開かれた目や乾いた皮膚はゴヤのカンバスに描かれた場面そのもののよう。ひとつひとつの場面が絵になっていて、目元に落ちる影とか、瞳が動いて相手を見つめる瞬間とか、ふとしたことが劇的に見えて...
宮廷画家ゴヤは見た (心のままに映画の風景)
18世紀末スペイン。 フランシスコ・デ・ゴヤ(ステラン・スカルスガルド)は、国王カルロス4世(ランディ・クエイド)の宮廷画家に任命され...
「宮廷画家ゴヤは見た」 (てんびんthe LIFE)
「宮廷画家ゴヤは見た」試写会 よみうりホールで鑑賞 久し振り、見応えのある作品と出合いました。 ドラマ的にも美術的にも引っ張り込まれて身動きできなくなりました。 邦題「宮廷画家ゴヤは見た」ってこれちょっとひどいと思いました。 まるで市原節子がのぞいて...
宮廷画家ゴヤは見た (晴れたらいいね~)
ゴヤの名前は知らなくても、彼の絵はたぶんほとんどの人が目にしたことがあると思う。「着衣のマハ」や「裸のマハ」とかさー。そのゴヤの視点で、彼が書いた二枚の肖像画の人物の複雑な絡み合いとスペインの動乱の時代を描いた作品。中心人物の3人は、上手いですね~。...
宮廷画家ゴヤは見た◆美と醜と諧謔の宴 (好きな映画だけ見ていたい)
      「宮廷画家ゴヤは見た」 (2006年・アメリカ/スペイン) 画家の目というのは、たしかに対象を見通す眼力を備えているのだろう。歴史に名だたる天才画家の視点を借りて、激動の時代を生きた人々の姿をあぶり出すというアイデアには、なるほどと唸った。スペイ...
宮廷画家ゴヤは見た (映画三昧、活字中毒)
■ シネ・リーブル池袋にて鑑賞宮廷画家ゴヤは見た/GOYA'S GHOSTS 2006年/アメリカ、スペイン/114分 監督: ミロス・フォアマン 出演: ハビエ...
「宮廷画家ゴヤは見た」 (ハピネス道)
 「カッコーの巣の上で」「アマデウス」のフォアマン監督の新作。予告編を観た印象は、芸術性と深い愛の本質に迫る…といったものでしたが実際は違っていました。18世紀末から19世紀初頭にかけての動乱のスペインで王制といった権力構造や宗教が支配する価値観ま...
宮廷画家ゴヤは見た (虎猫の気まぐれシネマ日記)
絵筆が暴く,愛の裏側ー2枚の肖像画に描かれた少女と神父の数奇な運命とは?アマデウスのミロス・フォアマン監督の,文芸歴史サスペンス。今回の舞台は,18世紀の激動のスペイン。ハビエル・バルデムがてっきりゴヤの役かと勘違いしていたら,彼は神父ロレンソの役だっ...
ゴヤの亡霊たち~『宮廷画家ゴヤは見た』 (真紅のthinkingdays)
 GOYA'S GHOSTS  1792年、スペイン。カソリック教会では、ロレンソ神父(ハビエル・バルデム) の提案で異端尋問が強化され、商人の娘イネ...
131●宮廷画家ゴヤは見た (レザボアCATs)
激動の時代のスペインを描いた、歴史大作。重厚だけれど、娯楽色を失わない、ミロス・フォアマン監督の'06年の作品。アメリカ。
『宮廷画家ゴヤは見た』 2008-No76 (映画館で観ましょ♪)
18世紀末のスペイン。 宮廷画家ゴヤが描いた2枚の肖像画・少女イネスとロレンソ神父。 ねちっと薄気味悪いロレンソ神父が強化した...
「宮廷画家ゴヤは見た」(GOYA'S GHOSTS) (シネマ・ワンダーランド)
米国の反体制活動を作品に象徴させた「カッコーの巣の上で」(1975年)や、反戦ミュージカル「ヘアー」(79年)、モーツアルトの半生を描いた「アマデウス」(84年)などの作品で知られる旧チェコスロバキア出身のオスカー受賞米映画監督、ミロス・フォアマン(7...
静かなゴヤ (Akira's VOICE)
「宮廷画家ゴヤは見た」 「クワイエットルームにようこそ」
「宮廷画家ゴヤは見た」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Goya's Ghosts」2006 USA/スペイン 18世紀末~19世紀にかけ激動のスペインを舞台に、宮廷画家フランシスコ・デ・ゴヤの目を通して描かれた人間ドラマ。 ロレンソ神父に「「コレラの時代の愛/2007」「ノーカントリー/2007」のハビエル・バルデム。 裕福な商人...
宮廷画家ゴヤは見た (こんな映画見ました~)
『 宮廷画家ゴヤは見た 』 ---GOYA'S GHOSTS--- 2006年(アメリカ/スペイン) 監督:ミロス・フォアマン 出演: ハビエル・バルデム、ナタリー・ポートマン、ステラン・スカルスガルド 時は18世紀末、スペイン国王カルロス4世の宮廷画家に任命されたフランシス...
mini review 09382「宮廷画家ゴヤは見た」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
アカデミー賞監督賞などを受賞したミロス・フォアマン監督が、スペインの天才画家ゴヤの目を通して人間の真実、愛の本質を見つめた感動作。ゴヤが描いた2枚の肖像画のモデルたちがたどる数奇な運命を、18世紀末から19世紀前半の動乱のスペイン史を背景に描く。『ノーカン...
【映画】宮廷画家ゴヤは見た…ナタリーは微妙。スペインは怖い。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
今朝{/kaeru_fine/}{/hiyoko_cloud/}は朝一番から投票に行ってまいりました。 投票開始時間に行ったのは初めてで、投票箱チェックも初めて見ましたよ(残念ながらチェックしたのは私じゃなかったんですけどね{/face_acha/}) で、その後「仮面ライダーディケイド」の最終...
宮廷画家ゴヤは見た(2006年・米/西) (SCARECROW'SROOM)
★天才画家が見たのは、異端審問がもたらした悲劇でした★「家政婦は見た!」でも「宮廷画家は見た!」でも、そこにある事実は見てはいけないような醜悪なもの…。あぁ…世の中、見ちゃいけないものが多すぎます。でも見ちゃいけないものほど覗きたくなる。そう「他人の不...
映画『宮廷画家ゴヤは見た』を観て (KINTYRE’SDIARY)
83.宮廷画家ゴヤは見た■原題:Goya'sGhosts■製作年・国:2006年、アメリカ■上映時間:114分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:10月4日、渋谷東急(渋谷)スタッフ・キャスト(役名...