心の栄養♪映画と英語のジョーク

日々観た映画のレビューと英語のジョーク♪心の栄養いっぱいとってKeep smiling♡

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「南極料理人」

2010-02-25 | 映画「な」行
日本から14,000キロの彼方、平均気温マイナス57℃という過酷な場所に建つ南極ドーム
ふじ基地。ここに、観測隊の一員としてやってきた西村淳(堺雅人)の任務は、総勢8名の
男たちの食事を用意すること。日本に残してきた妻と8歳になる娘、そして生まれたばかりの
息子のことが気に掛かりながらも、腕によりをかけた料理で男たちの胃袋を満たしていく。
とはいえ、食材は豪華でも新たな調達のきかない最果ての地で、日々のメニューに変化を
付けるのは至難のワザ。 おまけに、想像を絶する過酷な生活で隊員たちの疲労とフラストレーションも
ピークに達していくが・・。


 
時々、映画を見て、無性にこれ食べた〜〜〜〜〜〜〜い!という映画に
出会いますが、これもまたそんな作品の一つでしたわ。
もうね、出てくる料理が何もかも、めちゃくちゃ美味しそうで、
ご飯を食べてから見たにもかかわらず、無性に食べたくて食べたくて
たまらなくなりました(^^ゞ 特に、おにぎりとラーメンのシーンでは、
過酷な日々を過ごしてる南極観測隊員の方たちだってことを忘れて、
羨ましくて羨ましくてたまらなかったです。

南極観測隊員、特にこの映画の舞台となってるのは、昭和基地じゃなくて、
そこから遙か彼方(確か1000km離れてるっていってたかな?!)の、
ペンギンもあざらしも、生き物なんてな〜んにもいないところで、
隊員も総勢8名。毎日毎日、来る日も来る日も、この8人の顔以外
見ることはない。彼らにとって、楽しみと言えば、日本からもってきた
ビデオを何度も何度も見ることくらい。その中で、西村の作る
日々の三度三度の食事は、何にも代え難い楽しみだっただろうなぁと思いました。

昭和基地のことは、時々紹介されてるのを見たり読んだりしたことが
ありましたが、富士山よりも高い標高のところに、たったこれだけの
隊員たちが、まるで閉じ込められてるかのような生活をしてるなんて、
全然知りませんでした。あの狭い空間に、1年以上・・。
自分だったら耐えられないだろうと思いましたが、彼らはもうすでに
そこに行っちゃってるわけで、逃げるに逃げられないし、外には広い
(広すぎるくらいの)大地と空間は広がってますが、マイナス50度から
70度以下の日もあるくらいで、そうそう簡単に外に出て・・なんて
わけにもいかない。ほんと、過酷だなぁ〜・・と思いました。
 
長い間、家族とも離れ、恋人とも離れる生活。会えないということは、
距離も深めてしまいますし、そこには悲しいドラマも生まれちゃうの
もわかる、と思いましたが、離ればなれになっていて、お互いの良さが
わかるってこともあるわけで、彼らの帰国後がチラッとラストにありますが、
そこもなかなか好きでした。

南極観測隊の過酷な生活を、ユーモアを交えつつ、コミカルなタッチで
描いてあった本作でしたが、とにかく食事メイン。
彼らの唯一の楽しみであろう食事。
ラーメン食べないと死んじゃう・・というタイチョー(きたろう)の
気持ちもわかるなぁ〜・・でした。食べられないと思ったら、余計に
無性に食べたくなるのも道理。このラーメンが、うわぁ〜〜〜!というくらい
美味しそうでした♪香りもしてきそうなくらい。
 
あれだけ西村が腕に寄りをかけて作った食事に、一度も隊員たちは
“美味しい!”という言葉を発しないんですよね。そこがちょっと
ひっかかりましたが、彼らの食べっぷりを見てたら、美味しいって
思ってるのは一目瞭然でした。が、やはり主婦の立場で言わせてもらえば、
美味しいという一言が欲しいところでしたわ(^^ゞ

人間、生きて行くのに必要なのは、食事と睡眠でしょうか。その合間合間に
仕事をしてるわけで、この映画を見てると、いろいろな問題も起きるんですが、
仕事上の問題なんて、結局食事と食事の間の些細なことなのかもしれない・・と
思えたから不思議。
期せずして、娘と衛星回線(?)で西村が話すシーンがあるんですが、
そこで、彼が言った言葉、“美味しいものを食べると、幸せになるじゃない?” 
これに尽きるのかな、と。

何か嫌なことがあったら、とりあえず美味しいものを食べてみる、これって
重要なのかも、と思いました。別のそれが豪華なものじゃなくても
いいんですよね。この映画に出てきたような、たまらなく美味しそうな
おにぎりとかラーメンで充分。(途中、本格的な、これまた美味しそうな
洋食もあったんですが)
・・・といって、私はまた体重が増えることを自分で容認してるんだろうか?
などと思ったりσ(^◇^;)

個人的お気に入り度3.5/5

南極料理人 豪華版 (初回限定生産) [DVD]

バンダイビジュアル

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (20)   トラックバック (64)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「湖のほとりで」 | トップ | 「男と女の不都合な真実」 »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今夜はラーメンにしよかな (トリみどり)
2010-02-25 15:10:04
日常と非日常が料理に現れてる面白いお話でした。ラーメンが食べたい!と請われるかと思ったら、巨大なイセエビフライを出せ!だったり。

おいしいものを食べたら幸せになれる。確かにそうですね。怒りながら作った料理はおいしくないそうです。
すいません (トリみどり)
2010-02-25 15:11:09
TB2回もしてしまっていますね。ごめんなさい、片方削除しちゃってくださいませ。このコメントも削除してもらって大丈夫です。
TBありがとうございました。 (vic)
2010-02-25 18:52:17
見ながらお腹がグーグーなって困った映画でした。

かなり過酷な仕事をしている人達でしたが、こんな大変なお仕事が、世の中の人達には全く知られずに存在するとは!
と、驚きました。

食事というものが、人をあんなに幸せにする力があると知らず、今までいかにいいかげんにやっつけで作ってきたことか...と、猛省しました。
喜んでくれる人を思って作らないとね。

堺雅人良かったですね〜。
ありがとうございます (リバー)
2010-02-25 23:33:43
TB、ありがとうございます。

ホント、料理がおいしそうで 食べたくなりますよね
私的には 俳優陣の人選がツボで サイコーでした

帰国後のそれぞれの様子 僕も好きでした

光栄です!! (sakurai)
2010-02-26 08:33:03
どうもすいませんネ。
うちのマチャトがお邪魔しまして!!
まったく、いろんな映画に出てるもんで、みなさまをお騒がせしてますう。
またどうぞよろしくお願いしますねえ!

て、完全に母になってますが、最近かなりメジャーになってきて、ちょっとなああ。
なんてわがままな私。
知っている人は知っている・・・くらいの頃がにへへへと見れて、よかったのですが、そうも言ってられませんもんね。
がんばってもらいましょう。

この映画の前が「ジェネラルルージュ・・」で、かなりピリピリした役で、ダイエット。
でもって、次が全然違う感じのこの役。
今度は逆に、10キロくらい太ったとか・・なんて話も聞きましたが、こういう役に対する真摯な向き合い方もいいんですよねえ。

帰り道は、直行ラーメン屋でした!!
おいしそうに食べた隊長ですが、あれは何十杯目かのテイクだったとか。
役者は辛いですね。
伊勢海老も食べたいけど、あの過酷な環境に波入れないですわ、あたし。
トリみどりさんへ♪ (メル)
2010-02-26 08:42:59
トリみどりさん、こんにちは☆^^

TBの件、了解で〜す♪
でも、二つもしてもらえて余計に嬉しかったです(^ー^* )フフ♪

ほんと、様々な要求をされて彼は大変でしたよね〜。
1回も”美味しい”って言ってもらってなかったし。
やっぱり作った人としては、美味しいの一言って欲しいのになぁ〜・・と思いましたが、まぁ彼らの食べっぷりを見てれば、美味しいと思ってるに違いないわけで、美味しそうに食べてる彼らを見て、にこにこ嬉しそうにしていた西村の表情がとっても良かったです♪

そうそう、怒りながら作った料理は美味しくないですよね。
怒りながら食べる料理も美味しくないですし。
でも、美味しいものを前にすると、自然と怒りも収まりますよね(*^^)v

食事って大切、とつくづく思わせてもらいました♪
vicさんへ♪ (メル)
2010-02-26 08:58:37
vicさん、こんにちは☆^^

こちらこそTBとコメント、いつもどうもありがとうございます♪

そうそう、この映画はお腹がグー!でしたよね〜。
食事の後に見たのに、お腹が空いた・・というか、どうしてもあのおにぎりにラーメンが食べてみたくてしょうがなくなりました(^^ゞ

私もいい加減に、かなり手抜きで料理をしてばかりなので、反省しきり・・でした(^_^;)
美味しいものは人を幸せにする・・って思いながら、喜ぶ人の顔を思いつつ、やはり愛情たっぷりで作らなくっちゃなぁって思いましたわ。
でも、なかなか実行出来てませんけど(^_^;)

コンナ過酷な仕事があるなんて、ほんと、知らなかったです〜。
昭和基地なら、もっとたくさん人がいて、もっと広くて・・だと思うんですが、あの狭い空間に、いつも同じたったあれだけのメンバーの顔しか見ることがないって、大変ですよね〜。
仕事自体も大変ですし、生活も大変。
その中でやはり食事って一番の楽しみだったのかなぁって思いました。

そうそう、堺雅人、良かったですよね〜(*^^)v
好きです(^ー^* )フフ♪
TBありがとうございました (猫)
2010-02-26 09:33:15
この映画は とりたてて何が?ということはないのに 2009年の邦画のベスト10に残ってしまいました。(ちなみに邦画100本は観ています)
もう1回観たい!と思わせる何かがあるんですね〜(笑)
もちろんマチャトさんのファンです♪
リバーさんへ♪ (メル)
2010-02-26 09:43:34
リバーさん、こんにちは☆^^

こちらこそTBそれにコメント、いつもありがとうございます♪

美味しそうな料理の数々でしたよね〜♪
どうしても食べたい!と何度も思いつつの鑑賞でした(^^ゞ

そうそう、俳優さんたち、みんな良かったですよね〜。
適材適所というか、みなさんお似合いでしたし、演技も巧いし、そこもまた楽しめたところでした。

>帰国後のそれぞれの様子 僕も好きでした

ほんと、私も好きでした。
あ〜、良かったなぁ、彼らも報われたかなって思えたところ、ホッとできたところ、とっても好きでした。
sakuraiさんへ♪ (メル)
2010-02-27 09:37:35
sakuraiさん、こんにちは☆^^

お返事が遅くなってしまって、申し訳ありません(^_^;)
すっかりオリンピック中継などを見てしまってました〜(^^ゞ

いやぁ、まちゃとさまはほんと良かったです〜(*^^)v
さすがsakuraiさんちのまちゃとさまだわ・・と感心しきりでした(^ー^* )フフ♪
私も息子と同じ名前の素敵〜な俳優さんが出てこないものか・・と期待しちゃいますが、無理かなぁ(^^ゞ

そうそう、ほんと最近露出が多いですよね〜。
それだけ皆が受け入れて素敵だと思ってることに間違いないわけですが、昔からのファンのsakuraiさんとしては、微妙な気持ちになるの、よ〜くわかります^^
そこが切ないファン心ってやつですよね(^ー^* )フフ♪

>「ジェネラルルージュ・・」で、かなりピリピリした役で、ダイエット・・

そうか!あの映画では、ぐぐっと痩せて・・と思ってたんですが、今回は確かにちょっとふっくらでしたね〜!
言われて初めてそこに気が行きました(^^ゞ
役者魂ですよね〜。
さすがだわ!

で、なんですと?あのラーメンのテイクは何十杯目かの・・だったんですね〜!
ひぇ〜!それにしては、と〜っても美味しそうに食べてましたよね。
これまたさすが役者さん・・ですね。
きたろうさんもやりますねぇ^^

そうそう、私もラーメン食べたい・・うぅぅ・・食べたい食べたい、と見終わって何回主人に訴えたか(笑)
さっきご飯食べたところじゃん!と、軽くあしらわれてしまいましたが(^_^;) 一週間経っても、いまだその熱が冷めないので、明日はラーメン屋に行こうと思ってます^^♪

私もあんな美味しい食事が毎回食べれるなら・・とチラッと頭をよぎりましたが、どう考えてもあそこで1年以上も生活出来ません(^_^;)
過酷ですもんねぇ〜。
頑張って1週間が限界かと・・(^_^;)
猫さんへ♪ (メル)
2010-02-27 09:42:07
猫さん、こんにちは☆

こちらこそTBそれにコメントもいただいて、どうもありがとうございます♪

ほんと、妙に惹かれる映画でしたよね〜。
ン十年前に比べると、邦画も様々なジャンルの、様々な設定のものが出てくるようになって、ほんと面白くなってきましたよね。

猫さんもまちゃとさまのファンなんですね^^
本当に彼は良い役者さんですよね〜(*^^)v
可愛いし、巧いし、素敵だし、魅力たっぷりで、これからもきっといろいろな役をなさるんでしょうが、とっても楽しみです♪
うまそうに食べる様子 (de-nory)
2010-02-27 12:07:48
メルさん。こんにちは。

本当に「うまい!」って言ってあげればいいのに。
だけど、境雅人独特の「あの笑顔」でうまそうに食べる様子を見ていた。
極寒の地で、西村がうれしい瞬間なのでしょうね。

とにかく、うまいごはんを食べてくなりました。
de-noryさんへ♪ (メル)
2010-02-28 07:33:49
de-noryさん、こんにちは♪

そう、美味しい!うまい!って言ってもらいたかったですよね〜。
いつ言うんだろう、いつ言うんだろう?って思って見てたんですが、結局言葉としてはなくて・・。
どっかで1回でも言ってくれてたら、もっとスッキリした気分で見ることが出来たかなぁって思います。

が、仰る通り、堺雅人があのニッコリの笑顔で、みんなが美味しそうに食べるようすを、満足そうに見てたので、言葉には出さなくても、気持ちは通じてたんですよね^^

ほんと、うまいご飯がたべたくなりましたね♪
すでに見終わってから1週間ほど経ってますが、やっと今日あたりラーメンを・・と思っています^^
お腹がすく幸せな映画でした (GAKU)
2010-02-28 11:24:10
こんにちは。
「無性にこれ食べた〜〜〜〜〜〜〜い」
よくわかります(笑)

映画に感化されて、ウチでは久しぶりにおにぎり&味噌汁というシンプルなお昼ご飯でした。

でもあのはふはふして食べる感じは、豪華な料理と同じくらい幸せ感は強いですね。そんなことをあらためて思い出させてくれる良い作品でした。

※livedoorからgooにはTBが成功しないようなので、コメントだけになります。すいません。
GAKUさんへ♪ (メル)
2010-03-01 08:34:44
GAKUさん、こんにちは☆^^

ほんと、お腹が空く映画でしたよね〜^^
これ食べたい!な気持ちもよく伝わって来ましたよね。

>ウチでは久しぶりにおにぎり&味噌汁というシンプルなお昼ご飯でした。

いいですねぇ〜!
それが一番のごちそうだったりしますよね。
日本人ですから(*^^)v
私もこの映画を見て以来、3回くらいおにぎり作って食べました(笑)
こうやってコメントと書く度に、いろいろ思い出しておにぎりやらラーメンやら食べたくなって困っちゃいます(笑)

そうそう、あのはふはふして食べる感じは、どんなご馳走よりもご馳走だったりしますよね♪
う〜〜〜ん、日本人に生まれて良かった〜!でした^^

(TBの件、了解しました。ご迷惑をおかけして申し訳ありませんm(__)m )
食べたい… (ちゃぴちゃぴ)
2010-03-01 08:58:25
おはよーございます。
いけませんね、この映画!
満腹と食欲が別な回路なわたし、刺激的でした。
昔のビンボー学生男子寮のような雰囲気でしたが、「家に帰りたい」とか「ここから出たい」と思っても、どこにも行けないところがミソね。ペンギンもアザラシもいないし、タロやジロもいない。
沸点85℃と限られた食材しかないとはいえ、なんと豪華なこと。食が知らない間に満たすものって大きいんでしょうね。
あのラーメンで出来てるタイチョーの気持ち、わかりますねぇ。
ソウルフードでしょうねぇ、これも。
残した家族やらのエピは、実は…というところがまたよかったし、あっさり短い目なのも効果的でした。
少し暖かくなってからじゃないと寒くて観られんわと思って、すぐに観なかったんですが、あまり関係なかったですね。
それより、お腹が減った状態で観るとやばい映画ですねぇ。
実際の西村さんは、もっと豪快そうなおっちゃんだったようですが、堺さんの笑顔はまたよかったです。
ちゃぴちゃぴさんへ♪ (メル)
2010-03-01 09:50:55
ちゃぴちゃぴさん、こんにちは☆^^

いやいや、ほんと、いけませんねぇ〜、こういう映画は(笑)
私もお腹いっぱいな状態で見たのに、空腹感が・・(^_^;)
さらには、どうしても食べたい!という気持ちがふつふつと・・困ったもんです〜(笑)

確かにビンボー学生の亮みたいな感じでしたね〜^^
でも、どこにも行けない、逃げられない、ここしかない・・という状態は厳しいもんがありますよね。
そうそう、ペンギンもあざらしも、タロやジロもいない・・f(^ー^;
せめてタロ・ジロみたいなワンを連れて行くことが出来れば、少しはみんなの気持ちが癒される部分もあったかもしれませんね〜。

タイチョーは、ラーメンで出来ている(笑)可笑しかったけど、仰る通り、ラーメンが彼にとってはソウルフードなんでしょうね〜。
食べられないと思ったら、もう食べたくて食べたくて堪らなくなる気持ちも、よ〜くわかりましたし。

>残した家族やらのエピは、実は…というところがまたよかったし、あっさり短い目なのも効果的でした。

ほんと、そうでした!
あっさり目、それも短め、とっても良かったです!!!
短いけど、とても効果的な、”その後”で、作り方も巧いなぁって感心しました♪

ふふ、そうでしたか、温かくなってからね〜(笑)
私も、チラッと思ったんです、これ、寒いときに見るもんじゃないよね、できれば夏に、見れば涼しい・・という感じで鑑賞した方がいいのかな、とf(^ー^;
でも、あまり関係なかったですね(笑)
そう、それよりも空腹時は見てはいけない映画・・でした。
まぁ私の場合は(ちゃぴちゃぴさんも仲間?!笑)いつ見てもヤバイわけですが(爆)

そうそう、ちゃぴちゃぴさん、TBいただいて、コメントもいただいて、いつものように超超嬉しいんですが、先ほどこの記事に行かせていただいたら、コメント欄が発見できない!さらにTBも出来ない(というか、TBアドレスが出てない)状態だったので、そういう設定に変えられたのかなぁ〜?と思ったりしたんですが??
もしかしたら、これ書いた後行ってみたら、すべてOKってことになってるのかもしれませんが・・・。
そちらで出来ればコメントも残したいなぁと思っているので、よろしければコメント欄を・・よろしくお願い致しますm(__)m
食欲増進映画 (なな)
2010-03-04 22:48:33
ほんとにね〜
私はだいたいDVD観るのは夜中で
酒は飲んでるけど食べ物は太るので一切なし!なのだけど
この映画はお腹が空いてないのにもかかわらず
食べたくて食べたくて・・・・
私もラーメンが一番食べたかったかな〜

食欲増進映画としては
これの他は「バベットの晩餐会」とか
「ショコラ」とか「リストランテの夜」とかが
思い浮かぶのですが,
邦画ではこれが一番かな。
癒しキャラ全開の堺さんの雰囲気と相乗効果で
とても満ち足りた気分になりました。
ななさんへ♪ (メル)
2010-03-05 09:03:05
ななさん、こんにちは☆^^

ほんと、お腹空く映画でしたね〜^^
お、お酒片手に・・でしょうか?^^
いいなぁ〜♪
私は飲めないので、そういうの一度やってみたいんですが、飲んだらすぐに眠くなっちゃうのでダメです〜(^_^;)

この映画はお腹いっぱいで見ても、絶対に”食べたくなる”映画でしたよね〜!
私も夕飯食べた後で見たのに、おにぎり食べたい、ラーメン食べたい!と、脳が命令するんですよ〜(笑)困ったもんだ(^_^;)

バベットの晩餐会!そう、あれもお腹空く映画でしたよね〜!
大好きな映画です。
そういえば、再見したいなぁと思いつつ、もうなが〜〜〜〜〜い間見てないので、思い出させていただいたので、そろそろ再見したいです♪
リストランテの夜も良い映画でしたよね〜。
勿論ショコラも。
そうやって考えてみると、私、すっごく美味しいものが出てくる映画が好きダッタンだ!と判明いたしました(笑)
やはりものすごく”美味しい映画”は良い映画が多いですね♪^^
ちょっと心配を・・・ (latifa)
2010-04-14 10:23:48
メルさん、こんにちは!
ここのところ、全然こちらが更新されていないし、メルさん、どうかされたのかな・・・って毎日心配しておりました。
忙しいだけなら良いんだけれど、何かあったんじゃないか?具合でも悪いのだろうか?と、気になっちゃって・・・。なんでもないなら良いんだけど・・・。

で、これ見ました!
メルさんも美味しいという言葉が無いって部分を気にとめられていたので、同じ〜〜!!って凄く嬉しくなっちゃった。やっぱり言ってもらいたい(^▽^)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

64 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
南極料理人/堺雅人、生瀬勝久 (カノンな日々)
大好きな堺雅人さんの主演映画というだけでも楽しみにしてましたけど、南極料理人というテーマもなかなか面白そうな感じで公開を楽しみにしてました。 出演はその他に、きたろう、高良健吾、豊原功補、西田尚美、古舘寛治、小浜正寛、黒田大輔、小野花梨、小出早織、宇...
南極料理人 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原作:西村淳、 沖田修一監督、堺雅人、生瀬勝久、きたろう、高良健吾、豊原功補、西田尚美、古舘寛治、黒田大輔、小浜正寛、小出早織、宇梶剛士、嶋田久作。海岸付近の昭和基地からさらに奥の標高3800メートルのドームふじ基地隊員の1年間の生活の物語。
【南極料理人】 (日々のつぶやき)
監督:沖田修一 出演:堺雅人、生瀬勝久、きたろう、高良健吾、豊原功補    おいしいごはん、準備中。 「海上保安庁で調理担当だった西村は南極のドーム基地に単身赴任することになった。 生物は全くいない、ウイルスさえ生きられない極寒の地でたった8人だけ
ペンギンはいません (南極料理人) (cinemaholic)
夫の大学の友人が第51次南極地域観測隊員(11月出発だそうです)に選ばれたり、夫の実家の近所に以前南極に行ったことがある人がいたりで、たまたま身近に南極に行ったことがある人がいて、南極ってなんだかすごく気軽に行けるような気になりますが、もちろんそんなこと...
『南極料理人』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「南極料理人」□監督・脚本 沖田修一 □原作 西村 淳 (「面白南極料理人」新潮社刊)□キャスト 堺 雅人、生瀬勝久、きたろう、豊原功補、高良健吾、西田尚美、古舘寛治、黒田大輔、小浜正寛、小出早織、宇梶剛士、嶋田久作■鑑賞日 8...
南極料理人 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★[4/5] 小ネタのオンパレードで、まったく飽きさせない。
『南極料理人』を観るつらさ (映画のブログ)
 テアトル新宿は全席指定なのに、『南極料理人』は立ち見が出る盛況だった。  同じくテアトル新宿で観た『インスタント沼』も込んでいた。...
映画 ■■南極料理人■■ (Playing the Piano is ME.)
空腹なまま見に行くと、もうやばい、やばい! もう、お腹がグウグウなっていました! 家に帰ったら 普段は「手間がかかるから」と言って滅多に作らない 茶碗蒸しなんて、頑張って作ってしまいました。
南極料理人 (to Heart)
おいしいごはん、できました。 氷点下54℃、 家族が待つ日本までの距離 14,000km 究極の単身赴任。 上映時間 125分 原作 西村淳 『面白南極料理人』『面白南極料理人 笑う食卓』(新潮文庫刊) 脚本・監督 沖田修一 出演 堺雅人/生瀬勝久/きたろう/高良健吾/豊原功補/西...
南極料理人 映画化 面白そ〜〜 (やっほっほ〜)
南極料理人昭和基地からもはるか遠くに離れた、ペンギンもいなければウイルスさえ存在しない、地の果てにある南極ドームふじ基地。 日々研究に励む南極越冬隊員を支えるべく、 料理人・西村(堺雅人さん)が単身赴任でやってくる。 氷点下54℃、日本までの...
『南極料理人』 (ラムの大通り)
-----これって、昨年度の映画賞を総ナメにした堺雅人が 南極ドームふじ基地で、8人の男たちのために料理を作るって話だよね。 オモシロそうな、そうでもなさそうな…。 「うん。確かにイメージがつきにくいよね。 この映画では、その舞台がほとんど難局に限られている。 ...
南極料理人 (Diarydiary! )
《南極料理人》 2009年 日本映画 ペンギンもアザラシも細菌もいない、そんな南
沖田修一監督 「南極料理人」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
以前読んだ西村淳氏のエッセイ「面白南極料理人」を元に映画化された本作 (原作「面白南極料理人」のレビューはコチラ⇒http://blog.goo.ne.jp/hi-lite2974/e/2459c06b27272100e5c0cc819089fcd2) お給料が入り公休でしたので、やっと観てきました(^−^)v 公式サ...
「南極料理人」:大島一丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}ハトにエサをやるのはまずいかもしれないけど、南極観測隊にはエサをやらないとな。 {/hiyo_en2/}エサ?お国のために極地でがんばっている人たちにエサとは失礼でしょ。 {/kaeru_en4/}あ、これは失言。でも、「南極料理人」に出てくる観測隊員は、探検家と...
「南極料理人」(日本 2009年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
平均気温−54℃。 日本から離れること14,000?。 南極大陸での単身赴任。
南極料理人 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『おいしいごはん、 できました。』  コチラの「南極料理人」は、実際に南極で料理を作っていた西村淳のエッセイ「面白南極料理人」を、本作が商業映画デビューとなる沖田修一監督が、主演にあたしも好き♪な堺雅人を迎え、映画化した8/22公開のハートウォーミング...
南極料理人 (POCKET BASE)
西村淳のエッセイ『面白南極料理人』を原作とした映画『南極料理人』を観てきた。 南極大陸の昭和基地から約1,000kmも内陸に入った、南極ドームふじ基地。そこは、ウイルスさえも生存できない極寒の地。そんな、南極ドームふじ基地に派遣される、南極観測隊。調理担当とし...
『南極料理人』 ('09初鑑賞137・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆− (5段階評価で 4) 9月26日(土) シネ・リーブル神戸 シネマ3にて 12:25の回を鑑賞。
【南極料理人】極寒の地のゆる〜い日常 (映画@見取り八段)
南極料理人 監督:  沖田修一 出演:  堺雅人、生瀬勝久、きたろう、高良健吾、豊原功補       公開: 2009年8月 南極って言った...
ラーメン食べたい!〜『南極料理人』 (真紅のthinkingdays)
 南極・昭和基地からはるか1000キロ、ペンギンやアザラシはおろか、ウィルス さえいない極寒のドームふじ基地。ここで集団観測生活を送る8...
『南極料理人』(2009) (【徒然なるままに・・・】)
実際に観測隊員として二度南極を訪れた西村淳が、自身の体験を記したエッセイ集を映画化したもの。 先日その本を読み、大変面白かったので映画版にも興味を持っていたが、はたしてエッセイをドラマ化してどうなるのか、という点が不安だったが、それを帳消しにするような...
映画 南極料理人 (きまぐれ☆ちょこっと記)
女子の日に行ったらいっぱいでした。
「南極料理人」 (てんびんthe LIFE)
「南極料理人」ヒューマントラストシネマ渋谷で鑑賞 恐ろしく個性的な俳優たちが集結し男版「かもめ食堂」「めがね」といった雰囲気の作品。 場所は南極点に程近い極寒の場所。 行きたくなくて行かされている人もいれば、研究のために自ら行く人もいて人間模様も様々...
南極料理人 (勝手に映画評)
南極観測隊で調理担当だった西村淳氏のエッセー「面白南極料理人」「面白南極料理人 笑う食卓」を映画化。 原作を読んだことがあるんですが、元々面白いエッセーでしたが、映画になるとは思っていませんでした。映画になっても、その面白さは失われていません。しかしな...
南極料理人・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
もしもあなたが、一年間の単身赴任を命じられたとしたら・・・? しかもその行き先が、雪と氷以外何も存在しない南極大陸だったとしたら・・...
南極料理人 (単館系)
テアトル新宿で公開当初から見たかった作品。 なんだか地元川口のMOVIXに来たので見ることができました。 堺雅人さんは料理がうまい・・・・...
南極料理人 (だらだら無気力ブログ)
南極観測隊に料理人として参加してドームふじ基地で越冬した西村淳の エッセー「面白南極料理人」を映画化。 家族や恋人と離れ、ペンギンもアザラシもウイルスさえもいない過酷な環境の 下で共同生活を営む8人の男たちの人間模様を描く。 主演は堺雅人で共演に生瀬勝久...
「南極料理人」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  主役は料理美味しそうなものは美味しそうに、不味そうなものは不味そうに、存在感のあるものは「これでもか!」というインパクト。とにかく出てくる料理という料理、すべてに「おぉ〜〜!」と思わされた125分。それもそのはず。フードコー...
南極料理人 (タル★タル ソース♪♪)
「南極料理人」をみてきました。前に何かの映画評でとりあげていて、ちょっと面白いかな、堺雅人さんだしな・・なんていうくらいの軽い気持ちで観に行ったのですが、すごくゆるい雰囲気の中、笑って泣けてとっても楽しめた映画でした。 監督の沖田修一さんは、商業映画第...
南極での生活 (笑う学生の生活)
25日のことですが、映画「南極料理人」を鑑賞しました。 南極での男の生活 いわば究極の単身赴任 仲間以外は誰もいない・・・ そんな、非日常での出来事を描いていきます とはいえ、何か大きなことがあるわけではないのだが そこが良い さまざまなエピソードで見せて...
南極料理人 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
南極料理人 [DVD]人が心から楽しみにしている“ごはん”には、こんなにも力があるものなのか。南極を舞台にした異色グルメ映画だが、背景には、家族への思いや仕事の誇り、非日常的空間での人間関係などがあり、見所満載だ。1997年、海上保安庁の調理担当・西村...
映画 「南極料理人」 (ようこそMr.G)
映画 「南極料理人」
映画「南極料理人」@ヤクルトホール (masalaの辛口映画館)
 試写会場は多くの女性観客が来場して、あっという間に客席はほぼ満席になってしまった。南極料理人 映画の話 西村(堺雅人)は南極の昭和基地からも遠く離れた陸の孤島、南極ドームふじ基地に料理人として派遣される。妻(西田尚美)と娘を置いての単身赴任生活で、彼...
試写会「南極料理人」 (流れ流れて八丈島)
へとへとの当直明け、真っ直ぐ家に帰って、目覚まし時計もセットしないで、どっぷり昼寝しちゃいました「ハッ!」と目覚めたら、夕方五時半、ギリギリです危うく試写会に間に合わないところでした新橋ヤクルトホールで、「南極料理人」を観てきました超お薦め、とても面白...
♯45 「南極料理人」 (cocowacoco)
映画 「南極料理人」       監督:沖田修一 原作:西村淳 2009年 日本 あ〜笑った!久々に涙が出るほど笑ったよ。 ペンギンもアザラシどころか寒さでウィルスも居ない、南極のドームふじ基地(マイナス54度)。 そこで男だけ8名で一年半過ごす物語。 そん...
南極料理人 (うろうろ日記)
試写会で見ました。南極の料理人が主人公みたいな扱いになっていますが、実際は、その
南極料理人 (迷宮映画館)
逃げ場がないって、きついんだろうなああ。
『 南極料理人 』 (映画でお喋り♪猫とひなたぼっこ)
堺正人クンが 主演じゃなかったら もしかしたら パスしてたかも??? どんな映画なのか? 全く未知数でした。 はい。 普通に 面白かったです。 それほど大きな事件も 起こるわけでもないし ほとんど 南極での 日常を描いているだけなのです。 が 観終わった後...
映画「南極料理人」 (After the Pleistocene)
 どうもわれわれの食にかかわる頭脳回路はわりと単純に出来ているようだ。だから南極越冬隊員たちが「エビ」と聞くとすぐ「エビフライ」を想像し、「エビフライを食べたいよう!」の大合唱になってしまう。材料として保管されているエビは、伊勢海老だと料理人がいくら説...
『南極料理人』(2009)/日本 (NiceOne!!)
監督・脚本:沖田修一原作:西村淳主題歌:ユニコーン出演:堺雅人、生瀬勝久、きたろう、高良健吾、豊原功補、西田尚美、古舘寛治、黒田大輔、小浜正寛、小出早織、宇梶剛士、嶋田久作公式サイトはこちら。<Story>海上保安庁の料理担当である西村(堺雅人)は、南...
『南極料理人』 (kuemama's_webryblog)
2009年/東京テアトル/125分 【オフィシャルサイト】 監督:沖田修一 出演:堺雅人、生瀬勝久、きたろう、高良健吾、豊原功補、西田尚美、古舘寛治、小浜正寛、黒田大輔
「南極料理人」みた。 (たいむのひとりごと)
料理って化学なんだよなーっていつも思うけれど、料理人は科学者じゃないんだよね。強いて言うなら芸術家?南極の奥地”ドームふじ基地”に集まった、所属も仕事もバラバラな寄せ集め8人衆での1年半。当たり前が通
南極料理人 (心のままに映画の風景)
日本から14,000キロの彼方、平均気温マイナス57℃という過酷な場所に建つ南極ドームふじ基地。 西村淳(堺雅人)は、総勢8名の男たちの食事を...
「南極料理人」 究極の単身赴任 (はらやんの映画徒然草)
今回のサブタイトルは、本作「南極料理人」の予告の中で使っていたコピーです。 もう
南極料理人 (BUNPITUノHIBI)
沖田修一監督 南極の内陸部に建てられたドームふじ基地。そこではわずか8名の隊員が、一年半もの観測のために勤務していた。海保に勤務する西村は、運命のイタズラで調理担当として赴任。彼らの胃袋を預かることになる。 二度の南極越冬経験のある西村淳氏のエッセイ...
南極料理人 (墨映画(BOKUEIGA))
何で、みんな「うまい!」って言わないんだ。 料理は好きで、よく作ります。 たいしたものは作りませんけれど、「うまい」の一言がうれしくて作ります。 うまそうには食っていましたが。言わないといけないよー。 だけど、その黙々とではあるがうまそうに食う姿を見て、う...
「南極料理人」(日本 2009年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
平均気温−54℃。 日本から離れること14,000?。 南極大陸での単身赴任。
09-254「南極料理人」(日本) (CINECHANの映画感想)
ここには何もありません  日本からはるか14,000キロの彼方、平均気温マイナス57℃という過酷な場所に建つ南極ドームふじ基地。ここに、観測隊の一員としてやってきた西村淳の任務は、総勢8名の男たちの食事を用意すること。日本に残してきた妻と8歳になる娘、そして生...
南極料理人 (日々緩々。)
本日公開した『南極料理人』、さっそく観て来ました〜 あらすじ(allcinemaより)- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -...
南極料理人 (ダイターンクラッシュ!!)
2010年1月24日(日) 19:30〜 キネカ大森2 料金:1000円(Club-Cテアトル会員料金) パンフレット:未確認 『南極料理人』公式サイト 昨年見逃したテアトル系公開作品のキネカ大森での補完計画。第三回目。 南極観測隊の料理を担当する男の話。この南極料理人は、...
南極料理人 (ダラダラ生活 日記)
脚本・監督:沖田修一  原作:西村淳「面白南極料理人」(新潮文庫刊) 出演:堺雅人・生頼勝久・きたろう・高良健吾・豊原功補・西田尚美     古館寛治・宇梶剛士・島田久作 ほのぼのした映画でした。 氷点下54℃、標高3,810m、南極のドームふじ基地での 観測...
南極料理人 (晴れたらいいね〜)
このところ、暖かいので観ました。南極=寒い、冬、観るのはつらい。(寒がりなんです)寒い云々よりも、お腹がすいた状態で観るのは、よくない映画です。食後に観たのですが、それでも「食べたい…」と思いました。あ〜ラーメン、食べたいっ!南極料理人監督・脚本...
南極料理人 (めぐるさんの徒然日記)
ひとり映画は楽し。
『南極料理人』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
昭和基地からもはるか遠くに離れた、ペンギンもいなければウイルスさえ存在しない、地の果てにある南極ドームふじ基地。日々研究に励む南極越冬隊員を支えるべく、料理人・西村が単身赴任でやってくる。孤立無援の僻地で、西村はフォアグラ、伊勢エビ、松坂牛など…絢爛豪
南極料理人☆独り言 (黒猫のうたた寝)
おいしいご飯があれば、まぁどんな状況でもどうにかなるもんです。『南極料理人』は南極ドームふじ基地を舞台にその観測隊員8人の日々を描いた作品です。−70℃にもなる極寒世界での1年半の観測生活集まったメンバーは気象学者のタイチョー氷雪学者の本さん、そのサポート...
南極料理人 (虎猫の気まぐれシネマ日記)
面白いとは噂に聞いていたけど,ほんとにね〜,これとってもいい作品。そう,さりげなく癒し系というか。 究極の単身赴任,行き先は南極。ペンギンもアザラシもいない,ウイルスさえ生息できない,平均気温マイナス57度の地。そこに派遣されたチームのメンバーは,無論,...
南極料理人 (描きたいアレコレ・やや甘口)
西村くん、どうしよう〜、楽すいぅ〜〜。 最初の夕食や朝食の場面で「どんだけメインのおかずがあるんかいっ!」とか「うわ〜堺雅人の料...
『南極料理人』 2009-No36 (映画館で観ましょ♪)
氷点下54度の単身赴任。 ロケは北海道・・・北海道って南極に見えちゃうんだ。 少しふっくらとした堺雅人さん。 スウェットの上...
南極料理人 (ドン子の映画とディズニー三昧)
(2009) メディア: 映画 上映時間: 125分 製作国: 日本 公開情報: 劇場公開(東京テアトル) 初公開年月: 2009/08/08 ジャンル: ドラマ/コメディ おいしいごはん、 できました。 氷点下54℃、 家族が待つ日本までの距離 14,000km 究極の単身赴任。 ☆★...
「南極料理人」 (古今東西座)
世間の評判が良さそうなので観てみることにした。南極観測隊に帯同した自衛隊の料理人のエッセイが原作なので、実話をほぼ忠実に映画化したということなのだろう。極寒の地の密封された空間で長期間過ごす男8名。外に出ても雪原が広がるのみ……イヤだな…と当然のことな...
「南極料理人」 (みんなシネマいいのに!)
 平均気温マイナス57℃、ペンギンやあざらしどころか、ウイルスもいない南極ドーム
南極料理人 (paseri部屋)
「南極料理人」(2009)を観ました。監督・脚本:沖田修一原作:西村淳主題歌:ユニコーン出演:堺雅人、生瀬勝久、きたろう、高良健吾、豊原功補、西田尚美、古舘寛治、黒田大輔、小浜正寛、小出早織、宇梶剛士、嶋田久作<内容>海上保安庁の料理担当である西村は、南極....
「南極料理人」良かったです☆ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
こういう知られざる?暮らしをしている人の日常にスポットをあてて、ユニークに見せてくれる映画は大好き。4つ★半〜5つ★
南極かたつむり (Akira's VOICE)
「食堂かたつむり」 「南極料理人」