心の栄養♪映画と英語のジョーク

日々観た映画のレビューと英語のジョーク♪心の栄養いっぱいとってKeep smiling♡

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「最高のともだち」

2009-10-24 | 映画「さ」行
1970年代初頭のニューヨーク。少年トム(アントン・イェルチン)は、夫に先立たれ、
悲しみから抜け出せずにいる母親(ティア・レオーニ)と共に静かに 暮らしていた。トムの
楽しみは、彼が通う学校の用務員:パパス(ロビン・ウィリアムズ)と共に肉屋で配達の
バイトをすること。そして二人の夢は、ショー ウィンドウに飾られている緑の自転車に
乗ることだ。病気のために、年上ながら心が子供のままのパパスとナイーヴなトムは、
いつしかとても気が合う親友同士になっていた。しかし、初恋を通じてトムが、少しずつ
大人の階段を昇りはじめると、大人になれないパパスとの間に少しずつひびが入りはじめる・・。



まずはパリから物語りが始まり、そこでイラストの仕事をしているトムと奥さん、
息子がでてきて、一気に話が過去の、それもニューヨークに戻って
話が進んで行きました。そのパリにいた大人のトムを演じていたのが
デヴィッド・ドゥカヴニーだったんですが、彼が監督でもあり、脚本も担当。
多分これが監督としても脚本を書くのも初めてだと思うんですが、なかなか
良くできていたお話でした。

で、少年時代のトムを演じていたのがアントン・イェルチン。
彼がほんっと可愛いんですよ〜!この映画の前に出てる作品も見たことない
私ですし、さらにはこの映画の後に彼が出てる映画(いっぱいありますね〜!)
「チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室」「ニューヨーク、
アイラブユー」「ターミネーター4」「スター・トレック」と
見てない映画目白押しで、それらの映画を見るのがと〜〜っても楽しみに
なった青年でしたわ♪でも、最近の写真を見てみると、このときのように
純で可愛い・・という感じからはちょっと離れてるようですが(^_^;)

この少年トムが良い子なんです。お父さんが亡くなり、彼自身だって
悲しくて、きっと寂しい日々だったと思うのに、お母さんがお父さんに
先立たれてからちょっと精神的にお隠しなってしまっていて、
お母さんのことが心配で、彼女の寝息を聞きながら、彼女のベッドの下で
絵を描いてたりするんですよね〜。それが健気で。
どっちが親かわからないなぁって感じ。 あ、でも、お父さんは
ガンで亡くなっていたので、母親はガンにならないため・・と、
日々緑の野菜、特にミニキャベツをトムに食べさせてるあたりは、
ちょっと母親らしかったかな。

そんなトムが、近所に住んでいて、さらには彼の学校の用務員の仕事もしている、
ちょっと頭が足りないというか、いつまでも少年の心を持ち続けてる
パパスと親友のようになってる。そのパパスとトムとの関わりが、
面白いところや、優しい気持ちにさせてくれるところがいっぱいあって、
とても好きでした。一緒にバイトもしてる二人だったんですが、
二人して荷物を乗せた三輪の自転車でNYの街を移動するところも良い感じでした。
パパスに父親役をやらせて、保護者になってもらって、「悪魔のいけにえ」を
見に行ったりするところもあり、ほんとの友達のようで、お互いが年齢の差を
感じてない風のところが、また良かったです。楽しそうでした、二人とも。
  
トムが初恋をして、彼女と付き合う時間ができると、二人の関係は微妙に・・。
ほんとにパパスは13歳のトムと同じ年代の友達と一緒なんですよね〜。
嫉妬もする。そしてある事件が起こってしまう・・。
この事件のことは、校長先生のとった態度とか、パパスを全く恨まない
トムという部分で、あまりにも現実離れしてるか??と思った部分がありました。
そして母親も大変なことに・・・。

このいろいろな問題について、アドバイスしてくれる女性がいたんです。
それも刑務所に入っていた女性で、トムと顔を合わせたことはないんですが、
窓から鏡を出して、外の様子を窺ってる女性受刑者のレディ。
この彼女のアドバイスに素直に従っていたトムだったんですが、
大変なことが起こってしまって、恨み言を言いつつもアドバイスを再び
求める彼に、レディが言う言葉もまた大きな転機となりました。
あまり母親らしくない母親を持ってしまったトムにとっては、
このレディの存在も大きな支えとなっていたんですよね〜。

そして、一気に時は現在になって、再びNYを訪れるトム。
そこで懐かしい人たちに再び会う・・。
パパスとの再会よりもレディとの再会に涙しました。

ちょっと解せない部分とか、都合良すぎるか?と思うところがあっんですが、
なかなか良くまとまっていたと思ったし、これが公開もされず、
DVDにもならず、やっと5年も経ってからDVDになって・・という仕打ち?は、
ちょっと酷いなぁって思いました。そこまで酷い作品じゃないのに。
これ以下の作品だって、DVD化されるのは早いし、公開にだってなってるのになぁ
ってちょっと不思議。

ロビン・ウィリアムズやデヴィッド・ドゥカヴニーという有名どころが
出てたのに。でも、このたびDVD化されたのは、やはり少年時代のトムを演じた
アントンくんが、最近の映画でぐぐっと有名になったからなんでしょうね〜。
それにしてもこのまま埋もれてたのかもしれないと思うと、勿体ない作品でした。

個人的お気に入り度3.5/5

最高のともだち [DVD]

角川エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
ジャンル:
映画・DVD
キーワード
ニューヨーク ロビン・ウィリアムズ デヴィッド アントン・イェルチン 悪魔のいけにえ エンタテインメント 寂しい日々 男子トイレ ターミネーター スター・トレック
コメント (10) |  トラックバック (4) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 「素粒子」 | トップ | Watch those buttons(押しボタン... »

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
調べてみたら (may)
2009-10-24 13:14:22
アントン・イェルチンってクリミナル・マインドのS2に出ているんです^^;
犯人役って訳ではないんですが、殺人衝動を抑えられないティーンエイジャーの役でしたが、評価高かったですよ。
でも、なんだか顔が違うぞ(笑)
クリマイの方が後なんですが、雰囲気が違いますね。髪型のせいか^^;

来週、「スタートレック」がWOWOWでDVDリリース記念で先行放送(1回きり)されるので楽しみにしています(^^)
よ〜く見ておかなくちゃ(笑)
いい映画でしたよね! (小米花)
2009-10-24 14:47:29
ロバートと共演した、という認識しかなかったアントンくん、いろいろな作品に出ているのね〜。
私も他のは見てないです。

DVD化に時間がかかったのが不思議ですよね。
私としては、ものすごっくマイナーの映画なのにメルさんと同じ時期に記事アップしてること、しかも感想も似ていたので、そのほうが嬉しかったりしました(笑)。
こんばんは♪ (yukarin)
2009-10-24 23:16:27
この作品が陽の目をみたもアントンくんの名前が知られたおかげですね。
私も最後レディとの再会のシーンではウルウルしてしまいましたよ。
mayさんへ♪ (メル)
2009-10-25 09:30:37
mayさん、こんにちは〜☆^^

おぉ!アントンくん、そこにも出てたんですね〜!
ふむふむ、殺人衝動を抑えきれないティーンエイジャーね〜。
どうも、彼はこの映画までくらいは、子役としてかわいい系が多かったと思うんですが(見てないけど、写真とかで確認するとそんな感じ)その後、顔もなんとなく男らしいというか、若いんだけど渋系というか(^_^;)そんな感じになっていて、役もきっとそういうのが多くなったんでしょうね〜。
あ、でも、これまた未見ですが「チャーリー・バレットの男子トイレ相談室」ってやつの写真を見ると、それなりにかわいい系でした(笑) なので見るのが楽しみなんです(^ー^* )フフ♪
でも、どの写真を見てみても、この映画の雰囲気と違うんですよね〜。
このときが一番可愛い(*^^)v(笑)

WOWOWで「スタートレック」やるんですね〜!良いなぁ〜。
では、よ〜〜〜く見ておいてください(笑)
んで、また記事にでもしていただければ嬉しいです♪^^
小米花さんへ♪ (メル)
2009-10-25 09:33:57
小米花さん、こんにちは☆^^

なかなか良い映画でしたよね〜♪
少なくとも、映画制作から5年も経って、ようやっとDVD化されるような作品じゃなかったですよね。
もうちょっと早く・・というか、普通のペースでDVDスルーでもしょうがないので、DVD化してくれてればなぁって思いました。

私も小米花さんと感想が似ていて嬉しかったです〜(*^^)v
小米花さんがすでにご覧になってる「チャーリー・バレット・・」早く見たいです♪
yukarinさんへ♪ (メル)
2009-10-25 10:32:08
yukarinさん、こんにちは〜☆^^

ほんと、アントンくんのお陰で、この作品が陽の目を見たんですよね〜。
そうじゃなかったら・・と思うと勿体なかったですよね。
そんなに酷い作品じゃないし・・というよりも、小品だけどかなり良い作品だったなぁって思いましたから。

yukarinさんもレディとの再会に
うるうる・・だったんですね。
私もです〜。
パパスとの交流も重要勝かつ良かったですが、わたし的にはレディとの交流が好きでしたし、あの再会のシーンもより感動的だったなぁって思いました。
刑務所を出た後、彼女も幸せであってくれたら・・そしてこの後も幸せに暮してくださいって・・見ながら願ってました。
こんばんは〜♪ (ちゃぴちゃぴ)
2009-10-25 21:24:39
私も、男子トイレの映画は楽しみです。いつも、探せないんですけどねぇ(笑)
スタトレもT4も観た私、役的にはT4の方がオイシい役ですね。
年齢を逆行してみたので、ものすごく可愛く映りました。
パパスのキャラって、強いキャラだと思うんですが、それに負けてない彼はよかったなと思います。
そうそう、あのレディとの交流は私も、ぐっときたなぁ。プレゼントも素敵でした。
ちゃぴちゃぴさんへ♪ (メル)
2009-10-26 08:23:29
ちゃぴちゃぴさん、こんにちは〜☆^^

男子トイレ・・楽しみですよね〜(*^^)v
12月なので、まだしばらくありますが
その前に私は未見の「ターミネーター4」が待ってるので、そっちをまずは楽しみに・・です^^
T4の方が美味しい役なんですね。益々ワクワクです♪

スタートレック見てターミネーター見てこれ・・と言う順番だと、仰る通り年齢を逆行ですもんね。余計に可愛いですよね〜(^ー^* )フフ♪
写真とかで見てみると、このときの写真が一番キュートだなぁって思っちゃった^^
その後の彼は、ちょっと面変わりしてるかなぁという感じがしたけど、この可愛らしさとかは、どっかに残ってるのかな?!

そうそう、パパスのキャラに負けないで
頑張ってましたよね。さすがロビンなので演技はすっごく上手かったですが、しっかりアントンくんが主演、と言える作品になってたと思いました♪

>あのレディとの交流は私も、ぐっときたなぁ。プレゼントも素敵でした。

でしたね〜!
あのプレゼント・・たまらなかったです。うるっときちゃいました。
レディ、きっとあのあともいろんな事があっただろうなぁと思ったし、今がそれなりに幸せそうで(刑務所とか入ってなかったし、亡くなってもいなかったし)ホッとしました。
追伸 (ちゃぴちゃぴ)
2009-10-27 00:41:23
メルさん、アントンくん観てますよん。
「アルファ・ドッグ」の誘拐ライフを楽しんだ後、殺された少年役。
髪の毛の長さが短いんで、印象ちがうねぇ。ふふ、まぁかわいいキャラでしたんで、余計悲惨でしたなぁ。

ちゃぴちゃぴさんへ♪ (メル)
2009-10-27 09:16:08
ちゃぴちゃぴさん、こんにちは〜☆^^

うわぁ〜い♪ちゃぴちゃぴさん、教えてくださってありがとうございます!!!

いやはや、全く覚えてませんでした(笑)
あの映画では、エミール・ハーシュと、
うわぁ素敵だわと思ったジャスティン・ティンバーレイクしか印象に残ってなかった・・(^_^;)ヤバイ・・
でも、ちゃぴちゃぴさんのお陰で思い出せました!
そうか、あの少年が彼だったんですね〜!!!
いやぁ、確かにかわいい系だったけど
この映画と随分違いました〜(^^ゞ
あの映画では可哀想でしたよね、彼は。

ちゃぴちゃぴさん、ありがとう!!!!!!!
彼のこの映画の”後”を自分もしっかり見てたんだとわかって、嬉しいです。
わざわざお忙しいのに教えに来てくださって、大感激(*^^) 
感謝感謝です

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
最高のともだち (こんな映画見ました〜)
『最高のともだち』 ---HOUSE OF D--- 2004年(アメリカ) 監督:デヴィッド・ドゥカヴニー 出演: アントン・イェルチン、ティア・レオーニ、デヴィッド・ドゥカヴニー、ロビン・ウィリアムズ ロビン・ウィリアムズと“次世代ハリウッドスター”アントン・イェル...
最高のともだち [DVD] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:HOUSE OF D公開:2005年劇場未公開?製作国:アメリカ上映時間:96分監督:デヴィッド・ドゥカヴニー出演:デヴィッド・ドゥカヴニー、ロビン・ウィリアムズ、アントン・イェルチン、ティア・レオーニ、エリカ・バドゥ+あらすじ+病気のために心が子供のままの用務員...
最高のともだち (晴れたらいいね〜)
Xファイルのデヴィッド・ドゥカヴニーが、初監督作品。T4にスター・トレックにと立て続けに話題作に出ていたアントンくんが、13才の少年で出ています。これが目当て(笑)これは、日本では劇場未公開作品ですが、思いの外いい感じの映画でした。「ともだち」もんっていう...
★★★「最高のともだち」デヴィッド・ドゥカヴニー、ロビン・ウ... (こぶたのベイブウ映画日記)
お母さんが心配で、ベッドの下にいる少年が切なかった。根っから悪い子たちじゃないのに、あの校長先生が、友情から生まれた嘘に、まるで気づけなかったのが残念だ。他者を裁ける立場にいる人は、「ピンクパンサー」のクルーゾー警部くらいの洞察力がないとダメなんだな〜...