心の栄養♪映画と英語のジョーク

日々観た映画のレビューと英語のジョーク♪心の栄養いっぱいとってKeep smiling♡

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ダージリン急行」

2008-09-12 | 映画「た」行
長男フランシス(オーウェン・ウィルソン)、次男ピーター(エイドリアン・ブロディ)、三男ジャック
(ジェイソン・シュワルツマン)のホイットマン3兄弟。フランシスの提案で、インド北西部を
走るダージリン急行に乗る。旅の目的は、父の死をきっかけに1年ものあいだ絶交状態にあった
兄弟の結束を再び取り戻すこと。バイク事故で瀕死の重傷を負い助かったばかりのフランシス。
父の遺品を独り占めしたと非難され、妊娠7ヵ月の妻アリス(カミーラ・ラザフォード)とも
上手くいっていないピーター。そして、家族をネタに小説を書き上げたばかりのジャックは、
失恋の痛手を引きずっていた。それぞれに問題を抱える3兄弟は、早々に衝突してしまうが・・。


これはヴェス・アンダーソン監督の映画だな~、とつくづく思いました。
色や映像、小物など、とってもらしくて、そんなに思い入れがない私でも
嬉しくなりました。

本編前の「ホテル・シュヴァリエ」の話は、どういう風に
本編に繋がってるのかな~?と思ってたんですが
ふんふんそういう繋がり、続きだったのね、と本編でわかるように
なってました。 ナタリー・ポートマンの脱ぎっぷりが云々と
言われてたようですが、特に好きでも嫌いでもない彼女ですので(^^;;)
とくにそのあたりでは何の感慨もなく(^^ゞ でも、あのホテルの部屋
そしてバルコニーから見える景色はいいわ~~と思いました。

本編のしょっぱなのビル・マーレイ。タクシーでなにか困った表情。
そして3兄弟も乗ることになってたダージリン急行へ間に合わない~~と
走る走る~♪ そこを後から来たのに、エイドリアン・ブロディに
追い抜かれてしまって・・・前作との主役(?)の入れ替わりですね^^
ラストにもちょっとビル・マーレイは映ったし、嬉しかった~。

この一見仲の悪い兄弟の掛け合いが面白かったです。
現代の個人主義な人間たちが織り成すドラマを
ユーモアを交えながら、この監督さんはいつも上手く
出してるなぁ、と思います。あと家族についても。
最近になって見たんですが「アンソニーのハッピー・モーテル」に
似てる感じもしましたが、思い出してみると,他の作品でも
流れてるものはみんな一緒なのかな~・・と思ったり。

ヴェス・アンダーソン監督が、監督じゃなくて
製作にだけ関わってた「イカとクジラ」が一番好きで
監督・脚本も手がけてる作品は上記の「アンソニーの・・」は
結構好きな部類でしたが、他の作品は今ひとつ乗り切れない
ものがあったかな~。「天才マックスの世界」も「ライフ・アクアティック」も。
(特に「ライフ・・」の方は、すっごく疲れてたときに見たので
睡魔が~(^^;;) 数回に分けて見たので、それがいけなかったかな(^^;;) )
でも、「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」はなんか好きだったけど。
微妙に好きで、微妙に合わないという、私にとって不思議な監督さんです(^^ゞ

今回のこの作品は、好きな部類と今ひとつだった作品の中間って感じで
映像の色合いと小物のこてこて感とか、音楽は好きだったなぁ。
特にあのラストの、インドなのに”オーシャンゼリゼ”。たまらなかったわ~^^
あとバッグ。あれはあんなところに捨てていっちゃって、まったくも~
拾いに行きたいわ、って思ったくらい素敵でした♪

オーウェン・ウィルソンが長男に見えなかったけど
そこもまた狙いだったのかな。

個人的お気に入り度3/5

ダージリン急行

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「未来予想図 ア・イ・シ・... | トップ | blonde at Western Union(ブ... »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ぷふふ☆ (latifa)
2008-09-12 09:15:36
メルさん、こんにちは~!
>微妙に好きで、微妙に合わないという、私にとって不思議な監督さんです(^^ゞ

>今回のこの作品は、好きな部類と今ひとつだった作品の中間って感じで

この2文が妙に可笑しくて笑ってしまいました(^O^)。私もそういうのあるので・・・。

この映画は私も小物とか風景とか音楽とかビルマーレーがちょこっと出て来たりとか、ちょこちょこした処は好きだったんだけれど、トータルして内容として見たら、そうでもないという感じの映画でした^^
でも楽しんで見れました~♪
これ気になっていたんです (may)
2008-09-12 19:05:38
CSでこの映画の特集やっていた時にすっごいおかしかったので見たいな~って思っていたんですが、まあまあって感じですか、メルさん的には^^;
「ライフ・アクアティック」の監督さんでしたか。この映画、Matthewが#1で出ているので気になってたんです(笑)
どーもでーす (ちゃぴちゃぴ)
2008-09-12 22:33:33
こんばんは、
私「天才マックスの世界」も「ライフ・アクアティック」も観てないの。
ライフは寝てしまったが正解ですが(笑)
イカとクジラは製作のほうですか?監督じゃなかったのね。
私もあの映画が、微妙に好きですねぇ。
子役の二人がインパクトありました。

この兄弟、おかしかったねぇ、考えるとその辺にもかみ合わない兄弟は、ごろごろいはる気はしますけど。
全体的にかみあってるようでかみあってないような…面白いバランス感覚を感じたんだけど。
面白いのかなんなのかようわからんが面白いんだろうみたいな感想なのよ、私。
これが微妙に好きで微妙に合わないってことかもしれんなぁ。
俳優さんもよかったねぇ。
あの子供に死なれたお父さん、どっかでみたと思ったら、「その名にちなんで」の人でしたね。あら、懐かしいみたいな気持ちになっちゃった。ハハハ
latifaさんへ♪ (メル)
2008-09-13 07:52:06
笑っていただけて幸いです?!(笑)
でも、ほんと、この間特産の映画は、嫌いじゃないんだけど、ぞっこんというほどでもなく、でも、”らしさ”が感じられるとなんだか嬉しいし、あ~、またこの映画に出会えた・・とも思うんですよね^^
今回は3兄弟の掛け合いが(会話が)面白かったし
インドの風景、それもあのように田舎の風景を楽しめました。小物もd(^-^)ネ

というわけで、latifaさん同様、いろいろ楽しめたんだけど、トータルで見ると、まぁこんなもんかな、と(^^ゞ
でも魅力もあったし、最後までしっかり見ることができました~♪
う~ん (kasuta)
2008-09-13 08:26:17
ユーモアのある映画が好きで
ちょっと期待していたんですが
微妙に好みがずれてたかなと思いました。

だけどこの作品は作品で
さすがメルさんの感想は的を得ていて
音楽と色彩の取り合わせが上手く使われて
これはこれで楽しませてくれましたね。
mayさんへ♪ (メル)
2008-09-13 10:27:18
可笑しいのは可笑しいんですが、ゆるゆるの面白さで、そいういうの嫌いじゃないので、そのあたりは
楽しめました。兄弟の掛け合いとか^^
あと良かったのは小物と色使いと風景と音楽。
さまざま楽しめるところがあって、なかなか良かったんですが、ストーリー全体として見ると、素晴らしく良かった、面白かったというところまでは行かなかったです(^^ゞ
「ライフ・アクアティック」もこの映画も、そして
この監督さんにも、絶大なファンがた~くさんいらっしゃいますよね。
ライフ・・は私は睡魔が・・・(^^;;)
あのように絶賛されてる映画なのに(^^ゞ
わりと睡魔に襲われた方も多いようなので
体調を万全にしてご覧になることをお勧めします^^
そうすれば、良さもわかろうってもんだと思います~(^^ゞ
Matthew??誰だっけと(すいません(^^;;) )
一瞬わからなかったんですが、あの!Matthew Gray Gublerですね(^ー^* )フフ♪
かっこ良いですよね~!
でも、私は「ライフ・」での彼は全然おぼえてないし(^^;;) さらに、彼の出てる映画もTVドラマも見てないときてるので、ちゃんとした良さがわかっておりません(^^;;)
でも、写真はばっちり見せていただきましたし
ほんとに素敵だなぁ、と(^ー^* )フフ♪
これからどんどんいろいろな映画・ドラマにも
ご出演になるようなので、私も要チェックですわ^^
思い出させて下さって、ありがとうございます~!!!
ちゃぴちゃぴさんへ♪ (メル)
2008-09-13 12:08:37
(^ー^* )フフ♪私も「ライフ・・」は途中で
寝てしまったので(^^;;) 2~3回に分けて見ちゃいました(^^ゞ
DVDだから可能なことでしたが、映画館で見てたら
そうはいかなかったです(^^;;)

>イカとクジラは製作のほうですか?監督じゃなかったのね。

そう、私も監督もやってるんだと思ってたんですが
今回記事を書くにあたって調べてみたら製作だけでした(^^;;)
この監督さんで一番面白かったのは~・・と
書こうとしたので、ちょっと調べたら違ってた・・というわけで、あらら・・でした。
そうそう、あの2人の子供のインパクトがありましたよね。それに夫婦間の問題だったりもしたので
親近感があったというか、頷ける部分もあったし
あの映画は好きです♪

そうそう、この映画の三兄弟、微妙に合わなくて
でも、どっかでは繋がってるという風もあり
その関係が絶妙でしたね^^

>面白いのかなんなのかようわからんが面白いんだろうみたいな感想なのよ、私。

まさしく!!!
私もです~^^
三兄弟のこの描き方といい、小物や装飾・美術・音楽などなど、面白かった・良かったところを上げると
た~くさんあるんです。が、全体として見たら
微妙だったりもして(^^ゞ でも、満足感もあるし。
きっと面白かったんだろう、と思います^^

>あの子供に死なれたお父さん、どっかでみたと
>思ったら、「その名にちなんで」の人でしたね。
>あら、懐かしいみたいな気持ちになっちゃった。ハハハ

おぉぉ!そうだったんですか~!
ぜんっぜん気が付きませんでした(^^;;)
それ確認するためだけにでも、もう一回見たいくらいだわ(笑)
どんだけ私はぼ~~っと見てたかってことかも~(^^;;)
その名に・・のお父さん、すごく好きだったのに~。
何で気づかなかったんだろう?!(^^;;)
教えてくださってありがとうございます~♪
kasutaさんへ♪ (メル)
2008-09-13 19:05:14
コメントバックが遅くなってしまって申し訳ありませんm(_ _)m

感動物だったらほとんどの人が感動できる、っていうこともありそうだけど、笑いのツボ・ユーモアのツボほど千差万別なものはないのかもしれない、と最近よく思うので、これも合う合わないがありますよね(^^ゞ
私はそこそこ楽しめましたが、微妙、というところもあり(^^ゞこまごましたところで結構楽しみましたが
全体としては普通というか微妙と言うか。
でも、なんだかんだいっても楽しかったのかもしれない、と思ったりしています^^
(どっちやねん、ですね(^^;;) )

kasutaが書いてくださった部分、ほんと楽しめたし
見て良かったな、とは思っています♪
インパクトのある映像や色彩やロケーションだったですし^^

コメント、どうもありがとうございました~♪
思い出してくださって^^; (may)
2008-09-14 12:27:15
ありがとうございます。
「ライフ~」ではエキストラに近い役だし、髪もブロンドのアフロみたいな感じなので多分全然わかんないと思います(笑)
Criminal Mindsの成功で今年はいろいろと映画に出ているようです(でも、B級ものが多いですが^^;)。そのうちメルさんの目にも留まるかもしれませんね♪
一番濃厚なのは「How to be a Serial Killer」くらいかなあ^^;
Post-Productionのものがまだいろいろあるみたいなので、楽しみにしているところです(^^)
こんにちは♪ (ミチ)
2008-09-14 13:40:49
「ライフ・アクアティック」もメチャクチャ睡魔に襲われて可笑しさが全然分からなかったので、私はこの監督と相性が悪いのかも~(汗)
「ダージリン急行」は今年映画館でみた映画の中で最も睡魔に襲われた作品です
1000円払って昼寝した、みたいな。
そんな私が映画を語れるはずもないですね
記憶に残っているのはルイ・ヴィトンのバッグだけ(爆)
そうそう、ビル・マーレイが映るだけで嬉しくなっちゃいました
mayさんへ♪ (メル)
2008-09-15 07:17:04
いえいえ~、こちらこそ思い出させていただいて
嬉しかったです♪ありがとうございます^^
あんなに素敵な彼ですもん^^やっぱりちゃ~んと
覚えておいて、いつの日か映画やドラマで出会える日を
楽しみにしておかなくっちゃ・・です^^♪
そうそう、たくさんPost-Productionがありますよね~。
私もすっごく楽しみ~(^▽^)V
楽しみを増やしていただいて、mayさんには感謝♪
いい男には目がないので(笑)
ミチさんへ♪ (メル)
2008-09-15 07:48:50
実は私も「ライフ・・」はす・睡魔が~~~(^^;;)
DVDだったので、また途中から見直したりして
結局良さがほとんどわからないまま終わってしまいました(^^;;)
で、この映画、そうですか、映画館で・・
知り合いの方もそのようにおっしゃってましたので
やはり・・と言う気がいたします(^^ゞ
私は今回は体調万全・・というかお昼寝をたっぷりした日に見たもんですから、睡魔には襲われず済みました~(^^

ビル・マーレイの部分でつかみはOKだったし
(嬉しかったですよね~^^)
それなりのこてこて感とゆるゆる感を楽しませてもらいました。
でも、私もこの監督さんの映画は微妙なんですよ~(^^;;)
いいなぁ、と思ったりもするんですが、全面的に
これだ!ってほど好きにもなれず。
好きだけど、微妙という不思議な感じを良く味わいます^^

そそ、ヴィトンのバッグ!あれは素敵でしたよね~♪
こてこてに装飾された列車もインパクトありましたし
そういう小物系では結構いっぱい楽しませてもらいました^^
う~ん (miyu)
2008-09-15 18:05:33
なんとなく分かります。
気分にも左右されるかなぁ?こうゆう映画は。
でも、すっごい空気感が感じられる作品を撮る
監督さんですよね~。
キャストがめちゃめちゃ濃くって個性的なのに
映画の独特の雰囲気にマッチング~しちゃうのが
監督の手腕なんでしょうかね~。
miyuさんへ♪ (メル)
2008-09-16 07:00:42
あ、そうかも。気分にも左右されそう。
でも、ほんとこの監督さんの映画は独特の空気感が
あるし、決してそれは嫌いじゃないんですけどね。

>キャストがめちゃめちゃ濃くって個性的なのに
>映画の独特の雰囲気にマッチング~しちゃうのが
>監督の手腕なんでしょうかね~。

確かに~!
ほんとそうだなぁ~・・と今コメント読ませてもらって思いました~。
どの俳優さんもしっかり独特の雰囲気にマッチング~(笑)しちゃってますよね。
それにはやはり監督の手腕がないと駄目ですもんね。
なんだかんだ言いつつ、結局この監督の映画は全部
見ちゃってるし(^^ゞ
やっぱり嫌いじゃない、なんかきになる、なんとなく
好きなんだと思います^^
ちょっとウトウト‥ (はるはる)
2008-09-19 11:43:41
映画館でも寝ちゃいましたが、DVDでもちょっと眠くなりました。いい意味、そのくらい、ゆるゆるの作品なんだろうなぁと思います。スコーン!と日常が吹き飛ぶ、ヴェス・アンダーソン監督らしい作品でしたねぇ‥。
映画館で見落としたところをちゃんと確認できたので、ようやくいろいろ判りました。3兄弟もよかったけど、列車の乗務員や長男の秘書など、脇を固める俳優たちの存在感も見事でしたね。あの3人、あれから何処にいくのかなぁ‥。
はるはるさんへ♪ (メル)
2008-09-20 07:47:38
はるはるさんのこの映画の記事にもコメントを・・と
思ってるんですが・・・(^^;;)
今、息子が帰ってきてて、なんやかんや大忙しです~(^^;;)
またそちらにお邪魔して(?)ご報告いたします^^

で、この映画ですが、ほんと日常が吹き飛ぶ映画でしたよね~。ヴェス・アンダーソン監督らしい、らしさぷんぷんの映画でしたもんね^^
そうか、はるはるさんDVDでも再見なさったんですね。
映画館で見落としたところ・・乗務員や長男の秘書・・そうそう、確かに彼らも良い味出してましたわ~^^
別の方のコメントで知ったんですが、私が
いいなぁ、と思って見た映画「その名にちなんで」の
主演の一人でもあったお父さん役の人が、あの
子供を亡くした父親だったと、その方のコメントで
知って、あ~うそ~、もう一回見たい、と思ってるところです(^^ゞ
ちょっとぼ~~っとして見てたかも(^^;;)

あの3人、ほんとこれからどこに行くんでしょうね~。あんな感じでずっと付き合って行くのかなぁとか
いろいろ想像しちゃいますよね^^
あっ、TBさせて頂きました。 (小米花)
2008-10-22 16:33:35
私TB送ってなかった~という事で
遅らせていただきますっ。

ビル・マーレイの出演が印象的でしたが、
他はあまり~??な感想でした・・・。m(__)m
小米花さんへ♪ (メル)
2008-10-23 07:50:02
最初のあのビル・マーレイの出演は嬉しかったですよね~♪
前作の主演から、こんどはあなたたちにバトンタッチしますよ~的な感じもしました^^

この映画、微妙でしたわ、私も(^^ゞ
この監督さんの映画って、微妙に好きなんだけど
微妙に合わない感じがするんですよね~。
コテコテ感とか好きなところもあるんですけどね^^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

22 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「ダージリン急行」感想と、ダージリンの場所・地図 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
田舎のインドの雰囲気や風景などが、凄~~く良い!!! しかし内容的には、別に・・・。(スイマセン) 感想は、3つ☆ 3兄弟の珍道中旅...
mini review 08326「ダージリン急行」★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
魅惑的なインドを舞台に、大人に成り切れない3兄弟が列車での旅を繰り広げるヒューマン・コメディー。監督は『ライフ・アクアティック』のウェス・アンダーソン。主人公の3兄弟をアンダーソン監督の盟友オーウェン・ウィルソン、『戦場のピアニスト』のエイドリアン・ブロ...
ダージリン急行 (晴れたらいいね~)
兄弟にはみえそうにない俳優たちなのに、なぜか兄弟にみえてくる。インドを舞台にしたロードムービー&コメディだな。プロローグとして「ホテル・シュバリエ」という短編がくっついてます。こちらも、観た方が面白い。ダージリン急行原題:The Darjeeling Limited監督...
ダージリン急行 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『あした、僕たちはどこにいるんだろう… 心が離れた3兄弟のじんわりしみるスピリチュアル・ジャーニー!』  コチラの「ダージリン急行」は、3/8公開となるウェス・アンダーソン監督のロード・ムービーならぬレール・ムービーなのですが、試写会で観てきちゃいまし...
『ダージリン急行』 (ラムの大通り)
(原題:The Darjeeling Limited) 「これはまた紹介が難しい映画だなあ」 ----えっ、父親が亡くなって以来、 疎遠になっていた3人の兄弟が 失われた日々を取り戻すために 長男の呼びかけでインドで列車に乗って旅する---- それだけのお話じゃニャいの? 「うん。それだ...
ダージリン急行 (Memoirs_of_dai)
インド風珍味は好きですか? 【Story】 父の死をきっかけに別々の道を歩みはじめ、それぞれの人生で悩み迷っていたホイットマン家の3兄弟、...
ダージリン急行/オーウェン・ウィルソン (カノンな日々)
ダージリンって言えば紅茶の名前でくらいしか知らないんだけど、私がよく足を運んでいるチネチッタとシャンテシネでの公開予定作品だったこともあって単館系のわりにはだいぶ前から何度も予告編を観る機会がありました。男3人のロードムービーなんだけど「サンジャックへ...
ダージリン急行♪乗ってみたいな・・・。 (銅版画制作の日々)
兄弟の絆を取り戻すため、3人兄弟はインドの旅を始めることに。  3月21日、京都シネマにて鑑賞。3人兄弟がダージリン急行に乗って、旅をしながら、行く先々でさまざまな人と出会い、ふれあいながら、壊れた関係を修復しながら、再生してくといヒューマン・ロ...
ダージリン急行 (映画三昧、活字中毒)
■ 新宿武蔵野館にて鑑賞ダージリン急行/THE DARJEELING LIMITED 2007年/アメリカ/91分 監督: ウェス・アンダーソン 出演: オーウェン・ウィル...
ダージリン急行/短編:ホテル・シュヴァリエ(映画館) (ひるめし。)
あした、僕たちはどこにいるんだろう・・・
映画 【ダージリン急行】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ダージリン急行」 インドを舞台に、大人に成り切れない3兄弟が列車での旅を繰り広げるヒューマン・コメディー。 おはなし:父の死をきっかけに絶縁状態になっていたホイットマン家の三兄弟は、インド北西部を走るダージリン急行で旅をすることで結束を取り...
ダージリン急行 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
明日、僕たちはどこにいるんだろう・・・心が離れた3兄弟のじんわりしみるスピリチュアル・ジャーニー! ハリウッドで異才を放つ鬼才ウェス・アンダーソン監督の待望の新作は、セレブな家庭に育ちながらもイマイチぱっとしない3兄妹が“ダージリン急行”に乗って魅...
★「ダージリン急行」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
この作品の為にミニ・オーウェン特集をやってたんですよ、ひらりんは。 「魔法にかけられて」の先行とか、「バンテージ・ポイント」より、こっちが先。 でもこれでネタ切れなので、特集はここまで。
ダージリン急行 (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
長男フランシスの呼びかけで、次男ピーター、三男ジャックの男三兄弟は、インド北西部を走るダージリン急行に乗り込みます。父の死の後、絶交していた三人ですが、フランシスは、インドの旅を通じて、兄弟の絆を取り戻そうとしていたのです。しかし、三人は、それぞれに個...
「ダージリン急行」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Darjeeling Limited」2007USA ウェス・アンダーソンが描くインド舞台のヒューマン・コメディ。 長男フランシスに「トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合/2006」「ナイト・ミュージアム/2006」のオーウェン・ウィルソン。 次男ピーターに「戦場のピ...
ダージリン急行(2007年・米) (SCARECROW'SROOM)
★ダメダメ兄弟達とインドの風景に心が癒される映画です★『インドに行けばなんとかな~る~♪』なんていきなり歌詞を書いても「そんな歌あったっけ?」と言われそうですが…(ICE-BOXっていうグループのアルバムに入っていた曲なんですが、知らないですよねw)誰...
ダージリン急行 (おたむ’ず)
★★★☆☆byおたむ   どーやら長男は母親の遺伝子を色濃く受け継いでしまったようだ(・ω・;)てか、その杖いらないだろ(・ω・;)斜面駆け下り...
ダージリン急行 41点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
ここに座ってくれ 足を組んでくれ 公式サイト ウェス・アンダーソン監督による最新作。オーウェン・ウィルソンやジェイソン・シュワルツマンら"いつものメンバー"に、エイドリアン・ブロディが加わった三兄弟の、インドからヒマラヤへの旅を描いたロードムービー。 ...
ダージリン急行 (こんな映画見ました~)
『ダージリン急行』 ---THE DARJEELING LIMITED--- 2007年(アメリカ) 監督:ウェス・アンダーソン 出演:オーウェン・ウィルソン 、エイドリアン・ブロディ、ジェイソン・シュワルツマン、アンジェリカ・ヒューストン 、ビル・マーレイ 長男フランシス(オーウェン・...
映画評「ダージリン急行」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2007年アメリカ映画 監督ウェス・アンダースン ネタバレあり
ダージリン急行 (悠雅的生活)
旅は道連れ、3兄弟。トランク抱えてどこへ往く。
短編『ホテル・シュヴァリエ』+本編『ダージリン急行』。 ※ネタバレ少々 (~青いそよ風が吹く街角~)
?短編『ホテル・シュヴァリエ』2007年:アメリカ映画、ウェス・アンダーソン監督&製作&脚本、ジェイソン・シュワルツマン、ナタリー・ポートマン主演。 ?本編『ダージリン急行』2007年:アメリカ映画、ウェス・アンダーソン監督&製作&脚本、オーウェン・ウィルソン、...