心の栄養♪映画と英語のジョーク

日々観た映画のレビューと英語のジョーク♪心の栄養いっぱいとってKeep smiling♡

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「GOEMON」

2010-03-11 | 映画「か」行
1582年。天下統一目前の織田信長が明智光秀の謀反に遭い本能寺にて非業の死を遂げた。
その悲報を受け、信長の右腕・豊臣秀吉はすぐさま光秀を討ってとり、自ら天下統一を果たし、
ここに豊臣の治世が始まった。しかし、それなりの平安は訪れたものの、格差は広がり、
庶民の困窮ぶりはひどくなるばかり。そんな時、彗星のごとく現われた天下の大泥棒・
石川五右衛門。義賊行為で一躍 庶民のヒーローに。ある夜、五右衛門が紀伊国屋文左衛門の
屋敷からたまたま盗み出した南蛮製の箱。やがて五右衛門は、石田三成が配下の霧隠才蔵を使い、
そ の箱の行方を血眼に追っていることを知るのだが・・。



いつもは上記のあらすじのところの、それぞれの役柄にそれを演じた役者さんを
添えて書いてますが、今回は割愛しました。なので、ちょっとだけメインの
配役を書くと、主演の石川五右衛門を江口洋介、霧隠才蔵を大沢たかお、
五右衛門にずっとくっついて行動してた猿飛佐助をゴリ、石田三成を要潤、
秀吉を奥田瑛二、徳川家康を伊武雅人、茶々を広末涼子・・・と、
こんな感じ。これだけでも、凄く豪華なキャストですが、驚いたのが、
あまりにもチョイ役で鶴田真由が出てたこと。あれ?これって鶴田真由だよね?
それにしては、あまりにもあっけない・・・とビックリでした。
好きなんですよ~、鶴田真由^^なので、もうちょっと見ていたかったなぁ。

さらにあまりのチョイ役に小日向文世も出てたし、主人が何だか喜んでたのは
チェ・ホンマンだったり、鶴田真由が母親だった小平太の役は深澤嵐で、
ついこの前「いけちゃんとぼく」で見たばかりだったし、玉鉄さんも
出てたし、千利休の役は平幹二朗さん。とにかく豪華でした。

この映画、きっと私の好きなタイプじゃないだろうなぁと思っていたし、
期待しないで見たんですが(失礼ですね、私(^_^;))、思いの外 楽しめ
たんですよ~♪ あり得ない設定とか、史実とは違うでしょってところも
多々ありましたし、当然(?)衣装などは、あり得ないものでしたが、
ストーリーが面白かったです。史実とは異なると言いつつも、実際に
あっただろう事件や出来事を、あり得ない設定なのに、上手く
取り入れてあって感心したところもたくさんありました。

よくぞ脚本をここまで練って作ったなぁって思ったし、歴史上の人物を
巧くアレンジしてあったし(ちょっといただけない人もいましたが)、
やはりこのストーリーが面白かったから、楽しめたんだなぁって思います。
映像はやはり思った通りで、あまり好きなタイプのものじゃなかったんですが、
ストーリーが面白かったお陰で、そこのところもあまり気にならなかった
ですし、楽しめたんですよ、これが^^

最初は、むむむ・・やっぱりダメか?と思ったシーンもあったんですが、
徐々にストーリーにのめり込んでいってからは、全く気にならなくなったし、
なんだかワクワクドキドキした気分で見させてもらいました。

様々な理由がありまして(それを書いてると長~~~~くなるので省略。笑)
明智光秀が好きな私。その明智と秀吉に、あのような秘密があった
なんて・・・と、ほぉ~!と思いましたわ。
なかったとは思いますが、あったかもしれない・・とも思わせてくれる、
“ビックリ”でした。

こんな風に作られた作品だとは思ってもみなかったし、才蔵と五右衛門の
幼少時代からのエピソードがあったので、二人にしっかり感情移入
できたのも良かったです。ちょっとラストの猿飛佐助の“あれ”には、
感慨が湧かなかったんですが(多分、猿飛佐助のキャラのせいか??)、
“絶景かな、絶景かな・・”のシーンは、それなりにジーン。

この映画の公開くらいのときだったかなぁ、メイン俳優の三人、
江口洋介、大沢たかお、奥田瑛二の3人が対談するテレビ番組を
見たことがあって、この映画、見てみたいなぁと思ったものの、
映像が・・内容が・・う~~~ん、どうかなぁと思って見るのを
躊躇してたんですが、思い切って見て良かったです^^

個人的お気に入り度3.5/5

GOEMON [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (65)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「96時間」 | トップ | 「キャデラック・レコード~... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは~♪ (ちゃぴちゃぴ)
2010-03-11 20:28:26
これは、私もどうなんかな?で観たのですが、イケました。
こんだけぶっ飛んだ設定だと気分が良かった。これもありかもしれないなんて思えちゃうし。
役者さんの豪華さも目をひきました。大ベテランから中堅、若手と取りそろえも見事。
まっ、自分の記事を読み直し、
ヒロインが気に入らない…。声が合わない…でした。笑いました。
おばはんは、女性に厳しいのです。
ちゃぴちゃぴさんへ♪ (メル)
2010-03-12 08:50:15
ちゃぴちゃぴさん、こんにちは~☆^^

ちゃぴちゃぴさんも、どうなんだ?と思いつつご覧になったんですね^^
私なんて、作った方には失礼ですが、全く期待せず、きっと嫌いだろうと思いつつ見たんですよね(^_^;) じゃぁ見るなよっていわれそうな感じで(笑)

でも、見て良かったです~♪
イケました、私も!
妙な映像とか妙な衣装とか、そっちで嫌気がさすだろうと思ってたんですが、思いの外、ストーリーがちゃんとあったところが良かったかなぁ。
とにかく楽しめました♪

役者さんたちも豪華でしたねぇ~。
ほんと、新旧交わって・・じゃないけど、若手・ベテランと揃ってましたよね~。

で、ちゃぴちゃぴさんの記事は、ヒロインを泣かせた・・と?!(笑)
でも、女優さんでは彼女だけがちゃんといっぱい台詞があって・・でしたので、目立ってましたもんね。それが気にイラ泣けりゃ、そりゃ文句も言いたくなるってもんですよね(≧▽≦)
そうそう、おばさんは女性に厳しいんですよ~(笑)
TBありがとうございましたっ! (korahtoritory)
2010-03-12 10:49:57
TBありがとうございましたっ。
わたしも見る前は、CG、CGしているイメージでどうかなぁ~って
思っていましたが、歴史娯楽!!豪華俳優陣をとっかえひっかえ見れ
て、楽しくウキウキしてしまいましたっ!
みなさんかっこよかったけれど、わたしはその中でも、織田信長の中村橋之助さんにでしたっ。
いつもの穏やかなイメージとも違い、これがギャップ萌えですかねぇ~。
斬新過ぎ (メビウス)
2010-03-13 00:04:09
メルさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

自分の場合、この映画の試写鑑賞が急に決まったものですから前情報も何もなく観たのですが、内容はともかく自分たちが良く知ってる織田信長らの時代を物凄く大胆にアレンジして見せていた点は確かに面白かったですねw紀里谷監督の固定観念を無視したぶっ飛んだ世界観は斬新でしたし、何気にキャスティングも豪華なので、史実云々よりも楽しんだもん勝ちな作品にも見えますね。

それにそういった史実に捉われてる日本人よりも、未だ間違った日本のイメージを持たれてるであろう海外の方がこの作品は受けが良さそうな気もします(笑
korahtoritoryさんへ♪ (メル)
2010-03-13 07:18:43
korahtoritoryさん、こんにちは☆^^

こちらこそ、TB,それにコメントもいただいて、どうもありがとうございます♪
korahtoritoryさんも、見る前は、そのあたりを気になさってたんですね~。
私もです。あまりCGが多用されてるものって
これまでの経験上、あまり好きじゃないタイプの映画が多いので、きっとこれも・・と思ったんですよねσ(^◇^;)
でも、これは楽しかったです~♪
思いの外、ストーリーがちゃんとあったし、korahtoritoryさんも書いてくださってるように、豪華絢爛な俳優さんたちも見心でしたし。
イケメンさんも多かったですしね(*^^)v

>みなさんかっこよかったけれど、わたしはその中でも、織田信長の中村橋之助さんにでしたっ。

わかります~。やはり歌舞伎の人だけあって、あの謡いはさすがでしたよね~♪ それに仰る通りいつものイメージと違っていて、また新たな魅力を発見、という感じでしたもんね(*^^)v
メビウスさんへ♪ (メル)
2010-03-13 07:44:02
メビウスさん、こんにちは~☆^^

こちらこそ、TB&コメントまで入れていただいて感謝感謝です♪
ありがとうございます!

そう、この映画、史実のイベントを入れつつも、ほぉ~、こんなところに”それ”を!とか、へぇ~、そういう風になってるわけね、とかいろいろ楽しませてもらいました。
というよりも、私も全く!期待してなかったので(^_^;) あら、案外面白いじゃん、という感じでした^^
これ、期待して見てたら、そうですか・・位だったかもしれないですけど、やっぱり、期待度というのは重要ですね?!(^^ゞ

ほんと、役者さんたちも豪華絢爛でしたよもんね~。
鶴田真由は好きなのに、たったあれだけ?それもあんな役?とちょっと不満があったものの、役者さんたちには概ね満足♪^^
ゴリは大好きなんですが、あの役はどうかな~とか、彼が絡んだあのラストはどうかなぁ~。。と思っちゃった(^_^;)
それ以外、みんなピッタリだったかなぁって思いました。

確かに、この映画って外国の人たちの方が楽しめるかもしれませんね~。
私も見ながらそう思ったんです。
でも、そう思いつつ、お願いだからこれ見ないでね、外国の方たち、とも思いました(^_^;)
これで日本の歴史が少しわかったぞ、なんて思ってもらいたくないというか(笑)

TBありがとうございました (シムウナ)
2010-03-14 16:11:49
TB有難うございました。
時代考証や既成概念を取り除いた建築様式や
衣装に目が奪われるほど綺麗なシーンも多々ありましたが
戦闘シーンではゲームのCG映像?と思えるほどの
ギャップもありました。
ただ、邦画では珍しい映像手法なのでぜひ、次回作も
果敢にチャレンジしてほしいですね。
前作よりは脚本がよくなった思いますが…

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
シムウナさんへ♪ (メル)
2010-03-15 08:03:13
シムウナさん、こんにちは☆^^

こちらこそコメントまでいただいて、どうもありがとうございます♪

そう、前作よりはずっと良いと思います。
というよりも、前作CASSHERNは
恥ずかしながら寝ちゃって(^_^;)ちゃんと見てないんですよ。
(それだけつまらなかったとも言えます(^^ゞ)
なので、これも失礼ながら期待せず見たんですが、ちゃんと脚本あるじゃん!と(笑)面白く見ることが出来ました。

でも、仰る通り 時代考証や既成概念をすかり取り除いたところや、CGの多様など、ギャップもありました。
それでも、これを見て、私も次回作を期待したいなぁという気持ちになりました♪

評価ポイントの件、了解です♪^^
江口さん (ヒロ之)
2010-03-22 01:56:43
私も意外と楽しめた口です。

実際観るまでは江口さんが五右衛門?とちょっと不安があったのですが、いざ観てみると、何ら問題なしで、すんなりと物語に入りこめました。

最後でのカブくシーンが凄く良かった!!

何か惚れ惚れしちゃいましたね。
ヒロ之さんへ♪ (メル)
2010-03-22 08:50:10
ヒロ之さんも意外と楽しめたんですね^^
私も~(*^^)v

全く期待してなかった(というと、どうしてそういう映画を見るんだよ!って言われそうですが(^^ゞ)ので、余計に面白く感じました。
案外面白いじゃん、と思ったし、CGが多用されてることは知ってましたので、そのあたりも覚悟の上で見たのも良かったのかも。

私も江口さんがねぇ~・・と思ってたんですが、かっこよかったし、こんなに素敵だったっけ?なんて思ったりもしました^^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

65 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「GOEMON」試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
「GOEMON」公式サイト で、御覧の通り、って、開くの時間掛かるんだけど!な激重な公式サイトですが(なので、ウィキペディアを参照推奨)、要潤が、まんま、自分は要潤です。と、キャラは変えようがありませんね、な、美味しい所を最期まで全部持って行く感じでした。 あ...
映画『GOEMON』(お薦め度★★) (erabu)
監督・原案、紀里谷和明。プロデューサー、一瀬隆重、紀里谷和明。脚本、紀里谷和明、
GOEMON/江口洋介、大沢たかお (カノンな日々)
あの『CASSHERN』の。もう一度リピート(笑)。あの『CASSHERN』の紀里谷和明監督が5年ぶりの最新作はやっぱり前作同様CGバリバリの映像みたいですね。でも『CASSHERN』は画面はくらいは台詞はボソボソだったのに比べるとこちらは明るくてちゃんと台詞も聞き取れそうです(...
GOEMON (いやいやえん)
露光高めの映像とスタイリッシュな映像美。試写会時の観覧を含めて2回目だからか、映像自体には初めてみたときよりもそう違和感を感じなかったです。試写会の時の記事を読むと恥ずかしさ満点ですが、CASSHERN時よりも完成度は高いと思いますし私は好きですね。 やは...
GOEMON (あーうぃ だにぇっと)
監督・脚本・編集・プロデューサー・原案・撮影監督: 紀里谷和明 キャスト 石川五右衛門☆江口洋介 霧隠才蔵☆大沢たかお 浅井茶々☆広末涼子 猿飛佐助☆ゴリ 石田三成☆要潤 又八☆玉山鉄二 織田信長☆中村橋之助 服部半蔵☆寺島進 我王☆チェ・ホン...
映画「GOEMON」試写会@一ツ橋ホール (masalaの辛口映画館)
 今回の主権はテレビ朝日さん。「ミュージック・ステーション」のサブMCをしている竹内由恵アナウンサーの前説があり映画が上映された。 GOEMON 映画の話織田信長(中村橋之助)を暗殺した明智光秀が討伐され、豊臣秀吉(奥田瑛二)が天下を取った時代。超人的な身体...
GOEMON (試写会) (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
その箱には、信長暗殺の首謀者が秀吉だったという真実が封印されていた__。 信長、秀吉、家康、その天下統一の影で、ただ一人、民衆のために戦い続けた男__彼の名は石川五右衛門。金持ちから盗み、貧しき者に分け与え、乱世を自由気ままに生きた伝説の大泥棒。あ...
劇場鑑賞「GOEMON」 (日々“是”精進!)
「GOEMON」を鑑賞してきました「CASSHERN」で鮮烈なデビューを飾った紀里谷和明監督の長編2作目。戦国の世を舞台に、大泥棒・石川五右衛門をはじめ歴史上の人気キャラクターたちが繰り広げる奇想天外なストーリーが、時代劇の枠にとらわれない大胆かつ斬新なヴィジ...
GOEMON (いい加減社長の映画日記)
紀里谷監督の前作「CASSHERN」は未見ですが、あまり評判はよろしくなかったようで。 今回も、どうなのかな?と思いながら、キャストとストーリーに魅かれて「GOEMON」を鑑賞。 「UCとしまえん」は、平日のレイトショーにしては、かなり多め。 ゴールデンウィークの大型...
[映画『GOEMON』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆『キャシャーン』の紀里谷監督の新作だ。  その前作では、その幼稚な思想性にとてつもなく落胆させられた。  でも欠点があり過ぎるが故に、語ることも多く、多くを語っていたら、なんか、その作品が嫌いではなくなっていた^^;  その幼稚な思想性と、くどい主張...
GOEMON (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。紀里谷和明監督、江口洋介、広末涼子、大沢たかお、ゴリ、要潤、玉山鉄二、チェ・ホンマン、佐藤江梨子、戸田恵梨香、奥田瑛二、中村橋之助、鶴田真由、りょう、藤澤恵麻、佐田真由美、福田麻由子、小日向文世、平幹二朗、伊武雅刀。一言でまとめてみると、こ...
GOEMON (だめ男のだめ日記)
「GOEMON」監督紀里谷和明出演*江口洋介(石川五右衛門)*大沢たかお(霧隠才蔵)*広末涼子(浅井茶々)*ゴリ(猿飛佐助)*要潤(石田三成)*玉山鉄二(又八)*チェ・ホンマン(我王)*中村橋之助[3代目](織田信長)*寺島進(服部半蔵)*平幹二朗(千利休)*伊武雅刀(徳...
「GOEMON」試写会 (今日という一日。)
今日は、久しぶりに試写会。「GOEMON」を観てきました。CGがかなり使われたアニメーションのような作品です。 しかし、背景(CGの)にあまり奥行きがなく、人物だけが浮きあがって見える箇所がいくつもあり、思わずブルーのシートの前で撮影したのを想像してしまいまし...
GOEMON (Akira's VOICE)
スゴい事になってます!!  
GOEMON (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
荒唐無稽の面白み♪ GOEMON [DVD]posted with amazlet at 10.03.11ワーナー・ホーム・ビデオ (2009-10-09)売り上げランキング: 2264おすすめ度の平均: そこまで...
GOEMON [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2009/05/01製作国:日本上映時間:128分鑑賞日:2009/05/03監督:紀里谷和明出演:江口洋介、大沢たかお、広末涼子、ゴリ、要潤、玉山鉄二、六平直政、小日向文世、中村橋之助、寺島進、平幹二朗、伊武雅刀、奥田瑛二+あらすじ+織田信長(中村橋之助)を暗殺した明...
GOEMON (花ごよみ)
監督は「CASSHERN」から5年、 紀里谷和明。 歴史にも出てくる有名な大泥棒で義賊の、 石川五右衛門が主人公。 試写会で観ました。 出演は五右衛門に江口洋介、 大沢たかおの霧隠才蔵はおいしい役、 かっこよく描かれていました。 茶々には広末涼子、 前髪おろし...
GOEMON (晴れたらいいね~)
このところ、邦画つづきです。好き嫌いが分かれる作品でしょう。私は、意外と嫌いじゃないですね。こんだけ、時代考証も史実もないと楽しむほかないでしょう。中途半端な設定は、不愉快ですが、これはいいと思います。自由な発想は、好きです。それにしても、よくもまぁこ...
GOEMON・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「CASSHERN」の十倍面白い。 前作の印象が芳しくなかったので、全く期待していなかったのだが、予想外に心揺さぶられる娯楽活劇であった。 ビ...
『GOEMON』 ('09初鑑賞54・劇場)  (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (5段階評価で 4) 5月1日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター10にて 13:35の回を鑑賞。
GOEMON (to Heart)
製作年度 2008年 上映時間 128分 監督 紀里谷和明 出演 江口洋介/大沢たかお/広末涼子/ゴリ/要潤/玉山鉄二/チェ・ホンマン/深澤嵐/福田麻由子/広田亮平/田辺季正/佐藤健/中村橋之助/寺島進/平幹二朗/伊武雅刀/奥田瑛二 紀里谷和明が約5年ぶりに放つエンターテインメント...
GOEMON (生まれてから今まで観てきた映画全部)
GOEMON [DVD](2009/10/09)江口洋介大沢たかお商品詳細を見る 「CASSHERN」の記事で予告した通り、「GOEMON」を観てきました。今帰ってきたと...
GOEMON (★YUKAの気ままな有閑日記★)
『20世紀少年第2章』『ジェネラル・ルージュの凱旋』に続き、今年3本目の邦画鑑賞です【story】織田信長(中村橋之助)を暗殺した明智光秀が討伐され、豊臣秀吉(奥田瑛二)が天下を取った時代。超人的な身体能力を武器に金持ちから金品を盗み、貧しき者に分け与える盗賊...
海外でもウケそう。『GOEMON』 (水曜日のシネマ日記)
戦国の世を舞台に描かれた盗賊、石川五右衛門の物語です。
『GOEMON』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「GOEMON」□監督・脚本・原案 紀里谷和明 □脚本 瀧田哲郎 □キャスト 江口洋介、大沢たかお、広末涼子、ゴリ、要潤、玉山鉄二、中村橋之助、寺島進、チェ・ホンマン、佐藤江梨子、戸田恵梨香、鶴田真由、りょう、佐田真由美、福田麻...
GOEMON (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2008年 製作国:日本 監 督:紀里谷和明 石川五
試写会「GOEMON」 (流れ流れて八丈島)
仕事帰りに有楽町に直行して、日劇マリオンの上にある有楽町朝日ホールで試写会「GOEMON」を観てきました。(画像は、マリオンの1階にある巨大宣伝看板です。)さて、映画の方、はこれが案外面白かったですね「CASSHERN」の紀里谷和明監督なんでCGバリバ...
「GOEMON」 (古今東西座)
映画『GOEMON』について書き始める前に1冊の本を紹介したい。 昭和30年代モダン観光旅行作者: 長澤 均出版社/メーカー: 講談社発売日: 2009/02/26メディア: 単行本この本はつい最近、たまたま書店で見かけて購入したもの。要はここで紹介されているのは、昭和30年...
「GOEMON」秀吉の秘密を知った先に望んだ平和と運命の戦い (オールマイティにコメンテート)
「GOEMON」は紀里谷和明監督2作目の映画作品で1582年に信長が本能寺の変で自害してから秀吉が天下を獲って一時の平和が訪れた時代に天下の大泥棒石川五右衛門が盗みを働いた先で秀吉の重大な秘密を知り、自らの運命と戦っていくストーリーである。映像は非現実的な要...
GOEMON (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
GOEMON (江口洋介 主演) [DVD]すべてが過剰でけれん味たっぷり。独特の世界が広がる歴史異聞だ。秀吉が天下人として君臨する時代、世間を騒がせた義賊・石川五右衛門の壮絶な戦いを、驚きの設定で描く。秀吉、三成、霧隠才蔵に服部半蔵が追うのは南蛮製の箱に入った信長暗...
GOEMON (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
今日は土曜日だけど、出勤日でした。(代わりの休みは、7月末の夏休み)で、仕事帰りに鑑賞。土曜のレイトショーでしたが、結構混んでいました。同じ監督の『CASSHERN』は原作の面影もなく、ストーリーもちょっと・・・な感じだったけど画面のつくりが妙に自分の感覚に合....
GOEMON 子供の頃の忍者ごっこそのまんま!  (労組書記長社労士のブログ)
【 23 -7-】 キャシャーンで酷い目にあったので、紀里谷和明監督と言うだけで「普通の人が見ても大丈夫?」と臆してしまう{/m_0200/} 予告編で見ても、「やばいかも」って感じだったけど、試写会が当たったので「よし!褒める姿勢で見るぞ!」と前向きに気合いを入れて...
『GOEMON』 (だらだら無気力ブログ)
『CASSHERN』で映画監督デビューした紀里谷和明監督が懲りずに放す長編 第二作。監督だけでは物足りず、原案・脚本・プロデューサー・撮影監督・ 編集と何足のわらじを履くマルチぶり。戦国時代の日本を舞台に盗賊・石川五右衛門を主人公に大胆で斬新な解釈で 描く戦国...
09-147「GOEMON」(日本) (CINECHANの映画感想)
絶景かな、絶景かな  1582年。天下統一目前の織田信長が明智光秀の謀反に遭い本能寺にて非業の死を遂げた。その悲報を受け、信長の右腕・豊臣秀吉はすぐさま光秀を討ってとり主君の無念を晴らすとともに、自ら天下統一を果たし、ここに豊臣の治世が始まった。  しかし...
●『GOEMON』● ※ネタバレ少々 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:日本映画、紀里谷和明監督&脚本、江口洋介主演。
『GOEMON』(2009)/日本 (NiceOne!!)
監督:紀里谷和明出演:江口洋介、大沢たかお、広末涼子、ゴリ、中村橋之助、寺島進、平幹二朗、伊武雅刀、奥田瑛二、要潤、玉山鉄二、チェ・ホンマン試写会場 : 東京厚生年金会館公式サイトはこちら。<Story>1582年 天下統一を目指した織田信長(中村橋之助)...
【GOEMON】 (+++ Candy Cinema +++)
【監督・原案】 紀里谷和明 【脚本】     紀里谷和明、瀧田哲郎 【上映時間】  2時間8分 【配給】     松竹、ワーナー・ブ...
GOEMON (そーれりぽーと)
紀里谷監督と言えば巨額の製作費をつぎ込んで作った『CASSHERN』が散々叩かれてた記憶しかなかったので、今回またどうやって巨額の製作費と豪華な役者たちを集めたのか気にしつつ、全く期待せずに『GOEMON』を観てきました。 ★★★ こんなアクション邦画を待って...
★ 『GOEMON』 (映画の感想文日記)
2009年。「GOEMON」パートナーズ。   紀里谷和明監督・製作・原案・脚本・撮影監督・編集。  「キリヤ・ピクチャーズ」という監督個人の映画製作会社による、ほと...
「GOEMON」見事な映像美で全編絶景! (ノルウェー暮らし・イン・London)
すごい!とにかくすごい!! こんなにすごくて、こんなに奇想天外、荒唐無稽でありながら、全てが練りに練って完全無欠な映画は、かつて観たことが無い。 広大なスケール、超越した映像美と、既成概念に捕らわれないストーリー展開は、それでも破綻することなく熱く心を...
GOEMON (シネマ日記)
GW前から見ている映画が何本かたまっています。徐々にUPしていこうと思います。さて、もう3週間くらい前になってしまいましたが、試写会に行ってきました。もうすでに公開されていて、ウワサでは成績は上々らしいですね。「CASSHERN」を見たあとに「あ~監督のマスターべ...
GOEMON 見たよぅ~♪ (記憶のおとしもの・わすれもの)
見てきました~{/kaeru_en3/} 江口洋介さん、大沢たかおさんを始めとする錚々たる面々、石川五右衛門を 中心に日本の歴史でも誰もが知っている登場人物が続々現れて楽しくなる作品っ♪ 石川五右衛門さんがすでに大泥棒で有名な五右衛門さんである時代、彼が 知らず知らず...
GOEMON (ともやの映画大好きっ!)
【2009年・日本】試写で鑑賞(★★★★☆) 戦国の世を舞台に、大泥棒・石川五右衛門が奇想天外な事件に巻き込まれていくアクション・エンタテインメント作品。 1582年。天下統一を目指した織田信長(中村橋之助)は、夢目前にして家臣である明智光秀(紀里谷和明)の謀...
映画「GOEMON」を採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画「GOEMON」を観て来ました。採点は★★☆☆☆(5点満点中2点)です。ホントは30点位。俵型のおにぎりにゴマの代わりにチョコチップがまぶしてあるみたいな“ちょっと変わったお味の新幕の内弁当”って感じ。 味付けや素材の鮮度や盛り付けにこだわらず、とにかく満...
「GOEMON」 監督のスタイルが強く表れている (はらやんの映画徒然草)
一般的にはあまり評判の宜しくない「CASSHERN」の紀里谷和明監督の最新作です
GOEMON (You got a movie)
監督   紀里谷和明  キャスト 江口洋介 大沢たかお 末広涼子 ゴリ      要 潤 中村橋之助 平幹二朗 奥田瑛二ほか  CASSHERNの紀里谷和明監督の第二作。制作に3年、セット数100、エキストラ1000人、総スタッフ数300人をかけたという、全編CGに近い映...
■異次元の時代劇~GOEMON (Akatuki Design )
いやぁ~~~楽しかったです。 やはり紀里谷和明監督は天才だぁ。 ほんと今までの映画とは一線を画す出来だと思うんですよね。 CASSHERNを見た時も独特なCGとの融合した映像美は目を見張るものがあって衝撃だったんですけど・・・ なんなんでしょうこの世界観。 豊臣秀吉...
【試写会】GOEMON(評価:○) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】紀里谷和明 【出演】江口洋介/大沢たかお/広末涼子/ゴリ/要潤/玉山鉄二/中村橋之助/寺島進/平幹二朗/伊武雅刀/奥田瑛二/他 【公開日】...
GOEMON (Memoirs_of_dai)
失敗は成功の母 【Story】 織田信長(中村橋之助)を暗殺した明智光秀が討伐され、豊臣秀吉(奥田瑛二)が天下を取った時代。超人的な身体...
映画 「GOEMON」 (ようこそMr.G)
映画 「GOEMON」
GOEMON (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★[4/5] 登場人物のそれぞれのキャラが抜群に立っている。
GOEMON見てきました。 (+++turbo addiction+++)
今日は「GOEMON」見てきたよ~★ http://www.goemonmovie.com/index.html :*:・。,☆゜'・:*:・。,ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ ,。・:*:・゜'☆,。・:*: 紀里谷監督だったので、映像キレイだろーなーと思っていったら、その通りで、とても幻想的な感じでした。 さすがCG使い...
GOEMON (5125年映画の旅)
戦乱の時代、天下統一を目前にした織田信長は、明智光秀の謀反によって暗殺される。その後、信長の右腕・豊臣秀吉が天下を治め、平和な日々が15年続いていた。都を賑わす大泥棒石川五右衛門は、富豪の家から謎の箱を盗み出す。五右衛門はその箱から、信長暗殺の裏に...
「GOEMON」プチレビュー (気ままな映画生活)
紀里谷監督の初監督作品だった「CASSHERN」で賛否を 渦巻いていたが、どうやら今回もネット上を賛否が 駆け巡っているようです。
『GOEMON』 (しゃべりの王国)
前作『CASSHERN』がまったくダメだったので、実はこれもパスしようかと思ってました。が、このところ読書方面で『信長の棺』『信長あるいは戴冠せるアンドロギニュス』『下天は夢か』と立て続けに読んでいる「マイ・信長・ブーム」状態なもので、その一環(?)で観...
映画『GOEMON』 (オタマ・レベルアップ)
映画『GOEMON』を見たよぉ~ メディア 映画 上映時間 128分 製作国 日本 公開情報 劇場公開(松竹=ワーナー) 初公開年月 2009/05/01 ジャンル アクション/アドベンチャー/時代劇 解説・・・ 「CASSHERN」で鮮烈なデビューを飾った紀里谷和明監督の長編...
「GOEMON」 (てんびんthe LIFE)
「GOEMON」試写会 一ツ橋ホールで鑑賞 これは豪華ないい男祭り。 (いい女もたくさんいたみたい) とにかく、あれまあれま、出てくる出てくるいい男たち。 「こんな時代劇みたことない」ってコピーだったと思うんですが、みたことなくもない気もするんです。...
豪勢!(映画/試写会:GOEMON) (美味!な日々)
映画『GOEMON』の試写会に行きました。もんのすごいお金のかかった映画だなぁというのが第一印象。衣装しかり、CGしかり、キャストしかり、、、。
GOEMON (B-scale fan's log)
公開中 紀里谷和明監督 江口洋介主演     出演 大沢たかお、広末涼子、ゴリ、     要潤、玉山鉄二、チェ・ホンマン、     福田麻由子、中村橋之助、寺島進、     平幹二朗、伊武雅刀、奥田瑛二 新評価 2.0 (最悪ではない) かって「CASSHER...
GOEMON (銀幕大帝α)
08年/日本/128分/劇場公開 監督:紀里谷和明 出演:江口洋介、大沢たかお、広末涼子、ゴリ、要潤、伊武雅刀、奥田瑛二 <ストーリー> 大泥棒・石川五右衛門の伝説を基に、信長暗殺の裏に隠された陰謀や、仲間との友情、恋を描く。 <感想> 「一杯やるか?」 ...
GOEMON (こんな私でごめんあそばせ)
★★★★ 監督:紀里谷和明 出演:江口洋介 大沢たかお 要潤 広末涼子 時は1582年 戦乱の世の中 天下統一を目指した織田信長は志半ばにして、暗殺される そんな動乱の中、盗賊石川五右衛門が民衆は裕福なものから盗み、 貧しい者たちに分け与
「GOEMON」試写会 (第1学区 学級日誌)
 「GOEMON」の試写会に行ってきた。桐里谷和明監督、江口洋介主演の、時代劇?太閤秀吉の時代、石川五右衛門が紀伊国屋文左衛門の家から何気なく盗んだ南蛮の箱には恐るべき秘密が隠されていて、その秘密を巡って石田三成と徳川家康のそれぞれ配下の忍者が動いてたりとか...
GOEMON (なにも起こらなかった一日の終わりに。ver2.0)
 今日は「CASSHERN」の紀里谷和明監督による第2作、江口洋介主演の「GOEMON」を観て来ました!!  時は戦国の世。  織田信長が死に、豊臣秀吉によって国が治められ一時的な平安が訪れている時代。  巷をにぎわせている大泥棒・石川五右衛門(江口洋介)が有る...
GOEMON (ちこひろ日記)
JUGEMテーマ:映画豊臣秀吉が政権を握った1582年、石川五右衛門は金持ちから金を盗み、貧しい庶民に分け与えていた。ある日、盗みに入った屋敷である重大な秘密の入った南蛮渡来の箱を盗んでしまった五右衛門は、秀吉を倒し政権を握ろうとする、徳川家康、石田三成らの戦...
GOEMON (ダイターンクラッシュ!!)
2009年5月8日(金) 21:15~ チネ12 料金:1200円(レイトショー) パンフレット:900円(買っていない) 『GOEMON』公式サイト 始まって20秒で「早く終わらないかな。」と思わせた物凄い作品「CASSHERN」。「デビルマン」のおかげで、その年のワースト1を取らず...