心の栄養♪映画と英語のジョーク

日々観た映画のレビューと英語のジョーク♪心の栄養いっぱいとってKeep smiling♡

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ココ・シャネル」

2010-02-23 | 映画「か」行
1954年、パリ。15年のブランクから復帰を果たしたココ(シャーリー・マクレーン)
だったが、周囲の反応は厳しいものだった。そんな時、彼女は孤児だった自分が
今の地位を築くまでの困難な日々を振り返り、同時に切なくも情熱的ないくつもの
愛に思いを馳せるのだった・・。



先日見た、「ココ・アヴァン・シャネル」では、成り上がる(成功する)過程が
よくわからなかったんですが、これはその部分を補足してくれました。
でも、思ってたよりもシャーリー・マクレーンの出番は少なく、
ココの若き日を演じたバルボラ・ボブローヴァの出番が俄然多かったです。
 
若き日のココは、オドレイ・トトゥの印象がまだ残っていたので、
どうかなぁ?って思ってたんですが、このバルボラさん、見たことがない
女優さんで、私には“色がない”女優さんだったので、すんなり受け入れて
見ることが出来ました。
「ココ・アヴァン・シャネル」とちょっと設定が違ってる部分が
ありましたので、どっちがほんと?って思ったりもしましたが、
彼女の本質を描いてある部分には支障のない設定の差だったかな。
 
ショーでのココ・シャネルの服も、これぞ!というものがたくさん出てきて、
そうそう、これよこれ、って思ったし、シャーリー演じるココが
姪がパーティに行くからと着ていたドレスを、びりびりと剥ぎ、
カーテンの生地を使ってアレンジする姿は圧巻でした。ドレスが、
また別もんの素敵なものになりましたもん。
こういうひらめきがある人がココ・シャネルだったんですね~。
 
このシーンのシャーリー・マクレーン、そして共同経営者(?サポーター)の
マルク・ボウシエを演じたマルコム・マクダウェルとの迫力ある言い合い、
そして独白の部分、さすがシャーリーというものでした。
でも、やはりフランス語での方が良かったかなぁ。
妙なイントネーションつけた英語で(フランス風英語?!)・・というのは、
少々興ざめ。どうせ英語で話すなら、ちゃんとした英語でやってもらっても
良かったと思ったんですが・・。

ココの才能、ひらめき、そして苦労が伝わって来た本作。
アヴァン・シャネルの方でも描かれていた恋愛の部分も、2作とも見たお陰で
よくわかりました。アヴァン・・の方を見ていたお陰、という部分も
ありましたし。彼女が最初に一緒に住んだ、バルザンの人となりも
さらによく分かったし、アヴァン・・の方では、ちょっと物足りなかった
“ボーイ”の描写や、彼と彼女の愛し合い方なども合点がいった内容でした。
 
「成功は人を強くしない。失敗こそが強くするんだ・・」という
ココ・シャネルの言葉は印象的でした。それを納得させる、彼女の生い立ち・
人生だったことがよく伝わって来たので。
 
でも、こうやって2本見ても、まだまだ知りたい部分があるなぁ~・・と
いうのが本音で、ドラマとして連続でやってくれたらなぁなんて
思ったりもしました。特段シャネルというブランドに思い入れはないんですが
(シャネルブランド、持ってないし(^_^;))シャネルという人物については、
こうやって2本映画になっても、まだまだ描き足りない、そしてもっと見たいと
思わせる人物でしたわ。

個人的お気に入り度3/5

ココ・シャネル [DVD]

東北新社

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (34)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「私の中のあなた」 | トップ | 「湖のほとりで」 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (tak)
2010-02-25 00:37:31
シャネルのファッションに対するスピリットや、創作の根源がよくわかる映画でした。そういう意味ではこちらの方が、オドレイ版よりわかりやすい印象を受けました。ココをめぐる男二人の三角関係が描かれる嵐の夜の場面。予告編でも流れてたタンゴが効果的に使われて、緊張感がたまらなかった!。

タイトルで、screenplayでなくteleplayと表記されていたのに気づきました。テレビ用の作品だったんですかね。エンドクレジットもスパッと終わっちゃったし。
tacさんへ♪ (メル)
2010-02-25 09:15:33
tacさん、こんにちは☆^^

ほんと、この映画ではオドレイ版よりも
わかりやすく、万人受けしやすい作品だったですね。

>ココをめぐる男二人の三角関係が描かれる嵐の夜の場面。予告編でも流れてたタンゴが効果的に使われて、緊張感がたまらなかった!

そうそう、そのシーンはドキドキ・・^^
音楽も良かったですよね。
ちょっと設定とかがアヴァン・シャネルの時と違っていたので、どっちが本当?って最初はそっちに気を取られたりもしたんですが、見てるうちに、そこのところはどっちでも良いか・・と思えるようになりました。

>screenplayでなくteleplayと表記されていたのに気づきました

そうだったんですね~。
私はすっかりその部分を見逃してました(^_^;)
どうせだったら、テレビドラマとして、もうちょっと長く、3話くらい(?)に分けてじっくり見せてもらっても良かったかなぁって思います。
観れば観るほど詳しく知りたくなる人だったので。
今晩は! (小米花)
2010-02-25 23:10:41
「私の中のあなた」へコメントありがとうございました。
私はこちらにネ。。。

メルさんは「ココ・アヴァン・シャネル」見られてますね。私は未見なのです。
女性の服が長い裾のドレスから、スーツやパンツルックに変わった一次大戦後のスタイルを生み出したシャネルが見られたのが、とても嬉しかったです。
女性服装史という興味から見ても、楽しい映画でした。
小米花さんへ♪ (メル)
2010-02-26 09:15:50
小米花さん、こんにちは☆^^

こちらへのコメント、どうもありがとうございます♪
先ほど「チョイス!」の記事読ませてもらいましたが、時を同じくして見てたんだなぁって嬉しかったです~♪
でも、小米花さんなら、やはりレンタル初日に・・と思っていたので、もしかしたら同じ日に一緒に見てたりして・・と思ってたら本当にその通りで(^ー^* )フフ♪

で、この映画ですが
そう、ココ・アヴァン・シャネルの方を見てからの鑑賞になりました。
あちらとこちらでは、メインの部分が違うので、どちらもそれなりに楽しめました。
あちらは彼女の人生のごく一部を抜き取った感じで描いてありましたが、これは、その時にわかり辛かった部分を見せてくれたので満足でした♪

そうそう、シャネルのお陰で今の女性があると言っても良いくらいだなぁって、アヴァン・シャネルのときも思いましたが、これを見て、更に納得。
どうやってこういう服飾を作り出したのかという部分がよく分かって嬉しかったです。
お久しぶりです (菊千代)
2010-03-03 16:52:55
そうですか、出来れば複数の作品を観た方がいいんですね。

どうしても男だとファッション関係の作品は後回しになるんですけど(苦笑)

あの「プラダを~」も‥
ってもしかして私はまだ記事にしてないか!(苦笑)
菊千代さんへ♪ (メル)
2010-03-04 08:39:54
菊千代さん、こんにちは~☆^^

おひさしぶりで~~~~~~~~~~す!
真央ちゃんのお陰で、菊様の無事が確認できましたわ(笑)
真央ちゃん=菊千代さんということ、インプットされてたので、もしかして・・と思ったらその通りで(^ー^* )フフ♪

この前のオリンピックのときも、年齢制限のことで話しが盛上がってましたもんね~^^

で、この映画ですが
プラダを・・はエンタメ性がかなりありましたが、これは一人の人生を淡々と、でもそれなりにじっくり見せてくれるという感じだったので、性格は違うものでしたが、なかなか面白かったです。
そう、できればココ・アヴァン・シャネル(オドレイの)とこれと、両方見た方がわかりやすいかなぁと思いますが、こちらだけでも良いかも。
また時間がございましたらどうぞ~^^
おはよー (ちゃぴちゃぴ)
2010-03-07 05:48:08
やっとこさ、これを観ました。
そうよ、これフランスなのに英語だったんだよねー。アメリカのTVーMだったというのを読んで納得し、記事に書くの忘れましたわ。
ほんでもって、なんかねイントネーションが変に思ったのは、間違いじゃなかったのね。

そのうちアヴァンの方も観ようって思いました。シャネルが似合う体型でもないせいか、私も思い入れは無いんですが、もうちょっと知りたいって思いましたわぁ。あのシャネルスーツができるまでのとことかねぇ。マルクとの出会いとかも知りたかったな。
ボーイとの関係は、お互い運命のようなものがあるつながりだったようだけど、ボーイが結婚しちゃうところは、あっけない気がしたなぁ。
知らない俳優さんが多かったのは、かえってよかったねー。
ちゃぴちゃぴさんへ♪ (メル)
2010-03-07 18:43:12
ちゃぴちゃぴさん、こんばんは~♪^^

そう、この映画フランスが舞台なんだけど
前編英語だったんですよね~。
英語でも良いから、だったら普通に英語で話せよ!って思っちゃった(^_^;)
シャーリー・マクレーンは堂々と英語で話してましたが(さすが?!(^^ゞ)
ちゃぴちゃぴさんもお気づきのように、ココの若かりし頃とか、回想の場面では全部妙なフランス語アクセントをつけた(?)英語だったです~。それってなんだかねぇ~・・でした。
よくあることですけどね(^^ゞ

アヴァン・・の方は、ココの若かりし頃の恋のお話がメインで、マルクとの出会いもこの映画よりもしっかり描いてありました。
でも、シャネルがどうやって成り上がったかというのは、この映画でやっとわかった次第です。
どちらかというと、わかりやすかったこちらの方が好きなんですが、もっと知るためにはアヴァン・・の方をご覧になっても良いかも。

そうそう、ボーイがあっさり結婚しちゃいましたよね。
そのあたりは、アヴァンの方でも、割とあっさりでした(^_^;)

>知らない俳優さんが多かったのは、かえってよかったねー。

ですね~。
知ってる人だと、どうしてもいろいろ思い描いたり、その俳優さんのキャラが前面に出てきたりしますが、それがなかったのは良かったかなぁって思いました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

映画「か」行」カテゴリの最新記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

34 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『ココ・シャネル』(2008)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:COCOCHANEL監督:クリスチャン・デュゲイ脚本:エンリコ・メディオーリコスチューム・デザイナー:ピエール・イブ・ゲロー出演:シャーリー・マクレーン、バルボラ・ボブローヴァ、マルコム・マクダウェル鑑賞劇場 : TOHOシネマズシャンテ公式サイトはこちら。<...
ココ・シャネル (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『私は流行をつくっているのではない スタイルをつくっているの』  コチラの「ココ・シャネル」は、創業から100年、世界のトップ・ブランドであるシャネルの創業者で、生誕して125周年を迎えたココ・シャネルの生涯を描いた8/8公開のバイオグラフィー映画なのです...
映画 「ココ・シャネル」 (After the Pleistocene)
 久しぶりにシャーリー・マクレーンに会いに映画館に行った。老年に入ったココを演じる彼女は貫禄十分で、共同経営者のマルク(マルコム・マクダウェル)と丁々発止とやりあう場面はなかなか面白かった。マルクは第二次世界大戦後再びファッション界に出ようとするココを...
【ココ・シャネル】 (日々のつぶやき)
監督:クリスチャン・デュゲイ 出演:シャーリー・マクレーン、バーボラ・ボブローヴァ、マルコム・マクダウェル    私は流行をつくっているのではない           スタイルをつくっているの 「1954年のパリ、15年ぶりにコレクションを開催したココ
ココ・シャネル (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★[4/5] 実は、デザイン画が描けなかった世界のトップクリエイター。
ココ・シャネル (to Heart)
私は流行をつくっているのではない スタイルをつくっているの 製作年度 2008年 上映時間 138分 監督 クリスチャン・デュゲイ 出演 シャーリー・マクレーン/バルボラ・ボブローヴァ/マルコム・マクダウェル/マルク・ボウシエ/サガモア・ステヴナン/オリヴィエ・シトリュク...
『ココ・シャネル』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ココ・シャネル」□監督 クリスチャン・デュゲイ □脚本 エンリコ・メディオーリ □キャスト シャーリー・マクレーン、バーボラ・ボブローヴァ、マルコム・マクダウェル、サガモア・ステヴナン、オリヴィエ・シトリュク ■鑑賞日 8...
ココ・シャネル (Diarydiary! )
《ココ・シャネル》 2008年 アメリカ/イタリア/フランス映画 - 原題 -
「ココ・シャネル」 自分らしくあれ (はらやんの映画徒然草)
先日「ブランドの条件」という本を読んだところ、シャネルについて書いてあって興味が
モードの先駆者~『ココ・シャネル』 (真紅のthinkingdays)
  COCO CHANEL  1954年、パリで15年ぶりのコレクションを開いたココ・シャネル(シャーリー・ マクレーン)。しかし、プレスの評価は惨...
「ココ・アヴァン・シャネル」と「ココ・シャネル」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画      20世紀を振り返り始めているのでしょうか。「エディット・ピアフ」や「サガン」など人物伝作品が続々と映画化されていますね。そんな中でもシャネルという人物は特別なのか3本もの作品が作られています。...
*『ココ・シャネル』* ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2008年:アメリカ映画、クリスチャン・デュゲイ監督、シャーリー・マクレーン主演。
ココ・シャネル (シネマ大好き)
ブランドに興味がなく、シャネルでもったことのあるのは、昔買ったアリュールだけ。でも、香水をつけるのも何となく落ち着かず、いつの間にか古くなってしまった。だけど、ココ・シャネルその人には興味あり。ということで観てきました。 70歳で15年ぶりのショーに失敗...
ココ・シャネル/シャーリー・マクレーン (カノンな日々)
シャネルを描いた伝記映画はこの他にオドレイ・トトゥが主演の『ココ・アヴァン・シャネル』ももうすぐ日本で公開されるんですよね。それを知らなかった当初は「あれ?シャーリー・マクレーンも出てくるの?」とごっちゃになってました。シャネルのことは学生時代に服装史...
「ココ・シャネル」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Coco Chanel」 2008 USA/イタリア/フランス/UK ココ・シャネルに「アパートの鍵貸します/1960」「愛と喝采の日々/1977」「あの日の指輪を待つきみへ/2007」のシャーリー・マクレーン。 若き日のココ・シャネルに「見つめる女/2004」「気ままに生きて/2006」...
ココ・シャネル (2008・アメリカ/イタリア/フランス) (白ブタさん)
ちょっと期待してた作品☆ シャネルは買ったことないんですけども~(^_^;)
ココ・シャネル (ルナのシネマ缶)
シャネルの服とかバッグとかお高いモノは、 何も持っていないのですが、 昔彼女の伝記を読んでから 彼女の生き方は、ちょっと 凄いと思っていたので これから、上映予定の作品を含め シャネル3作は観たいと思っていました。 まずは、1作目往年の名女優 シャーリ...
ココ・シャネル (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
ココ・シャネル [DVD]偉大なデザイナー、ココ・シャネルの伝記映画が相次いでやってくるが、本作はもっともわかりやすい作りではなかろうか。孤児院育ちから、お針子になり、帽子作りで頭角を現した若き日々は、運命の恋人ボイ・カペルの出現によって激変していく。映画は...
mini review 10442「ココ・シャネル」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
現在でも世界中で愛されるトップブランドの創始者でデザイナー、ココ・シャネルの半生を描く伝記ドラマ。第二次世界大戦後、亡命生活を終えてファッション界へカムバックを果たした1954年以降のシャネルが、自身の駆け出しの時代を追想する2部構成で、世界で最も有名なデ...
ココシャネル (シネマ日記)
今年はシャネルに関する映画が2本も公開されるし、来年に「ココとストラビンスキー」も公開されるようですね。昨年が生誕125周年だからってことらしいけど、125周年って、、、なんかそんなに節目って感じでもないけど、まぁそれは置いといてと。ワタクシ自身は特にファッ...
ココ・シャネル (2010 映画観てきましたっ!)
大好きなシャーリー・マクレーン主演の 「ココ・シャネル」を 札劇さんで 観てきましたっ!
ココ・シャネル☆COCO・CHANEL (銅版画制作の日々)
8月11日、京都シネマにて鑑賞。開場1時間前にチケットを購入しようと行ったところ、すでに6割以上座席は売れている状態。それからあっという間に満席状態となり、立ち見も出るほどの盛況ぶり。お客さんの9割が女性で、しかも年齢層はちょっと高めだ。やはりシャネ...
ココ・シャネル (そーれりぽーと)
今年はココ・シャネル生誕125周年にかけて、彼女関連の映画が3本も国内外で公開されるのだそうで、そのうち最初に日本に上陸した『ココ・シャネル』を観てきました。 ★★★ 老いて尚ファッション界のトップに返り咲き席巻する夢を“当然”と断行するシャネルは、結果1...
ココ・シャネル (こんな映画見ました~)
『ココ・シャネル』 ---COCO CHANEL--- 2008年(アメリカ/イタリア/フランス) 監督:クリスチャン・デュゲイ 出: シャーリー・マクレーン 、バルボラ・ボブローヴァ、マルコム・マクダウェル ファッション界の巨人、ガブリエル・“ココ”・シャネルの人生をシ...
09-274「ココ・シャネル」(アメリカ・イタリア・フランス) (CINECHANの映画感想)
失望することには慣れている  1954年、パリ。15年のブランクから復帰を果たしたココだったが、周囲の反応は厳しいものだった。  そんな時、彼女は孤児だった自分が今の地位を築くまでの困難な日々を振り返り、同時に切なくも情熱的ないくつもの愛に思いを馳せるのだっ...
ココ・シャネル (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「私は誰にも借りはない。私が感謝する相手は私だけ!それが“シャネル“って名の重みよ!」ファッション界に革命をもたらした世界的なデザイナー、ココ・シャネル。 数々の伝説に彩られた彼女の人生の真実を豪華キャストで感動的に描く。 物語:1954年、パリ。70歳...
ココ・シャネル よみうりホール 2009.7.13 (◆JOY◆ ~つれづれ日記~)
先日、試写会で観てきました あらすじ:1954年、パリ。空白の15年を経て、復帰コレクションを用意したココ・シャネルのオートクチュール店にはたくさんの評論家や顧客が詰め掛けていた。し かし、コレ...
ココ・シャネル☆独り言 (黒猫のうたた寝)
シャネルブランドの製品は残念ながら香水くらいしか持ったことはないのですが^^;;;『ココ・シャネル』観てきました。ええ、シャーリー・マクレーンがあごに手を添えて斜め上目線のあのポスターの映画です(笑)幼いころに母と死別、修道院に子どもたちを託した父親は、別...
ココ・シャネル (愛猫レオンとシネマな毎日)
「ココ・アヴァン・シャネル」に引き続き「ココ・シャネル」のレビューとなります。 こちらは、ココの半生にわたるお話でした。 ストーリーは、1954年、71歳になったココが15年ぶりにモード界に カムバックするところから始まります。 でも、第1回目のコレクシ...
ココ・シャネル (晴れたらいいね~)
シャネルNo.5だけを纏って寝たことはないですが、なんにつけても、シャネルのブランド力は、凄い。私だって、バッタもんのバッグくらいはありますって(爆)シャネルの映画は、この一年で3本も公開された。同時期に公開された「ココ・アヴァン・シャネル」は、もうひとつ...
ココ・シャネル (映画の話でコーヒーブレイク)
あまたある伝記物の本や映画は、大きく分けて二通り。 困難を乗り越え成し遂げた功績を称え賞賛するものと、 偉人として確立しているイメージと異なる面を描き、「実はこんな面もあった」とか 「えっ、こんな人だったの・・・」ちょっとしたショックを与えるもの。 「人間...
「ココ・シャネル」 (みんなシネマいいのに!)
 ファッション界のカリスマ、ココ・シャネルの伝記ドラマ。 15年ぶりにファッショ
シャネルさん (Akira's VOICE)
「ココ・アヴァン・シャネル」 「ココ・シャネル」 「シャネル&ストラヴィンスキー」 
■映画『ココ・シャネル』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
女性の憧れのハイブランド、シャネルの創始者、ガブリエル・シャネルの“女の一代記”とでもいうべき映画『ココ・シャネル』。 71歳になったシャネルが、過去の自分を回想するというスタイルで、過去の恋愛や“シャネル”ブランドが確立していく様子を描き出します。 シ...