心の栄養♪映画と英語のジョーク

日々観た映画のレビューと英語のジョーク♪心の栄養いっぱいとってKeep smiling♡

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ラスト、コーション」

2008-09-18 | 映画「ら・わ」行
1942年、日本軍占領下の上海。女子大生チアチー(タン・ウェイ)は、抗日運動に心血を注ぐ
クァン(ワン・リーホン)に秘かな恋心を抱き、彼と行動を共にする中で次第に感化されていく。
やがてチアチーは、日本の傀儡政府に協力する特務機関のリーダー、イー(トニー・レオン)に
近づき暗殺を遂行する危険な任務を与えられる。さっそく身分を偽りマイ夫人と名乗り、イー夫人
(ジョアン・チェン)に接近。冷徹で用心深いイーを誘惑する機会を窺うチアチーだったが・・。


男と女、やっぱり一筋縄ではいかないというか
愛と憎しみは紙一重というか、案外こんなもんだよなぁ、という
ことを感じさせてくれた作品でした。

台詞は少なめで、なかなか見せる・魅せる映画だったと思いました。
でも、女4人でのマージャンのシーンは、会話の駆け引きが
面白かったし、その時の会話に確かあったマイ夫人が”欲しい”と
言ったものを彼が・・・というところで、あのラストに
繋がったのかな~・・。切ない・・・。

主演の2人がかなり激しく愛し合うシーンがあるんですが、それも
やはりこの映画の魅せどころの1つではあったのかな。
彼女の”初めて”のシーンも、目的のためには体も張るという
彼女の意欲が見て取れたし、一度失敗してもさらに計画を
実行しようとする動機にもなっていたと思うし。

視線を絡ますシーンも多かったですし、言葉じゃなくて
目顔で表現するシーンが多かったので、俳優さんたちの力量が
問われたと思いますが、主演のふたり、とても素晴らしい演技でした。
タン・ウェイ、今回初めて見た女優さんですが
可憐で清楚で、でも意思は強そうな、とても素敵な人でした。
彼女を見ててすごく美しいなぁ、と思ったのが立ち姿。それに後姿と歩く姿。
(けっして顔が美しくないというわけではないですよ)
姿勢が良いんでしょうね~、それに身長も高いし。
本当に凛として綺麗だったです。

そしてトニー・レオン。やっぱり素晴らしい役者魂もった
良い俳優さんだな、と改めて思いました。
彼が彼女を初めて”犯す”シーンでは、えぇ~?って思ったけど
彼はあのプレイに慣れてたわけじゃなくて、きっと政治犯(?)たちの
拷問で慣れてたのかもしれない・・と思うと怖かったし
彼の表情が表す心情の複雑さは絶品でした。

許されざる愛、禁断の愛・・やはりこういうのを描かせたら
アン・リー監督は上手いですね。

でも、スパイ・暗殺の部分は、学生時代のあの”こっこ”から
結局抜け出せないでいたわけだし、やはり到底無理と言うもので
魅せられた部分もありましたが、スパイとなった女がいつしか
敵であるはずの男と愛を交わす・・ある意味古典的な話しだったです。

個人的お気に入り度3/5

ラスト、コーション

Victor Entertainment,Inc.(V)(D)

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (26)   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ある日どこかで」 | トップ | 「チーム・バチスタの栄光」 »
最近の画像もっと見る

26 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
絡み合う視線がイイ映画 (ちゃぴちゃぴ)
2008-09-18 20:46:13
どす~っんと来た映画でしたよ。
アジアン映画は、あまり進んで観ない方なのですが、トニー・レオンは好きなんですよ。
「インファナル~」で、仕草や目線で感情を表す俳優さんだと思います。こういう俳優さんに弱いでしょうな、あたし。
この映画、ハードなあのシーンが前に出てしまってますが、色々フクザツに絡み合ってると思うのよね。あの激しいのにもわけがある!…みたいなとこもあるしね。
タンさんも、すごいですよ。初めての映画なのに…。

で、映画館でぼかしまくりで、その辺不服だったんで、DVDでまた観ようともくろんでます。ハハハ
残念~ (fizz♪)
2008-09-18 21:53:51
メルさん、こんにちは~
ご覧になったのですね。
私も楽しみにしていた作品だったのでレンタル開始日に借りました(笑)
でも…私としては残念な作品になってしまいました(^^ゞ
理由を挙げてしまいそうなので危険ですから(笑)、感想も書かないことにしました(またこれだ…すみません)
それにしてもアン監督の演出の力は凄いですよね!
細かいところにも行き届いた演出には感動でした。
主役の二人も力演でしたよねー
そう言えば、DVDはぼかしてませんでしたよね?(笑)
かなり (miyu)
2008-09-19 00:23:51
エロティックなシーンが多くて強烈でしたけど、
確かにお話的には古典とも言える感じでしたね。
情を交わせば情が移る。
もうそんなお話幾度となく見ている気さえするのに
こうゆうお話はやっぱりハラハラしてしまいます。
ところで↑のfizz♪さんのコメが気になるっ!
ボカシは本当になかったの?(/∇\)キャ-!
ちゃぴちゃぴさんへ♪ (メル)
2008-09-19 06:52:50
そうそう、絡み合う視線が多かったし、それがまた
目が物を言うという感じで、良かったですよね~。
私も「インファナル・・」は大好きですし、トニー・レオンはほんとに素敵な俳優さんですよね(^▽^)V
この映画、アジアの描き方、アジアの雰囲気、あの
どうしようもない無常観みたいなのは、インファナル・・に似てるところもありましたよね。

そうそう、性描写が話題だったりしましたが
あの激しさには意味がありましたよね。
タンさん、ほんとに初めての映画とは思えない
あの熱演。すごかったです~。
ものすごい人数のオーディションに勝ち抜いただけのことはありますよね。

ぼかしまくり・・って劇場ではそうだったんですね?!
DVDではなかったと思いますよ~(^^ゞ
是非DVDでも再見なさって見てください~^^
fizz♪さんへ♪ (メル)
2008-09-19 07:04:58
おぉ!レンタル初日に!
私は週末まで待って・・だったんですが
良かったことは良かったんですが、評判ほどじゃないかも・・とも思ってしまった私です(^^ゞ
fizz♪さんの”理由”聞きたいわ~~~^^

そうそう、この映画の独特の雰囲気と
あの無言の演技などなど、ほんとに細かい演出で
俳優さんの演技力の素晴らしさも相まって
すごいなぁ、と思いました。

ぼかしですが(^^ゞ
やはりfizz♪さんも気になりませんでしたか~。
というか”なかった”と思われたんですよね。
私も全然気づかなかったので、DVDではぼかしは
削除だったんですかね?!(^^;;)
なかなか激しくてモロだったような・・(^^;;)
miyuさんへ♪ (メル)
2008-09-19 07:21:21
やはり男と女、情を交わせば情が移る・・
鉄のような意思と冷酷さを持ち合わせていれば
そういう風にならないんでしょうが、なかなかそうは
いきませんよね~・・・
ラストのイーの表情を見ていて、彼女の方だけじゃなくて、完全に彼も・・でしたしね~。

物語として、もうちょっとなにか欲しかったような気がしたんですけど、とにかく2人の熱演と、演出の素晴らしさには感銘いたしました。

ぼかしですが、DVDには入ってなかったですよ~(^^ゞ
だから(?)余計に見てビックリでしたから(^^;;)
でも、絡みのシーンも必然だったような気がしますし
しっかりぼかしなしであの激しいシーンを見たほうが
ずっといいと思います。
是非、DVDでご確認ください~(^^ゞ
DVDは (latifa)
2008-09-19 09:08:28
メルさん、こんにちは~!
DVDと映画版とではボカシシーンが違うとな!ついそういうみなさんのコメントに反応してしまいました・・(^^;)
映画を一度見たことがある人にも、DVDを見てもらおうという映画会社のはからい(たくらみ(^^;))もあるのかな♪ でも良いですね。映画とDVD版とで、ちょっと違う部分やお楽しみを入れるって(^O^)

この映画は、凄く絶賛されている方と、うむ~そうでもないかな・・・って方と二通りに分かれがちだったかな・・と思います。私は残念ながら後者よりだったんですが、でも面白くない訳では決して無く、凄い賞を取り、絶賛されるって程では無いかな・・って思ったという事で、美術とか出演者の演技とかキッチリ良い仕事をしていますたよね♪
へ~ (なな)
2008-09-19 22:42:57
DVDはボカシてないんですか!
レンタルしてみよっと←単純。
私はラストで涙が止まりませんでした・・・・
アン・リー監督とトニー・レオンですから
私の気に入らないはずはないのですが
いかんせん,「難解」といえば「難解」な作品でもあり
別の記事にも書いてますが,これの原作はそんなによくないですよ。
そう思うと,ここまで深い演出をしたリー監督はやはりすごいなぁ~と。
愛憎,葛藤,裏切り,後悔,後の祭り・・・とかいう
人間の業ともいえる泥沼を描かせたら,リー監督,ほんとすごいです。
人間を観る目が,優しいんだかシビアなんだかわかりませんね・・・。
latifaさんへ♪ (メル)
2008-09-20 07:18:40
はい~(^^ゞ違うみたいです、ぼかしが(^^;;)
DVDで見たんですが、全然ぼかしがなかったと思われ、あら~?!これはいいの?って思っちゃったくらいです(^^ゞ
そうそう、これはDVD売らんがため(レンタルもありだけど)の作戦かな~と思ったりしました~(笑)
確かに劇場とDVDで違うところが楽しめるっていうのも良いことですよね^^

この映画、おっしゃる通り、感想がその二通りに分かれてるようですね~。私もどっちかって言うと後者です(^^ゞ
そう、面白くなかったわけじゃないんですけど
”もっと何か”を自分も期待してたんだろうなぁ、と思います。
良い所をあげればたくさんあったし、良かったことは
良かったんですけどね~。やはり期待度の大きさが
なせる業か・・・
アジア的雰囲気と、この映画のかもし出してた風情、演出は良かったんですが、別の方も書いてらっしゃいましたが、こういう女スパイものとしては「ブラック・ブック」の方が好きだったです。
ななさんへ♪ (メル)
2008-09-20 07:39:46
ぼかしですが、よ~く見ると1ヶ所くらいあったようですが、全然分からない程度でした(^^ゞ

そう、この監督さんの演出はすごいですよね~。
これだけ情緒的に描けるんだなと、その点は
ほんとに脱帽でしたわ。アジアの雰囲気も
良かったですし、二人の演技をあそこまで引き出せたんですもんね~。

もうちょっと変わった物を求めてた自分もいましたが
こういった状況の男女の愛の普遍的な流れと心情を
見事に出してたと思います。

コメントを投稿

映画「ら・わ」行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

25 トラックバック

ラスト、コーション 色|戒 (晴れたらいいね~)
水曜日に観てきたのですが、未だにあとを引いています…「ブロークバック・マウンテン」のアン・リー監督であることと、「インファナル・アフェア」の哀愁ばりばりのトニー・レオン、女スパイが暗殺のために、誘惑して…しかし、二人は禁断の愛に陥る。「ブラ...
ラスト、コーション (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『その愛は、許されるのか?』  コチラの「ラスト、コーション」は、「ブロークバック・マウンテン」のアン・リー監督が再び禁断の愛で世界に衝撃を与えたR-18指定の問題作なのですが、2/2公開となったので、早速観て来ちゃいましたぁ~♪  原作は、 アイリーン・...
「ラスト、コーション」感想 世間の評判ほどには・・・ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
ヴェネチア映画祭で金獅子賞を撮った映画ですが、おそれ多くも、私にはこの映画の良さがそこまでは解らなかった様でした。でも長い映画なの...
ラスト、コーション (虎猫の気まぐれシネマ日記)
第64回ヴェネチア国際映画祭で,金獅子賞を受賞したアン・リー監督作品。1942年の,日本占領下の上海を舞台に描かれる,抗日運動に身を投じる女スパイ、ワン・チアチー(タン・ウェイ)と、特務機関のリーダー,イー(トニー・レオン)との禁断のラブ・サスペンス。女スパ...
ラスト、コーション 色|戒 (小部屋日記)
Lust,Caution/色・戒(中国・アメリカ)【DVD】 監督:アン・リー 出演:トニー・レオン/ワン・リーホン/タン・ウェイ/ジョアン・チェン あなたはタブーを目撃する。 2007年度ヴェネチア国際映画祭にて金獅子賞と金オゼッラ賞(撮影賞)を受賞。 『ブロークバック・...
ラスト、コーション (Some Like It Hot)
2007年・中国=アメリカ Lust, Caution(色・戒) 監督=アン・リー/ 主演=トニー・レオン タン・ウェイ ワン・リーホン ジョアン・チェン  「ラスト・・・」とというタイトルと、激しいベッドシーンがあることから、ベルトリッチの”あの映画”を連想する人...
『ラスト、コーション』 (ラムの大通り)
(原題:戒|色 Lust Caution) ----これは知ってるよ。 アン・リー監督の映画。 性描写がスゴいんだよね。 「うん。 でもけっこうボカしがはいってたからなあ。 これ、映画館で観たわけだけど 試写だったらどうだったんだろう」 -----でも、それだけだったら いわゆるポル...
『ラスト、コーション 色/戒』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ラスト、コーション 色/戒」□監督 アン・リー□原作 アイリーン・チャン□キャスト トニー・レオン、タン・ウェイ、ワン・リーホン、ジョアン・チェン ■鑑賞日 2月10日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆...
「ラスト、コーション」 LUST, CAUTION 色・戒 (俺の明日はどっちだ)
舞台は1942年、日本占領下の上海。それまで普通に生活を送っていた女子大生が、「演じることの喜び」を知り、ちょっとした恋心をきっかけとして過激な抗日運動に身を投じていき、そこにはやがて思いも寄らぬ展開が待っているという、エスピオナージュ的サスペンス要素も盛...
●ラスト、コーション(17) (映画とワンピースのこでまり日記)
トニーのヘッドスライディング姿が見られるとはっ!
ラスト、コーション (シャーロットの涙)
ヴェネチア映画祭グランプリ受賞作品
『ラスト、コーション』 (たーくん'sシネマカフェ)
最近の映画、特に洋画の大型作品は一日早い金曜から上映が多くなりました。それはそれで早く観られる楽しみや週末の帰りに観たい人もいるでしょう。但し、その影で金曜最終日を迎えられず木曜で終わる作品もあるのです。それが今回の「ラスト、コーション」。都内でもまだ...
性と死の間で (CINECHANの映画感想)
56「ラスト、コーション」(アメリカ・中国・台湾・香港)  1942年、上海は日本の占領下にあった。香港の大学生であったワン・チアチーは抗日運動に心血を注ぐクァン・ユイミンに恋心を抱き、彼とその演劇仲間と行動を共にする中で次第に感化されていく。  やが...
映画 【ラスト、コーション】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ラスト、コーション」 アイリーン・チャンの自伝的短編を『ブロークバック・マウンテン』のアン・リー監督が映画化。 おはなし:1942年、日本占領下の上海。女子学生ワン・チアチー(タン・ウェイ)は、演劇部の仲間クァン(ワン・リーホン)に感化され、過...
mini review 08328「ラスト、コーション」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
付けているが
ラスト、コーション 55点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
SMぽいの好き 公式サイト 日中戦争期の上海を舞台に一人の女性の運命が描かれる、チャン・アイリンの自伝的小説『色|戒』を原作に、『ブロークバック・マウンテン』のアン・リー監督により映画化。 エモーションに重点を置いた丹念な人間描写と、即物的な視覚娯楽...
ラスト・コーション 色|戒 (迷宮映画館)
やばい・・・。あ、トニー・フェロモンに完全にとりつかれてしまう・・・。
ラスト、コーション (映画鑑賞★日記・・・)
【LUST, CAUTION/色・戒】R-182008/02/02公開製作国:中国/アメリカ監督:アン・リー出演:トニー・レオン、タン・ウェイ、ワン・リーホン、ジョアン・チェン、トゥオ・ツォンホァ、チュウ・チーイン その愛は、許されるのか? 
ラスト、コーション (あず沙の映画レビュー・ノート)
2007 アメリカ, 中国, 台湾, 香港 洋画 ラブロマンス ミステリー・サスペンス 作品のイメージ:切ない、ドキドキ・ハラハラ、おしゃれ 出演:トニー・レオン、タン・ウェイ、ワン・リーホン、ジョアン・チェン 時代は第二次世界大戦中。日本軍による占領下、抗日運動...
『ラスト、コーション』'07・中・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ日本軍占領下の1942年の上海。傀儡政府のトップであるイーは、かつて香港で出会った女性マイ夫人と再会する。数年前、香港大学の学生だったチアチーは抗日に燃える演劇仲間たちとイーの暗殺計画に加わっていた・・・。感想女が嵌めるか?男が見破るか?隙を見...
映画評「ラスト、コーション」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2007年アメリカ=中国=台湾=香港映画 監督アン・リー ネタバレあり
ラスト、コーション (Addict allcinema 映画レビュー)
その愛は、許されるのか?
≪ラスト、コーション≫ (日々のつぶやき)
監督:アン・リー 出演:トニー・レオン、タン・ウェイ、ワン・リーホン、ジョアン・チェン    その愛は、真実なのか? 「日本占領下、香港大学の学生だったワン・チアチーは演劇部の仲間が自分達も国のために何かできることは・・と特務機関のイーを殺す
ラスト、コーション (しーの映画たわごと)
ヴェネチアで金獅子賞。「ブロークバック・マウンテン」のアン・リー監督ですか。評判(セックスシーンだけ?)も良かったので鑑賞。先に嫁さんが鑑賞済みで、子供の居ない時に観ろとの指令。結局2週間程かかりました。
ラスト、コーション  (Blossom)
ラスト、コーション LUST, CAUTION 色・戒 監督 アン・リー 出演 トニー・レオン タン・ウェイ     ワン・リーホン ジョアン・チェ...