心の栄養♪映画と英語のジョーク

日々観た映画のレビューと英語のジョーク♪心の栄養いっぱいとってKeep smiling♡

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ルディ 涙のウィニングラン」

2008-03-14 | 映画「ら・わ」行
ルディ

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る

幼い頃からフットボール選手に憧れていたルディ(ショーン・アスティン)は、ノートルダム大学の名門チーム
“ファイティング・アイリッシュ”でプレーすることをずっと夢見ていたが、経済状態と学力不足から進学を
諦めてしまう。しかし、唯一の理解者である親友の死をきっかけに再び夢に向かっていく決心をするが・・・。


実話を基に作られた作品。

というわけで、私のすごく好きなジャンルだったんですが
これぞ正統な感動作、というものでした。
”作った”わけじゃなくて、本当にこういうことがあったんだというところが
奇跡的でもあり、もしも実話が基じゃなかったら、あまりにも
ベタというか、感動作過ぎてしらけてしまうかも、というものでしたが
これが実話ですからね~。感動しまくりでした!!!



ここまで夢を諦めないで努力した人って皆無に近いのでは・・と
おもうくらいの努力し、それを継続し、夢に対する熱意を持ち続けて・・・。
このルディのような人って、この世に何人いるんだろう?
同じくらい努力した人はいると思います、でも、彼ほど
その努力が報われない体型と能力(読書障害があった)にも
かかわらず、ですから。



彼の夢の達成には、確かに彼の努力以上の力が作用してるのも
事実。でも、それもまた彼の努力があったればこそ、彼の日々を
皆が見てたからこそなので、やっぱりそれも彼の努力と熱意のお陰なのかな。
自分の努力だけで手に入れたものよりも、もっと素晴らしい物を
彼は手に入れたと思うし、何よりも替え難いのは、やはり人と人との
繋がりなんだと思いました。周囲の人も、彼を助けることができて
幸せになったんだろうと思うし、彼から波及した熱意をみんながもらえたと思います。


この彼の行動と熱意を見ていると、自分の甘さに気づいたり
わたしも頑張らなくっちゃ、頑張りたい、自分を信じたい
私もこうしちゃいられない、負けてられないぞ~~と思えたし
なんだかすごく励まされた感じ。

  
左がルディ役のショーン・アスティン、右が本人のルディさん。

息子にも見せたいな、って思ったし、明日を夢見ることを諦めてしまってる
若者たちにも見てもらいたいなぁ、って思ったし、自分も元気がもらいたい時、
ここぞ、と言うときにはまた是非見たいです。
どうしてこの作品を今まで見逃してたんだろう。

特典映像での、実際のルディさんのインタビューも、とても良かったです。


個人的お気に入り度4.5/5
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ステイト・オブ・ウォー」 | トップ | station(停留所) »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ああ、 (ばっちもんがら)
2008-03-30 19:59:16
メルさんのブログ全部チェックしてると思ってたのに、これ抜けてましたよー。
別の人のブログで知りました。何と間抜けでした。

よかったですよねー。

インタビューで彼が自分は良き理解者、mentorに恵まれていたと言ってましたが、フィールド管理人のチャールズ・S・ダットン、神父のロバート・プロスキー、いい味出してましたね。
友達もいい奴だったなあ。誕生日のシーンで既に涙腺が緩んでいた私です。

最後のルディコールは当然大泣き。
ばっちもんがらさんへ♪ (メル)
2008-03-31 01:32:13
良かったですよね~!!!

そうそう、特典の映像で本人が話してたこと
ほんとにそうだなぁ、と思いました。
あのちょっと舌っ足らずな話し方もチャーミングでしたが(^^ゞ あんなに努力した人がこの人なんだ~・・って、話を聞いて感激・感動しました。
よき理解者、ほんとにたくさんいましたもんね~。
そうそう、あのフィールド管理人が一番印象に残ってます。
大学のラグビー仲間が彼を試合に出してくれって
監督に直訴するところなんかも、たまらなかったです。いい仲間に恵まれましたよね。彼の信じられないほどの努力をみんなが見てたからだし、夢も知ってたからですよね。

>友達もいい奴だったなあ。誕生日のシーンで既に涙腺が緩んでいた私です。
そう!!!!
あのシーン、もしかしてこの映画で一番好きかも、と
いうくらい好きなシーンでした。
素晴らしいプレゼント、そしてあの可愛らしいケーキ?!とロウソク替わりのマッチ。。。あ~~
思い出しただけで泣けそうです。
あの友達、生きてたらきっと試合に出れた彼を
一番喜んでくれたでしょうね。
そしてあの最後の”ルディ”コールは私も当然
大泣きでした。
努力の人・・・ (蒼い影)
2008-05-04 06:28:49
 努力し、勝ち得た御褒美はBIGだった! 猛勉強しますもんね。やっと入れたチーム、グランド・キーバーとの約束。すべて実現させちゃいましたね。すごい感動ドラマでした。しかも実話なんですよね。
蒼い影さんへ♪ (メル)
2008-05-06 21:42:33
努力すればなんでも実る・・というわけでは
ないでしょうが、彼の努力の度合いの素晴らしさを
見れば、これは無理と思われてることでも叶うかも!って思えましたよね~。
こんな努力、誰でもはできないですよね。
彼の努力と頑張りがあったからこそ、ですが
人との出会いが夢の実現には大きく影響してましたよね。
やっぱり人と人との出会いって、運命を分ける
本当に大切なものなんだな、ということも
努力が大切、夢を諦めるな、って事と同時に
この映画は教えてくれてたように思います。
本当に良い映画でした~(^▽^)
全く・・・ (latifa)
2010-02-28 14:30:36
メルさん、こんにちは!
私ね、先日メルさんちで、この映画を検索したんだよ(リスト一覧から)そうしたら、無いか・・・って思ったの。
でも、今見たらちゃんと有るのよね?
一体どういう目で見てたんだろう?と、自分が情けないよ・・・。

実際の人の写真がこちらで見れて感動!!
特典映像にご本人のインタビューもあったなんて。
私が見たのは図書館のビデオ(爆)だったので、そういうのは無しだったの。

最近の実話ものの映画って、たいがいエンドロールでご本人の写真や映像が出るよね?あれがすっごく私は好きで、☆1個くらいあがっちゃうの。
この映画も、もしエンドロールに、ちらっと映像や写真とかが出てたら、もっと思い入れも違ってたのにな・・・と、少々残念。

あ~~長く夢中になってたオリンピックもお終いですね。金曜日は真央ちゃんが気になってしょうがなかったわ。あの悔し涙のシーンは何度見てもぐっと来ちゃう。
でも、家の旦那は「もうスケート飽きた」ってうんざりしてるわ・・(←ノーカットの真央ちゃんや、キム・ヨナの演技を見てない人)
latifaさんへ♪ (メル)
2010-03-01 08:52:00
latifaさん、こんにちは☆^^

すいません、なんだか要求したみたいな感じになっちゃって(^_^;)
でも、TB&コメント、嬉しいです、ありがとうございます!!!

そうそう、実際のルディさんを見ることが出来たので、エンドロールの時、あるいはその後の、今は・・がなかったけど、結構満足出来ました(笑)
(私もlatifaさん同様、エンドロールでのご本人の”現在”とかがあると、一気に☆の数が上がっちゃう人です。笑)

でも、ビデオにはなかったんですね~。
って、確かに思い起こしてみるに、ビデオって特典映像なんてないですもんね。
すでにビデオを見てた頃のことを忘れかけてる・・(^_^;)

で、オリンピック!
終わっちゃいましたねぇ~・・
ずっと夢中だったので、なんだか寂しいです、私も。
それに真央ちゃん・・悔し涙のところは、グッときちゃいますよね。
どんなにか悔しかったろう・・と。
でも、これで次ぎの目標も出来たことだし、きっとこれからも益々頑張ってくれるんでしょうね。
私もlatifaさん同様、すでに親の目ですから~(^^ゞ

昨日のパシュートも朝5時に起きて見ました(笑)
小平選手が地元なんですよね。
で、彼女が所属してる病院、私が息子を産んだ病院なんですよ~(^^ゞ
というわけで、余計に思い入れもありまして^^
銀、惜しかったけど、よく頑張ってくれたなぁって、嬉しかったです♪

そうそう、私も、繰り返しスケートを見たりしてるので、主人は、もう飽きた・・と言ってましたわ(笑)
主人もノーカットの見てないので、ちゃんと1回見ればいいのに~d(^-^)ネ!

そういえば真央ちゃん、閉会式の旗持ち?(でしたっけ??(^_^;))をやるとかで、それも見てみたい気がします。
・・って、まだ家事をさぼる気で居る私・・困ったもんです(^^ゞ

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ルディ / 涙のウイニング・ラン (おすすめ マイベスト映画&DVD)
映画「ルディ / 涙のウイニング・ラン」
ネタバレ「遠い空の向こうに」「ルディ/涙のウイニング・ラン」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
最近アメリカンフットボールとか、ラグビーなどの実話映画をたて続けに見ているな(^^ゞ