心の栄養♪映画と英語のジョーク

日々観た映画のレビューと英語のジョーク♪心の栄養いっぱいとってKeep smiling♡

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「パニッシャー:ウォー・ゾーン」

2009-09-11 | 映画「は」行
最愛の家族を殺された辛く悲しい過去を持つフランク・キャッスル((レイ・スティーヴンソン)。
これまでの自分自身と決別し、法で裁けぬ凶悪犯に正義の制裁を加える孤高のヒーロー
“パニッシャー”となり、街にはびこる諸悪に独り立ち向かっていた。次なるターゲットは、
巨悪な犯罪組織の中にあって最も邪悪な人、ビリー・ルソッティ(ドミニク・ウェスト)。
フランクは奇襲を仕掛けるが、この時、組織に潜入していたFBI捜査官を誤殺するという
大きなミスを犯してしまう。一方、顔面をズタズタにされるも生き延びたルソッティは
“ジグソウ”と名を変え、街中の武装ギャングを配下にパニッシャーへ怒りの復讐を開始する・・。



随所にアメコミの世界だなぁ、を痛感させてくれる作品でしたが、先日観た
ニコラス・ケイジ主演の「バンコック・デンジャラス」よりもスッキリ感があり、
その点好感でしたわ。バンコック・・の方も、タイのジメ〜っとした感じが
あって良かったんだけど、それが今ひとつ活かされてなかった感じがしたし、
なんといってもニコちゃんが、今ひとつ冴えなかったんですよね。
それに比べると、このパニッシャーと化したフランクがかっこ良かった♪

うわぁ〜!という、かなり過激で生々しい処刑シーンだったりしましたが、
元がコミックなんだからと、結構すんなり受け入れられました(^^ゞ 
この、アメコミだった・・というところがポイントで、あり得ん!と
思うところや、ジグソウの不気味なつぎはぎ顔も、荒唐無稽と思われるような
処刑シーンも、あ〜これは漫画の世界だなぁと笑って許せたんですよね^^ 
許せるというよりも、楽しんで観ちゃったかな(笑)
過激なシーンも過激すぎて笑えるんですよ〜(^^ゞ

極悪人を私刑する・・という処刑人のフランクは、ありがちではありますが、
自分の中にある善と悪の存在に苦悩する・・というところがあったんですが、
そのあたりは至極あっさり目で、深みはなかったです。
でも、この映画ではそれで良かったかなぁって思います。

すっごくかっこよく、有無を言わさず処刑するフランクっていうところと、
とても同じ人物に見えないくらい、あまっちょろい殺し方(そういうときは
なかなか殺せすらしないんだけど)の時があって、そこんとこどうよ?って
思いましたけど、まぁアメコミですから^^
それにこのすんごいバイオレンス・アクション映画を女性監督が撮ったっていう
ことで、ビックリしました。全然女性を感じさせなかったです。

主演のレイ・スティーヴンソンは、地味目ながらも正統派の二枚目顔。
好みってわけでもなかったけど、これまで彼を意識して観たことがなかったので
こんなに素敵だったのね、とは思いました。
それと、ほぉ!またこんな狂気を孕んだような凄い役で・・と思ったのが
ジグソウの弟役で出てたダグ・ハッチソン。彼は「グリーンマイル」の時に、
これでもか〜!ってくらい嫌な看守役で最後は○○○・・となっちゃうんですが、
この映画でもその雰囲気あり^^
ちょっと太ったかなぁって思いましたが、どっか精神おかしくなっちゃってる、
狂気を孕んだ目ができるんですよね〜。今回のこの役も彼にピッタリでした。
彼のこういう役が見れただけでも、ポイントアップでしたわ^^

この映画、すでに過去2回も映画になってるんですね〜。
全然知らなかったんですが(^_^;)そちら2作の方で、フランクの家族の死に
ついては詳しく(?)描かれてるそうで、この映画では、その部分も
とても簡潔に描写されててました。家族の死、善悪に悩む彼・・という部分を
重視したら、きっとまた違った作品になったでしょうし、重みも出てきたとは
思いますが、この映画はそういうの省いて、簡潔にまとめてありました。
この映画はそれで良し^^

個人的お気に入り度3/5

パニッシャー : ウォー・ゾーン [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「小森生活向上クラブ」 | トップ | 「ホワイトクラッシュ」 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (yukarin)
2009-09-11 13:21:09
私もバンコック〜はいまひとつな所があってすっきりしなかったんですが、こちらは主人公がカッコ良かったし、ちょっとやりすぎだけど楽しめましたね。
パニッシャーってほかにもありましたけどコッチのほうが良かったです〜
申し訳ないです。 (サテヒデオ)
2009-09-11 19:31:20
MESCALINE DRIVEのサテヒデオと申します。
拙ブログにトラックバックをいただきまして、ありがとうございます。
gooブログとは相性がよくないようでして、こちらからは送れません。申し訳ないですけれども、コメントにてかわりとさせていただきます。
当該記事のURLさえ残せないようでして、本当にgooとは相性が悪いようです。
比べちゃうよねー (ちゃぴちゃぴ)
2009-09-11 20:52:50
私も、比べちゃったよ、バンコック・デンジャラス。
ニコちゃん、どんどん評価が下がっていくぅ。

あの弟って、あの看守だったんだぁ。
この映画、悪役よかったですねぇ。
ほんでもって、パニッシャーのかっこいいこと!冒頭から、かなりの間台詞ないもんね。それがよかった。
バイオレンスなとこも、気に入ってます。
マックス・ペイン、バビロンA.D.…と続けてみて、コレが一番面白かった!
yukarinさんへ♪ (メル)
2009-09-12 08:33:26
yukarinさん、こんにちは☆^^

やはり「バンコック・・」は今ひとつでしたよねぇ。
特にこれ見ちゃうと、比べちゃって、さらに「バンコック・・」のユルさが際立っちゃうというか(^_^;)

で、これは主人公がかっこよかったですよね〜(*^^)v
確かにやり過ぎ感もありましたが、まぁ
アメコミって事であれを漫画にしたら
こういう絵になるかな、なんて思ったりして、楽しめました♪

>パニッシャーってほかにもありましたけどコッチのほうが良かったです〜

そうなんですね。
私は他のは観てないんですが、このタイトルって検索するとたくさんありますよね。
サブタイトルのウォー・ゾーンを入れないと、なかなかこの映画にたどり着けなかったりして(^^ゞ
パニッシャー、処刑人ってやはり映画にしやすいと思うし、好きな人が多いと思うので、これからも似たようなのが次々と出るんでしょうが、好きじゃジャンルなので、また観ちゃいそうです^^
サテヒデオさんへ♪ (メル)
2009-09-12 08:50:07
サテヒデオさん、こんにちは☆

TBではご迷惑をおかけして、申し訳ありませんm(__)m
gooと相性の悪いところって時々あるようで・・お手数をおかけしてすみませんでした。

それにしてもURLも残せないなんて、あんまりですよね。
後ほどサテヒデオさんの記事にまたお邪魔させていただきますね〜。
ちゃぴちゃぴさんへ♪ (メル)
2009-09-12 09:27:27
ちゃぴちゃぴさん、こんにちは〜☆^^

やっぱ観て日が経ってないし「バンコック・・」と比べちゃいますよね〜(^_^;)
まぁあれはあれでアジアのじめ〜っとした感じがあったので、雰囲気はよかったんですが、やはり主演の引き締まり度というか
かっこよさというか、それはこっちの方が上でしたよね〜(^^ゞ

そう、あの弟、あの看守だったんですよ〜。
似たような役でしたよね(^_^;)

>この映画、悪役よかったですねぇ。

そうなんですよね。
いかにも悪いやつらだったし、アメコミならではのあのルックスと極端な描写が特に良かった^^

それに、パニッシャーがかっこよかったですよね〜(*^^)v
地味目ながら、素敵だわ〜この人と思いました♪
そういえば冒頭からしばらく、台詞なかったですね〜!
クールでしたわ^^

>マックス・ペイン、バビロンA.D.…と続けてみて、コレが一番面白かった!

ちまたの評価もそんな感じですよね。
これを入れてその3本で、どれを先に借りようか・・と迷ったんですが、ネットで
映画の☆つけてるようなところの検索して観てみたら、これが一番良かったので、これにしました(^^ゞ
勿論いろいろな人がいましたが、どうもマックス・・もバビロン・・も☆印の数があまりにも少ない(^_^;)
ってことで、もしかしたら準新作あたりになってからしか借りないかも〜(^^ゞ
必殺仕置き人 (ヒロ之)
2009-09-14 03:20:48
3度目の映画化ですけど、これも面白かったです。
前作も中々の面白さがありましたが、今回の方がパニッシャーの心理を巧く描きつつも、グロ度満載の処刑執行で楽しませてくれました。

因みに1作目はドルフ・ラングレンでしたが、公開時は然程話題にもならず。
今では店頭からも消える有様。
無いとなると余計に観たくなりません?

話は変わりますが、先日『チョコレート・ファイター』を観ましたが、凄く良かったです。

メルさんは『マッハ!』とかご覧になられました?
タイ映画ですけど結構オススメですよ。
ヒロ之さんへ♪ (メル)
2009-09-14 10:09:33
ヒロ之さん、こんにちは♪

そう、これ3度目なんですってね〜。
この記事書く前は、全然知りませんでした(^_^;)
前作もなかなか良かったんですね。
観てみようかなぁ〜。こういう処刑人とか必殺仕事人的な映画(ドラマも)好きなんですよね^^

でも、今回も・・というか今回の方が心理&グロ度満載で楽しかった・・と^^
では、前作を観る時はそのあたり心して観たいと思います♪

お、一作目はドルフ・ラングレン!
あのクールな感じがピッタリですね〜!
仰る通り、これまた観たいです〜!!!
でも、店頭にない・・と(^_^;)
そうなると、余計に観たくなるのが心情ですよね(笑)
それにドルフ・ラングレンって私の中ではすでに懐かしい人のようになっていて(^_^;)最近彼が出てる映画って全然観ていないなぁ・・・
出てることは出てらっしゃるようですが、全然私は観てないんですよね(^_^;)
私の中の彼のイメージは007の時と、ロッキー4の時インプットされたままとなっております(^^ゞ

「マッハ!」は観ました〜^^♪
好き!(*^^)v
でも、「チョコレート・ファイター」ってヒロ之さんに聞くまで知りませんでした。
同じタイ映画なんですね。
面白そう!!!
最近私が行ってるお店の”アジア”の部門がどんどん縮小されて、一体どこに並んでるのかわからないくらいの状態に・・とほほ・・
韓流はずら〜〜〜〜〜っと(主にドラマだけど)並んでますが、他のアジアは??って感じで、とっても寂しい・・。
アジア映画はかなり好きな方なので、もうちょっと充実させてよね〜!と思ってるところです。
でも、これはありそうな予感が^^
今度探して観ますね〜♪
またまた良い情報をありがとうございました!!!
バンコックも (miyu)
2009-11-05 20:18:56
観てないのですが、こうゆうちょっとB級ちっくな
アクション映画って時たま公開されますよね〜。
あたしはちょっとイマイチ楽しめなかった感じなのですが、
まぁこの映画はこの映画で需要があるっつ〜ことなんでしょうかね。
miyuさんへ♪ (メル)
2009-11-06 10:10:51
miyuさん、こんにちは〜☆^^

そうそう、こういうちょびっとB級っぽいもの、公開されることありますよね。
もともとB級っぽいのはわりと好きなんですが、バンコックはがっかりでした〜(^_^;)
でも、それに比べちゃったのでこれは結構いけました(笑)
基がアメコミなので、需要はありそうですよね。
アメコミ大好き、アメコミを映画化大好きという方もたくさんいらっしゃいますもんね^^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『パニッシャー:ウォー・ゾーン』 家族の仇を俺が討つ (映画バカ黙示録)
『パニッシャー:ウォー・ゾーン』(2008) PUNISHER: WAR ZO...
パニッシャー:ウォー・ゾーン (ともやの映画大好きっ!)
(原題:PUNISHER:WAR ZONE) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★☆) 1974年に誕生したマーベル・コミックのアメコミ作品。 1989年ドルフ・ラングレン主演で映画化。 2004年トム・ジェーン主演で映画化。 そして今回、前2作を無かったことにして3度目の映画化...
パニッシャー:ウォー・ゾーン見てきた【ネタバレ】 (西麻布でランチとか東京散歩とか。)
新宿ピカデリーでパニッシャー:ウォー・ゾーンを見てきました。
パニッシャー:ウォー・ゾーン [DVD] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:PUNISHER: WAR ZONE公開:2009/04/18製作国:アメリカ R-15上映時間:103分監督:レクシー・アレクサンダー出演:レイ・スティーヴンソン、ドミニク・ウェスト、ジュリー・ベンツ、コリン・サーモン、ダグ・ハッチソン、ダッシュ・ミホク、ウェイン・ナイト孤高の人...
パニッシャー:ウォー・ゾーン (晴れたらいいね〜)
ヴァイオレンスだ〜。面白かったです。銃殺アクションのDVDなら、「バンコック・デンジャラス」より、こっちを勧めたいですね。主演は、はまって観ていた「ROMA」(後半書けてないっ)のプッポをやったレイ・スティーブンソン。監督は、元世界空手女子チャンピオン...
パニッシャー:ウォー・ゾーン (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
パニッシャー : ウォー・ゾーン [DVD]一方的に悪人退治をする主人公には、社会に対する深い不信感がある。法で裁けない悪人たちに制裁を加える“パニッシャー”ことフランクは凶悪犯ビリーと対決するが、誤ってFBI捜査官を殺してしまい、苦悩する。超能力や...
パニッシャー:ウォー・ゾーン (だらだら無気力ブログ)
マーベルコミックの人気ヒーローで過去2回映画化されたパニッシャーを 再び映画化したバイオレンスアクション。 ニューヨークを舞台に法で裁けない悪人を情け容赦なく殺害していく処刑人 パニッシャーが凶悪な敵と繰り広げる壮絶な闘いを描く。マフィアの処刑現場を目...
09-117「パニッシャー:ウォー・ゾーン」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
目には目を、処刑には処刑を  最愛の家族を殺された辛く悲しい過去を持つフランク・キャッスル。彼はそれまでの自分自身と決別し、法で裁けぬ凶悪犯に正義の制裁を加える孤高のヒーロー“パニッシャー”となって、街にはびこる諸悪に独り立ち向かっていた。  そんなフ...
『パニッシャー:ウォー・ゾーン』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
先週の金曜日に新宿ピカデリーで観てきました、『パニッシャー:ウォー・ゾーン』。 ちょうど金券ショップで前売り券が700円で売られていて、700円でなら観ていいかなーと思ったのでw。 新宿ピカデリーでの鑑賞ポイントも『天使と悪魔』の分と合わせて10ポイントになっ...
パニッシャー:ウォー・ゾーン (B級パラダイス)
続編かと思いきやそうではなく、俳優陣もストーリーも一新しての内容だったんですね。
パニッシャー:ウォー・ゾーン (銀幕大帝α)
PUNISHER: WAR ZONE/08年/米/103分/劇場公開 監督:レクシー・アレクサンダー 出演:レイ・スティーヴンソン、ドミニク・ウェスト、ジュリー・ベンツ、コリン・サーモン、ダグ・ハッチソン、ダッシュ・ミホク、ウェイン・ナイト <ストーリー> 最愛の家族を殺...
パニッシャー: ウォー・ゾーン (5125年映画の旅)
かつて家族をマフィアに殺された男、フランク・キャッスル。彼は悪を制裁するため、地獄の仕置き人パニッシャーとなって戦い続けていた。大物マフィアの組織を壊滅させたパニッシャーだったが、その際潜入捜査をしていたFBI捜査官を誤って殺害してしまう。彼はマフ...
『パニッシャー:ウォー・ゾーン』 (シネマな生活)
これは面白い!前作よりはるかに面白いわ!それにレイ・スティーヴンソン、カッコよすぎです~☆ 前作、つまりトーマス・ジェーン版『パニッシャー』の続編ではありません。今回は最初からパニッシャーです。フランク・キャッスルがなぜパニッシャーになったかというのは...
【映画】パニッシャー:ウォー・ゾーン…随分と劣化した“ダー○・ナイト” (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
貴重な三連休最終日。 良い天気{/kaeru_fine/}ですが、朝一からDVDで映画を見てその後眠くなったので昼寝{/kaeru_night/} で先程(PM3:00頃)に起きたピロEKです{/ase/}{/ase/}…晴天{/kaeru_fine/}が兎に角勿体無いですなぁ{/face_ase2/} 夜勤明けともなると、こんな...
パニッシャー:ウォー・ゾーン (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『問答無用! 完全破壊! 孤高の人間断頭台!』  コチラの「パニッシャー:ウォー・ゾーン」は、「パニッシャー」から4年後の2008年、当初は続編というカタチで製作がアナウンスされていたのですが、途中で監督とキャストを一新し、続編ではなく再映画化したもの...
映画評「パニッシャー:ウォー・ゾーン」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2008年アメリカ映画 監督レクシー・アレクサンダー ネタバレあり