心の栄養♪映画と英語のジョーク

日々観た映画のレビューと英語のジョーク♪心の栄養いっぱいとってKeep smiling♡

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」

2008-11-08 | 映画「た」行
テキサス選出の下院議員チャーリー・ウィルソン(トム・ハンクス)は、美女とお酒をこよなく
愛するお気楽議員。そんなチャーリーはある日、テキサスを代表する富豪の女性ジョアン
(ジュリア・ロバーツ)から、ソ連の侵攻に苦しむアフガニスタンの人々を救ってほしいと頼まれる。
政治にまるで興味のない政治家、チャーリーだったが、アフガンの実情に心を痛め、一肌脱ぐ
決意を固める。さっそく、大国ソ連を相手に二の足を踏む政府を横目に、CIAのはみ出し者、
ガスト(フィリップ・シーモア・ホフマン)の協力を得ながら前代未聞の極秘作戦を開始する
チャーリーだったが・・。


コメディのジャンルにも入れられてたけど、コメディ色は
あまり強くなかったです。でも苦笑少々。

こうやって9:11のテロリストたちを、“アメリカ自身”が
アフガン支援の際に得々と育て上げてたってとは、すでに見てるこちらは
もう知ってるわけで、なんとも自虐的皮肉たっぷりだなぁと思いました。

でも、こんな風に簡単に(?)裏金・みんなに周知させないで済む
お金が動かせる人がいたなんて、本当?って思っちゃったけど
きっといたんでしょうね~。議会にもかけず、民衆にも知らせず・・。

アフガン戦争終結後に、荒廃したアフガニスタンを放置し
その結果あのイスラム原理主義・タリバンによる支配を生んでしまった・・という
“失敗”については、最後にさらっと、それも暗示的に述べられるだけだったけど
そのあたりは巧みだなぁって思いました。
キリスト教原理主義の立場でチャーリーを支えたジョアン、そしてCIAの
はみ出し物ガスト。2人の描き方にも、やっぱり皮肉が込められていて
風刺たっぷりの映画だったです。

そんなわけで、とても自虐的な皮肉たっぷりの映画でしたが
盛り上がりにはちょっと欠け、今ひとつな印象。
でも、フィリップ・シーモア・ホフマンの演技はさすがだわ~って思ったし
ちょっと久しぶりに見た彼は髭も蓄えてたせいかちょっと印象が
変わってましたが、やっぱり素敵でした^^

ジュリア・ロバーツはちょっと痩せた?老けた?(^^;;) って思っちゃった。
相変わらず綺麗でしたが、目が落ち窪んでいたような??!
それにしても、安全ピンでのマスカラのダマとりは、恐すぎる~~~~(^^;;)
先端恐怖症の私としては、あんなもんが目の近くにきただけで
卒倒しそうだわ、と思っちゃった(^^ゞ

先日見た、「大いなる陰謀」といい、この映画といい、
さらには反戦的なさまざまな映画といい、最近この手の自国アメリカを
風刺するようなアメリカ映画が次々と作品化されるのは、
オバマさんが勝ったことといい、アメリカは変わって行くのかなぁ?

個人的お気に入り度2.5/5

チャーリー・ウィルソンズ・ウォー

UPJ/ジェネオン エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (11)   トラックバック (54)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ブルー・ストリーク」 | トップ | 「虹の女神 Rainbow Song」 »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました。 (sakurai)
2008-11-08 12:10:53
「大いなる陰謀」とご覧になったのですか。
言わんとすることはわかるのですが、この映画の描き方は頭をかしげました。
まず予告を流していた時から、ふざけた内容の流し方。
中身のことを考えて、こういった予告を作っていたのだろうかという感じで、配給会社の姿勢を疑いました。
まるでコメディ映画で、トム・ハンクスで、客を寄せようという内容だったのですが、問題意識が結構高かったので、そっちをクローズアップさせても、何の問題もないような気がしましたがねぇ。
まあ、彼がひとりでアフガニスタンを救ったなどと思われてしまうとやばいのですが、アフガニスタンの大いに目を向けるいいきっかけになったかもです。
sakuraiさんへ♪ (メル)
2008-11-08 12:59:12
大いなる陰謀は、1ヶ月くらい前だったかな?(^^ゞ
でも、どちらも自国をこんな風に描いてるっていう意味では、まぁそれなりに意味があったのかな~・・と思いました。
が、ほんとおっしゃる通り、すっかりふざけたコメディ風の予告編だったので、騙されましたわ~(^^;;)
こんなに重い映画だったんですね~。
でも、自虐的皮肉たっぷりで、苦笑を誘うという意味ではコメディでしたが。
アメリカは”そうであるべき”と思ってるんでしょうが、”世界の警察”みたいに振舞うのをもういい加減止めたほうが良いですよね~。
オバマさん (latifa)
2008-11-08 15:45:40
メルさん、こんにちは~。
>最近この手の自国アメリカを風刺するようなアメリカ映画が次々と作品化
 ほんと多いですよね。オバマさんが大統領になって、良い方向に変わって行くと良いのだけれど・・・。私的にはオバマさんに好感を持っているんだけれど、命を狙われそうで(実際そういうので捕まった人ももういるし・・)心配だなあ・・。

私もマスカラの・・先がとんがった・・シーンはウゲッと焦りました。普段自分はマスカラはつけないのです。
TBありがとうございます (zooey)
2008-11-09 00:28:10
もう半年くらい前に観たので大分忘れましたが…

>“失敗”については、最後にさらっと、それも暗示的に述べられるだけだった

って要するに
あのエンドロールにチラッと出てきた一文ですよね?
あれじゃあ、気がつかない人もきっといますよね?
latifaさんへ♪ (メル)
2008-11-09 08:38:45
latifaさんもこの手の風刺するような映画が
多いと感じられたんですね。
ほんと、多いですよね~。この一年以内に見たので
ぱっと思い出すだけでも4~5本ありますし。

>オバマさんが大統領になって、良い方向に変わって行くと良いのだけれど・・

ほんとですね~。きっと変わりはするんでしょうが
良い方向へ、というのが重要ですよね。
でも私も期待してます、彼には。
さらにさらに、latifaさんが書いてくださってる
その”心配”も私もしてます~。
うちに来てる中学生ですら、就任式にもしかして・・・なんて、物騒な話をしてる子もいるくらいで
やはりその部分はこれまでの歴史を見るに、ありえないことではないので、心配です・・。

>私もマスカラの・・先がとんがった・・シーンはウゲッと焦りました

ですよね~!
おいおい、手に一体何持ってるわけ~?マジ~?
うそ~!って(笑)声に出してましたよ~、私(^^;;)
latifaさんはマスカラつけない人なんですね^^
私も普段は全然つけてませ~ん。
といか、すっぴんだったりします、この年なのに(^^;;)
お出かけの時だけは化粧しますが、最近眼鏡をかけるようになったので、一気にマスカラが面倒になって
(あまりやっても目立たないし(^^ゞ)つけなくなりました(^^ゞ
zooeyさんへ♪ (メル)
2008-11-09 08:42:18
こちらこそTB&コメント、どうもありがとうございますm(_ _)m

そうそう、あの失敗・・と言う部分
あの数秒のテロップのみでしたよね~。
あれだけで分かってと言っても無理ですよね。
映画全体で分かってる人は分かってるけど
この映画で分かってね、と言われてもむずかしいかな、という作品でしたよね~。

フィリップ・シーモア・ホフマンが好きなので
彼の存在で・演技でなんだか救われた私ですけど
全体としてはもうちょっとかな、という映画でした~(^^ゞ
TBありがとうございました。 (みや)
2008-11-14 22:11:26
TBありがとうございました。

フィリップ・シーモア・ホフマンは
やっぱり存在感ありましたよね!

ジュリア・ロバーツより目立ってた
と思います。

Unknown (moriyuh)
2008-12-02 01:21:08
こんばんは。
TBありがとうございました。
お返しが遅くなりすみません。

>、「大いなる陰謀」といい、この映画といい、さらには反戦的なさまざまな映画といい、最近この手の自国アメリカを風刺するようなアメリカ映画が次々と作品化されるのは、
オバマさんが勝ったことといい、アメリカは変わって行くのかなぁ?


と思いたいところですが、
なかなかそうは問屋は卸しません…なのでしょうね?
この種の作品を出すことで、中和とは言いませんが、容認してやっているって感じも否めません。

だから諦めちゃいけないのだなぁ…とおもうこともあるのですが…言い続けないといけないことってありますよね?




moriyuhさんへ♪ (メル)
2008-12-02 08:36:16
こちらこそTB,それにコメントまで頂いて、どうもありがとうございますm(_ _)m

アメリカ、変わって行くのかな~・・と思いたいけど、やっぱりそうは行きませんかね?!(^^ゞ
あの大国を変えるのは難しいでしょうからね~。
世界の警察、と思ってるふしもあり、強いアメリカであって欲しいと思ってる国民がた~~~~くさんいますもんね。

>この種の作品を出すことで、中和とは言いませんが、容認してやっているって感じも否めません。

確かにね~。
こういうことを思ってる人も、ちゃんと考えてる人もいるんだぞ、というところでしょうか(^^ゞ
でも、根本的に変わるというところまでは
案外ほとんどの人が望んでなかったりして(^^;;)

でもでも、おっしゃる通り、諦めちゃ駄目ですよね。こうやって言い続けること、こういう作品も作り続ける事に意義があると思います。
印象が・・・ (せつら)
2008-12-23 17:40:14
こちらもおじゃまします

なんかトムさんとジュリアさんよりもエイミーアダムスの
キュートさとフィリップさんの相変わらずの個性的な演技
しか印象にないんですよね、9.11の原因を作った人を
コメディタッチに描いてるのがなんか9.11事件そのものを
ちゃかして笑いのねたにしてる気がして嫌でした。
せつらさんへ♪ (メル)
2008-12-24 07:44:31
ほんと、主演よりもフィリップ・シーモアの方がずっと目立ってたし、彼の素晴らしい演技も見物でしたわ。
でも、私もこんな自虐的映画を撮って笑いにしてるってところが、ちょっとね~・・と思ったり
これはアメリカが少しでも変わってくれるって事の前触れ?とちょっと期待もしたり。
それに映画的にはちょっと間延びした感じがしてしました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

54 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
トム・ハンクスの「チャーリー ウイルソンズ ウォー」を観た! (とんとん・にっき)
たった一人で世界を変えた、お気楽政治家の世紀のプロジェクト!下院議員チャーリーは、酒と女が好きなお気楽政治家。しかし、その内面では、平和を愛するゆるぎない心を持ち、ソ連の攻撃に苦しむアフガニスタンを常に気にしていた。国防歳出小委員会がアフガニスタン支
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『たったひとりで世界を変えた 本当にウソみたいな話。 “Based On The True Story”』  コチラの「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」は、トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマン共演の5/17公開となった社会派ヒューマン・コメデ...
[Review] チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (Diary of Cyber)
テキサス出身の下院議員。熱心な信徒の大富豪。盗聴技術に才長けるCIAエージェント。 共通点は、頭の回転が速く行動力に優れ、問題に対し真っ直ぐに取り組んでいること。そして何より、性格に問題があること。「完璧な人間なんてこの世にはいない」の正に代表格とも言え...
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』'07・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ酒と女が大好きな下院議員チャーリー(トム・ハンクス)は反共産主義者で大富豪の恋人ジョアンヌ(ジュリア・ロバーツ)にパキスタンに行くことを薦められる。現地に赴いたチャーリーは、ソ連軍の侵略から逃げる大量のアフガニスタンの難民たちの姿にショックを受け・...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (ネタバレ映画館)
ソ連のアフガン侵攻を止めたのはランボーじゃなかったのか・・・
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (迷宮映画館)
予告の印象とは全然違って、硬派な真面目な政治映画だった。
2008-34『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2008-34『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』(更新:2008/05/25) 評価:★★★☆☆(★★★★☆との間) たった一人で世界を変えた、お気楽政治家の世紀のプロジェクト! 実話だけどどことなく...
映画「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」を試写室で鑑賞 (masalaの辛口映画館)
 「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」@東宝東和試写室 チャーリー・ウィルソンズ・ウォー/トム・ハンクス 映画の話 酒と女が大好きだが信念もある下院議員チャーリー(トム・ハンクス)は、反共産主義者で大富豪の恋人ジョアンヌ(ジュリア・ロバーツ)にパキスタンに....
「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」 (かいコ。の気ままに生活)
下院議員チャーリー・ウィルソンが、世界情勢を劇的に変えた実話。「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」公式サイト予告から 「お気楽議員が世界を変えちゃう?変えちゃおう!」くらいの かるーいノリの映画だと思って観にいったら・・印象だいぶ違いました。わりとシリ...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー ウソみたいな本当の話!? (銅版画制作の日々)
    たったひとりで、世界を変えた本当なの?   パ~イ♪パ~イ♪ミスター・アメリカンパイ♪、懐かしいメロディにのせて始まるよ!   6月17日、MOVX京都にて鑑賞。予告編を見る限り、コメディかと思った。だが主題となるのは戦争だった。主人公...
133「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
酒と美女と武器と  テキサス選出の下院議員チャーリー・ウィルソンは?チャーリーズ・エンジェル?と呼ばれる美人秘書軍団を引き連れ、朝の10時からウィスキーを飲むという、美女とお酒をこよなく愛するお気楽議員。それでも、根は優しく持ち前の大らかな人柄で、周囲の...
「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」感想と、アフガニスタン (ポコアポコヤ 映画倉庫)
うむ~なかなか良かったのだけれども、共産主義国たるもの=悪だからやってよし!って、感じも無きにしもあらず・・だったかな・・(-_-)・・
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー(2007年) (勝手に映画評)
9.11の原点。実話です。映画館での予告編や、TVCMでは、お気楽な音楽と、コミカルなチャーリー・ウィルソンの日常が見られますが、それは一部しか描いていないことが(予告編なので一部なのは当然ですが)、本編を見て認識させられました。 あの時点で、アフガニスタン紛...
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』 (きぶんしだい)
トム・ハンクス主演『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』をTOHOシネマズなんばにて鑑賞 ●あらすじ● 1980年代、アメリカとソ連が冷戦中だった頃・・・ 下院議員チャーリー(トム・ハンクス)は、反共産主義者であり大富豪のジョアンヌ(ジュリア・ロバーツ)にパキスタ...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (★YUKAの気ままな有閑日記★)
トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマンというアカデミー賞俳優が揃った豪華共演の映画だけど―【story】酒と女が大好きな下院議員チャーリー(トム・ハンクス)は、反共産主義者で大富豪の恋人ジョアンヌ(ジュリア・ロバーツ)にパキスタンに...
映画「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」 (<花>の本と映画の感想)
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー    映画館にて鑑賞 監督 マイク・ニコルズ 出演 トム・ハンクス ジュリア・ロバーツ フィリップ・シーモア・ホフマン 2007年 酒と女が大好きな下院議員チャーリー・ウィルソンズは、大富豪で恋人のジョア...
チャーリー・ウィルソンズ・ウオー (再出発日記)
「これは本当の物語だ。素晴らしい成果を上げた。…しかし、最後にしくじってしまった。」byチャーリー・ウィルソンズ監督:マイク・ニコルズ出演:トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス映画が終わった後、四人ぐらい...
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』('08初鑑賞67・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (5段階評価 3) 5月17日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 13:05の回を鑑賞。
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (Memoirs_of_dai)
予告とのギャップが大きすぎる 【Story】 酒と女が大好きだが信念もある下院議員チャーリー(トム・ハンクス)は、反共産主義者で大富豪の恋...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
たったひとりで世界を変えた本当にウソみたいな話。 お気楽議員が“ハート”と“奇蹟”で世界を変える!!「実話」を基にしたベストセラーを完全映画化!__常識では考えられない「型破り」な物語。 舞台は米ソ冷戦時代の1980年代。トム・ハンクス扮する主人公は、...
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』 (2007) / アメリカ (NiceOne!!)
原題:CHARLIEWILSON'SWAR監督:マイク・ニコルズ出演:トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス公式サイトはこちら。<Story>下院議員チャーリー(トム・ハンクス)は、酒と女が好きなお気楽政治家。しかし、その内面で...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー/トム・ハンクス (カノンな日々)
「ハンティング・パーティ」とどことなく似てるような気のする予告編で、これも社会派エンターテイメント作品なのかなぁと思っていたら、何とこちらも実話に基づいた作品なんだそうですね。1980年代に実在したテキサス出身の下院議員チャーリー・ウィルソンが、世界情勢を...
【映画感想】チャーリー・ウィルソンズ・ウォー(トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ共演) (映画+小説+家族=MyLife)
チャーリー・ウィルソンズ・ウォートム・ハンクス, ジュリア・ロバーツ, フィリップ・シーモア・ホフマン, マイク・ニコルズおすすめ平均 単なるアメリカ万歳映画では無かった超シニカル・コメディ2大スターの売りだけの先入観は捨てて見て下さい…サクセス・ストーリーの...
本当にウソみたいな「チャーリー・ウイルソンズ・ウォー」 (Zooey's Diary)
”米ソが対立する冷戦時代、たった一人の破天荒な男が世界を大きく変えていく国際政治ショー。 人生を楽しむのがモットーのお気楽政治家チャーリーが、セレブで反共産主義のジョアンとはみ出し者CIA捜査官ガストと組み、おおらかな人柄と人脈で人類史上最大のプロジェクト...
「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」 CHARLIE WILSON'S WAR (俺の明日はどっちだ)
「人間万事塞翁が馬(じんかんばんじさいおうがうま)」的にソ連のアフガン侵入に対するアメリカの裏からの介入という歴史的な事実を皮肉(?)な変遷として描いた作品なのだけど、今ひとつ製作者側の立ち位置が不明で、何とも中途半端な印象大。 自分たちがベトナムで行...
「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」アメリカよ、驕るべからず…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
 “アカデミー主演男優賞×2”+“アカデミー主演女優賞”+“アカデミー監督賞”まあ、何と豪華な顔ぶれでございましょうか!「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」(東宝東和)。にも関わらず、何なのでしょうか、この地味~な空気は…?  1980年。テキサス州選...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (5125年映画の旅)
テキサス州の下院議員チャーリー・ウィルソン。彼は秘書に美女を集めたり朝から酒を飲んだりの駄目議員だが、政界に独自のコネクションを持つ隠れた一面を持っていた。彼は大富豪の愛人ジョアンナからソ連に侵略されているアフガンを救って欲しいと頼まれる。乗り気で...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
下院議員のチャーリー・ウィルソンは酒と女性が好きなお気楽政治家。けれど、そんなチャーリーにもソ連の攻撃に苦しむアフガニスタンを気にする一面もありました。国防歳出小委員会がアフガニスタン支援に500万ドルの予算しか組もうとしていないことを知ると、委員会のメ...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
「ランボー 怒りのアフガン」公開当時の出来事w チャーリー・ウィルソンズ・ウォーposted with amazlet at 08.09.28UPJ/ジェネオン エンタテインメント...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (そーれりぽーと)
5.17「奇跡」が起きる! たったひとりで世界を変えた、本当にウソみたいな話。 『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』を観てきました。 ★★★ またまた、的のハズれたコピーにムカムカしながらエンドロールを観ていた。 考えた人、頭おかしいんちゃうか。 ジュリア・ロ...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー(映画館) (ひるめし。)
たったひとりで世界を変えた 本当にウソみたいな話。
mini review 08331「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」★★★★☆☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
1980年代に実在したテキサス出身の下院議員チャーリー・ウィルソンが、世界情勢を劇的に変えた実話を映画化したコメディディータッチのヒューマンドラマ。『卒業』のマイク・ニコルズがメガホンを取り、アフガニスタンに侵攻したソ連軍を撤退させてしまう破天荒な男の姿を...
「チャーリー・ウイルソンズ・ウォー」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Charlie Wilson's War」2007 USA 1980年代のアメリカ。テキサス州選出の下院議員チャーリー・ウイルソンの、実話を元にしたポリティカル・コメディ。 チャーリー・ウイルソンに「フィラデルフィア/1993」「ダ・ヴィンチ・コード/2006」のトム・ハンクス。 富豪の...
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』 (Rabiovsky計画)
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』公式サイト 原作:ジョージ・クライル 監督:マイク・ニコルズ 出演:トム・ハンクス 、ジュリア・ロバーツ 、フィリップ・シーモア・ホフマン 、エイミー・アダムス 2007年/アメリカ/101分 おはなし Yahoo!映画...
★「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは試写会もあるけど、その前に「109シネマズ川崎」でまず1本。 予告編では、随分楽しそうなお気楽議員のトム・ハンクスが印象的。
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』 (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【CHARLIE WILSON'S WAR】 2007年/東宝東和/101分 【オフィシャルサイト】 監督:マイク・ニコルズ 出演:トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス
「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」 (てんびんthe LIFE)
「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」TOHOシネマズ六本木ヒルズで鑑賞 トム・ハンクスとジュリア・ロバーツという豪華な顔合わせ、そして派手な広告。 すごく面白そうな作品と思いこませた効果は大。 しかし、内容は政治絡みの硬派な作品。 やっぱり社会派では...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (マー坊君の映画ぶろぐ)
「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」監督:マイク・ニコルズ出演:トム・ハンクス(『ダ・ヴィンチ・コード』『ターミナル』)ジュリア・ロバーツ(『オーシャンズ12』『クローサー』)フィリップ・シーモア・ホフマン(『M:i:III』『カポーティ』)エイミー・アダムス....
【チャーリー・ウィルソンズ・ウォー】 (日々のつぶやき)
  『たった一人で世界を変えた、本当にウソみたいな話』 監督:マイク・ニコルズ 出演:トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、エイミー・アダムス、フィリップ・シーモア・ホフマン 「テキサス出身の下院議員チャーリー・ウィルソンはお酒が大好きな...
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』 2008-No30 (映画館で観ましょ♪)
↓この人がチャラチャラと楽しそうにしている予告を観たから もっと楽しい映画かと思ったら・・・違った。 で、 ワタシはこの映...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (心のままに映画の風景)
テキサス選出の下院議員チャーリー・ウィルソン(トム・ハンクス)は、 美女とお酒をこよなく愛するお気楽議員。 ある日、テキサスの富豪で反...
映画を観た~チャーリー・ウィルソンズ・ウォー~ (垂直落下式どうでもいい話)
本文はこちら→
チャーリーウィルソンズウォー (シネマ日記)
最後の一行のセリフのために2時間がある、というのは映画としてはワタクシはOKだと思う。この作品がそれだ。あの最後の一行のセリフがなければ、マイクニコルズともあろう人がこんな作品をどうして作ったのかと思っちゃう。あれがなかったら、全編アメリカバンザイで「い...
映画 「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」 (ちょっとひとことええでっかぁ~♪)
この映画は実話を基に作られた映画だそうです。 判りにくい戦争の歴史がどうなって現在に至っているのか理解出来たと思う。 久しぶりにスク...
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』 7P (OL映画でいやし生活)
私的オススメ度:7P実話っていうこを知って俄然見る気がわいた映画。【STORY】酒と女が大好きだが信念もある下院議員チャーリー(トム・ハンクス)は、反共産主義者で大富豪の恋人ジョアンヌ(ジュリア・ロバーツ)にパキスタンに行くことを薦められる。現地に赴いたチャー....
【映画紹介】チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (映画かぶれでいきまっしょい!)
ラブコメのキング&クイーンによる社会派映画! 旧ソ連とアフガニスタンの戦争において 極秘でアメリカがアフガニスタンを支援することに なったイキサツを描いたお話。 映画のタイトルのチャーリー・ウィルソン(トム・ハンクス) はテキサス州の下院議員。 女好き...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー 63点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
ウンコして流さない奴って何なの? 公式サイト ジョージ・クライルのノンフィクション小説を原作に、トム・ハンクス主演、『卒業』で有名なマイク・ニコルズ監督により映画化。 近々最新作が公開される『ランボー』シリーズ三作目『怒りのアフガン』と同じく、1979...
チャーリ-・ウィルソンズ・ウォー を観ました。 (My Favorite Things)
予告編でつられてしまった1本です。実話がベース。アメリカもこんな時代があったか?と思われますが…
映画 『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』 (Death & Live)
このBlogで、もう何度も言ってますが、 フィリップ=シーモア・ホフマンのファンでして、 トム・ハンクスには興味無かったのですが、 とりあえず観ちゃうワケです。 『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』  2007年 原題 : CHARLIE WILSON'S WAR 監督 : M...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (おたむ’ず)
★☆☆☆☆byおたむ   彼みたいな感じなのかしら。。。   原題☆CHARLIE WILSON'S WAR 制作☆2007年☆アメリカ 監督☆マイク・ニコルズ『エン...
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』 (La.La.La)
JUGEMテーマ:映画 制作年:2007年  制作国:アメリカ  上映メディア:劇場公開  上映時間:102分  原題:CHARLIE WILSON'S WAR  配給:ジェネオンエンターテイメント  監督:マイク・ニコルズ  主演:トム・ハンクス       フィリップ・シーモア・...
【映画】チャーリー・ウィルソンズ・ウォー…の記事&お父さんお母さんありがとう^^ (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_snow/} 年末年始は実に調子良く更新していた当ブログですが、一度サボるとダメです{/face_ase2/} 全然更新しなくなってしまいました{/face_ase1/}{/ase/} 更新しない事に特に弊害は無いと思いますが{/face_ase2/} 頂いたコメントへの返事を全く...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (Blossom)
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー CHARLIE WILSON'S WAR 監督 マイク・ニコルズ 出演 トム・ハンクス ジュリア・ロバーツ     フィリッ...
映画評「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2007年アメリカ映画 監督マイク・ニコルズ ネタバレあり