心の栄養♪映画と英語のジョーク

日々観た映画のレビューと英語のジョーク♪心の栄養いっぱいとってKeep smiling♡

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「レスラー」

2010-01-22 | 映画「ら・わ」行
ランディ・ロビンソン(ミッキー・ローク)は80年代に大活躍したプロレスラー。
そんな栄光も今は昔、それでも彼は老体に鞭打ちながら小さな地方興行に出場して
細々と現役を続けていた。リングを降りれば、トレーラーハウスに一人で住み、
スーパーマーケットのアルバイトで糊口を凌ぐ孤独な日々。ある日、長年のステロイド
常用がたたって心臓発作で倒れたランディは、引退を余儀なくされる。急に戸惑いと
不安で心細くなったランディは、馴染みのストリッパー、キャシディ(マリサ・トメイ)に
心の安らぎを求めたり、長らく疎遠となっていた娘ステファニー(エヴァン・レイチェル・ウッド)
とも連絡を取り修復を図ろうとするのだが・・。



ミッキー・ローク、それは私にとって“=ナイン・ハーフの人”でした。
あの映画はインパクトあり過ぎ。良かったなぁ~♪ 
でもだからって大ファンだった・・というわけでもなかったんですけどね(^^ゞ 
で、その後は今ひとつ売れず・・という感じだったんですが、こんな風に
復活してくれて、ほんっとに嬉しい!!! この映画の前にも 時々他の映画で
見ましたが、今回は主役を張ってですから(*^^)v 
本当に久々で、それだけでもかなり満足。

それに、この映画に彼がすごくハマってたんですよね~。
哀愁漂うところ、実はダメダメだったりするところ、でも繊細で純粋で・・
というランディにピッタリでした。薬漬けで、過去の栄光を糧に細々と
プロレス興業を続ける彼。なんか胸がキュンキュンしちゃう。
過去の栄光のことを褒められつつ、今ではかなり惨めなわけですが、
ちゃんとファンを大切にしてるし、プロとしての気概は充分な彼。
これぞプロだなぁ~・・って思いました。

かつての栄光がありながらも、鳴かず飛ばずのその後だったミッキー・ローク。
でも頑張って映画界にしがみついてた彼。この映画のランディと
すごくリンクするところがあるんですよね。彼のためのような
役&映画だったのかな、って思いました。

それにしてもランディは、やはり普通に暮すという意味においては、
ダメダメなところがたくさんあり、特に娘との約束をすっかり
忘れちゃって・・というところは、あ~・・またやっちゃった・・・と
同情の余地なしだなぁ~って思っちゃいました。明日は会うという
前日の夜に、いくらイヤなことがあったからって、あんなことしちゃ
ダメでしょ~、やばいよこれは・・と思ってたら案の定。

それでも、かっこ悪いところも馬鹿なところも、全部ひっくるめて
母性本能をくすぐるランディでしたわ。現実では、こういう人と
一緒になったら苦労するしかないんだろうなぁと頭ではわかっていても、
やっぱりかっこいいんですよ~。

そういう彼を映し出しつつ、ラストに流れるブルース・スプリングスティーンの
歌がこれまたすっごく合っていて、気持ちを震わせてくれました。
彼のこと、もともと大好きな私ですが、これほど彼の歌声が映画で
沁み入るように聞けたこと、本当に良かったです。

マリサ・トメイも表情豊かに、そしてストリッパーとしての素晴らしい
踊りもしっかり魅せてもらいました。彼女の役柄も、もう若くない
女性の気持ちを表現していて、良かったなぁ~・・・。
彼女自信は、まだまだイケてましたけど^^ ほんと、彼女はいつまでも
若いなぁ~・・綺麗だなぁって思いましたわ。

どっか憎めないランディ。どうしようもなく侘びしく、寂しい、でも
立派に男の生き様を見せてもらいました!という感じ。
地上(?)では心身ともにボロボロ。かっこいいとはとても言えない。
でも、ひとたびリングに上がると明らかにかっこいい。
もう彼はリングの上でしか生きていけなかった・・・。
あ~切ない。でも堪らなく素敵。

個人的お気に入り度4/5

レスラー スペシャル・エディション [DVD]

NIKKATSU CORPORATION(NK)(D)

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (23)   トラックバック (64)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「第一容疑者5 死のゲーム」 | トップ | 「神様のパズル」 »
最近の画像もっと見る

23 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kiyotayoki)
2010-01-22 11:11:59
去年映画館で観た映画の中でも、とても印象に残った作品でした。
丁度、マイケル・ジャクソンの訃報を聞いた直後に観たせいもあって、薬物中毒のところなんか余計に反応しちゃいましたし。
やっぱり^^ (latifa)
2010-01-22 11:16:51
メルさ~ん、やっぱりこの映画は好きだわ☆
メルさんの記事読みながら、色々な事を思いだし、感動が蘇って来ちゃった。
いやぁ~なんていうか、こういうオヤジに弱いです。。。
今は落ち目になったけれど、同じプロレス仲間との愛情あるやりとりとか、ファンへの思いとか、良かったなぁ・・・
あと、もう若くない女性との関係も良かったし。もう若くないなんて書いちゃったけど、充分私から見て綺麗だったけども(^^ゞ

全然関係無いけど、アンヴィルって映画が去年の暮れころから上映されていて、それは売れないヘビメタバンドの実話ドキュメントっぽい映画らしんだけど、なんかこの映画と通じるものを感じて、凄く見たいと思ってるの。レンタルになるのを待っているんです。

ところで、ここでまとめて書いちゃってごめんなさい。お買い物中毒、私もつまんなかったの~。去年見た中でも、かなり最低映画・・。

>後で払う・・っていうのが、どうも貧乏性の私(?)に
とってダメみたい(^_^;)。でも、ネットでお買いものをするようになった
昨今、かなりカードも使うようになったんですが、それでも気持ちの
どっかに、後払いってイヤだなぁっていう気持ちがあったりします(^^ゞ

私も!同じ~~。カードでバンバン買って・・ってのは、どうも性に合わないのよ。
とはいえ、同じくネット通販などでは使う様になってきたし、ポイント貯めるために、大きな買い物時は、カードを使ったりするように段々なってきました。
kiyotayokiさんへ♪ (メル)
2010-01-22 18:22:30
kiyotayokiさん、こんばんは☆

ほんと、この映画は印象に残る映画ですよね~。
ミッキー・ロークとランディが重なって見えちゃう部分があって、余計に切ないような、堪らない気持ちになりました。

そうでしたか、見られたときがマイケルの死後すぐだったんですね。
やはり薬物は怖いですよねぇ。
体がボロボロになるし、過剰摂取で亡くなる人も後を絶たないし・・。
陸上選手たちが、若くして亡くなるということも、きっとあれは薬物のせいでランディのように心臓に来ちゃったからなんでしょうね。
わかっちゃいるけど止められないんでしょうか。

とにもかくにも、印象に残る、たまらなく切ない気持ちになった作品でした。
latifaさんへ♪ (メル)
2010-01-22 18:37:29
latifaさん、こんばんは~☆^^

私も、この映画って後で余計に来るかも・・って思いました。
見てる時もそりゃ感動と切なさと、様々な気持ちが交錯してたまらなかったですが
見終わって、数日してこの記事を書いていたら、また新たな気持ちが湧いてきて、見た直後よりも余計に”好きだわ~”という気持ちになりました。

そうそう、二人とも若くない。
その若くない二人の関係、関わり方が
またこれ堪らなく良いんですよねぇ~。
切なかったです。

>アンヴィルって映画が去年の暮れころから上映されていて

それ、全然知らなかったです~!
ヘビメタ、結構好きですし、ドキュメンタリーも好きだし、レスラーに通じるところがあるような映画なんですね~。
すっごく楽しみ!!!
ちゃんとメモっておきますね(*^^)v
教えてくださって、ありがとうございます~♪

で、お買いもの中毒・・ですね(^_^;)
主人公の女性が好きになれなかったのが
大きく作用して、なんだかねぇ~・・という映画となりました(^_^;)
latifaさんも同じく・・だったんですね^^
さらに同じく、カード払いが今ひとつ好きじゃない、と(笑)
一緒一緒~(*^^)v
さらにさらに同じく、私もポイント貯めるために使ったりしてる今日この頃なんです(^^ゞ
が、基本、やっぱり今ここにあるお金で、それを使って綺麗さっぱり現金払いが好きです~^^
今時の人に言うと、古い!って言われそうですけど、もう染みついちゃった、この気持ちと感覚は直りそうにありません(^_^;)
こんばんは~☆ (kira)
2010-01-22 22:01:03
いつもTBのみで失礼を重ねています~

ミッキーの映画でしたね。
余りにも不器用で、その生き様が寂しくもあり、、
でもそんなオトコをしみじみと可愛く描いた作品でしたので、
これは昨年のマイベストにランクインでございました~
ランディの、ラストの泳ぐ目線にやられました
こんばんは~♪ (ちゃぴちゃぴ)
2010-01-23 01:22:53
ぐっときちゃいましたね~。
私も、09年のベストにランクしました。
ちっとも、かっこよくないのに、何なの?
もう、胸にぐっと来てしまいました。
不器用な男の生き様をメルさんも、しっかと見届けたのね~。
これを観てから、改めて若い頃のミッキーの映画を観ましたが、めちゃ色男でしたね(笑)
彼自身の色んな事も、読んだりして本当に重なる部分も多くって、余計よね。
監督さんが、ミッキーじゃなきゃ撮らないとゴネたって話もききましたが、ゴネて正解でしたよね。
いい映画でした…

で、↑お買いもの~、私も観たよ。もうね、ヒュー・ダンシーで満足だった!
(^O^)きゃはは
れすらー。 (ブリ)
2010-01-23 06:23:32
はぢめまして。ブリといいます。
いいですよね。ミッキーw。
自分は『ナイン・ハーフ』も猫パンチの時も好きじゃなかったんですが。『レスラー』は良いw。つかもはやミッキー・ロークの原型留めてないところがステキ杉(褒めてんのか?)。
現代版『ロッキー』かと思いきやアメリカンドリームなんて何のその過酷な現実が・・。ストーリーも素晴らしい。ラストは「頑張れ!ミッキー!」と叫びそうになったww。マリサ・トメイも汚れ役(?)が似合っていていいね。つか久しぶりに観た。
昨年myランキング (rose_chocolat)
2010-01-23 08:37:34
第5位に入れました~☆
もうね、ソウルなんですよねえ。 男なんですよねえ。 このお話。

最後飛んでっちゃうところだって、どこに行ったってランディはやっていけるって思ったし。
キャシディだってランディを追っかけてくるんじゃないかって、勝手に1人で話の続き
やってます(笑
kiraさんへ♪ (メル)
2010-01-23 11:38:59
kiraさん、こんにちは☆^^

こちらこそ、いつもTBのみで・・(^_^;)
本当に申し訳ないと思いつつ、一向に
態度が改まらず・・です

で、この映画ですが
本当に良い映画でしたねぇ~。
やはり去年のベストに入るんですね。
そういう方がとても多くて、それも頷けるなぁと思いました。

ほんと、まさしくミッキー・ロークの映画でしたよね。
重なるところがあり過ぎ。
ダメなところもいっぱいあるんだけど、憎めない、可愛い、素敵。
なんとも言えない切なさを感じつつ
男の生き様を見せてもらえて大満足でした♪

>ランディの、ラストの泳ぐ目線にやられました

ほんと、あの目線・・うるうる・・

ほんと、いいもん見せてもらいました♪
ちゃぴちゃぴさんへ♪ (メル)
2010-01-23 12:12:06
ちゃぴちゃぴさん、こんにちは~☆^^

はい~、しっかり見届けました~(*^^)v
ほんと不器用なんですよねぇ~・・
仕事は出来る、良い奴、でも、ひとたび
家族とかのこととなると、どうもちゃんとできない、良い夫になれない、良い父親になれない・・
困ったもんですが、この映画でのランディは、もうその不器用さが堪らなく愛おしくて、グッときちゃいました。

ミッキーと重なる部分がありましたよね~。
この後で若かりし頃のミッキー・ロークの映画をご覧になったんですね(*^^)v
そう、良い男でしたよね~!
普通に良い男ってのも好きだけど、どっちかとれ、といわれたら、普通にグッドルッキングな男性よりも、ワイルド系(ワル系?!)が好きな私ですので(^^ゞ
今のミッキー全然OKです(笑)

お、監督さん、そのようにゴネたんですね~。
でも、それって正解ですよね。
こんな風に復活してくれて、本当に良かった・・と思いました。

で、お買いもの中毒・・ですが
確かに第三の(?)ヒュー様には大満足(*^^)v
しっかりこのヒューも”様”に昇格しました~(笑)
TB感謝 (kaoritaly)
2010-01-23 13:52:59
こんにちは。

いつもTBいただき、ありがとうございます。

この映画は昨年観た中では、間違いなくベスト10・・まだまとめていないので順位は難しいけど、5本の指には入りますね。

何と言うか、ダメ男なのにね、カッコよく見えたりして目が離せない。そして一緒に切なくなったりして母性本能を擽るような。彼女も不器用だし、見守ってあげたくなる、そんな映画でした。
うらやましい (de-nory)
2010-01-23 15:02:33
メルさん。こんにちは。

ダメダメぶり前回のこの男。
私としては、許せない面がいっぱい。
しかし、うらやましい面もいっぱい。
こんなに、自分のやりたいこと全快で生きられる。
なんて幸せな野郎なんでしょうか。

ミッキー・ローク自身とかぶりますよね。
ブリさんへ♪ (メル)
2010-01-23 16:59:42
ブリさん、初めまして♪

ほんと、ミッキー・ローク、良かったですよねぇ~♡
ナインハーフの時は、メロメロでしたが、基本、彼のような甘~いお顔立ちは、さほど好みでないというか、もっとワイルド系が好きな私ですので、今のミッキーも全然OKなんですが^^この映画での彼は、一段と良かったです!

そうそう、私もロッキーっぽくなるのか??と思ってたんですが、そうじゃなくて、過酷な内容でしたよね。さらに哀愁漂う、切なすぎるラスト・・私も一生懸命応援してましたが、たまりませんでした・・グッと来ちゃって。

マリサ・トメイも良かったですよね~♪
いつまでも若々しい様には感嘆しましたし。
主役二人の絡み具合もとても良くて、ブルース・スプリングスティーンの歌も良くて、胸がいっぱいになりました。
rose_chocolatさんへ♪ (メル)
2010-01-23 17:14:17
rose_chocolatさん、こんにちは☆^^

ほんと、男でしたねぇ~。
たまりませんです。
rose_chocolatさんも去年のベストに
入れられたんですね。
これ、見終わった直後よりも、今になってからの方がもっと良いと感じてるかもしれない私。
ずっと残りそうです。

お話の続きね~
ブラックアウトした時点で、既に彼は・・・と思ってしまってたので、私はなんだか哀しすぎて、切なすぎて
考えられなかったんですが、そういうの考えるのもまた楽しいですよね。
映画館の中 (sakurai)
2010-01-23 22:21:48
おっさんだらけでした!!
見た前日も、映画館に行ったのですが、満員札止めで、断念したんですよ。
で、次の日、リベンジ。
なんか、一層思いが募った鑑賞でした。

そうなんすよ。やっぱ「ナイン・ハーフ」って、ものすごいインパクトありましたよね。
女友達と見に行ったのですが、妙にハイテンションになったのを思い出します。
またその役柄がみごとにぴったり。。。
その後もいろいろとお出になってましたが、どうしてもイメージがつきすぎてて、自ら顔をつぶしたとか・・。

ものすごい苦悩を味わい、辛酸をなめ、しかし役者をやり続けてきた・・。そんな男の生きざまを見たような気がしました。

あたしも泣きましたが、おっさんたちも結構泣いてましたよ。あの映画館の雰囲気は、同志たちが同じ場にいる・・・といった感じがありましたです。
kaoritalyさんへ♪ (メル)
2010-01-25 08:06:53
kaoritalyさん、こんにちは☆^^

こちらこそ、TB、それにコメントまでいただいて、感謝感謝です♪
ありがとうございますm(__)m

やはりkaoritalyさんも、この映画は去年のベスト5に入るんですね。
ほんとに良い映画でしたもんねぇ~。

そうそう、ダメ男なんだけど、かっこいいですよね~!
実生活で、この人が夫だったら(^^ゞかなり振り回されて大変で、やっぱり別れちゃうかも~・・と思いつつも、この映画の世界では、堪らなく素敵で、仰る通り母性本能もくすぐられるし、切なさも相まって、この映画の世界にハマリました。

キャシディも不器用ながら、”わかるわ~・・あなたの気持ち・・”でしたし
良い映画を見せてもらいました。
de-noryさんへ♪ (メル)
2010-01-25 08:18:33
de-noryさん、こんにちは~☆^^

ほんとですね~・・普通に考えたら
許せないことがいっぱいですよね。
自業自得ってこともありますし、これだけダメダメなことやってたら、そりゃ娘にも
愛想尽かされるよねぇ~・・と私も思いました。
でも、憎めない奴なんですよね~。

そうそう、仰る通り、一種のうらやましささえ感じますよね。
生きたいように生きる・・・。
でも、そのためにはたくさんの犠牲を払ってきた彼。
やっぱり切なくもかっこいい奴ですよね。
ほんと、ミッキー・ローク自信とかぶるところが多かった映画だなぁって思いました。
sakuraiさんへ♪ (メル)
2010-01-25 08:48:26
sakuraiさん、こんにちは☆^^

そうだったんですね~・・(おっさんばかり^^)
やはりミッキー・ロークは男性にも人気があるんですよね~(*^^)v
で、翌日リベンジって、そりゃ想いも募りますよね^^

そうですか、おじさんたちも泣いてたんですね。
でも、わかるわ~~それ。
みんな彼の気持ちに同化しちゃってたんでしょうね~。
まるで自分たちが、あのリングサイドにいるかのような気持ちにもなりましたし。
やっぱり”同士”という気持ちになったんですね。

ほんっとナイン・ハープってインパクトありまくりでしたもんね(^^ゞ
見た直後、同じくハイテンション^^
さらにしばらくは、ぼ~~~っとしちゃいましたもん^^

そうそう、ミッキー・ロークの人生と
かなりダブりますよね~。
鳴かず飛ばず、そしてsakuraiさんが書いてくださってるように、ものすごい苦悩を味わい、辛酸をなめ。それでも映画界にしがみついてた彼。
一人の男の生き様を、この映画を通じて
しっかり魅せて頂きました!という感じでしたし、
彼がこんな風に復活してくれて、本当に嬉しかったです♪
待ってました♪ (rinda)
2010-01-25 14:55:18
レスラー、昨年劇場でも見て凄く印象に残った映画でした。
ナインハーフのロークはセクシーで、私もその印象をずっと引きずってましたが、見事にカムバックといった作品でしたね。

ダメダメなところは誰にでもあるし、彼は非常に優しく近所の子供と遊んだり、ファンを大事にする。

心臓発作で再起不能になっても、『リングの上より現実の世界の方が俺には痛いんだ』セリフが印象的でした。

ストリッパーのパムも確かに若くはないですが、とても魅力的ですし内面も素晴らしい女性として描かれてましたね。

エンディングテーマは、ブルースが浮き沈みの激しい業界に生きる者同士としてかねてからロークと交流があったそうで、この映画の為に作り、好きに使ってくれ!と言ったそうですよ。

歌詞も素晴らしいです。
私は何度も聴き、涙しました。

シンシティのロークは特殊メイクでしたが、最近の彼すごくいい役者さんになりましたよね。

rindaさんへ♪ (メル)
2010-01-28 08:19:08
rindaさん、こんにちは~☆^^

お返事がこんなに遅くなってしまって
本当に申し訳ありませんm(__)m
私事で、バタバタしておりまして
この2~3日、ブログ放置状態でした~(^_^;)

で、この映画ですが
rindaさんも印象に残った一本になったんですね~♪
あのナインハーフのロークが,その後の
鳴かず飛ばずを経て、見事復活~!でしたもんね(*^^)v
本当に嬉しかったです。

>シンシティのロークは特殊メイクでしたが、最近の彼すごくいい役者さんになりましたよね。

そうでしたね~。あの時は特殊メイクでしたね、そういえば。
今回は、しっかり素顔で、あの迫力
あの猛々しさ、あの切なさ、もう全て
たまらん!という感じでした。

>ダメダメなところは誰にでもあるし、彼は非常に優しく近所の子供と遊んだり、ファンを大事にする。

ほんと、ダメダメなところは誰にでもありますよね。
彼だけじゃない・・。
でも、ランディは優しかったし、プロとしての仕事はしっかりこなし、もうそこでしか生きられない男になってしまってたんですよねぇ~・・・

>『リングの上より現実の世界の方が俺には痛いんだ』セリフが印象的でした。

そう!その台詞!
印象的でしたよね~。
彼にとっては現実の世界よりも、リングの上の方が生きてる実感が持てた場所だったんですね。

ブルース・スプリングスティーンの曲も
ほんっと良かった!
あのエンディングで彼の曲が流れてきたときは、それまでにすでに胸キュンだったのが、さらに増して、涙が・・・
そうそう、ロークと彼は交流があったみたいですね~。
この曲もロークが手紙でお願いしたとか。
快諾したブルースも、好きに使ってくれっていうくらいだから、云い友達関係なんでしょうね~。
やっぱり男の友情って素敵だわ~♪

これだけに留まらず、またロークの新作が見てみたいですね(*^^)v
こんばんは (デイヴィッド・ギルモア)
2010-02-22 02:11:10
でも、Mロークの変貌振りには、びっくりしましたよね。80年代の「ナインハーフ」や「エンゼル・ハート」の彼は、どこへ行っちゃったんだろうかと思いました。当初、ニコラス・ケイジがランディの役を演じる話があったそうですが、やはり80年代の栄光をもつ男として、ロークが適役でしたよね。
それから、エンドロールで流れるBスプリングスティーンのテーマソングは、映画の内容にピッタリで、よかったでしたよね。
デイヴィッド・ギルモアさんへ♪ (メル)
2010-02-22 09:12:25
デイヴィッド・ギルモアさん、こんにちは☆^^

いやぁ、ほんと、ミッキー・ロークは変りましたよね~。
彼=ナイン・ハーフの人だったけど^^今は当時とは別人といってもいいですもんね。
何も知らずに、あの頃と今の写真を並べて見て、同一人物だとわかる人がなんにんいるか・・・。
でも、この映画にはピッタリでしたよね~!
そうですか、ニコちゃんがこの映画の主演をねぇ~・・ダメ、やっぱり似合わない(笑)
ミッキーならでは・・だったかなと思います。

そうそう、スプリングスティーンのあの曲!
良かったです~!!!
あれで☆一個分くらい上がったかな、と^^
ミッキーが直接手紙を書いて曲を依頼したとか。本当にぴったりで感動が増しました。
Unknown (Unknown)
2011-04-07 00:21:37
こんばんは 

たった今、この「レスラー」を見終えました


 レスラー人生もそろそろ終わりに近づき、娘とは絶縁状態、ステロイドの影響で心臓は弱っているありさまの中年レスラー ランディー。唯一の心の支えが マリサ・トメイ演じるストリップ・ダンサー キャシディーだけ

 自分には「この場所しかない」不器用な生き方しかできないランディーは やはり 悲しい男です。

 あ、そうそう メル様は 同じミッキー・ロークの主演の「ホーム・ボーイ」という'88年の映画 知っていますか?

 こちらは、ロークが アメリカ各地を渡り歩く流れ者ボクサーのジョニー役です。元妻のデボラ・フューアーと共演しています

 これ以上説明するとネタバレになりますので 省略しますが レスラーのランディーとはまた違った男の不器用さを「ホーム・ボーイ」のジョニーは持っています。

 「レスラー」と「ホーム・ボーイ」 ともにミッキー・ロークの主演で、ふたりの不器用な男が主人公 ランディーとジョニー

 ふたつの作品を比べながら見るのも 悪くないですよ

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

64 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
レスラー/ミッキー・ローク (カノンな日々)
ミッキー・ロークの映画をスクリーンで観るのはかなり久しぶりです。DVDでは観てるんですけどスクリーンでとなるとさっぱり記憶がないんですよね。ヴェネチア国際映画祭では見事に金獅子賞に輝き、アカデミー賞授賞式では主演男優賞を受賞したショーン・ペンに壇上から敬...
レスラー (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。ダーレン・アロノフスキー監督、ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド、アーネスト・ミラー。「ウウゥゥ、心臓が・・・・」(写真)。でもねえ、おりしも、「ノア・三沢さん死す…プロレス試合中頭部強打(サンスポ)」という本物の三...
レスラー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『人生は過酷である、ゆえに美しい。』  コチラの「レスラー」は、80年代に人気を博したスター時代から人生のどん底をなめた主演のミッキー・ロークが、自身の人生とオーバーラップするような老レスラーを演じ話題となり、全世界の映画賞54冠に輝いた6/13公開のR-15...
『レスラー』(2008 米) (映画の心理プロファイル)
原題:『THE WRESTLER』(109分) 監督:ダーレン・アロノフスキー 脚本:ロバート・シーゲル 音楽:フリント・マンセル 出演:ミッキー・ローク     マリサ・トメイ     エヴァン・レイチェル・ウッド 映画を観ていて、 「あなたにとって、80年代って...
「レスラー」涙が止まらない・・・ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
若い人や、ミッキーロークを知らない人が見ても、胸にジーンと来る映画だと思う。でも、もう若くない人や、昔彼が好きだった人には、より一...
♯38 「レスラー」 (cocowacoco)
映画 「レスラー」 THE WRESTLER      ダーレン・アロノフスキー監督 2008年 アメリカ 「レスラー」と「96時間」を続けて観ました。 熟年親父の物語。どちらも父と娘のエピソードがありました。 (ネタバレあり) こちらは、かつて栄光誇ったプロレスラー...
それでも闘う理由がある。『レスラー』 (水曜日のシネマ日記)
20年間現役を続けるひとりのプロレスラーの物語です。
レスラー [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:THE WRESTLER公開:2009/06/13製作国:アメリカR-15上映時間:109分鑑賞日:2009/06/13監督:ダーレン・アロノフスキー出演:ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド人生は過酷である、ゆえに美しい。+あらすじ+かつては人気を極めたもの...
『レスラー』 (マガジンひとり)
The Wrestler@新橋・ヤクルトホール, ダーレン・アロノフスキー監督(2008年アメリカ=フランス) 人気を集めた80年代のスター時代から、一転して人生のどん底をなめた男、「猫パンチ」ことミッキー・ロ-クが全身全霊を込めて演ずる老残のプロレスラー。ヴェネツィア映...
レスラー (ダイターンクラッシュ!!)
6月16日(火) 19:45~ TOHOシネマズ シャンテ1 料金:1300円(シネマイレージデー) パンフレット:700円(買っていない) 『レスラー』公式サイト 三沢光晴追悼会(会社のオッサン4人。)で痛飲した翌日の鑑賞。 ネコパンチ事件から凋落してしまった役者ミッキ...
レスラー (映画君の毎日)
●ストーリー●かつては人気を極めたものの今では落ち目のレスラー、ランディ(ミッキー・ローク)。ある日、ステロイドの副作用のために心臓発作を起こし、レスラー生命を絶たれてしまう。家族とはうまくいかずストリッパーのキャシディ(マリサ・トメイ)にも振られ、孤...
レスラー (読書・映画・ドラマetc覚書(アメブロ版))
 夫が一度見て、どうしてももう一度見たいというので、お付き合いすることにした映画。  この映画、どちらかというとやっぱり男性向けかも…。  若い頃に大ブレイクしたプロレスラーのランディ(ミッキー・ローク)。あれから20年、今では場末の様々な興業に出演...
ここでしか生きられない~『レスラー』 (真紅のthinkingdays)
 THE WRESTLER  80年代に栄華を誇り、今は落ちぶれたトレイラーパーク暮らしのプロレスラー、 ランディ”ザ・ラム”ロビンソン(ミッキー...
『レスラー』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
惜しくもアカデミー主演男優賞受賞は逃したとはいえ、久々に主演作が話題になったミッキー・ロークの主演最新作『レスラー』を観ました。 ******************** ミッキー・ロークが、かつて栄光のスポットライトを浴びた人気プロレスラーの孤独な後半生を、自らの波...
「ザ・レスラー」 THE WRESTLER (俺の明日はどっちだ)
・ セクシーな魅力を持ったそのキャラクターから当時セックスシンボルとして称され、『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』、『ナインハーフ』、『エンゼル・ハート』等の話題作で主演を務めたあとは近作『シン・シティ』で復活するまですっかり鳴かず飛ばずだったミッキー・ロ...
映画批評「レスラー」 (フリーライター・山口拓朗の音吐朗々NOTE)
2009.6.4 映画批評 13日公開の「レスラー」。 監督・製作:ダーレン・ア...
レスラー (to Heart)
人生は過酷である、ゆえに美しい。 原題 THE WRESTLER 製作年度 2008年 上映時間 109分 映倫 R-15 監督 ダーレン・アロノフスキー 主題歌 ブルース・スプリングスティーン 出演 ミッキー・ローク/マリサ・トメイ/エヴァン・レイチェル・ウッド/マーク・マーゴリス ミ...
「レスラー」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Wrestler」 2008 USA/フランス ランディ・ロビンソンに「白いドレスの女 /1981」「 ナインハーフ /1985」「エンゼル・ハート /1987」「 レインメーカー/1997」のミッキー・ローク。 キャシディに「アルフィー/2004」「その土曜日、7時58分/2007」「さ...
「レスラー」祝!ミッキー・ローク完全復活!! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ミッキー・ローク] ブログ村キーワード  ミッキー・ローク完全復活!“第66回ゴールデン・グローブ賞主演男優賞受賞”“第65回ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞”ほか世界の映画祭で受賞多数の感動作「レスラー」(日活)。何で、アカデミーはノミネート止まりだったの...
レスラー (井戸の底のチラシの裏)
話題の「レスラー」を、駆け込みで観てきました。@チネチッタ  主演のミッキー・ロークが、落ち目の老プロレスラー・ランディを熱演。  実にいなたいたたずまいで逆にカッコイイっす。  しかし、、ランディいろいろ迂闊過ぎるだろー。  とは言うものの、彼は...
THE WRESTLER 《レスラー》 (銅版画制作の日々)
ミッキー・ローク、復活! 人生は過酷である、ゆえに美しい。 6月19日、京都シネマにて鑑賞。ミッキー・ロークの久々の主演作品「レスラー」です。アメリカ本国での配給さえ決まっていなかった無名の低予算映画だったそうで。それが、2008年のヴェネチア国際映画...
『レスラー』 (めでぃあみっくす)
背中で語る人生ほど過酷なものはない。けれど背中で語る人生ほど美しいものもない。これこそまさに魂を大いに揺さぶってくれる、哀愁の漂う男のドラマ。そして永遠に語り継がれるべき映画史に残る作品だと思いました。 ミッキー・ロークという俳優をよく知らない若い方に...
ミッキー・ロークの「レスラー」を観た! (とんとん・にっき)
ミッキー・ロークといえば、僕の中ではキム・ベイシンガーと共演した、エイドリアン・ライン監督の1985年の作品「ナイン・ハーフ」です。繰り返し何度ビデオを観たことか。あれからもう四半世紀、そりゃあミッキー・ロークも歳をとるはずです。80年代の人気スター、人生の
「レスラー」 (或る日の出来事)
主役は、最盛期を過ぎてもプロレスラーとして生きることを選んだ男。 演じるミッキー・ロークの人生に重なるような役柄だったのが大成功。
レスラー (メルブロ)
レスラー 267本目 2009-27 上映時間 1時間49分 監督 ダーレン・アロノフスキー 出演 ミッキー・ローク  マリサ・トメイ エバン・レイチェル・ウッド 会場 TOHOシネマズ シャンテ 評価 7点(10点満点)  ミッキー・ロークの56歳とは思えないレスラーっぷりが...
レスラー (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
"ザ・ラム"のニックネームで知られるかつては人気を極めたプロレスラー、ランディは、今は落ち目でドサ回りの興行で、何とか、レスラーを続けています。けれど、それでは、生活できず、スーパーでアルバイトをしていますが、それでも、家賃は滞納しがち。ある日...
『レスラー』(@「シネマのすき間」) (ラムの大通り)
(原題:The Wrestler) -----今日は『レスラー』。 これはぼくがずっと前から楽しみにしていた映画。 だって、ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞に輝いたばかりか、 主演があのミッキー・ローク。 ダーレン・アロノフスキー監督ニコラス・ケージでなら撮影していいよと ス...
★『レスラー』★ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2008年:アメリカ映画、ダーレン・アロノフスキー監督、ミッキー・ローク、マリサ・トメイ共演。
レスラー・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「レスラー」は優れた人間ドラマであると同時に、ある種のドキュメンタリーの様でもある。 それは自然光の下で手持ちカメラを多用した映像の...
試写会「レスラー」 (流れ流れて八丈島)
今日は、新橋のヤクルトホールで「レスラー」の試写会を観てきました不器用な生き方しか出来なかったプロレスラーの、哀しく切ない物語でしたまずは、どう見てもプロレスラーにしか見えない身体を作り上げた、ミッキー・ロークに拍手喝采「自分のすべてをこの映画に賭ける...
映画レビュー「レスラー」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
レスラー スペシャル・エディション [DVD]◆プチレビュー◆自らの生き様を貫き通す中年レスラーの悲哀が感動を呼ぶ。復活したミッキー・ロークが見事だ。 【80点】 ランディは80年代に栄光の頂点を極めたプロレスラー。だが今では人気も肉体も衰えていた。薬の副作用で...
レスラー (心のままに映画の風景)
かつて人気を極めたものの、今では落ち目のレスラーになったランディ(ミッキー・ローク)は、スーパーでアルバイトをしながらなんとかプロ...
レスラー (ともやの映画大好きっ!)
(原題:THE WRESTLER) 【2008年・アメリカ/フランス】試写で鑑賞(★★★★☆) 2008年ゴールデン・グローブ賞・主演男優賞&主題歌賞受賞。 2008年英国アカデミー賞・主演男優賞受賞。 2008年ヴェネチア国際映画賞・金獅子賞受賞。 2008年インディペンデント・スピリ...
レスラー (晴れたらいいね~)
気になっていた映画だったので、観てきました。だって、仕事休めって強制だもん。この機会を逃すもんかいっ(笑)ロッキー・ザ・ファイナルのような映画かな?と思ったのですが、違いましたね。作品としては、ヴェネチア映画祭金獅子賞受賞作品。レスラー原題:The Wrestl...
スーパーフライ!! (宇宙のめいぐると)
「レスラー」
[映画『レスラー』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆ミッキー・ロークは、私にとって、非常に思い入れのある役者であった。  若い多感な頃に、『ランブル・フィッシュ』や『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』を見せられたら、誰でも憧れるはずだ。  私は、ミッキー特有の、あの口を狭めて、その両端をクィッと上げる表情を...
『レスラー』 (2008)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:THEWRESTLER監督:ダーレン・アロノフスキー出演:ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド試写会場 : ヤクルトホール公式サイトはこちら。<Story>“ザ・ラム”のニックネームで知られ、かつては人気を極めたものの今では落ち目....
「レスラー」:堀江団地バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}あーあ、この歩道橋から飛び降りてしまいたい気分だぜ。 {/hiyo_en2/}なに、情けないこと、言ってるの、いい年した男が。 {/kaeru_en4/}どうせ、俺は、ボロボロのクズさ。 {/hiyo_en2/}そんな「レスラー」のミッキー・ロークみたいなこと、言わないの。 {/k...
The Wrestler / レスラー (Akasaka high&low )
Mickey Rourke(ミッキー・ローク)を使った監督とプロデューサー、後姿が印象的な主役の好演が素晴らしかったドキュメンタリー風のドラマがThe Wrestler(レスラー)。過去の栄光にすがる老いたプロレスラーが心臓発作を起こし一人娘と再会するシンプルなストーリー。 ...
レスラー (そーれりぽーと)
『ファウンテン』はがっかりだったけど、『π』も『レクイエム・フォー・ドリーム』も大好きなので、ミッキー・ロークにはあまり期待せずにダーレン・アロノフスキー監督作ってところに惹かれて『レスラー』を観てきました。 ★★★★★ 整形で崩れきったミッキー・ロー...
「レスラー」 (古今東西座)
この『レスラー』を観てから記事にするまで少し時間が経ってしまっている。実は現役プロレスラーの三沢光晴選手が試合中に亡くなった翌日に鑑賞した。別に彼の死に影響されてこの作品を観ることにした訳ではなく、最初からこの日に予定していたのであった。かつては大人気...
レスラー★★★★☆劇場79本目:まるでM・ロークの俳優人生と... (kaoritalyたる所以)
そう、80年代には人気絶頂だったミッキー・ロークと同じく、この映画の主人公ランディも80年代はレスラー人生の絶頂期を送っていた‥と解るナレーションがあり、その20年後の試合が終わった後の寂しい背中からストーリーが始まります。体力や人気は衰えたとは言え、...
『レスラー』 (Rabiovsky計画)
『レスラー』公式サイト 監督:ダーレン・アロノフスキー 出演:ミッキー・ローク 、マリサ・トメイ 、エヴァン・レイチェル・ウッド 2008年/アメリカ/109分 おはなし Yahoo!映画 かつては人気を極めたものの今では落ち目のレスラー、ランディ(ミッキ...
レスラー (墨映画(BOKUEIGA))
映画館でチラシはよくもらってくる。 映画の印象をつける大切な宣伝GOODSだと思う。 映画を観終わった後も、チラシの印象を上手く残している作品は少ないように感じる。 しかし、この作品は非常にチラシで受けた印象と観終わった後の印象が近く、いい作品だったと思...
★レスラー(2008)★ (CinemaCollection)
THEWRESTLER人生は過酷である、ゆえに美しい。上映時間109分製作国アメリカ公開情報劇場公開(日活)初公開年月2009/06/13ジャンルドラマ映倫R-15【解説】ミッキー・ロークが、かつて栄光のスポットライトを浴びた人気プロレスラーの孤独な後半生を、自らの波瀾万丈の俳優人...
レスラー (迷宮映画館)
泣いた・・・・・。
「レスラー」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                               「レスラー」 池袋・新文芸坐にて。 6月の封切り時に見逃してしまっていたのですが、今回新文芸坐でリバイバル上映されたので、観に行ってきました。 お帰りなさい、ミッキー・ロークという感じですな...
★「レスラー」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは「TOHOシネマズららぽーと横浜」で2本。 その1本目。 スポーツ新聞の一面がここ連日、プロレスラー三沢光晴さんの死亡を伝えてるけど、 この作品にも注目が集まりそう・・・
レスラー (映画三昧、活字中毒)
■ TOHOシネマズ シャンテシネにて鑑賞レスラー/THE WRESTLER 2008年/アメリカ/109分 監督: ダーレン・アロノフスキー 出演: ミッキー・ロー...
映画「レスラー」 (おそらく見聞録)
監督:ダーレン・アロノフスキー(π パイの監督) 出演:ミッキー・ローク(神)マリサ・トメイ(いい女過ぎます)マーク・マーゴリス  出演:エヴァン・レイチェル・ウッド トッド・バリー ウェス・スティーヴンス  落ちぶれた、かつての人気レスラーの孤...
09-212「レスラー」(アメリカ・フランス) (CINECHANの映画感想)
俺の本当の居場所  ランディ・ロビンソンは80年代に大活躍したプロレスラー。しかしそんな栄光も今は昔、それでも彼は老体に鞭打ちながら小さな地方興行に出場して細々と現役を続ける不器用な男。ひとたびリングを降りれば、トレーラーハウスに一人で住み、スーパーマー...
レスラー (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
かつて栄光を味わい、今はすべてを失った男。誰もが避けることのできない老いと孤独、そして愛と葛藤を超え、自分が最も輝ける舞台へ__このギリギリの生きざまが今、熱く胸を打つ! 物語:“ザ・ラム”のニックネームで知られ、かつては人気を極めたものの今では落...
レスラー (ぷち てんてん)
☆レスラー☆(2008)ダーレン・アロノフスキー監督ミッキー・ロークマリサ・トメイエヴァン・レイチェル・ウッドストーリー ランディ・ロビンソンは80年代に大活躍したプロレスラー。しかしそんな栄光も今は昔、それでも彼は老体に鞭打ちながら小さな地方興行に出場して...
【映画】レスラー (新!やさぐれ日記)
▼動機 予告編を見て名作だと確信した ▼感想 凄い! ▼満足度 ★★★★★★★ まんぞく ▼あらすじ かつては人気を極めたものの今では落ち目のレスラー、ランディ(ミッキー・ローク)。ある日、ステロイドの副作用のために心臓発作を起こし、レスラー生命を絶...
レスラー (5125年映画の旅)
一世を風靡した人気レスラー、ランディ・ラム・ロビンソン。しかしそれは20年も前の話。年老いたランディは、衰えた身体に鞭打って現役を続けていた。しかし試合の後、ランディは心臓発作で倒れてしまう。バイパス手術で一命は取り留めたものの、医者からはプロレス...
『レスラー』を観たよ。 (【待宵夜話】++徒然夢想++)
 今作を観て初めて、「ミッキー・ロークって、演技が巧い役者だったんだ……」と驚いた。 『レスラー』 "THE WRESTLER" 2008年・アメリカ・115分...
「レスラー」はミッキー・ロークの伝記映画か? (映画と出会う・世界が変わる)
主役はミッキー・ロークであることに徹底的にこだわり、興行的に不安ということで製作費を減らされても、結局、ミッキー・ロークを起用して完成させたというメイキング・エピソードは有名であるが、出来上がった作品を見て、その理由はよく判る。この映画は落ち目の中年レ...
「レスラー」 (てんびんthe LIFE)
「レスラー」試写会 ヤクルトホールで鑑賞 久しぶりの試写会です。 この作品、数々の賞を撮ってミッキー・ローク復活だとか言われていますが、個人的にミッキー・ローク苦手みたいです。 どうも猫パンチ以来、そういうイメージが付いちゃって興味はあるんだけど興味...
レスラー (paseri部屋)
「レスラー」(2008)を観ました。監督:ダーレン・アロノフスキー出演:ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド<内容>“ザ・ラム”のニックネームで知られ、かつては人気を極めたものの今では落ち目でドサ廻りの興業に出場しているレスラー、...
DVD:レスラー The Wrestler 命かけても貫き通す「男の意地」の美学。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
ヴェネツィア国際映画祭 金獅子賞など、なかなかの評判作。 だったので、お土産DVDシリーズの1つとして頼んだ。 (日本では、1月中旬にリリース) まず驚きは、主演のミッキー・ローク。 あのカッコマンが、このような姿に! そしてもう一つの驚きは、マーサ・トメイ...
レスラーの贈り物 (Akira's VOICE)
「7つの贈り物」 「レスラー」 
「レスラー」(THE WRESTLER) (シネマ・ワンダーランド)
「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」「ナイン・ハーフ」「エンゼル・ハート」などの作品に出演し、主に80年代に活躍した米俳優、ミッキー・ローク主演のヒューマン・ドラマ「レスラー」(2008年、米、109分、ダーレン・アロノフスキー監督、R-15指定)。この映画...
mini review 10443「レスラー」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
自らの生き様を貫き通す中年プロレスラー役がミッキー・ロークのはまり役となり、数々の映画賞に輝いたエネルギッシュで感動的な人間ドラマ。監督は『π』『ファウンテン 永遠つづく愛』のダーレン・アロノフスキー。主人公の一人娘には『アクロス・ザ・ユニバース』のエ...
レスラー ▲90 (レザボアCATs)
'08年、アメリカ・フランス原題:The Wrestler監督:ダーレン・アロノフスキー製作:スコット・フランクリン製作総指揮:バンサン・マラバル、アニエス・メントル、ジェニファー・ロス脚本:ロバート・シーゲル美術:ティム・グライムス撮影:マリス・アルベルチ音楽:ク...