心の栄養♪映画と英語のジョーク

日々観た映画のレビューと英語のジョーク♪心の栄養いっぱいとってKeep smiling♡

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「私の中のあなた」

2010-02-22 | 映画「ら・わ」行
サラ(キャメロン・ディアス)とブライアン(ジェイソン・パトリック)夫妻は長男ジェシー
(エヴァン・エリングソン)、長女ケイト(ソフィア・ヴァジリーヴァ)との4人家族で幸せに
暮らしていた。しかしケイトが2歳の時、白血病に冒される。そこで両親は娘の生命を
救うため、遺伝子操作によってドナーにぴったりの新たな子供を“創る”。こうして
生まれてきた次女アナ(アビゲイル・ブリスリン)は、幼い頃からケイトの治療のために
何度も手術台に上がり、過酷な犠牲を払ってきた。ところがある日突然、11歳のアナは
自ら弁護士を雇い、姉ケイトへの腎臓の提供を拒んで両親を訴えるという行動に出る・・。



冒頭からしばらく、いや、後半にいくまで、ずっと予告編で知り得た
知識のまま物語は進んで行ったので、やはり、上の子を助けるため、
これしかなかったかもしれないとはいえ、そのためだけに子供を作るって
いうのはなぁ〜・・と、いろいろ考えさせられ続けました。
アナが弁護士を雇って親を訴えるという時点で、すでに衝撃的でもあったし、
この前半の部分だけでも、かなり満足して見ていたんです。
 
が、後半になって、うわぁ〜・・・そうだったのか・・・と、さらに
心かき乱されました。もう、充分前半で考えさせられ、心動かされ、
切なくなり、様々な心の変化があった私ですが、後半、こう来るとは・・。 
ドナー拒否のエピソードがメインの物語ではなかった・・・。

“難病ものだよねぇ、でも、泣け泣けというものや、押しつけがましい
ものだったらちょっと嫌だなぁ”って思って見始めたんですが、こういう
展開をするとは思ってもみなかったです。

それに最初は、アビゲイルちゃん演じるアナが主人公なんだろうなぁと
思って見てたんですが、違ってました。一応そんな感じではあるんですが、
それぞれの人が主人公である部分があって、ちょっと群像劇風。
群像劇大好きな私ですし、誰か一人に感情移入して見るんじゃなくて、
それぞれの人に、その時々に、しっかり入り込んで見ることが出来たのも、
より一層心動かされた要因だったと思います。
 
それぞれの人たちの気持ちが本当に良く伝わって来て、たまらなかったです。
“あなたの考えもわかる、うん、あなたの考えもわかるよ、うんうん、
それもわかる・・”と、登場人物みんなに気持ちを持って行かれつつ見ました。
母親の気持ち、ケイトの気持ち、アナの気持ち、ジェシーの気持ち、
そして父親の気持ち・・。あ〜〜、思い出すと、なんかじわ〜〜〜〜っと
涙が出てきそうです。見てる途中も何度も涙が出てきました。

脇の登場人物、弁護士、判事(ジョーン・キューザック)にまで、
ちゃんと行き届いた人物描写がなされていたのも好感でした。
それぞれ小さなエピソードではありますが、その人となりが伺えるような
描写が良かったです。

登場人物、みんな良い人で、みんなしっかり“心”をもって行動して
るんですが、特に父親の行動、心情、なにもかもが本当に素晴らしかった!
父親の立ち位置、これが本当に良かったですし、一番印象に残りました。
 
死に逝く人、それを看取る人。死者を葬り、死者に対して思いを馳せ
そしてこの世に残された人たちは、その後の生活をまた送る・・。
普遍でもあり、重いテーマを真摯に描きつつも、どこか温かな気持ちにも
なれた、素晴らしい作品でした。

個人的お気に入り度5/5

私の中のあなた [DVD]

Happinet(SB)(D)

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (27)   トラックバック (82)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「恋愛上手になるために」 | トップ | 「ココ・シャネル」 »
最近の画像もっと見る

27 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
すっごく考えさせられました (トリみどり)
2010-02-22 09:21:06
メルさんおはようございまーす。わーい一番のりだ!

さてさてこの映画、私もとても考えさせられるお話で、そういう意味では好きです。というのは、「泣ける!」を前面に押し出してる宣伝の仕方は私はあんまり好きじゃないので…。泣くかどうか、感動するかどうかは観る人にお任せしようよ、と思うのです。

キャストが良かったですね〜。特にお父さん!もうメルさんの感想にまったく同意です。
こんにちは♪ (yukarin)
2010-02-22 13:37:55
おお〜満点ですね!!
看取る方も看取られる方もいろいろと考えさせられましたね。
重いテーマなのにどこか温かさのあるお話で素晴らしい作品でした。
お涙頂戴的な感じではないのも良かったです。
TBありがとうございました。 (vic)
2010-02-22 17:32:05
本当に誰の心情も理解・共感出来る
だからこそ、本当に困ってしまいました。

母親と同じ立場だったら同じようなことをしたいと思うかも知れません。
「それは人として許されないことだ」という理性を持ち続けることは死に行く我が子を目の前にすると、難しいんだろうな、と感じました。
Unknown (リバー)
2010-02-22 22:32:46
TB ありがとうございます

この作品 去年見たのですが 私的には2009年のベストの1つの作品でもありました。

それぞれの視点からの構成、脇役の良さも光っていて
そして ストーリーもしっかりと練られていて、考えさせられるテーマ 素晴らしかったです
切ないですねぇ・・ (メビウス)
2010-02-22 22:39:11
メルさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

日本のケータイ小説の映画のような押し付けがましい難病モノと違い、ただ涙を誘うだけじゃなく1人1人の心情がとても丁寧に描かれてるところが素晴らしかったですよねぇ。でも家族それぞれ想い合ってるだけにすれ違いのようなものが起こってる現状がとても沈痛でもあり、ケイトのためとはいえやや行き過ぎた行動が当初多く見えたサラを見てたら、涙が出るというよりも自分は切ないという感情の方が先行してたような気がします・・
Unknown (may)
2010-02-22 22:40:25
長男役の男の子、どこかで見たことあると思ったら「CSI:マイアミ」でホレイショの息子役カイルを演じている子でした。
既に映画に出演していたんですね。

この映画は見ていないんですが、子供のドナーのために子供を授かってという話でしたよね。
同じような題材で昔「CSI:ベガス」で取り上げていたことがあって、すごい世界だなあ〜と思ったことがあります。
ドラマではドナーとして育てられた妹を助けるために病気の兄が自殺する、という結末だったように思います。。。
泣かされましたぁ (ちゃぴちゃぴ)
2010-02-22 22:56:18
難病・子供・家族…、泣け〜映画のてんこもりなんですが、泣かせ方がよかったですよねぇ。
私も、「ほれ、ここで泣け」というのは好きじゃない(でも、よくのせられる)。
主人公が実は一人じゃないっていうのは、そうだなって思います。どの人にも、感情が実に持って行きやすかった。
おとうさん、よかったですよね。
何気なく、お父さんにカメラが行き、その先の表情がよかったですよね。そんな感じで、そこにいる人にカメラがまわって表情をとらえるせいか、それだけで「わかる」なにかがあります。
お互いを思いやるみんなの思いがわかってきたとき、たまりませんでした。
一生懸命すぎる母も、痛い気持ちはわかるし。また、それを家族みんなわかってるもんなぁ。
泣かせ上手な映画だわっ。それだけじゃなく、色んな事も考えさせられました。
Unknown (de-nory)
2010-02-23 07:53:38
メルさん。
TB・コメントありがとう。
メルさんも、こういう話好きですよね。
ご承知かと思いますが、私は大好きな話です。
思うところあって、今年から年間ランキングをつけるのを止めました。
付けていたら、上位間違いなしですね。

男の私としては、父親像がすばらしかった。
こんな親父でありたいと思いますね。
トリみどりさんへ♪ (メル)
2010-02-23 08:09:50
トリみどりさん、こんにちは☆^^

一番乗り、ありがとうございます〜(*^^)v

これにはすっかりやられちゃって、じわじわと何度も涙が出てきましたが、仰る通り、ここで泣け!という風には作ってなかったですよね。
見てるそれぞれの人が、きっと思い思いのところで泣けたんじゃないかなぁって思います。
登場人物一人一人に、みんな感情移入出来るようになっていたので、それぞれ感じるところも違ったでしょうし。
そして、登場人物一人一人の言動や、心情を思い計って、見てるこちらは、目一杯いろいろなことを考えさせられる・・そんな感じでしたもんね。
で、お父さんが良かったですよね〜!
静かに、そして深く、愛情たっぷりに家族みんなのことを考えていて、わかっていてくれて・・。

私も様々考えさせられました。
yukarinさんへ♪ (メル)
2010-02-23 08:37:38
yukarinさん、こんにちは☆^^

難病ものの映画でしたが、普通のものとは違ってましたよね。
私もそこが良かったなぁって思いました。

>看取る方も看取られる方もいろいろと考えさせられましたね。

ほんと、目一杯いろいろ考えちゃいました。
それぞれの人に、それぞれ感情移入出来るように作ってあったので、主人公一人の思いについて考えるんじゃなくて、みんなの思いについて思いを馳せたので、余計に考える事が一杯で・・・。

子供たちが考えた決断と行動が、この家族にとっては一番良かったんだろうと思いました。彼ら自身で考えたところが素晴らしいなぁ〜って思いました。
見応えある良い作品でした。
vicさんへ♪ (メル)
2010-02-23 09:31:42
vicさん、こんにちは☆

こちらこそTBそれにコメントもいただいて、どうもありがとうございます!

この映画、ほんとに、登場人物どの人の心情もわかる・・というものでしたよね。
だから余計に考えさせられ、余計に感動し、それぞれの人たちに感情移入もし、そして涙しました。

私も、この母親の立場だったら・・と考えると、すごく迷いましたし、困りましたし、何が正解なのかわからなくなったし、正解というのはないのかもしれない・・とも思いました。
でも、この家族にとっては、こういう決断をして、こういう結末になって良かったんだ・・と思いたいです。
ケイトが考え、子供たちが決め、こういう行動をとったということ、泣けたし、尊重もしたいと思ったし、どこか温かな気持ちにもなれて、良い作品だったなぁ〜・・とつくづく思いました。
リバーさんへ♪ (メル)
2010-02-23 10:15:26
リバーさん、こんにちは☆^^

こちらこそ、TB、それにコメントもいただいて、どうもありがとうございます!

リバーさんにとっても、この映画は昨年のベストの一つだったんですね。
私もそうなりそうです。
ここまで心揺さぶられて、いろいろ考えさせられて、涙して、そして温かな気持ちにもなれた映画には久々に出会えました。

>それぞれの視点からの構成、脇役の良さも光っていて

そうなんですよね。
この作品は、脇と呼ばれる人たちの人物描写も優れていたし、さらに家族の面々は、みんなが主人公でもあったし、そのそれぞれの人たちみんなに感情移入して見てしまいました。
どの人の心情もわかるなぁ〜・・と。

仰る通り、テーマも、キャストも、演技も、構成も、なにもかも良かったです。
良い映画に出会えました。
メビウスさんへ♪ (メル)
2010-02-23 10:46:41
メビウスさん、こんにちは☆^^

こちらこそTB&コメント、どうもありがとうございます!^^

ほんとほんと〜、日本の”あの”携帯小説とは違う、全く別物といってもいいくらい良く出来た難病もの・・というか、家族の愛のお話でしたよねぇ。

そうですね、特に前半は切なかったです。
どうしてこうなってしまったのか・・というところをいろいろ考えるに、結論は出ないし、サラの言動は行きすぎのようにも思えたし・・。でも、何が良くて何が悪いのかという、理性ではわかっても感情はその通りにいかないという、複雑な心情が巧く描かれていましたよね〜。

ケイトの気持ちを考えるだけで涙が出てきてしまったし、父親が輪の中に入らないで、ちょっと離れたところからケイトを見たり、家族を見てるというところを巧く映し出すカメラワークが巧かったせいか、父親の立ち位置(心情も含め)良かったなぁと思いました。

これが正解というものは見つかりませんでしたが、この家族にとって、この結論が一番良かったんだ・・と思えるような温かさも感じられたところが、また良かったです。
良い映画を見せてもらいました。
mayさんへ♪ (メル)
2010-02-23 10:51:24
mayさん、こんにちは☆^^

>「CSI:マイアミ」でホレイショの息子役カイルを演じている子でした。

そうなんですね〜!マイアミ・・の方はほとんど見てないので、全く気づきませんでしたし、この俳優さんも初めて見たかも?と思って見ていました(^^ゞ

そう、元はといえば、子供のために、遺伝子操作までして、次の子供を作る・・というところにまずは問題提起(?)があって、そのあたりを考えつつ見てたんですが、その中にも様々感動するシーンや言動があって、たまらなかったです。
さらに、それだけじゃなかったんです・・あ〜・・そうだったのか・・・がありまして、そこの部分にやられちゃいました。
子供って、大人が考えてる以上に大人なのかもしれない・・と思いました。
素晴らしい子供たちでした。
そして母親も父親も、みんな良い人で・・あ〜〜たまらない、また涙が出てきそうです(^_^;)
ちゃぴちゃぴさんへ♪ (メル)
2010-02-23 11:07:30
ちゃぴちゃぴさん、こんにちは☆^^

まさしくその通り!!!と何度も頷きながら、ちゃぴちゃぴさんのコメント(記事もだけど)を読ませてもらいました。
そうなんですよ、これは泣かせ方が良かったですよね。
それぞれの人にちゃんと感情移入出来る部分があって、それぞれの考えや心情が丁寧に描いてあったからこそ、じんわりじわじわ、何度も涙したんだと思います。

それに父親!
ちゃぴちゃぴさんが書いてくださって、あ〜・・そうだ、だから余計に・・と思いました。それは”何気なく、お父さんにカメラが行き、その先の表情がよかったですよね・・・”のところ。
確かに、だから良かったんだと頷くことしきり。
カメラが回って、そしてお父さんへ・・というシーン、何度かありましたよね。
そこに”わかる”がある・・仰るおとり!!!! 内容に心持って行かれてましたが、これはカメラワークも良かったんだ〜!と気づかせてもらいました。
ありがとう!ちゃぴちゃぴさん♪

>お互いを思いやるみんなの思いがわかってきたとき、たまりませんでした。

そうなんですよね、誰一人として、いい加減に考えたり、自分の事を第一に考えて行動してる人はいなかった・・
みんながお互いのことを考えて、一番良いと思う方法を考え続けていた・・
あ〜〜・・もう堪らんです・・いかん、また涙が出てきそうです。
コメント書く度に、じわじわ涙が出てきてる私って・・(^_^;)
ほんと泣かせ上手な映画でしたよね〜・・
で、同じく、目一杯いろんなことを考えさせられた映画でもありました。
良い映画でした。
de-noryさんへ♪ (メル)
2010-02-23 11:14:57
de-noryさん、こんにちは☆^^

こちらこそTB、それにコメントもいただいて、ありがとうございます!

そう、好きなんです、こういうタイプの映画。
家族が出てくる、感情を揺さぶられる、大河ドラマ的なもの(これは違いましたけど)等々、人間ドラマが描いてある作品が一番好きです。
de-noryさんもお好き・・ということで、お互い大好きなタイプの映画に出会えて良かったですね〜。
de-noryさんのお言葉を借りて、やっぱり映画をみるのは止められない・・です(^^ゞ

ランキング、たくさんのかたがつけられてますが、私は苦手で(^_^;)
どうしても、これ!ってものが選べなくて(^_^;)
それに順位をつけるとなると、もっと難しくてダメです〜(^_^;)
de-noryさんはどんな理由からだったんでしょうか?
でも、参考にさせてもらうことも多い私ですので、そういう記事があるのもまた嬉しいんですけどね(^^ゞ

で、この父親。素晴らしかったですよね!
私も彼の言動に一番心打たれたかもしれません。
みんなの心情を”わかり”そして見守る。でも言うべきことは言う・・。彼のような父親が理想だわ、って思いました。
仕事しているみたいで (de-nory)
2010-02-24 07:44:37
メルさん。こんにちは。

メルさんとは、映画の好みが似ている気がいつもしてます。
やっぱりお好きでしたね。

ランキングは、なんだか仕事しているみたいで気乗りがしなくなってます。
普段は、評価したり評価されたりの中で生きています。
映画観たり、絵を描いたり、書を書いたり。
そういった時間にランク付けを持ち込むことが、なんだか…。
どう感じるかは人それぞれだし。
そういってしまうと、記事すら書けなくなってしまうかもしれませんけどね(笑)
de-noryさんへ♪ (メル)
2010-02-24 09:59:10
de-noryさん、こんにちは〜♪

私もde-noryさんとは、好みが似てるなぁ〜・・って思いつつ記事を読ませてもらっています^^
でも、体調、その他諸々で、映画を見た感想って凄く変りますよね。
見た時期がちょっと違ってたら、また違った感想になったかもなぁ〜・・って思うこともしばしばあります(^^ゞ

で、ランキングですが
そうですか、そういう理由だったんですね。
でも、それわかります。
仕事では評価されたり、したりと、しょうがないんですが、とても世知辛いものがありますもんね。
それを趣味にまで持ち込みたくない・・というの、わかります〜。
そうそう、感じ方も上記したように、それぞれですし、見る方の年代によっても随分変ると思うし、これまでの経験やら体験やらで、随分変ってしまいますもんねぇ〜。
感じ方に正解とか不正解ってないですし、
ある意味、みんな正解なわけで。

>そういってしまうと、記事すら書けなくなってしまうかもしれませんけどね(笑)

(^ー^* )フフ、確かにそうですね(^^ゞ
でも、自分が感じたことを書くって、自分のためにもなるし(特に脳のため?!笑)他の方たちの記事を読ませてもらってると、へぇ〜!と思うこともたくさんあるし、知らなかったことも知る機会もあるし、そうかそういう風に感じることもあるよね〜♪って共感したり、楽しい気持ちになったり嬉しかったりするので、自分の記事も、もしかしたら他の方にそういう風に読んでもらえるかもしれない・・と思って書くしかないですよね(^^ゞ

それに、de-noryさんは他の方にはない、あの墨画がありますもん!
あれ見たさに・・という方もたくさんいらっしゃるでしょうし、他の方にないものがしっかりあるので、とても貴重だし、楽しいし、良いなぁ〜・・と思いつついつも見させて&読ませてもらってますので、これからもまたよろしく・・です♪
Unknown (モマ)
2010-02-25 00:39:46
Jodi Picoultは他にも多くの社会問題をテーマにした作品を世に送り出している人気作家ですよね。斬新な設定が多くて本も結構はまります。
My sister's keeperというタイトルからは、「一体何じゃこれりゃ?」という感じですが、いつものごとく原作を読んだ次女から薦められて一緒に見ました。う〜ん、これも原題の方がニュアンスがうまくでていますよね。

アメリカに住んでいるとキャメロンディアス演じる母親像を身近に感じます。キャリアを犠牲にすることを厭わないーperfectionistーだからこそ「絶対に死なせない」という誓いを最優先させる。
ビーチに行こうとする皆を「何を考えているの!」と阻止しようとするシーンにその母親像がうまく描かれていましたね。
これで家族と皆でモンタナに行きたくなった私です。(←もちろん反対されましたが・・)
モマさんへ♪ (メル)
2010-02-25 09:36:37
モマさん、こんにちは☆^^

もうあちらへは行ってこられたんでしょうか?
だとしたら、無事ご帰還なさったわけですね^^良かった〜♪(ってこれから??(^_^;))

Jodi Picoultの作品は読んだことないんですよ〜(^_^;)
ここのところ、ほぼ日本人の作者さんの本ばかり読んでいて、海外の作家さんの作品って読んでないんですよね(^_^;)
でも、ハマるっていうの、わかります〜。
この設定、この展開、原作を読んだらもっと面白いだろうなぁと思いますもん。
原題も、わかってみると、あ〜そういうことか・・と、上手く内容を表してる題名だなぁって感心しました。
邦題の方も、曖昧模糊としてますが、日本語的には、こんな感じで良かったのかなぁと思ったり。
この原題を、上手く内容に合わせて、ピッタリ来る邦題にするって難しいですもんね。
ときどきとんでもない邦題がついてて、ビックリしますが、考えてる人は大変ですね〜。
ばんばん文句書いちゃうから、私とかが(笑)

>アメリカに住んでいるとキャメロンディアス演じる母親像を身近に感じます。

そうなんですね〜。
日本だとココまでする人は少ないかも。
それに遺伝子操作して、ドナーとしてぴったりの子を作るって事自体、多分内緒でもやってくれる医者なんていないと思うし。
でも、彼女の気持ちも、ものすごくよく分かりました。
手立てがあるなら、自分ももしかしたらこうするかもしれない・・と思いましたもん。完全に彼女を批判できるのか?いや、できない・・と何度も考えました。

で、モマさん、モンタナに行こう!って提案なさったんですね(笑)
モンタナかぁ〜・・モンタナの風に吹かれて・・という映画もあったし、行きたいねぇ〜、日本では”千の風にのって”という死後の世界(?)を唄った歌が流行ったので、やはり風にのって死者もきてくれるかも・・なんてことを主人とラスト主人と話しながら見てました^^
やはりモンタナは風が強いんでしょうか??
自然が一杯で良いところっぽいですよね〜。

観ましたが‥ (はるはる)
2010-02-27 02:02:15
すごーく褒めている方が多いので(メルさんもですね、笑)観てみたのですが、うーん、残念ながら私には今ひとつ(と言いつつ、しっかり泣きましたが)。
実際には「自分で自分の死を選択する」チャンスがあるハッピーな人は少ないものなぁ‥と思って、サーーッと気持ちが醒めてしまったから。父親と母親の態度の違いも、ステレオタイプっぽい気もしたし‥。
判事役のジョーン・キューザックは、いつもはもっときれいなのに、今回はかなり老けメークでちょっとびっくりでした。望遠レンズのボケを生かした、すてきなカメラワークにうっとり。
はるはるさんへ♪ (メル)
2010-02-28 06:58:11
はるはるさん、おはようございま〜す♪

今朝は5時起きで、スケート見てました〜(^^ゞ
さらにもうしばらくしたら決勝♪
楽しみです。なんといっても地元の小平が出るので、なんか嬉しい^^

で、この映画
そう、褒めてる人多いですね(^^
が、そうでない人も結構いますよ〜。
この映画は、はるはるさんのように、どこか引っかかる部分や、冷めちゃう部分があると、どうしてもノレない、普通に見終わってしまうということになりそうな映画ですもんね(^^ゞ
お母さんの立場で、自分だったらどうするだろう?ってずっと考え続けて、全然話しにノレなかった・・という方もいらっしゃいましたし。

ジョーン・キューザック、子供を亡くしてやっと復帰した・・という役だったから、あんな感じのメイクだったんでしょうかね?!
でも、やはり彼女は上手いですよね〜♪

>望遠レンズのボケを生かした、すてきなカメラワークにうっとり。

さすがはるはるさん、私が全然見てないところを見てらっしゃいますね〜!
そこんとこ、私はな〜んも気づきませんでしたし感じませんでした(^_^;)
ストーリーのみ見てたんだなぁ・・そこんとこ見る為にも、またいつか見てみたいかも。
でも、再見するってことは多分なさそうな気もします(^^ゞ
語るたびにウルウルです (コニコ)
2010-03-06 22:18:11
こんばんは。
この映画、後半の展開に本当にハッとさせられ、いろいろ考えさせられる作品でした。登場人物たちがそれぞれの立場であんまりにも切なくて…。
私も評価は☆5つです。
コニコさんへ♪ (メル)
2010-03-07 17:39:46
コニコさん、こんばんは☆^^

ほんとにね〜・・この映画は、それぞれの人の心情を考えると、泣けますよね。
前半も、いろいろ考えさせられましたが、後半になって事の真相がわかると、あ〜・・・そうだったのか・・と
更に考えさせられたり、胸に突き刺さったりじーんとしたりと、様々な感情を呼び起こされました。

コニコさんも☆5つなんですね^^
でも、そのくらいインパクトがありましたよね。
こんばんは (デイヴィッド・ギルモア)
2010-03-15 00:50:24
はじめ、ニック監督の「きみ読む」が頭にあったもんで、ラブロマンスものかと思ったら、全然違うのでびっくりしました。
たしかに、おっしゃるように、登場人物がきめ細かに描かれていましたね。
後半になればなるほど、涙腺を刺激する場面が、多く出てきましたね。
デイヴィッド・ギルモアさんへ♪ (メル)
2010-03-15 08:40:33
デイヴィッド・ギルモアさん、こんにちは☆^^

そうでしたか、ラブロマンスものね〜(^^ゞ
私も詳しい話しは知らず見たんですが、公開時のポスターとか、DVDジャケットは見ていたので、お姉ちゃんのあの頭を見て、あ〜・・これは難病ものか〜・・、ちょっとなぁ〜・・と思って見たんですが。
が、難病ものには違いなかったですが、こういう展開をするお話とは知らず(ただ単に亡くなって行く人を悲しむ、家族の絆みたいなものかな、と想像していたので)この展開にはビックリ&胸にじーーーーんでした。
いい映画でしたね (M)
2010-04-27 21:14:18
こんばんは。

ご無沙汰しております。
この映画、見る前の自分の予想とは違い、重いテーマ、でも今後さらに身近な問題となってくるに違いないテーマに真正面から向かい合っているにもかかわらず、最後にはやはり家族っていいなとしみじみ思わせてくれる秀作でした。
私もこの家族の人たちはみんな優しくて強くてまっすぐな人たちだと感じました。 そしてなんといっても父親の、まさに男であり親であるというあり方が良かったですね。 ジェイソン・パトリック、すっかり忘れた存在でしたが、いい役者になっているんだなとちょっと嬉しくなりました。

あまり時間が取れなくて映画の感想を書いたのは半年振りになってしまいましたが、また少しずつ書いていこうと思いますので、よろしくお願い致します。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

82 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
判断 (私の中のあなた) (cinemaholic)
My Sister's Keeper (2009) この映画の設定に私はどうしても同意することができないので、あまりいいレビューは書けないのですが、でも映画としては完成度は高かったと思う。なんか言い訳しながら始める文章ですが。 姉の白血病の治療のために、ドナーとしての妹が産...
「私の中のあなた」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  いろんなことを考えさせられる映画でした。難しい病気を抱える長女。ドナーとなるべく遺伝子操作で生まれた次女。感受性の強い長男。(二人の兄。失読症で芸術面での才能を持っている)長女の命を救いたい一心ですべての手を尽くそうとす...
私の中のあなた 九段会館 2009.9.28 (◆JOY◆ 〜つれづれ日記〜)
キャメロン・ディアスが初めての母親役に挑んだ作品 試写会で観てきました あらすじ:11歳の少女アナは、白血病の姉に臓器を提供するドナーとして、遺伝子操作によってこの世に生まれた。母サラは愛する家族のためなら当然...
私の中のあなた (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:My Sister's keeper。ニック・カサヴェテス監督、キャメロン・ディアス、アビゲイル・ブレスリン、アレック・ポールドウィン、ジェイソン・パトリック、ソフィア・ヴァジリーヴァ、トーマス・デッカー、ジョーン・キューザック、エヴァン・エリングソン...
誰にも悪意はないけれど・・・。『私の中のあなた』 (水曜日のシネマ日記)
白血病の姉のドナーとなる為に遺伝子操作によって生まれた妹が姉への臓器提供を拒んで両親を提訴する物語です。
『私の中のあなた』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「私の中のあなた」□監督・脚本 ニック・カサヴェテス □原作 ジョディ・ピコー □キャスト キャメロン・ディアス、アビゲイル・ブレスリン、アレック・ボールドウィン、ジェイソン・パトリック ソフィア・ヴァジリーヴァ、トーマス・デ...
試写会『私の中のあなた』 (シネマるマンガぁ?byちゃとと)
同行友人曰く「今までで一番泣いた映画かも」
【私の中のあなた】 (日々のつぶやき)
監督:ニック・カサヴェテス 出演:キャメロン・ディアス、アビゲイル・ブレスリン、アレック・ボールドウィン、ジェイソン・パトリック    もう姉のドナーにはならない。 「11歳のアナは、白血病の姉ケイトに臓器を提供するため遺伝子操作で生まれてきた子供
『私の中のあなた』 (マガジンひとり)
My Sister's Keeper@早稲田松竹、ニック・カサヴェテス監督(2009年アメリカ) 全米の涙をしぼったベストセラー小説を映画化。主人公のアナ(アビゲイル・ブレスリン)は11歳。白血病の姉・ケイト(ソフィア・ヴァジリーヴァ)を救うために、ドナーとして“創られて”生...
映画「私の中のあなた」@GyaO! (masalaの辛口映画館)
 Yahoo!動画と合併したGyaO!さんのオンライン試写会で鑑賞しました。  【21%OFF!】私の中のあなた(DVD)【発売日お届け!2010年2月19日発売】 映画の話 11歳のアナ(アビゲイル・ブレスリン)は、白血病を患う姉・ケイトに臓器を提供するドナーとして、遺...
私の中のあなた [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:MY SISTER'S KEEPER公開:2009/10/09製作国:アメリカ上映時間:110分鑑賞日:2009/09/29試写会監督:ニック・カサヴェテス出演:キャメロン・ディアス、アビゲイル・ブレスリン、アレック・ボールドウィン、ジェイソン・パトリック、ソフィア・ヴァジリーヴァ、ジ...
私の中のあなた (うろうろ日記)
試写会で見ました。前フリでおねーさんが、すっごい泣きますよ!というので、天邪鬼の
私の中のあなた (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★[4/5] スペアパーツとして生を受けた二女の反乱?
私の中のあなた   MY SISTER'S KEEPER (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
涙が出て、止まらない。子供だと思っていても、命の尊厳をそこまで考えていたのかと驚いてしまう。必見の映画だ。「ジョンQ−最後の決断」でも医療問題を扱ったニック・カサヴェテス監督が、ジョディ・ピコーの小説「わたしのなかのあなた」を原作に映画化した作品だ。す...
[映画『私の中のあなた』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆仕事が忙しく、昨夜観たのだが、明日も忙しいので、簡単に書く。  話題作だが、公開からかなりの日にちが経っている。  正直、観ないでも良い・・・、と思っていた。  あまりにも予告編で煽り過ぎていた。  <ワーナーマイカル>なんて、特別予告編第一弾、特別...
映画「私の中のあなた」   (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2009/10/12 109シネマズ木場 キャメロン・ディアス、アビゲイル・ブレスリン、 アレック・ボールドウィン、ジェイソン・パトリック *** 物語は、アンナ(アビゲイル・ブレスリン)の語りで始まる。 人はたいていの場合、勢いとか偶然とかで妊娠し誕生する。 し...
私の中のあなた (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『「きみに読む物語」のニック・カサヴェテス監督が贈る 希望と感動の物語に、この秋あなた史上最高の涙が落ちる─!』  コチラの「私の中のあなた」は、ジョディ・ピコ―の世界中を涙で包んだ空前のベストセラー小説「わたしのなかのあなた」を映画化した10/9公開...
映画 「私の中のあなた」 (ようこそMr.G)
映画 「私の中のあなた」
【私の中のあなた】★キャメロン・ディアス (猫とHidamariで)
私の中のあなた HP私の中のあなた シネマトゥデイ英題:MYSISTER'SKEEPER製作年:2009年製作国:アメリカ日本公開:2009年10月9日上映時間:1時間50分スタッフ監督・脚本:ニック・カサヴェテス製作:マーク・ジョンソン/チャック・パチェコ原作:ジョディ・ピ....
私の中のあなた 【病人を 支える家族の 思い思い】 (猫の毛玉 映画館)
『私の中のあなた』 MY SISTER'S KEEPER 2009年・アメリカ ジョディ・ピコーの小説をニック・カサベテスが映画化。  監督は『ジョンQ-最後の決断...
映画・わたしのなかのあなた (お花と読書と散歩、映画も好き)
アナ 13歳 白血病の姉のドナーとして産まれてきたデザイナー・ベイビー 原作とは違うラスト ということで観てきました 原作のラストはヒドかった 折角の作品がラストのせいで台無し さて 映画は ラストどころか そもそも何故アナが両親を訴えたのか、からして違う...
『私の中のあなた』 (めでぃあみっくす)
アナ、ケイト、ジェシー、サラ、ブライアン。この家族5人が主役の映画でした。映画を見る前はアナとサラの母娘関係を主軸に描かれているのかと思ってましたが、本当にこの5人が心境が満遍なく丁寧に描かれていた映画でした。私は残念ながら泣くことは全くありませんでし...
映画 ■■私の中のあなた■■ (Playing the Piano is ME.)
私はこういう controversial(問題提起する)な映画が大好き。 いろいろ「考えさせられる」ものが好みです。 脳が満足するんですよね。
私の中のあなた (★YUKAの気ままな有閑日記★)
またまた話題作が続々と公開ですね〜何本観れるかなぁ〜 カイジ、ヴィヨン、ATOM・・・【story】白血病の姉(ソフィア・ヴァジリーヴァ)に臓器を提供するドナーとして、遺伝子操作によって生まれた11歳のアナ(アビゲイル・ブレスリン)。彼女はこれまで何度も姉の治療...
「私の中のあなた」試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
これを観ていて、既視感を感じたのですが、あの映画「世界の中心で、愛をさけぶ」でした。 あれも、同じ題材を取り扱っていますね。どーなんでしょ? こう言う映画って、難病物を制作するぞ!って意気込みは買いたいですけど、どうしても、普通以上の出来具合にならない...
私の中のあなた (Yuhiの読書日記+α)
試写会なんてこれまでめったに当たらなかったのに、今月は何故か連続して当たりました!ラッキーです。 本作は、ジョディ・ピコーのベストセラー小説を、ニック・カサヴェテス監督が映画化したもの。キャストはアビゲイル・ブレスリン、キャメロン・ディアス、アレック・...
私の中のあなた (Diarydiary! )
《私の中のあなた》 2009年 アメリカ映画 − 原題 − MY SISTER'
いつか、また会える〜『私の中のあなた』 (真紅のthinkingdays)
 MY SISTER'S KEEPER  白血病の姉ケイトのドナーになるべく、遺伝子操作により生まれた「デザイナ ーズ・ベビー」アナ(アビゲイル・ブ...
『私の中のあなた』・・・ ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2009年:アメリカ映画、ニック・カサヴェテス監督、キャメロン・ディアス、アビゲイル・ブレスリン、アレック・ボールドウィン、ジェイソン・パトリック、ソフィア・ヴァジリーヴァ共演。
私の中のあなた (あーうぃ だにぇっと)
監督・脚本: ニック・カサヴェテス キャスト サラ☆キャメロン・ディアス アナ☆アビゲイル・ブレスリン キャンベル☆アレック・ボールドウィン ブライアン☆ジェイソン・パトリック ケイト☆ソフィア・ヴァジリーヴァ テイラー☆トーマス・デッカー ジャ...
私の中のあなた(試写会) (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「病気の姉を救うために、私は"創られた"。でも、今、私はその運命に逆らって、大好きな姉の命を奪おうとしている―。」『きみに読む物語』のニック・カサヴェテス監督が贈る希望と感動の物語に、この秋、あなた史上最高の涙が落ちる―!物語:アナ、11歳。白血病の姉...
私の中のあなた (りらの感想日記♪)
【私の中のあなた】 ★★★★ 試写会(22)ストーリー サラ(キャメロン・ディアス)とブライアン(ジェイソン・パトリック)のフィッツジェラル
私の中のあなた / My Sister’s Keeper (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click キャメロン・ディアスが初の母親役という事でも話題。 『きみに読む物語』のニック・カサヴェテス監督最新作{/heratss_blue/} 毎年規模が縮小されていって今...
『私の中のあなた』・・・深い姉妹愛、家族の絆 (SOARのパストラーレ♪)
もともと大好きなキャメロンと近年注目のアビゲイル嬢。私の本作鑑賞へのモチベーションは正直この二人の存在がすべてだったのだが、そんなミーハーな自分が恥ずかしくなるほどに温かくも壮絶な、そしてどこまでも優しい家族のドラマだった。
映画「私の中のあなた」 (<花>の本と映画の感想)
私の中のあなた 監督 ニック・カサヴェテス 出演 キャメロン・ディアス アビゲイル・ブレスリン  アレック・ボールドウィン ジェイソン・パトリック  ソフィア・ヴァジリーヴァ 2009年 白血病...
私の中のあなた (ナナメモ)
JUGEMテーマ:映画 原題: MY SISTER'S KEEPER 製作年度: 2009年 監督: ニック・カサヴェテス 上映時間: 110分 出演:キャメロン・ディアス, アビゲイル・ブレスリン, アレック・ボールドウィン, ジェイソン・パトリック , ジョーン・キューザ...
私の中のあなた (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
私の中のあなた’09:米 ◆原題:MY SISTER'S KEEPER◆監督: ニック・カサヴェテス「きみに読む物語」◆出演: キャメロン・ディアス、アビゲイル・ブレスリン、アレック・ボールドウィン、ジェイソン・パトリック、ソフィア・ヴァジリーヴァ、ジョーン・キューザック ...
『私の中のあなた』 ('09初鑑賞147・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★− (5段階評価で 3.5) 10月10日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 13:15の回を鑑賞。
2009-73『私の中のあなた』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2009-73『私の中のあなた』(更新:2009/10/12) * 評価:★★★★☆ いやぁ、良い映画でした。 キャメロン・ディアスのお母さん役にはちょっと、鬼気溢れる位の娘を助けることに他のことは二の次という気...
♯44 「私の中のあなた」 (cocowacoco)
映画 「私の中のあなた」 MY SISTER'S KEEPER         ニック・カサヴェテス監督 2009年 アメリカ 泣いた泣いた。。。ハンカチ一枚じゃ足りなかったよ。 病、生と死、家族、愛、思いやり、生き方。 めちゃくちゃ暗くなりそうな設定だけど、ユーモアもあるし...
私の中のあなた  MY SISTER'S KEEPER (映画の話でコーヒーブレイク)
遡ることウン十年前。小学校1・2年同じクラスだったケンちゃんは、理科好きで探究心が強く 運動場で走り回る他の男の子達とちょっと違う雰囲気の子でした。 ある日体育の時間、青白い顔をして「しんどい」と言って見学、学校を休むようになり、 白血病という病気で入院...
「私の中のあなた」 (或る日の出来事)
やっぱり泣けた。涙が頬を伝いっぱなし。…川か、これは。(笑)
家族の愛 (笑う学生の生活)
13日のことだが、映画「私の中のあなた」を鑑賞しました。 姉のドナーとなるべく遺伝子操作で生まれてきたアナ 何度も姉のために治療してきたアナ そんなある日、臓器提供を拒否して 両親を提訴するが・・・ こう聞くと、裁判モノとかと思うが そのシーンホントちょっ...
私の中のあなた(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ニック・カサベテス 【出演】キャメロン・ディアス/アビゲイル・ブレスリン/アレック・ボールドウィン/ジェイソン・パトリック/ソ...
ハリウッド、ヒット作3本...「私の中のあなた」「あなたは私の婿になる」「きみがぼくを見つけた日」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「私の中のあなた」 「My Sister's Keeper」 2009 USA “病気(難病)もの”は好きではないので観るつもりはなかったが、シネコンのポイントがたまっていたので、買い物ついでに出かけでしまった。 巷では評判良いみたい。しかしながら、どうもあの母親サラの行動が...
私の中のあなた (晴れたらいいね〜)
やられました(笑)色んなところで、涙腺刺激な映画でしたわ。ふつうは、クライマックスにどわ〜なもんが多いのですが、複数箇所できちゃいました。キャラだちがいいせいか、各キャラクターに感情移入できやすいんでしょうねぇ。映画館で観てたら、大変だったろうなぁ、わ...
『私の中のあなた』 (ラムの大通り)
(原題:My Sister's Keeper) 「いやあ、これは実に話しにくい映画だ。 観れば途中から想像がつくとはいえ、どこから喋っていいのやら」 ----う〜ん。どういうこと? そんなに喋りにくいんだったら、フォーンの方から聞いちゃおうかな。 これはキャメロン・ディアスが初...
私の中のあなた 寸止めのおかげで号泣せずにすんだよ (労組書記長社労士のブログ)
【 46 -11-】 運良く予定がない日の試写会があたった{/onigiri_2/} 予定が入っていて行けない試写会なら最近だと「BALLAD名もなき恋のうた」「ココ・アヴァン・シャネル」「ワイルド・スピードMAX」などなど、残念だったなあ{/m_0211/} キャメロンディアスが理屈で考える...
私の中のあなた (だらだら無気力ブログ)
アメリカのベスト小説を『きみに読む物語』の監督が映画化。 白血病の姉のドナーとなるべく遺伝子操作の末に生れてきた妹が、姉への ドナーとしての医療行為を拒否するために両親を相手に訴訟を起こしたこと から起きた騒動を通じ、家族それぞれの葛藤やあり方や命の尊...
「私の中のあなた」 (みんなシネマいいのに!)
 白血病の姉を救うドナーにするため遺伝子操作で生まれてきた妹が、もう姉のドナーに
私の中のあなた (そーれりぽーと)
『リトル・ミス・サンシャイン』のアビゲイル・ブレスリン主演という点に始まり、キャメロン・ディアスが丸坊主になったり、『ミディアム』の長女が丸坊主になったりするビジュアル面、重そうなテーマも気になった『私の中のあなた』を観てきました。 ★★★★ 深いわー...
私の中のあなた (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
私の中のあなた [DVD]生きる権利と死ぬ権利。論議が絶えない難しい問題だ。人生をまだ十分に生きていない、年若い人間の問題となると、なおさらである。映画は、医学や倫理、法律も交えて描きながら、社会派に傾かず、あくまでも家族ドラマとして進んでいく。11歳の少女ア...
私の中のあなた(2009)☆MY SISTER'S KEEPER (銅版画制作の日々)
可愛いテッシュケースもう姉のドナーにはならない。両親に訴訟を起こしたアナ、11歳。しかし、その決断にはある理由があった──。 10月9日、公開初日に鑑賞しました。シアターに入るところで、こんな可愛いテッシュを頂きました。全米の涙を絞り、かってないほど泣け...
『私の中のあなた』 (みゆみゆの徒然日記)
 白血病患者が主人公という話はよくあるし、病気で人が亡くなるような、いかにもお涙頂戴という設定は苦手というかあまり見る気になれないのだけれどこれは、ドナーとして妹が生まれたとか、その子が両親を訴えるというような設定に興味を持ち鑑賞しました。 【あらすじ...
「私の中のあなた」究極の家族愛。爽やかな感動。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[キャメロン・ディアス] ブログ村キーワード  キャメロン・ディアス、女優キャリア初の母親役に挑戦!「私の中のあなた」(GAGA)。“名子役”の呼び声高い、アビゲイル・ブレスリンちゃんと親子役で共演。この秋一番の感動作!として、お薦めできる映画です。  ブ...
「私の中のあなた」 (てんびんthe LIFE)
「私の中のあなた」試写会 九段会館で鑑賞 キャメロン・ディアスがめずらしくシリアスな作品の母親役に挑戦。 美人人気女優がオーラを消して普通のおばちゃんになるってすごいことなんだと思いました。 本当にただのママさんでキャリアを持った女性には見えませんで...
私の中のあなた (墨映画(BOKUEIGA))
「あの日の、あのビーチの青空のように」 お姉ちゃんが行きたがったビーチ。みんなで、はしゃいで楽しかった。 【STORY】(シネマ・トゥデイ様より引用させていただきました。) アメリカの人気作家ジョディ・ピコーのベストセラー小説を、『きみに読む物語』のニッ...
私の中のあなた (映画道)
11歳の少女アナは、白血病の姉に臓器を提供するドナーとして、遺伝子操作によってこの世に生まれた。母サラは愛する家族のためなら当然と信じ、アナはこれまで何度も姉の治療のために犠牲を強いられてきた。 そんなある日、「もうケイトのために手術を受けるのは嫌。私の...
私の中のあなた (シネマ日記)
キャメロンディアスが初の母親役ということで、早くから楽しみにしていた作品でした。ニックカサベテス監督はBプラスからAマイナス的な作品が多いなぁという印象ですが、映画作りに真面目に取り組んでいる感じがワタクシは好きです。子役も「リトルミスサンシャイン」の...
★★★ 『私の中のあなた』 (映画の感想文日記)
2009年。アメリカ。"My Sister's Keeper".   ニック・カサヴェテス監督・脚本。  『ジョンQ−最後の決断』に引き続いて、医療の問題を題材にしたニック・カサヴェテスの渾身の一作。
私の中のあなた (心のままに映画の風景)
白血病の姉ケイト(ソフィア・ヴァジリーヴァ)に臓器を提供するドナーとして、遺伝子操作によって生まれたアナ(アビゲイル・ブレスリン)...
「私の中のあなた」 My Sister's Keeper (俺の明日はどっちだ)
・ 白血病の姉を救うドナーとなるべく遺伝子操作で生まれてきた少女が、ある決意を胸にもう姉のドナーにはならないと両親を訴えたことから崩壊の危機に直面した家族のそれぞれの心の葛藤とその生き方を描くと同時に末期医療の在り方をも見事に問題提起している作品。 ...
私の中のあなた (映画と本の『たんぽぽ館』)
アナが訴訟をおこした本当の理由            * * * * * * * * 白血病に苦しむ姉ケイト。 姉のためのドナーとなるべく、遺伝子操作で生まれてきた妹アナ。 11歳のアナは、自分の体のことは自分で決める、として、 臓器提供を強いる両親を相...
【映画】私の中のあなた (新!やさぐれ日記)
▼動機 私好みの映画かもしれない ▼感想 この題材で家族愛はもったいない ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ▼あらすじ 白血病の姉(ソフィア・ヴァジリーヴァ)に臓器を提供するドナーとして、遺伝子操作によって生まれた11歳のアナ(アビゲイル・ブレスリン...
映画『私の中のあなた』 (ぷくの日記)
【ストーリー】白血病の姉・ケイトを救うために、ドナーとして作られて産まれた11歳の妹アナは、ある日突然、「自分の体のことは自分で決める」と臓器提供を強いる両親を相手に訴訟を起こすが、その裏にはある思いが隠されていた……。ジョディ・ピコーのベストセラーを...
『私の中のあなた』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
GTFトーキョーシネマショー2009の2日目試写会。 3本目に観賞したのはキャメロン・ディアス、アビゲイル・ブレスリン共演のドラマ『私の中のあなた』。 白血病に冒された長女を抱えた家族の絆を描いた作品です。 ******************** チェック:アメリカの人気作...
私にキック (Akira's VOICE)
「私の中のあなた」 「ドロップ」 
「私の中のあなた」(アメリカ 2009年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
11歳の少女が実の両親を訴えた時・・・。
『私の中のあなた』 (It's My Party)
以前に試写で見たんだけど・・・かなり良作だったのでレビューを書いておこうと思います{/shootingstar/}                   【STORY】  11歳の少女アナ(アビゲイル)は白血病の姉、ケイト(ソフィア・ヴァジリーヴァ)に   臓器を提供するドナ...
「私の中のあなた」:とげぬき地蔵前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}とげぬき地蔵って、正式には高岩寺っていうのよ。 {/kaeru_en4/}へえ。よく知ってるね。さすが、じっちゃんばっちゃんの話題には強い。 {/hiyo_en2/}それって、年齢が近いっていう意味じゃなくて、見聞が広いってことよね? {/kaeru_en4/}あ、あ、あたりまえ...
【映画】私の中のあなた (しづのをだまき)
2009年 米国 1h55 原題 My Sister's Keeper 鑑賞@松江SATY東宝 監督 ニック・カサベテス 出演 キャメロン・ディアス アビゲイル・プレスリン 「もう姉のドナーにはならない」という宣伝文句から、よくある姉妹の葛藤ものかと思ったが、英語の題は「妹の番人」。...
私の中のあなた (こんな映画見ました〜)
『私の中のあなた』 ---MY SISTER'S KEEPER--- 2009年(アメリカ) 監督:ニック・カサヴェテス 出演: キャメロン・ディアス、アビゲイル・ブレスリン、アレック・ボールドウィン、ジェイソン・パトリック 、ソフィア・ヴァジリーヴァ、ジョーン・キューザック 、ト...
09-312「私の中のあなた」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
病気に家族も負けている  サラとブライアンのフィッツジェラルド夫妻は長男ジェシー、長女ケイトとの4人家族で幸せに暮らしていた。しかし、ケイトが2歳の時、白血病に冒されているが発覚する。  そこで両親は未来ある娘の生命を救うため、遺伝子操作によってドナー...
『私の中のあなた』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
白血病の姉に臓器を提供するドナーとして、遺伝子操作によって生まれた11歳のアナ。彼女はこれまで何度も姉の治療のために犠牲を強いられてきたが、母サラは愛する家族のためなら当然と信じてきた。そんなある日、アナは姉への腎臓提供を拒否し、両親を相手に訴訟を起こす...
映画「私の中のあなた」(My Sister's Keeper) (コニコの喫茶店)
DVDになるギリギリセーフで映画館鑑賞してきました。 「こんなはずじゃなかった〜
映画 「私の中のあなた」 (ちょっとひとことええでっかぁ―♪)
洋画の日本語タイトルは英語を知らない私にはとても判りやすくて 有難いのですが、この映画のタイトルは何だかなぁ〜┐('〜`;)┌
『私の中のあなた』 2009-No40 (映画館で観ましょ♪)
主演は彼女・・・アビゲイル・ブレスリン “子供子供”してたのに、ずいぶんと“少女”になってました。 白血病の長女役のソフィア・...
「私の中のあなた」(MY SISTER'S KEEPER) (シネマ・ワンダーランド)
「きみに読む物語」や「ジョンQ」などの作品で知られる米監督、ニック・カサヴェテスが、ジョディ・ピコのベストラー小説を映画化したューマン・ドラマ「私の中のあなた」(2009年、米、110分)。この映画は白血病の姉を救うため生まれてきた少女がある日、もう姉...
私の中のあなた (Blossom)
私の中のあなた MY SISTER'S KEEPER 監督 ニック・カサヴェテス 出演 キャメロン・ディアス アビゲイル・ブレスリン     アレック・ボ...
私の中のあなた ▲132 (レザボアCATs)
'09年、アメリカ原題:My Sister's Keeper 監督:ニック・カサヴェテス製作:マーク・ジョンソン、チャック・パチェコ、スコット・L・ゴールドマン製作総指揮:ダイアナ・ポコーニイ、スティーブン・ハースト、メンデル・トロッパー、トビー・エメリッヒ、メンデス・フィ...
私の中のあなた (M's daily life)
「私の中のあなた」 原題: MY SISTER'S KEEPER (2009年 米 110分) 監督: ニック・カサベテス 出演: アビゲイル・ブレスリン、...
mini review 10455「私の中のあなた」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
アメリカの人気作家ジョディ・ピコーのベストセラー小説を、『きみに読む物語』のニック・カサヴェテス監督が映画化。白血病の姉のドナーとなるべく遺伝子操作によって生まれた妹が、姉への臓器提供を拒んで両親を提訴する姿を通し、家族のありかたや命の尊厳を問いかける...