心の栄養♪映画と英語のジョーク

日々観た映画のレビューと英語のジョーク♪心の栄養いっぱいとってKeep smiling♡

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「重力ピエロ」

2009-10-27 | 映画「さ」行
泉水(加瀬亮)と春(岡田将生)は、優しい父(小日向文世)と今は亡き美しい母
(鈴木京香)の愛情に包まれて育った仲の良い兄弟。兄の泉水は遺伝子の研究を
する大学院生。一方、街中で落書き消しの仕事をしている弟の春。彼らが暮らす仙台
市内は、頻発する連続放火事件に揺れていた。あるとき春は、放火現場の近くに必ず
謎のグラフィティアートが描かれていることに気づく。事件との繋がりを直感した春は、
泉水を誘って夜の街で張り込みを開始するが・・。



この映画にリアリティを求めるとちょっと難を感じますが、そうしなければ
本当に良くできた、重くも力強い作品だったなぁと思いました。
「春が二階からおちてきた・・」で始まるシーンは、そこからぐぐっと
惹き付けられるもので、映像も素晴らしかった。ここからどんなドラマが
始まるんだろう・・と期待でいっぱいになったし、桜・花びら・青空、
そして春と泉水のショットが目に焼き付いたし、まだ始まったばっかりなのに、
妙に切ない気持ちにもなりました。

兄・泉水と弟・春、そしてお父さん、この家族には秘密があり、
そしてその秘密が軸になって最強の家族にもなっている。
この絆の強さと、お父さんの発する言葉の重みと優しさに胸打たれました。
この映画では、台詞の中に心に残るようなものがたくさんありました。

今回は感想を書くと、それがネタばれに直結してしまうので、あまり
書けないんですが、とにかく一番凄かったのは父親だったかなぁ。度量がすごい。
本当に心が強くないと、ああいった言動はとれないです。見た目、とても
ソフトで優しい父親なんですが、心は誰よりも強かったのでは・・と思いました。

弟思いの泉水も、絶望的な苦悩を抱える春も、二人ともとても強い絆と
優しい心を持っていたと思うけど、やはりそこは若い二人、お父さんには
かなわなかったという感じがしました。題名の重力も、あ〜そうだったんだ〜・・
と思うもので、至極納得。

でも・・・ここからネタばれですので反転モードで


彼ら夫婦の決断と二人の育て方には、頭が下がるというか、本当に
素晴らしいと思いましたが、こういうことがなくても、いずれは春に
話すつもりだった真実を考えると(そしてそれまでに、この物語のように
知ってしまう可能性も大で)春は絶対に苦しむことは目に見えてますよね。
産む産まないは二人の決心次第でいいと思いましたが、みんなに事件のことを
知られてるあの場所で、堂々と暮す、自分たちは何も悪いことはしていない、
というのは真実ですが、本当に春のためになったんだろうか?と
考えたりもしました。

あのような目で見られるのはわかってたことで、お父さんが市役所勤務
だったので、そうそう簡単に転職もできなかったでしょうが、
別の土地で暮す・・というのも一つの手だったんじゃないかなぁって思いました。
そうしないところが立派で、潔いんですが、どんなにか子供が辛いか・・と
いうことを考えるとねぇ〜・・。誰も知らない土地で、墓場まで持って行って
良い秘密だったのかもしれない・・・とも思ったんですよね。
でも、そこがこの物語のミソというか肝心要のところなので、
それやっちゃうとすでにこの物語は破綻しちゃいますよね(^_^;)

ラストも あああって欲しいと思ったけど、本当にそれで良いのか?
ずっとあの罪を背負っていっくのか?って思ったり。でも、捕まっちゃったり
警察に自首・・なんてことになると、もっと嫌だと感じたかも・・と思うし。
そのくらい憎たらしい実の父でしたからねぇ〜。難しいです。
正義はなされたのかもしれませんし、感情移入して見ていた私は
これでOKでしたが、重力を無視して生きる彼らは最強の家族でもあり、
社会からは孤立した家族にもなってしまったかもしれない・・。


と、グダグダ書きましたが(^_^;) お父さんの言葉には涙し、出演者の演技の巧さと、
あまりにもピッタリ来る役だった配役の素晴らしさにもうなり、
泉水と春の子供時代を演じた二人が、全く大きくなった二人と違和感がなく、
素晴らしい!と思いました。

「本当に深刻なことは、陽気に伝えるべきなんだよ。」
「楽しそうに暮していれば、地球の重力なんて消してしまえるんだ。」
「自分で考えろ。」等々、印象に残る台詞がたくさん。

ミステリー性もありましたが、そちらがメインではなく、家族のかなり
重い物語り・・。いろいろ考えさせられた作品でもありました。

個人的お気に入り度3.5/5

重力ピエロ 特別版 [DVD]

角川エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (62)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ノーマ・レイ」 | トップ | 「第一容疑者 1」 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
うん (miyu)
2009-10-27 13:23:23
これは配役がイメージ通りって感じでしたねぇ〜。
って原作は未読ですが、かっこいい春に岡田くんがぴったりかなぁ〜なんて。
加瀬さんは相変わらず地味だけど、いい!
小日向パパは最強ですね!
最強の家族です…特に父 (ちゃぴちゃぴ)
2009-10-27 22:01:43
観た後、原作も読みました。
映画とかTVとかで、観た後原作読むとほとんど脳内キャストはまんまです(笑)
お父さんが、最強ですよね。
私も、印象に残る台詞が色々ありました。
あと、あの方の憎ったらしさは、少ない出番ながら強烈なアクセントでした。
岡田クンは、天然コケッコーでフレッシュに感じ、頭の隅にいれてたんですが、えらくまぁ売れっ子になっちまいました。DVD新作でもあるでしょ、観たいなぁと思いつつ、準オチまでまとうと思ってます。
miyuさんへ♪ (メル)
2009-10-28 08:08:42
miyuさん、こんにちは☆^^

そうなんですよね〜、私も原作読んでないんですが(^_^;) この配役のぴったりさには感激♪
みんなバッチリ役に合ってるなぁって思いました。
特に主演の3人は、これ以上ないんじゃ・・と思うくらいでした。
それに子役との流れが良かったですよね。
全然違和感ない子役さんたち。よくぞ見つけてきたなぁって感じでした♪

小日向パパはほんと最強でしたね〜!
若い頃も?!(≧▽≦)
メルさん☆ (latifa)
2009-10-28 08:20:18
こんにちは〜メルさん、私もこれ見て昨日感想書いたのー!!同じで嬉しいな♪
しかも、白文字の処も同じー!!
だから・・・なんだか手放しに万歳〜って思えるラストでもなかったし・・・。
それと、原作を読んだ記憶が薄くなっちゃってるので、あやふやなんだけど(違ってたらゴメンね!)なにやら警察に行くつもりなのか・・・?って感じもあったんだ・・・。
桜の花びらシーンは綺麗なのに、もの哀しかったよね・・・。
ちゃぴちゃぴさんへ♪ (メル)
2009-10-28 18:29:26
ちゃぴちゃぴさん、こんばんは〜☆^^

見た後で原作もお読みになったんですね〜♪
私も読もうかなって思っています。
そうそう、見てから読むと頭の中は
映画のキャストが動きますよね^^
「クライマーズハイ」は見てから読んだので、頭の中で堤さんや堺さんが動いてました(笑)

お父さん、最強でしたねぇ〜。
最初の決断だって、お父さんでしたもんね。
確固たる信念のもと、それに奥さんも従ったという感じだったし、この人と一緒なら・・と思えたからですもんね。

そう!例のあの方、憎ったらしかったですよね〜!!!
あのようなことになってもしょうがなかったか・・と思わせるくらいの憎たらしさがありました。
あの家族と彼・・落差があってインパクトありました。

私も岡田くんは「天然コケッコー」で
なかなか素敵な男子・・と思ってたんですが、ほんとにこんなに売れっ子になっちゃってねぇ〜・・・感慨深いですわ(笑)
すっかり親の気持ちです(笑)
latifaさんへ♪ (メル)
2009-10-28 19:16:13
latifaさん、こんばんは〜☆^^

時を同じくして、同じ映画の感想をアップ・・ってなんだか嬉しい(^ー^* )フフ♪
それに反転モードの部分も同じ感想だったと聞き、余計に嬉しいです(*^^)v
心打たれたし、台詞も残るものがたくさんあったし、ラストもあれでしょうがないか・・と思うところもあったんですが、
最初の選択は本当に春のために良い選択だったのか・・と考えちゃいました。
(産むのはOK・・でもその後の生活)

警察に行く・・って感じ、映画でもチラッと彼が言ってましたよね。でも、その後二人で話して、お父さんとのシーンになって、結局行かないってことで・・・という感じだったと思いましたが(映画では)
原作、読んでみたいです。
見てから読むと、頭の中では俳優さんたちが動いてくれちゃいますが、それでも読みたいなぁと思っています^^
latifaさんは読んでからご覧になったんですもんね。
最近そのパターンがほとんど無くて、いつも見てから読む・・になってしまってる私です(^^ゞ

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

62 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
重力ピエロ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『俺たちは最強の家族だ』  コチラの「重力ピエロ」は、「アヒルと鴨のコインロッカー」をはじめ「陽気なギャングが地球を回す」、「フィッシュストーリー」と映画化が続く伊坂幸太郎のベストセラー小説を映画化した5/23公開の感動ミステリーなのですが、早速観てき...
重力ピエロ (晴れたらいいね〜)
今年、初めて観る邦画(映画館)です。本屋さんに、山のように積まれてたので原作を買ってしまった。で、映画館に行く余裕ができたので、読む前に映画にしました。家族の愛が、テーマ。出演者って、少ないイメージです。俺たちは、最強の家族だ。重力ピエロ監督: 森淳一原...
映画の「重力ピエロ」 (Q-Days)
伊坂幸太郎作品の「重力ピエロ」と「フィッシュストーリー」 の映画DVDが、ついにレンタル開始されましたね。 って事で、早速借りに行ってきたのです。 あった、あった。 上位ランキングに並んでるやん〜。 しかし、新作を2本一週間で借りるんは...
「重力ピエロ」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
原作→映画の順番で見ましたが、本からあの兄弟が抜け出して来たかのようにイメージぴったりでした。
『重力ピエロ』 (京の昼寝〜♪)
 □作品オフィシャルサイト 「重力ピエロ」□監督 森淳一 □脚本 相沢友子 □原作 伊坂幸太郎 (「重力ピエロ」新潮社刊)□キャスト 加瀬 亮、岡田将生、小日向文世、吉高由里子、岡田義徳、渡部篤郎、鈴木京香■鑑賞日 5月30日(土)■劇場 109CIN...
「重力ピエロ」試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
第五回本屋大賞、このミステリーがすごい!2009年第一位、等々、かなり評価された、原作を、如何に映像化しているか? 凡庸な邦画に成り下がっていないか? 期待半分、不安半分で観てきました。うーん、個人的には、原作は未読ですが、一本の映画としては、それなり...
重力ピエロ (花ごよみ)
伊坂幸太郎原作の同名小説の実写化 タイトルは重力ピエロ。 重さがのしかかった家族。 それでもふんわり楽しく生きていれば 地球の重力を感じない。 大学院生の兄、泉水(いずみ)(加瀬亮)は ごく普通の学生、そして優しい性格。   弟の春(岡田将生)は 心の弱さと...
重力ピエロ (いい加減社長の映画日記)
レイトショーのはしごの2本目。 あたりかはずれか、不安を感じながらも、「ホノカアボーイ」でちょっと気になった岡田将生さんが出ているし。 加瀬亮さんと小日向文世さんといえば、「それでもボクはやってない」の、因縁の(?)コンビ。 終わるのが2時過ぎで、眠気との...
重力ピエロ (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。伊坂幸太郎原作、森淳一監督、加瀬亮、岡田将生、小日向文世、鈴木京香、渡部篤郎、吉高由里子。伊坂作品らしく仙台市が舞台。母親役の鈴木京香も仙台出身だ。けれど、「最高傑作」、「映像化不可能」の触れ込みの割には、策に溺れるというか、仕掛けに溺れる...
試写会「重力ピエロ」 (流れ流れて八丈島)
九段会館で試写会「重力ピエロ」を観てきました。なかなか重〜い話なんだけど、ちょっとした笑いも織り交ぜながら、結構サラっとした映画になってるなって感じました。まあ、この話を生真面目に描いたら、救いの無い映画になっちゃうでしょうね。ネタバレすると面白味半減...
「重力ピエロ」 (てんびんthe LIFE)
「重力ピエロ」試写会 東京厚生年金会館で鑑賞 何かと話題のこの作品。 「はるが2階から落ちてきた」 という印象的なフレーズ。 これがすごく深い意味をもっていたんですね。 加瀬亮は淡々と兄の役をこなし、岡田将生くんを盛り上げていたという印象。 心理的に...
映画 「重力ピエロ」 (ようこそMr.G)
映画 「重力ピエロ」
試写会「重力ピエロ」 (日々“是”精進!)
「重力ピエロ」の試写会に行ってきました切なくも感動的な一家族の絆を、独特のスタイリッシュな文体で軽やかに綴った人気作家・伊坂幸太郎の同名ミステリーを実写映画化。仙台を舞台に、連続放火事件とその現場で見つかるグラフィティアートの謎を追う兄弟が、やがて家族...
映画「重力ピエロ」を観ました!!(2009-9) (馬球1964)
映画「重力ピエロ」を観ました!!2009年の第9作目です。
【重力ピエロ】 (日々のつぶやき)
監督:森淳一 出演:加瀬亮、岡田将生、小日向文世、吉高由里子、渡部篤郎、鈴木京香、岡田義徳      家族の愛は、重力を超える。 「遺伝子を勉強する大学院生の兄泉水と絵の才能を持つ弟春は母親を亡くし父親と三人の家族。 家族の住む仙台市内で連続放火
愛はDNAを超える。『重力ピエロ』 (水曜日のシネマ日記)
伊坂幸太郎の小説を映画化した作品。大学院で遺伝子の研究をする兄と落書き消しの仕事をする弟の物語です。
重力ピエロ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
伊坂幸太郎さんの『重力ピエロ』は、私が最初に読んだ伊坂作品です。大好きなお話なので映画化を楽しみにしていました〜【story】遺伝子を研究する泉水(加瀬亮)と芸術的な才能を持つ春(岡田将生)は、一見すると仲の良さそうな普通の兄弟だ。そんな二人の住む街では謎...
重力ピエロ (とりあえず、コメントです)
伊坂幸太郎著の同名小説を映画化したミステリーです。 悪の存在の強烈さと親子の絆の強さが心に響く作品でした。
映画「重力ピエロ」@京橋テアトル試写室 (masalaの辛口映画館)
 今回の試写会は「Yahoo!映画/ユーザーレビュアー試写会」だ。会場となった試写室は満席で補助椅子も稼動された。映画上映後には森淳一監督を招き観客とのティーチインが行われた。重力ピエロ特別版 映画の話 大学院で遺伝子の研究をする兄の泉水と、自分がピカ...
重力ピエロ (ダイターンクラッシュ!!)
2009年6月26日(金) 19:00〜 シネカノン有楽町1丁目 料金:1200円(シネカノン会員料金) パンフレット:600円(買っていない) 『重力ピエロ』公式サイト 多くの作品が映画化されている伊坂幸太郎原作。 伊坂幸太郎原作映画は、けっこう観ているのだが、なんと小...
映画「重力ピエロ」 (またり、すばるくん。)
伊坂幸太郎さん原作の「重力ピエロ」を観てきました。 多少、ネタバレを含みます。
重力ピエロ (T-Tan-Sun)
この話は、作り事で現実にはありえない話では決してない。 広い世の中には、レイプされその結果生まれた子供を受け入れ育てている夫婦がきっといるはずだ。 生まれてきた子供にはなにも罪はないが、その事実を隠し通すことは容易ではないだろうし、いつかその事を話さな...
【重力ピエロ】★加瀬亮★岡田将生 (猫とHidamariで)
春が、二階から落ちて来た。重力ピエロ HP重力ピエロ シネマトゥデイスタッフ監督:森淳一原作:伊坂幸太郎企画・脚本:相沢友子キャスト加瀬亮  : 奥野泉水(兄)岡田将生 : 奥野春(弟)鈴木京香 : 奥野梨江子(母)小日向文世 : 奥野正志(父)吉高...
重力ピエロ (あーうぃ だにぇっと)
監督: 森淳一 キャスト 奥野泉水☆加瀬亮 奥野春☆岡田将生 奥野正志☆小日向文世 夏子☆吉高由里子 山内☆岡田義徳 葛城由紀夫☆渡部篤郎 奥野梨江子☆鈴木京香 他 【ストーリー】 遺伝子を研究する泉水(加瀬亮)と芸術的な才能を持つ春(岡田将生...
重力ピエロ (うろうろ日記)
試写会で見ました。伊坂さんて有名なんですねー。この間、伊坂作品で違う本を買いまし
重力ピエロ (日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜)
伊坂幸太郎の同名小説を映画化した作品。原作は以前、読んでいます。 遺伝子を研究している大学院生、泉水と芸術的な才能がありイケメンな2つ年下の弟、春は仲の良い兄弟。母を亡くしていたものの優しい父と3人で平穏に陽気に暮らしていました。けれど、春の出生につい...
〜『重力ピエロ』〜 ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2009年:日本映画、森淳一監督、加瀬亮、岡田将生主演。
【重力ピエロ】楽しそうに生きていれば重力なんて消える (映画@見取り八段)
重力ピエロ 監督: 森淳一 原作: 伊坂幸太郎 出演:  加瀬亮、岡田将生、小日向文世、鈴木京香、吉高由里子       公開: 2009年5月 ...
『重力ピエロ』 (You got a movie)
監督   森 淳一 キャスト 加瀬 亮      岡田将生      小日向文世      鈴木京香      渡部篤郎 ほか      アヒルと鴨のコインロッカーや死神の精度の伊坂幸太郎が書いたベストセラーミステリーの映画化。仙台のある町で起こった連続放火...
森淳一監督 「重力ピエロ」 (映画と読書、そしてタバコは止められましぇ〜ん!)
アチャチャチャ〜〜〜!(><:)給料日前でお小遣いがピンチなのに、今日公休で…尚且つ、観たいと思ってた伊坂幸太郎原作の「重力ピエロ」 その映画化作品が今日から劇場公開… あ、明日を乗り切れば給料が入ってゆとりも…とは思ったンだけど 映画観て来ちゃいまし...
『重力ピエロ』 (めでぃあみっくす)
小日向文世さんは最強の脇役だ。この映画を見ると誰もがそう思えるのではないでしょうか。伊坂幸太郎先生原作の映画化や加瀬亮さんと岡田将生さんの主演で話題を呼んでいる作品ではありますが、映画を見終わって一番印象に残ったのは間違いなく「この人にしか出せない雰囲...
「重力ピエロ」(日本 2009年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
連続放火事件と謎のグラフィティアート。
最強の家族〜『重力ピエロ』 (真紅のthinkingdays)
  「春が二階から落ちてきた」  大学院で遺伝子を研究する泉水(加瀬亮)と、美し過ぎる容姿を持つ春(岡田将生) は仲のよい...
最強の家族(映画/試写会:重力ピエロ) (美味!な日々)
映画『重力ピエロ』の試写会に行って来ました。原作者の伊坂幸太郎氏の作品は未読ですが世間の評価が高いので、楽しみにしていました。
『重力ピエロ』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
遺伝子を研究する大学院生・泉水と芸術的な才能を持つ2つ年下の弟・春は、仲の良い普通の兄弟だ。優しい父と三人で、平穏に、そして陽気に暮らしている。だが、この家族には春の出生に関わる哀しい“過去”があった。その原因をもたらした“ある男”が街に戻ってきた。そ...
重力ピエロ (2009) (白ブタさん)
原作が素晴らしいだけに、映画はどうかなぁと思いつつ、初日に行ってきました(*^_^*)
『重力ピエロ』 (ラムの大通り)
※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 -----これって人気の伊坂幸太郎の原作ニャんでしょ。 彼の小説って次々と映画化されているよね。 「そうだね。 やはりそれだけ人気が高いってことだろうね。 こ...
重力ピエロ (映画大好き)
2008年 日本 出演 加瀬亮、岡田将生、小日向文世、吉高由里子、岡田義徳、渡部篤郎、鈴木京香 ★森淳一監督が、伊坂幸太郎の原作を映画化したドラマ。 遺伝子の研究をしている兄の泉水と、2歳下の芸術の才能に恵まれた弟の春。  仙台で起こる連続放火事件とグラ...
映画:重力ピエロ (ぱたぱたぱ〜だでグー!)
重力ピエロ ←クリックでオフィシャルサイトへ 【コピー】 家族の愛は、 重力を 超える。 【キャスト&スタッフ】 監督:森淳一 原作:伊坂幸太郎 出演:加瀬亮、岡田将生、小日向文世、吉高由里子、岡田義徳、鈴木京香、渡部篤郎 【作品情報】 ジャンル:スリ...
重力ピエロ (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
重力ピエロ 特別版 [DVD]毎度のことだが私は伊坂幸太郎原作の映画とは相性が悪い。残念ながら今回も同じだ。一見関係のない出来事が最後にピタリと合致するのが伊坂ワールドの特徴で、本作もそれを踏襲し、ミステリーとしての完成度は高い。だが、この作者の魅力と言われ...
重力ピエロ (悠雅的生活)
本当に深刻なことは、陽気に伝えるべきなんだよ。
重力ピエロ (そーれりぽーと)
「春が二階から落ちてきた」 以前から意味深な予告編が気になっていた『重力ピエロ』を観てきました。 ★★★★ 賢い兄貴と、クールで正義感の強い弟、そして妻に先立たれた父の家族ドラマかと思って観ていたら、とんでもなく重い運命の鎖に縛られた家族が、鎖を断ち切ろ...
『重力ピエロ』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
昨日の夜は京橋にある京橋テアトル試写室に5/23公開の『重力ピエロ』の試写会に行ってきましたー。 Yahoo!映画のレビュアー限定の試写会で、今回は監督の森淳一さんのティーチイン付きのものでしたー。 会場近くには割と早めについたものの、会場広くないし開場時間まで...
重力ピエロ (T-Tan-Sun)
この話は、作り事で現実にはありえない話では決してない。 広い世の中には、レイプされその結果生まれた子供を受け入れ育てている夫婦がきっといるはずだ。 生まれてきた子供にはなにも罪はないが、その事実を隠し通すことは容易ではないだろうし、いつかその事を話さな...
重力ピエロ (★ Shaberiba )
連続放火事件&落書きに隠された真実とは?
[映画『重力ピエロ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆深く重いが、いい作品だった。  私は、ミステリには非常に詳しかったのだが、原作の伊坂幸太郎がデビューした頃から、なかなか読書の時間が取れなくなり、伊坂作品には詳しくない。  でも、先日観た伊坂原作の『フィッシュストーリー』には非常に感心した口だ。  ...
重力ピエロ (TRUTH?ブログエリア)
原作:伊坂幸太郎監督:森淳一映画 日 09☆☆☆☆★ お〜!良いじゃあないですか
★重力ピエロ★ (CinemaCollection)
家族の愛は、重力を超える。連続放火事件に隠された家族の真実──溢れくる感動のミステリー上映時間119分製作国日本公開情報劇場公開(アスミック・エース)初公開年月2009/05/23ジャンルミステリー/青春/ドラマ【解説】切なくも感動的な一家族の絆を、独特のスタイリッ....
重力ピエロ (Diarydiary!)
《重力ピエロ》 2009年 日本映画 グラフィックアートが描かれた近くで放火事件
重力ピエロ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
伊坂幸太郎祭りのような今日この頃ですが皆様はいかがお過ごしですか?このところ、本当に伊坂作品映画化されているんですねぇ、、、そして、なんとなく全部観ている気がします。しかも原作まで読んじゃって(笑)ちなみに『重力ピエロ』はかなり前に読んでます。原作読ん...
「重力ピエロ」:新宿三丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}ティファニーって、新宿三越に入っているのか・・・。 {/hiyo_en2/}仙台にもあるわよね。 {/kaeru_en4/}たしか、仙台でも三越の中にあったはずだ。 {/hiyo_en2/}仙台にあって、壁に落書きはされていないの? {/kaeru_en4/}そんな、仙台中が落書きされている...
『重力ピエロ』を観た感想です。 (チャットレディ写真撮影・加工・修正プロ)
90点(人間ドラマとしても見応え十分) ごく普通の家族というわけではない。しかしその絆は、うらやましいほどに強く、真実味があります。 原作よりも映画の方がいい感じでした。
重力ピエロ、ミステリーだったとは知らず・・・・。 (銅版画制作の日々)
 重力を背負った家族の、“愛”と“謎” 「重力ピエロ」公開開始からお客さんが多いそうです。年齢層もぐ〜んと下がって若い人たちが観にやって来るようですね。私は伊坂幸太郎という小説家がいるのは知っていましたが。どんな小説を書いているかを知りませんでした。大...
09-180「重力ピエロ」(日本) (CINECHANの映画感想)
遺伝か? 環境か?  泉水と春は、優しい父と今は亡き美しい母の愛情に包まれて育った仲の良い兄弟。兄の泉水は遺伝子の研究をする大学院生。一方、街中で落書き消しの仕事をしている弟の春。彼らが暮らす仙台市内は、頻発する連続放火事件に揺れていた。  あるとき春...
純喫茶ピエロ (Akira's VOICE)
「重力ピエロ」 「純喫茶磯辺」 
重力ピエロ (単館系)
難しいけど面白かった。 遺伝子の並び方と放火の地図の場所と対になっている遺伝子と場所。 24年前におきた連続レイプ事件の場所と落書き(...
【重力ピエロ】 (+++ Candy Cinema +++)
【監督】    森淳一 【原作】    伊坂幸太郎 【脚本】    相沢友子 【上映時間】 1時間59分 【配給】    アスミック・...
重力ピエロ (CASA GALARINA)
★★★★☆ 2009年/日本 監督/森淳一 <梅田ガーデンシネマにて鑑賞> 「言うことなしの仕上がり」
重力ピエロ (ちこひろ日記)
JUGEMテーマ:映画兄・泉水と弟・春、そして父と母、平穏に陽気に暮らす家族には、過去に辛い出来事があった。その記憶を抱えて兄弟が大人になった頃、連続放火事件が起こり、そして、現場の近くに謎の落書きが残されている・・。大学院で遺伝子の研究をする泉水は、その...
重力ピエロ (paseri部屋)
「重力ピエロ」(2009)を観ました。監督:森淳一原作:伊坂幸太郎出演:加瀬亮、岡田将生、小日向文世、吉高由里子、岡田義徳、鈴木京香、渡部篤郎<内容>遺伝子を研究する大学院生・泉水と芸術的な才能を持つ2つ年下の弟・春は、仲の良い普通の兄弟だ。優しい父と三人で....
「重力ピエロ」ドロドロなのに透明感 (ノルウェー暮らし・イン・London)
久しぶりに邦画を見た。 さすがの伊坂幸太郎原作もの。 深刻な内容なのに、どこか透明感のあるピュアな雰囲気。 すべてのキャストが、最高にマッチして、無駄な人物はひとりもいない。 人目をはばからず、声を上げて泣きながら見ている私がいた。
『重力ピエロ』 (『映画な日々』 cinema-days)
重力ピエロ 遺伝子の研究をする大学院生と落書き消しをする弟が 連続放火犯の手掛かりを掴み、真相を追うが... 【個人評価:★★★ (3.0P)...