心の栄養♪映画と英語のジョーク

日々観た映画のレビューと英語のジョーク♪心の栄養いっぱいとってKeep smiling♡

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「マルタのやさしい刺繍」

2009-04-24 | 映画「ま」行
スイスの小さな村、トループ村。夫に先立たれ、生きる意欲を持てずにただ漫然と毎日を
やり過ごす80歳のマルタ(シュテファニー・グラーザー)。ある日、彼女はふとしたきっかけから、
若い頃に抱いた夢を思い出す。それは、自分でデザインして刺繍したランジェリーの店を開くこと。
そして、ふさぎがちな彼女を心配していた友人たちの後押しで、もう一度夢に向かって動き出す
マルタ。しかし、昔ながらの保守的な考え方が支配的な村では、マルタのささやかな夢さえも
破廉恥と非難されて しまい・・。



のどかで綺麗!と言いたくなるような美しい自然(山々)に囲まれた
スイスのものすごい田舎。ちょっと違うけど、このくらいの村というと、
私の母の実家を思い出しちゃいました。この封建的で保守的なところも含めて。
で、こういうところで、確かに、私の祖母(すでにこのマルタよりも
年上ですが(^_^;))が、ランジェリーショップを開くとなったら、私は応援して
あげたいけど、あの家族、そしてあのご近所を思い出すに、やっぱりマルタと
同じような目に遭うかもしれないなぁ~・・って思っちゃった。

私たち(?)が考えると、いくつになっても夢を追いかけるって素敵!って
思うし、何事にもやる気がなく、ただぼけるのを待ってるだけ、っていう
生活よりも、何でも良いから好きなことをやって!と応援するのが
普通のような気がするけど、実生活(その私の母の実家)を思い出すと、
やっぱりみんながみんな賛成して・・なんてことはあり得ないのかも。

新しいことを始めるのには年齢は関係ないよ、恐れずにチャレンジすることは
素晴らしい事だよ、っていうメッセージがたっぷり含まれてて、
元気ももらえるし、ちょっとシニカルな笑いも含め、ほのぼの&結構真面目な
お話でした。マルタとその友達3人が、それぞれ環境も立場も違うという
設定も好きだったなぁ。

でもこの映画に出てくる、いわゆる悪役の人たちのさじ加減がちょっと
きつすぎたかな~という気もしなでもなかったです。
保守的な考えに凝り固まった・・というのはわかるとして、あまりにも
酷い人だったり、マルタとその友達が、力を合わせてランジェリーを
売り上げていって、新聞にも載って・・という普通で考えると素晴らしい事に
なってるのにもかかわらず、その保守的人物たちは全然びくともしなくって、
いまだマルタたちに怒ってる。そのあたりの加減がちょっとなぁ~・・でした。
ラストはそれなりにスカッとするんだけど、どうせなら、もうちょっと前に
ランジェリーのことでスカッとしたかったなぁ(^^ゞ
”未だダメ?””まだわかってくれない?”と、どうせラストは・・・と
思ってたので、もうちょっと早くても良かったのでは?と
気ぜわしい(?)私は思っちゃった(^^ゞ

でも、反面、こういう作りも新鮮だなぁって思ったし
微妙にずれてる展開も目新しかったし、見終わって思い出してみると、
あの展開も良かったかも・・と思えます。
それに、この映画に出てくる男性はだらしなかったり、ダメな部分を
持ってる人だったりしたんですが(もちろん良い人もいました^^)
監督さんが女性だったからかも。結構シビアに描いてましたから。
でも、全体的にはとても優しい雰囲気で、そのあたりも女性らしさが
感じられました。

で、公式HP見てみたら、なんとこの女性監督、まだ若い!
それにブシェミのもとでルー・リードの音楽ビデオを撮ったり・・なんて
書いてあるではありませんか! なぜにブシェミ?って思いましたが
へぇ~私の大好きなブシェミ様のところで一緒にやってたのね、なにやら嬉しくて^^

マルタも生き生き、マルタの友達もお陰で生き生き♪
いくつになってもいろんなことにチャレンジしたいなぁと心から思えました。
そして持つべきものは、やっぱり“友”ですね♪

個人的お気に入り度3.5/5

マルタのやさしい刺繍 [DVD]

CCRE

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「バッファロー’66」 | トップ | 「この自由な世界で」 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
悪役。。 (rose_chocolat)
2009-04-25 05:16:14
ものすごくシニカルに考えるならば、その悪役さんたちはまだ「良心的」だったのかもしれません。現実世界ならば、本気で反対勢力を潰しにかかりますから。
だから苦笑いして引っ込んだだけでもまだいい奴なのかな(笑

齢を取っても自分のしたいことができる環境はいいものです。何よりもまず健康でないとできないですよね。あと、ちょっとお金があって(笑)、そして友達もいて。気楽に生きて行きたい私としては、うらやましい限りです。
rose_chocolatさんへ♪ (メル)
2009-04-25 09:52:10
ほんとですね~、ある意味彼らは良心的だったのかもしれませんね。
もっとやろうと思ったら、徹底的に彼女たちを潰せましたもんね。
そこに考えが至らなかったなぁ(^◇^;)
私はもっと早く彼らをぎゃふんと言わせて欲しかった・・なんて反対のこと書いてますもんね(^^ゞ
現実社会って、本当に厳しいですもんね~。
彼らよりもとことん悪いやつもいるし・・。

そう!年をとっても、自分のやりたいことが見つけられるってことはとても幸せなことだし、それを現実のものにしようとがんばれることはとても良いことですよね。
でも、仰るとおり、それにはまずは健康!
この年になると、彼女たちのように、あの年まで、バイタリティを持って生きることができる健康な体が一番欲しいです(^^ゞ
こんにちは♪ (ミチ)
2009-04-25 20:57:38
映画で見る限りかなりの田舎ですからねぇ。
保守的な人も多いんじゃないかな~って思いました。
「いい年して」っていうのが今の私にはかなりキツイ縛りです。
ましてやマルタの年齢だったら・・・。
でも、その「いい年して」の壁をクリアしていくのはスゴイな~って感心しちゃいました。
ミチさんへ♪ (メル)
2009-04-26 00:28:50
こんばんは♪

田舎でしたね~!
空から撮った映像がありましたが、たったあれだけしか家がない!って思いましたから(^_^;)
保守的なのもわかりますよね。

>「いい年して」っていうのが今の私にはかなりキツイ縛りです。

同じくですわ(^_^;)
大台にのってますから、私(^^ゞ
マルタの年なら尚更ですよね~。
でも、あれだけのことが出来る健康な体があるってことも、羨ましいなぁって思いましたし、彼女のバイタリティのすごさにも感心でした♪
日々精進して、彼女のように元気でいたいと思います^^
たまにはお洒落しよう! (はるはる)
2009-05-28 14:29:56
ドイツ語を喋っているようだけどちょっと違うし、お金の単位はフランって言ってたしね、いったいここは何処??とそればかりが気になっちゃいましたが、スイスだったんですね。ようやくすっきりしました(笑)。
あのお店やあの人たちは思ったとおりの展開になるのかしら‥と思ったら、やっぱり思ったとおりでしたが、やはりこれ以外の展開は難しいですものね。
タイトルから、主人公が刺繍しているシーンばかりかと思ったら、そうでもなかったですね。たまには私もおしゃれな下着をつけようかなぁ、年取っても少しはおしゃれに気を配らないとね~と日々の無頓着を反省した映画でした。
はるはるさんへ♪ (メル)
2009-05-29 08:36:30
ほんとですね、たまにはお洒落しなくっちゃ・・ですね^^
下着に関しては特に最近どうでもいいようなものを着けてるので(^_^;)反省いたしましたわ(^^ゞ

そうそう、私もこれはどこ??って最初ずっと思ってました。
スイスだとわかってからは納得^^
それにしても、あの村、ぶらっと訪れてみるにはいいだろうなぁって思いました。
住むのはちょっと大変そうだけど(^_^;)
あの風景とあの街並みを一日ぐらいゆっくり見て歩きたいなぁなんて思いました。

>あのお店やあの人たちは思ったとおり
>の展開になるのかしら‥と思ったら、
>やっぱり思ったとおりでしたが、
>やはりこれ以外の展開は難しいですものね。

そうですね~、まぁあんな感じしかないかな、と。
でも、もうちょっとわたし的にはスカッとしたかったんですよね(^^ゞ
もっともっとみんなを(特に男性陣を)ギャフンと言わせたかったというか(^^ゞ
欲張りすぎでした(笑)

刺繍してるシーン、ほんと、思ったよりも少なかったですね~。
でもあんな風に一つ一つ手縫いで刺繍してたら、お値段は結構お高いものになっただろうなぁなんて、余計なことを思ってましたわ(笑)
素敵な下着も洋服も、いろいろ身につけたいけど、その前に、一番シンプルなTシャツとジーンズを着てもかっこいい、と思えるような体型にならないと、私の場合はいけません(^_^;)
それが先かな、と(笑)
はるはるさんは、スタイル良いので、ちょっとお洒落なされば見栄えがするだろうなぁって本当に羨ましい。
・・と自分の怠惰を反省しつつ、はるはるさんの体重を目指します(って、絶対無理・・という自分の囁きが頭で聞こえてます、笑)
そうなの・・・ (latifa)
2009-07-20 22:34:48
メルさん、こんばんは☆
このところ、連日お邪魔しちゃって(^^ゞ
偶然見る映画、映画が、メルさんがごらんになっているんだもん~☆

で、この映画。正直期待した以上ではなかったんですよ・・・。
で、その理由。メルさんが的確に、ばしっ!と書いてくださってました。
男性陣や意地悪が結構酷かったこと・・。
なんとなく、最後の方に向かっての展開も、スカッとしなかったんだよなあ・・・。

とはいえ、幾つになってもがんばる前向きなおばあちゃんというのは基本大好きなので、題材的には凄く良かったでした~。
latifaさんへ♪ (メル)
2009-07-21 09:18:08
連日のお越し、まことにありがとうございます(笑)
いやぁ、嬉しいです、ほんとに(*^^)
私もやっと「チェンジリング」と「ベンジャミン・バトン」を鑑賞いたしましたので^^またlatifaさんの記事にお邪魔させていただきますね~♪

で、この映画ですが、
私も”もっと”を期待してたので、ちょっとなぁってところがありました。
意地悪がすごかったですもんね~・・・
途中あまりの酷さにイライラしてました(^_^;)
なので、その分もうちょっとスカッとぎゃふんと彼らを言わせてもらいたかったんですが、一応そう言うところはあったものの、私の怒りはあのくらいじゃ収まりませんでしたわ(笑)
latifaさんが書いてくださってるように、ラストに向かっての展開とかスッキリ感とか、物足りなかったですよね。

でも、コメントラストのところにlatifaさんが書いてくださってるところ、私も良かったなぁって思いましたし、女性同士の友情があったので救われました。
やっぱり持つべきものは友ですね^^
そうだよね~ (miyu)
2009-07-21 21:03:44
観ているだけでも、応援したくなるんだもん。
きっと応援すると思うなぁ~とあたしも思ってたけど、
でもやっぱり見ているだけだからこそ、
そうやって応援出来るものなのかもしれないなぁ~と
ちょっと思いました。実際、難しいのかもしれないけど、
でもやっぱり応援してあげたいよね!
miyuさんへ♪ (メル)
2009-07-22 08:45:08
そうでした、応援したくなるマルタでしたよね。
そのマルタを応援してくれてる女性たちをも応援したくなったし^^
でも、この村で、このように住んでいて、こういう状況だったら、なかなか難しいのかもしれませんよねぇ。
でも、あの男性陣のようにだけはならない自身がありますけど(^^ゞ
彼らはちょっと酷すぎ~。
もっとこてんぱんにぎゃふんと言わせて欲しかったですわ(^^ゞ

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
マルタのやさしい刺繍■小さな反乱と友情 (映画と出会う・世界が変わる)
めったに見ることの出来ないスイス映画。手作り感のあふれる作品。リアルな人物設定、美しい風景など魅力にあふれている。80歳になった女性マルタが長年の夢であったランジェリーショップを開く物語。これは一人の女性が夢を実現する物語というだけではなく、その彼女の友...
【マルタのやさしい刺繍】 (日々のつぶやき)
監督:ベティナ・オベルリ 出演:シュテファニー・グラーザ 「小さな村に住むマルタは夫に先立たれ生きる気力を失っていた。 牧師をしている息子や友人達が励ましてくれる中、ある日合唱団の旗の修繕を頼まれたことがきっかけでかつて夢見ていたランジェリーショップ
遅咲きの乙女たち~『マルタのやさしい刺繍』 (真紅のthinkingdays)
 DIE HERBSTZEITLOSEN  スイス・エメンタール地方の小さな村。最愛の夫を亡くして9か月、鬱々とした 毎日を過ごす80歳のマルタ(シュテフ...
マルタのやさしい刺繍 (  Art- Mill  )
マルタのやさしい刺繍HP http://www.alcine-terran.com/maruta/ 京都シネマで「マルタのやさしい刺繍」を観る。80歳を過ぎ、若い頃の夢だった「ランジェリーショップ」を開くために、周囲
マルタのやさしい刺繍 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
マルタのやさしい刺繍 [DVD]手仕事の国スイスらしい丁寧な佳作である。小さな村に住む80歳のマルタは友人たちと助け合って若き日の夢であったランジェリーの店を開くが、保守的な村で反発を買う。これはおばあちゃんが起こす小さな革命の物語だ。老人を描く作品だが、牧師...
~『マルタのやさしい刺繍』~ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2006年:スイス映画、ベティナ・オベルリ監督、シュテファニー・グラーザー主演。
『マルタのやさしい刺繍』 (2006)/スイス (NiceOne!!)
原題:DIEHERBSTZEITLOSEN/LATEBLOOMERS監督:ベティナ・オベルリ出演:シュテファニー・グラーザー、アンネマリー・デューリンガー、ハイジ=マリア・グレスナー、モニカ・グプサー、ハンスペーター・ミュラー=ドロサート鑑賞劇場 : シネスイッチ銀座公式サイトはこ....
マルタのやさしい刺繍 (Diarydiary!)
《マルタのやさしい刺繍》 2006年 スイス映画 -原題 - DIE HERBS
映画 【マルタのやさしい刺繍】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「マルタのやさしい刺繍」 女性監督ベティナ・オベルリによるハートウォーミングなスイス映画。 おはなし:スイスの谷間の小さな村に住むマルタは夫に先立たれ塞ぎこんでいた。ある日、知人から得意の裁縫仕事を頼まれた事をきっかけに創作意欲がわいてくるが...
マルタのやさしい刺繍 (Blossom)
マルタのやさしい刺繍 DIE HERBSTZEITLOSEN 監督 ベティナ・オベルリ 出演 シュテファニー・グラーザー ハイジ・マリア・グレスナー    ...
「マルタのやさしい刺繍」 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
タイトルから想像していた内容とはちょっと違った内容の映画でした^^ 3つ☆
マルタのやさしい刺繍 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『縫い残した未来が 輝きはじめる』  コチラの「マルタのやさしい刺繍」は、多くの公用語が存在し、映画がヒットしにくい国らしいスイスで、動員数No.1のヒットとなり、2007年アカデミー賞ではスイス代表になった、遅咲きの乙女たちが贈る最高にチャーミングなハー...
【映画】マルタのやさしい刺繍…スイスで老人な「フットルース」みたいなもの? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
すでに昨日の9月5日(土曜日)に観た「めちゃイケ」 サンミュージック所属の鳥居みゆきとカンニング竹山に対し岡村隆が… 「尿検査するぞ」 みたいな事言っていました…良いんですかねぇ (笑ったけど) …再放送の時は多分無音ですねこの部分 さて、以下は溜まった映...
マルタのやさしい刺繍(DVD) (ひるめし。)
縫い残した未来が輝きはじめる
『マルタのやさしい刺繍』 2009-No5 (映画館で観ましょ♪)
元気なおばあちゃん4人組み。 ほのぼのと。 でも力強くて。 ちいさなちいさな村におばあちゃんがオープンさせた下着屋さん...
映画評「マルタのやさしい刺繍」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2006年スイス映画 監督ベッティナ・オベルリ ネタバレあり