心の栄養♪映画と英語のジョーク

日々観た映画のレビューと英語のジョーク♪心の栄養いっぱいとってKeep smiling♡

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ゆれる」

2007-07-12 | 映画「や」行
ゆれる

バンダイビジュアル

このアイテムの詳細を見る

東京で写真家として成功し、自由奔放に生きる弟・猛(タケル、オダギリジョー)。母の
葬式にも顔を出さなかった彼は、その一周忌に久々に帰郷し、そこで父(伊武雅刀)と共に
ガソリンスタンドを経営する兄・稔(香川照之)と再会する。翌日、兄弟はガソリンスタンドで
働く幼なじみの智恵子(真木よう子)と3人で近くの渓谷に足をのばす。ところが、川に
架かる細い吊り橋で、智恵子が眼下の渓流へと落下してしまう・・・。



兄弟って難しいですね~。
まったくもって同じ性格、という兄弟はほとんどいないと思われますし
(私も弟とずいぶん違う性格してますし(^^ゞ)大体が高校生くらいまでは
一緒に暮らしていて、相手のことをよくわかっていたり、わかってるつもりでも
わかってない部分があったり、嫉妬したりされたり・・・。
他人に対してよりも 許せない部分というのが存在するものなのかも・・と
思いました。その反対に、誰よりも愛しいと思う部分も存在すると思いますし。

詳細をあまり描かず、見てるものにゆだねる・・とうところも多々あり、
それはそれで良かったかな、と思うところと、もうちょっと詳しく心理描写を
描いて欲しかったな、と言う部分とありました。
全体的にはとても良い映画で、ラストの余韻も見事でした。
これまでずっと「兄貴」と呼んでいたのに、ラストでは「お兄ちゃん」。
この違いに、ジーンとしました。

それに役者が素晴らしかったです!
大好きな香川照之はもちろんのこと^^(これぞ俳優!と言う感じでした♪)
オタギリジョーも、上手いなぁ~・・と今回はつくづく思いました。

みんなの「ゆれる」心が、いろいろなものを使って、そしてこの事件を通して
うま~く描いてある映画でした。
監督でこの映画の脚本も書いてる西川美和ってすごい!と思いました。
同じく監督・脚本の「蛇イチゴ」も見てみようかな^^


個人的お気に入り度3.5/5
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「うつくしい人生」 | トップ | why must we learn?(どうし... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (may)
2007-07-12 19:13:29
この映画はちょっと見てみたいな~と思っていました。
オダジョーは好きなんです♪
なんたって仮面ライダークウガの時からですから(笑)
香川照之さんは浜木綿子さんの息子さんですよね。
彼は年を重ねてからの方がいい役者さんになったなって思います。
救命救急24時やアンフェアなど印象的な役も多いですよね。
WOWOWでやってくれるまで待とう♪(笑)
mayさんへ♪ (メル)
2007-07-13 07:16:33
ふふ、そうだったんですね^^
オダギリジョー、主演ですから、そりゃもう
堪能できること間違いなしですよ~^^♪

クウガ・・懐かしいわ~
私も時々観てました♪

香川照之は、ずっとファンなんです~
今回、ちょっと年を重ねて、さらにいい味出して
ましたし、これまではそんなにお母さんに似てると
思って観たことなかったんですが(どっちかっていうと
お父さん猿之助に似てると思ってたんですが)、
今回はすごくお母さんに似てる!と思いました(顔)(^^ゞ

WOWOWで・・いいなぁ(いまだに観れない(^^;;) )
早くやってくれると良いですね♪
これも・・・ (こでまり)
2007-07-13 10:05:04
見たんですけど、感想が書きづらくて草稿のまま放ってあるものの一つです
セリフもそう多くなく、見るものに委ねる・・・というのが、私にはちょっと苦手なパターンで・・・

二人の役者さんは良かったですね!
見た目もあまりにも違う兄弟だけれど、それが性格にも出ていて・・・
二人の演技を見るだけでも価値があると思いました。
弟。 (らいおん)
2007-07-13 11:16:59
弟がいる僕は、何だか2人の微妙な気持ちがわかるような気がしました。
女性の監督が男兄弟の気持ちを描いていたことにビックリしたのを覚えています。
こでまりさんへ♪ (メル)
2007-07-13 18:32:10
そうですか~^^でも、それもわかる気がする^^
観てるこちらにゆだねる・・でしたもんね~
私も書きかけでほったらかしてる感想がけっこうあったりします(^^;;)
別に面白くなっかったと言うわけではなくて
書きにくいって言う映画もあるし、あまりにも
つまらん!と思って(笑)書かなかったのもあるし(^^ゞ
あまりにも「普通」過ぎて書けなかったのもあるし(=^_^=) ヘヘヘ

でも、こでまりさんもそういうのがそこそこあるというのを知ってなんだか嬉しいです

>二人の役者さんは良かったですね!
ほんとそうでしたね~♪
似てなさ過ぎ、って思ったけど(^^ゞ2人とも
見事に心情を表すような演技をしてましたよね。
さすが~、って思いました♪

コメント、どうもありがとうございました
らいおんさんへ♪ (メル)
2007-07-13 18:37:20
そうですか、弟さんがいらっしゃるんですね。
兄弟って微妙ですよね~。同性の姉妹がいないので
想像ですが、そう思います。
異性の弟ですら、私は微妙な感情を抱きましたもん(^^ゞ
嫉妬もしたし、ほんとにくったらしかったりもしたし、今では異性ということもあり、それなりに何でも話せるし、頼りにもしてたりするんですが^^


>女性の監督が男兄弟の気持ちを描いていたことにビックリしたのを覚えています。

ほんと、私もビックリでした。
女性がこの監督って事でも驚いたし、脚本まで
書いてらっしゃったので、二度ビックリでした。
想像力とか考える力が人一倍ある方なんだなぁ、と
感心しました。

コメント、どうもありがとうございました
コメ&TBさんきゅーです♪^^ (髭ダルマLOVE)
2008-06-03 14:39:28
この作品、ほーーんとに感想書きづらかったです(汗)
なんか、言葉で書いてしまうとめっちゃくちゃ陳腐になっちゃうんですね。あ、ボキャブラリーが少ないだけですか??(笑)

>「お兄ちゃん」
そうそう!イイ歳した大人が、子供みたいに「お兄ちゃん」って言うんですよね〜。あの瞬間、お母さんが残してくれていた子供時代の兄弟に戻れたんですね〜。
髭ダルマLOVEさんへ♪ (メル)
2008-06-04 08:04:25
そうそう、感想は書きにくかったです~。
時々、ものすっごく感想が書きにくい、うまく言葉で
表現できないという映画に出会いますよね~。
あまりにも難しいとパスしてしまってます、わたし(^^;;)
わたしは髭ダルマさんよりももっともっとボキャが
少ないので、なんでこう同じような感想になっちゃうかな~?と自分で自分が悲しいときが多々あります(^^;;)

ラストの「お兄ちゃん」は良かったですよね~。
あ~・・これで何かが吹っ切れた、変わったんだ、それもいい方に・・と思える言葉でしたもんね。
余韻もあったし、自分で今自分の記事を読んでて
あれ?☆3つか~・・もうちょっとつけておくべきだったな、なんて思ってます(^^;;)
時々昔の記事を読んだり、昔見た映画を思い出して
自分の記事に行って見たりすると、あれ?☆の数がおかしくない?って思うことがままあります(^^ゞ

TB&コメント、どうもありがとうございました~
こんばんは (なな)
2008-09-13 23:06:28
オダジョーは好みではないのですが(お顔ね)
演技は上手いひとだなぁ,とつくづく感心しましたね。
香川さんとほとんど互角に頑張っていましたね。
・・・そりゃ,香川さんにはちょっと及ばなかったけど。

兄貴という呼び名が「お兄ちゃん」に変化・・・・
おお~気がつかなかったわ!
幼いころの,信頼し合っていた頃に戻りたい,という心が
そう呼ばせたのかな~
いろんな解釈ができる作品は,歯切れは悪いのですが
悶々と考えるのもまた映画鑑賞後の楽しみの一つでもあります。
ななさんへ♪ (メル)
2008-09-14 16:18:59
ほんと、この映画を見てオダギリジョーを見直した
私です。この後はどの映画を見ても彼は素敵、って
思えるようになりました^^
香川さんは勿論上手かったですが(ファンとしては
やはり彼を褒めたい(=^_^=) ヘヘ)。
でも、この2人だったからこそこの映画の
良さが出ていたと思えるほど、2人はピッタリでしたし、とってもいい作品に仕上がってますよね~。

>幼いころの,信頼し合っていた頃に戻りたい,という心が
そう呼ばせたのかな~

そうじゃないかなぁ~・・と思いました。
何も考えず、素直な気持ちで兄弟をやってたころ・・
そういうときもあったんですもんね~。

>いろんな解釈ができる作品は,歯切れは悪いのですが
悶々と考えるのもまた映画鑑賞後の楽しみの一つでもあります。

そうですね。
何もかもがはっきりするってことだけが良い映画じゃ
ないですもんね。これは見てる私たちの心もゆれたわけで、そういう私たちが解釈するっていう風にも
なっていたのかな、と思います。
余韻も素晴らしかったし、優れた邦画ですよね~。

こんにちは~♪ (由香)
2010-01-05 13:44:16
お邪魔します♪

私も蛇イチゴが未見なので観てみたいです♪

ゆれる―かなり好みでした。
オダギリさんと香川さんの演技が良かったわ~
脚本も素晴らしかったと思います。
原作もあるようなので是非読んでみたいです!
それにしてもオダギリさん、、、セクシーだったわん、、、えへへ
由香さんへ♪ (メル)
2010-01-06 09:01:51
由香さん、こんにちは☆^^

蛇イチゴ、なかなか良かったですよ~♪
でも、この映画の方が上だったかなぁって思います(^^ゞ

この映画でのオダギリジョーと香川さん、本当に素晴らしい演技でしたよね。
そうそう、脚本も良かった!
主演二人の演技も堪能出来て、物語にも引き込まれて、本当に良くできた作品だなぁって思います。
邦画で再見したいもののトップです♪
・・といいつつ、なかなか再見出来ないんですけど(^_^;)
今年はもうちょっと時間の使い方を巧くして、自由時間がもっと出来ればなぁって思っています♪^^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

7 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
真木よう子 水着 関連最新情報 (真木よう子 画像・動画 最新情報ブログ)
ホームドラマ! 第一話宮本大誠、佐野史郎、宇梶剛士、石橋けい、大塚良重、木村多江...
脳内メーカーによるオダギリジョーの脳内イメージ (脳内メーカーによる脳内イメージ付き芸能ニュース)
脳内メーカーによるオダギリジョーの脳内イメージを見て見ましょう。オダギリジョーといえば2年前に結婚直前といわれた水野美紀との熱愛が思い出されますが、それ以来となる熱愛の噂が先日週刊誌に掲載されていました。オダギリジョーとの熱愛のお相手は西川美和監督。西...
ゆれる (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『あの橋を渡るまでは、兄弟でした。』  コチラの「ゆれる」は、7/8公開になったオダギリジョー主演の家族ドラマの要素が強いミステリー映画です。オダジョーに香川照之と新井浩文といった実力派のキャストで、見応えもありました。またオダジョーの演技の幅が、広...
ゆれる (徒然映画日記。)
ゆれる おすすめ度{/star/}{/star/}{/star/}{/star/} 製作:2006年 日本 製作:熊谷喜一 監督・脚本:西川美和 出演:オダギリジョー  香川照之  伊武雅刀 早川 勇 新井浩文  真木よう子 キャッチコピー:あの橋を渡るまでは、兄弟でした。 やっと観ました。...
ゆれる (虎猫の気まぐれシネマ日記)
あの橋を渡るまでは 兄弟でした・・・・。 鑑賞中,何度も鳥肌がたった。香川照之と,オダギリジョーの,息詰まるような演技バトル。作品中に描かれる,人間の心の中に秘められた深い謎と闇。・・・・間違いなく,これまで観た中でも最高と思える邦画のひとつ。 あらすじ...
ゆれる (★YUKAの気ままな有閑日記★)
      ~明けましておめでとうございます              今年も宜しくお願いします~今年最初の記事は、年とは何の関係もないコチラです―レンタルで鑑賞―【story】東京でカメラマンとして成功している猛(オダギリジョー)は、母の一周忌で帰省する...
「ゆれる」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
なんとなーーく、邦画のレビューが続いてるひらりん。 本作は、鶴瓶主演の「ディアドクター」も評判の良かった西川美和監督作。 もちろんこの作品の評判も耳にはしてましたが、 兄弟ドラマはあまり興味なかったので敬遠してました。