心の栄養♪映画と英語のジョーク

日々観た映画のレビューと英語のジョーク♪心の栄養いっぱいとってKeep smiling♡

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「スラムドッグ$ミリオネア」

2009-11-09 | 映画「さ」行
インドの国民的人気番組“クイズ$ミリオネア”。この日、ムンバイ出身の青年ジャマール
(デヴ・パテル)が、次々と難問をクリアし、ついに残り1問までやって来た。ところが、
1日目の収録が終わりスタジオを後にしようとしたジャマールは、イカサマの容疑で警察に
逮捕されてしまう。スラム育ちの孤児でまともな教育を受けたこともないジャマールが
クイズを勝ち抜けるわけがないと決めつけ、執拗な尋問と拷問を繰り返す警察。ジャマールは
自らの無実を証明するため、これまでに出された問題の答えは、すべてストリートで生きながら
学んだと語り始めるのだった・・。



最初はどうなることかと思うくらいの酷い拷問のシーンがあったので、
これは・・・?!と思ったんですが、次々と展開があり、こういう構成も
面白いなぁって思いました。彼がその拷問のとき、その後の取り調べのときに、
過去のことを様々思い出しながら、その時々にあったこと、体験した事を
話す・・彼には兄がいて、その兄との兄弟愛、彼の思いを寄せる
女の子-少女―女性との純愛があり、子供時代に会った他の子供との
再会・・様々な出来事をテンポ良く見せてくれました。

子供時代に遭った事件・・ここも重要でした。彼ら兄弟が住んでたスラム。
そして彼らはイスラム教徒だった。この時代におこったムスリムとヒンドゥの
争いがしっかりこの物語にも描かれていて、そこからこの兄弟の旅が
始まった・・。でも、その事件の前のお話も面白く、子供たちが走り回る
シーンでは、素晴らしい躍動感が感じられました。この映画、全体的に
こういう躍動感があるんですよね~。そこがとても好きでした。

ジャマールが愛し続けたラティカ。それが根底にあって物語りが進んで行く
感じでしたが、そこよりも、兄弟愛の部分と、ドル紙幣のエピソードの部分に
一番グッときちゃいました。

物語としては夢のような物語で、途中ワンシーン(?)空想のシーンも
入っていたので、これはもしかして全部空想なのか?なんて思った時も
ありました。ある種ファンタジー。
でも、運命・・そしてこの奇跡に拍手を送りたくなりました。
これまでジャマールはいつも“愛”を選んで生きてきて、それがこの
“運命”に繋がったんだろうなぁ。

全体的に躍動感を感じたと書きましたが、それだけじゃなくて、ピッタリの
音楽とも相まって、凄いパワーも感じる作品でした。
今のインドを表してるのかも。
ラストのダンスもインドらしいというか、妙に気持ちが盛り上がりました。

なんだか久々にダニー・ボイル監督らしいというか、彼の素晴らしい映画を
見せてもらったなぁと思いました。

個人的お気に入り度4/5

スラムドッグ$ミリオネア [DVD]

メディアファクトリー

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (69)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ツイスター2008」 | トップ | 「39 刑法第三十九条」 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ファイナルアンサ~?? (ヒロ之)
2009-11-09 20:32:37
もっと重苦しい作品なのかと思っていましたが、所々でユーモアもあり、観易い作品になっていたのが良かったと思います。

ダニー・ボイル作品は音楽の使い方が凄く良いので好きなんですよね~。

所でメルさんはエンドロールでの踊り・・・
有りですか??

私は、それまでの雰囲気ぶち壊しているような気がして余り好きじゃないんですが・・・^^;
お金のバスタブ (de-nory)
2009-11-09 21:22:13
メルさん。こんにちは。

さすがアカデミー賞作品賞の映画ですね。
お兄ちゃんが好きでした。

お金のバスタブ。
なんだか、寂しくもあり。夢だったんでしょうね。
金も大切だったのでしょうが、それ以上に弟を大切に思っていたことがよく分かります。
生きるパワー!! (ちゃぴちゃぴ)
2009-11-09 21:39:24
コンバンワァッ ヾ(≧∇≦)〃
エネルギッシュでしたねぇ。
躍動感とかパワーとかそういうものが、端々に感じられました。
展開とか音楽とかも効果的だったんでしょうね。
日本人がもう失ったであろうとも思われる「生きていく」強さみたいなものがあるような…。そりゃ、盗みもするし悪いこともしてるんですけど。
子供時代の屈託のない笑顔には、力だなぁって思う。
兄弟の対比も、よくできていたんじゃないかなぁ。小さいときから、何気に性格の違いは、出されてましたしね。でも、お兄ちゃんは、弟のことを愛してたんだなぁって思いました。
ジャマールくんも、少年から大人の男に見えてきたのは、びっくりしたわん。
インド式なエンディングは、妙に私も気に入っています。
愛、でしたね~ (はるはる)
2009-11-09 23:23:34
あんなにひどい少年時代を過ごしたのに、ジャマール君は本当にいい子に育ちましたよね~。自分の人生は自分で切り開く!という信条だけど、へんにギラギラしていないところが彼の魅力で(兄と対照的)、誰もが彼を応援したくなりますよね。人生まんざらでもないよな~と思える映画で、私は大好き。ラストのダンスシーンで、我慢していた涙がドバーっと出ました~。

ジャマール君に限らず、監督は登場人物全てに限りない愛を降り注いでましたよね。監督の人間性に触れて、改めていい人だよなぁ‥としみじみ。
こんばんは (デイヴィッド・ギルモア)
2009-11-10 02:22:07
そうですね、この映画では構成が見事でしたよね。ジャマールの少年時代、警察での取調べ、TV番組の収録、この3つの時間軸を交錯させながら、物語が進行していく。そのストーリー・テリングは巧みで、さすがオスカー受賞だなあと、思いました。特に編集賞受賞は、十分納得の出来るものでした。
それと、この映画には躍動感があふれていましたね。スラム街で子どもたちが走り回るシーンは、カメラワークがすごかったです。
やはり、世界経済が低迷しているときに、発展途上国のインドに、観客は生のパワーや希望の光を見出したのでしょうね。
ヒロ之さんへ♪ (メル)
2009-11-10 08:30:08
ヒロ之さん、こんにちは☆^^

ほんと、私ももっと重めのお話なのかな~・・って思ってたんですが、思いの外見やすい作品になっていて、へぇ~!でした。
最初の拷問のあたりは、えぇ?こんなことでこんな風に拷問しちゃうわけ~?と、その後の展開が読めなくてドキドキしちゃいましたが、ホッとしました^^

そうそう、仰る通りダニー・ボイルの作品は音楽が良いですよね。
今回もご多分に漏れず・・で満足でした♪

エンドロールの踊り、わたし的にはありでした~(*^^)
あれが始まって、おぉ~こうでなくっちゃねぇ~、なんて思っちゃった1人です(^_^;)
でも、あれで、がくぅ~~~っとする気持ちもわかります。

インド映画じゃないけど、舞台がインドだったので、やっぱり踊りかな~とか、
全体的に夢物語のようなお話だったし
シリアスばかりでもなく、ファンタジーっぽいところも内容的にはあったので、あれもありかな~って思いました。
それまでのことをいろいろ思い出しつつ、良かったなぁ~・・なんて思ったのでしたσ(^◇^
de-noryさんへ♪ (メル)
2009-11-10 08:40:21
de-noryさん、こちらにもお越し頂き
ありがとうございます♪^^

そう、あのお兄ちゃん、良かったですよね~・・。
こういう環境じゃなかったら・・とか
いろいろ考えちゃいました。
バスタブのお金の山・・仰る通り彼の
夢だったんでしょうね。
せめて最期だけでも・・と。
でも、基本は弟思いの優しい気持ちからですもんね。
悲しくて切なくて、なんだか堪らない気持ちになりました。

その他諸々、たくさん見どころがあった映画で満足しました♪
おおっ、評価高いですね~ (小米花)
2009-11-10 11:04:32
メルさんは楽しめたのですね!!
私は、ちょっと引けてしまいました。

あの番組、日本での司会者がダメなので(汗)、
ちょっと損したな~って思ってます。

最後の踊り、後から考えたら楽しめばよかったのですが、ちょっとダメでした(笑)。

期待ハズレの結果に終わってしまった作品でした...(涙)。
ちゃぴちゃぴさんへ♪ (メル)
2009-11-10 15:45:55
ちゃぴちゃぴさん、こんにちは☆^^

そうなんですよ~、この映画には躍動感とパワーが感じられて、ぐいぐい引き込まれていくような感じがしました。
期待度マックスだったので^^その期待の割には・・と思ったところもないではなかったんですが(回りくどい!笑)
ちゃぴちゃぴさんが書いてくださってる
子供たちの生きるための力が、そして愛が力強く描かれていましたよね~。

そう、それと兄弟愛ですよね~。
途中あの悪の組織から抜け出すところとか、あのラストとか、兄は本当に弟を愛していたんだって思いました。
いろんなところに愛が溢れる映画でしたよね。

ちゃぴちゃぴさんもあのエンディングは
妙にお好きだったんですね^^
私も~(*^^)v
およ?って思ったけど、そうでなくっちゃ~!となんだか嬉しいエンディングでした♪妙に惹かれましたです(*^^)
はるはるさんへ♪ (メル)
2009-11-10 17:46:25
はるはるさん、こんばんは☆^^

ほんと、愛に満ちてましたねぇ~♪
結局ジャマールがこういう結末(といってもまだまだ未来はあるわけですが)を迎えたのも、愛があったから、ずっと愛を求めて、そっちの方向へいったから・・ですもんね。
はるはるさんが書いてくださってるように、ギラギラしたところのない愛と力強さと、生きて行くたくましさを備えた彼でしたよね。
その他諸々、たくさんの愛が感じられましたが、監督さんの愛もありましたね~。
良い人なんだろうなぁ~って思いました。それに久々に同監督の良い映画を見たなぁって嬉しくなりました♪

そうでしたか、ラストのあのダンスで
我慢していた涙が・・
でも、その気持ちわかります。
私もあそこで弾けちゃって、うわぁ~という妙な感動、妙な嬉しさが感じられて大好きでした♪
デイヴィッド・ギルモアさんへ♪ (メル)
2009-11-10 19:08:00
デイヴィッド・ギルモアさん、こんばんは~☆^^

ほんと、上手い構成でしたよね。
最初はどうなることか?って思ったんですが、徐々にいろいろが明らかになって・・という構成、好きでした。
あ、そうか、すっかり忘れてたけど(^_^;)構成でもオスカーを取ったんでしたね(^^ゞ さすがでした♪

でも、一番はやはり躍動感だったかなぁ~って思います。
このパワー、凄かったですよね。
めざましく発展してるインドの力を感じました。
ギルモアさんが書いてらっしゃるように
あの走り回る子供たちのシーンがとても良かったですし、カメラワークが上手かったです。
子供時代の彼らを描いた部分が一番好きだったかも。それとラストのダンスも賛否両論あるみたいですが、妙に好きでしたわ(^ー^* )フフ♪
Unknown ()
2009-11-11 06:18:41
自分は、この映画、好きですねー。
なんて清々しいんだろう・・・
っていうのが感想です。
こういった時代だから、こういう映画にも価値があるんですよね。

もう、DVDになってるんですか。
大好きな映画なので、買わないとね。
小米花さんへ♪ (メル)
2009-11-11 09:33:55
小米花さん、こんにちは♪^^

そうですね、最初のあの拷問のシーンを見てるときは、こんなことで拷問?と、私も引けちゃったんですが、その後の展開を見ているうちに惹き付けられました。
途中も、あの幼児虐待組織?に連れ去られたときは、「闇の子供たち」を思い出して、ちょっと辛かったですが、まるで夢のような、ある種ファンタジーのような展開で、その後どんどんいろんなことが起きたので、身につまされる感じがあまりしないで、さら~っと見れた感じでした。

そうそう、この番組のシーンを見れば
必ずあの方を思い出してしまいますもんね~(^_^;)
私、はっきりいって彼のことは大嫌いです!(断言しちゃいますf(^ー^;)
そのあたりはマイナスですよね。

エンディングのダンスは、なんか見ながらうつうつとしてたところを吹き飛ばしてくれるようで、あれがあって良かったなぁって思っちゃいましたσ(^◇^;)
亮さんへ♪ (メル)
2009-11-11 10:53:53
亮さん、こんにちは~☆^^

そうそう、重く捉えるとすごく重い映画になると思うんですが、清々しさすら私も感じました。
音楽もとても良かったし、それがこの高揚感というか躍動感を作り出してた一つの要因かな~って思いました。

そう、もうDVDになってるんです(笑)
レンタルで見たので、セルの方には
きっと入ってるだろう特典映像も見たいし、私も欲しいです♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

69 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
スラムドッグ$ミリオネア ▲52 (レザボアCATs)
もはや取り立てて説明する必要もないでしょう、今年のアカデミー主要受賞作。作品賞、監督賞(ダニー・ボイル)、その他最多8部門受賞。livedoorブロガー試写会、ギャガ試写室@六本木ミッドタウンタワーで見て来ました~!
スラムドック$ミリオネア (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  今年のアカデミー賞、最多の8部門受賞作品。待ちに待った公開初日。日比谷シャンテにて、満席状態の中鑑賞。パワフル。カラフル。インドならではのスパイスが効いた超ド級のエンターテインメントでした。監督のダニー・ボイルには“鬼才”と...
スラムドッグ$ミリオネア / SLUMDOG MILLIONAIRE (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 欲しかったのはお金じゃない 無欲でピュアな青年の物語{/hikari_blue/} アカデミー賞 作品賞、監督賞、脚色賞、撮影賞、編集賞、録音賞、作曲賞、主題歌賞8...
スラムドッグ$ミリオネア (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。英題:SLUMDOG MILLIONAIRE。ダニー・ボイル監督、デヴ・パテル、フリーダ・ピント、マドゥール・ミッタル、イルファン・カーン、アニル・カプール。邦題の$は米ドル、映画はインドルピーなのでもとより米ドルは関係ない。関係あるとしたらアメリカでの興行成...
『スラムドッグ$ミリオネア』 (ラムの大通り)
(原題:Slumdog Millionair) ※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。危険です。 でも言いたいです。鑑賞ご予定の方は、その後でお願いします。m(_ _)m 「某映画評論家氏の決めゼリフを借りれば 『これ、観なさい!』と、それだけ言って終わらせた...
映画「スラムドッグ$ミリオネア」@GAGA試写室 (masalaの辛口映画館)
スラムドッグ$ミリオネア 映画の話テレビ番組「クイズ$ミリオネア」に出演し、賞金を獲得したジャマール(デヴ・パテル)だったが、インドのスラム街で育った少年が正解を知るはずがないと不正を疑われ逮捕される。ジャマールになぜこれほどの知識があり、この番組に出....
スラムドッグ$ミリオネア (★YUKAの気ままな有閑日記★)
第81回アカデミー賞≪作品賞≫≪監督賞≫≪脚色賞≫など8部門受賞作品―【story】TV番組「クイズ$ミリオネア」に出演したジャマール(デヴ・パテル)は、あと1問正解を出せば番組最高額の賞金を勝ち取るところまできていた。だが、インドのスラム街で育った少年が正解を...
スラムドッグ$ミリオネア (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『駆け抜けたその道に、 夢とヒントが落ちていた─。』  コチラの「スラムドッグ$ミリオネア」は、世界が選んだ今年”最高”の一本!!第81回アカデミー賞で、今年度最多となる8部門の受賞をした4/18公開の大河ロマンスなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪今...
スラムドッグ$ミリオネア (rambling rose)
鑑賞予告していた「スラムドッグ¥みのもんた」観て来たよ~!
スラムドッグ$ミリオネア/デヴ・パテル (カノンな日々)
この映画の事を知っただいぶ前から観るのをスゴク楽しみにしていたんですが、世間的にはアカデミー賞受賞でかなり話題作になっちゃいましたね。映画鑑賞前の情報入手はほどほどにしておきたいんのに、おかげでTV番組で紹介されることも多くってネタバレ避けるのに苦労しち...
スラムドッグ$ミリオネア (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★[4/5] 幼少期で生き抜く術を身に付けた兄弟の力強さに脱帽した
スラムドッグ$ミリオネア (そーれりぽーと)
今年一番の注目作『スラムドッグ$ミリオネア』を観てきました。 ★★★★★ 興奮と感動がおさまらない。 急激な成長を遂げ、貧困と富が混沌とするインドが舞台。 本物のスラム街を駆け回る少年たち。 ドキュメンタリータッチでは撮っていないのに、まるでドキュメンタ...
ファイナルダンサー!~『スラムドッグ$ミリオネア』 (真紅のthinkingdays)
 SLUMDOG MILLIONAIRE  "Who Wants To Be A Millionaire?"  2006年、インド・ムンバイ。スラム育ちの青年ジャマール(デーヴ・パテル)は 人気クイ...
「スラムドッグ$ミリオネア」 (古今東西座)
タイトルからして一獲千金の映画かと思っていたが、実は強烈に一途な愛の物語だった。『クイズ$ミリオネア』で大金を掴もうとしているジャマール・マリク(デーヴ・パテル)であったが、スラム出身でまともな教育を受けていない彼がこれ程正解できるはずがないとイカサマ...
「スラムドッグ$ミリオネア」 (てんびんthe LIFE)
「スラムドッグ$ミリオネア」TOHOシネマズ六本木ヒルズで鑑賞 映画の日ですから…。 7スクリーンもほぼ満員。 ベンジャミンをあれだき引き離して各賞かっさらっていった作品でうから一応みないと話にならない。 賞を取る前ってたしか、シャンテの短観上映の予定だ...
♯22 「スラムドッグ$ミリオネア」 (cocowacoco)
映画 「スラムドッグ$ミリオネア」 SLUMDOG MILLIONAIRE を観ました         ダニー・ボイル監督 2008年 イギリス/アメリカ 『スラムの負け犬』ジャマールの成功譚。 幸せには富みも必要だが、そこに愛がなければいけない。 必死に生きてきた、ジャマー...
『スラムドッグ$ミリオネア』 ('09初鑑賞52・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (5段階評価で 5) 4月30日(木) TOHOシネマズ西宮OS スクリーン9にて 15:00の回を鑑賞。
スラムドッグ$ミリオネア (めでぃあみっくす)
運命とは神様が書いた粋な脚本。これはこの映画の内容だけでなく、この映画そのものにも当てはまるような気がしました。 第81回アカデミー賞で作品賞や監督賞を始め最多8部門を獲得したこの作品は、まさにボリウッドが世界的地位を確立したこの時代だからこその傑作であ...
スラムドッグ$ミリオネア (銀幕大帝α)
SLUMDOG MILLIONAIRE/08年/英・米/120分/劇場公開 監督:ダニー・ボイル 出演:デヴ・パテル、マドゥル・ミッタル、フリーダ・ピント、アニル・カプール <ストーリー> クイズ番組で賞金獲得まで残り1問となったスラム育ちの青年の、正解に至るまでの?秘密″...
[映画『スラムドッグ$ミリオネア』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・あああ、これは素晴らしい作品であった^^;  私は、アカデミー賞なんてのは、『オーストラリア』(←これはこれで楽しい^^)みたいな「お祭り作品」に与えられるものとばかり考えていたのだが、この作品は、主人公がTV番組『ミリオネア』と言う番組に出演...
スラムドッグ$ミリオネア (勝手に映画評)
2009年第81回アカデミー賞最多8部門(作品賞、監督賞(ダニー・ボイル)、脚色賞、撮影賞、編集賞、作曲賞、主題歌賞)受賞。 そのタイトルから判るように、イギリス発祥の『Who Wants to Be a Millionaire?』(日本でのタイトル「クイズ$ミリオネア」)と言うクイズ番組...
スラムドッグ$ミリオネア (to Heart)
運じゃなく、運命だった。 製作年度 2008年 製作国 イギリス/アメリカ 上映時間 120分 映倫 PG-12 原作 ヴィカス・スワラップ 『ぼくと1ルピーの神様』(ランダムハウス講談社刊) 監督 ダニー・ボイル 音楽 A・R・ラーマン 出演 デヴ・パテル/マドゥル・ミッタル...
「スラムドッグ$ミリオネア」ベタだけど許せてしまう力技 (ももたろうサブライ)
監督 ダニー・ボイルインド映画と言えば、20年以上前に「ミュージカル女優」という作品を観たことがある。当時、インド映画で最も有名なのはサタジット・レイという監督だったのだけど、レイはいわばインドの溝口健二のような人で、その頃世界最大の映画産業と言われた...
スラムドッグ$ミリオネア (墨映画(BOKUEIGA))
「兄は金を、弟は人を愛した。」 主人公のジャマールより、スラム生活の中、どんどん犯罪に手を染めてゆくお兄ちゃんの同行の方が、気になった。 従って、墨画もお兄ちゃん。 ここからネタばれあり。マウス・ドラックで読んで! ⇒貧困の中、弟と一緒。彼にはた...
スラムドッグ$ミリオネア (晴れたらいいね~)
はりきって観てきましたぁ~!アカデミー賞8部門受賞作品。舞台は、インドから離れることはなかった。クイズミリオネアという番組は、ワールドワイドなクイズ番組ですね。音楽も一緒だし。考えた人は、かなりもうけてますね。なんと80カ国以上で放映されているそ...
「スラムドッグ$ミリオネア」:青山一丁目駅前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}このあたりも、秋にはスラムのように枯葉の吹きだまりになることを人は知らない・・・。 {/hiyo_en2/}知ってるけど。 {/kaeru_en4/}その枯葉がみんなお札だったらいいなあと俺が思っていることを人は知らない・・・。 {/hiyo_en2/}そりゃ、私だっていいと思...
『スラムドッグ$ミリオネア』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
今年のアカデミー賞で演技部門以外の賞を総なめにしていた『スラムドッグ$ミリオネア』。惹きこまれる魅力を持っている作品でした。 ******************** 『トレインスポッティング』『28日後...』のダニー・ボイル監督が、インドを舞台に撮り上げたバイタリティ...
スラムドッグ$ミリオネア 圧倒的なパワーとうんち!? (労組書記長社労士のブログ)
【 24 -7-】 草薙くん、やっちゃったねえ{/m_0211/} しかし飲酒量{/m_0053/}を酒気帯び運転{/m_0033/}の基準と比較するのって無意味だと思うし、なんで家宅捜査までされるんよ、おかしいやん{/m_0152/} それに『鳩山邦夫総務相(60)は「最低の人間だ!」と大激怒』って、あ...
スラムドッグ$ミリオネア (悠雅的生活)
インドの現実。疾走。三銃士。
スラムドッグ$ミリオネア [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:SLUMDOG MILLIONAIRE公開:2009/04/18製作国:イギリス/アメリカ PG-12上映時間:120分鑑賞日:2009/04/18監督:ダニー・ボイル出演:デヴ・パテル、マドゥル・ミッタル、フリーダ・ピント、アニル・カプール、イルファン・カーン運じゃなく、運命だった。+あらす...
最後に彼が手にしたモノは・・・。『スラムドッグ$ミリオネア』 (水曜日のシネマ日記)
テレビ番組「クイズ$ミリオネア」に出演した一人の青年の物語です。
スラムドッグ$ミリオネア (Art- Mill)
http://slumdog.gyao.jp/ 英語名で「ボンベイ」と呼ばれていた街は、1995年に、現地語(マラーティー語)での名称にもとづく「ムンバイ」へと公式に変更された。インド最大の街であり、周
スラムドッグ$ミリオネア (ダイターンクラッシュ!!)
2009年4月19日(日) 20:50~ TOHOシネマズ川崎7 料金:1200円(レイトショー) パンフレット:未確認 『スラムドッグ$ミリオネア』公式サイト 「ファイナル・アンサー」な司会者がみのもんた同様に感じ悪い、スラム出身の小僧の一攫千金なアカデミー賞受賞作。 ...
スラムドッグ$ミリオネア・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
1900万人がひしめき合う、インドのムンバイを舞台に、スラム育ちの無学の青年が、巨額の賞金が懸かるクイズ番組に挑戦する、ダニー・ボ...
映画レビュー「スラムドッグ$ミリオネア」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
スラムドッグ$ミリオネア [DVD]◆プチレビュー◆インドを駆け抜ける夢物語は、残酷さとユーモアと愛のカオスだ。オスカー8冠の話題作。 【95点】 スラム出身の青年ジャマールは「クイズ・ミリオネア」に出演。全問正解を目前に、不正を疑われ逮捕されてしまう。無学の...
クイズミリオネアって… (美容師は見た…)
   どこかの国のクイズ番組をパクっ…    てたんですねヾ(゜∇゜*)ヒトギキワルイワ   聴きなれた効果音に四択問題。   入りやすかったです。   みのさんにも大金払って、   全問正解者にも大金払って。   収録は相当時間がかかるようで…大変な...
映画「スラムドッグ$ミリオネア」を採点 ※一部ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画「スラムドッグ$ミリオネア(Slumdog Millionaire)」を1観て来ました。採点は★★★★☆(5点満点中4点)です。90点でも良いくらい。 何と言っても“読後感が良い”。自分が置かれた過酷な現実を正面から受け止め、少年少女たちが生き生きと成長していく様がドキ...
サラーム・ムンバイ!! (宇宙のめいぐると)
「スラムドッグ$ミリオネア」
「スラムドッグ$ミリオネア」(SLUMDOG MILLIONAIRE) (シネマ・ワンダーランド)
「トレインスポッティング」や「28日後…」などの作品で知られる英国出身のダニー・ボイル監督が、インドを舞台にして撮った社会派ヒューマン・ドラマ「スラムドッグ$ミリオネア」(2008年、英米、120分、)。この映画はインドのTV番組「クイズ$ミリオネア」...
★「スラムドッグ$ミリオネア」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みはららぽーと横浜で2本。 オスカー8冠の作品を見逃すわけにはいかないでしょう・・・ でも、平日だけどもっと混んでるかと思ったら、そうでもなかったね。 広いスクリーンだったけど、1本目の「マックス・ペイン」と同等の入りかなっ。
スラムドッグ$ミリオネア (映画君の毎日)
//ストーリー//テレビ番組「クイズ$ミリオネア」に出演し、賞金を獲得したジャマール(デヴ・パテル)だったが、インドのスラム街で育った少年が正解を知るはずがないと不正を疑われ逮捕される。ジャマールになぜこれほどの知識があり、この番組に出演するに至ったのか。...
スラムドッグ$ミリオネア (2008) SLUMDOG MILLIONAIRE 120分 (極私的映画論+α)
 主人公はもちろんインドです。
スラムドッグ$ミリオネア (Memoirs_of_dai)
ファイナルのアンサー後の感動と蛇足 【Story】 テレビ番組「クイズ$ミリオネア」に出演し、賞金を獲得したジャマール(デヴ・パテル)だ...
スラムドッグ$ミリオネア~Jai ho!~ (愛情いっぱい!家族ブロ!)
いんや~ ”これぞ映画”って感じですんごくよかったです。 ダイナミズムってやつですかね。 ほとばしり感、疾走感がハンパじゃないっす!
「スラムドッグ$ミリオネア」 (或る日の出来事)
彼が彼女の顔に唇を触れた瞬間、この映画に対する私の評価は上がった。 そうだ! きっと私も、必ず、そうする! まず、はじめは、彼女の唇...
スラムドッグ$ミリオネア☆★SLUMDOG MILLIONAIRE (銅版画制作の日々)
  運じゃなく、運命だった。 4月20日、MOVX京都にて鑑賞。待ち焦がれていた本作「スラムドッグ$ミリオネア」をようやく鑑賞しました。 第81回アカデミー賞最多8部門受賞という驚異的な受賞とあって、MOVX京都も大勢のお客さんでした。しかも、MOVXディというこ...
スラムドッグ$ミリオネア (こんな映画見ました~)
『スラムドッグ$ミリオネア』 ---SLUMDOG MILLIONAIRE--- 2008年(イギリス/アメリカ) 監督:ダニー・ボイル 出演: デヴ・パテル、マドゥル・ミッタル、フリーダ・ピント インドの国民的人気番組“クイズ$ミリオネア”。 この日、ムンバイ出身の青年ジャマ...
スラムドッグ$ミリオネア(映画館) (ひるめし。)
運じゃなく、運命だった。
【スラムドッグ$ミリオネア】 (日々のつぶやき)
監督:ダニー・ボイル 出演:デーブ・パテール、アニル・カプール、イルファン・カーン、フリーダ・ピント、マドゥル・ミッタル 「インドのムンバイ、人気クイズ番組クイズ$ミリオネアに出演したスラム出身のジャマールはあと1問で2000万ルピーを手に入れられると
スラムドッグ$ミリオネア (心のままに映画の風景)
インド、ムンバイ。 ジャマール(デヴ・パテル)は、国民的人気番組“クイズ$ミリオネア”に出演し、次々と難問をクリアする。 残り1問...
「スラムドッグ$ミリオネア」 (キネオラマの月が昇る~偏屈王日記~)
ネタバレあり。ご注意下さい。 小学校すら満足に出ていない、貧しく無学なスラム育ちの孤児、ジャマール。 彼がクイズに答え、勝ち進むことが出来たのは、「人生という名のぶ厚い教科書」(by佐賀のがばいばあちゃん)に書かれたこの世の真実を、文字通り血と汗と涙で学...
スラムドッグ$ミリオネア (ふぴことママのたわ言)
今年は、ほぼ月1本ペースの劇場鑑賞。 GWは映画三昧になりそうです。{/m_0167/} 第一弾は「スラムドッグ$ミリオネア」。 上映館が限られるので、先ずこれから観ることにしました。 ハリウッド大作でないアカデミー8冠受賞作品、楽しみです。 思った以上の面白さでし...
スラムドッグ$ミリオネア (映画の話でコーヒーブレイク)
インド映画(といっても監督は英国人の英国映画)を見るのは「ムトゥ、踊るマハラジャ」以来。 1998年頃、この映画でちょっとしたインド映画ブームがあったけれど、 あれは一体なんだったんでしょう? ハンサムとは言えないインド人男優とエキゾチックな美人女優さん...
★スラムドッグ$ミリオネア(2008)★ (CinemaCollection)
SLUMDOGMILLIONAIRE運じゃなく、運命だった。上映時間120分製作国イギリス/アメリカ公開情報劇場公開(ギャガ・コミュニケーションズ)初公開年月2009/04/18ジャンルドラマ/コメディ/ロマンス映倫PG-12【解説】「トレインスポッティング」「28日後...」のダニー・ボイ....
09-125「スラムドッグ$ミリオネア」(イギリス) (CINECHANの映画感想)
その答えは運命が知っている  インドの国民的人気番組“クイズ$ミリオネア”。この日、ムンバイ出身の青年ジャマールが、次々と難問をクリアし、ついにいまだかつて誰も辿り着けなかった残り1問までやって来た。  ところが、1日目の収録が終わりスタジオを後にしよ...
スラムドッグ$ミリオネア (映画通信みるみる)
ムンバイのスラム育ったジャマールが、ミリオネアまで、あと1問と迫る! 無学の彼が、なぜ? 彼は、望まなくても、答えを知っていたのだ。 ...
【映画】スラムドッグ$ミリオネア (新!やさぐれ日記)
▼動機 去年の夏秋に誰かのサイトでみて ▼感想 人生に無駄なものなどひとつもない ▼満足度 ★★★★★★★ まんぞく ▼あらすじ テレビ番組「クイズ$ミリオネア」に出演し、賞金を獲得したジャマール(デヴ・パテル)だったが、インドのスラム街で育った少年...
スラムドッグ$ミリオネア (ひでの徒然『映画』日記)
Comment: 「クイズ$ミリオネア」に出場したスラム街出身の青年の運命を描いた作品。 イギリス作品でありながらアカデミー賞で作品賞を含む8部門を受賞した作品です。ダニー・ボイル監督作品はこの作品を含めて5作品ぐらい観たでしょうか。人間のダーク・サイドを描く
「スラムドッグ$ミリオネア」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Slumdog Millionaire」2008 UK     ジャマール・マリクにデヴ・パテル。 サリーム・マリクにマドゥル・ミッタル。 ラティカにフリーダ・ピント。 司会者プレーム・クマールにアニル・カプール。 警部に「その名にちなんで/2006」「ダージリン急行/2007」「...
『スラムドッグ$ミリオネア』@シネセゾン渋谷 (映画な日々。読書な日々。)
インドのスラム出身の少年ジャマールは人気番組「クイズ$ミリオネア」に出演し、あと1問で2000万ルピーを手にできるところまできた。しかし、これを面白く思わない番組のホストは警察に連絡。彼はズルをして正答を得ていたとされ、詐欺容疑で逮捕されてしまう。ジャマー...
スラムドッグ$ミリオネア (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
ライフラインでいえば「オーディエンス」の支持率高しな印象の映画 スラムドッグ$ミリオネア [DVD]posted with amazlet at 09.08.21メディアファクトリ...
スラムドッグ$ミリオネア 九段会館 2009.4.9 (◆JOY◆ ~つれづれ日記~)
アカデミー賞、最多8部門受賞のこの作品、予告編見てずっと気になってたので試写会で見れて嬉しい あら...
『スラムドッグ$ミリオネア』 (Sweet*Days**)
監督:ダニー・ボイル CAST:デヴ・パテル、フリーダ・ピント 他 第81回アカデミー賞作品賞、監督賞 他受賞 スラム育ちのジャマ...
ダニー・ボイル監督 「スラムドッグ$ミリオネア」 (映画と読書、そしてタバコは止められましぇ~ん!)
スラムドッグ$ミリオネア - goo 映画 公式サイト⇒http://slumdog.gaga.ne.jp/ 【あらすじ】 インドのスラム出身の少年ジャマールは人気番組「クイズ$ミリオネア」に出演し、あと1問で2000万ルピーを手にできるところまできた。しかし、これを面白く思わない番組...
スラムドッグ$ミリオネア/SLUMDOG MILLIONAIRE (CouchCinema*カウチシネマ / b)
楽しみにしていたこの作品。 思っていた以上です!おすすめ☆☆☆☆☆ 公式HP 『スラムドッグ$ミリオネア』 インド、ムンバイのコールセンターのお茶くみの青年、ジャマール。 「クイズ$ミリオネア」に出演し、最後の1問を明日に、という時に 不正を疑われ警察...
スラムドッグ$ミリオネア (しーの映画たわごと)
各映画賞を多数受賞ながらも、ネタがなんかなぁ。日本でもお馴染みの、みのもんたミリオネア。元はイギリスの番組ですから、インドでもありでしょうね。一言で言えば大衆向け、どちらかと言うと映画と言うよりはTVという印象。やはりクイズ番組を知っているがため、そん...
スラムドッグ$ミリオネア (犬・ときどき映画)
スラムドッグ$ミリオネアを観ました。 アカデミー賞8部門を受賞したインドを舞台にした映画。 ストーリー インドのスラムで育った兄弟、母親は幼少のころ宗教間の争いで殺されてしまう、兄弟はその争いから命からがら逃げ出し、一緒に逃げた少女と知り合う。ゴミ捨て場...
映画評「スラムドッグ$ミリオネア」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2008年イギリス映画 監督ダニー・ボイル ネタバレあり
『スラムドッグ$ミリオネア』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 スラムドッグ$ミリオネア 』 (2008)  監  督 :ダニー・ボイルキャスト :デヴ・パテル、マドゥール・ミタル、フリーダ・ピント、アニル・カプール、イルファン・カーン、サウラーブ・シュクラ、...