心の栄養♪映画と英語のジョーク

日々観た映画のレビューと英語のジョーク♪心の栄養いっぱいとってKeep smiling♡

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ペネロピ」

2008-09-29 | 映画「は」行
イギリスの名家、ウィルハーン家の娘ペネロピ(クリスティナ・リッチ)。彼女の鼻と耳は豚の
それだった。この家に古くから言い伝えられてきた呪いのためだ。母ジェシカ(キャサリン・
オハラ)は、世間の好奇の目を遠ざけるためペネロピを死んだことにしてしまう。以来、屋敷
から一歩も外へ出ることなく成長し、18歳になった彼女。真実の愛が呪いを解くと、母によって
お見合いをさせられる。しかし次々と現われる求婚者たちも、ペネロピの顔を見た途端逃げ出して
しまう。それから7年、記者レモン(ピーター・ディンクレイジ)は秘密を暴こうと、名家の
落ちぶれた青年マックス(ジェームズ・マカヴォイ)をペネロピのもとに送り込むのだったが・・。


ブタ鼻ペネロピ、可愛かったです~♪
ほのぼのとした雰囲気のなか、ちょっとした笑いもあり
いい感じで進んでいったハートフル・コメディだったです。

ウィルハーン家の内装や、ペネロピの部屋など、素敵だったり
楽しそうだったりしたのも良かったし、明るいコメディタッチだったので
彼女のことをただただ可哀想って思うような悲壮感もなく
安心して見ることができました。

ペネロピを演じたクリスティナ・リッチ、純真で可愛らしくて
似合ってたし好演でした。
それに彼女を化け物扱いするエドワード役のサイモン・ウッズも
良かったし、それになんといっても素敵だったのはやっぱり
ジェームズ・マカヴォイ マジックミラー越しに
ペネロピとチェスをするところが、なんだかとってもいい感じだったし、
あ~やっぱり彼はいいわ~、でした^^

それに脇で出ていたリース・ウィザースプーン。いつもと
ちょっと違った役でしたが、ペネロピとふたりでバイクに乗るシーンが
解放感に満ちていて好きだったなぁ。

娘の呪いを解くには、魔女いわく、「お前たちの仲間が
永遠の愛を誓うこと。」 仲間・・というのはウィルハーン家のような
名家の者ではなくてはならない・・・と、この解釈がラストで重要に・・・。

お決まり(?)で結局は呪いもとけるわけですが、
普通のお鼻になった彼女は、あら?思ったよりも普通、
というかそれが普通なわけだけど、なんだか
魅力も半減したかも?という気になっちゃったから不思議(^^ゞ

自分をどれだけ受け入れて、自分を愛することができなければ
人をほんとに愛することはできないのかもね~・・・というところ
それに自分を大事にするってことは、幸せを見つけられる
第一歩かもしれない、と思いました。

ペネロピが両親を振り切って外に飛び出すシーン。
そこで見るもの聞くもの、すべてが彼女にとって初めてのことで、
キラキラ輝く彼女の目がとても印象的でした。

家の中にもブランコはありましたが、やっぱり外のブランコに乗る幸せ。
広い空の下、外の空気を感じつつこぐブランコの、
解放感あるシーンも好きでした。
ちょっとした、あら?!そうだったのか~・・ってところもあり、
なかなか楽しめました♪

個人的お気に入り度3/5

ペネロピ

ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ブラックサイト」 | トップ | 「ジェイン・オースティンの... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ぴったり (ばっちもんがら)
2008-09-29 20:20:14
好みに合いました。
最近ああ、面白かった!という映画を見てなかったのでこれはよかったー。
昨日「つぐない」を見たばかりなんですが、ジェームズ・マカヴォイ、かなりのカメレオン役者ですよね。新作が出るのが待ち遠しいというお気に入りが増えました。
Cuteな映画でしたねー (ちゃぴちゃぴ)
2008-09-29 20:49:09
私も、ブタ鼻のペネロピがかわいかったと思う。
名家のお坊ちゃま方は、窓から飛び出してましたが、大衆は違うのね。
私も、大衆なわけだ(笑)

かわいくて好きな映画です。
カワイイ割に、メッセージもあるとこがツボかな。
この映画のマカヴォイくん、キュートでした。
ぜひ、「つぐない」を観ておくんなまし。
私、これで彼にはまりましたよ。
「ウォンテッド」のヘタレぶりも、面白かった。後半、カッコいいし。
もはや、タムナスさんとは言われなくなったなぁ…。(タムナスさんも好きですねぇ、私)
ばっちもんがらさんへ♪ (メル)
2008-09-30 08:13:01
お好きなタイプ・・というか、この映画は
ピッタリツボにハマられたようですね~^^
ばっちもんがらさんも記事を書かれてましたよね。
また後でコメントにお邪魔いたします。

おぉ!ばっちもんがらさんも「つぐない」を先日
ご覧になったんですね~!
私も日曜日の夜見たんです♪
ほぼ同時に見てたりして?!^^
記事をまだ書いてないんですが(^^ゞ

ほんとにジェームズ・マカヴォイ、かなりなカメレオン役者さんですよね~。この映画でも「つぐない」でも、それぞれ違った素敵さが光ってて、良かったです~♪
これからも次々と映画にご出演なさると思いますが
私も楽しみです。
ちゃぴちゃぴさんへ♪ (メル)
2008-09-30 08:24:04
やっぱりあのブタ鼻のペネロピ、可愛かったですよね~♪
元に戻ったら、さらにどんなに可愛いか・・とも
思ってたけど、取れた顔を見たら、なんだか
すごく普通で(^^;;) あれ?こんなもん?前の方が
キュートだったのでは?と思いました^^

>名家のお坊ちゃま方は、窓から飛び出して
>ましたが、大衆は違うのね。
>私も、大衆なわけだ(笑)

(≧∇≦)/ ハハハ そう言われればそうだ~!(笑)
私もどっぷり大衆です(笑)

ほんと可愛い映画で、さらにちゃんとメッセージも
あって、ハッピーエンディングで、楽しめる映画でしたよね♪
おとぎ話系は今ひとつ得意ではないので、ちょっと
心配だったんですが(^^ゞそんな私も楽しめました^^

マカヴォイ君、素敵でしたわ~(^▽^)V
あの鏡越しの彼が、う~~~ん、可愛い♪
勿論それ以外の彼も素敵でしたけど(^ー^* )フフ♪

「つぐない」、日曜日の夜見ました~!
またちょっと違った役どころでしたが
やっぱりマカヴォイくんはいいわ~~~と
思いました♪
記事はまだ気持ちの整理ができないというか
書くのが難しくて書いてませんが(^^;;)
近日中に書きたいと思います。
ちゃぴちゃぴさんの記事を読ませてもらってたので
ちゃぴちゃぴさんのハマり具合がよ~くわかりました^^

「ウォンデッド」ではヘタレな彼が見れるわけですね?!楽しみです~♪
これ、今年の10本に^^ (latifa)
2008-09-30 11:16:22
メルさん、こんにちは~!
この映画は、好きでした~。娘と一緒に見たんですが、見た直後よりも暫くした後振り返ると、やっぱり良かったかも!と思える映画でした。

特に何が一番好きだったか?といわれれば、ペネロピが世間に顔をさらしちゃった後の展開です。
人気者になる・・って処が、予想全然していない展開だったので、そう来たか!と。

>普通のお鼻になった彼女は、あら?思ったよりも普通、というかそれが普通なわけだけど、なんだか
魅力も半減したかも?という気になっちゃったから不思議(^^ゞ 
 私も全く同じ事思っていました。
私の今年のベスト10映画に、もしかしたら入ってしまうかも。見た直後は、それほど高評価しなかった記憶があるんだけど・・・(^^;)
latifaさんへ♪ (メル)
2008-10-01 08:42:35
そうですか~!今年のベスト10入りなんですね♪
ファンタジー苦手な私なので、すごく不安だったんですが(^^;;) そんな私でも楽しめましたし、やっぱり
これは良く出来てましたよね~♪

確かに見た直後よりも後になってからの方が
やっぱり良かったかも、って思える映画かもしれませんね。
そういうの、時々ありますよね。
私なんて、だいぶ経ってから(数年と言うときもあり(^^ゞ)、星の和を変えたりしたこともあります(^^;;)
それ以上悪くすることはないんですが、そういう映画は
大抵後になって、あれ~、こんな評価?もっともっと
良かったよ~、やっぱり、と星の数を増やしたりして(=^_^=) ヘヘヘ

>何が一番好きだったか?といわれれば、ペネロピが世間に顔をさらしちゃった後の展開です。

そうそう、もっと酷いことになるかと思ったら
あんなにみんなに受け入れられて、ビックリでした。
こんなことなら、もっと始めっから普通に生活
させてあげたかったなぁ~・・と返す返すも残念でしたが、でもそれがあったからこそ、あの彼女だったわけで、あの苦労も決して無駄じゃなかったと思いたいです。

お鼻はやっぱりあったほうが、なんだかキュートでしたよね。
取れたらどんなに美しくなるんだろう?って思ってたけど、そんなでもなかったというか(^^;;)
でも、とっても素敵なハッピーエンディングで良かったです~♪
こんばんわ (なな)
2008-10-08 23:28:52
高感度の高い作品ですよね。
わたしはファンタジーって好きな俳優さんが出てるときだけ見るのですが
これはマカヴォイ君が出てなかったらきっとスルーしてたです。
クリスティーナが,かわいいけど「豚ちゃん顔」だってこと,なんとなく前から思っていたのですが
この作品は彼女の持って生まれたあのキュートなお顔なくしては
成立しなかったような・・・
他のいろんな女優さんのお顔の鼻だけ豚に置き換えて想像してみましたが
彼女ほどしっくりくるひとはいませんよね~。
ななさんへ♪ (メル)
2008-10-09 09:20:12
そうそう、やはりこの映画はマカヴォイくんですよね~(^▽^)V
あの鏡越しの表情、忘れられないわ~~~^^
「つぐない」の彼も良かった事は良かったんですが
このくらいの髪の長さの彼が好き(^ー^* )フフ♪

お、ななさんクリスティーナはブタちゃん顔だと
以前から思ってらしたんですね~!
先見の明があったななさん、すごいわ~♪
で、ほんとにこの役にピッタリでしたよね。
お鼻を取っちゃったほうが、あれ?でしたし(^^ゞ

ブタ鼻、似合ってましたね~♪ (はるはる)
2008-10-20 09:05:33
ジェームズ・マカヴォイお目当てでようやく観ました~♪先日の「ステート・オブ・プレイ第2話」では、かなりギラギラしていたのですが、この作品では、結構油が抜けてましたね~。でも、ペネロピに恋する過程がちょっと唐突だったかなぁ‥。
リース・ウィザースプーンのはすっぱ役は今回初めて観ましたが、この作品の製作もしていて、自分の将来をちゃんと見据えている方なのかもね~、と思います。
ペネロピの衣装や部屋の内装は好みが難しいところだけど、なかなかよかったし、わざとらしいフェイク感漂うイギリスも嫌味でなくよく、予想外にたっぷりとイギリスらしさが味わえたのも楽しかったです。でも、総合評価としては「魔法に‥」のほうが私は好きかも‥。
はるはるさんへ♪ (メル)
2008-10-21 06:55:41
第2話ですが(送っていただいた第1話もですが(^^ゞ)まだ見てないんですよ~(^^;;) 全6話とのことで、細切れに見るのがチト苦手な私は、全部揃えて(?)から見ようとしております(=^_^=) ヘヘヘ
ドラマは(コミックとかもですが)続きを1週間とか待てないので(^^;;) 全部そろってから見てしまう私でございます(^^ゞ
そうですか、マカヴォイくん、ギラギラしてましたか~!楽しみ!!!

で、この映画ですが、確かにさらっとしたマカヴォイくんでしたが、私は髪型とか「つぐない」の時よりも好きでした♪
そうそう、恋する過程は唐突でしたね(^^ゞ
ファンタジーですからね~(^^;;)

>わざとらしいフェイク感漂うイギリスも嫌味で
>なくよく、予想外にたっぷりとイギリスらしさが
>味わえたのも楽しかったです。

ほんと、思ったよりもイギリスらしさがあった映画でしたよね。その点は良かったなぁ~。(忘れかけてた(^^;;) )

はるはるさんと同様、私も「魔法に・・」の方が
好きです♪☆の数も1個こちらが低くなってますが
魔法に・・の方は☆5つでもよかったかな、といまさら思ってるので、二つ分くらい違ってるかも^^

>リース・ウィザースプーンのはすっぱ役は今回
>初めて観ましたが、この作品の製作もしていて、
>自分の将来をちゃんと見据えている方なのかも
>ね~、と思います。

私も初めて見ましたが、似合ってましたよね。
そうか、将来の彼女の女優としてのありようを
見据えてのことかもしれませんね。
メグ・ライアンもロマコメから脱却しようと
なかなか大変だったようですし(今でも大変?!(^^;;) )次なるステップへ向かってるリースなのかもしれませんね~。
こんにちは! (由香)
2008-12-10 17:31:27
メルさん、お邪魔します♪
先日は『占星術殺人事件』にコメント頂きありがとうございました♪
メルさんは島田荘司さんのファンなんですね~
私は初めて彼の作品を読みましたが、スッゴク面白かったので、これから少しずつ読んでいきたいと思っています。

映画ですが、可愛らしいファンタジーでしたね~
私としてはマカヴォイ君が素敵だったので、その点でキャーキャー言ってましたが(笑)

リッチ嬢はブタ鼻ちゃんが意外なほど似合っていて、呪いがとけた時に私も一瞬「・・・・・あれ?普通かも(汗)」って思いました(笑)
由香さんへ♪ (メル)
2008-12-11 01:29:22
>先日は『占星術殺人事件』にコメント頂きありがとうございました♪

いえいえ~どういたしまして~^^
島田荘司はすごく好きな作家さんなので
記事を見つけて嬉しくて~(^▽^)V
私は最初に斜め屋敷の犯罪を読んだと思いますが、本当に面白くて面白くて^^
で、占星術・・を読んで、あ~これもまたすごく良い!!と思って、それ以来ファンでございます♪

あまり次々と書くという方ではないので、いつも新刊が待ち遠しい作家さんの一人です^^

で、この映画ですが^^
面白かったですよね♪
可愛らしさ満載でしたし、マカヴォイくんが
そりゃもう素敵で(^▽^)V
「つぐない」の彼の方が好きな方も多いようでしたが、私は彼のことに限って言えばこちらのマカヴォイくんの方が好きでした^^♪

>リッチ嬢はブタ鼻ちゃんが意外なほど似合っていて、呪いがとけた時に私も一瞬「・・・・・あれ?普通かも(汗)」って思いました(笑)

ほんとそうでしたよね~。
ブタ鼻取れても、そんなにはっと驚くほど
綺麗になった・・な~んて全然思えなかったりして(^^;;)
あれがあってこそのキュートさだったのかも・・ですね(^^ゞ

クリスティーナさん (せつら)
2008-12-15 20:49:49
メルさん今晩は!

この作品はクリスティーナさんにつきますね、彼女の魅力
が満載でした。
本当に彼女はいろんなキャラクターをそつなく演じ分けますね
「ブラック・スネーク・モーン」「モンスター」これまで
彼女が出演した作品をひもといていくと凄いです
一つのキャラクターしか演じられない俳優さんが多い中
彼女のような存在は貴重です。
作品もファンタジーロマンスでペネロピの純真さが
前面に出てますね、ジェームズ・マカヴォイは見直しました
「ラスト・オブ・スコットランド」での軽薄な役を見て
大嫌いになってたけど、これでだいぶん印象が変わりましたよ
せつらさんへ♪ (メル)
2008-12-16 09:22:24
ほんとにクリスティーナ・リッチの魅力満載♪でも、女性陣にとってはどちらかというとマカヴォイ君にクラクラ・・と言う方が大多数でしたが(^^ゞ
でも、この映画、彼女あっての映画でしたし
主演の彼女がブタ鼻ちゃんでも、あんなに魅力的だったってことがこの映画が成功したとても重要なファクトですよね~♪^^
普通になっても、あれ?ってくらいブタ鼻が似合ってましたし(^^

そうそう、ブラック・・ではあの体当たり演技で虐待を受けた女の子のその後・・って感じをうま~く演じてましたし、モンスターではあのぶよぶよの体にしてワルの片割れ演じてましたし、本当にさまざまなキャラクターが演じられる、素晴らしい役者さんですよね。

せつらさんもマカヴォイくんをこの映画で
見直されたんですね(^^ゞ
「つぐない」の彼が良いと言う方もたくさんいらっしゃいますが、私はこの映画の彼の方が好きでした♪^^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

23 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ペネロピ (晴れたらいいね~)
ロマコメになるんだろうか?モダン・ファンタジー?そんなことより、これは、自分を好きになる映画。コンプレックスをばねにして、ポジティブな生き方をしようよ…っていうのかな。ありのままを受け入れようですね。お部屋とか色合いや女の子のツボを刺激し...
ペネロピ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『好きになりたい。 豚の鼻を持って 生まれてきた私は 夢見ていた── 恋することを。』  コチラの「ペネロピ」は、先祖にかけられた呪いのせいで豚の鼻と耳を持って生まれてしまった女の子を描いた3/1公開のチャーミングなラブ・コメディなのですが、観てきち...
『ペネロピ』 (ラムの大通り)
(原題:PENELOPE) -----この人、クリスティーナ・リッチだよね。 なんで顔隠しているの? これって寒いところのお話? 「いやいや。顔というよりも正しくは“鼻”、そして“耳”かな。 実は、彼女は豚の鼻と耳を持っているんだ」 -----豚?それはまた突飛な話だニャあ。...
「ペネロピ」ロマンティック・フェアリーテイル (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画 曾々々々お爺さんが犯した過ちによる呪いで 豚の鼻をもって生まれてしまったペネロピが 真実の愛を見つけ、呪いを解くまでのロマンティックなお伽噺。 主人公ペネロピを演じるのは クリスティーナ・リッチ。 豚鼻でさえキュートに見えてし...
ペネロピ/クリスティナ・リッチ (カノンな日々)
予告編からして面白そうな予感アリアリだったけど、ヒロインの豚鼻は呪いの魔法によるというファンタジーだと知ってさらに期待値さらにアップしちゃって優先順位も繰り上げちゃいました。 出演はその他に、ジェームズ・マカヴォイ、キャサリン・オハラ、ピーター・ディ...
『ペネロピ』(DVD) (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【PENELOPE】 2006年/英・米/東京テアトル=デスペラード/ 101分/'08年9月17日DVDリリース 【オフィシャルサイト】 監督:マーク・バランスキー 出演:クリスティーナ・リッチ、ジェームズ・マカヴォイ、リース・ウィザースプーン
「ペネロピ」感想 可愛らしいミニシアター系映画 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
なかなか可愛らしくて、面白い映画でした。 クリスティーナ・リッチは、こういう役に、すごくハマる。
ペネロピ (小部屋日記)
Penelope(2006/イギリス=アメリカ)【DVD】 監督: マーク・パランスキー 出演: クリスティーナ・リッチ/ジェームズ・マカヴォイ/キャサリン・オハラ/リチャード・E・グラント/ピーター・ディンクレイジ ありのままの私じゃダメなの? コメディタッチの現代のファ...
ペネロピ (映画鑑賞★日記・・・)
【PENELOPE】2008/03/01公開製作国:イギリス/アメリカ監督:マーク・パランスキー出演:クリスティナ・リッチ、ジェームズ・マカヴォイ、キャサリン・オハラ、ピーター・ディンクレイジ、リース・ウィザースプーン 好きになりたい。 豚の鼻を持って生まれてきた私は...
ペネロピ (Blossom Blog)
ペネロピ PENELOPE 監督 マーク・パランスキー 出演 クリスティナ・リッチ ジェームズ・マカヴォイ     キャサリン・オハラ ピータ...
ペネロピ 51点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
次の日、隣のオッサンが死んだ。 公式サイト クリスティナ・リッチ主演の現代ファンタジー映画。 呪われし姫が王子に救われハッピーエンドとなる、おとぎ話の定番パターンを敢えて踏襲し、舞台を現代に持ち込んでシニカルなパロディとしつつ、最後はやはりめでたし...
ペネロピ(^0_0^)女は顔じゃないよ!ハートだよ!! (銅版画制作の日々)
  顔じゃないよ だよ でも第一印象で決めるのはやっぱり・・・・。顔が綺麗可愛いっていうのがありなのかも世の女性の皆さん、これを観てどう思われるでしょうか?何か勇気が持てそうな感じが???? 5月3日、連休真っ只中、「ペネロピ」を京都みなみ会館にて鑑賞...
「ペネロピ」 呪いを作るのは僕たちの心だ (はらやんの映画徒然草)
一族にかけられた呪いによって名家の娘ペネロピ(クリスティーナ・リッチ)は豚の鼻と
ペネロピ (映画三昧、活字中毒)
■ テアトルタイムズスクエアにて鑑賞ペネロピ/PENELOPE 2006年/イギリス、アメリカ/101分 監督: マーク・パランスキー 出演: クリスティナ...
ペネロピ (虎猫の気まぐれシネマ日記)
これのジェームス・マカヴォイがいい!と聞いて鑑賞。とっても可愛い,愛のおとぎ話だった。・・・・人間の価値は外見じゃない,自分の幸せは自分でつかむ・・・というテーマらしいが,そういった深いテーマに感動するより,素直にこの作品のキュートさを楽しんだかなぁ,...
ブルーベリー豚 (Akira's VOICE)
「ペネロピ」 「マイ・ブルーベリー・ナイツ」 
むかしむかしあるところに (MESCALINE DRIVE)
「ウォンテッド」を観て「つぐない」を観た。ジェームズ・マカヴォイ祭りを続行するならば、これを観なければならないと云うことで「ペネロピ」を観た。 「つぐない」については近く記事を更新するつもり。 名門ウィルハーン家にはひとつの呪いがかけられていた。悲恋を...
ペネロピ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
レンタルで鑑賞―【story】魔女に呪いをかけられ、豚の鼻と耳を持って生まれた裕福な名家の娘ペネロピ(クリスティナ・リッチ)。マスコミと大衆の目から身を守るため、屋敷の中だけで生きてきた彼女は、永遠の愛を誓って呪いを解いてくれる男性を待ち続けていた。そんな...
『ペネロピ』 (La.La.La)
JUGEMテーマ:映画 制作年:2006年  制作国:イギリス  上映メディア:劇場公開  上映時間:103分  原題:PENELOPE  配給:ブエナビスタ  監督:マーク・パランスキー  主演:クリスティーナ・リッチ      ジェームズ・マカヴォイ      キャサ...
「ペネロピ」 Penelope (俺の明日はどっちだ)
昨年の公開時に見逃して以来ずっと縁がなかったキュートなファンタジームービー。 どこかティム・バートン作品を思い起こさせるオープニングのウィルハーン家の歴史を簡潔に紹介するシーン、これが素晴らしい出来。 とにかくこういう独特の世界観は大大大好きで、全体的...
映画評「ペネロピ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2007年イギリス=アメリカ映画 監督マーク・パランスキー ネタバレあり
『ペネロピ』'06・英・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ魔女に呪いをかけられ、豚の鼻と耳を持って生まれた裕福な名家の娘ペネロピ(クリスティナ・リッチ)。マスコミと大衆の目から身を守るため、屋敷の中だけで生きてきた彼女は、永遠の愛を誓って呪いを解いてくれる男性を待ち続けていた。そんな中、名家出身の青年...
ペネロピ (むーびーふぁんたすてぃっく)
「ペネロピ」 感想 ペネロピ 好きになりたい。 豚の鼻を持って 生まれてきた私は 夢見ていた── 恋することを。 裕福な名家に生まれた...