柳蔭書翰

徒然なるままに、音楽関連の話題に拘らず、常ならんこの世の事々書き散らし諸兄のお耳汚しに供したく思います。

両論

2014-03-31 08:19:57 | Weblog
成熟した民主主義国家に成長していると思っていた日本が国家主義的国家に逆戻りしていくさまをアメリカは嫌がっているのだ。昨朝のTBS朝番組でのコメンテイターの弁です。いつの時代も、自国民の保護という口実で大国は軍事介入してきたのだ。クリミア紛争を解説して、今をときめく池上彰さんが週刊誌のコラムで書きます。そのクリミアへの対応を評して日経はこうです、アメリカは弱腰外交しているのではない、ブッシュの失敗を踏まえて軍事不介入による国際協調を目指しているのだ、それは「賢い米国」の選択だと。辛口で鳴る高山正之は週刊新潮の連載で、アメリカも他人の土地を分捕るに自国民をワンサカ移り住ませてそこで暴れさせる、そして自国民の保護の名目で侵攻する、その手口でテキサスをメキシコから獲り、ハワイを獲り、パナマをコロンビアから剥ぎ取りパナマ運河を作ったという事実を並べ、よくぞロシアを非難できることだと呆れてます。物事事象には必ず少なくとも二面です、Aという意見があれば notA があります。歴史を振り返ればどんな場面も力任せです。力の強い方が勝ってきた歴史です。民主主義を盾に強国にのし上がったアメリカでしたが、いえ過去形じゃありません、強欲資本主義は未だに弱い所を探して襲いかかってますが、その民主主義が足枷になって、都合の悪い時の言い訳になっているうちはいいのですが、ロシアのようにうちはお宅とは違うなんて言われると困ってしまうわけでした。どっちも正しいのでしょう。どっちに与するかですから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

異質

2014-03-30 09:52:49 | Weblog
酉の市を叩くに、昔聞いた「なんとか還元水」と同等の迷言だとコラムが叩いてます。ありましたねぇ、と思い出しました。その後首つり自殺した人でした、農水大臣でした、安倍さんの時でしたね、その後絆創膏大臣が出てきて、ガラガラと内閣が瓦解したことでした。覚えてるもんです。
 ロシア対西側諸国という、冷戦構造そのままのクリミア事変ですが、民主主義とは何ぞやという所に行きつくようです。つまり、どちらも民主主義を標榜しているからです。もっとも、いかなロシアや中国といえども自国の体制は全体主義だと言う筈もないですが(彼の北の将軍様の国でも一応選挙はありますから、100%の選挙率、100%の得票率の)。関連した新聞記事は多くを教えてくれます。プーチンさんは99年、ソ連が潰れる頃です、にこう言ったそうです、ロシアも民主主義を追求する、がそれは欧米民主主義の猿まねではない、あくまでロシア土着の歴史、文化、民族性に適合した独自の民主主義であると。ということは、民主主義にも色々あると言うわけです、日本に根付いているのはまさに欧米型、私たちはこれが世界の普遍型、スタンダードだと教えられてきて、これっぽっちも疑ってません。自由、平等、公平、友愛。あれです。でも、ロシアの民主主義は違うものだと。もっとも、民主主義にも色々あるというより、全く別物に民主主義と名札を掛けているだけという見方もあるでしょう。よく中国や北朝鮮を評するに同じ価値観を有しない国と言いますが、文化文明の違う国、根本的な社会規範の共通しない国はあるわけです、日本に住んでいれば普段に経験しないからピンときませんけれど、外人と接触しないですから日常生活上。今のクリミアや中東のスンニ派とシーア派の争いとかを実感できません。そういう前提で、今回のプーチンさんの強気です。アメリカがうんと弱くなってるとの背景は大きな要因でしょうが、先の演説で、ロシアを抑制する悪政は18、19、20世紀に限らず現在も続いている、NATOや対露ミサイル防衛システムは未だに続いていると言い、対欧米意識は強勢です。G8から外されても、あんなものは会員券が要るようなものではないしなんて大臣が言い放ってました。中国や他の新興国と結べば(G20)大事ないとの強気です。もっとも、先にも書きましたが西側諸国(G7)がロシアを加えて、東西融合、世界平和をアピールしたものです、もちろんロシアをこっちに引き込んだという自己満足や功名心もあったでしょう(狂言回しはディープスロート・クリントンでした)、ロシアが大人しく尻尾を振ってるわけもないことなのでした。でもやはりこの時期というのは、長くプーチン時代であったこと考えると、アメリカの弱体化、オバマの弱腰が第一因でしょうかね。パワーバランス、パワーゲーム。これを強調したのはキッシンジャーさんでしたか。新帝国主義と呼んでいるのは佐藤優さんです。力の強い者の言い分が通る。これ以上ない単純則。だから日本も丸腰ではならぬのです。そう繋がるでしょう?
 ハイファイセットの男メンバーの小さい方、紅一点山本潤子の旦那さんの死亡記事です。早逝です。赤い鳥が分かれて紙風船とハイファイセットになりました。紙風船の二人も夫婦です。翼をください、冬が来る前にが有名です。どちらかと言えば赤い鳥時代は紙風船の二人がメインでしたね。でも歌のうまいのは山本潤子の方でした、それはハイファイセットに分かれてからのヒット曲で明らかでした。ユーミンの歌が当たりました。卒業写真。そして冷たい雨。以前にここで書いたことがありますが、大学入学当時、昭和52年です、パブなんかに行くと必ずこの曲が流れてました、冷たい雨です。あのイントロが印象的で、曲もユーミンらしい都会っぽいテイストで好きでした。ユーミンの曲と知ってましたので、急に聴きたくなってCDを求めたのでしたが、あれ?違う。あのイントロじゃないんです。雨だれをイメージするようなあの音が聴こえるのですが小さいんです、いや、こんな筈はない。でもなぜ?バージョンが違う?こんな時はネットの検索の威力です、バージョン違いがあるのかどうか調べましたがどうもピンとこないことで。もやもやして、そのうち忘れていたのでしたが、ある日往診に行く途中のカーラジオで流れたのでした。おお!これじゃ!ユーミンのバージョン違いではなくて、ハイファイセットのそれでした。当時もそう聴いていた筈なのに忘れてしまっているわけでした。で改めて求めて聴くと、沁みました。昔のあの空気、景色、場面、思いが湧きあがってきました。写真や曲や匂い。眠っている記憶を揺り起こすことです。当人に対する記憶はないことでしたが、合掌。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

情報

2014-03-29 08:23:00 | Weblog
どの新聞も社説でコラムで酉の市発言を叩きます。まずその熊手を見せろ、8億円の熊手を。そういう論調です。大勢に囲まれてしどろもどろで弁解する、アップにされた目は充血して涙目でうろうろしてます、嘘ついてる、ごまかしてる典型的な表情です。何とか逃げようとしてます。ダメですね。いい対照、先例だと昨日書きました猪瀬さん、50万円でチョンです。ま、人殺したわけじゃない、誰かを傷つけたのでもない、何かを壊したのでもない、ただの規則違反ですから、知事辞めて前科ついて公民権停止されれば十分な償いというわけです。古館が例によって憤って見せてました、徳田マネーは究明されぬままだと。政治家に金ばら撒いてあれこれの規則を捻じ曲げ規制をすり抜け頭越しの優遇を受けてここまでのしてきた徳田ファミリーです。いまさら暴いたところで御本尊があの重病人とくればこんなことでしょうねぇ。しかし50万円とはね。スピード違反でも10万近くとられるのに。渡辺さんも議員辞職すればこんなことでチョンでしょうね。まことに単純なことですが、議員辞めたらこんな大金返せませんよ。ここは何とかごまかすしかないのでしたが、ダメでしょうねぇ。
 冤罪の袴田さんの釈放場面にあのボクシングの輪島が写ってました。本人が元ボクサーで、ボクサー崩れの犯罪と当時ボクサーやボクシング自体を蔑むような報道に晒されていたことにずっと抗議をしてきた歴史もあるとのことでした。昨日のニュースでも、リングにお姉さんが上がって挨拶してました、また現役ボクサーがボクシング界としても嬉しいことと言ってました。そういう運動でもあったわけです、初めて知りました。でもボクサー崩れが暴力団の用心棒になって、の事件は後を絶ちませんね。世界チャンプがお縄についての事件もまだ記憶に新しいです。喧嘩強いですからねもちろん。ううむ、こういう面を今更のように見せられると、私達に開かれている情報が如何に恣意にまみれているかと痛感しますね。丸呑みしちゃぁいけません!
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

対照

2014-03-28 08:18:26 | Weblog
みんなの党渡辺さん、国会の後に一旦逃げてその後のこのこぶら下がりの場に出てきて、pまけにしどろもどろ。悪いパターンですよね、何度見たことでしょうこの手の不始末不細工。猪瀬さんが五千万で挙げられたんです、八億円で逃げられる筈もないこと。新聞には個人商店の危機とありました、みんなの党自体が渡辺さんの個人商店で、つまり自民党や民主党のように強いバック(資金源、スポンサー)がいないから、社長の資金繰りは白鳥の足搔きでという実情、ばれちゃったらごまかすのみでぃ、です。諸々、もろもろと口こごもり、酉の市とは笑いましたね。酉の市で何買うって?熊手を五億円分?笑いましたねぇ。落語の与太ですよ、大金手にして、これで饅頭どれだけ買える?口元に笑みを浮かべて、周りの同意同情を待っている様な媚びる口調です、この人が他人を責める時とのギャップです。ああ、こりゃ潰される。ごまかしてるのが丸見えですから。折しも五千万円で猪瀬さんの起訴が決まったそうで、きっと首筋の寒いことでしょうね。安倍さんが守りに回りましょうか。もちろん表立っては知らん顔でしょうけれど、維新の会、結いの会を巻き込めそうで、渡辺さんってのはそういう意味で存在感のある人ですから、この人まで味方につけるってのもおそらく作戦だったでしょうしね。さて、どんなスピードで進みましょうか。猪瀬さんがいい対照です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

役立

2014-03-27 08:25:47 | Weblog
ハーグでオバマの仲介で韓国大統領と握手している安倍さん、新聞一面です。これが外交だと言うのでしょうね。カメラの前でこういうポーズをとることが大事だと。毎日新聞にこういう記事がありました、安倍さんは右の鳩山だと。ん?改憲論者で、対米自立論者という共通点を指しての命名でした。なるほどね、そういう括り方ね。対米自立とは上手く表現したことで、鳩山さんの東アジア共同体とか、日本は日本人だけのものではない発言とか思い出しました。あれも対米自立かぁ。安倍さんは一緒にされたくないでしょうねきっと。そうは思いましたが。
 今度はみんなの党の渡辺さんです。8億円だそうです。政治資金てのはこんなことなんですね。政治家の値打ってのは如何に金を集められるかだとは言われますが、ポンと出す人がいての話で。こっちにもびっくりしますが、政治家を使う面白味ってのもこの手の人達の醍醐味だそうです、これも聞いたことがあります。金で縛る。政治とは口利きですからね。この一面は誰にも否めません、どう規制しようと決める人がいる限り、人が決定する事項である限り、どうにでもなることです。恣意が効きます、利きます。ここの社長も、政治道楽で8億も出さないでしょう、渡辺さんが役に立つ(実際に役に立ってきたんでしょうが)と踏んでの投資です。新聞によると、政治信条に違いが出てきたからと綺麗事ですが、役に立たぬと踏んだんでしょうかね。渡辺さん、安倍さんに寄って行ってますからそこのところどうなんでしょう。時の権力者に近づくは得策だろうにとは思いますが。個人的な喧嘩ですかそれとも。でも渡辺さんもダメですね、潰されますよ。安倍さんがどこまで役に立つと思っているかですけれど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

建前

2014-03-26 08:26:43 | Weblog
昨日は間抜けなことを書きました。G8のGは group of eight のGでした。そんなことちょいと調べれば分かることです、その手間を惜しむばかりに自分のバカさが露呈する。面倒がって大恥をかく。何度も何度も経験してきたことなのに、またやります。すみませんでした、訂正します。でも、昨日書いた皮肉は別物で、安倍さんが挨拶の枕に振ってましたが(どの国の首脳も同じこと言うんでしょうけれど)世界のリーダーが集うこの場で・・というフレーズ、自分のことを世界のリーダーなんて言うこのセンスです。日本人の心根に合わぬだけのことかもしれませんが、驕り奢り傲りが見えていやなこと、そう言いながら実のところは中国はじめとした新興国の経済状態に左右され右顧左眄し愛想ふってるんですからね。そこからロシアを追い出して、やっぱりこの集まりは所詮は西側諸国の団体、NATOのようなもので、ロシアを呼んだこと自体が戦略だった、仲間に入れて黙らせておこうというものだったというわけです。が、新聞やTVの解説は金太郎飴です、これだけグローバル化した世の中でブロック経済まがいの政策が成り立ちはしない。ロシアを外しても効果はないと。軍事介入の是非なのでしたがさてさて。そういうすり替えにプーチンさんが乗りましょうか。要はクリミアを獲る守るのことなのですが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

強気

2014-03-25 08:22:43 | Weblog
G8が7になってロシア制裁だそうですが、当のプーチンさんは来たくなければ来るな(ソチで開催される予定だそうです)と言い放つ。もともとプーチンさんはG8よりもG20の方を重要視していたからなんて解説もあります。G8に入ってない国々には中国やインドはじめとした新興国があります、それらを含めたのがG20です。大体にG8とか20とかのGってなんですか?そう思って新聞見直しましたが、いまさらそんなこと解説してません。検索すればわかるんでしょうが、great ですかね。grand? developing country ってのが後発国、開発途上国という意味でしたよね、developed,advanced country がその反対。やっぱりGは great ですか、なれば傲慢。「ここに入れてやる」組。つまり仲間外れを作る仕組み。今やその先進国たち(ロシア以外はどれも西側諸国です)は偉そうにしているだけですから、プーチンさんの指向もわからぬことではありません。中国と結んでおけばG7からの経済制裁ってのがどれだけ効くモノやら、素人でも頷けます。で、そのG7とやらでオバマやら韓国の反日女大統領とやっと会える、やっと話ができるとそっちの話題ですわ。安倍さんは国際法違反だと旗幟鮮明ですが、この辺りどう落ちていくんでしょうね。面白いことです。まさか戦争にはならぬとは思うのですが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

調和

2014-03-24 08:18:46 | Weblog
鶴竜、横綱です。強いですね、昨日も強い相撲でした。大横綱に化けてくれれはいいのですが(貴ノ花も急に大きくなりましたものね)、誰でも横綱になる時ってのは勢いと迫力と周りの気遣いがあって「強い」のです。きのうも書きましたが横綱になる時がピークだった人が多いのです、琴桜、三重ノ海、旭富士、若乃花、きっと日馬富士も。でも昨日の日馬富士は強かったですけどね。と、いつもモンゴル勢の話ばかりで。ねぇ。
 橋下さん再選です。週刊誌にはあるいはマック赤坂?なんて記事があって、おいおい、大阪じゃからあり得ない話じゃないよとも思ってましたが、さすがに他所者にはきつい関西人でした。だからどうした、の選挙。費用6億円だそうで、次の定期選挙は来年の11月だそうで。何やってんの?民意頼りの橋下流です、こうやらねばスイッチが入らぬのでしょうが、議会は何も変わってないのにどうするんでしょうね。あれだけ公明党を悪しざまに罵っておいて。
 Jリーグ無観客試合が余程に大ニュースなんでしょうね。もちろん東京オリンピックに向けての国挙げての、マスコミ上げての戦略的ポーズであることは理解しますが、それにしてもうるさいこと。差別と闘う、んだそうです、キャプテンがマイクで喋ってます。差別への警鐘として再発防止に努めねばならぬとどのニュースも金太郎飴です。人種差別、民族差別、そして階層差別、男女差別。それは人権に容易に繋がって、どんどん敷衍拡大解釈されていきます。偽善、欺瞞、予定調和の前に皆整列します。一同、礼!その場だけの辛抱ですから。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不運

2014-03-23 09:17:21 | Weblog
高梨嬢、ワールドカップ5連勝で今季18戦中15勝、残りの三つも2位二回3位一回だそうです。圧倒的成績です、まさに世界一、第一人者。表彰台に上がらなかったただの一回があのオリンピックだったという、これ以上のドラマがありましょうか!です。平凡な解説や評価はさておき、さぞや口惜しかったことでしょうねあの時は。改めてそう思いますねぇ。
 鶴竜、昨日の白鵬戦は見違える相撲でしたね。この人は引いて、はたいて、いなしてのイメージが強いです。日馬富士戦がそうでしたね、いえ、これとて他に見方はありましょう、立ち会い強く当たったからいなしが効いたということなのでしょうが、四つに組むを避ける相撲には変わりないです。横綱にはそういう相撲を期待しますしね。いままで押し相撲で横綱になったのは古くは琴桜、保志(ホクトウミ、漢字を忘れました)、曙ですかね。武蔵丸もそうでしょうか。鶴竜は日馬富士と同じく体の小さい人ですから、今こそ勢いがありますけど、日馬富士と同じようにいい時と悪い時の差の大きいことになるのでしょうね。大関も横綱も粗製乱造が続いているのですから、ここはひとつ、と思いますけれど協会とすれば、卑しくも国技と名乗って利を得ている(公益法人ですから)番付にモンゴル勢だけが三人も横綱に並ぶという異様にももはや何も感じないことなのでしょう。
 新聞コラムにありましたが、面前DVという言葉ご存知ですか。誰の面前かと言うと、子の目の前でという意味だそうです。子の目の前で両親が殴る蹴るを見せる。夫婦喧嘩ですよね。うちはこんなでしたよ常に。ああ、今時はそう呼ぶんですか、そんな特別なモノなんですか、という感想です。反面教師にはなります。こういう親にはならずにおこうとは教えてくれましたね彼らは。もちろん当時は(こちらが幼いうちは)泣きながら止めに入ってたものですが、中学上がってからは見てましたね、こっちも慣れて。でも、自分では関西のドツキ漫才のノリでやってたことですが人の頭をはたき(叩き)過ぎると他人に指摘されたことはあります。ああ、そういうことを自然に知らずにやってたということかとハタと気付いたことがありました。このコラムにもそういう流れで書いてあります、言う所の家庭環境ですね、殴られて育てば子を殴る、虐待されれば虐待する、されたことをする。これは人の常です、これも躾の一つですわね、刷り込み。親を見ながら育つ。親の背中を見て育つ。サクセスストーリーなどによく出てくるフレーズですが、これはいいことばかりに当てはまることではありません、こっちにもぴたりと合います。トラウマなんて大仰に言うつもりはありませんが凡百の専門家のように、でも思い出すと嫌なもんです。だから我が子の前ではそんなことはしないとやってきたつもりなのですが、連中に言わせれば殴る蹴るがなかっただけだったと「回顧」しますから、ううむ、やはり刷り込みとは怖いことじゃのうなのです。親を見ながら子は育つ。こればかりは大真理です。親になり、孫ができすると、こういう記事が沁みる気がします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

感動

2014-03-22 08:22:03 | Weblog
感動をありがとう。健闘。惜しみない拍手。夏に向けて。当地山口から久しぶりに出た岩国高校でしたが選抜大会開幕戦で負けました。事前のマスコミの扱いがいつもに増して過熱気味でしたのでこの落差は気不味いほどですが、負けたらこうなります。感動、元気、勇気・・もう結構。でしょう?
 クリミア半島紛争でのプーチンの強引さを、つまりそれはオバマを筆頭とする西側諸国の弱腰ということですが、先の欧州大戦前のヒトラーと英国首相チャンバレンとに擬えて、21世紀最大の危機だとの判断があるそうです、まだ21世紀は始まったばかりですが。世界史の教科書に載ってた宥和策の誤りって奴です。あの時ヒトラーの言うなりにズデーデンの併合を認めた事(宥和策)がその後すぐのヒトラーの侵攻を許したのだという解説です。プーチンはアメリカが戦争仕掛けて来ないと踏んでいるわけです。シリアの時もそうでしたから、二度目の確認です、ならばこっちが行くぞです。経済制裁?軍事介入してるんですよもう。と見返れば、核不拡散協定なるものの嘘っぱちさですわね、ここに国際パワーゲームの原則があるわけです、北朝鮮だけじゃないです、インドもパキスタンも核持ってますね、止められないのですよ。造るな、さもなければ原爆落すぞ。そういう脅しが張り子の虎であること、どうせ経済制裁くらいのことしかできないこと見切られてますから。持ってしまえば同等だ。抑止力って幻想を信じてる(ついでに国連の力も)お人好しはきっと日本くらいのものですが、その抑止力を持てるわけです。持ってない者が怖れてるだけ。核だけのことじゃないです、軍事力一般の話です。石原さんが頻りに言ってましたね、鯉口を切れと。もっとも日本はその刀がないからなぁ。そういう力関係だと、御承知ですか。でしょうけれど。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加