柳蔭書翰

徒然なるままに、音楽関連の話題に拘らず、常ならんこの世の事々書き散らし諸兄のお耳汚しに供したく思います。

空事

2013-02-28 08:19:26 | Weblog
オリンピックのレスリング騒動で、アメリカとイランとが手を組んで共同戦線を張るという話。関係者同士が握手して見せてます、スポーツと政治とは別物だと、これぞオリンピック憲章だとおいしい画面です。とんだ茶番ですが、ま、こんなところでさえいがみ合ってたんじゃぁ大人げないことでもあり、却って笑い物ではありますが、連中平気ですわね。国内のTPP騒動もこの流れでしょうか。表立っては大反対のポーズしてます自民党の反対軍団、農協の族議員たちですが、でも安倍さんの「一任してくれ」発言にあっさり腰が引けました。もともと既得権益の擁護しか理由のない反対ですから、少し理を詰めて少し情を絡めれば振上げた拳は行き場を失います。何と言っても自分達(議員連中)が農家じゃないから実感のないところ、さらに先にも書きましたが農協の親分があれですから。だから今度は各自が各地でやれという話なんでしょう、それぞれの支部が別途攻略の様相です。山口県のJAは地元選出の林大臣に直談判したと記事にあります。一任してくれ。このセリフ、効くんでしょうね。悪いようにはしないから(しないだろうし)。こういうところで手打ちです。所詮交渉事ってのはこういうもので。
 国民新党、とうとう一人になっちゃって。こうなることは目に見えてましたが、自見の爺さんの無様なことですな。亀井の大将のコメントが載らないのですが、どう思ってましょうか。小理屈ばかりの沖縄下地はただの人になっちゃったし、小沢さんじゃないですが神輿に担ぐは軽くてバカがいいそのままの(体重は重いんでしょうが)爺さんでしたからね自見さん。今更自民党に復党なんてそんな都合のいい話があろうかい?
 WiLLに載ってましたが、アメリカは先の大震災でトモダチ作戦やりましたね、あの費用68億円請求するんだそうですよ日本に。もう一つ、あの震災時に派遣された空母の乗組員が、放射線汚染の危険を十分に知らされてなかったということで一人当たり11億円の損害賠償の訴えを起こしてるんだそうです。エグイ国だ、やっぱりあそこは。日本はすごいなやっぱり。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本質

2013-02-27 08:19:20 | Weblog
昨日2・26事件から77年ということであれこれ特集してました。どちらもNHKでしたが、一つは要人警護という警察の話。要人が大勢暗殺されましたからね。この事件の本質とは何の関係もないことでした。もう一つは9時のニュース番組、一命を取り留めた鈴木貫太郎の奥さんの肉声のテープが発見されて、それを半藤一利が解説するという構成でした。半藤さんは左寄りの歴史家として有名です、たくさん本も出ています、何を言うか期待しましたがありきたりのことだけでした。2・26事件の意義、背景、何よりあの時代の空気。もちろん本読んで知ってるだけですが、さらりと流すにはあの事件は昭和の大画期だったと思っているので、不満というか不全感と言うべきか。鈴木貫太郎が生き残ったという歴史的偶然(つまり必然ですが)にももっと触れて欲しかったのでした。トンガリ過ぎですか?
 補正予算案が参院で117対116で通るという劇的結末。安倍さんのほくそ笑むこと。この差で、このドラマでいいんですよね。民主党が数の上では第一党なんですよ参院は。自民党も民主党も単独で過半数取ってないからねじれ国会と呼んで、マスコミが面白がってた(る)んです。小泉さんの時から三期続けて衆院は単独過半数(どころか絶対安定多数)が続いてますが、衆院通っても参院通らないと、予算とかの重要法案以外は衆院に戻りません、だから参院の攻防です、だから妖怪輿石があれだけ力強いんです。で、この結果。細かい投票内容が新聞に載ります(記名投票だったんでしょうね、これだけ公表されるということは)。民主党の誰々が党議拘束に反対したからという話のようです、一票差ですからそういう犯人探しになりますわね。また民主党の仲間割れかい?面白くも何ともないことです。でも、安倍さんにはいい結果。法案が通るということが第一ですが、このドラマ仕立てがいいじゃないですか。象徴的、暗示的。いいですねぇ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

支持

2013-02-26 08:24:57 | Weblog
安倍さんの支持率がどんどん上がってるそうです。マスコミのやる世論調査がどれだけのもん?という前提です。連中にすれば最初にあれこれ環境(無作為抽出の何人に電話で調査しましたという注釈です)を明示して、この集計具合が学問的に正しいのだ、妙にバイアスかけてないと言ってますがホンマかいな。ま、斜めに見ていればいいのです、どうせ自分達の都合のいいように表現するんですから。で、この結果。アベノミクスの成功は一応認めるんでしょうね朝日も毎日も日経も。それで十分。一年毎の首相交代、途中に政権交代まであって、その混乱は左翼連中にとれば狙い通りだったのでしょうが、余りに思い通りに行って本当に日本が沈んでしまいそうになって、今は少し安倍さんの味方しておこうという対応ですか。今度は長く任せないと世界中から相手にされなくなります、そういう思いにでもなったですかね。思惑は色々なのでしょうが、TPPも意外とあっさり行きそうですね。つまりアベノミクスの成果が顕著だからです。昨夜BSフジのプライムニュースにJAの親分が出ていて、キャスターにどうしてそんなに反対するんだ?と詰め寄られて、言を左右してましたよ。きっちりと数字なり理論なりで反対できないのでした。安い農作物が入ってきたらダメになるだろう!そればかり。米や何やにかかっている高関税(既得権益ですつまり)がなくなると困る、その一点。日本の農業が変わっていくチャンスじゃないのかとかのこれまた言い古されたフレーズに対しても明確に反論できないのでした。失礼ながら、見た目もその辺りにいる頑固オヤジ風で、おつむが涼しい感じじゃない、圧力団体の権化然とした爺さんですから、この対応も致し方ないか、でした。つまり押し切られます、安倍さんの勝ち。医師会の方も同じでしょうね。国民皆保険制度を人質にとってますが、うまくごまかされそうです。この制度は守るべきとは思いますよ、でもアメリカの主張する新自由主義、市場主義とは対極にある社会主義的制度ですから放っておけば必ず潰れます。市場に任せられない、手当ての必要な制度ですから国が守ってきたのですよ。そこに市場開放の波が押し寄せたら、外資が入ってきたらどうなります?どうなりましょうね。医師会に押し返す力もないことですし。ま、この制度が潰れれば、代わり(になるかどうかわかりませんが)の社会保険制度費用が無茶苦茶に嵩んですぐに破綻して、アメリカやイギリスのように医者にかかるにも保険屋の指示に従わねばならなくなります、しかもべらぼうな金取られて。仕方ないですか。これも既得権益ですから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

執行

2013-02-25 08:25:46 | Weblog
死刑執行自体がニュースになるってどうよ?なのですが、死刑に反対している団体が多いので(亀井静香さんがそうでしたね今は知りませんが。日弁連もそうですよ)、それを慮ってのことなのでしょうが、先日三人執行されたとありました。今までもこういう報道は新聞の片隅に載っていたことですが、知らぬ顔名前が多くてそのまま見過ごしてました。今回は知った顔があって、まだ記憶に新しい感じで、微妙な気持ちになりました。無差別殺傷した奴、少女を殺めた奴、ああ、この顔覚えてる。己の信条として死刑を執行しないなんて宣言する法務大臣がいて(今までに沢山いましたよ)本人の自覚のなさよりもそんな奴を任命する首相の見識を疑うことなのですが、首相が反対論者であれば仕方のないことです。ノンポリ(どっちでもいいや)なら尚更ですが。死刑という量刑があって、執行することが法に決められている以上・・という極々わかり易い理屈ですが、どうして日弁連が表立って反対するんでしょうね。いや、反対賛成は「内心」ですからね、どうぞご自由に表明されればいいですが、死刑が執行されるたびにこういう反対するはいかがなものでしょうね。法の番人じゃないのかい?悪法(決してそうは思いませんが)も法じゃないの?死刑では犯罪の抑止はできない、先進国では廃止されている時代遅れの量刑だなんて理由をよく聞きますが、やはり被害者の心情を思うべきでしょうね。こっちの均衡はどうなってるの?です。正義の味方ぶるのはいいのですが、そこのところの説明がいかにも足りないのです。死刑をなくす代わりに仇討を許しますか。それもいいかもしれないですか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

戦略

2013-02-24 09:30:41 | Weblog
TPP参加表明とどの新聞も大見出しです。安倍さんの方針がはっきりしたように思いますね。農協や医師会に阿ることなく国益(もちろんこの人の考える国益です)に向かう。こう書くと平板な正論の如くですが、ここは相当の肚と思います。民意とやら思い上がった民主主義とやらときちんと一線を画すこの態度は頼もしいことと思います。デフレから早く抜ける、そのために具体的な方策を採る。優先順位をきちんと示して実際に進む。次に国際関係の修復。民主党の3年でワヤにされた日本の立ち位置の復興。強固なアメリカの後ろ盾(日米同盟)の再認識、その上での憲法改正、国防軍整備、アジアにおける存在感の再構築、ひいては中国の無体に対抗する体制づくり。I am back,and shall Japan be.なのです。そして同時に教育改革でしょう、美しい日本づくり。この順に行けば戦後レジームからの脱却というフレーズが国民に受け容れられることでしょう。経済対策の三本の矢ではないですが、安倍さんの大戦略はこの三つであるはずです。今回のオバマさんとの首脳会談、TBSの朝番組に出てくる左翼コメンテイター達はこれでもかと斜に構えて冷水ぶっかけるばかりですが、辺野古移転も進めるという方針を明らかにしてTPPをバーター条件にして、まずはアメリカの後ろ盾を確実にしておく、もちろん対中対策としてです、そういう方針が明らかです。こういう流れが見えると、関税撤廃による農業の崩壊危機(民主党は、小沢さんの考え方でしたが、戸別に補償をばら撒こうとしました、無策以下の愚策です)や国民皆保険制度の崩壊危機もものかわ、の迫力です。アメリカの都合の、アメリカが儲けようと思っての仕組みには違いないのですTPPは。素人目にもそう映ります。でも敢えて向かう。農協や医師会といった大票田に背く(JAはいざ知らず、医師会はとうの昔にその力を失ってます。マスコミは何故かいつまでもそういう冠をつけて呼んでいますが)、大勝負(のはず)の参院選前に表明する。既得権益集団に対峙する。真の国益とは何か。そう考えさせてくれているんじゃないんでしょうか。日本は日本人だけのものではないとほざいたルーピー、中国漁船(工作船)事件をもみ消し、逃げるだけだった菅、仙石。この三年の喪失は測り知れぬことなのです。TBSの朝番組で女コメンテイターが典型的な左翼言辞を繰り返してました、辺野古問題です、あれだけ住民が反対しているのに強行するのは民主主義をどう考えている?と憤慨します。民主主義をはき違える、民意を第一におこうとする大間違い。そこを恬として恥じぬ、というかわざとすり替えている狡さ。民主主義を衆愚政治に落すのはこの考え方です。橋下流と言うか。民意民意と言い募る。嫌なら俺を選挙で落とせと開き直る。違うでしょう?ちゃんと考えるプロに任せること、そのプロをきちんと選ぶこと、それが民主主義ですよ。素人たちが銘々勝手に叫ぶ、それを吸い上げる実現するが民主主義ではありません。現在のところ最良の政治形態統治形態とされている民主主義の本来の(理想的)機能はこうです。間違えてはなりません。安倍さんの戦略に期待しましょう。十分に応えてくれると思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

凋落

2013-02-23 08:23:28 | Weblog
国民新党の自見のオヤジ、解党して自民党に戻してくれと泣きついてるそうです、ひとえに次の参院選が危ないからです。情けないことです、仮にも党首ですよ。静香のオヤジを追い出したまでは威勢がよかったですが、所詮は風通しの悪い頭を持った化石のような爺さんです。郵政改革反対する、それは単に自分の地盤を守るためのことだったのでしょうが、それだけでした。先の選挙で落選した沖縄の下地さんも離党(したところでもう議員じゃないんですからねぇ)したとのことですから、わからぬ行動ではないにせよです。晩節を汚す?なんとしてもバッジを離したくない。それだけなんでしょうね。
 竹島の日の式典、壇上に小泉ジュニア、西村真悟と並んでます。女政務官が派遣されて挨拶してます、それが放映されます。この式典は国の主催じゃありません、島根県条例に沿ったものです。島根県のこの態度は賞讃に価すると思います。国がふにゃふにゃ言い淀んでいるからさっさと作って態度表明したという形です。竹島は日本の領土だ。島根県だ。韓国の抗議も報道されます。まずはこうでしょうね。安倍さんの戦略はまず日米同盟を強化して、参院も制覇して、その後憲法改正に斬り込んで、国防軍に編成し直して、そして竹島、尖閣、北方領土へ。今は敢えて火種を増やさない。もちろん知らん顔するのではなく、同時進行しながらです。森さんの訪露派遣、自らの訪米。次の韓国大統領がどう出てくるかでもあります。そして西村真悟議員の顔がここで見えたこと、私のようなトンガリには嬉しいことではありました。小泉ジュニアの意図は何かよくわかりませんが、西村さんはそのままですから。また雑誌に感想文が載ることでしょう。楽しみです。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

決意

2013-02-22 08:23:09 | Weblog
安倍さん訪米です。タラップには夫人の姿がありません、隣に写り込んでるのは外相です。これ、わざとのことなんでしょうが、いいじゃないですか。6年前は夫人と手をつないでたですかね(ルーピーの印象が強すぎるからそうじゃなかったかもしれないですが)、欧米か?!のつっこみで。でも今回は眦を決する体でいいじゃないですか。日本人はこうでいいんですよ。女性蔑視とかどうとかじゃなくて、ルーピーの逆がこれだけ「安定する」という真実です。で、TPPです。きっとTPPは手段なのです安倍さんにとっては。目的は日本の世界的位置の再確認と言うか再構築というか。オバマが狙っているのは何か。アジアの市場に違いないです、それは日本経由でしか実効がないのですがもちろんそう言いながら中国を見てます。中国を睨みながらこっちで経済圏をつくる。安倍さんが(日本が)中国側に寄ることは決してないのですが、その態度を続けるには日米同盟が何より大事で、TPPとバーターするとまで具体的には言わないにしても、国防軍や憲法改正という方向にはアメリカの力添えが必須です。そこが目的です。TPPは手段です。きっとそういう決意なんでしょうね。農協や医師会やの枝葉(敢えて言えば、大義の前の小事)に囚われないという決意。違いましょうかね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

比較

2013-02-21 08:23:43 | Weblog
昨昼も国会中継見ましたが、麻生さんの一人舞台の観です。アベノミクスしか今は突っ込み所がない(とはいえ、小沢さんところの女番頭は下手なボケで周りを凍らせながら、あれこれわざと他の話題を探してましたが)のです、だから勢い質問は財務大臣に集まっていきます。麻生さん余裕綽々です。ボケも利きます、野次も上手に捌きます、笑いが湧きます、そして相手への皮肉や反撃も怠りません、うまいわ。聞いていて面白いんです。こっちも笑ってしまいます。上手。やはりこの人頭いいや。漢字読めないとか(ミゾウユーだけですけどねぇ)漫画ばかり読んでるとかあれこれ叩かれてきた人ですが、なんのなんの。この人このポジションでも映えますねぇ、これぞ適材適所。円安誘導だという外国からの非難にきちんと反論して封じ込める所、リーマンショックの時に(首相でしたね)慌てて何兆円のばら撒きやったというドタバタ(こればかりは何の効果もなかったことでした、みんな貯金に回っちゃって)はあったけれども、頼もしいじゃないですか。ふにゃふにゃ弁解ばかりする連中を見慣れてきましたからこのコントラストも好印象の要因でしょうが。アベノミクスに関しては麻生さんがちゃんと応じてくれてるから、ご本尊は多くを話さずに済んでいて、TPPについて突っ込まれても余裕で捌きます。いいコンビですよね。頼もしい。これじゃないですか。つまりこれも前政権との比較考量ではありますが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

他人

2013-02-20 08:19:06 | Weblog
福島原発事故に対して、茂木経産相が、状況としては安定した状態だが収束したとは言えないと、先の野田どぜう宰相の言を否定したそうです。ふむ。誰が見ても聞いてもそうだろうと思いますね、状態が安定しているってのもとっても疑わしいことですから。冷温停止ってやつでしょうけれど、あれからマスコミが一切報道しなくなりましたからわかりません。一方で「活断層狩り」(と新聞見出しがありました)とも言うべき原発建設地盤のヒステリックな糾弾、さらには東北で四国で九州で電気料金の値上げ申請です。ひとえに原発止めたから、その分火力発電で賄おうとして原油を多く輸入せねばならなくなって、さらに円安が追い打ちして大変なコスト高という顛末です。価格転嫁しなければならなくなったというわけです。だから動かしなさいよ原発を!壊れたのは福島のヤツだけでしょうに。いつまで左翼達の弱者論理に手間取ってる?さっさと福島を処理して(コンクリート詰めすればいいじゃないですか)放射線を閉じ込めて、一層安全に留意しながら全国の原発を動かす。一般家庭の電気代よりも企業の経費です。就中中小企業の息の根を止めかねぬことにもっと危機感を持ちなさいな。ったく本末転倒です。壊れてない原発を動かせば解決することですよ。
 京都の無免許殺人事件、実刑判決ですが、危険運転が適応されずに量刑が少ない判決でした。福岡の、あの飲酒運転の厳罰化のきっかけになった事件は結構重い量刑でしたからね。怒りますわね被害者側は。死刑にしてやりたいことでしょう、その気持ち了解します。亡くした者は帰ってきません、そこを「切り札」にして被害者側は非難します。映像はまさにその場を写します、皆席に並んで順に話します。マスコミの演出です、嫌なことではあります、見世物です。が、こういう場がなければ非難が伝わりませんからね、どうしても劇場化します。法律家が危険運転致死罪の適応について他人事として専門家の素人蔑み態度そのままに得々と説明してました。無免許運転がそのまま危険運転には当たらないことの屁理屈言ってました。どうだかなぁ。法律家ってのは皆正義の味方ぶるんですね。仕方ないことですが、絵に描いた如き逆撫ででした。本人はそんなつもりは全くないのでしょうが。このギャップは大きいですよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仕返

2013-02-19 08:25:18 | Weblog
PM2.5の飛来に向けて外出自粛を勧告するんだそうですお上が。どうだかなあ。大仰じゃないの?という呆れと日本も過去に(現在も)経済発展の過程で酷い公害(大気汚染や環境汚染)を経験してきたんじゃないの?というのど元過ぎればの自分勝手さへの嫌さと、中国に仕返ししているつもりかい?という悪しざまさです。大気汚染だけじゃなく、地下水の汚染も深刻だ、無茶苦茶だ中国は!と新聞に大見出しです。ううむ。もっと大人の対応できんかなぁ。日本はこうやって克服してきたんだぞと教えてやるとか、日本の現状と冷静に比較するとか。日本の平時のPM2.5のレベルはどうなの?そんなこと聞いたこともないですよね。それより福島の放射線、早く止めなさいよ。1mmの千分の一以下の小さなゴミの心配より、こっちでしょう?世界が嗤ってるぞ!
 衆参の委員会質問が中継されます。昨日は昼休みに中継見られたのですが、安倍さん、落ち着いてますねぇ。6年前に小沢さんにコテンパンにやられていたあの絵が(党首討論で)浮かびますが、何と違うこと。自分より年上が、タヌキが、老獪がいなくなったという環境も味方してますが、しかし答え方がどっしりしてること。わずかな期間に経済政策の効果が出ていること、この自信は大きいのでしょうね。いいぞいいぞ。そして麻生さんの落ち着き。ツカミの笑いをきっちり取って、だみ声が通ります。こりゃええぞ。この調子なら参院選も大勝ちでいよいよ本丸に進めます。楽しみですねぇ。あの二人の姿はいいですよ。そう思いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加