柳蔭書翰

徒然なるままに、音楽関連の話題に拘らず、常ならんこの世の事々書き散らし諸兄のお耳汚しに供したく思います。

意気

2012-12-31 09:17:57 | Weblog
安倍さんが産経新聞のインタビューに答えてます。この組み合わせだけでどんな話になるのか想像できますし、その筋の方々には読まずに捨てたいことでしょうが、私にはわくわくドキドキです。週刊誌には櫻井よし子との対談もあります、スッとしてるのですが。その内容です。村山談話と河野談話を撤回すると。撤回という強い言葉ではないですが、違うものにしたいという意向です。いいですねぇ。週刊誌では、5年前には靖国参拝を見送りましたね、あれには本当にがっかりしたことでしたが、彼自身あれを痛恨事と捉えているようです。対談相手が櫻井さんですから聊か口が滑る嫌いはあったにせよ、8月15日がまた面白いことになりそうです。村山談話は一応閣議を経たものですから無碍に否定もできぬという代物です、が、これではならぬという思い、日本には日本の考え方もあり当時の世界の情勢もありという至極当然の主張は為すべきです。もう一つの河野談話、これは官房長官の談話です、重さが全然違うものです。安倍さんが総理として閣議を経たものとして否定すればそれで終わりでしょう。今までうだうだと媚中媚韓勢力に足を引かれ掣肘されうやむやに過ぎてきたから現在があるという見方、因果律は歴としてある正論です。時の政権がどちらを選択するかの問題なのです。歴史の真実はただ一つです、満州国を作って中国に戦争しに行って米英蘭に対して戦争して、負けて、というのは真実です。でもその経緯についての説明は百論百説です。日本側の説明とアメリカの説眼は違って当然です。そして日本の中でも自虐史観と呼ばれる(こういう呼び名も十分にバイアスのかかったものですが)一連の経過を全て日本が悪かったと断じて(戦後アメリカの占領政策そのままに)不都合な考え方をすべて軍国主義、皇国主義の復活と叫びなじる考え方を振り回す勢力が68年跋扈してきました。教育が破壊されて日本人の背骨が痩せ細っているのはお気づきの通り。その根っこから正していこうとする安倍さんの肚は今回はしっかりしてます。前回は小沢さんに振り回されて、美しい国を取り戻すというすばらしい惹句すらも揶揄の対象になって自ら旗を降ろしてしまいましたが、今度は違いましょう。もう一つ、民主党のバカどもが提案していた女性宮家の創設も否定しました。すばらしい。万世一系、男系天皇で受け継がれてきた日本そのものである伝統です。根幹です。国体そのものです。緊急避難的な処理(女帝)は今まで何度もあり、しかし男系は(形式上は)守られてきているという歴史です。そして天皇陛下の存在こそが日本という国の identity (つまり国体)なのです、皇室典範などという規則自体が不遜なことであり、ましてや下々が(政治家風情が)お世継ぎの操作など越権もいい所です。が、そうは言っても男兄弟の少ない皇室の現況に鑑みれば気をもむことは仕方ないにせよ、あの小泉さんのとった態度といい秋篠宮に世継ぎが生まれた時の手のひら返しといい、浅薄な瀰縫策では伝統は守れぬのです。守らねばならぬ伝統という意識のない者にはわからぬことですから。安倍さんに期待は大きいです。どんどん膨らんでいきます。やってくれ!
 今年も拙文拙論にお付き合いいただきまして誠にありがとうございました。来年もああでもないこうでもないとあれこれ噛みついて参りたく存じおります。倍旧のご愛顧ご鞭撻をお願いいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

調査

2012-12-30 09:37:15 | Weblog
活断層を探したいんですねぇ、あちこちの原発で調べ直してます。元々そこに作ろうと計画する時にどういう順序で話が進むのでしょうか。まずは地元の首長でしょうね、政治的に根回しして。その後地元の実力者との交渉。いくら金が落ちますよの話。そして地権者との交渉。酒の金の女のの大接待。こう書くと必ずに反論があることでしょうが、当地でも漁師一軒(一人なのかどうかは定かではありません)当たり一千万を下らぬ金が渡ってるというのは公然の秘密事です、漁業権の放棄という名目で。そして同時進行する(のであろう)候補地の安全性調査。自然破壊の程度は?件の活断層の有りや無しや。狙いをつけた段階から、GOサインありきの進行でしょうから、負の調査結果は隠蔽されます捏造されます無視されます。律速段階は人との交渉です。地権者漁業権者との交渉です。こちらに主力が注がれます。役所に提出する書類上の手続きは粛々と進むわけです。調査しました、問題ありませんでした、で終わりです。役所も書類が揃っていればそれでいいわけですから。チェック、ですか?誰がするんです?今俄かに活断層にライトが当たってますが、上がってきた書類に疑義つけることができますか?素人の役人に。くどいですが役所役人の仕事は調査の内容の吟味ではありません、書類が揃ってるかどうかのチェックです。様式1から7までちゃんと揃ってるかどうか、ちゃんと記載されているかどうかのチェックです、内容が嘘かどうかはわかりはしません。それらしい数字が小難しく並んでいればそれでOKです。でしょう?青森の原発の騒ぎが象徴しますが、建設認可する時にどうしてわからなかったんだ?どうしてその時にチェックしなかったんだ?とマスコミは非難を誘導するのですが、無理ですよそれは。業者の出してくるデータを審査するんですから。今やってる調査は業者(東北電力や関西電力)と繋がってない、金を受け取ってない学者に本格的にやらせているものです。建設申請時のそれとはきっと規模も濃さもコストも格段に違うはずです。そしておそらく結果も違う。違いますよそりゃ。建設側のデータは黒でなければ白です。が、今回あちこちでやってる御用学者でない(清廉の学者ということなのでしょうが、金握らせる価値のない役に立たぬ連中であるわけです業者にとれば)専門家達は正義の味方になれるわけです、白だけを白と言えばいいわけです。少しでも疑義があれば白じゃないと言えばいいのです。こっちも楽な立場ですよ。本人達がそう思っているかどうかは知りませんが、結果としてゼロ信仰を煽るばかりなのです。大飯原発、唯一動いている原発、ここの調査は見解が割れているんだそうです。あなたならこういう場合GOですか?NOですか?私はもちろんGOです。灰色は白です。そうかもしれないが確定できぬ、はそうじゃないんです。じゃぁ青森は?正義の味方達が全員一致で活断層だと言ってます。だからといって大地震がここかで起こるわけじゃないことです。起こるかもしれない、だけですね言えることは。どうして止めるんですか?今まで安全に動いていたモノをどうしてそんな確証のないことを不安がるだけの理由で止めますかねぇ。耐震技術や設備の安全機能の技術の向上をその都度投入しながら動かせばいいじゃないですか。すみません、お気づきの通り、大飯の場合と青森の場合とでは同じ論点で話していません、論点すり替えてます。大飯の場合は、真黒じゃないなら、高々灰色のレベルなら止めることはないと言いました、青森の例ではたとえ真黒でも、せっかくあるものを止めるなよもったいない、と言いました。原発推進はしませんが維持してうまく使い続ければいいと思っている頭で考えてます。ゼロ信仰は世の中を潰す元凶と思っています。だからドンブリでいいとか書類は書類だとかええかげんを信仰するわけでもないのですし、正確勤勉真面目が日本人を日本人たらしめる第一の素養であることに一点の疑いもないし私自身も常に心して生きている事ごとですが、車や他の製品のリコールとは次元の違うことです、不都合を回収廃棄するではなくて、不都合は改修しながら且つ新しい技術を開発しながら稼働し続ければいいんじゃないのでしょうか。「地震の危険と話が違う」と聞こえますが、わざわざに活断層の上に建設しなくてもいいことですが、地震の危険があるだけの理由で潰せは乱暴でしょう。あの東北地震にしても予想が当たったことですか?宇宙人が攻めてくる、と言い続けていればいつか当たるかもしれないという程度の確かさだったんでしょう?言い続けていただけで学者自身が信じてなかったらしいですし。活断層が下にあろうがなかろうが、大地震が起これば被害は免れません。地震国日本に住んでいる宿命です。想定される被害に対して指をくわえて見ていろ、諦めろ、何しても無駄だから放っとけはさすがに無茶でしょうが、想定外という言い訳をしないように行政としての対応をきちんとしておけば届かぬことは仕方のないことですから。そういう「諦め」は必ずいることと思いますし、活断層を危険の親玉のように煽るは間違いと思うのです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

才能

2012-12-29 08:25:47 | Weblog
松井の話題一色でした。どのニュース番組も長尺で特集してました、星陵時代の五打席連続四球、巨人時代の雄姿、ヤンキースのピンストライプ・・どこもステレオタイプではありましたが松井の評価の共通項ですから、それだけ大きな選手であったという証明です。一番の思い出は?と聞かれて、入団当時長嶋監督と二人で素振りを繰り返したことだなんて言って泣かせました。長嶋も応えてます、目をつぶればあの素振りの音が聞こえる、なんてね。このセリフも今後ずっと生き続けるんでしょう。帰ってくればいいのにね。まだそう思ってます。いかがですか?
 閣僚がそれぞれに動いてます。財務省が写ってましたが、官僚たちは正月休み返上の様相です。でも連中嬉しそうに見えましたよ。きっちりと指示が出てきて、それが必要なことと感じられれば、彼らの使命感を刺激するわけです。怠業の対極の気分になっていましょう。生来持ち合わせている誇りを刺激する、使命感をドライブする。脱官僚なんて言われて事務方(官僚)のモチベーションが上がる筈がないです。滞るばかり。それが民主党の三年間だったのでした。正月返上。この号令だけで気合いが入りますよ、能率が上がるもんです。東大出のエリートだけが別構造じゃないんです。誰もが持ってる才能その一です。でしょう?
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美学

2012-12-28 08:25:24 | Weblog
松井引退だそうです。どうして?日本に帰ってくるべきですね。彼の美学なんでしょうが、巨人で代打で一年やるとか、横浜や楽天ならレギュラー張れるでしょうに。阪神も福留や西岡なんか拾わずに松井を引っ張りなさいよ。この人は元々阪神ファンだったってのは有名な(阪神ファンの間では)話ですから。行きっぱなしでそのまま辞めるってのはいかがなものか、です。そう思われませんか。松井はもう一度こっちで見たいですよね。松坂はそうでもないでしょう?ここの差ですよ。
 未来の党ぶっ壊れです。というか、新聞の表現通りです、おばちゃんが母屋を取られて追い出されたって形です。小沢さんの目的は政党助成金でした。50人以上引き連れて未来の党に乗りこんで、選挙で8人まで落ち込んだとはいえ、対するおばちゃん側は一人しか通らない(それも瑞穂さんとけんかして社民党おん出た阿部さんというオチです、余所者ばかり)とあればの顛末。亀井のオヤジも早々に出て行って。何なの?というか、初めから見えてた顛末でしたが。バーカ。
 昨夜NHKのニュース番組に麻生さんが出ていて、経済政策について話してました。ああ、よくわかりましたよ。安心感に包まれました。この人の時に自民党が大負けしたんです、福岡の金持ちのボンボンで漢字読めないとか漫画ばっかりだとかボロクソに言われた人ですが、こういう時にこの顔を見てると安心します。話しぶりがこなれててこれがまたいいい。内容も十分でしたよ。安倍さんが発表した経済対策の三本の矢の解説です、金融政策、財政政策、経済刺激とは?日銀が金を出す、財務省(政府)が事業を興す、経産省が全国にセットする。三つを同時進行するんだという話でした。いい話でしたよ。期待できます。ガンガンやってくれ!
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

切札

2012-12-27 08:26:58 | Weblog
第二次安倍内閣発足です。期待しますねぇ。重厚。共通する評価のようです。民主党の薄っぺらい、誰誰?内閣との比較であることは明らかで、安倍・麻生内閣とか他に色々呼んでますが、私が望んだ「まずは安心感」が幸い満たされて安心です。もう要らないんです、改革の新しい風のは。少なくとも今はどっしり構えてもらいたい、行く道を示してもらいたい、何を変えてくれなくていいから。ですよね。復興大臣に福島選出の、前回落選して野に下っていた人を持ってくる所、なかなかですよ。こういう人がガンガンやるんです、そう思います。一敗地にまみれて、役人(役所)の差別意識、下々を蔑み上役に諂う態度を身に沁みて感じたことでしょうから。どの閣僚も口を揃えてますが、とにかく震災津波原発事故からの復興を加速充実せねばなりません。これ以上ない急場であるに関わらず、平時の規則や手続きに翻弄されてばかりだった民主党政権と違う所をきちんと早く示さねばなりません。デフレからも早く早く。だから総掛りが必要なんです。同じ目標を持って全員で同時進行させる。期待します。ここでこけたら本当に日本は沈みます。期待の星登場です。最後の切り札登場です。そう思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人事

2012-12-26 08:24:30 | Weblog
安倍さん、なかなかの人事でしょう。高市、野田両女史を党役員に据えるは正解です。大臣に女がいないのがどうかなと思うことですが、小池さんを象徴にしないところ、佳しとすべきでしょう。民主党の常だった、誰?がないのがいいですね。お友達だろうがどうだろうが適材であれば問題はないのですが、この中で問題があるとすれば山本一太ですかやはり。日和らずぶれずに反原発イデオロギーに闘えるか。林芳正も谷垣さんも、こいつは要らんと思うのですが石原ジュニアも入れて、総がかりのイメージも作る。額賀さんは?の懸念はいかが。高市さんは名うてのタカ派、安倍さん一派です。期待しますねぇ。野田さんもそう。この人は大臣経験者ですからね。党役員の写真が載ってますが、安倍、高村、河村と山口揃い踏みもいいショットです。私のようなトンガリさん達には久しぶりに溜飲下がったでしょう?
 今度は福留が阪神だそうで。おいおい、出戻り指定球団になり下がったか阪神。横浜やオリックス、楽天に譲ってやりなさいよ。藤浪っていう宝を獲れたんだから金にあかすのはどうにも品のないことで。もっとも阪神に品を求める方がどうかしてるという話ですが。城島で懲りろよの話です。出戻りで働いてるのがいますか?松井だけですか、楽天の。西岡もどこまで働くやら。平野を追い出してポジション用意したのはいいけれど、大丈夫かい?きっとダメでしょうよ。一昔前の巨人の轍をそのまま踏んで、いいのそれで?金食い虫のロートルばかりでどうするの?がっかりです。向きが違ってるぞ。でしょう?阪神ファンの皆様。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

策略

2012-12-25 08:17:20 | Weblog
心を病む教員が5274人という記事です。病気休職している教員が全国でこれだけいるんだそうです。この数字が多いのか少ないのか、この分母はどうなのか、若い奴に多いのかそれともベテラン教員も多いのか等々、条件によって評価が違いましょうが、どう感想を持たれますか。私は、おいおい、です。色んな人間がいますからね、その個体差は十分に理解してます。我が業界にもとんでもない奴が多くいますから、非難ばかりはできません。個体差を否定するのではないですが、職業はちゃんと選べよという話です。自分に向いてるかどうか。大学選ぶとき、進路を選ぶときに試験に通りそうだからその学部ってのが多すぎるんじゃないんでしょうかね。我が業界がまさにそうですね。受験技術の優れた奴が通って行く。でも、現実は厳しいってわけです。新聞は、指導的立場に耐えられぬ、親からのクレームに耐えられぬなどなど理由が挙げられてますが、おいおい。指導的立場ってあなた、先生ってのはそういう仕事じゃないの?モンスターペアレントと呼んで敵対してるわけですが、そことの交渉も含めて教員の仕事でしょうに。でも知り合いの教員に聞くと、日常の事務業務が大変なんだそうです。書類書き。子供に対する時間が削られるんだそうです。文書での報告に忙殺されるんだそうです。誰が決めてる?文科省ですか?それに反対しないんですね日教組は。つまりその方が教員の仕事が少なくて済むって読みですか?というより、そうやって教員を疲弊させて教育自体を痩せ細らせていこうとする意図ですか。年金問題で露呈した社保庁の怠けぶりに象徴されるように、公務員の労組ってのはとにかく怠ける楽する時間外手当毟り取るの団体ですから、その親玉たる日教組もそうに違いなのですが、ここはもう一つ大きな目的があります、教育の破壊です。だから教員を潰すことも実は日教組の策略なのでありましょうぞ。輿石さん、そうでしょう?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

矛盾

2012-12-24 09:10:19 | Weblog
民主党代表選、マッチョ馬淵さんが対抗で出るとか。この人も先の先の代表選で負けて干されていた人です。前のこと思い出しても特にこれといった特徴のある発言はなかった人ですが、対抗が出ることはいいことでしょうか。新聞には、影響力の強まった(今後強化しようとしている)輿石さんが海江田さんを推している、言うことを聞かず無理やりに解散した野田一派の岡田にはやらせぬ、細野さんを今傷つけるわけにはいかない、参院選の顔にせねばならぬという読みです。なるほど。時の幹事長が衆院選大敗の責任を負わぬどころか勢力を伸ばそうとしているという、まさに絵に描いた如き権力争いです。当の本人が衆院議員ではないことのメリットですか。参院のドンであって、衆院よりも参院議員の方が数多くなったという現実が後押しします。250が57ですからね。その責任をとらずに済んでいる不思議です。新代表が決まれば幹事長も代わるんでしょうが、野田さんのように引責で辞めないところ、です。海江田さんの後ろには赤松がつき(このオッサンもどこまでも社会党気質で箸にも棒にもの感ですが)馬淵さんは蓮舫と共闘するとか。コップの中のなんとか。このセリフも何度聞いたことでしょうかね。
 高校駅伝、男は豊川高校が初出場初優勝だそうです。豊川高校の名は女子で前から聞いてますから、男子が初出場と言われても、ああそうなの、なのでしたが、強い監督連れて来たか何年計画かで鍛えてきたのかと想像したことでしたが、仙台育英の特待生達をごっそり引き抜いて、メンバー7人中5人を走らせた結果だそうです。仙台育英と言えば名だたるスポーツ校、駅伝でも常連校です。震災の影響未だ癒えずで十分な練習ができぬ状態だそうで、そこでこの高校が窮状を救ったという話のようです。が、引き抜きは明らかで、いかがなものかという意見は出ますわね。5/7ってどうよ、です。でも、ここは言いよう考えようで、それだけの優れモノたちをみすみす埋もれさせる事もないわけです、環境変えて力を発揮させることに異議申し立ては難しいことでしょう。純粋無垢な子供達に罪はないという、高校野球の神聖侵すべからざるテーゼをそのまま持ってきます。もっとも高校野球ではすでに化けの皮が剥がれてます、罪はないにせよ連中に邪心はあります。強いチームで甲子園に行ってTVに写って高く売りたい。子本人ではなくて実は親の邪心ですが。四番やエースを掻き集める巨人のイメージです、そこまでして勝ちたい?という非難なのですが、仕方ないことです。強いチームはそうやって選手を集めますから。特待生として優遇します、学業などどっちでもよろしい。当地のような田舎の私立高校でも公然と集めますよ。都会の有名校となれば言わずもがなでしょう。そうやらないと強さを保てないのですが、集まっても来るわけです、需要と供給はうまく均衡しているのです。いちいち目くじら立てることではありません。そういう時代です。時に名もない公立校が偶々選手が揃って出てきて世間を楽しませる。それもこれも常連チームが期待通り強くあればこそのうたかたの華ですからね。絶対矛盾の自己同一。そこまで言わずともいいですか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

必然

2012-12-23 14:58:35 | Weblog
昨夜つつがなく第15回クリスマスロックンロールパーティー盛会裡に終えることができました。すべてはおいでいただいた皆様のおかげと心から感謝しております。好きで続けていることです、歌いたいから唄っていることです、四の五の御託を並べることではないですが、今回は歌うことも体力だと思うことでした。毎回同じくらいの量を唄ってきてますが今回は応えました。さて何を物語るか。今後ともよろしくお付き合い願います。
 民主党代表選、海江田さんが立つそうです。岡田さんには反発が大きいそうです。そりゃそうでしょう、あれだけ落される選挙を断行した執行部の真ん中にいた人ですから。落選議員達の恨み節の一斉攻撃を受けてる風です(新聞表記もすでに「前衆院議員」ですから容赦のないことです)。海江田さんを推すのは先の代表選で野田さんに入れなかった連中だそうです。ああ、そんなこともあったねぇと全ては邯鄲の夢、一炊の夢ですが。なんでも蓮舫さんまでその気になってるそうです。権力者失脚の後は干されていた人達の出番、傍流に甘んじていた人達の出番です。相変わらず前原さん細野さんの本命さん達は表に出ません。ここは未だ時期に非ずと踏んでいるのでしょう。谷垣さんに相当する人は誰なのか。海江田さんですかねぇ。蓮舫じゃぁまたひっかきまわすことになりそうですよ、小池のおばさんでなく谷垣さんだったことの考察が必要です。いえ、自民党の大勝ちの理由に谷垣さんの功績を挙げるは民主党への皮肉だとする前提の話です。谷垣さんが強くなかったから、民主党は内ゲバに傾注できたという皮肉です。相手が谷垣さんだったから民主党が自壊したという深読み。小沢さんが強すぎたから自民党は(安倍、福田、麻生)は壊れたのでしたが、谷垣さんだったから小沢さんの毒に民主党が倒れた。小沢さんをやっとのことで追い出したはいいけれど、どじょうが鯰になっちゃった。もっとも、谷垣さん以外にあの場で選択肢があったかと言えば、今この結果から読み遡ってもなかったですかね。すべて必然。どれもこれもきちんと一つの線に繋がっての結果。その場その場では偶然に見えても実は必然なのです。起こるべくして起こった事ごと。ますます運命論者になっていきます。
 田中マー君、年俸4億円だそうです。一方のハンカチ君は3500万でしたか(あんな成績でも、去年よりアップしてましたからね)。歴然たる差。力の差。3500万ってのも大金ですけれど、この格差には外野としても納得しますね。でも、あれで3500万だからなぁ。と、やはりこの絶対値には呆れるやら口惜しいやら。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

確率

2012-12-22 08:24:22 | Weblog
お陰さまで15回目を数えることができましたクリスマスパーティー、当日です。お時間の許す方どうぞお越しください。生バンドの迫力、耳だけではなく体で聴く音楽の心地よさを堪能いただきたく思います。本日午後5時半開場、6時開演です。
 各紙一面に地震予想が載ってます。今後30年以内に震度6弱以上の地震の起きる確率、だそうです。高い所では75%の80%のです。毎回噛みついてますが、この数字の算出根拠を示してほしいことです。どの新聞もそこに触れてくれません。確率というからには、%で示されるからには分母と分子がある筈です。それは何か?今までの記録でしょうね参考にするのは、古文書に記載があったりなかったり。活断層やプレートとの位置関係。何百年に一度の割合で起こっているというのがわかればそこからの推測。富士山の最近の噴火は何時だ?東南海トラフって言うけれど、プレートがそこにあるだけでそれが地震に繋がるってのはどこまで行っても「その虞がある」止まりですよね。どういう算出式なんでしょうか。二つのさいころを振って両方が6の目の出る確率というほどクリアな考え方じゃないのでしょうが、それにしても数字が出ている以上は分母と分子の数字があるけです。是非知りたいですね。そう思われませんか。専門家達があやふやに誤魔化しているのかもしれませんし。30年以内に75%の確率で大地震が起きる。なんて言われても、全然ピンともポンとも来ませんもの。ですよね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加