柳蔭書翰

徒然なるままに、音楽関連の話題に拘らず、常ならんこの世の事々書き散らし諸兄のお耳汚しに供したく思います。

目標

2012-10-31 08:22:08 | Weblog
昨夜いつものように報道ステーション見ようとTVつけましたら、あらら野球ですよ。え、いきなりスポーツコーナーかい?と思えばまだ中継して。ああ、いわゆる民放地上波中継ですね、東京ドームじゃないから日テレじゃなくて。10時回ってるのに中継してる。こんなのもついぞなかったことでしょう、BSとかスカパー以外では。日本ハムが勝ってる。おお。が、ジンクスが・・見ない方がいいかなと思いつつまた見てました。それにしても観客満員。東京ドームもそうでしたがここも満杯。野球人気も捨てたもんじゃないことです。解説が工藤、ゲストにダルビッシュ。声に馴染みのない二人ですから、誰なの?とわかりませんでしたが。大概はわかりますよね、堀内とか梨田とか山本浩二とか落合、野村、川藤。昔で言えば掛布、金田、村山(古過ぎ)。最近の解説者は、桑田が典型ですが、べんちゃら言わないですから面白いですね。昔の解説は全部結果論(ここでデッドボールは痛い、当てたピッチャーが痛い。とか、ここで四球はまずいとか)と巨人ヨイショで済んでましたから。と、気を逸らしつつ経過を追って、よかったジンクス破れました。今日は?見ません。
 日銀がインフレターゲット達成できませんでしたと公表して、なんでも政府がさらに20兆円の金融緩和しろと要請したのに11兆しかしないと決めたんだそうです。何度も言ってますが未だ金融、財政、経済の区別がきっちりつかぬ大素人ですので頓珍漢かもしれませんが、国債を日銀が買ってお金を市場に出す。デフレの原因はお金が世の中に回っていない、端々に届いていない、端々とは一般家庭です。だからお金を吐きだして、どんどん使ってもらおうという魂胆なのですが、新聞には民間の資金需要の乏しい現実は変わっていないとニベもないことです。貨幣を増やしても使う(投資する)先がなければ、一般人の購買意欲が高まらなければ、というはなしですが、これはどっちが先かという卵と鶏の命題になりそうです。さてさて。安倍さんならどうするんでしょう。早く代わって頂戴!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

弁論

2012-10-30 08:24:00 | Weblog
野田さんの所信表明演説、中継では見られませんでした、TVのダイジェスト、朝刊に載る全文読んでの感想ですが、この人の散文調は(弁論大会風)こういう差し迫った時にはイライラしますね。理で詰める時にはきちんとやらねば。どうですか?皆さん!街頭演説などでブレスの時によく連中が使うフレーズです、菅さんがやたらに使って、あれこそが市民運動上がりのサヨクの常套だと誰かに叩かれていたのを思い出しますが、同意を求めるような、ごまかすようなセンテンスはいかがなものか、です。懸案法案がまさに差し迫った状況、敵が城下に迫っているというのに、皆さんにも考えてもらいたい、もくそもないわけですね。もっともっと強い言葉で押さないと。素人ながらそう思いました。全国に気持ちを伝えられる絶好無二の機会ですのに、連中は本当に無駄に使います。ダラダラと原稿読む、しかも早口。そんなのじゃぁ伝わらないっての。極め付きは最後に出たこれ、TVをご覧の主権者たる皆様。おいおい。今度はこっちが悪いってか?国会の首相の所信表明演説ですよ。TVをご覧の皆さま、ですからね。違うんじゃないの?所詮この人は弁論大会レベルの演説上手だったということでした。もううんざりだ。
 ポールが、ビートルズ解散の理由はヨーコじゃない、ビートルズが壊れたんだ、ジョンは離れていく時だったんだ、なんて言ってるそうです。相変わらず商売上手なオッサンです。レットイットビーの映画見ていると、ジョンの横にはずっとヨーコがいます、まさに私達とっては目障り以外の何物でもない。絵にならぬのです、邪魔。ジョンの最後のLPに至っては(Double fantasy)片面が全部ヨーコの歌で、おいおいええ加減にせい!と思うくらいでした(ジャケットのあの二人がキスしている写真は篠山紀信の作です)。でも、もうそんなこと、今更いいですわ。解散申し立てしたのはポールで(他の三人が訴えらた形でしたよ確か)、潰したのはこの人なんでしょうから。デビュー50周年にちなんでのリップサービスですか、それともまたまた書籍なりDVDなりを売りだそうとする魂胆でしょうか。このオッサンは商売うまいですからねぇ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

権力

2012-10-29 08:24:50 | Weblog
見まい見まいと思いつつ、今日は大丈夫だろうと期待しつつやっぱり見てしまってます日本シリーズ。そしてジンクスは破れません。見るなよ!そうなんですけれどねぇ。
 そのTV、なでしこ(女子サッカー)の映像流してました、あらら久しぶりだことで。長く見てませんでしたね。リーグ戦は続いていたそうですが。所詮私達の情報は、つまり関心事ってのはマスコミの思うがままであるわけです。今はフットサルですか、キングカズが得点したなんて大騒ぎです。10年前に全日本から外れてもうすっかり過去の人なのに、これです。フットサル業界には天佑(いいえ、十分に下心があったでしょう、話題になるのは間違いないことですから)、三浦本人も久しぶりにスポットが当たって気分が悪い筈もないことでしょうし、WIN-WIN なんてことなんでしょうが、この関心はマスコミの創りモノですからね。澤とか誰とか(結局名前を覚えてないというわけです)見たことのある顔を久しぶりに見ながら、そう思ってました。確かに第四権力だわ。
 石原さんもマスコミがどう扱うかで行く末が大きく影響されるというわけです。そういう意味では敵を作りすぎちゃってますからねこの御仁。もちろんそれを武器に大衆の耳目を引いてきた人でもあるのですが。何とか安倍さんに力を貸してほしい。そう思うことです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

乱心

2012-10-28 08:37:22 | Weblog
きっとそうだろうなと思いながら見る、その通りの展開になる。TVや新聞は色がはっきりしてますから特にTBSや朝日は期待を裏切りません。今朝のTBS、関口宏の番組、自分達の仇が出てきたような叩き方です。石原都知事です(まだ形の上では知事でしょう)。司会の関口宏の振りからして、都知事としてどうだったのかななのにこの仕儀はどうかなと言ってますからこの場の色は決められました。特に河野洋平です。どこかの新聞に保守ハト派の代表みたいな肩書で回顧録を連載しています。私のようなトンガリ(反ハト派)から言わせれば、この御仁はあの慰安婦談話で無評価どころか大減点政治家です。お前が言うな!なのですが、あの場は批判の場ですからね、待ってましたというか、ここで言わねばどこで言う?の風情でしたよ。あの人は自分の思い通りにならなければ辛抱ならぬ人、あれだけの小説書く人が(と持ち上げて)どうしてあんなに口汚くののしるのか、いつもいつもイライラしてる人、第三極と煽っているが安倍さんも野田さんも石原さんも改憲に向いている、右寄り内向きの勢力であることでは同類だ、本当の第三極とは例えば官邸前にデモしている原発反対とか改憲反対の、現勢力に相対するものを言うべきだと、まぁ饒舌。石原さんは記者会見で小沢は嫌いだとよく言いますが、ついぞ河野さんの名は聞きませんね、相手にしてないということで。TVに写ります、「言うだけ」前原さんがマスコミの期待に応えてまた吠えます、選挙向けの国民を馬鹿にした野合だと。あなた達民主党が右も極左もの大連合した時や、小沢さんと手を組んだ時に言われたまんまの意趣返しですか。ちびっこギャング安住さんは、(消費税や原発問題を)小さな問題だというけれど、じゃぁそれより大きな問題て何だ?と噛みついてます。石原さんの話を聞いてないの?もっと大きな問題は憲法です、国防です、日本人としての再覚醒です、つまり国体(國體)です。目の前の些事(消費税も原発も解決すべき大事なんです、が、いつまでもかかずらっていることではないのです)に手を取られているうちに国が危なくなってる、そういう意識です。手間取ってるのではなくて解決できないのですから今の政権は。そういう所に連中は認識がないのでしょうね、きっと野党が悪いからなんて他人の所為にしてるんですよ仲間内では。でも、私がどれだけ支持しても、さて世の中はどう見るのか。野合だろうが合従連衡だろうが言わば言えであって、政策や理念の不一致という(それこそ)些事に拘泥して国を憂う国を守るという大局を睨めば、まずは数、そして安倍さんと組むべき時は組む。具体策の手詰まり(各勢力の政策のすり合わせや大同した時の親分は誰だ?誰の言うことを聞くんだ?その序列は?などなど、確かにこの業界人達が鼻の穴膨らませるレゾンデートルに関する細則)を抽象論や情に訴える手立てですり替えるという非難があろうと先に書きましたが、石原さんのポリシーは「垂直の情念」ですからね。世代個人差を越えて、日本人が生来共通に持ち合わせている情念、道徳観、価値観等、これを国体と呼ぶのでしょうが、これを呼び覚ませ、日本人として、二千六百有余年続く日本国として再び立ち上がれという活、喝。この思いが今の日本人にどれだけ通じるか。まず議員達に通じないとダメなんでしょうが、ダメかなぁ・・。マスコミはいつものように叩きます。マスコミ(左翼)は、産経を除いて、皆NHKと朝日を筆頭に反石原ですから。もうすぐ寿命が切れるんでしょうね石原さん。死ぬ前三年間の御乱心なのではありましょうから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

進退

2012-10-27 08:20:18 | Weblog
さてさて石原さんの決断。改革へ起爆となるか、打ち上げ花火の蛮勇に終わるか。相変わらず少数党の連中はお山の大将よろしく政策が理念がと念仏唱えてますが、そういう些事が我慢ならぬことなのでしょう。日本を立て直すんだろうが!そのためには多数決だ、議会民主主義が変わらぬ限りは数が必要だ。野合だろうが何だろうがここは大同団結しろ!との思いでしょう。この人に長く牛耳られるなんてことはないですよ、きっともうすぐ死にますよ。よく言いますよ、人は死ぬ前の三年間は常軌を外れるって。今回の身の振り方はとても尋常ではないですから。でも、やむにやまれぬ大和魂であるわけです。ここはまとまって、左に大きく振れ、日本人の背骨が折れている現状の補正修正回復を図るべく道筋をつけようという大きな熱情、国憂い国思う心に参集せよというわけです。もちろんこういう情に訴える大風呂敷は、理屈で押せない時の常套ではありますが、やはり時間が残されてない、それは石原さん自身のことであり日本の現状でもありますが、そういう焦り苛立ちが背を押しての仕儀ではあります。渡辺さんいつまでも我を張らずに(アジェンダでも政策でも公約でも結局同じことなんですから)、河村さんも大村さんも、もちろん橋下さんもそういう救国意識でまとまれませんかね。民主党ではどうにもならぬのですから。で、改めて眺めてみれば、それは安倍さんの方向に一致してます。第三極が台頭すればそれだけ安倍さんを利する、改憲や制度改革への道が開けるということではあります。そんな道具に石原さんを使うは実にもったいないことですが。
 桑名正博の死亡記事です。セクシュアル・ヴァイオレットNO. 1がヒットしたのが54年(と産経のみが表記します、他の新聞は79年です、この差も面白いこと)。ううむ、あの頃じゃと気持ちが止まります。昭和52年に大学に入れました、悪さ盛りの頃です。あの頃はディスコ全盛で、よく行ってた近場のディスコは最後にこの曲がかかり、哀愁トゥナイトもよくかかってました、そして〆めがキャロルでした、あの場面が鮮やかに蘇ります。その手は食わなのアンルイス、なんてよく言ってました。59歳とあります。同年代。コテコテの関西弁で。大阪のロックバンドから出てきた、上田正樹と同じ匂いの人でした。この一曲で生きていける人でしたのにね。ちなみにこの曲は筒美恭平作曲です、本人の作ったロックではありません、歌謡曲です。合掌。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

炸裂

2012-10-26 08:23:46 | Weblog
石原節炸裂!TBSの昼のワイドショーで、今日3時から記者会見がある、何だ何だ?という所までは聞いてましたが、その後失念、夜のニュースで、おお!!でした。ああ、辞めるんだ都知事を。さすがに先が短いとの焦りでしょうね、今俺がやらねばという気負い。ずっとずっと気負ってきた人、憂えてきた人なのでしょうが、新聞やTVが取り敢えず解説しているように、尖閣問題の経緯と息子の為体が誘因だったのでしょうね。右側の論客、保守の本質を言い続ける人という位置づけですね、みなさんお感じの通り。時代世代を貫く垂直の情念、という表現。これが保守の神髄だと私は思ってるのですが、こういうことを平気で言う人がいないですからね。去年(こぞ)今年貫く棒のようなもの、という句がありますね、これと共鳴します、心に共振します。今更言わずとも私が石原シンパであることは、読んでいただいている方々にはお分かりのことでしょうが、記者会見でめった斬りする所、痛快そのものでした。尖閣の時に野田がどうのこうの、横田基地の問題の時には前原がどうのこうのと、呼び捨てでぶった斬り。すぐに立ち枯れ(たち上がれ日本)の爺さん達に合流して、橋下さんをちゃんと持ち挙げて、私は国会に戻ると明言する。こりゃたまりませんわ、ぞくぞくしますよ。新聞によると、亀井の爺さんに話を持って行ったら、こんどは静香の爺さんが拗ねてるそうですよ、俺に話がなかったってことでしょう。久しぶりに出番が来たってのに拗ねてる場合じゃないよ。でも、どうなりましょうね。安倍さんと協調するが一番国の為だと思うのですがね。いかがですか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

拗稚

2012-10-25 08:23:41 | Weblog
党首会談が決裂して、どっちもどっちという話しなのですが、例の三党合意ってのはどうだったんですかね。当の谷垣さんがいないってのが、野田さんの逃げ場、言った言わないの話はしないという態度に繋がっているのですが、安倍さんが引き継ぎによればなんて言っても、当の本人(野田さん)がそんなことはないって言えばそれまでですから。不思議なことに谷垣さん黙ってるし。産経の一面に、武装解除するから解散を明言しろという話だったのに問責に同意して、責任は谷垣さんにあると怒っているのが野田さんの頑なさの原因だとあります。そうでしょうねぇ。あの時の、参院での問責決議に自民党が賛成したのは賛否両論というより非難囂々というか何故?でしたから。谷垣さんやらTVに出てくる議員(山本一太とか誰とか)が頻りに言い訳してましたが全然理の通らぬことは明らかでした。政治の世界の不可解なんてことで済ますしかないことですけれど、怒りますわねそりゃ。法案通してくれる約束だろう?ですから。参院審議を止めてどうするのよ?怒りますわね。それでもっていつ解散する?は、まぁない話ですわね、野田さんには同情の余地はあります。が、それを世論を引き寄せる手立てに使えない、どころか他の所で次々と失着を続ける。再び三度の任命責任ってやつです。いつまでも拗ねてる場合じゃないだろう?という非難が追ってきますよ。解散はしない、法案を通す!そう言い放てばいいんだし、それが嫌なら不信任案を出せばいいし、きっと小沢さんのグループは反対しますよ、選挙は嫌でしょうから。なれば否決。また国会止まって。チキンレースですか。いいの?それで。いいわけないだろ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

素性

2012-10-24 08:22:13 | Weblog
女子レスリングの吉田、国民栄誉賞です。それは相応の褒章だと思います、拍手を送ります。が、TVに出ている顔、おお、化粧して。それがまたイタイわ。妙な白塗りで。私のようなオッサンにもわかるくらいですから、況や貴姉方に於かれましてはおや。はしゃぎぶりはいつものこの人で、神妙な口上とは裏腹に、賞の重みも何もないことで。素性育ちは争えませぬが、こういう時代なのであります。
 週刊朝日、例の記事を読みました。どんな書き方なんだろうととても期待して読みましたが、なぁんだ、でした。これなら、先に文春だか新潮だかが暴露した記事の方がえげつなかったですよ。被差別部落のやくざのの出自から橋下をはししたからはしもとに読み変えたいきさつとか、もっときつい内容だったですよ。それには大した抗議もせず(したのかもしれません、私が知らぬだけです)、こっちに?と訝ることでした。が、新聞等に「解説」してある通り、具体的に大阪の地名が載ってます、つまり地域のが特定されて、同和対策に支障をきたすなんてことなのでした。朝日(だけではなく言葉狩り、文化破壊主義を標榜する勢力)が今まで非難糾弾の対象にしていたふるまいを自らやっちゃったということでした。朝日は神妙です、作者の佐野真一には一言も触れず、全ては掲載した方に責任があると。天唾だったというわけでしたが、つまらんことですねぇ。佐野真一のコメント聞きたいですね、今のところ全く出てきませんが。この人最近よく報道ステーション(古館の番組)に出てましたから、いつかその機会があるかもしれませんが(もっとも、こんな時に出さないでしょうねえ)。佐野真一はルポライター、ノンフィクション作家でしょう肩書は。宮本常一のこと書いたり(大往生の島、当地大島物語です)、最近は孫正義の伝記かいてます(あんぽん)。週刊誌の連載分を読んでましたが、こっちの方がうんとえげつない表現でしたよ。書かれる側の度量の問題もあるのでしょうが、自分が先頭切って仕掛けてきた言葉狩りの罠に自ら落ちたマヌケではあります。ご一読を、といつもは言うのですが、今回はそんなに面白くなかったです。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

政権

2012-10-23 08:21:38 | Weblog
こんちくしょー!やっぱり一昨日、中継見たのが運のつきでしたか。つまらん!こんな結果はつまらん!大滝秀治さんに合掌。NHKが、18年前もあと一勝で栄冠を逃がしたのよ高木守道は、という回顧してました。中日が公式戦最後の巨人戦に負けて優勝逃がした試合。長嶋巨人です。落合が松井がホームラン打ってます、対する投手は今中。最後は桑田が投げて、あの歓喜の場面はよく見るヤツです。ああ、プロ野球がまだ華やかだった頃、役者がいた頃ですな。懐古趣味の私には嬉しい映像でしたが、結果が気に入らねぇ!
 田中法相が辞任するんだそうです。まぁ世の中に悪顔は沢山いて、悪役商会ってのがありましたね青汁のCMで有名になった八田某、川谷卓三やらの悪役、斬られ役、殺され役専門の集団、この人達に負けぬ悪顔、小沢さんの一の子分の山岡さんとか現外相の玄葉さんもこの系だと思うのですが、その親分とも仰ぐべき貫禄充分の悪顔爺さんです。週刊誌見れば出るわ出るわ。辞任じゃなくて更迭すべきなんでしょうがね、小泉さんが真紀子を斬った時のように。すればまた離党するのが増えるという泣き所。暴力団に繋がってるのが法相なんていう悪い冗談。どうなってるんでしょうね野田のおっさんの人選基準は。前原さんは好き勝手言ってるし。ちびっこギャング安住さんや輿石さんがすぐに否定してバタバタ。政権の体を為してない。もう何度こんな言葉投げつけても絵に書いた如き蛙の面にションベン状態。安倍さんや山口さんが本気で怒って見せても馬耳東風。ひょっとしてこのオヤジは大物かしら。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

僻目

2012-10-22 08:22:42 | Weblog
とうとう高校生までが日本のプロ野球を蹴って大リーグに行くと騒いでます。岩手花巻東の大谷、甲子園に出られなかった、背の高い、160㎞/時の速球投げる、あの投手です。大リーグも選択肢と大きく出るのは西武でなかなか前に出られない菊池雄星以来ですか。こいつ見てると大言はよしたがいいなと思いますが、それよりも17、8のガキの思うようにさせてる周りがバカですかね。どんな才能かは私にはわかりませんが、まずは普通の道を行けと諭すの親の仕事でしょうにね。自分の力を確かめてからにしろって。マスコミにちやほやされて潰されたのが一体何人いるんでしょうか。トップ選手の流出、とうとう高校生にまで、と新聞は騒いで見せてますが、その実はこの投手の潰れるのを待ってるわけです。日本のプロ野球機構を糾したい?いいえ、だから行くなって言ったろう?と言いたくてうずうずしてるんですよ。単純な僻みやっかみ根性です。嫌なことです。
 久しぶりに野球中継見ると、阪神は負ける、巨人は勝つ。こういうジンクスが確かにあるのです最近は。昨日もそうでした。昔の日本シリーズ(まだシリーズじゃないですけど)は全部デーゲームでしたよね、この季節でしたよね。日没引き分け再試合なんてのもあったくらいで(広島西武だったですかね、8戦までやってましたね)、それが当然の如く全部ナイターで。ドーム球場になったからでしょうけど。で、昨日。見たんですよ。サヨナラの場面を見てしまいました。こんちくしょー!桑田が解説してましたが、この人は指導者できっとユニフォーム着るんでしょうね、そう思いました、理屈っぽいや。今夜ですか?見ません、絶対に。
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加