柳蔭書翰

徒然なるままに、音楽関連の話題に拘らず、常ならんこの世の事々書き散らし諸兄のお耳汚しに供したく思います。

素顔

2012-09-30 09:27:24 | Weblog
中国は尖閣国有化を契機にしてこれでもかと「制裁」を仕掛けてきてますが、一方で河野洋平、田中真紀子、加藤紘一といった名だたる親中政治家を中国に呼んで友好維持も演出してます。ノコノコと出かけていく連中も連中ですが、彼等は彼等で特使気取りなんでしょう、実際はご機嫌とりなんでしょうが。田中真紀子は(夫婦で呼ばれてたそうです、素人防衛相の後に就いてすぐクビになったあのド素人元防相です)オヤジの名代で呼ばれてるんでしょうね、日中国交回復40周年ですから。イランの大統領に会いに行ったルーピーと同列です。月刊誌WiLLで読んだことですが、沖縄知事はオスプレイが岩国に搬入された時に北京にいたんだそうです。彼も親中人だそうです。あの反対行動は沖縄の左傾空気だけが押し出しているのではなくて、トップが中国の顔色見ているからという絵解きでした。反日日本人は日本中にウヨウヨいます。だから安倍さんが必要なんです。今朝のTBS(関口宏の番組)は、現在の領土領海摩擦に対して今まで何も対策しなかった日本が悪いなんて言い方を許してますし、毎日新聞論説委員は、歴史に対する教育が全然違うんだ、中韓は日清日露戦争時代のことを持ち出して反論している、自分達が負けたり併合されたりした歴史を敢えて持ち出してくる所国を挙げての方針なのだ、一方で日本の若い者達はそういう戦争のあったこと自体を知らない、この差は大きい、なんて嘆じてました。おいおい、あんたが言うな。学校で(社会や日本史の授業で)明治維新以降を全く教えなかったのはあんたたちの勢力の恣意だろうに。日本は侵略戦争して中韓初めアジアの諸国に迷惑かけました、そしてアメリカさんが原爆落してくれてやっと戦争が終わりました、日本は悪い国でしたというイメージだけを植え付けているだけです。このサヨク思考には苦笑いだけでした。野田さんは国連で強気の発言を繰り返します。ぶれずに言い続けることが必要とは思いますが、軍艦差し向けてきたらこっちも出す、喧嘩を買う気概も必要です。早く安倍さんに任せろと気が急くのですが、でも今この緩急時に選挙している場合かとも思います。
 その選挙。維新の会があれこれやってるようなのですが、何だかマスコミの扱いも段々小さくなっている様子です。新聞の写真には竹中平蔵さんの顔が見えます。国会議員が次々に身を寄せているようですが、ポピュリズムの常です、体制への不満が必ず要ります。今は安倍さんへの期待(それは今朝のTBSでもそうでしたが批判非難でもあります。タカ派、危ない、旧態依然、そして内閣投げ出しという消せない出来事。通りがかりの一般人に言わせてます、街の声だ世論だと言いたげに)に勝てない様相ですか。小泉さんよろしく、今までの政治をぶっ潰すと叫んでますが、対中対韓の方針が聞こえませんし、そろそろみんな飽きてきたんでしょう。風がやんできたら国会議員達はそわそわし始めるんでしょうね、選挙に負けそうだから離党してきたんですから。理念や政策が近い、なんていい格好言ってますが実のところは違いますわね。安倍さんや石破さんが今後きちんと積み上げていけば、風はやみますね。野田さんはフラフラやって行くばかりでしょうが、現政権への対立軸だけでは弱いんです、自民党にも噛みつかねば風は吹かないのです。自民党が評判立て直せば、第三勢力の要はないのです。自民党が安倍さんに代わったことが橋下さんの運のつきでしたか。そんな感じですね。可哀想に、というか、これが国の為でしたが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

時代

2012-09-29 08:21:39 | Weblog
新聞記事の大きさは自民党の方が政府民主党に勝ってます。党三役、役員人事です。高村さんが副総裁、河村さんは選挙に向けての要職に留任と、長州閥の様相ですか。額賀派からの登用がなかったと不平が鳴らされているそうですが、今回のような人選すれば仲良し人事と揶揄される、そうでなければ旧態依然の派閥の論理と叩かれる。どっちにしても非難されますが。でも、民主党のそれにはそういう興味すらないようです。細野さんを重用する所だけが目玉ですか。小沢さん去った後も輿石さんじゃねぇ。さてさて、解散やいつに?
 岩国から映画館がなくなるそうです。ニューセントラルが閉館だそうです。当地柳井からはうんと前にとうの昔になくなってます。高校時分から岩国の映画館に行かねばならぬことでした。映画自体にそれほど興味はなかったのですが、見るとなれば岩国か徳山に行くしかなかったのでした。下松にシネコンができてますが、あれはあれで画期的なことでしたが、たまに行くとどのホールもガラガラです。DVDの時代、インターネットの時代なのです、この流れは止められぬとは言え、思うことは多いです。高校時分に行きました、ある愛の歌、メロディーフェア、ロミオとジュリエット、プレスリーのライブ映画。記憶は鮮やかです。在来線で行くのです、学生服着て行くのです、あの時代のことです。つい最近それこそ何十年ぶりに見に行ったのでしたが、何ともレトロなままで(つまり改装改修がないということ)、この閉館の知らせも、そうかぁではあります。徳山から百貨店が消えます。岩国から映画館が消えます。時代は変わります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

目眩

2012-09-28 08:22:41 | Weblog
オスプレイに民間人を搭乗させるというパフォーマンスです。これもよくわかりません。安全性を実感してもらう、なんて目的だそうです。周辺の首長たちはこぞって拒否(あれこれ理由つけてるようですが)、知事も乗りませんでした。誰が乗ったかと見れば、TVに映像が流れてましたからTV局のスタッフ、首長に代わる行政人、後は民間人ですか?朝日新聞がわざわざにアピールしてましたよ紙面で、朝日新聞記者は選に漏れて乗れなかったと。へぇ、アメリカさんもやるねぇ。でも、それがどうした?ですよね。乗り心地がいいとか悪いとかの問題じゃないですわね。産経新聞には搭乗記なるものが載ってます、音が小さいとか振動が少ないとか。ええ?そんなことなの?ガタガタ揺れようが大騒音であろうが、武器としての機能が第一ですわね。乗り心地が要るの?要件に。そりゃ悪いよりいい方がいいでしょうけれど。このパフォーマンスも現地懐柔手続きの一つなんでしょうけれど、何とも人を馬鹿にしていることですわ。軍事評論家とか軍事オタクとか、武器兵器自体に興味のあるマニアックな奴らとか、ただの冷やかしとか、そういう輩も混じっているでしょうし、そういう所まで想定しての手続きです。朝日新聞記者を撥くところもナカナカです。どうです、安全でしょう?うむ、乗っている分には怖くなかった、なんてね。無料の遊覧飛行ですわ。ヘリコプターなんて普通は乗れませんからね。しかも最新兵器ですよこれ。マニアにはたまらぬことでしょうし、選に漏れるということは選があったということです、オタク達が山と応募してきたんでしょうね。こんなことでごまかされないぞ!岩国や沖縄の反対する人々の気持ちは理解します。明らかにすり替え、ガス抜き、前振りです。映像で見る限り、米兵の愛想のいいこと。遊覧飛行ですわね。目眩ましですか。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

総裁

2012-09-27 08:22:34 | Weblog
民主党の時もそうでしたが、昨日の自民党総裁選も昼休み中にぴったりはまって、全編見ました。いやぁ面白かったですよ。下馬評通りの展開です。私はトンガリですから、石原さんじゃぁどうにもならんぞと言ってきました、それはそうなる虞が大きかったからでもあります。どこまで石原さんが派閥の長達を、長老たちを丸めこめるか、こればかりは外からは見えぬことですからね、オヤジはそれなりに動いたんでしょうか、あれこれ考えて開票結果に食い入ってました。ま、オヤジに近いは立ち枯れの爺さん達でしょう、この人達は安倍さんでしょうからね。オヤジに連なるはタカ派連中でしょうし、とか色々。果たして安倍さんの大勝ち(石原さんに)。ここで一回目の万歳です。で、即、決戦投票です。ここがなかなか緊迫感でしたね。例えば一時間の休憩とかあるんだろうなと思ってましたが、なしです。つまり、こういうことを想定しての事前の選挙運動であったわけですね。前回の民主党の代表選で鹿野さんが上着を脱ぐ脱がぬで子分達にブロックサイン送っていたという話が有名ですが、今回もそんなのがあったのでしょうか。19票差でしたね、これは一回目の投票での得票差そのままです、ということは石原、町村、林に入れた議員達はきれいにに半々に割れたというわけですね。この辺りの段取りが、永田町の論理とか旧態依然の派閥政治とか、こういうことが嫌いな連中から叩かれるんですが、でも選挙ってこういうことですからねぇ。自民党も変われないなぁと呆れてる輩も多いと聞きますが、いいえ、ここで安倍さんを選ぶ所、保守のDNAでありましょう。腐っても保守。きちんと守る。国民の多くも期待してると思いますよ。左に大きく振れた針を元に戻せるのはこの人でしたから。嬉しく思います。いかがですか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

戦略

2012-09-26 08:18:38 | Weblog
次は台湾です。映像見れば放水合戦で、何だか牧歌的遊戯的友好的ではあるのですが、こっちの海保の船が向こうの漁船の前に回り込んだりして(スピードの差は歴然なのでしょう)素人目にも危ないこと。専門家が見れば、実際に船を駆る人達にはこんなことはあくまで挨拶程度、前戯程度のことかもしれませんが、一触即発の感は溢れます。台湾側の言い分は領土ではない、漁業権の確保だと。中国とは違うと。ううむ。尖閣に絡むのはこっちもだとの宣言でしょうか。周辺諸国との友好関係。小学生でも言うだろうフレーズですが、したり顔した政治家がよく言いますよ、右手で殴り合いしながら左手で握手するのが外交だって。野田さんはこちらからは仕掛けず、平和友好の繰り返しで時間を稼ごうとの戦略でしょう、それはつまり自民党がアメリカを背に置いてやってきた通りの手立てです。国軍がなければ、核がなければこういう手段しかないわけです。喧嘩はいけない、戦争はいけない。その通りですが、世界はそうは動いてませんね。やっと目覚める秋が来たのでしょう。
 自民党総裁選です。さてさて。新聞TVの下馬評はどこも同じです。一回目の選挙では石破さんが勝つ、でも過半数には届かない。決選投票では石破さんが負ける。一回目に二位になる者が総裁になる。安倍さんか石原さんか。マの字もハの字も出ません。ハの字はおらが国さの次の宝ですからここはしっかり力を貯めてもらいたいと思う所です。現在の日本の置かれた環境考えれば、ここは安倍さんでしょう。石原さんではきっと野田さんと大差ないことだと思います。都知事からの教示指示などがあるだろうと思いはしますが、この男自身の素養資質の問題ですし。何とか安倍さんになってもらいたい。中韓に強く出られるはこの人だけです。そう思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

認識

2012-09-25 08:23:07 | Weblog
オスプレイ、当地大畠で見たという話を昨日往診先で聞いたことでしたが、TVや新聞でワーワー書きたててます。そうですね、市街地を避けて海上を飛んで行くという約束のように聞いてましたから。実際に下関の先の訓練海域まで行くのにも直線で山を越えるんじゃなくてわざわざ海に出て飛んで行ったんでしょう?もっとも下関に来るとは聞いてない!と市長は怒ってましたが。でも飛んで行ったら帰ってくるわけで。こっちの言う市街地と連中の考えてる市街地とはおそらく違いましょうし。当地屋代島(通称大島、周防大島町)は瀬戸内海を飛んで帰って来て基地に向けて北にカーブする場所に浮かぶ島です、「市街地」じゃないですねどう見ても。もちろん上から見ても集落は見えるでしょうけれど、市街地じゃないですわ。運動場の真上を飛んで行ったとか抗議があったそうですが、そりゃ無茶だわ、です。大畠はその対岸です。大島に向かい合う本土側です。そりゃ見えるでしょう。そこから見えなければどこで見えるってのよというロケーションです。本土の上空飛んだら大文句ですから海上を飛ぶ、島を横切るのもいけないなんては聞いてない!でしょう。第一、無理な話です。だから飛ぶな!という理屈なんでしょうが、飛んでしまってますからもう。中国への抑止力です。そういう理解も必要だと思うのですが。その根源は日本に国軍がないことなのですから。
 細野さんが政調会長だそうです。選挙の顔と書かれてます。どうやっても揶揄されるのが宿命とはいえ、野田さんも長くてもあと一年しかないというのに、そんなに面子変えて上手くいくはずがないでしょうに。頑固に輿石さんは代えない。ここですか。細野さんもいいピエロです。可哀想に。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

言語

2012-09-24 08:24:06 | Weblog
昨夜NHKでいい番組やってましたよ。対中対韓問題をどうする?という特集でした。対韓討論が面白かったです。元外交官の田中均さん(この人は小泉さんが訪韓した北朝鮮の拉致問題時に大叩きされた人です、オピニオン雑誌上では賞讃非難の相半ばする人です)と櫻井よし子女史、言わずと知れた切れ者。他に学者が一人、これが日本側。韓国側に三人、学者とジャーナリストなんでしょうか。日本語で通訳入れずの討論です。まずこれに感心しました。韓国側はもちろんネイティブじゃないわけですから、カタコト感に溢れますし、単語の使い方が生硬でそこのところニュアンスが伝わりにくいんだろうなと割り引く所でしたが、しかし滔々と論じます。歴史認識、何と言っても韓国(朝鮮)は35年間日本でした、そこのところの認識具合です、政治的な決着だけでは足りぬのだとここに出てきている三人が言います。大統領の言をなぞるかのようです。日本は十分に対応じてきたぞと田中氏が言い(ある時は気色ばみ)、櫻井女史は冷静に今まで積み上げられた事実を並べながら理路整然と詰める。でも、ねじれの位置です。聞いているだけでもわかります。田中さんは小泉訪北時には売国奴とまで罵られたことのある御仁ですが、いえ、この場では十分に「日本側」でした。こっちもそういう先入観で見てますから、韓国側の発言するのかとも思ってましたが、そうではなかったです。でも、櫻井女史は意見の違うことはきちんとそう言ってました。櫻井さんほどの保守ではないのでしょう彼は。なにより思ったこと。日本人が韓国でこういう場面で韓国語で丁々発止にやりあえる者がいるのだろうか?という疑問、不安。言葉の重要性を改めて知らされたことでした。外交する相手国の言葉を操れる能力。外交官は皆備えていることなのでしょうが、櫻井さんは韓国語を喋れるんでしょうか。これも才能ですか。身につけるべき武器でしょうね。そう思いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

深読

2012-09-23 07:41:53 | Weblog
巨人優勝しました。まさにぶっちぎり。ま、あれだけ集めればの話ではあるのですが、しかしそれだけではありません、若いのが何人もいます。原の手腕は認められるべきものだろうと思います。余所から連れてくる四番はいつものように使い捨てられる運命ですが、そんな中で阿部を中心に据えるが長嶋と違う所、堀内やらと違う所でしょう。今年は阪神が沈みに沈んでしまいましたので、すっかり興味が失せていたことでした。新南陽出身の岩本がどうか育ってもらいたいと思うのですが、その程度で。でも、原の女騒動、暴力団のゆすりに一億円支払ったという大醜聞は見事に霧散しましたね。読売の力、ナベツネの力です。情報は作られるのです。世論は恣意に作りかえられるのですよ。
 ワープロ、パソコンの普及で漢字を書けなくなったという記事です。変換間違いという新たな間抜けを生みだしてますが、確かにこの功罪は大きいですね。辞書ひくしかなかった所、キーを叩くだけで変換されるんですから。ま、これも仕方ないことでしょうが、昔からこういうことは言われてましたよ、読めるけれど書けない漢字が多くあるって。読めるけれど書けないってのは言語機能の欠落です、失語症だと冷やかすことですが、いやいや病的なものではありません。バラ、リンゴ、レモン、うつ・・。読めるけど書けないでしょう?さらに、言葉の本当の意味が失われてるという話題です。失笑。穿った見方をする。割愛する。あなたが思っている、普段に使っている意味と本来の意味がきっと違いますよ。一度辞書をひっくり返して下さい。新しい発見です。
 中国の反日デモで毛沢東の写真を掲げている映像がありましたね。あれ、何を意味するんでしょう。北朝鮮でいつまでも金日成が偶像化されている、あれと同じかと思えばそれだけなんでしょうが、反日ともう一つ繋がりませんよね。戦争中の抗日まで遡ることなんでしょうか、その後蒋介石を追い出した英雄でしょうから。もう一つ見方があるそうです、今の格差社会への抗議だそうです。つまり現政権への抗議。昔は貧しかったけれど皆平等だった、という抗議だそうです。毛沢東は文革という無茶苦茶をやった人でしたが、それでも支持されているのですね。否、支持されているのではなく、反対運動の象徴として担がれているだけなのでしょうが。その目的でやろうものなら即しょっ引かれるんでしょうから、今回の機に乗じているという読みです。なるほどね。それはそれで、そうかなと思いますが。でも、あの国は、あそこの国民性はわかりませんね。どこでどう火がつくのか。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国防

2012-09-22 08:21:36 | Weblog
野田さん再選です。細野さんが降りた時点でこうなることは明らかでしたが、漫然粛々と手続きが進む態でした、見てました。議員の投票の前に党員の投票結果が示されて、ここで既に勝負あり。自民党の場合はこれをせずに議員の投票が終わってからどちらも開票発表するんだそうです。とはいえ、同時に開票するのではないでしょうから党員投票の結果は必ず漏れます、選挙屋の親玉たる議員達の日和見、勝ち馬乗り気質の影響排除は困難でしょうが。投票前の最後の演説、興味深く聞いてました。演説合戦も野田さんの勝ちでしたが、どうにも内容の薄いことで。つまり他の三人が何~に言ってる?のレベルだったというわけでした。赤松さんは原稿読んでる。論外。原口さんは政策や方針のことではなく、情に訴えるだけ。あなたが一番若いんだから、正面から斬り込まずにどうする?所詮この程度の奴なんでしょう。前原さんと並ぶ、言うだけ番長。鹿野さんは総論一般論を羅列しただけの弁論大会です。トーンの抑揚をこれでもかと付けてましたが、それだけでした。野田さんの話で引っかかったこと、社会保障のくだりでこう言ってました、現在の社会保障は将来世代を搾取する制度だ、将来世代こそが弱者なのだと。搾取・・弱者・・。がっかりします。そういう捉え方している限り社会保障制度なんてのは成り立ちません。相互扶助。これでしょう、これしかないのです。ああ、この男も所詮はサヨクかと。自衛隊は暴力装置なんて思ってるんでしょうね、オヤジは自衛隊員だったそうですが。もうひとつ、子ども手当のくだりで、子供達は未来から送ら(贈ら)れてきた留学生だ、金のバラ撒きではないタネ撒き(播き)なのだ、と。未来から送られてきた、ねぇ。留学生かぁ。中学生の弁論大会か?!吹いたというかゲンナリしましたこの表現。誰に向かっての、どの勢力に媚びての表現なのでしょうか。輿石さんが幹事長留任だそうです新聞によると。もう小沢さんがいないのに?この人は小沢懐柔用だったんじゃないの?「近いうち解散」はなくなったようです、自民党の問責決議賛成が腹に据えかねてるようですから。三党合意の責任者、谷垣さんが怒ってるようですが、これも今となっては遠吠えです。公党間の約束。二言目には彼らはこう気色ばむことですが、どう約束してどう守ってるのよ?さてさて。
 オスプレイが飛びました。飛びますよね、政府がOK出したんですから。岩国だけでなく近くに飛んで来た下関の市長、そして知事がカメラの前で遺憾の意を表明してます。怒ってます。これも手続きです。国防という大義ですから相手は。国土面積の1%に満たぬ所に米軍基地の80%近くが存在する理不尽、とよく言われます。まずは国軍のない不自然。そして地政学的(軍事的位置)要衝であること。まさに今中国が攻めてきそうです、当の沖縄にです。どうするんだ。丸腰のままでいいのか。これも当然の意見でしょう。だから現時点では米軍です。今この時点で、米軍排除していいんですか。フィリピンの轍を絵に描いた如くそのまま踏んでる愚です。中韓には、日本人同士の付き合い方は通用しないのです。向こうにその気がないのですから。沖縄へのオスプレイの配備は、日本を利するでしょう?沖縄を害しますか?尖閣だけでなく、沖縄を奪られるかもしれないのですよ。岩国で呑気に叫んでる人達は沖縄に行って一緒に叫ぶんでしょうか。岩国から居なくなればいいのでしょう?すぐに沖縄に行きますよ。政府がOKしたんですから。明らかに対中防衛目的です。これ以上の大義はないでしょう。中国怖がって誰も(政治家もマスコミも)言いませんが、明確な中国への抑止力です。さすがの鳩山さんもわかってることでしょう。いかがですか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

風雲

2012-09-21 08:21:27 | Weblog
町村さん、降りないんだそうです。政治生命が断たれる、んだそうです。そうですか。負けるとわかってるのに出るのも辛いことでしょうね。新聞読めば本人の体面と同じだけの重さで派閥力学、長老の差し繰りがあるようです。今日民主党の代表選です。どの新聞も決選投票なしに一発で野田さん再選だと打ってます、見ていてもそうだと思います、全然面白くない。でも、尖閣は、中国問題は風雲急です。今のところはさすがに強がって肩いからしてる、片意地張ってる野田さんですが、きっとビビってますからね、ここくらいは男気出さねばというくらいの思いなんでしょう。向こうさんが一発撃ってきたらどうしましょう。彼の国は、あれだけのデモ暴動が当局からの通達メールで即止むという怖さ、気味悪さです。つまりあの暴動は官製です。向こうは軍艦差し向けてます。こっちは海保対応。これも「冷静な」対応なのでしょうが、よくアメリカがやる、グイと空母差し向ける、あの圧力威力は絶大ですからね。日本にはないのかよ?という話です。軍艦マーチをバックに大艦隊が出てこいよ!です。軍隊を放棄する、国防を放棄するなんてとんでもない憲法なのだと気づくべきなのです。二度とアメリカに歯向かえなくするように、日本という国を、日本人の精神を骨抜きにしようとする大原則で造られた憲法であり諸制度だったわけです。それをダラダラと戴いてきた、つまりは自民党の大責任なのではあります。中国が騒げば騒ぐほど安倍さん利すると思います。いえ、そんな票読みの話じゃありません、日本の先行きの話です。でしょう?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加