柳蔭書翰

徒然なるままに、音楽関連の話題に拘らず、常ならんこの世の事々書き散らし諸兄のお耳汚しに供したく思います。

脚光

2012-07-31 08:24:14 | Weblog
どのチャンネルもオリンピックばかりで、早くも食傷気味です。民放にはお笑いタレントやらジャニーズの連中やらが偉そうに出てきます、この点についてだけはNHKに限ります。でも、昨夜は柔道女子、松本という初顔に釘付けでした。こりゃすごいわ。卓球に平野という相手を睨みつける選手がいて、それをTVで見た日には愛ちゃん一色(今は石川とツートップですが)だったこの業界に風を吹き込んだことでしたが、松本という選手もそうです。軽量級の二人があっさり負けて、実はそれ以外に国民は知らない、というかマスコミが報道しない宣伝しなかっただけですが、そんな中で誰?こいつ誰?と現れた新星、また顔が怖い。アバター顔。気合い十分。今にも噛みつかれそうな形相。で、しつこい試合運び。準々、準決勝と相手が途中でバテるというより戦意喪失するようなしつこさ。どんどん出てくる、組み手争いが執拗、ずっと追いかける。スタミナ切れる前に気持ちが切れる感じです。やる気がなくなってるような表情。早く止めたいという表情。すごい奴がいるんじゃないですか。男の中矢ってのも銀メダルです。この女野生児とは対照的な地味な大人しいタイプ。派手さのない、寝技得意という選手、インタビューでも「お母さんは・・」なんて言ってる、朴訥と言えばそう。でも一所懸命やりました、なんて言わない、悔しいとばかり言う。そこはよし。注目されない選手が脚光を浴びる。これも五輪。ですね。文句言いながらよく見てるじゃないか?ですか。すみません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

良識

2012-07-30 08:21:10 | Weblog
北島負け、柔道女子立て続けに負け、体操男子はバタバタ落ち。神風など吹きはしないのです。煽るだけ煽った後の惨めさをマスコミは責任取りません、言いっ放し。多くは見ないのですが、実況アナも感情入れ過ぎです。TVの向こうで(ブラウン管の向こうで、という表現が定番でしたが、今はもうブラウン管自体が駆逐されてます)ブー垂れてるのと同じレベルで実況してます。それじゃぁダメだろうに。どれもこれもがサッカーのゴー~~~ル!調じゃ芸がないことでしょうに。と思いつつ、勝負事の怖さという一般論に身を隠しましょうか。とらぬ狸の皮算用。子供にこのことわざの意味を教えるに一番の例じゃないですかね。
 県知事選、自公の組織選挙で押した候補が順当勝ちです。が、25万票対18万票です。こりゃ僅差だわ。来るぞ来るぞと怖れられて、結局大阪維新の会は一度も応援に来なかったのでしたが、一日だけでも大票田、例えば下関、徳山、山口などに橋下や中田といったタレント達が最終土曜日に一時間づつでも話に来てたらわかりませんでしたね。気持ち悪いくらいの無党派層の分厚さです。保守王国と言われてきた山口ですが、保守の地盤沈下と表現すべきなんでしょうね。新知事は当地柳井の出身ですが、一紙に早くも地区別得票が載ってます、柳井で一万対五千、周辺自治体でも1:2、2:3の所もあります。地元でこうです。大票田周南市では向こうさんに獲られてます(飯田さんは徳山出身です)。自民党が嫌われてるのでしょう。どっちでもいい人には目新しく新鮮で直近の問題を大きく取り上げる方が印象的でしょう。そういう人達が増えている。何だか空恐ろしい気がします。この傾向は大都会だけの傾向ではないということです。維新の会を調子づかせることでしょう。ポピュリズムは全国に蔓延しています。良識は追い込まれてます。そう思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高望

2012-07-29 06:31:37 | Weblog
ここ暫くは五輪五輪です、マスコミの重点がそっちに向いて、政治家達も一息つくのでしょうか。もっとも、連中も計算ずくです、小沢さん騒動もあのタイミングを測っての仕儀だったのでしょうし。金メダルがいくつでメダル全部でいくつ、なんて予想というか希望というかTVはバカ騒ぎしてますが、その予想は初日からどんどん外れて行きます。神風信仰ってのは本当に日本人の遺伝子に組み込まれているんでしょう、とても敵わぬ相手に対してもいけるぞ!とやる。気合いだ、気持ちだ、向かって行く心だ!と来る。そんなことで勝てるはずがないです。いや、当の本人は食ってやる気持が要るのでしょう、初めから萎えていたんじゃそれこそ風も運も吹きません。でもこっちで飯食ってる連中(スポーツ評論家達)が迎合してどうする?迎合しなければ記事の依頼が来ないんでしょうかね。周りがフワフワ褒めそやし持ち上げ続けるもんだから、選手達も「楽しんできます」なんてバカ言う。そんな奴らは皆負けてますから。初日いくつか金メダルが獲れる計算だったんでしょう、それが零。柔道の二人、確実視されていた二人が負けて、カメラの前に立ってます。でも二人とも本当に悔しそうで。いいですね、こういう顔見せて欲しいです。勝負は時の運なんだろうと、スポーツに縁のない、運動で人に勝ったことのない者でも思ってます、勝った負けたが全てじゃないとこれは幼少時から刷り込まれてます、でもオリンピックに行くほどの優れ者が簡単に負けるわ、へらへら笑ってるわ(そういうのが最近多いですからね)じゃぁ見てる方は憤るわけです。日の丸背負ってるんじゃないの?その覚悟でその場にいるんじゃないの?オリンピックなんて出たくなかった、でも自分が他のものより優れていたから来てやっただけなんて感覚でしょうか?文句言うならお前出れば?でしょうか。いえいえ、強化選手に指定され、日本の代表だと大優遇されてちやほやされて優越感の塊となって今その場にいるんでしょう、そんなつもりはなかったなんては言わせませぬ。出たくても出られぬ多くの国民に代わってしっかりやれ、なんて強制するつもりもないことです、出たくても出られないのはこっちが劣ってるからですから。優れ者達が悪いわけではありません。彼らは単純に同類の昔の優れ者達に選ばれただけでしょう。でも自分の意思でそっちに向いて進んできたんです、周りの期待に応えるべきであって、そういう常識に裏打ちされたふるまいをするべきです。体操の内村が、水泳の北島が、なでしこが負けた時にどう言うか。スポーツで人に勝ったことのない者が批判するはやっかみ僻みが半分以上含まれてます、小学校の徒競争来のここぞとばかりのルサンチマンでもあります。ここのバイアスは差し引かねばなりませぬが、マスコミの神風報道、頑張ったんだから結果は仕方ない的なナァナァな、今まで特別扱いの強者であった者を一転弱者に仕立てての左翼的すり替え論法に偽善を見、目を背ける思いがすることです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

五輪

2012-07-28 08:21:39 | Weblog
オリンピック始まりました。スタジアムの造りとか花火の打ち上がり方とか、北京の時もこうじゃなかったかいなぁと思いながら見てます。派手な方向にはもう行き詰めた感ですか。ビジュアルに訴える方向は来る所まで来ているんでしょう。次はスタジアムごと動かすとか空から降ってくる、地から湧いてくるとかとんでもないことを大金掛けて、のレベルですか。見た目に楽しい、面白いは結構なことですが、それが国威発揚とか国の沽券にかけてとかそういうものにすり替わって華美驕奢に進むはいかがなものかとは思います。そして国柄です。派手なのがアメリカとか中南米とか中国とかならそんなもんじゃろうと思いますが、そういう点からみればイギリスらしい渋いところを見せてもらいたいなとも思うことです。イギリスが渋いと誰が決めた?いえ、私の勝手な決めつけです。ブウ垂れて見てばかりじゃありません、感心していることももちろんあります。イギリスは女王陛下の国なんだなという再認識です。矍鑠と威厳高く参列されている姿は長い歴史を感じさせるに十分です。ポールマッカートニーがヘイジュード唄ってます。フィナーレにこの人です。すっかり爺さんになってますが、この人のイギリスにおける存在価値が十二分に表れてます。オリンピックの開会式にヘイジュードですよ。ビートルズの偉大さというべきなのか、ポールのその後の社会活動のおかげなのか。いずれにせよ、この曲のすごさではあるのでしょう。いくらブー垂れてもこれでOKです。勝手なもんです。すみません。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

作病

2012-07-27 08:22:17 | Weblog
うつ病の安易な投薬防止という新聞見出しです。うつ病学会が発表したんだそうです。新型うつ病なんてのが最近また出現していることご存知の方も多いでしょう、病気の閾値がどんどん下がっていきます。うつ病患者が10年前の3倍になってるという事実を挙げてます。病人が増えた原因は何だと思いますか?自殺者があれだけ(年間3万人超)いるんだから、世の中のストレスは相当なんだし、今まで見つからなかった人が多かったんだろうな、と?そういう行為的な捉え方に乗っかって、というかそういう風に大喧伝してきましたからね製薬会社が、彼らの思惑通りに皆さんが思ってくれれば大成功なのですが、実は全くの逆です。うつ病は心の風邪です、というコピーを覚えておられましょう?うつ病に対する新薬ができたんです、それを売らんかなの大宣伝だったのです。で、御用学者がいます必ず。学界の権威といわれてる者達が、たっぷり袖の下(資金援助とも言いますが)もらって押す推す。精神科が専門で、うつ病なんてのは町の開業医が診る病気じゃなかったんですよ、それが敷居が一気に下がって、本物のうつ病を見たこともない町医者が、元気がありません、食欲がありません、なんてい言う人に、軽いうつですねなんて言いながらその新薬を処方する。そういう図式です。製薬会社は大儲けです。医者は治した気分になってる。それ以上の責任はないんですからね医者には。で、間違った処方されて(うつ病なんかじゃないんですから)治らない治らないでズルズル過ぎてしまう。この人もうつ病患者でカウントされます。こういうカラクリです。学会は初めから知ってたことなんですよ。製薬会社からの資金援助が(しがらみが)どれだけ大きいかということです。うつ病ってのはちゃんと精神科で診てもらわなければなりません。その辺の内科でうつ病なんて言われてるあなた、きっと間違いですよ。あなたがうつ病でいたいのなら、それはそれで話は別ですが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

衰退

2012-07-26 08:21:19 | Weblog
松井、クビです。こうなることは十分に予想できたことでしたが、果たして現実になると、イチローのことと併せて感慨深いことです。スポーツ選手の宿命です。早晩衰えがやってくる。トップアスリートと褒めそやされ続けた者になればなるほど、自分の衰えも強く感じることでしょうし、その時の世間の反応は自分の予想を越えていましょうし。褒めそやした分、その返しはきついものです。松井は帰ってきたらいいのにと思いますね、意地を張らずに。イチローはまさに退路を自ら断つ決断だったようです。大型五年契約の最後の年、衰えが見えてますから今まで通りの巨額ではないにせよこれだけ実績もありその分球団に貢献してきた選手です、マリナーズに残ればあと何年かは「安泰」だった筈です、そこを敢えて離れる。ヤンキースに行きたかったんでしょう、それはそうでしょうが、新聞見ると契約時の約束は来季を保障しないとか、下位打順でしか使わないとか、先発で使わないこともあるとか、厳しいものだったそうです、でも全てを呑んで移籍したと。野球人生を逆算したんでしょうね、あとどれくらいできるか、そういう計算。松井はその前に怪我して、主導権を握れなかった。この差は大きいし、これがこの二人の決定的な差なんでしょう。イチローが衰え消えていくのを見るのもこれは辛いことですか。
 トヨタが東北に工場を作って、円高不況による産業の空洞化傾向に抗って「日本で車を作る」としかと態度を示したと、一昨日の古館の番組で持ち上げてました。企業は利潤の追求だけでは足りない、日本に社会に貢献しなければならぬという大正論、社長がぶちあげます。見え見えのセリフではあるのですが、やはりこう言葉にして発表して行動を起こす、この力を再認識しました。やはり人を動かすのは言葉です。文字じゃありません、口から出てくる言葉です。痛感しました。でも、空洞化を嘆いているけれど、外国に工場を作ってその先鞭をつけてきたのがトヨタじゃなかったの?と皮肉の一つも言いたくなる所ではありましたが。得てして古館は(この番組は)大企業を叩くことが多い、そういう傾向のあることですが、東北復興に掛けて、遅々として進まぬ国の方策への面当てとして、大きく採り上げたというわけでした。トヨタの社長が泡食ってたりして。え?褒められたの?って。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詐病

2012-07-25 08:20:41 | Weblog
熱中症例が先週だけで全国で5400人余り救急搬送されたと新聞にも見出し、TVも大声あげてます。でもよく聞いてると実は「熱中症とみられる症状で救急搬送された人数」だそうです、こう断ってるということは(こういう所はマスコミは突っ込まれたら嫌なもんだからきちんと逃げます)、本物の熱中症とは違う、本人や周りの思い込み症例も多く含まれているということです。救急車で搬送された数と言うんですから、救急隊の判断で計上しているのか、本人の申告(私は熱中症です!)を数えているのかでしょう、搬送先の医者の診断じゃないですよね。ここですわ。きっと本物はその二割三割と思いますよ。だってこれだけ熱中症になるから気をつけろとワンワン言われれば、少し気分悪くなって、水飲んでもよくならなかったらすわ!と思いますわね。世の中には不安症の人も多いし、健康マニアもまた多いし、家庭の医学書(今はインターネットの検索エンジンです、同じことが載ってます)は可能性のある症状を全てダラダラと網羅的に書き並べてますからどんな症状でも当てはまるもんです。さよう、この病気も「作られている」のです。誰が得しているのか知りませんが、新たに病気を作りあげて徒らに不安や恐怖を煽るマスコミのいつもの手立てです。スポーツ飲料業界ですか、関連グッズ業界ですか、誰が後ろで糸引いてるんでしょう。あるいは地球温暖化関連団体かもしれません、気温の上昇やヒートアイランド化を間接的に責める。35℃を越える気温なんてのは確かに私達が子供時分にはないことでしたね。30℃で十分に暑い、真夏感でした、せいぜい32、3℃。気温の上昇には頷きますが、それを二酸化炭素にこじつけるのはきっと間違いです。それは措いて。熱中症て、そんなに簡単に陥る状態じゃないです。家で寝たきりの年寄りが暑い環境に置かれればどうだかわかりませんが、それって極めて特殊な環境です。普通の人が少々暑い所にいても潰れはしません。しっかりなさい!あなたは十分に強い筈ですよ。安易な弱者強者論に乗ってはなりませぬ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大局

2012-07-24 13:18:00 | Weblog
ブログのメンテナンスとかで朝いつもの時間に書けませんでした、午後一時回って書いてます。年に何度かあることですが何だか気が急くことです。いえ、朝もゆったりと書いているのではありません、30分弱です、ガサガサっと書いてます。そんなに時間的環境は違わないのに、おかしなことですが。
 オスプレイが予定通り、何事もなかったように岩国基地に陸揚げされました。まさに丸無視、でしたね。ガタガタ言うな!って。そんな反応もなかったですか、知らん顔。反対運動も現場ではとても貧弱で、遠巻きに叫んでいるだけで、こりゃ効果ないわなぁと外野は思いました。基地の中ですからね、当然ではあります。接岸する波止まで押し掛けるわけにいきません。それを敵さんは見越してますし。粛々と、整斉と。知事と市長がえらく怒ってますが、厚木基地の艦載機受け入れの約束も反故にするぞと言ってます。この二人が盛んに口にする信頼関係とはこういうことでしょう。でも、遡れば前の井原市長が艦載機移転に大反対して住民投票や選挙し直したりして、挙げ句市庁舎建て替えの補助金を止められるという兵糧攻めにあって、現市長に変わった途端にどかんと降りてくるという自民党のあからさまな飴と鞭方策を見せつけられて、その後、政権変わってからのこの事態、野田さんは知らん顔してる、自民党側(知事と市長)が大反対してる。どっちなのよ?枝葉末節で大騒ぎする、本幹の問題(対中軍備、日本の再軍備、憲法改正)には触れようともしない。こんなことでいいのかい?野田さん。だけじゃなく、知事さんや市長さんも。
 昨朝はオスプレイのテロップが何度も出ましたが、今朝はイチローのヤンキース移籍のテロップです。ええ?こっちのほうがびっくりしましたね。力の衰えが素人目にも目立ってきたイチローです。今更ヤンキース?ですが、そうだからこそ替わりたいんでしょうねヤンキースに。日本で言えば巨人です。最後はここで。実績は十分です。元ヤンキースのイチローです。いえ、川口や広沢らのようなみっともないことは言わないかもしれませんが、それだけヤンキースってのは野球小僧には大ブランドなんでしょうね。川崎どうするんでしょう。イチローを追っかけて、マリナーズだから入れてくれたんでした。即クビでしょうか。帰ってこいよ川崎。その方がいいと思うよ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

整斉

2012-07-23 08:23:12 | Weblog
オスプレイ、リアルタイムに速報テロップがNHK画面に出ます。基地に接岸した、陸揚げ開始した、そして番組中断して一機目が基地内を運搬される空からの映像が流れてます。反対運動していたんだそうですが、上関のカヌーや漁船のようには妨害できなかったと見えます。基地の港には入れないんでしょうね、当然と言えば当然。下手に入ったら撃たれましょうし。粛々と、防衛相は「整斉と」という漢字で表現してますが、計画通り進むばかりです。全くアメリカは一顧だにせず、の感です。お前達に文句言われる筋じゃない、んでしょう。そんな危ないモノを日本で飛行訓練するなよ。ここだけです要求できるのは。配備するなとは言えませんわね確かに。事故が起きてから、被害が出てからじゃ遅いんだ、という理屈です。それが、もちろんですが、基地要らん、基地反対、アメリカ出ていけ!に変わって行きます、というか、ここの所から出てきてると言うべきか。で、容認懐柔派は抑止力という大きな話にすり替えます。ルーピーがこの意味を知らなかったと吐露したのはもはや伝説の笑い話ですが、中国ロシアの覇権主義、領土拡大主義に抵抗するには最新最強の軍備が必要だ、そういう兵器武器を持っていることが戦争の抑止になるんだという論です。話が大きくなっていつもここで止まります。だから、日本が軍備しなさいよ。アメリカ軍だから問題が生じてる。これが国軍ならそうはならぬでしょう。中国に侵攻されそうなのは日本なんですよ。アメリカの軍隊頼っててどうするんです?という所で止まります。憲法を守れという別の話になって行きます。危険なモノを日本で飛ばすな。これだけなんですが、やっぱり弱いですわね、守ってもらってるんですからアメリカさんに。整斉と進むばかりでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

表現

2012-07-22 09:05:29 | Weblog
松山千春、鳩山潰しに出馬するんだそうです。自民党からもスキンヘッドの元スピードスケーター(小柄な金メダリスト、また名前忘れました、の影に隠れていた人です)が立つと言ってますから、こりゃ面白いなぁ。でも、鳩山さんからすれば、対立が多い方が向こうの票が割れるから有利じゃないんでしょうかね。尤もそれも、自分の固定票が計算できればの話です。こんな無茶やってきた末ですから、民主党グラグラですから、組織票がどこまで期待できるのやら。資金はたっぷりでしょうが、この空気までを金で買えるか?です。週刊誌は盛んに煽ります、菅さんも危ない、大阪は全滅だろう、小沢さんも、と。橋下一派が席巻するという予想ですが、どうでしょうね。大阪やら近畿一帯ではそうなるでしょうが、全国ではどうでしょうね、特に田舎では。先の二回の選挙の実績があります、都会も田舎も空気に流される、ポピュリズムに流されることは証明されてます、相当数はいくのでしょうがね。どこまでが都会で、どこからが田舎か。少なくとも当地山口は田舎です。あなたの地元はどうですか。
 オスプレイ、今日釜山を出て(どうして釜山に寄ったかはわからぬそうです)、明日岩国に到着するそうです。こっちがどう騒いでも向こうさんは知らん顔の態です。予定通り粛々と。アメリカ側は、安全が日米で確認されるまでは飛ばさない、これが合意事項だ、スケジュールの問題ではない、と遮ってます。どぜうさんは、軍備配置の問題であり、それはアメリカ軍の都合だからとつれないことです。防衛相は懐柔にやっきですですが、やはり「止められないんだ」という基本姿勢です。岩国に運んで、ここで飛行訓練して大丈夫と知らしめて沖縄に運ぶ、そういう手順のようですが、安全性をこっちで確認する計画なら、まだ危ないということじゃないか、と岩国とすれば思うわけですね。沖縄は結果を待てばいいのですから、今ここで騒がなくてもいいんでしょう。TVや岩国市長はオスプレイの陸揚げと表現します。陸揚げ。駐機でもなく、装備配置でもなく。ここに意図が見えるわけですね、大きな貨物の荷揚げのように取り扱う意図。駐機とか配置では動きそうなんでしょうね。陸揚げとはここに置いておくだけというイメージですか。この辺り面白いなと思いながら聞いています。兵器の陸揚げなんてのはおかしい言葉遣いでしょう?
 吃音。きつおん。どもることです。NHKで治療を積極的にしている病院があると紹介してました。二人のキャスターがあれこれ話してましたが、肝心の吃音の説明が隔靴掻痒でした。どもると言えば日本中誰でも理解できることなのに、どもると一切言いませんでした。きっと差別用語指定単語なのでしょう、つまらぬこと。吃音、読める人の方が少ないでしょう。つまり、きつおんと聞いても意味のわからぬ人の方が多いわけです。それは術語、医学用語、専門用語ですから仕方ありません、だから平易な表現があるのです、どもり症でいいじゃないですか。そう言われて傷つく、んでしょうか。いじめでしょうか。チビ、ハゲ、デブ、ブス・・セクハラの定義、いじめの定義がどんどん安易になって行く如く、言われる方が嫌と思えば全て排除するという風潮を嘆きます。めくら、つんぼ、おし、びっこ、かたわ等々、すべてに漢字が充てられている文化です。言葉狩りしていればそれでよしとする安直さと幼稚さを嘆くことです。推進する者達の、逆差別を隠す卑劣さを難ずることです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加