柳蔭書翰

徒然なるままに、音楽関連の話題に拘らず、常ならんこの世の事々書き散らし諸兄のお耳汚しに供したく思います。

技術

2012-06-30 08:17:32 | Weblog
小沢輿石会談が続いてます。古館は番組で一体何を話してるんだ?と呆れて見せてましたが、何をって翻心を交渉しているんですよね。こういう時の為にどぜうさんは輿石さんを幹事長に据えたんですから。新聞には衆院で40人くらい、参院合わせて50人くらいの離党予想とあります。マスコミの煽る衆院54には届かないんだそうです。ならば斬る。こちらは十分に歩み寄ったがダメだった、処分する。離党は許さぬ、除籍だ。辞職させない、解雇だ、です。できますかね。少数与党に落ちなければいい訳ですね実質は。そう踏めればGOです。と思うのですが。ここでそれができれば急場は凌げましょう。他人事ながらじれったいことではあります。
 中国が有人宇宙飛行を成功させて、飛行士が無事に帰還したという記事です。モンゴル平原に落ちてきたんだそうです。海に落ちるなら未だ緩衝されようかと想像もできますが、地面に直接落ちる?ハヤブサのように。あれは機械だけですからね。こっちは人が乗ってる。宇宙から飛んで来たのが直接地面に叩きつけられる。ですよね。よく無事なこと。素人の想像が及びません。そういう緩衝装置なんでしょうね。スペースシャトルは飛行機のように滑空して着陸してましたね。こっちはそんなんじゃなく塊で落ちてくるだけでしょう?それもビックリですが、しかしこっちの技術もすっかり中国に追い抜かれてます日本。日本はこんなことしてないですよね。種子島から打ち上げてるのは有人機じゃないですね、日本人飛行士は皆アメリカの機で飛んでますから。このあたりどうなってるんでしょうか。技術的な優劣をどこで測るのかは知りませんが。
 小野やすしの死亡記事。地井武男の死亡記事です。後者は、いささかマニアックでしょうが、昔の映画「放課後」、井上陽水の「夢の中へ」が劇中歌で使われた、これで彼がブレイクしたというプロフィールですが、栗田ひろみ主演の映画、その相手役のイメージが強く残ってます。小野やすしはドリフターズのメンバーだった、ドンキーカルテットで売れた、その後もよくTVで見る顔でした。ベタベタの色モノという感じではなく、どことなくインテリ風の雰囲気を醸して、TVの刑事モノとかでよく見ました。これといって理由なく、しかし何故か好きなタレントでした。合掌。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

眉唾

2012-06-29 08:17:53 | Weblog
レアアースが240年分見つかったんだそうです。鳥島の沖、5000mの海底だそうです。ううむ。そんなに手放しな話ですか?まるでこれで中国の横着に振り回されずに済むなんて話になってます。5000mの海底を浚渫する技術は十分なのでしょうか。今からの対応じゃないのでしょうか、そして何より確かな情報なのでしょうか。どうも眉唾モノに思えます。ごめんなさい、あれは間違いでした、なんてすごすご頭下げることにならなければいいんですが。光速より速いモノが嘘だったように。
 小沢さん、いよいよチキンレースを仕掛けてます。自民党と組む、増税案を参院でも通そうとするなら離党すると脅してます。少数与党化を人質にとります。つまりこの増税案は通るけれどその他の法案が全部ダメになるぞということです。衆院で民主党が過半数なくなるということですから。でもそうなったらそうなったであれこれの切り崩しがあろうものです、民主党を割った連中がその辺に沢山いますから。でもこれも、54人ですか、少なくともこれだけが小沢さんについて行ったら(離党したら)の仮定話です。離党したってそれぞれの法案に賛成反対はその人の自由でしょうからねぇ。単なる数勘定の話です。陣笠達を本当に自分では考えない駒として数えているだけの仮定です。それこそ小沢さんへの造反もあり得る話でしょうし。どうだかなぁ。もう小沢さんの時代じゃないけど。いかがです?
 毎日新聞が山口県知事選に関連してこんなアンケートしてます。橋下流は賛成か否か。こんなのが県知事になるのはどう思うか?賛否半々だったそうです。どういう意図だ?これは反保守のキャンペーンですな。飯田さんを十分に意識しての持って行き方です。反原発、脱原発に世論を誘導したいんでしょうね。知事が上関の予定地埋め立ての失効を決めたことも追い風ですか?原発云々を争点にしてもしょうがないことでしょうにね。ここにも恣意を感じることでした。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

芝居

2012-06-28 08:17:13 | Weblog
どうするんだ?どぜう宰相!という下世話な煽りでマスコミは大声出してますが、連中の数計算見ていれば答えは一つしかないですよね。造反した奴らを全員除籍にしたら「少数与党」になってしまうそうで、そんなことする筈がないのです。小沢さんやらは端から承知の介です。クビにできるもんならしてみろ、です。でも小沢さんも、飛び出しても次がない。どこともひっつけない、数が足りない。増税に反対している他のあれこれと、その一点の一致でもって暫定的に引っ付きますか。それにしても少数でしょう、共産党にまで手を伸ばしたとしても。チキンレースです。首相と小沢さんの綱引き。で、中途半端なことやった時には自公がまた背いて、今度は小沢さんがあの週刊誌ネタで叩かれ始める。にっちもさっちもで、とうとうどぜうさんが伝家の宝刀を抜く。民主党が惨敗する。小沢さんまでが落ちる。マスコミが食いつきそうなネタですから。という筋でしょうか。
 どの電力会社も株主総会を同日開催して、どこもかしこも脱原発の提案が出されて、どこもかしこも否決されたんだそうです。東電では猪瀬副知事、関電では橋下市長が質問提案してましたが、こういう時こそ総会屋の出番です、多数決は簡単なことです。どんなことを提案しても「あなたの御意見として伺っておきます」で済みます、これはこの辺りの会議でもよく使われる手です。さんざ言わせておいて、ご意見を頂戴いたしました所で採決に移ります、でチョン。こんなことです。多数決の功罪は大きいですなぁ。でも他にどんな手があるかいと問われれば、ないんですよ。こんな大勢を集めて開催すること自体が思う壺ですから。でしょう?
 ピーナッツの一人、ジュリーと結婚していた方が亡くなったという記事です。71歳だそうです。シャボン玉ホリデーですね、何と言っても。私達の世代は何とか間に合いました。この番組はリアルタイムで見てました。クレージーキャッツ、青島幸雄の面々です。エンディングのスターダストが印象的でした。ピーナッツは日本人で唯一エドサリバンショーに出た歌手としても特筆されてます。宮川泰の作る曲が当たった、大スターでしたよね。懐かしい思いが強いです。合掌。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

保身

2012-06-27 08:21:46 | Weblog
さすがに小沢さん、今度という今度は欠席せずに反対票を投じてました。ひょっとしてまたまた姿をくらまして、先の松木さんのような連中をたくさん作るんじゃないかと思ったりもしたことでしたが。で、その採決。TVがずっと追いかけます、何色の札を持っているかをずっと映します。もっともあれはごまかせません、昨日見ている分には賛成札はオッサンの事務方に、反対札はその後ろにいる女事務方に渡すという明快さです。どっちに入れたかわからない、はないことでした。だから反対札入れる奴らは皆皆TVを意識してましたね。さすがに青札を振り回す奴はいませんでしたが、どいつもこいつも悲壮な面持ちで。芝居がかってます。結果は自民党抱き込んだ効果が出たというものでした。造反組より自公のほうが数多いという単純計算でした。不景気時期の増税がさらに不景気を呼ぶってのはきっと正しい読みなんでしょう、歴史が物語ってます。が、ヨーロッパの経済危機は債務の膨らみが原因でした、ユーロという国を越えた共通貨幣の弊害限界云々は二次的な解説です。だから、今の日本の債務超過状態に何とか手を打たねば、もっと平たく言えばそういう態度を見せねば、次には日本の信用が、円の信用が落ちてしまう、そういう危機感、危惧は共有しなければならぬことだろうと思います。他にやることがある。小沢さんの繰り言(増税反対派の決まり文句でもあります)ですが、じゃぁ何をしたというんだあんたは?党員停止食らってて、しかも刑事被告の立場じゃ・・という言い訳もするんでしょうが、政治評論家どもが言うように、では何を先にするんだ?というところをひとつも示していないんだ小沢さんは、というところに行きつくんでしょう。57人が反対票、16人が棄権欠席したんだそうです。棄権の理由は、審議が不十分だからこの時点で賛成の反対もないからだそうです、ある欠席議員の弁です。まぁよくも言ったり。それ以上の日和見はないぞと誰か教えてやるべきですね。本人は正しいと思ってるから始末に悪いことです。さてさて。小沢さん、離党すると思いますか?本当に?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暖簾

2012-06-26 08:15:38 | Weblog
巨人原のスキャンダルもこのまま消えて(消されて)いくんでしょう。ナベツネがクビにしないと明言したそうです。これぞお墨付き、太鼓判です。あとは世間の目と選手の白い目に耐えればいいわけです暫くの間。身分は保障されました。というかここにいる限りマスコミの集団暴力には晒されません、安全地帯です。誰が守ってる?もちろん大読売です、ナベツネさんです。次がいないんですねぇ。クビにしても次がいない。清武騒動はまだ記憶に残ってますからすぐに江川とも行かず、中畑はとられてるし、篠塚じゃぁ弱いし、じゃぁ落合?とも行かず、なれば現状維持ですか。つまらんことです。内部人事じゃ。まさにその通り。一億円も強請られて相手が暴力団とは知らなかった?それで済まそうってんですからまぁ立派な暴排企業ですわ。
 毎日新聞の記事です、出回らぬマネーという見出しです。国債を追加で買いますと日銀が公表して、インフレターゲット策かどうかとあれこれ言い合いがあって、でもこうやって金を世間に出して景気を刺激すればいいんだという、デフレとは金が世間に回ってないことなんだからとの説への対応のように見えて、すぐに一ドルが80円台、平均株価が一万円台に上がりましたね(もっともこっちは見る見る元に戻りましたが)。金融緩和という表現(これが浅学の身にはよくつかみきれません。定義が頭に入ってないからでしょうが)ですが、しかし思惑通りには世の中にお金が回ってないというのがこの記事です。銀行の当座預金額が最高値なんだそうです。ここもピンとこないのですが、銀行まで金が下りて言っても、企業が借りようとしない、あるいは銀行が貸し渋ってる、んだそうです。経済学は人の感情の学問ですが(そう理解してます、金を人はどう使うか、の学問)、銀行が金利低く貸し出せば企業はしっかり借りて新たな事業展開する設備投資する、するとどんどん儲かって経済は賦活されていくというセオリーです。でも、実際は借りない、貸さないんだそうです。こういう現象を経済学はどう解釈するんでしょうね。ホモ・エコノミクスという表現を見たことがあります(経済学部出身の人には常識ですか)、理想通りに学問通りに金を使う人という意味です。世の中にはそんな型どおりの奴ばかりじゃないと十分にわかっていながらの、科学における理想気体と同じ概念ですね。人を相手にする以上はこういう括りは成り立たないでしょうにね、いかに便宜上のこととはいえ。これは医学にもそのまま当てはまることですが。金を撒いても誰も使わない。暖簾に腕押し。日銀総裁はこう言ったそうです。なるほど。このたとえは合点がいきました。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

被害

2012-06-25 08:21:14 | Weblog
当地一日中の雨。雨の日曜日でした。先の台風に続いて幸い被害が出るほどではなかったのですが、こっちから逃げてくれればどこかに当たるわけです。TVの映像にはどうにかならぬかなぁといつも思いますが、明日は我が身だという意識は強く湧きます。治水。太古の昔から科学・技術の時代の現代に至るまで、自然は人知を常に上回ります。そこのところ謙虚に受け入れる(しかないのですが)心、征服するのではなくて何とか被害少なく。原発事故でよく言われたフレーズです、(実現不可能な)ゼロではなく最小被害で、です。実は簡単なんでしょうね、道路沿いの山肌(ノリ面というんですか)や川の堤防をコンクリートで高く固めればいいんでしょう、きっと。被害が出てから次はここねと補強するパターンだから同じような被害が出続けるという見方はあるでしょうから、全国的に護岸工事を強力に推し進めればいいんじゃないのかという極論はどうです?どこもかしこもなんてのはコストがかかり過ぎる、どこもかしこも水害に遭うわけじゃないんだから現実的じゃない?誰もが考える反対論ですね。虫や魚や山の動物達のことを考えろ!自然を壊すな。きっとそこで止まってる。だから毎年毎年同じ水害が起こる、ニュースネタになる。それが人の営みだ、ですか?そこまで上手に諦めてれば、その都度に「仕事」ができるわけですから経済効果も見込めるというわけです。他人事。所詮はそこです。ここの壁。バカの壁の定義には当てはまらぬことでしょうが、ここの壁も高いことです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

情報

2012-06-24 10:17:08 | Weblog
大マスコミは民主党の内紛を追うばかりです。有象無象の陣笠(党の言うこと聞かないんですから陣笠という表現も正しくないですが)がめいめい勝手に動いてる風ですが、最後は己が保身です、何より大事は来年の選挙資金です、選挙公認です、中間派とかの優柔不断、日和見野郎どもは大方が最後は体制側に雪崩をうちましょう。小沢チルドレンはもう破れかぶれです、次に勝てないんですから、それがわかってるから少しでも国民の耳目を引く方、増税を好む人などいないのですからそっちを叫んでそれこそ乾坤一擲です。民主党に残っても次はダメ、きっと冷や飯食いです、ならば毒を食らわば皿までの心持、親分についていこうでしょうか。TVは伝えます、どいつもこいつも選挙区に戻って支援者に会ってるって。ううむ、これってどうなんですかね。今内幕はこういうことだと説明するんですか、私はどう立ちまわればいいでしょうかとお伺いを立てるんですか?小沢さんの側近が言ってますが、私は野田さんに選ばれたんじゃない、選挙区の人達に選ばれたんだって。うむ、その通りですが、だから?ですか。選挙民、一般住民の意見を吸い上げる?参考にする?字面は正論のように見えますが、日本をどうするか、今の状況をどう打開するかとかの将来に向けての天下国家論が問題になっているんです、そんなことを素人に聞いてどうする?所詮は言い訳しに帰ってるんですね、あれこれ誰かに吹き込まれた受け売りの理屈並べて煙に巻いて、皆の意見を聞くポーズをとって。自分は陣笠ですからと言い訳して、次の選挙もお願いしますと念押しに帰ってるんでしょう。そんな奴らの多数決で国の大事が決まって行く恐怖というか、最高のブラックユーモアではあります。いえ、言いたいのは連中の正体ではなくて、何度もしつこいですが大マスコミ達の報道の恣意さです。昨日の産経新聞に、右寄り月刊誌WiLLの編集長花田さんが書いてます、どうして小沢問題を大マスコミは採り上げない?と噛みついてます。新聞に出たのはこれが初めてじゃないですか。当の週刊文春は今週号で、原辰徳の大スキャンダルの次の記事として、立花隆の寄稿を載せてます。小沢スキャンダルをどこも採り上げないのは、昔田中角栄の金脈問題を自分が書いた時の反応そのままだ。大新聞、TVが週刊誌記事を低く見る、相手にしない体質は変わっていないと斬り捨ててます。未だにどの全国紙もこの話題を採り上げません。TVもそうです(TVと全国紙は同じですから)。誰が怖いんですかね。大マスコミは小沢さんを叩き続けてきたんじゃなったですか。小沢さんが記者クラブの会見に出ずに、インターネットの番組に出てたのはそういう理由です。だからここぞとばかりにいつもの集団暴力振るえばいいのに、何故かしないですねぇ。今の民主党の内紛劇、ニュースバリュー最高の(視聴率稼げますよ)ドラマのヒール役、悪役スターをわざわざ引きずり降ろさなくてもいいだろうという計算でしょうね。野田さんが苛められるという図柄がおいしいんでしょう。きっとこの騒ぎが終わって、次の選挙の時には、というか党を割ったらすぐにでも大叩きが始まるのでしょうか。放射線怖くて一番に逃げて、一切選挙区岩手に入らなかったこんな奴は、政治家の風上にも置けない!とかなんとか。いやらしいことですねぇ。TVで流さなかったら知らない人の方がうんと多いことですからね。原の問題もそうでしょう。どこのTVも流しませんよ。これはナベツネの緘口令だろうなと察しはつきますがね。今朝のABCの報道番組がやっと流してましたが、それも文春の記事をなぞるだけです、あっという間に終わりました。申し訳程度です。大マスコミ(全国紙、TV)報道の恣意さ。捏造はしないまでも明らかな取捨選択、勝手な色付けです。情報が溢れていると枕詞のように言われますが、こういうひどく加工され無用の色や匂いのついたものが全国紙やNHKニュースに流れているのです。情報の正誤正邪を判断できぬ、受け取るばかりの側とすれば、その意識を強く持って多くの他の情報に当たらねばならぬのでしょう。そして自分の目で確かめられることは確かめに行く。これですね。そう思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

戦略

2012-06-23 08:17:13 | Weblog
ユニクロが新聞に全面広告です、ユニクロ製の古着をリサイクルして貧困国に送るという趣旨です。着なくなったユニクロの服を提供してくれというものです。国連のどこかの要請を受けたことらしいです。いくらで引き取るってのは書いてありません。地域や団体のバザーのノリです。どれくらい集まるのかと思いますが、きっとワンサカ集まるんでしょうね。日本人が好きなイベントですから。そしてユニクロの戦略のしたたかさですね。儲けるばかりじゃないよとのアピールです。要らなくなった自社製品を持って来てくれというのがいいじゃないですか。それだけ売れてるという自負ですね。へぇと感心しました。
 週刊文春読みました(読まれましたか?)、こりゃ大スキャンダル。紳助の場合とどう違うか。違いますね、こっちはつき合っていた、暴力団の威を臭わせて世過ぎしてた。原は単純に脅されて金払っちゃったということです。原の方は被害者という立場を主張できますか。でも一億ポンと払うという所いかがなものか。そんな無茶な要求するなんてのはとても素人じゃないことですよね。暴力団とは思わなかったなんて言い訳は通りません。内々に済まそうとしてまんまと嵌ったという顛末です。女でトラぶって、やくざにゆすられて、ずるずると吸いつかれて、埒明かないから警察沙汰にしたという不細工です。原じゃなければ、これが一選手一コーチなら即馘首ですね。読売の社是とかなんか言って。巨人軍は球界の紳士たれでしたかね、茶髪やピアスはおろか長髪やひげも許さないあの厳格ぶりは原には適用されないと見えますね。でも原は何もなかったように昨日も監督してましたし。巨人は読売はナベツネはこの大不祥事を不問に付すのでしょうか。写真雑誌に撮られただけで追い出された二岡、原に嫌われて追い出された仁志、清原、元木、後藤・・この不公平や如何に!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

若造

2012-06-22 08:21:12 | Weblog
昨日が夏至だったそうです。台風の大雨のでそんな話題は吹っ飛んでしまいましたの態、新聞のコラムなり四コマ漫画なりで知らされる季節感です。そう言えば日が長いですよね、7時半過ぎてもまだ明るいです当地は。朝は5時にはもうすっかり明るくて。ここを真ん中にして前に二カ月後ろに二カ月、日(陽)の長い季節です。盆過ぎて夕暮れが早くなって夏休みが終わる~というあのせつない時期までが夏!です。
 やっと今朝の産経抄が書いてくれてますが最後の数行です。原辰徳のスキャンダルは大騒ぎなのに、これはこれで暴力団がらみの大変な話なんですが、どうして小沢さんの「妻からの離縁状」(同じ週刊文春です、一週前の記事です)を無視する?って。いやいや、取り上げないのはあんた達大マスコミでしょうに。大マスコミは昔から小沢さんを嫌いなはずなのに。一週刊誌の記事にいちいち・・ですか?芸能人は叩け、政治家はちょっと待て。つまらぬジャーナリズムですな。こういうのをイエロージャーナリズムって言うんじゃないんでしょうかね。
 福岡市長、禁酒令が明けた途端に飲酒の勧めのメールを職員に配信したんだそうです。一週間でしたか一カ月でしたか忘れましたが、明けた途端に飲みに行け~だそうです。新聞には近隣の飲み屋からのクレームに応えたんだろうとありますが、なんとも若造のやりそうなことですわね。車で通勤している者は仕事帰りに酒を飲むなとやればいいんですよ。単純なことです。電車やバスで通ってる奴らは好きにすればいいんですから。そこまで禁止されることはない、自由権の侵害だ、(飲み屋の収入減は)生活権侵害だなんて大仰なことじゃないですよ元々。飲酒運転するなということなんですから。酒飲むなじゃないですよね。そういう肚が据わってないもんだから、小手先の対策をやってその実はビクビクしている。クレームにとことん弱い。やるなよそんなことなら!若造の、学級委員、生徒会長レベルの頭しかない奴がやりそうなことではあります。大丈夫かい?天下の大都市が。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

醜聞

2012-06-21 08:19:15 | Weblog
原辰徳の大スキャンダルです、未発売の週刊文春今週号だそうで、それに対して読売が提訴したんだとか。どの新聞も記事載せてます。何でも88年当時に女問題を暴力団にゆすられて一億円を言われるままに支払ったんだそうです。で、20年後にまた同じネタでゆすられて、今度は「きちんと対応した」という顛末だそうです。読売がゆすられたんですね、原個人じゃなくて。ふうん。88年、25年前。原は私より二つ三つ年下ですから30歳前の頃の出来事。スターだった時代ですね、いくらでも女が寄って来てた頃。そんな事例は掃いて捨てるほどあったでしょうに、こうやって陥穽に落ちる。一億も支払ってもう終わったことだったのに・・という消せない過去をどうやって悔もうかという煩悶。さわやか若大将で売ってきた人ですからね。こりゃ監督辞任ですなぁ。巨人がきちりとクビ切れるか。読売はこのリークを係争中の清武さんの所為にして問題をすり替えようとしてます。一億も言いなりに支払うってのが何とも後ろめたさの証拠でしてね。何と言い訳してもこりゃダメだわ、ですが、読売と産経に本人の詫び文が載ってます。が、なんとも幼稚な内容というか、とても社会的地位の高い五十男の文章じゃない代物です。後は週刊誌やワイドショーがどれだけ追いかけるか、どれだけ叩くかにかかってますが、読売の緘口令がどこまで利くかの話でもあります。それにつけてもその文春の先週号、小沢さんのあのスキャンダルはどうしてどのメディアも取り上げない?ガセかい?実の奥さんが書いてるんだからそんなわけないでしょうに。今回の読売のように小沢さん側が反論反応するわけでもなく。どうして?地震の後に放射線怖くて一番に逃げて、その後も被災地(選挙区)に一度も入らなかったという政治家としてあるまじき行為が暴露されているのに、です。政局風雲急を告げて、ここで主役の一人を引きずりおろすは増税派を利するだけと様子見ているんでしょうか。せっかくのドラマが台無しだって?選挙になったらここぞとばかりに叩くつもりでしょうか。ここが不思議な所です。
 山口県知事選、今度は民主党が自主投票にするんだそうです。先の連合山口と一緒です。構成員が一緒なんでしょうから当然ですか。民主党の衆院議員が出ると言ってるのに。何の相談もなしに勝手にやったからダメ。元自民党候補からは推薦願が出ていたけど、敵として戦っていた山口二区の連中から反対が強くてこっちもダメ。飯田某は前に袖にされているからダメ。県職員は話題にもならなかった、そうです。ま、勝手になさいまし。いずれあなた方の時代は終わってしまいましたから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加