柳蔭書翰

徒然なるままに、音楽関連の話題に拘らず、常ならんこの世の事々書き散らし諸兄のお耳汚しに供したく思います。

時代

2012-02-29 08:23:12 | Weblog
スバルの富士重工が軽自動車生産を止めるという話題です。吸収合併や傘下に収めるは世の常です、昔ながらのメーカー名が消えて行くのはどの業界にもある話ですが、車に興味を示さない珍しい種の男である私でもスバルは知ってます(スバルなんて言うと今では谷村シンジ(漢字がわかりません)なのでしょうが)。何年か前に広島のデパートで展示してあるのを見たのでしたが何と小さいこと。こんなのが街中走ってたんですね、私達の幼少時は。覚えてますよ十分に。幼稚園や小学低学年時分の記憶って結構しっかりしてますよね。うちのオヤジはマツダのクーペを持ってました。マツダと言えばその後のキャロルですか。これがまた小さい小さい。360ccですからね当然なのでしょうけれど。現代の軽自動車のイメージとは大きく離れてます。体を小さくかがめて乗り込むという態です。昔の大人達(おかしな言い方ですが。両親の世代です)が小さかったわけじゃないですよね。こういう世の中のニーズだったというわけです。日本が国を挙げて貧乏から抜け出して行く、言う所の右肩上がりの経済発展の途中の現象です。誰でもが自家用車を持てる、そういう時代が来たぞ!という象徴。覚えてますよ、雨の日に幼稚園まで車で送ってもらった朝の一光景、ワイパーやウインカーの音までくっきりです。残念ながらその一場面だけですけれど。オヤジが商売始めてマツダのこれまた小さな軽四のトラック乗ってたこと、道路も舗装してある所の方がうんと少なかったですからね。雨が降ったらべちゃべちゃ。そういう風景。あの小さな小さな車体見てるとそう言う記憶が蘇ります。今でも街中で昔の車を走らせてるマニアに出会いますが、ケンメリのスカイラインとかべレットとか、この前は日野のコンテッサを久しぶりに見ましたが、車に疎い私でも知ってるような昔の車には昔の風や空気がついているような、そんな気分になることです。この時代に間に合った自分を嬉しく思うことです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

勘違

2012-02-28 08:21:30 | Weblog
公務員ランナー、頭を丸めてました。ううむ、そこまでやるか。多くの方々に期待されていて答えを出せなかったことに対してけじめをつけた、んだそうですが、どう思われましたか?産経抄が冷水掛けてます、実業団選手に比べて練習環境が整わない中での活躍に賞讃が集まっているが、この人も元はと言えば箱根を走ったエリートだ、別に給料もらいながら走ってるという点で言えば今回日本人トップになった選手はプータローであるから・・という筆の進みでした。なるほど、色々書き方捉え方はあるもんです。この丸刈り儀式も斜めに見れば、おいおい、自意識過剰じゃないの?ですか。確かに面白く見てましたが、結果が出なければそこで終わりです。人はそれなりに(めいめいで)理由をつけて舞台から消します。どうにでもストーリーは続けられます。ここで消えればそれまで。またどこかで復活すれば、ああ、オリンピック出してやりたかったなぁなんてね。勝手なもんです観衆は。
 福島原発事故独立検証委員会たる、いかにもいかめしい調査会が結果発表してます。民間の事故調査委員会という位置づけです。菅さんはじめ誰も彼もぶった斬りです。お前はこれが悪かった、あんたはここがいけなかった。うむ、事故が起こってから初めて知ることばかり、つまりどういう設備があってどういうセイフティだったのかを全く知らない者達が(菅さんやら政府閣僚たちです)命令していたという怖ろしい話です。ま、想像はできてましたが、白日のもとに晒されたというわけです。ここでもの知り顔に、犯人捜しじゃなくて今後にどう生かすかだ問題は!なんて言うつもりもありませんが、こういうものが出てくるまでどれだけ時間がかかってるんだ?です。さよう、東電が作った事故調査委員会、政府がつくった事故調、国会につくった事故調、とこれだけあったのですよ、そのどれもが絵に描いた如き利益相反で、事故の当事者が自分達を調査するんですから大したことにはなりませんわ。しかもこの民間事故調の検証に東電は協力しなかったんだそうです。この体質。東電が悪いんじゃなくて、日本人の体質です。天下国家より我が身の保身。仕方ないんでしょうかね。ここだけは欧米のフラットさが羨ましいとは思います。この野郎!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

調和

2012-02-27 08:22:22 | Weblog
東京マラソンの日本人トップ(この表記には昨日さんざ悪態付きました)の藤原某、実業団辞めて今プータローだそうです、プロランナーという言い方もできるそうですが。で、このマラソンの賞金が二位400万円と高級車、三位は200万円だそうです。へぇ~。びっくり。でも陸上競技に限らず水泳やら何やらの世界レベル、全国レベルの競技会は多額の賞金にまみれているんですよね、そうじゃないと人が集まらないというか。中国や韓国、北朝鮮がオリンピックのメダルに多額の報奨金や社会的地位を約束する、あのシステムです。カールルイスの時代からアマチュアとプロの境が甘くなったというか、トップアスリートと呼ばれる連中がプロ化したのでした。競技会に来てほしいのなら金出せ、です。日本のレースはきっといい金儲けになるんですね、だからケニアやエチオピアくんだりから大勢やって来る。だって普通に走れば勝てるんですもん。そして果たしてみんな連中にかっさらわれる。女も途中まで日本人がトップでしたが結局4位でした、上の3人は例によってアフリカ勢。4位以下に賞金があるのかどうかは記事にありませんでしたが、一位はいくらもらえるの?ですね。500万?1000万?こりゃやってきますね地球の果てから(いいえ、日本が地球の果てなのかもしれません。だって地球は丸いんだもん!)。公務員ランナーは潔く敗戦の弁でした。もう自分の代表の目はない、と。次が3月です、さすがに走れないでしょうから。新聞やTVはあれだけ煽っておきながら、そしてこういう転け方はきっとおいしい結果に違いないのですが、こういうコメントされると褒めに回ります、実業団選手に与えた影響大なり、陸上界の慣例に対して巻き起こした影響大である、と。お定まりです。予定調和です。こんなことですから、世の中は。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

建前

2012-02-26 11:49:13 | Weblog
東京マラソン見てました。公務員ランナー大失速。今までのタイムじゃぁとても世界には通用しないですからロンドンに行けるとしたら情実出場ですか、判官贔屓というか、エリートへのルサンチマン的大衆迎合というか。日本人トップ(こういう言い方が平気になってきました、昔よく高校駅伝の一区で使われていたセリフです、外人たちには敵わないから日本人の順位で言いましょうと。情けないことです。外人呼ぶなよ。日本人だけでやれよ。そうすりゃしたで井の中の蛙になってしまうという屁理屈でしょう。世界を肌で知れ!なんてね。日本人だけじゃ視聴率も金も人も呼べないってわけです、あの箱根だってそうですから。高校駅伝の一区には外人使っちゃダメになりましたね、いつもいつも同じ結果になるからです)が7分台、五年ぶりの7分台!世界が見えた!と叫んでましたが、なんともレベルの低いこと。世界記録は3分台です。皇帝と呼ばれているゲブレなんとかがこれまた大失速して、それでも8分台です、アナウンサー言ってましたよ、この人の祖国エチオピアには4分台の選手が3人もいるとかで、下手なタイム出していたらこの皇帝様もロンドンに出られなくなるのだそうです。このレベルの違いはどうだ?埋まりませんかねぇ。埋まらないんでしょうねぇ。
 あちこちで孤立死の報道です。餓死です。40代の母親がクモ膜下出血で死んでいて、一緒に住んでた知恵遅れか何かの障害児4歳の子がが餓死してた、傍で猫も死んでたという話。他には姉妹とか母娘で住んでいて金に困ってどうにもできずに死んでいたという話。そして報道はいつも同じ流れです、福祉はどうした?役所は助けないのか?個人保護法がいけない。プライバシーの壁が高すぎる。だからこうなってしまう。どうにかならないのか?御大層な有識者やらコメンテイター達が眉を顰めて非難して、「では次の話題です」ですから。何の解決も指向しない非難の為の非難、マニュアル通り。政治が悪い、お上が悪い。行政(生活保護)もマイク向けられて(珍しく今回見た時は女の部長か課長でしたが、言うことは同じでした)答えるだけです、行政としては申し出があって初めて対応できることだ、と。そしてこういう方向に話が行きます、生活保護を受けるのが恥ずかしいと思っているからいけないと。新聞の解説委員までが悲しい顔して言ってます。それが当然でしょうに!恥ずかしいと思いなさい。申し訳ないと思いなさい。そっちのほうが普通です。大阪を例にとるまでもなく、日本全国で生活保護を安易に受ける奴らばかりだそうです。自分に仕事がないから当然だ、働けないから当然だ。それが昂じて、働かなければ受けられる筈だ、定収がないことが証明できれば受ける権利があるとなってます。もちろん識者たちはそういうことは知ってます、ですから言います、本来受ける必要のない者、受けられない者にまで配給しているからこうなるんだ、本来の意味で給付を受けるべき、本当に困っている人、本当に金のない人、本当に助けの要る人まで手が回らなくなるのだ、今回のような悲劇が起きるのだと。で、そこで終わりです。何の解決策でもありません、状況説明しているだけです。こういう世の中にしたのは誰なのか?生活格差賃金格差の拡大が原因ですか?社会の所為にしてもそこから進みません。小学校の学級会と同じレベルです「本人の自覚が必要だと思いまーす」。生活保護を受けることが権利として胸を張れることですか?そう言う、節操も覚悟も恥も何もない厚顔さ自分勝手さが世の中を潰してきたのでしょう。日本人の背骨を砕いてきたのでしょう?生活保護を受けることは恥ずかしいこと、恥ずかしくて外を歩けないという思い、そういう根本的な心根、価値観を共有しないと、この制度自体が破綻します。してます。それが現実です。生活保護受けてる連中が車乗りまわす、煙草ふかして、酒食らってる。少しは申し訳なく思いなさい。少しはしおらしく倹しく生きなさい。手続きさえ間違ってなければそれを行政も拒否しない。それは手続き踏まなければ動かないということです。制度がきちんと機能していないのに放置するは立法府(議会)の不作為です。そう言う非難は当然あるのですが、現場でのもっと有効な対応があるでしょうにということです。しかし生活保護に限らず、世の中のこういう社会的インフラへの非難は同じ物言いで堂々巡りです、こうです、皆がみんな悪い奴じゃない、まじめにやってる者(警官、役人、医者等々)も沢山いる、だから制度がいけないわけじゃないのだ。で、変わらない。同じことがまた起こる。その繰り返しです。生活保護受けるとは何たる情けないこと。恥と知れ。人に迷惑かけるな、人に後ろ指差されるようなマネはするな、というのと同じ重さで、そういう思いを国民全員が共有して初めて、それでも能わぬ者には社会が(国が)助けの手を伸べる。そういう順番でこそ国民の生命と財産を守るという国の構えが生きるわけです。国民の心根がドロドロに腐っていて、守るものもクソもないことです。何とも幼稚な社会であることです。どこまで低劣愚邪に合わせなければならないのでしょうか。虐待を受けている幼児や今次の「真の」生活困窮者に対して、行政がドアを蹴り破って介入し助けてやれば、それはそれで一つの結果だったわけです。どこかの役人が勇気を持って一度やってみたらいいんです。頭でっかちな有識者達がどう言うか聞いてみたいもんです。歯がゆいこと。どっちを向いてもそう思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不要

2012-02-25 08:23:00 | Weblog
一ドルが80円台です。ご存知でしたか?いつもいつもこういう報道模様です。円安が進むとあれだけ大声で大騒ぎするのに、回復してくると知らん顔です。75円が輸出企業の生命線!なんて煽ってましたよ。80円ならどうよ?日銀のインフレ目標設定が効いたんですね。それも言わない。効果が出てますくらい言ったらどうなんだ?そうすればこっちも少しは上向いた気持ちになれようものです。おかしいですよねマスコミってのは。落ちれば手を叩いて喜んで危険を吹聴して不安を煽る、持ち直してきたら知らん顔して。あっちもこっちも反日ですか。
 前原さんが産経新聞を会見の場から締め出すという大人気ない仕儀に出ました。言うだけ番長と呼ばれるのが肚に据えかねたそうです。あれこれ関係者のコメントが載ってますが、野田さんが擁護する以外は皆非難調、ま、当然ですが。でも何より面白かったのは朝日新聞が社説で前原さんそを叩いていたことです。その昔中国当局から産経新聞が締め出された時何も言わなかったのに、です。尾を振る相手が違うってわけでした。
 橋下さん、また吠えてます。小中学校にも留年させろと。落ちこぼれを留年させてしっかり教えてやれという理屈らしいです。平野文科相がまた間抜けたコメントしてます、病気で長期欠席した生徒は現在でも留年させているんだ、そういう制度は現存するんだから問題ないだろうと。びっくり。このオッサン、早速維新の会に媚びを売ってます。この人は大阪の民主党連の会長です、危ないんです次の選挙が。擦り寄るばかりです。今、敵の大将を怒らせるのは得策じゃないわけです。つまらん奴です。と、そういうヘタレぶりではなく、その内容も全く説得力がありません。病欠の者と落ちこぼれと一緒にして平気なんですからこいつの頭の中はどうなってるんでしょうね。勉強しようとしない奴を何年待ってもしませんよ。早くそういう苦手な環境から放ってやる方がその子の為ですわね。学業秀才がいるなら落ちこぼれもいます。でも、そんなことはその後の人生を決めることでも何でもない、単に向き不向きの次元、好き嫌いの次元です。留年させるなんてのは全く持って要らぬ世話、余計なお世話。ですよね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

弱腰

2012-02-24 08:23:19 | Weblog
シーシェパードによる捕鯨活動妨害事件が続きます。豪政府が止めないというか後ろから押してますから敵さんもやりたい放題です。乗り込んできたり、尖閣事件での中国漁船張りに体当たりしてきたり、今度は酪酸薬剤を投げ込んできたそうです。で、やられてるこっちは何やってるかと言うと止めろ止めろと叫んで水ぶっかけてるだけ。それ以上やってこないと完全に見越されてますから。それ以上をやって向こうの誰かに怪我させたりしたら・・という役人の(というか今の日本の弱腰外交そのものですが)理屈なんでしょう、どういう了見だ?こっちからぶつかって転覆させてやればいいです。理由なんてどうにでも付きますから。いい加減にしろ!とどうして具体的に脅かせませんかね。いつもいつも、政府筋が遺憾の意を表するだけ。暴力行為は断じて許されない!こればっかり。敵さんは何度もやって来てるっつうの。ガツンと仕返ししてやって、国際問題化すればいいです。調査捕鯨ということが本当に必要なことなら、の話ですが。子羊や子牛を平気で殺して食ってる奴らがどの口で言いがかりつけるか?ですよね。
 河村名古屋市長の先の戦争での南京虐殺否定発言にまたまた中国は過敏に反応してます。大使が抗議したり、友好都市関係を止めるとやら、中国人の日本ツアーの全てから名古屋を外す、迂回するなんて全紙を挙げてキャンペーンしてるんだそうです。やりそうなことです。呆れますね、この反日キャンペーン手法には。河村さんもこんな時期に・・ということでしたが(こういう反応は十分に予想できることですから)、日中国交回復40周年だそうで、それ水を差すなんて非難が溢れてますが、南京事件の嘘さは多くの研究者が実証していることです。原爆投下の違法性、非人道性を隠す為の作り事というものらしいです、とにかく日本はこんな悪逆非道をやってきたんだから原爆落されて仕方なかったんだというごまかし、それは賠償請求という面で中国も多いに利しますから。事の真相がどうこうじゃなく(すでに中国がそういう態度ですから)、日本としてはこうだとはっきり言うべきです。もちろんこっちが悪かったじゃなくて、そんなことはなかったのだ!と言い放つこことです。だからいつまで経ってもいいように強請られてるんです。しっかりしろ!河村さんだけを孤立させるな。こういうことの繰り返しでしょうに、向こうさんがこれだけしつこく繰り返すように言い返さねば。そう思います。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

邪魔

2012-02-23 08:22:07 | Weblog
北公次の死亡記事です。フォーリーブスのセカンドです(トップは青山孝でしたね)、不幸な生い立ちを売りにして危ない感じの病的な感じの踊りが一番うまい歌の下手な人でした。ジャニーズ隆盛の基を築いたグループでした、男だけの唄って踊るグループ。嚆矢はそのものずばりの名のジャニーズってのがいました、あおい輝彦、飯野何とかがメンバーです、私が小学低学年の時代です、いわば私達の親の世代。思いだしますね、大アイドルでしたから、私の世代にジャストのグループ。ブルドッグをよく覚えてます、セリフ付きの歌でした、僕から逃げようってもダメだよ、逃げれば逃げるほど僕に近づいてくるってわけ、だって地球は丸いんだもん!・・・こうやって書くとコッ恥ずかしいしいことですが、キャーキャー言われてたグループでした。マグマ大使の江木俊夫と背が高いだけのおりも政夫との四人。ううむ、記憶は美しく残るばかりですか。合掌。
 邪魔くさい。これ、あなたはどう使いますか。娘達が邪魔という意味で使っているのを咎めているんですが、違うんですかね。つまり邪魔くさいとは、邪魔であるということではなくて、面倒であるという意味だと。娘達はこう使います、机の上に物が沢山置いてある、ええい邪魔くさい!と。おいおい、違うだろうがと私。関西なまりで、ええい、じゃんくさい!と言いますが、面倒くさい、うっとうしいという意味です。でも、最近本を読んでると邪魔という意味で使ってるし、TVでもそういう風に使ってました。どうなんですか?私が間違ってるんですか?
 広島市議会棟に喫煙所を新たに造るために140万円予算計上したんだそうです、それに県医師会と市内の三つの区医師会が噛みついたという記事です。(禁煙指向の)時代に逆流すること、そんなことに多額の税金をつぎ込むとは何たること!です。どっちもどっち、の典型ですね。アホちゃう?です。わざわざに立派な箱造らずとも煙草なんてどこででも吸えるじゃないかい、全館禁煙にするならちょっと外に出て吸えばいいじゃないの。別にあなたに禁煙を強要しているわけでもないのに。大人気ない、その一。片やの医師会。そんなに目くじら立てること?税金云々は屁理屈ですが、そんなに禁煙を強いるならまずあんたの身内(医師会員ども)は皆たばこ吸わないんでしょうねぇ?タバコ吸いの医者はワンサカいますよ。ったく。どっちもどっち。アホちゃう?
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

規範

2012-02-22 13:41:21 | Weblog
運営会社の都合でいつもの時間(朝)書けませんでした、昼に書いてます。その度に同じ感想言ってますが何か気が急くというか違和感です。本日当地柳井は朝から雨模様です。冷たい細かい雨が降ってます。天気予報では気温が上がるように言ってたのに・・
 光(室積)の母子殺人事件、死刑確定報道、承前。こういう時に初めて知ることが多いのです、専門外の者にとっては知識を増やすいい機会なのですが、これです、最高裁では何人かの裁判官の全員一致を持って判決とするのが決まりだそうです(憲法や刑事訴訟法などに定められていることなのか慣例なのかは知りませんが)。へぇ。単純な多数決ではなくて全会一致で決める。いいことのように聞こえますが(特に私のように多数決を嫌ってる、信じない者にとっては)、それじゃぁ国連安保理と同じこと、拒否権があるようなものです、少数意見で正しい判断が捻じ曲げられる事態を許しているわけです。もっとも国連安保理はあからさまな国益合戦、分捕り合戦ですから、一応被告や当該事件と利益相反のないとされる裁判官とは一緒にはできないにせよ、一種の拒否権ですわね。その「拒否権」(死刑反対)を行使した裁判官の言い分が載ってます。被告が12歳の時に母親が自殺してその場に居合わせたのだそうです、その後父親に虐待されていたのだそうです、そういう背景を知って読むべきことですが、こうです、精神的成熟度が18歳にしては相当程度に低いという事実が認定できるのであれば、[死刑を回避するに足りる特に情酌量すべき事情」に該当する、と。被告の人格形成や精神の発達に何がどういう影響を与えたのかなどを的確に評価し再度量刑判断を行う必要がある。審理を差し戻すが相当だ、と。これに対しての反対意見が補足意見として載ってます。少年法が死刑適応の境界を18歳に定めているのは形式的な基準であって、精神的成熟度の要件は求めていない。いかがですか。こういうレベルの、少年法の語句解釈のレベルでああだこうだと言ってるわけです。TVや新聞で盛んに言うように、少年法が未青年を異様に守るのはこの先人生が長いこと、更生の可能性があるであろうこと、未熟さゆえの犯罪である可能性があろうこと、などでしょう。でも事実としてそういう情けをかけてやっても累犯、同じ犯罪を繰り返す連中ばかりですからね。そう言うときっと、そんなことはない、本当に魔が差した例や已むにやまれぬ理由で手を汚した例もあるのだ、冤罪もあろう、と反論がありましょうが、いいえ、そう言う理由で大甘に甘い判決ばかりの結果が現在なのです。殺人犯で無期懲役食らったのがどのくらいで娑婆に出てくるのかは知りませんが。あの酒鬼薔薇何とかも出てくるんでしょう?やがて。またやりますよ、そういう例はゴロゴロしてるんです。わずかな更生例を盾に過剰な、偽善的な、人権振り回しのお情けで裁判官が主文読みながら自己満陶酔している間に、また犠牲者が出ているのです。18歳で未熟な奴は30になっても50になってもダメです。そういう所にブレーキが利かぬのですから。未成年に何を期待している?未成年で人を殺せる奴なんです。全くの精神病者ならいざ知らず(いいえ、こういう例こそ未然に防げるものですから、これは精神科学会の大きな責任です。入院治療から在宅治療へという無謀な流れです)、高校にまで行ける者が普通の判断ができぬ筈がありません、そういう常識で考えねばならぬのにそこを曲げるのが専門家です。あくまで学問的興味でもって出てきた鑑定書、マニュアル手順で捌くばかりの裁判官。被害者や被害者遺族の怒りや憤りは全く考慮されなかったのです。だから今事件の意義は大きいのです。本村さんの為したことは大きく扉を開きました。人権裁判官の「拒否権」が通用しなかったのは幸いでした、こういう時の判断は称賛に値します。しかし尽々思います、世の中は、今の日本はまことに程度の低い者に合わせるように強いられる社会です。胸が悪いことです。こんな幼稚な社会にしたのも私達に違いありません。もっとしっかりしましょう。私達がきちんと規範を作らねば、守らねばなりません。社会通念はもっともっと厳しい筈ですから。そうですよね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

厳罰

2012-02-21 08:20:19 | Weblog
光の母子殺人事件、死刑確定です。何日か前から思い出したようにマスコミかこぞって採り上げてました、今までの経過をなぞります、最高裁の差し戻し審、広島高裁での再審の場での被告の翻し方、母親を求めていたの、ドラえもんがどうのこうの、いちいち思い出してこっちまで胸の悪くなることでした。山口地裁で無期懲役と出た時に原告の夫が、早くこいつを外に出してくれ、俺が殺してやると会見の場で言ってた(それを知ってるということはTVで流れた)ことも思いだしました、よく言った!そう思ってました、私でも誰でもそんな目に遭えばそう思うことですから。高裁が死刑に判決し直して、最高裁が被告の上告を棄却したという結末です。裁判官は正義の味方じゃありません、法律に照らし合わせるだけの役人です。前例に照らして目の前の事例を当てはめることが仕事です。自分から新しい判断しようなどという骨太い者などいません。もっともそれはそれで一定の基準を保つためには必要なことではあります、一回一回で判断が揺れていたのではまずいだろうとは思います。が、現状はそういうレベルの事ではありません、硬直しています、一番の典型は一人殺したくらいでは死刑にはならぬというヤツです。複数殺さないと死刑には当たらないという公式です。誰が決めた?過去の最高裁の判例であるわけです。それをマニュアルとして、それぞれの事例の特徴を無視して一律捌いていく。つまり極めて事務的な役人の窓口相談的な処理であるわけです。11か月の赤ん坊を床にたたきつけて首を絞めるなんて行為が故意じゃない?馬鹿馬鹿しい。死刑確定した後の原告の見慣れた若い衆のしっかりしたコメントは聞き入りましたね。よくここまで辛抱したこと。大金がかかったことだろうに・・それにしても被告は今30歳だそうです、18の時から仕事も何もせずにダラダラと食わせてやってたわけです。なんとも日本は福祉権利国家だこと・・皮肉と嫌味と呆れと悲しさと多いなる怒り憤りです。NHKはその報道の度に言い訳してます、未成年を実名報道したのは云々カンヌン。だからそういう犯罪が絶えないのでしょうに。ガキだから許すってのが大間違い。それは累犯者だらけであることが何より証明しています。厳罰化を批判するような論調が多い今朝の新聞、TVですが、そういう足の引っ張り方が世の中を潰してきたとまだわからないか?!ですね。いかがですか。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

正論

2012-02-20 08:22:29 | Weblog
天皇陛下のご回復芳しいとのこと、まことに喜ばしいことです。国民がご快癒を祈る。この表現は決して辞令でもなく大仰でもなく、きっと皆そう思っていることです。昭和天皇の時も、未だ若輩でしたが、やはりそういう思いになっていたことを思い出します。
 政治塾なるものがあちこちに乱立気味です。維新の会、河村名古屋市長のもの、大村愛知県知事の主催モノ、今度は滋賀県知事がやるって言ってます。市民団体とか市民グループのそれではなくて政治家が頭になって政治家になりたい者、政治家に向いてる者を見つけて引き上げようという趣旨です。しっかり色のついてる現職が、連中が政治家として優れているかどうかも問われていないのに、どういう基準で引き上げるのか、そこに客観性などは元より期待できないわけです。結局自分好みのものを、自分の言うこと聞く奴を見つけたい、つまり自分のシンパを増やしたいというわけです。政治の何を教えるんでしょうね。大学の政治学科で教えるような総論や概論ではないのでしょうね、よく言えば具体的な事例に対する具体的な論議の末に政治家たる考え方を養う、なんてことになるんでしょうが、維新の会にあからさまのようにその実は陣笠育成が目的ですわね。ならば橋下、河村、大村のやってるモノの方がわかり易くていいことですが、滋賀の女知事は何をやりたいのか。大津の市長でしたか、これまた若い女が当選してましたから、こういう流れを保ちたいのでしょうか、つまり既製のオヤジ政治、男政治からの脱却!多くの人の意見を採り上げるのはいいことだと、誰もが正論の如く認めてますが、そうじゃないですよね。銘々が勝手に言い始めると、それこそ声の大きい方に、多数決という一番非民主的な手段ばかりに傾いていきます。大衆迎合という表現です。これが民主主義のデメリットなんですね。独裁や全体主義の欠点を補うように現在採られている民主主義ですが、その実は同じ穴の狢なのです。みんな出てこい!これもとっても危険な思想なのです。気付いておられますか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加