柳蔭書翰

徒然なるままに、音楽関連の話題に拘らず、常ならんこの世の事々書き散らし諸兄のお耳汚しに供したく思います。

巨星

2017-04-19 08:26:42 | Weblog
昨日一面で知らせたのが産経新聞(唯一でした)、他紙は今朝囲み記事で知らせてます、渡部昇一さんの死亡記事。私のようなトンガリはきっと皆知ってる、保守反共の大知性です。この人の書き物読んであれこれ知り考えそうかと気付き理論武装されていく感じがしたものです。元々はドイツ文学などのドイツ物が専門の人らしいですが、それは私には届きません、歴史、特に先の大戦の解釈やその後の世界の流れに対する考え方を教えてもらったことです。反共と書くとまた別のニュアンスが乗りますが、かつて闊歩した進歩的文化人や左翼思想家への批判は初心者には平易な解説はとても有難いものでしたし、現在のグローバリズム、新自由主義への批判も強いものでしたね。保守月刊誌にほぼ毎月論文が載る人でした。一度当地大島郡の医学会に講師として来られて何をさしおいてもと聴きに行ったことでした、思っていたよりずっと爺さまで、との印象でしたが。専門家の誤りを指摘でき正せるのは素人だ。このフレーズを読んだ時の合点感はまだ覚えてます。日本は無条件降伏したのではないとか、マッカーサーは後日あの戦争は日本の自衛戦争だったと公式に言ってるとか知ったのも、敗戦利権という言葉もこの人の文章で知りましたし、私の考え方のフレームはこの人からの知識で組み立てられていると言っても過言ではないと感じてます。巨星堕つ。です。合掌。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 臭気 | トップ | 平和 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

Weblog」カテゴリの最新記事